Wild Plant
読者になる
住所
大阪府
出身
愛媛県
ハンドル名
Wild Plantさん
ブログタイトル
Wild Plant
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/wpmm2ar
ブログ紹介文
Colonel Mのブログ 「斫って叩ける図面描き」に成りたかった若造の成れの果て
自由文
-
更新頻度(1年)

255回 / 336日(平均5.3回/週)

ブログ村参加:2018/07/31

Wild Plantさんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 10/21 10/20 10/19 10/18 10/17 10/16 全参加数
総合ランキング(IN) 23,082位 22,802位 22,638位 22,547位 22,559位 22,408位 25,329位 975,682サイト
INポイント 10 10 10 10 10 10 10 70/週
OUTポイント 30 0 0 30 20 40 0 120/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
バイクブログ 692位 682位 681位 684位 688位 685位 703位 11,375サイト
ツーリング(バイク) 80位 80位 78位 76位 77位 76位 82位 1,563サイト
住まいブログ 363位 356位 354位 352位 354位 348位 402位 23,421サイト
DIY 23位 22位 20位 21位 22位 21位 24位 1,198サイト
今日 10/21 10/20 10/19 10/18 10/17 10/16 全参加数
総合ランキング(OUT) 36,051位 33,701位 32,612位 31,581位 32,737位 27,599位 28,348位 975,682サイト
INポイント 10 10 10 10 10 10 10 70/週
OUTポイント 30 0 0 30 20 40 0 120/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
バイクブログ 1,264位 1,227位 1,211位 1,183位 1,234位 1,082位 1,107位 11,375サイト
ツーリング(バイク) 156位 147位 141位 139位 150位 132位 133位 1,563サイト
住まいブログ 673位 613位 589位 573位 602位 506位 514位 23,421サイト
DIY 40位 36位 33位 31位 33位 27位 27位 1,198サイト
今日 10/21 10/20 10/19 10/18 10/17 10/16 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 975,682サイト
INポイント 10 10 10 10 10 10 10 70/週
OUTポイント 30 0 0 30 20 40 0 120/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
バイクブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 11,375サイト
ツーリング(バイク) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 1,563サイト
住まいブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 23,421サイト
DIY 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 1,198サイト

Wild Plantさんのブログ記事

1件〜30件

新機能の「ブログリーダー」を活用して、Wild Plantさんの読者になりませんか?

ハンドル名
Wild Plantさん
ブログタイトル
Wild Plant
更新頻度
255回 / 336日(平均5.3回/週)
読者になる
Wild Plant
  • 「聖殿の儀」だそうです。

    なので、一様旗を点てましょう。使い回しですが。さて、昨日の早口言葉は三回続けて言えませんが?合板高机の制作に掛かろうと思います。その前に、何時もの定番を墨付け状態の3x6の合板です。昨日の木取図面で見ても解るように、右上の方に少し余裕が有るので高椅子の時の足掛かりの補強材をこの部分で取ってもらうと良いかなと今頃思いました。(m(__)m)で、更に何時ものごとくで切り抜いた絵でやっと脚板1の加工図です。高椅子の時と同様に、まずは大まかに全部材を切り出しておいて、300,350x300の台形を脚板1として加工していきます。上の図面の幅300の部分の切込みは、高椅子の時と同様に、脚板2の切込みが噛み合ってくるので、最終、組み立ての時に調整するつもりで、丸鋸定規の角度を10°?80°?100°?(全部同じ?)に合わせて...「聖殿の儀」だそうです。

  • 早口言葉

    ラグビー日本代表はかなり健闘したと思いますが流石に世界の壁はぶ厚くて高かったようですね又四年後に期待しましょうさて、土曜に書いたようにテーブルです。こんなので如何でしょう?木取図はこんな感じで、又手抜きで立面図等の姿図は無しですm(__)m高椅子と同じように加工図で材料の造りを説明したら組立てて行こうと思いますがその前にチョッと息抜き世の中は、ハロウィンだとか言ってますしたまには木工DIYじゃない物も描いとかないとね三回続けて言えたら元のバーチャル日曜大工に戻します・・・・??てな事で、今日はこの位にしときますが、又、台風が来てて、関東、東日本方面へ向かう様な事を言ってます。そちら方面の方々、くれぐれも気を付けてでは又早口言葉

  • 雨です!

    東日本方面の方は大変でしょうね・・・?続けましょう、何の役にも立たない物を組立てます。一日置いたので、ボンドも粗方固まったと思います。?最後に取り付ければ良いと言っていたのにこんな所でもお引っ付けてます?昨日言ってた足がかり用の繋板3,4のセットまっ、大した問題はないので順番は良いと思います。取付け方は、繋板1,2の時と同じように二枚合わせの入角になった部分にだけ木工ボンドを付けて所定の位置へ当てて(仮組して印をして下穴を開けておく)スリムビスの45mm程度の物四本で止めます。基本、足がかりのつもりなので前側だけですよ後に付けないで下さいね!で、座板を取付けます。座板の後側のホゾの根元の木刃四ヶ所と、胴板1の上のホゾの根元の木刃四ヶ所に少し多めに木工ボンドを付けて絵の様に少し斜め上から差し込んでいきます。座板側...雨です!

  • 続き

    昨日の仮組調整で、又しても書き忘れがm(__)m座板を乗せた際に、胴板1の臍の先端が図面通りだと0.5mm程座面より上に出てしまいます。私の様な粗悪な、違う、粗雑な人間は気にしませんがストッキングを履いたお嬢様とかが座ると大変な事に成るでしょうから、ここも仮組の時に調整して、鉋かノミで削って置いて下さい。(抑、ここだけじゃなくて全体に面取りが必要ですが。)てな事で昨日の所まで戻って各部の調整が出来たら(+諦めが出来たら)まず、脚板と胴板を木工ボンドとスリムビスで固定します。木工ボンドは切り込んだ部分の木刃に薄く満遍無く塗り暫く乾かせてから組付けます。昨日も書いたように、互いの部材が斜め斜めに噛み合っているので嚙合せる際にどうしても木工ボンドが見える面に付いてしまうと思いますが後で雑巾で拭取るとか、洗い流すとかす...続き

  • 組立です。

    同じ様なタイトルを何回書いたかなと思いつつこれです。これで、3x6の合板一枚分、二脚の材料に成ります。で、まずは脚板を二枚サイコキネッシスで(・・・・・???)立ててやって加工の段階で書いたように、胴板2を互いの切込みを嚙合せる様に組付けます。簡単に描いてますけど、互いに斜め斜めなので結構面倒だと思います。同様に胴板1(順番はお好きに)も組付けたら繋板を取付けますが、繋板は前もって1と2、3と4を其々ペアにして裏表に木工ボンドと20mm程度のビスで貼り合せ一個の部材にしておきます。つまり、1と2の場合、2を1のセンターに止めてやれば両端に11.5mmの出っ張りが出来る事に成りここが脚板と噛み合う事で、脚の角度や開きが自然と決まる事に成る訳です。3と4の場合も取り付け方は同じで組立の一番最後に取り付けてやれば自ず...組立です。

  • 座板です。

    最後は?座板です。?正確にはまだ最後と言う訳では有りませんがこれですね、375mmの四角を二枚切り出して図面の様に加工して・・・(ダラケテ来てる!ダメダメ)まずは、この図面も昨日までの図面同様に10°の傾き分の寸法を騙して有ります。図面の上の部分の67.5mmとしてある部分はこの座板の裏に成る側の切込み深さで表側は昨日の書き込み同様に2mm浅く65.5mmに成ります。つまり、この部分が昨日の胴板2のホゾ穴に噛み合って固定されるわけで、この切り込んだ部分の奥が胴板2の背凭れ?ケツ当?部分に当たって来るので板厚12mmに対して≒2mmの勾配が付くわけです更に、図面の下側の四角も昨日と同様に斜めに掘る必要が有りますが見ての通り、既にそれを誤魔化す寸法になっています。じゃあ、この図面をどお見ればいいかと言うとまず、この...座板です。

  • 食ってみました!

    日曜日の成果品を食ってみました・・・。何時もこの手の物は食う前に最終仕上げをするので基本、薄味に作りますが・・・まッこんな物でしょう(何時もまともに味見をせずに作ります・・・)さて、続きです。今日はこれ、胴板2とした部材まずやる事は下の切込みで、これは昨日の胴板1と同じように作ります。胴板1も同じですが、ここに脚板の同様の切込みが噛み合うのですが部材に角度が付いているので微調整が必要になります。その為に、この切込みの深さを図面より少し浅めに92mm位で作っておいて、組み合わせてみて調整しようと言う事で脚板の切込みの加工の時に、紛らわしい書き方(JAROだ)をしたわけです。しかし、この咬み合わせは部材同士を組み合わせてしまうとチャンと合ってるかどうか見えません(互いが目隠しになって)なので、気分な訳です。(チャン...食ってみました!

  • まずは台風

    昨日お江戸に住む友に連絡して無事を確認しましたが関東だけじゃなくて、東日本全般に大変なようで「頑張って下さい」なんて無責任な事しか言えませんが「頑張って下さい!」にしても(失礼)ラグビーは凄い事に成りましたねスポーツはラグビーだけじゃなくバレーボールも5連勝でW杯4位以上確定だし体操も世代交代した初戦?で団体で世界3位だそうです。チョッと残念だったのはF1かな?台風による準備不足なんてことも有ったかもしれませんが今年こそ鈴鹿でポディウムと思って居た人は多いと思いますが、最高位で4位だったそうです。ラグビー10/20は故平尾さんの命日だそうで南ア戦も何か起きるかも?いい加減な事言ってます。さッ、何時ものバーチャル日曜大工に戻りましょう次はこの胴板1とした部材です。図面で見て、下の部分の切込みは土曜に書いた脚板の部...まずは台風

  • 来てます!?

    本当に来てます!?今09:18普通の雨の日程度の雨と風です。6時代、7時代の方が雨風共に強かったように思いますが(まだ寝てたので夢かも知れませんが?)しかし、このタイミングで合板使って変なもの造るくらいなら窓にでも打ち付けとけよ、と思う一方今時の家では、好き勝手にそこいらに釘やビスを打ち込むわけにもいかんか?と思い直しました・・・?良い様で悪い?外壁のサイディング・・・まッ、色々難しいですね!と言う事でまずはこれ、脚に成る部分の合板から切り出して加工します。木取の方の図面には、各部材間に3mm以上の鋸目を見ていますが、見ての通りほとんど一杯一杯に木取がして有るので、切り間違いのない様に無理せず、まずは大枠で切り出して形を整えてから細かな切込み等を入れてやりましょう。で、再度、脚板の加工です。と言っても見ての通り...来てます!?

  • 19号!

    ちょ~~~大物が近づいて来てます。(らしいです?)しかし、実際に来る前から「すごい、凄い」と言い過ぎると、現実味が薄れて返って警戒心が薄れてしまうのではと思うのですが?特に、昨今、物事を大袈裟に言う事の多い世の中の様な・・・でも、この台風はデカい事は間違いないと思うので皆さん十分注意して下さい。と言う事でバーチャル日曜大工は、又しても合板で訳解んない物を作ります。例によって3x6の合板で、一枚で二脚作れるように木取しました。「二脚」と言う事で、「椅子」と言う事がばれてしまいますが、只の椅子では有りません。こんなの、世に言う「ハイチェヤー」とか「カウンターチェア」とか言う物です。(知らんけど?)姿図形の図面を描いていないので(チョ~手抜き)数字だけ書いておくと座面はW375mm,D≒300座の高さは≒850mmと...19号!

  • チョッと休憩

    本棚の制作も終わったので今日はチョッと休憩です。「峠」の方は上巻をほぼ読み終えましたが司馬さんが諭には、まだ序章だそうで「河井継之助」(多分主人公)の生立ち成立ちみたいなことが書かれた部分の様ですがここまで読んで、どうも自分に似ているな~と思って居るのは、司馬さんにかぶれ過ぎ?本に引き込まれ過ぎ?まッ、良いか?バーチャル日曜大工の方は次は、これです。又、合板系です。しかも、今回はまともに姿図系の図面を書いていません!!?何やら言ってることに大分と誤差が有る様な?これも、まッ良いか?では、洗濯が終った様なので、今日はこれまでm(__)mチョッと休憩

  • 違いは解りました?

    CGと写真の違い、解りました?中ほどの段の裏板部分が、写真の現物では、パイプになっています。多分、作っている途中で「ベニヤの面が多いな」と思ってパイプにしたのでしょうがいま改めてCGを見るとベニヤのままの方が良かったかな??まッ、今更なのでほっといて続けましょうパイプを全部入れたら裏板を木工ボンドとチッコイピス(スリムビスの25mm位)で止めて行きます。裏板を全部取付けて、面を向けたら・・・やっぱりこっちの方がカッコ良い??まッ、良いかてな事で、六基の棚を造って組立てたのが我家の本棚、と言う事で昨日揚げた、黄色い左足が映り込んでいるのが現物の写真と言う事です。忘れてた!今完成させた上段中央部の部材に1x6の412mmと言う物を図面に書いて有りますが、これも、CGと写真の違いで、この部材は移動式の棚として位置を固...違いは解りました?

  • 起きて!

    たまには人の声で起こされたいものですが、まッ、良いか起きましたが、寝ぼけてるもので後ろ向きです。と言う訳ではなくて、裏面からの方が仕事がしやすいので後ろ向きです。まずは、パイプを入れていきますが、塩ビパイプではなくて、アルミ等の金属パイプにした方は今、手前に見えている奥の柱を最初に並べた時点で入れといてやらないと、後からはチョッとつらいと思います。塩ビパイプなら、後乗せサクサクで美味しい・・・楽なのですが、曲がり過ぎて外れてしまっては元も子もないし・・・懐は寒いし・・・今頃になって、写真とCGの間に違和感を・・・違いを・・発見して・・多分、組立てている最中に「何やら裏板だらけになるな」とか柱の加工中に調子こいて、穴あけ過ぎたとかそんな事だと思いますが又しても勝手に間違い探しです?何がどうでしょう?と言う事で、又...起きて!

  • パイプを入れます。

    さて、続きです。まずは、短いパイプを六本、奥の柱の木刃に差し込んでその部分の前の柱を取付けます。(絵の都合ですが)続けて、手前の柱にもパイプを六本刺して前の柱も取り付けてここで棚板の両端を決めて、動かなくしてやります。後は、同様にパイプを刺して、前の柱を鉤込みと鉤込み、パイプと穴を其々に合わせて組付けていきますが、これが結構、面倒で口で言うように簡単には行きませんが地道に一つづつ片付けて行くしか仕方が有りませんで、中二本の柱を取付けたら今日はこの辺で失礼します。パイプを入れます。

  • 上段中央部組立

    と言っても、やる事は先の三部分と同じでまずは奥の方の柱を、アバウトな間隔で並べて下からでも上からでも順に?今更ここで「?」だって、先のサイド部分の時は、上下の棚板から先に付けて、四角を決めてから等と宣っておいて今度は順に止めて行け、って、おかしな話でしょ??要は、間に柱が有るかないかの違いで、昨日話した塩ビパイプなら後からでもなんとか入りますがアルミや鉄のパイプだと後乗せはかなり?難しくなりサクサクとはいきません??パイプの問題の他にも、柱の1x4が曲がっていたりすると上下を決めた状態で、柱を押し曲げながら鉤込みを合わせるよりも片方がフリーの状態で合わせていく方が断然楽に行けますからね(なら、下からじゃなく上から決めて来いよ!?御尤もm(__)m)と言いながら、とっとと棚板だけ付けてしまう我儘な私です。と言う事...上段中央部組立

  • 最後の真中

    愈々「我家の本棚」シリーズも最後の上段中央部を残すのみとなりました。これですね、図面はこれです、先の両サイドの物とは、棚板の長さ等が違うだけで柱の造りは基本同じで、パイプ用の穴を木刃は全部平面に付いては、完成予定図を見て考えて下さい(何て優しいオヤジでしょう!?)後、その問題のパイプの材質も懐具合と相談して、何を使うか考えて下さい。てな事で、柱を作って、棚板を鉤込んだら1x6,2x6の1200mmの物に付いてはダボを五~七ヶ所入れて糊と長~~~いコーススレッドでしっかりと繋合わせて裏板のベニヤとパイプを切り出して部材の準備完了でこんな事に成る。と言う事で今日はここまでで、又明日です。最後の真中

  • パイプの取付から

    と言う事で、こんな具合にパイプを刺していきます、穴の深さは≒1Cm、穴の位置は図面参照で、パイプの長さも図面参照ですが、120mmと580mmです。この辺りで、「チョッと待て!」と思った人は偉い!長い方のパイプを先に入れとかな、入れへんやん??当に、・・・入りません・・・金属製の硬いパイプだと。でも、金がなかったのでお安い塩ビパイプを使ったので・・・50Cm以上も有ると、曲げて入れる事が・・・可能です・・・なので、気にせず短い方だけ入れていき最後の柱を止めてやります。柱が止まったらひっくり返して問題のパイプを所定の位置に取り付けて・・・・裏板を貼れば出来上がり・・・ですが・・・裏板は405x600が下の段で220x600が中間の裏板に成りますが、ここは棚板の幅が狭くなっているので裏板は柱にしか止められません・・...パイプの取付から

  • 朝からお暇なぷ~太郎!

    暇だからブログ書いてる訳じゃないですよ(多分??)材料が全部用意出来たら、まずは奥の柱をアバウトな位置に並べて、上下の棚板を取付けて、四角い枠を決めといてやると後が楽かな?かと言って寸法も収まり具合も見ずにどんどん止めてしまえば良いと言う訳ではないですよ考えなしにやってるとこんな処へビスを打ったり、リード穴を開け忘れて材料が割れたりしますからねで、棚板が全部付いたら、パイプを取付けない方の前の柱を取付けて、棚板を七割五分方?固定してやります。そもそも、このパイプ「何のために付いてるの」と言われると、横は確かにあまり意味がないです。でも、奥の面は裏板のベニヤばかりでは味気ないし物が落ちないようにする為にも必要かも、そんなこんなも有って、このサイド用にはこのパイプを横は片側しか付けていませんつまりは、下段の両サイド...朝からお暇なぷ~太郎!

  • 外は白い雪の夜?

    今は暑い秋の夕暮れ(上手い!)相変わらず何のことやらで始まりましたがタイトルの「外は白い雪の夜」は、かの吉田村の拓郎君の歌でその歌の始まりは♪大事な~話が~君に有るんだ~♪てな感じ・・・そう、大事な話が有るのです。(めんどくせ~!)今日から又、ぷ~太郎に成りました!!!お陰様で次は何も決まっておりません。何か仕事くれ~~!!と、どうにもならん事をとやかく言っていても仕方が無いので何もなかったかのようにバーチャル日曜大工を続ける脳無オヤジです。で、昨日の続きはパイプ用の穴あけです。この絵でも、良く見ると木刃に穴が開けて有るのが解ります、図面の様に、内向きに成る面の木刃と、奥の柱のやはり内向きに成る面に深さ≒1Cmで穴の径は、私は1Cmの錐で開けました。使ったパイプは9mmの塩ビパイプでH,C,で普通に売ってますが...外は白い雪の夜?

  • ノーサイドの冗談?

    上段の両サイド?「?」じゃね~だろ!早く書き込んで、そのラグビーを見なくては、と言う事で図面はこれで絵はこれですね、基本的にやる事は同じでまずは、例によって柱の1x4を四本づつバイスで締め上げて図面に合わせて、棚板の為の鉤込みをします。深さは上から(右から)20mmで三つで、下(左から)二つは44.5mmです又、一番下(左端)だけは棚板が1x6なので鉤込み幅が19mmに成るので注意して下さい。棚板用の鉤込みが出来たら、材料の奇麗な物を二本(二基作るので、つごう四本ですが)選んで、図面の様にそぎ落とします。やり方は、以前にも紹介したように余り物のベニヤや1x4、2x4を使って定規にして・・・いかん、先にパイプ用の穴を開けねば?ネバ?ネバー?♪ネバー♪エバー♪ネバー♪エバー♪ラグビー見なあかんは、後半も始まるでてな...ノーサイドの冗談?

  • 真中の仕上げ

    昨日、ここまで行きましたここね!はい、出来上がり!・・・じゃなくて見ての通りで(?)真ん中は、テレビ台にしているので本当はテレビの配線用に裏板に穴を開けといてやらないとイケません(又手抜きです)本来は、(回したのに回ってない!!!?&小汚い)こんな感じに裏板を10Cm幅の5Cm位切り取ります。狭くて携帯が入れられず、写真がさかさまになってますが上の誇り高い部分がテレビの脚部分で、その奥が切り抜いて有る裏板部分です。実際の配線が写ってないので何ともですが、最近のテレビは色々な物が繋げられるのでそれに応じた穴を・・・と思ったけどひょっとして今はAV機器は青い歯で繋がってる??(上の棚板の下側に手を入れられる程度の穴)でもこっちは開けといてやると、持ち運び、移動の時に重宝します、この中央部分は図体の割に軽いので一人で...真中の仕上げ

  • なぜか一個飛ばし?

    一番上の棚板を付ける間もなく既に180°回転して如何にも土台を取付けてくれの体制に入っています。(・・・単に、絵を一個作り忘れただけでしたm(__)m)一番上の棚板は、1x6ですし止める所がこれこそ両サイドしか有りませんなので、ダボは下の2x6の棚板よりも多めに、七本とか八本入れてシッカリ糊付けして、斜めのビス打ちは45位の短めのスリムビスで下穴もあけて、十分注意して打ち込んで下さい。スリムビスが反対側へ抜け出るだけでなく、木刃の角辺りが割れたりする事が有ります。で、最後の棚板が付いたら反対に向けて土台を付けます。材料を手近なところへ用意して両サイド(ややこしな!?)の時と同じようにして取付けますが、中央部分については、長手の土台を短くする必要は有りません特別何かの配線をするのに有ればいいとかゴ〇〇リさんの住処...なぜか一個飛ばし?

  • 長宗我部元親

    「夏草の賊」も昨日読み終えました。一代で四国を平定し、一代で全てを失い死んでしまう何とも激しい生きざまかさ、凡人のオヤジは引き続きバーチャル日曜大工です。奥の柱を用意して、下から順に二段目の棚板まで取付けたら、先に中の短い柱を取り付けて、それから、このテレビ台に成る棚板を取付けます、両サイドは両サイドの時と同じ様に止めて??中の短い柱には、棚板の天場から65mmのスリムビスを柱一本につき二本づつ打ち込んで止めてやります。テレビ台はテレビを置くので、テレビの脚でビスの頭は見えなくなるしまっ良いか?!な感じてすねで、残りの柱二本を取付けたら、今日はこの辺で、と言う事に成ります。では又明日。長宗我部元親

  • 下段真中冗談言うな??

    いきなり訳の解らん事を言ってますが、バカチンはほっといてこれです。図面はこれ、裏板は昨日揚げたやつに描いて有った一番でかいやつねで、加工から始めるわけですが、基本的にと言うか1から10までと言うか、要領は全く同じです。違うのは鉤込み位置とか、柱の長さとかでやる事は同じなので、加工は省略します。でこれが、下段中央のすべての材料です(ビスは?)全ての木材です。柱を長さ切りして鉤込みを作り、棚板も長さ切りして鉤込みを作り絵ではまだ棚板が一枚づつバラバラになってますが昨日までの両サイドの棚板と同じように1200の長いので均等割りにして五本位短い棚板にも真中一本ダボをいれて糊付けビス止め・・・・長い方の棚板はビスを打つ所が両端くらいしか有りませんが中三ヶ所位、裏に成る側からスリムビスの65位の奴を思い切り倒して、斜めに打...下段真中冗談言うな??

  • 後は裏板

    土台も無事に付いたようなので後は裏板を付ければいいのですが・・・チョッと問題が・・・・・m(__)m起こしてやるなり、裏返してやるなりして裏側へ取付けるのですがどれがどこの裏板だったか?忘れてしまいました?????多分、左側にある410x600と言うのが下の段で、245x600と言うのが一つ空けて上の段の材料だと思います。図面を良く見て計算すると、どちらも1Cm大きい事に気づくと思いますが。こんな風に、幅が広い分は棚板より上に出して止めて有ります。下の段の両サイドは大半を引き出しにするつもりでいたので、その引き出しが、奥へ行きすぎないように考え裏板自体を一桝空きで止めて、空いた所へ1Cm突き出して引き出しのストッパーにしている訳です。勿論、棚全体の矩手を決める意味と、全体の補強の意味も有るので止める前には矩手の...後は裏板

  • 発見!?

    発見したけど、チョッと違うこれは、しっかりしたメーカーさんの物ですがシッカリ止まって滑りそうにないですが良い物です??ただ、販売してるH,C,さんが厚みを書いてくれてないのが残念サイズは10Cm□で2枚入り、¥は300円チョッとですがこの棚の土台全てに貼ろうとすると、結構懐が痛みますなので、たまにはH,C,探検隊に・・・行ってる場合じゃなかったかなm(__)m発見!?

  • お早う御座います。

    珍しく午前中に書き込んでいます。にしても、毎週台風であちこち大変な事に成ってますね。これから又関東、北陸方面は十分ご注意ください!(こんなことぐらいしか言えません)さて、組み立てを続けましょう。土曜に土台を1Cm短くしといた方が良いみたいなことを書いたのは、このことです。何だこりゃ??な写真ですが、これ我家の壁際棚との隙間を通る延長コードの図です。一様製作する前に部屋の内寸は測って有ったのでこうなる事は見えていたのですが1Cm弱の隙間では、チョッとコードが窮屈そうですし棚の幅自体をギリギリ迄責めたいときにはせめてこの部分に隙間を作っておかないと後々困るので1Cm程短くしとく方が良いと思います。前後の1Cmについては、デダイン的な物ですからここはお好みたこ焼き阪神で??(イカ焼きか?)アホな事言ってないで、土台を...お早う御座います。

  • 前足

    間違い、前の柱(ペットの話に寄せれば視聴率稼げるかと思って?m(__)m)前の柱を取付けます。まず両端から止めてやれば、棚板の位置が決まってやりやすいかなと思ったのですが、最後に手が入らなくなるので、右利きの人は左から左利きの人は右の柱から付けていく方が良いかも?どっちにしても、組立てるほどに狭くなるので道具や手順の工夫が必要になってきます。で、柱を付け終わったら90°回して、(別に自分が廻っても良いのですが。)土台を取付けます。図面に描いていないのでここで長さを書いておきます。絵にある長い材料が590mmで短いものは146mmです。大きさは57☐のつもりで、長い方の材料が正面に見える予定です。?寸法を見て?足し算をして?と思った人は素晴らし~!前後はベースに成る棚板から1Cmづつ、横は片側だけ1Cm各々後退さ...前足

  • 宴も(ラグビー)たけなわなれど

    これを片付けてからでないと一日が終わった気がしない今日この頃(パブロフ状態なだけ!)と言う事で、組立てます。柱と棚板、各々の鉤込みを合わせて、スリムビスの45mmと65mmを使い分けて止めて行きます。ここに打ったのが65nnのスリムビス。鉤込み同士が合わさっているので、柱にしか打ち込んでないようですが実は棚板を突き抜けて、柱の鉤込み部分に通る様に斜めに打ち込んで有ります。これは、上の段の物ですが両外の柱以外は、先の所とこのように、棚板と柱の際から柱を突き抜けて、今見えている棚板の反対側の鉤込み部分に当たる様に45mmのスリムビスを45°位の斜め打ちに打ち込みます。両外の柱は、柱の木刃に打ち込むものと横からは、柱の面から棚板の木口へ65mmのスリムビスを打ち込んでやればOKだと思います。で、同様にして順番に棚板を...宴も(ラグビー)たけなわなれど

  • 脚も同じ

    です。棚板と同様にして、数本木口と木刃を揃えて並べ(柱の事ね)その背の半分、44.5mmを図面に合わせて鉤込みます。今更ですがもう一度図面を揚げときます。これが今作っている、下段の左右になります。で、これが柱を四本づつ二組で、八本加工用に並べた図八本一度にまとめてバイスで締め上げて加工しても良いのですが半端な力で絞めても、加工している間に材料がずれて来て自分ではチャンと加工したつもりが、組立てたら鉤込みが合わない、なんて事に成るので(経験者曰く)面倒臭くても数回に分けて加工する方が身のためです(チョッとJARO)大体こんな所で加工と前準備は終わりです。裏板のベニヤのカットは、又後で書きましょう。それと、図面に引き出しの絵らしき物が有りますが、これも最後の方へ先送りします。(未だに作れてないから)と言う事で作りた...脚も同じ

カテゴリー一覧
商用