searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

ハリー東森さんのプロフィール

住所
橋本市
出身
中村区

映画館に足を運び、お金を払って映画を見たからには、その作品のどこが良かったか、どこが気に入らなかったか、 “映画への想い” をちゃんと語るのが映画ファンだと思いつつ小欄を綴っています。

ブログタイトル
シヌマDEシネマ
ブログURL
http://harry-higashimori.blog.jp/
ブログ紹介文
映画歴半世紀 映画は映画館でお金を払って見るのが原則
更新頻度(1年)

64回 / 365日(平均1.2回/週)

ブログ村参加:2018/01/10

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、ハリー東森さんの読者になりませんか?

ハンドル名
ハリー東森さん
ブログタイトル
シヌマDEシネマ
更新頻度
64回 / 365日(平均1.2回/週)
読者になる
シヌマDEシネマ

ハリー東森さんの新着記事

1件〜30件

  • 「TENET テネット」見てきました

    大阪へ出たついでに、久しぶりのTOHOシネマズ難波で映画を見てきました。映画に対して “ついでに” は失礼でした。「ダンケルク」「インターステラー」「インセプション」のクリストファー・ノーランといえば、独特のストーリー展開と映像で楽しませてくれて、興味深い映

  • 柳家喬太郎 独演会に行ってきました

    昨年の9月に続き、大阪天満橋のドーンセンターへ、柳家喬太郎の落語を聴きに行ってきました。電車を利用するのは今年2月以来の7か月ぶり、大阪の繁華街へ出るのもなんと7か月ぶり。せっかくだからと難波・梅田あたりをブラついてきた。これまであった、あの店この店がまった

  • カリフォルニアの青い空

    カリフォルニア州ロサンジェルスには、1999年10月と2014年4月に訪れている。どちらも団体ツアーだった。主な観光名所をサラッと巡っただけで、あまり印象が残っていない。それでも、アカデミー賞授賞式が催されるコダックシアターとその隣のチャイニーズシアターは、洋画ファ

  • いちばん忠臣蔵らしかった「決算!忠臣蔵」

    今年に入ってテレビで鑑賞した104本目の映画「決算!忠臣蔵」これが俄然面白かった。まず、赤穂事件の顛末を「藩の予算」という視点から描いているのが興味深かった。西暦1700年前後の元禄年間、当時の貨幣を現在の価値に換算して、1文=30円、1両=12万円、そば一杯の値段が

  • ブルース・リー 生誕80年だそうで

    WOWOWでは先週の月曜日から6日間に渡って、ブルース・リー主演映画を毎日1作品ずつ放映していた。ほぼリアルタイムで鑑賞したその6作品は以下の通り。  「ドラゴン危機一発」  「ドラゴン怒りの鉄拳」  「ドラゴンへの道」  「死亡遊戯」  「死亡の塔」  「燃え

  • 「ミッドウェイ」で思い出したこと

    先日鑑賞した「ミッドウェイ」の中で、あの「駅馬車」の監督、ジョン・フォードが登場してきたのには驚いた。戦闘の最中、ミッドウェイ島に上陸し、日本軍の爆撃に怯むことなくカメラマンを叱咤して撮影する様子が描写されていた。調べてみたら実際のことのようで、「ミッド

  • 「ミッドウェイ」見てきました

    半年ぶりの映画館で「ミッドウェイ」見てきました。半年以上利用していないN海電車に乗って、久しぶりに難波まで出ようと思ったけれど・・・。車で橿原のTOHOシネマズへ。監督のローランド・エメリッヒといえば「インデペンデンス・デイ」「2012」といった特撮モノが頭に浮か

  • 九月の風

    YouTubeに自作の曲「九月の風」をアップしました。当時起こした譜面には、44年9月と記されている。昭和44年(1969年)、半世紀前のこと。その半世紀前、18歳で就職した会社の勤務先は、奈良市内ではあったが大和郡山市に隣接した片田舎だった。名古屋を離れ、独身寮でのひと

  • 立川志の輔 独演会に行ってきました

    コロナ禍のこのご時世に、和歌山のド田舎から、わざわざ京都まで出かけて、志の輔の落語を聴きに行ってきました。家内は、こんな時期やしもうやめへん? と言うけれど、昨年はチケットを取ったのに椎間板ヘルニアの手術で行けなかったのだ。こんな時期だからこそ、志の輔を

  • なかなか面白かった「スパニッシュ・プリズナー」

    我が家で視聴料を払っているテレビ放送は、NHKの公共料金とWOWOWの2つだけである。Netflixには多少興味があるが加入するまでには至っていない。テレビに表示される番組表をチェックしていると、WOWOWの隣のSTARチャンネルの番組も目に入ってしまうが、放映される作品はWOWOW

  • YouTube 始めました

    前回小欄で述べた、音楽を半年間やってきた話の続き。出来上がった曲に、演奏している様子を撮影しライブ風ビデオを作った。それを一部のLINE友達に送って見てもらった。ウソかホンマかこれがけっこう好評のようで、それもこんなことを半年間続けられたモチベーションになっ

  • この半年間の過ごし方

    コロナ禍での引きこもり生活が続いている。面と向かって会話するのは、ほとんど家人だけである。あとはといえば、月1回は行く病院の先生と看護師、それからスーパーに買物に行った時のレジのオバサンくらいだな。そうそう忘れていた、我が家の愛犬カイとも会話している。実は

  • いつになったら映画館に行く気になれるか

    3月初旬の「ジュディ虹の彼方に」以来、映画館へは行っていない。もっとも、見に行きたくなるような作品が公開されていないこともあるのだが。難波や梅田にも、この半年ご無沙汰である。コロナ禍が収束の兆しをみせない現状ではジッとガマンはしかたない。しかし、あー都会が

  • マイナポイントを申し込む

    このところ舘ひろしがテレビでやっているあのCM。これで思い出した。1か月前のことになるが、そのマイナポイントを申し込んでおいた。マイカードを普及させるための政府の施策である。電子決済やチャージを行った金額の25%(最大5,000円分)が戻ってくるというやつである。

  • 旅の語源

    今朝の読売新聞のコラム「編集手帳」にタビ(旅)の語源の一説が紹介されていて、な~るほど、と感心した。その一部を抜粋させていただくと、◆古代の農民は家を離れ、山あいの水田の小屋で寝ることがあった。これをタブセと言う。ひとり地べたに伏すタブセの経験と関連しつ

  • 強烈な映像体験だった「ゼイ・シャル・ノット・グロウ・オールド」

    8月15日が近づくとWOWOWでは戦争を題材にした作品(特に邦画)が多く放映される。そんな中で先日「ゼイ・シャル・ノット・グロウ・オールド」を鑑賞した。今年1月に我が国で劇場公開されたらしいが、まったく記憶にない。私はこの歳になっても興奮したりすると、18歳まで育っ

  • 5%キャッシュバックの使いみち

    コロナ騒ぎの陰に隠れてしまったような感のある「5%キャッシュバックキャンペーン」が6月末で終わった。昨年10月の消費税増税に伴う消費の冷え込みを懸念し、政府が打ち出した景気刺激策である。私もほとんど忘れかけていたが、親切なクレジット会社からいついつまでにポイン

  • 書き出しが難しい

    長いこと当ブログを放ったらかしにしてしまっている。2ヵ月も休んでいると、どうも書き出しが難しい。休んでいたのは、この数か月の生活が特に変わったわけではない。ネタ が無いのである。当ブログのメインコンセプトはタイトル「シネマDEシネマ」の通り、映画である。それ

  • 特別定額給付金 その後

    先月29日に発送した特別定額給付金の申請書、サイフ代わりに利用している地元の銀行口座に昨日、滞りなく振り込まれました。発送日から入金日まで14日。土日を除いたら10日。早いやないの。巷では申請書さえ届いていないというところが、まだ2割3割あるとか報道されていたし

  • 特別定額給付金

    1ヵ月ほど前に家内がメガネを新調した。「あの10万円で・・・」。ガタがきて、まったく熱くならなくなったホットプレートを、パナソニック製のIHホットプレートに買い換えた。「これもあの10万円で・・・」。このところこの「10万円」が、ちょっと高額なものを買う時の、我が

  • 元気です

    いつのまにか、当ブログを長い間お休みしてしまいました。コロナに感染して入院していたわけでもなく、歳のせいでボケがさらに進行したわけでもありません。計画していた小旅行が2つ3つ中止になったくらいで、相変わらずの自宅引きこもり生活を、元気に続けております。その

  • こんなときは 身辺整理でも

    不要不急の用事なんぞは、な~んも無いから家から出ることもないし。そんなことは、毎日がほとんど引きこもりの生活だから慣れたもんだし。といって、いつものように録り貯めた映画ばかり鑑賞しているのも、コロナコロナのご時世でちょっと気が引ける。そんなこんなで、先日

  • 「ジュディ 虹の彼方に」見てきました

    桜も咲きだしてそろそろ花見だというのに、子供たちは卒園式だ卒業式だというのに、どこを向いてもコロナ、コロナで気が滅入る。株は下がりまくってさらに気が滅入る。ちょうど今頃は、久しぶりに名古屋の友達を訪ねる予定をしていたが中止となった。来週は孫のお食い初めで

  • 令和元年度 国税還付金振込通知書

    新聞を開いても、テレビを点けても、コロナ、コロナで気が滅入る。韓国映画「パラサイト」を見た時のような、この閉塞感はいつまで続くのか。無観客で開催されているプロ野球のオープン戦も大相撲のテレビ中継ももうひとつ盛り上がらない。先日、大相撲テレビ中継を見ていた

  • ハリウッド映画の一世紀

    新聞を開いても、テレビを点けても、新型コロナ、新型コロナで気が滅入る毎日。ここは慌てず騒がず、映画館にも行きたいがじっと我慢だ。そうなると、家で録画貯めしておいた映画を鑑賞することになる。WOWOWで先月から毎週土曜日の朝、単発の番組「ハリウッド映画の一世紀」

  • 「1917」で感じた 予告編でいちばん「ええとこ」見せるな!

    先日鑑賞した「1917 命をかけた伝令」で、あらためて予告編について考えさせられた。公開前に劇場やテレビCMで流された予告編がこれである。 最後の方で、主人公が必死に駆けるシーンが出てくる。突撃するイギリス兵を横切りながら、ドイツ軍の爆撃にも怯まず、まさしく“

  • 確定申告 今回はだいぶ戸惑いました トラブル2

    前回からの続きトラブルのふたつ目。「医療費明細にExcel 2003が対応してくれなくなった」今どきExcelのバージョン2003とは、とんでもなく古いソフトではあるが、一昨年のe-Taxの医療費明細は、このExcelで入力できた。ちなみに(言い訳するわけではない)私はExcelの2007も

  • 確定申告 今回はだいぶ戸惑いました トラブル1

    前回からの続きトラブルのひとつ目。「マイナンバーカードを認識してくれない」昨年のe-Tax入力の時は素直に反応してくれたマイナンバーカードをカードリーダーにセットすると「認識できません」といったエラーが出て、入力早々から躓いた。昨年と今年の違いはパソコンを買い

  • 「ドミノ 復讐の咆哮」見てきました

    ちょっと前のことになる。先週東京へ行った折、ひとりウロウロする時間がたっぷりあった。ここはやっぱりもう一本映画でしょ。1,200円で2時間も時間が潰せるんだから。いやいや映画に対して時間が潰せるとは失礼でした。「1917」の次はどれにしようと考えた。先週のことだか

  • 確定申告 今回はだいぶ戸惑いました

    サラリーマン時代は縁の無かった確定申告も、e-Taxでやり始めて今回で9度目になる。毎年一回きりの行事なので、まさしく忘れた頃にやってくる。それも毎年のように入力画面、操作方法が変わるのである。これが今年度の最初の画面と「作成開始」をクリックした後の画面。Windo

カテゴリー一覧
商用