つくつくにっし
読者になる
住所
出身
ハンドル名
えりりんさん
ブログタイトル
つくつくにっし
ブログURL
http://tukutukutukutuku.blog.fc2.com
ブログ紹介文
「花より男子 」の二次小説です。つくしと司の未来予想をふわりと書いております。
自由文
-
更新頻度(1年)

96回 / 132日(平均5.1回/週)

ブログ村参加:2018/08/23

えりりんさんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 10/15 10/14 10/13 10/12 10/11 10/10 全参加数
総合ランキング(IN) 664位 678位 762位 898位 995位 1,258位 1,417位 974,920サイト
INポイント 100 520 490 650 650 380 340 3,130/週
OUTポイント 2,510 15,730 16,990 17,880 17,920 10,110 6,270 87,410/週
PVポイント 1,910 12,810 12,760 12,980 15,500 7,320 6,850 70,130/週
小説ブログ 11位 10位 12位 12位 12位 14位 15位 12,002サイト
二次小説 9位 8位 9位 9位 9位 9位 8位 850サイト
今日 10/15 10/14 10/13 10/12 10/11 10/10 全参加数
総合ランキング(OUT) 43位 42位 47位 58位 63位 100位 121位 974,920サイト
INポイント 100 520 490 650 650 380 340 3,130/週
OUTポイント 2,510 15,730 16,990 17,880 17,920 10,110 6,270 87,410/週
PVポイント 1,910 12,810 12,760 12,980 15,500 7,320 6,850 70,130/週
小説ブログ 5位 5位 6位 6位 6位 7位 8位 12,002サイト
二次小説 5位 5位 6位 6位 6位 7位 8位 850サイト
今日 10/15 10/14 10/13 10/12 10/11 10/10 全参加数
総合ランキング(PV) 445位 447位 468位 481位 500位 599位 619位 974,920サイト
INポイント 100 520 490 650 650 380 340 3,130/週
OUTポイント 2,510 15,730 16,990 17,880 17,920 10,110 6,270 87,410/週
PVポイント 1,910 12,810 12,760 12,980 15,500 7,320 6,850 70,130/週
小説ブログ 5位 5位 5位 5位 7位 7位 8位 12,002サイト
二次小説 5位 5位 5位 5位 6位 6位 7位 850サイト

えりりんさんのブログ記事

1件〜30件

新機能の「ブログリーダー」を活用して、えりりんさんの読者になりませんか?

ハンドル名
えりりんさん
ブログタイトル
つくつくにっし
更新頻度
96回 / 132日(平均5.1回/週)
読者になる
つくつくにっし
  • えりりんこのにっし*天使ちゃんに質問❤️

    もう少し、司くんに頑張って貰った方がいいですよね?書き下ろしている最中なのですが…どんなものでしょうか?このまま暴走して、イッチャッて~~❤️という婦(腐)女子、天使ちゃんたち、大勢いますよね?大人しか見れないお話になりますけど…いいよね?お子さまと、心の物凄く清い人は見れないからね❤️...

  • 願い事5

    完全な不意討ち。ふううん…ふはあぁ…思わず声が漏れだしてしまっていた。つくしにとって、全く予想していなかった場所での出来事。頭が真っ白になり、ただただ、与えられる媚薬のような痺れに身体を委ねてしまった。司は、片手でつくしのソフトクリームを持っている手首を掴み、もう片手の手でつくしの髪を撫でる。司は、唇と唇が触れたままで言葉を発した。「あんな密室でお前がいるのに、まともに触れられないなんて、拷問もいい...

  • 願い事4

    コオォォォォォコオォォォォォ新潟に抜ける長いトンネルの中。十分な照明はあるものの、太陽光が直接当たるのとは違い薄暗い。「眠っちゃったね。後ろの人達」そう言って牧野が、チラッと後ろを見る。(ちゃんと前を見てても、俺くらいの視野か広いと見えてんだよ)「朝、早かったからな。仕切りカーテン閉めとけよ。その方が光が入らなくて良いから」つくしは司の言葉に素直に従う。運転席と後部座席の間を隔てるカーテンをそっと閉めた...

  • 願い事3

    「ソフト、ソフト…」つくしは今、ソフトクリームを求めている。先程立ち寄った三芳パーキングエリアではね、バニラを食べたんだ。無難だけど、場所によって、濃さと粘度が違うでしょ?ここの高坂サービスエリアは狭山茶を練り込んだ、オリジナルがあるって聞いたんだ~。「券売機で購入か」券売機の前に並ぶ。朝の8時ともなれば少しずつ人が増え初めて来た。つくしが並ぶと、スッと横に大男が並んだ。「何?道明寺も何か食べるの...

  • 願い事2

    「ねぇ、ねぇ、つくし。あたし達まで付いて来て良かったの?」鏡越しに少しだけ小声で娘に質問する母親の千恵子。「何で?」ここは、パーキングエリアの化粧室。「だってね…。その…、お邪魔じゃないかな~って?」「何、言ってんの、ママ。最初はあたし一人で新潟に行く予定が、道明寺がど~うしても一緒に行くってなったんだから」その言葉を、昨日から何度も聞いているので、「そうだけど…。そうだけど…」と変な相槌を打っている...

  • 願い事1

    トゥルルルルルトゥルルルルルトゥルルルルル何で、出ねぇ?トントントントントントン「司様、万年筆のペン先が潰れますが?」オーストリアを代表するクリスタル・ガラスモチーフで国際的に有名なブランド。そこの万年筆を、これでもかと紙に叩きつけている。「あぁ?!知らねーよ。アイツのせいだろが、アイツの!何で電話にでねーんだよ!大学に行く予定無しとなってるだろうが!」トントントントントントントントントントントン...

  • えりりんこのにっし*連休があるから~

    いつもお越し頂きありがとうございます。(〃∇〃)小説?イヤイヤ…、作文?のような、ド素人の文章にお付き合いして頂けることに感謝、感謝でございます。たくさんのコメントや、ポチポチ。そして拍手を頂けたこと。本当に嬉しい限りでございます。天使ちゃんたちのような皆さんが大勢来て下さって、えりりんの方が力が沸き立ちましたよ~~。ありがとうございました(*≧∀≦*)少しでも明るいお話を。と思い『歳の差』をお送りしてきま...

  • 司のナイスなお仕事

    片眉を器用に上げて、こちらを見てる、眉目秀麗な男。はぁ~~っと、美しく整った唇から吐き出されるため息。な、何よ?!その、わざとらしいため息は?そ、それに、仕事が出来ない人に向けるような少しだけ憐れむような、蔑むような眼差しを、何故にあたしに向けるわけ?「そ、そんな目で見ないでよ…。見るなーー!!」「お、おいっ、牧野?どこに行く気ーーー??!!」あの馬鹿女、叫びながら走って行きやがった。あのまま、目...

  • 年の差カップル*プロポーズか?(恋する乙女編)⑥

    おじさまの大きな手が頬を撫で、涙を掬ってくれる。思わず涙を流してしまっていた。優しく抱きしめられたかと思ったら、唇を塞がれてしまった。うんっ…ふぁっ…ふぅん…おじさまの手が、優しく腰や背中を擦ってくる。キスしているだけなのに、身体がだんだん熱くなり、フワフワしてくる。背中のおじさまの手が触れたところから、徐々に熱を持っていく。おじさまはあたしの後頭部を大きな手によって覆ってきた。はぅ…うぅん…り、理性...

  • 年の差カップル*プロポーズか?(恋の応援団編)③

    こんな事が起こるとは、全く持って予想しておりませんでした。まさか、司様があのようになるとは…。思い起こせば、何度かあった結婚の話を、ことごとく司様がぶち壊しましたね。終いには、女性を寄せ付けない時期があったこともあります。実のところ恋愛対象は男性なのでは?等と囁かれたこともありましたね。カモフラージュの為に性欲の処理は女性との営みで解消しているのでは?とまで言われたこともあります。なんと、わたくし...

  • 年の差カップル*プロポーズか?(恋の応援団編)②

    どうすればいいんだ?先ずは、慰める?そして、それから再度、上階に上がってもらう?室長に、『牧野様を頼むぞ』と言われて、エレベーターに乗り込んだまではいいのだが、何をどう話を切り出せば良いのか…。 それにしても、社長が女性に対して、あんな行動に出るとは…。血相を変えて、追いかけてきたんだぞ!!あの社長が!!こっちがかえって放心状態になってしまったくらいだ…。牧野様を

  • えりりんこのにっし*悩み&願い事

    こんばんわ~~(´・ω・`)あっという間に9月が終わろうとしております。皆様いかがお過ごしでしょうか?『真っ赤な真実』の途中でしたが、自然災害等であまりにも生活が貧窮する中で、楽しいお話をと『歳の差シリーズ』でお送りしておりました。このシリーズ、9月の半ばで終わるつもりが、まだまだ書き終わっておりません。欲を出して、リクエストのままに延ばしてしまったのでもう少し終わりに時間がかかりそうです。でも、もう...

  • 年の差カップル*プロポーズか?(恋する乙女編)④

    『どいた!どいたー!!』あたしは目の前のエスカレーターに乗ろうと、黒い人垣を掻き分ける。あたしが走れば、隣にいる美女も負けじと走る。フップップッな~んてね。本当に、一体何処に向かっているんだろう?あまりにもおかしなこの状況…。この状況をどう言い表せば良いのかな?あたしの隣には30歳半ばと思われる物腰柔らかそうな男性がいて、あたしはその人の斜め後ろを歩いている。で、その周りに黒服の人たち。(女性の人が...

  • 年の差カップル*プロポーズか?(恋の応援団編)①

    ひぁ~、ふへぇ~、こ、これが、日本最高峰のビル軍の群れか。そして、その中の最高位とも言えるのが道明寺ホールディングス。 日本アルプスの山脈に、富士山も混ざっている感じ?何をどう例えたら良いのか分かんないけど、学生の間では、とにかくここに就職出来たら、自分の持つスキルやコネ。そして、持てるスペック全てが最高級だったと自画自賛しても可笑しくないとまで言われているんだから。 ハァ~そんな、普通に足も踏み入...

  • 年の差カップル*プロポーズか?(恋する乙女編)③

    ジャー、ジャー、トントントンシャカシャカシャカ「うん、よし!」下ごしらえはオーケーだよね?蓮根とバラ肉は甘辛の炒め煮に。(これは温めても冷めても大丈夫)卵とじは何時でも出来るように卵に味を付けて、解いておいた。玉ねぎは切ってあるし、きぬさやも下茹でしておいた。おじさまが来てから火を入れようと思っている。やっぱり、作りたてが良いでしょ?スマホを確認する。(少し動いては、チェックを入れている)誰?何通か来...

  • 年の差カップル*プロポーズか?(恋する乙女編)②

    卵、お一人様一点限り79円。スーパーに入る前に、その日の目玉商品をチェック。とりあえず、目玉商品で日保ちするものなら買っておく。(冷蔵庫と財布とはちゃんと相談するよ)おじさまが来るから、2パックは買えるよね!あと、蓮根と豚のばら肉。これもお安くなってましたよ~。あっ、ライオンマークなのお風呂の洗剤と、トイレのペッタンスタンプもお安い。買っておこう。結構、かごの中身が一杯になったよ…。欠かせないのはおつ...

  • 年の差カップル*プロポーズか?(恋する乙女編)①

    あぁ、どうしよう…。こんな狭い部屋に、おじさまをお招きするなんて…。とうとう、その日が来てしまった…。てか、あたしもあたしだよね?自分から、『家でご飯でも食べますか?』って、聞いたわけよ!何も考えてなかった…。普通に、進(弟の名前。知ってる?)や、パパ(父親ね)を誘うように言ったのよね…。あの時、おじさまがあたしの言葉を受けて、固まっていたのよね。その後で、お顔が少しだけ紅くなって…。その時も気付かなかった...

  • 年の差カップル*プロポーズか?(後編)

    今、何でこんな事になっているかをよく考えてみる事にする。楽しいつくしとの夕食になるはずが、何とも言えない空気になっているからだ。俺が思わず漏らした言葉に、『おじさま…。本当に?』そう呟いてから、何やら、ブツブツと言葉を発した。かと思ったら、バクバクと重箱に敷き詰められた庶民的な食べ物の数々を次から次へと口に運び入れる。「つくし?あのな?」「おじさま?少し考えさせて貰っていいですか?」「あぁ…」そう言...

  • 年の差カップル*プロポーズか?(中編)

    暫く、寸劇をお楽しみ下さいませ。慌てて、扉を開けると、エレベーターに乗り込む瞬間だった。西田めー!!気を効かせろー!!牧野が、つくしが、下を向いて、俯いている。 目頭を押さえている?泣いているんじゃねぇか?隣にいるのは、近藤か?くそっ!近い!近いんだよ!後で、防犯カメラで牧野との距離を測ってやるからな!!扉が閉まる!二人きりになるんじゃねぇか?そうはさせるかー!!「牧野ー!!、つくしー!!行くなー...

  • 年の差カップル*プロポーズか?(前編)

    俺は今、最高の気分だ。この世に生まれた事を心から喜び、毎日朝日を浴びることの大切さを身に染みて感じている。これから、50年いや、70年健康で生きてやる。年老いた母親にこれまでになく労い、苦労をかけたと言葉にしてみた。「この私をショック死させるおつもりですか?」80歳を過ぎた婆さんのシャレにならねぇシャレに、苦笑した。「遅くなったが、俺の子供の顔でも見てからにしろや」シワが増えた顔に、更にシワを寄せ...

  • えりりんこのにっし*皆様にエナジーを!!

    皆様、いかがお過ごしですか?実はですね、『真っ赤な真実を楽しみにしています』とまぁ、ありがたいお言葉を頂くことが出来ました(*≧∀≦*)パチパチパチパチこんなゆっくり更新にも関わらず、足を(?)運んで下さる皆様には、本当に感謝しかございません(///ω///)♪ラストに向けて、さらにぐちゃぐちゃになって行ければと思ってます。(そんな感じに出来る事を、えりりん自身が願っております)そんな思いを抱きながらポチポチしている...

  • 真っ赤な真実13

    「先輩、子供達の前であんなことを言っているのですか?」「な、何?桜子こそ、『早く、帰ってきてくださる?寂しいわ』と、言ってるなんて、思いもしなかったわよ」「先輩の、『仲直りの印に、今日は一緒にお風呂に入りましょうよ。あなた』の方が衝撃的ですわよ」「そ、そんな事、言ったことないよ!」「わたくしだって、そんな事は言いませんわよ!」二人は、パスタをフォークに絡ませながら、楽しく言い争っている。何について...

  • 真っ赤な真実12

    司は、目を瞑って西田の報告を聞いている。ここは道明寺ホールディングスの東京支社内の社長室。恐ろしく磨き上げられたデスクテーブルに両肘を付き、手のひらを額の前で組んでいる。時折、空になったコーヒーカップをじっと見つめたり、手に取り眺めている。司様にどこまでお伝えするべきか?あのプールを使用したようだ。その事はお伝えした。新庄は上手く説得し、使用を止めさせる事が出来なかった。もしくは、わざと使わせるよ...

  • 真っ赤な真実11

    「凄っ!」思わず、声に出していた。あたしの言葉に、「先輩、馬鹿にしてます?わたくし自分で云うのも何ですが、料理の腕も其なりなのだと思いますのよ?」そう言いながら、生きたホタテ貝と殻を専用のヘラを使って、上手い具合に切り離している。「職人か?!」って、また声に出していたら、「出来る人間は何をさせても出来てしまうのが、恐いところですわ?」そう言いながら、貝の隙間にスッとヘラを入れて動かし、貝を開ける。...

  • 真っ赤な真実10

    その日の太陽は凄く眩しくて、キラキラ輝やいていた。「ママ~~。見て~」ひいろと桃子ちゃんが、マシンガンのような水鉄砲を上に向けて虹を作っている。みのりもお姉ちゃんたちを見習い、一生懸命に虹を作ろうとしている。なかなか上手く出来なくて、「あれ~、ないね~。ないね~」と言っては、弧を描いている水流を見つめたり、手のひらを水流にかざしたりしている。桃子ちゃんが手伝ってくれて、虹が作れたみたいだ。「まんま...

  • 真っ赤な真実9

    煩く、暑かった庭から、涼しい邸の中に入る。邸の全体を空調が効いていて、外から戻るとスッとする。道明寺邸は、勿論と云うか、廊下や厨房の細部まで、空調が効いている。あぁ~、身体が生き返る。ずっと太陽に曝されていたのだから、たまったもんじゃない。捲っていたブラウザの袖を下げる。『暑いので、30分置き位には交代して下さいね』等と言ってくれるが、そんな事は出来るわけがない。何故って?いつ、何時(なんどき)危険...

  • 真っ赤な真実8

    「…若奥様、みのり様ならここですよ。どうなさいました?」みのりはエアートランポリンの脇で使用人の一人に抱き抱えられていた。みのりは、少し赤い顔をして咳き込んでいる。噎せているように見えるけど…。あたしの姿を見るなり、「まんま~~!!」と泣きながら、激しく咳き込んだ。「まぁまぁ、お咳が出てしまいますね」使用人はそう言いながら、みのりの背中を軽く擦る。やっぱり、噎せているように思える。あたしだって、普通...

  • 真っ赤な真実7

    「…何か、ニオイますね…」桜子が美しい顔を歪める。今、つくしと桜子は道明寺邸の庭の一角を、子供用(?)のプールで占拠しているのだ。足でシャカシャカと空気を入れて膨らませる事なんて到底できないような超巨大サイズ。(家庭用ではないと思われる)ウォータースライダーやエアートランポリンまで付いている。(どう見ても、日本の

  • 真っ赤な真実6

    ま、眩しい…。というか、暑い…。思わず、窓のカーテンを閉める。(朝、起きれるように、あたしの頭上にあるカーテンは何時も開けている。因みに、ここには人が出入りしない所だからね)たぶん、6時を少し過ぎたかな?置時計で確認。(文字盤にダイヤとか、サファイアが埋め込まれているらしいんだけど、見にくいのよね)はずれた…。5時53分ごろだった。あ~、もう少し眠りたいわ…。今日は土曜日だし、司は…。横を見る。可愛い…。見...

カテゴリー一覧
商用
読者になる