カトリックコミュニティ掲示板
住所
出身
ハンドル名
カトリックコミュニティ掲示板さん
ブログタイトル
カトリックコミュニティ掲示板
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/katokeijiban
ブログ紹介文
分野・種類に限らず、カトリック関係の記事を掲載します。
自由文
-
更新頻度(1年)

45回 / 314日(平均1.0回/週)

ブログ村参加:2018/06/26

カトリックコミュニティ掲示板さんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 09/22 09/21 09/20 09/19 09/18 09/17 全参加数
総合ランキング(IN) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 972,754サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 5 5 5 4 4 23/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
哲学・思想ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 12,947サイト
カトリック 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 121サイト
今日 09/22 09/21 09/20 09/19 09/18 09/17 全参加数
総合ランキング(OUT) 63,244位 60,194位 59,928位 65,493位 65,418位 65,917位 66,272位 972,754サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 5 5 5 4 4 23/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
哲学・思想ブログ 856位 783位 787位 870位 854位 852位 874位 12,947サイト
カトリック 30位 29位 28位 29位 31位 31位 30位 121サイト
今日 09/22 09/21 09/20 09/19 09/18 09/17 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 972,754サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 5 5 5 4 4 23/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
哲学・思想ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 12,947サイト
カトリック 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 121サイト

カトリックコミュニティ掲示板さんのブログ記事

1件〜30件

  • 42.大天使聖ミカエルに対する祈り

    【大天使聖ミカエルに対する祈り】大天使聖ミカエル、戦いにおいて我らを護り、悪魔の兇悪なるはかりごとに勝たしめ給え。天主の彼に命を下し給わんことを伏して願い奉る。ああ天軍の総帥、霊魂をそこなわんとてこの世を徘徊するサタン及びその他の悪魔を、天主の御力によりて地獄に閉じこめ給え。アーメン。42.大天使聖ミカエルに対する祈り

  • 41・霊的聖体拝領について

    霊的聖体拝領について(イエズスわれらの御聖体の愛:ステファノ・マネッリ神父著より)霊的聖体拝領は御聖体のイエズスを愛する者たちにとって常に得られる御聖体の生命と愛の蓄えである。霊的聖体拝領によって霊魂の愛する花婿たるイエズスと結ばれることを望む霊魂の愛する欲求は満たされる。霊的聖体拝領は霊魂とホスチアのうちにますますイエズスとの間の愛の結合である。この結合は霊的であるが、しかしそれにもかかわらず実在的であり、霊魂と身体との間の結合よりももっと実在的である。「なぜなら、霊魂はそれが生きるところでよりもそれが愛するところでもっと多く生きるからである」と十字架の聖ヨハネは言っている。【信仰、愛そして欲求】明らかであることだが、霊的聖体拝領はわれわれが聖櫃におけるイエズスの実在的な存在に対する信仰を持っていることを想定...41・霊的聖体拝領について

  • 11.どうしてカトリック信者は十字を切るのですか?

    カトリック信者は、教会堂に入るとき、祈りの前後や日常生活の中で、十字架のしるしをします。もともとは、父と子と聖霊の三位一体の神への信仰告白として、この習慣は生まれました。迫害時代には、人目につかないよう、額や口、胸などに、そっと小さな十字架のしるしをして、信者同士、互いに信仰を確かめ合い、励まし合いました。キリスト教が公認されるにしたがって、大きく堂々と十字架のしるしを公にすることができるようになりました。十字架のしるしは、口頭で、また心の中で、「父と」(右手で額)→「子と」(胸)→「聖霊の」(左肩)→「み名によって。」(右肩)→「アーメン。」(手を合わせる)と、唱えながらします。この組み合わせによって、わたしたちの信仰は父と子と聖霊の三位の神に対するものであり、わたしたちの救いは御子の十字架の死にあることが端...11.どうしてカトリック信者は十字を切るのですか?

  • 13.神の御母への祈り(グランメゾン師)

    十神の御母(グランメゾン師)神の御母、聖マリアよ、幼な子の心を保たせてください。泉のように清く澄みとおった心、寂しさにもくじけぬ心、惜しげもなく自分を与えて微笑む心、同情に満ちたやさしい心、憎むことなく思いやりのある心、誠実で寛(ひろ)やかな心、愛を惜しまず同情を求めない心、柔和にしてけんそんな心を・・・、御子イエズスの光栄のために、すべてを快くゆるす心、忘恩冷淡にも気落ちせず、おおらかで強い心、イエズスの愛に燃え、その愛に渇く心、永遠の天国を仰ぎ慕う心を、御母よ、わたしに与えてください。(カルメル会祈りのとも)13.神の御母への祈り(グランメゾン師)

  • 14.星を仰いで、マリアを呼べ(聖ベルナルド)

    ☆星を仰いで、マリアを呼べたとえあなたがだれであれこの世の海に漂い、嵐にもてあそばれ波に飲み込まれようとするときあの星の輝きから目をそらさないように誘惑の強風に襲われ苦悩の暗礁に乗り上げようとするとき星を仰いで、マリアを呼べ罪の意識にさいなまれ悲哀の念に打ちひしがれ絶望の淵に落ちこもうとするときマリアに思いを馳(は)せよ疑惑、困難、危険に遭うときマリアを思い、マリアを呼び求めよマリアに従えば道をはずれることなくマリアに寄りすがれば道に迷うことはないマリアを思えば罪を犯すことなくマリアに支えられれば倒れることはないマリアに身を委ねれば何も恐れることはなくマリアの助けがあればどんな労苦も軽くなるマリアの導きがあれば、あなたは容易に幸いな祖国に達するであろう聖ベルナルド(1090-1153)14.星を仰いで、マリアを呼べ(聖ベルナルド)

  • 16.なぜロザリオを祈るのですか?

    なぜロザリオを祈るのですか?なぜ今日、ロザリオを祈るのでしょう?生活を聖化し、祈りの生活を深めるためにと言えるでしょう。ファティマに現れたマリア様ご自身、また歴代の教皇様もロザリオを勧めてきました。教会が認めた信心業の中で、いと聖なるロザリオの信心ほど、多くの奇跡をもたらしたとして愛されているものは他にありません。(教皇ピオ9世)世界に平和をもたらすために、毎日ロザリオを唱えなさい。(ファティマの聖母)毎日ロザリオを唱えることほど、神の祝福を家庭にもたらすものは他にありません。(教皇ピオ12世)今の時代の悪を清めるために、いと聖なるロザリオに大きな信頼を置いていると、公に断言することをためらってはなりません。(教皇ピオ12世)罪の内に生きながら、ロザリオを唱えることはできません。罪を犯すことをやめるか、ロザリオ...16.なぜロザリオを祈るのですか?

  • 17.聖トマス・アクィナスの藁(わら)くず発言について

    聖トマス・アクィナスの藁(わら)くず発言についてトマス・アクィナスは1273年12月6日、聖ニコラウス礼拝堂でのミサ中に何らかの体験をし、その後、執筆も口述も絶った。このため『神学大全』は第三部の聖体の秘跡の項から悔悛の秘跡の項に移ったところで中断され未完となる。兄弟僧レギナルドゥスがなぜ著作を続けないかと尋ねたところ、「私が見たものにくらべれば、私がこれまで書いたものはすべてわらくずのように見えるからだ」と答えたと伝えられている。以後、この発言に対して様々なことが言われてきた。それはまず、アクィナスが実際に何を「見た」のか、ミサ中に何があったのかという体験に関してのことである。稲垣良典はS=タグヴェルの節を敷衍して、パウロが「そのときには顔と顔とを合わせて見ることになる」(第一コリント13:12)という言葉で...17.聖トマス・アクィナスの藁(わら)くず発言について

  • 18.ランチアーノの聖体の奇跡

    イエズス様は、聖体の秘跡のうちに、実際に現存しておられる紀元700年ごろ、イタリア、ランチアーノに、聖バジリオ修道会の聖ロンジヌス教会(現;聖フランシスコ教会)がありました。そこに所属する、ある修道司祭は、毎日ミサを捧げつつも、聖体におけるキリストの現存が信じられず、いつも悩み続けていました。ある日、奉献文の聖変化にさしかかった時、両手に掲げた聖体のパンが、突如、肉片に変わりました。この時、彼は、錯覚だろうと思い、聖別を続けました。ついで、ぶどう酒を聖別し、奉挙しようとした際、ぶどう酒が、明らかに血の色、真っ赤な鮮血に変わっているのを確認しました。彼は気が動転しました。しばらく、気持ちを落ち着けて、目の前で起こっている事柄を頭の中で整理し、驚きと共に、自分の信仰の足らなさを悲しみ、そして、このような奇跡をもって...18.ランチアーノの聖体の奇跡

  • 42.聖マチルダに啓示された五つの御傷への祈り

    この祈りは、ある聖金曜日に、聖マチルダが十字架の御像に接吻し奉るために進んだ時に、我らの主より啓示されたものです。「ああ我らの主イエス・キリスト、御苦しみに満てし御左足の御傷より流し給いし御血が、我らの罪を洗い浄め給いし事に我、御身に感謝し奉る。この内に我を沈め給いて、これまで犯せし罪のことごとくをしのばせ給わんことを。アーメン。」「ああ我らの主イエス・キリスト、御苦しみに満てし御右足の御傷より、我らに流れし平安の源に感謝し奉る。この深みの内に我を沈め給いて、わが欲望のことごとくを埋め給い、かくしてそれが浄められ、いかなる現世的汚れによりても潔白なるままにとどめ給え。アーメン。」「ああ我らの主イエス・キリスト、御苦しみに満てし御左手の御傷より、我らに注がれし聖寵の源に感謝し奉る。御身の御苦しみとの一致のうちに、...42.聖マチルダに啓示された五つの御傷への祈り

  • 十字架の道行きの祈り(御絵付)ベネディクト16世

    第1留イエス、死刑の宣告をお受けになる主キリスト、あなたを礼拝し、賛美します。あなたは、尊い十字架とご死去をもって世をあがなってくださいました。何の罪もないイエスは、神の栄光と人々の救いのために、ピラトの不正な死刑の宣告をおうけになります。幾たび罪のない人々があしざまに扱われ、死の宣告をうけて殺されたことでしょう。わたしたちも何度、真理よりも人気を、正義よりも自己の名声を選び取ったことでしょう。あなたを否んだペトロに注がれた御まなざしを、わたしたちにも注いでください。あなたの御まなざしがわたしの魂にしみとおり、いのちへの道を示してくださいますように。主よあわれんでください。わたしたちをあわれんでください。聖母よ十字架にくぎづけられた御子の傷をわたしの心にしるしてください。第2留イエス、十字架を担われる主キリスト...十字架の道行きの祈り(御絵付)ベネディクト16世

  • 私たち自身の霊魂のための祈り(痛悔の祈り)

    十私たち自身の霊魂のための祈り♦私たち自身の霊魂のためにも祈りましょう。とこしえの御父よ、私は悲しみのマリアの御手を通してイエスの聖心を、そのすべての愛、すべての苦しみ、すべての功徳とともに、あなたにお捧げいたします。今日、および現在までに私が犯したすべての罪の償いとして:栄唱『栄光は父と子と聖霊に。初めのように今もいつも世々に。アーメン。』今日、および現在までに私が良く果たさなかった善の行いを清めるために:栄唱『栄光は父と子と聖霊に。初めのように今もいつも世々に。アーメン。』今日、および現在までに私がよく果たすべきであったにもかかわらず怠った善を補うために:栄唱『栄光は父と子と聖霊に。初めのように今もいつも世々に。アーメン。』☆この祈りのエピソード亡くなったクララ会のある修道女が、彼女のために祈っていた修道院...私たち自身の霊魂のための祈り(痛悔の祈り)

  • 霊的聖体拝領の祈り(暗唱用)聖人たちの勧めのことば

    霊的聖体拝領の祈り(暗唱用)十父と子と聖霊のみ名によって。アーメン。主イエス・キリスト、今、私はご聖体をいただくことが出来ません。しかしあなたへの愛に満たされて私の心にお迎えしたいと望みます。(すこし沈黙して心の準備をする)今、秘跡によるご聖体を受けられないわたしの心においで下さい。(ご聖体拝領をイメージする)主がわたしの心においでになったことを信じ感謝します。わたしがあなたから離れることがありませんように。(少しの時間、沈黙を保ち霊的拝領をできたことを感謝する)十父と子と聖霊のみ名によって。アーメン。----------------------------------------------------------------------------------------------------------...霊的聖体拝領の祈り(暗唱用)聖人たちの勧めのことば

  • イエズスの御肩の御傷への聖ベルナルドの信心の祈り

    ◆イエスの御肩(おんかた)の御傷(おんきず)への聖ベルナルドの信心の祈りこれはフランス・クレルヴォーの地、シトー会の修道院長であった聖ベルナルド(クレルヴォーのベルナルドゥス)が祈りの最中に、御受難の間にもっとも主が苦しまれた身体的痛みはどれであったかと、イエスに尋ねました。すると主は答えられました。【読書】(このイエスのみ言葉のなかにある罪の赦しの約束を黙想したのち次の祈り文にはいる)『十字架をかついだために、私の肩には三つ指ほどの深さがあり、三本の骨がむきだしになるほどの傷ができた。これが他のすべての傷より、もっと大きい苦しみと痛みを私に与えたが、このことは人々には知られていない。しかし、あなたはこれをキリスト信者たちに知らせ、この傷の功徳を通して彼らが私に頼む恵みは、どのようなものでも聞き入れられるという...イエズスの御肩の御傷への聖ベルナルドの信心の祈り

  • 39.おうち(家)ミサについて

    「おうちミサ」主任司祭晴佐久昌英(カトリック多摩教会ニュースより抜粋転載)(2014年6月14日)実際、調子が悪いときは無理をなさらずに、お体を大切になさってください。たとえば、ミサは大切ですが、ミサに集まれるのも体あればこそ。無理して出かけて体調を崩しては元も子もありません。この季節は、熱中症も心配です。体調すぐれないときは大事を取って、「おうちミサ」をすることを、主任司祭として許可いたしましょう。「おうちミサ」とは、ミサの時間に合わせて我が家でお祈りすることです。もちろん秘跡に代わるものではありませんが、やらないよりは100倍良いですし、イエスさまはちゃんと共にいて、特別の恵みを与えてくださるでしょう。準備するのは小さな十字架をひとつと、聖書と典礼があれば十分です。もしあれば、ろうそくに火をともし、聖歌集も...39.おうち(家)ミサについて

  • ミサに行けないときの祈り(コンパクト版)

    【ミサに行けないときの祈り】十父と子と聖霊のみ名によって。アーメン。1.悔い改め(痛悔)の祈りを唱えます。全能の神に告白します。わたしは、思い、ことば、行い、おこたりによってたびたび罪を犯しました。聖母マリア、すべての天使と聖人、そして兄弟の皆さん、罪深いわたしのために神に祈ってください。そして神がわたしをあわれみ、罪をゆるし、永遠のいのちに導いてくださいますように。アーメン。2.霊的聖体拝領の前に、主の祈りを唱えます。天におられるわたしたちの父よ、み名が聖とされますように。み国が来ますように。みこころが天に行われるとおり、地にも行われますように。わたしたちの日ごとの糧(かて)を、今日もお与えください。わたしたちの罪をおゆるしください。わたしたちも人をゆるします。わたしたちを誘惑におちいらせず、悪からお救いくだ...ミサに行けないときの祈り(コンパクト版)

  • 37.ゆるしの秘跡(告解)について

    【ゆるしの秘跡について】ゆるしの秘跡(告解)とは、司祭のもとで、自分の犯した罪を告白し、罪のゆるしを願うことにより、神からの罪のゆるしが与えられるというしるしです。◆ゆるしの秘跡に必要な行為はつぎのとおりです。【痛悔(犯した罪を悔やむこと)】良心の糾明(きゅうめい)をして犯した罪を思い出し反省します。【司祭への罪の告白】大きい罪(大罪)はすべて告白します。小さな罪(小罪)は主なものを告白します。【償いをはたす決意、およびその実行】償いとは、罪に対する弁償。罪によって生じた損失、害を償い、失われた神への愛を埋め合わせることです。(償いの内容は司祭から指示があります。祈り、善行、犠牲などがあります。)【罪について】1.罪とは神のおきてに意識的に違反することです。自らの罪の状態に悩む人は、自分が裁かれるという恐怖を感...37.ゆるしの秘跡(告解)について

  • 36.教会(ミサ)に行けないときの祈り

    【ミサに行けないときの祈り】ミサに参加するのは『神の恵みを受ける』ためです。しかし事情により、やむを得ずミサに行けないときがあります。そのようなときに、ミサの代わりにはなりませんが信仰生活を保つために、お恵みをいただき、さらに小さな罪(小罪)も赦されるようなお祈りを紹介いたします。(次にあげる1~5までのお祈りをこころをこめて唱えましょう)十父と子と聖霊のみ名によって。アーメン。(十字架のしるしをします。下記のことばを、口頭で、また心の中で唱えながらします。十字は、右手で、額→胸→左肩→右肩→手を合わせる。)1.悔い改め(痛悔)の祈りを唱えます。全能の神に告白します。わたしは、思い、ことば、行い、おこたりによってたびたび罪を犯しました。聖母マリア、すべての天使と聖人、そして兄弟の皆さん、罪深いわたしのために神に...36.教会(ミサ)に行けないときの祈り

  • 西欧カトリック教会の深刻な衰退と対応 ドイツ教会の誤れる‶豊かさ”

    (2017.8.13CatholicNewsAgency/Crux)CatholicNewsAgencyドイツ版のAnianChristophWimmer編集長が、10日付けの英国のカトリック紙TheCatholicHeraldに寄稿し、ドイツのカトリック教会が何を誤っているのかについて持論を述べた―財政的には豊かだが、信徒数を急激に減らしており、教会に留まっていてもミサに行かない信徒も急増している、と。ミュンヘン発―ドイツのカトリック教会は「霊的に貧困化し、衰えている。だが、物的には富んでいる」。それが、Wimmer編集長の診断結果だ。「ドイツの教会は今、『精神的な影響力の弱体化と大きな金銭的影響力の大きさ」という不健全な組み合わせに苦しんでいます。ドイツの教会は、信徒数、ミサ参加者、秘跡を受ける人の減少に悩...西欧カトリック教会の深刻な衰退と対応ドイツ教会の誤れる‶豊かさ”

  • 34.メダイなどの祝福(祝別)について

    メダイなどの祝福(祝別)についてメダイやロザリオは神父様に祝福(祝別)していただくと良いといわれています。祝福は、神様の豊かな恵みがあるようにと願うものです。ミサの時に司祭から受ける祝福は、その人に神様の豊かな恵みがあるように、ロザリオやメダイなら、それを身につける人に神様の豊かな恵みがあるように願うものです。したがって、メダイなどを守り札や魔除けと混同してはなりません。違いは守り札などに魔法的な力を帰するところにあります。すなわち守り札などを身につければ絶対に過ちは起こらないと信じるのに対して、カトリックの祝別やメダイなどは、神様の守護を願いながら用心深く行う義務を思い出すためです。また、御像、御絵、ロザリオ、スカプラリオ、その他信心の為に使われる物も祝別して神様にこの聖なる物を使って立派に祈ることができるよ...34.メダイなどの祝福(祝別)について

  • 聖書はどう読めばよいのか (和田 幹男 神父)

    『声』誌1997年10月号から和田幹男神父紹介和田幹男(わだみきお、1938年4月26日-)は、日本のカトリック教会の司祭。英知大学大学院人文科学研究科教授を務めた。現在、大阪大司教区カトリック関目教会主任司祭。1.はじめに聖書はどう読めばよいのか。それぞれ好きなように読めばよいのではないか。たしかに聖書は好きなように読んでよいし、そのようにでも読むほうが、読まないよりましでしょう。しかし、それでよいのでしょうか。わたしは小さい頃あるお兄さんに連れられて恋愛映画を見に行ったことがあります。これは恋愛映画として傑作だったのですが、そこに出てくる馬に興味をもって見ていました。この映画を作った監督さんがこれを知ったら、苦笑いするでしょう。聖書についても、同じことが言えましょう。聖書をどう読むかということは、聖書解釈を...聖書はどう読めばよいのか(和田幹男神父)

  • 15.聖性の道を歩んだ名説教家・福者ジョン・ヘンリー・ニューマン

    *聖性の道を歩んだ名説教家福者ジョン・ヘンリー・ニューマン(1801~1890年)「もし、わたしがご計画の邪魔をしなければ、わたしは最高の幸せに達するように神様は決めておられます。神さまはわたし個人として見ておられ、わたしを名前で呼び、わたしにできることは何か、わたしにとって何が一番よいのか、わたしの最高の幸せは何かをご存知であって、それをわたしに与えようとしておられます。(「ニューマン枢機卿の黙想と祈り」より)ジョン・ヘンリー・ニューマンは、十九世紀にイギリスの地で活躍した誉れ高い人物である。しかしカトリック教会では、その名前が必ずしも浸透しているとは言えない。ニューマンは、もともとイギリス国教会(日本では聖公会)の司祭だったので、カトリックとは一線を画していたが、教父時代の文献などの研究をしているうちに、自...15.聖性の道を歩んだ名説教家・福者ジョン・ヘンリー・ニューマン

  • 20.イエズスの肩の御傷の祈り

    十イエズスの肩の御傷の祈りこれはクレルボーの記録に関連したもので、聖ベルナルド(1090~1153年)が私達の主に主の偉大な未記録の苦しみについて尋ねた時、主イエズスは答えられた。「私は肩に、苦しみの十字架の道の途上にて深手を負った。これ以上の苦しみは他になかったがそれを記録する者はいなかった。この信心を行いこの傷に光栄を帰するならば、私は汝にどのようなものであっても求める完全な善徳と賛美に値する功徳を与える。そして彼らすべてをこの傷を大いにあがめる者とみなし、私は彼らのすべての小罪を赦し、彼らの大罪についても記憶することはないだろう。」(聖ベルナルドは、教皇アウグスチヌス3世に熱心にこの祈りと「天使祝詞」を3回、私達の賛美される贖い主である主の肩の御傷に光栄を帰すために唱え、罪を心から悔やむすべての者に免償を...20.イエズスの肩の御傷の祈り

  • 19.ブエノスアイレス(アルゼンチン)の聖体の奇跡

    ブエノスアイレスの聖体の奇跡カトリック教会においては、キリストが「最後の晩餐」の時に告げた言葉「これは、あなたがたのためのわたしの体である。わたしの記念としてこれを行いなさい」(ルカ22章19、ほかマルコ・マタイなど)を継承し、エウカリスト(最後の晩餐)ミサの時、司祭が種なしパン(ウエハース)と葡萄酒を聖変化させ、キリストの「現存」としています。その聖体(パンのほう)は、常に聖堂の決められた場所(聖櫃:せいひつ)に安置され、信徒は特別な崇敬をもって、ミサ以外のときも「聖体訪問」という形で「現存」するキリストに会いに行ったり、その前で祈ったりします。一方、大半のプロテスタントの教義ではこれを認めていませんが、シンボルとして捉えている派もあるでしょう。で・・・その、聖体の話なんですが・・・。1996年、アルゼンチン...19.ブエノスアイレス(アルゼンチン)の聖体の奇跡

  • 日本二十六聖殉教者のロザリオの祈り

    日本二十六聖殉教者のロザリオ聖ペトロ・バプティスタ、聖パウロ三木等26名の司祭、修道士、信者は長崎の立山で1597年2月5日殉教した。1862年6月8日列聖。祝日2月5日。(26人のうち、日本人は20名、スペイン人が4名、メキシコ人、ポルトガル人がそれぞれ1名であり、すべて男性であった。)日本二十六聖人列聖1597年に豊臣秀吉により長崎で磔にされた26人のクリスチャン。処刑の行われた西坂の丘はゴルゴタに似ているという理由で彼ら自身が望んだ。(カトリック二俣川教会作成)十父と子と聖霊のみ名によって。アーメン。十使徒信条(信仰宣言)(十字架で)天地の創造主、全能の父である神を信じます。父のひとり子、わたしたちの主イエス・キリストを信じます。主は聖霊によってやどり、おとめマリアから生まれ、ポンティオ・ピラトのもとで苦...日本二十六聖殉教者のロザリオの祈り

  • 日本二十六聖人の紹介

    (1)聖フランシスコ・吉伊勢出身といわれますが、不明。都での迫害がはじまる九か月ほどまえに洗礼を受けた武士気質の大工。殉教者たちが大阪から長崎へ送られるとき、一行のあとを追い、その世話をしていましたが、とちゅうで殉教者の群れにくわわりました。(2)聖コスメ・竹屋尾張出身の刀の研ぎ師。イエズス会士から洗礼を受けましたが、バウチスタ神父が都に修道院をつくるときミゲル・小崎たちとともに尽カし、のちフランシスコ会に移って、伝道士となりました。説教師として大阪の修道院で働いているとき、マルチノ神父とともに逮捕されました。(3)聖ペトロ・助四郎京都出身。イエズス会のオルガンチーノ神父から殉教者たちの旅路を助けるためつかわされましたが、途中でフランシスコ・吉とともに殉教者の群れにくわわりました。三十歳。(4)聖ミゲル・小崎伊...日本二十六聖人の紹介

  • 1.聖ヨハネ・ボスコ(ドン・ボスコ)の煉獄の霊魂のための祈り

    十聖ヨハネ・ボスコの煉獄の霊魂のための祈り全能の神よ、あなたは人間を愛されるあまりに、人性をまとって苦労に満ちた生活を送られました。最後に非常に苦しい御受難を耐えしのび、十字架上に息絶えられました。どうか尊い御血によって得られた数多い功徳を考えて、煉獄の幸せな霊魂が受けている苦しみに、あわれみ深い眼差しを向けて下さい。これらの霊魂は、あなたの恵みでこの涙の谷を去り、神としてのあなたの正義に対して、まだ残っている負債を償うために煉獄の燃え盛る炎の中で苦しんでいます。それで、限りなく憐れみ深い神よ、私がこれらの霊魂のために、へりくだって捧げる祈りを受け入れて、暗闇の牢獄から苦しむ霊魂達を引き出して、天の光栄にお呼び下さい。いとも聖なるおとめ、悩む人々の慰めであられる憐れみ深い御母聖マリアよ、どうか煉獄の霊魂のために...1.聖ヨハネ・ボスコ(ドン・ボスコ)の煉獄の霊魂のための祈り

  • 2.病人のための祈り(絶えざる御助けの聖母マリア信心会の祈り)

    病人のための祈り生命(いのち)を与えて下さる御父なる神よ、お恵みによって病人の体と心をいやし、一日もはやく快復できますように。苦しみを深く味わったキリストよ、地上で病人にあわれみの手を差し伸べられたように、今も彼らをかえりみ、教会の奉仕と祈りによって、あなたの復活の力をあらわしてください。心を導く聖霊よ、彼らが主のみ旨を快く受け入れ、すべてを耐え忍ぶことができますように、力づけ、支えて下さい。絶えざる御助けの聖母よ、病のうちにある人々が、あらゆる危険より守られますように、お取り次ぎください。アーメン。2.病人のための祈り(絶えざる御助けの聖母マリア信心会の祈り)

  • 3.聖ヨハネ・マリア・ヴィアンネ(アルスの司祭)のことば

    聖ヴィアンネの言葉人物の紹介ヨハネ・マリア・ヴィアンネ生誕1786年5月8日フランス・ダルディイー死没1859年8月4日フランス・アルス=シュル=フォルマン崇敬する教派カトリック教会・聖公会列福日1905年1月8日列福場所ローマ列福決定者ピオ10世列聖日1925年5月31日列聖場所ローマ列聖決定者ピオ11世記念日8月4日ヨハネ・マリア・ヴィアンネ(フランス語:Jean-MarieVianney,1786年5月8日–1859年8月4日)は、フランスの教区司祭であり、カトリック教会では教区司祭の守護聖人として崇敬されている。また、「アルスの司祭」としても知られている。教区での司牧活動による教区及びその周囲の劇的な霊的変容により、国際的に有名となった。カトリックではそれを高徳な生活、苦行、ゆるしの秘跡における不屈の司...3.聖ヨハネ・マリア・ヴィアンネ(アルスの司祭)のことば

  • 4.ルルドへの旅 アレクシー・カレル著

    ルルドへの旅アレクシー・カレル著中公文庫2015.10刊後にノーベル生理学・医学賞を受賞(1912年)する仏の外科医であるアレクシー・カレル(1873年~1944年)が、1902年に、かつて聖母マリアが出現したと言われ、不治の病を治癒する「ルルドの泉」で知られた、カトリック教会の巡礼地ルルドを訪れたときに目の当たりにした“奇跡”について、自ら綴ったものである。カレル博士は一般には、『人間この未知なるもの』の著者として有名である。ルルドは、フランス南西部のピレネー山脈の麓にある小さな町(現在の人口は15,000人)で、1858年に、町の洞窟でベルナデット・スビルーという14歳の少女に半年間で18回の聖母マリアの出現があり、その9回目の出現のときに洞窟に見出された湧水による病気の治癒例が評判になり、世界的に有名な巡...4.ルルドへの旅アレクシー・カレル著

  • 5.素晴らしい聖体訪問

    素晴らしい聖体訪問皆様は、聖体訪問という素晴らしい習慣が、カトリック教会にはあるのをご存知ですか?聖体をご存じない方々のためにご説明しますと、聖体とは、ミサの中で聖別され、聖変化されたパンとぶどう酒のうちにまことに現存される、主イエズス・キリストの御体と御血のことです。主イエズスは、十字架上の死に渡される前の最後の晩餐を弟子たちと共に過ごされ、ユダヤ人の祭りである過越しの食事をされました。その時、パンとぶどう酒を分かち合われ、この聖体を制定されたのです。「一同が食事をしている時、イエズスはパンを取り、賛美の祈りを唱えて、それを裂き、弟子たちに与えながら言われた。『取って食べなさい。これは私の体である。』また、杯を取り、感謝の祈りを唱え、彼らに渡して言われた。『皆、この杯から飲みなさい。これは、罪が赦されるように...5.素晴らしい聖体訪問