searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

yさんのプロフィール

住所
大阪府
出身
未設定

今更足掻いても手遅れだけど生きた証の独り言。

ブログタイトル
スカッ晴れ♪
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/bourbon1021
ブログ紹介文
大阪からノーコン乱投発信
更新頻度(1年)

171回 / 365日(平均3.3回/週)

ブログ村参加:2017/12/30

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、yさんの読者になりませんか?

ハンドル名
yさん
ブログタイトル
スカッ晴れ♪
更新頻度
171回 / 365日(平均3.3回/週)
読者になる
スカッ晴れ♪

yさんの新着記事

1件〜30件

  • 指名から消えた大統領候補

    米国大統領選も何かと騒がしく異色大統領の次の一手に注目が高まっています。我が国でも国会の推移より米国大統領選に報道関係の情報量が多く、いったい此処は何処の国?等と思ったりします。国内で暮らしていれば感じる事も少ないですが、武者小路実篤氏などは戦争は愚かと考えていながら海外に滞在している間に黄色人種への偏見差別を受け、腹立たしい思いが戦争推進に傾きましたね。「フロント・ランナー公式サイト」やはり机上の平和論等は現実に屈服し易いものだと感じます。映画の世界でも大統領選挙に関して劇的なものや舞台裏を描く内容など様々に作品があります。昨年ではJ・ライトマンによる80年代後半共和レーガン後の民主候補者、モンデールに対し若さと勢いでゲーリー・ハートが注目を浴びますが、選挙運動中の不倫にマスコミが騒ぎ立て辞退に追い込まれる流...指名から消えた大統領候補

  • 秋めいてゆく

    二男が小学生の頃に学習机を求めに近くにあった大塚家具に行ったが高級過ぎて足が引けた^^塾にも一切行かなかった息子達だから、そういう投資は他に使えた。その支店も撤退され、より広い営業面積がある地域に移転した。その大塚家具も其の後に紆余曲折し、娘さんが社長職から辞するらしい。大阪城公園、春には桜が満開に。一企業の成り行きに株の一つでも所持していれば意見の一つも発言できるだろうが、ただ成り行きを傍観していただけの野次馬が語ることは出過ぎたことだと思う。モノ知り顔で久美子社長をソラ見た事かと批判するのは社員以外に語る資格は無い。信念を持ち進めたのが社会に通じ無かった、それだけのことだ。現社長を信じ勤めていた方達には残念な成り行きで気の毒だと思う。縁も無い傍観者が口軽く出過ぎた発言は控えるべきだ。帰りに、かっぱ寿司。つぶ...秋めいてゆく

  • 名画座 黒い画集

    映画「黒い画集」松本清張原作、1960年の映画ですから東京の様子もかなり違います。タクシー料金も初乗り¥100未満。そこそこの企業の課長さん、小林桂樹です、如何にも東宝男優でしたね。軽妙な役柄も演じれば此の映画のようにシリアスな主役も演じ切る。認めてくれる上司も居て、勤め人家業も安泰だと感じています。都内の一軒家の住まいと会社への往復で過ごしていれば思惑通りに定年まで過ごし、重役になれたかもしれません。黒い画集/予告編👈ところが原作が清張さんの映画です。そんな平凡さでは面白くもありません。職場を出て、馴染みの喫茶店に寄り日によればパチンコ、そして夕闇の頃には一杯ひっかけて、ちょっと寄り道するところが課長さんにはあるのです。其の先が部下である女子社員が住む一室。他には見せない伸ばした鼻の下をこの社員、原千佐子には...名画座黒い画集

  • 洒落た映画

    「5時から7時の恋人カンケイ」予告編👈男は24歳、ニューヨークの街なかでタバコを吸うフランス女と出会う。女は33歳、夫も子供もいる。何気ない会話を交わし、また逢いたい気持ちがあれば、この時間に来てと告げられる。母として主婦として私が自由になれる5時から7時の2時間が二人の関係のルールとなる。アメリカ人の習慣、かたやフランスの流儀、違いがあれど楽しめている。フランス女のオープンな性感覚に驚きを感じる男だがクンニをすると驚く女。仏では中々そういうことはしない、米じゃ普通だよ、そんなベッドの会話。とっても良かったわ、またして・・・そんな言葉が行き交うふたり。家庭は大丈夫なの?心配無いわ、彼だって若い女が居る。旦那も認めるアメリカの若い男の存在。奇妙なトライアングルな関係。でも、そんな流れも永遠には続かない。やがて、男...洒落た映画

  • 洞窟おじさん

    「洞窟おじさん」が一挙再放送されている。放送時に観たが点々とした記憶になっていた。井上順夫妻では亡くなった木内さんが妻役、いい御夫婦だった記憶は残っていた。深夜食堂の山中崇が出ていたのも覚えている。しかし、子を愛せない親が居るなんて、、、信じられない。河瀨直美監督が「萌の朱雀」のロケハン中に見出した中学生の尾野真千子も脱皮した女に成長して今現在の彼女の雰囲気になっている。見たくも無いけど、現実を描く中には嫌な奴も出て来る。それだからこそ、イイ人が際立つ。13歳で家出し山に籠り57歳で社会復帰をする実話で、その経験は「洞窟オジさん」として本になり、現在は福祉施設で働かれている。親に愛されていたら、どんな人生になったことやら。洞窟おじさん

  • ひさしぶりの足跡を

    すっかり秋めいた夜になりました。まったく反応を頂けない当ブログに愛想が尽きまして(笑)最近はムラゴンに逃亡しております。「今日を生きる👈」今夜戻ったのは、東芝のディレクターだった石坂さんの御友人のブログがgooで見つけまして僭越ながら繋がりを持たせて頂いたので書いております。やはり多くの方が参加されている組織には驚くような方が居られるものです。年齢を重ねる毎に世間を狭くするのが現実で、広い世間との繋がりが持てるこのようなブログは有難い存在です。ひさしぶりの足跡を

  • 20.8.29.AM

    総理が病気の再発で辞職するらしい。長期政権では慢心などの弊害が生じて現政権には何かと疑惑が散見される。批判されるべき対処も曖昧な侭に放置されている。私も含め野党支持者に陥りやすいのは何事も批判を矢面にする傾向がある。行政の上では評価は分かれるが総てがダメだったとは言えないのではないか?と私は思う。特に稀代の奇人である米国大統領を相手に日米間の貿易問題にしろ他の代議士が総理に勝る実績を残せたとは思えない。野党がすがる理屈論などで大統領を相手に交渉など、とても出来ないだろう。自由市場を看板に正攻法で攻めたとしても「要らん」と言われれば日本経済を支えている車だって輸出できなくなる。トヨタやホンダよりもフォードや米国内の企業を優先するとされれば太刀打ちできないではないか。石垣も相変わらず吠えるだけで、肝心な時に病気にな...20.8.29.AM

  • 残暑お見舞い申し上げます。

    年々と高まる酷暑、今年も高い峠を越すような思いで京都大文字の送り火を経て盆を送りました。残暑がいつまで続くのか、まったく先が読めない近年ですが自分が子供の頃までは盆が過ぎれば一転して涼しくなったものですが異常気象なんて言葉が言われ出してから10月過ぎまで暑いなんて年度もありました。今年はどうなんでしょうね・・・専門家でさえ分からないから自分達には分かるはずもなく、ただ季節の移行の流れに従うしかありません。今夏も我慢して冷房は一切使わずに夏を越えましたが、この二日ほど体調が低下して夜の寝る間だけ29~30度設定で作動しています。今月の定期診断で引っかかってしまって再検査となりまして、この診断結果がどうなることやら。体内の異変は自覚できているのですが、医師には告げておりません。先入観無く画像診断に任そうかと・・・で...残暑お見舞い申し上げます。

  • 甲斐ある友は居ぬものか・・・

    記事の更新を書けば閲覧が押し寄せ下さり平均800ほどの閲覧があるんですけどね。殆どがコメントもイイネもナニひとつ残さず、立ち読み読み逃げで売り上げに繋がらない書店主の気持ちで数年続けて来ました。読んで貰っているなんて有り難味は微塵も感じません。投げても投げても返らぬボールに自身の無力を感じます。似たような感覚で話題がふくらめば面白いから書いているのであって、自身を誇示する為や僅かばかりの経験を自慢する為に書いているワケでは無いんです。蓄積した情報を脳裏から引き出して、ときには度忘れしたものや補足するべき箇所を検索して探し出し、結構な時間を要し書いているのですが・・・・・全く、見えない所の努力が読み逃げの方に伝わらないようで。読みに来てるからいいじゃない、そんなの此処では無用なのです。感性が乾いた情の無い方は、お...甲斐ある友は居ぬものか・・・

  • 岡村は反省している!!

    岡村の発言から彼が出演する番組から下ろすための署名運動まであるらしい・・・お前ら、どこまで暇を持て余してるねんそんな感じだな、そんなことするより、収入に困窮する女たちの身を護る為の運動しろよ!!母子家庭は驚くほど多いぞ。母子が笑い合いながら生活できるような社会の仕組み作りに専念したほうがいい。オッサンの仕事を減らしたところで母子家庭は救われないぞ。母子家庭育ちのジジイが、そう提言する。岡村より、もっと腹黒い性根が腐った汚い男、計算高い男を駆除しろよ。公開説教だなんてあったらしいけど、岡村が居たからこそ大した芸の無い矢部も芸能界で生き残れて来たのも事実だし。寄って集って叩くような岡村は男ではない責める相手は、もっと違う方向に居るぞ。手軽なところで暇つぶしや茶を濁すような気楽な事は止めたほうがいい。岡村は反省している!!

  • 上高地が揺れているらしい。

    独り身の頃には何度も行き信州穂高町の神社で質素な結婚式を挙げ、上高地温泉ホテルで泊まった。自分が山手に向かい立ち入ったのは明神池迄だったが、妻は槍ヶ岳や高名な山岳の登山経験があるから、その先は踏破している。明神池は身を包まれるような不思議な雰囲気を醸し出してくれる。上高地の入り口である河童橋は芥川の小説「河童👈」にある。24時間の(観光定点カメラ👈)が、あります。当然、夜は真っ暗です。で・・・・今夜の更新ですが・・・上高地(長野県松本市)周辺で、4月下旬から地震が続いているらしいのです。観光施設はコロナ騒動で全てが営業を閉じているそうですが、河童橋辺りから明神池までの約所要徒歩時間一時間の梓川に添う両岸の遊歩道に地割れもあるそうなので心配なことです。余震が多いそうで雪崩が多発してもいるのだとか。今年が初めてと、...上高地が揺れているらしい。

  • ショーケン「誘拐報道」

    DVD棚に入りきらない品は焼酎黒霧の箱とかにしまい込んでいるのですが、そこから引き出した今夜は萩原健一主演の「誘拐報道👈」1980年1月23日に発生した兵庫県「宝塚市学童誘拐事件」の顛末を描く大阪読売新聞・社会部の「誘拐報道」が原作です。人質となった児童の安全を守る為に解決まで一切の報道を控える各社報道協定が結ばれる中、記者達が警察捜査の動きを事細かく取材に動き回る様子と、犯人役となった萩原健一の動きが交互に描かれます。大阪豊中にある名門私立小学校に通う児童が通学の帰り道で誘拐され歯科医宅に3000万を要求する電話が入る。犯人は同じ学校に通う同級生の父親だったそうですから、切ない事件です。カネに困窮する犯人宅、子を案じるが為に岡本富士太と秋吉久美子夫妻の迫真のやつれかた。カネに困窮し思い付きのような犯罪に走って...ショーケン「誘拐報道」

  • 画家セザンヌ・映画と小説

    原田マハの「デトロイト美術館の奇跡」を読んだので、以前にUPしたセザンヌを取り上げた映画の内容を再Upします。暖簾に腕押しで無駄な努力を繰り返している此のブログですが、私も懲りないもので笑うしか無いですね。そのうち絶対、永遠のオサラバするぞ!!^^「セザンヌと過ごした時間」オフィシャルサイト👈小説・居酒屋などで知られる作家、エミール・ゾラと画家ポール・セザンヌ、二人の長年に渡る交流から絶交に至る流れを描いています。本人の風貌に似せたキャスティングも秀逸です。特にセザンヌは風貌から入らないと、彼独特の強烈な個性が伝わりません。イタリア人の父とフランス人の母に生まれたゾラ母子家庭の貧窮な少年期にセザンヌと出会います。気性の激しいセザンヌは事ある毎に周囲と意見の衝突が起こしますが、セザンヌの天才的な才能を認めるゾラは...画家セザンヌ・映画と小説

  • オイラの思いや感じること。

    大河ドラマ、明智光秀を取り上げたゆえのこのコロナ騒動だとか無理やりの因果を語るヒマジンがいるが、単なる偶然でしかない。所詮、想像の作り事ドラマを現実の騒動と絡めるのは、ドラマの最後に事実に基づくフィクションだと断りを入れなかければならない誤解や短絡早とちり者に向けてや、また製作陣の責任逃れで書いている類のものだ。ぶっちゃけた話、芸術だとか大そうに分類をしようとするけれど本質は出来の良い紙芝居だと心得ておくのが良いのでは無いかと思う。それくらいの度量がなければ、暇を持て余してTV局に電話したりして物知りの優越感を得たい等とスケベ心が生まれて来るのではないか、もっと客観的に視点を離せよと思う。それにしても不運が重なるよね「麒麟がくる」他のドラマだとかも同様の動きだから仕方ないけど、撮影が出来ないとなるとお手上げです...オイラの思いや感じること。

  • 待てば海路に日和があるかも

    太宰の映画の際に彼同様に志賀直哉は嫌いだけれど、志賀廣太郎の名を見かけると独特の響きを持つ彼の声が脳裏に浮かぶ。遅咲きの役者だったけれど、彼を最初に観たのは買ったDVD「THE3名様」で黙々と甘いバフェを食べるオヤジ役だった。「きのう何食べた?👈」の父親役を脳梗塞かで途中降板になったが梶芽衣子の旦那役だった。一時代があった一線女優と夫婦役なんて若い頃なら、とても出来ないよね。長く役者を生業にしていたら、こういう巡り合わせも起こる。ある意味、長生きすると良い事も起こる。ただ生きながらえている人に依存しているようではダメだろうけどね。鶴瓶が吉永小百合と共演した母べえ、叔父役、👈おとうとで厄介な実弟役👈虹の岬の喫茶店で常連客👈北の桜守では居酒屋の主👈出演の年代別では身内から次第に他人に遠のくが、鶴瓶いわくいつかは旦那...待てば海路に日和があるかも

  • 映画「スリーパーズ」と其の頃の音楽

    映画「スリーパーズ」マンハッタン、ヘルズキッチン貧しい生活者が多い地域に気が合う四人の少年が居た。流れる音楽はビーチボーイズのグッドバイヴレーション、そんな頃、そんな時代。「スリーパーズ予告編👈」少年たちは退屈しのぎに悪戯を思いつきますが、その顛末が予想もしないおおごとに至ります。そして受けた裁きは少年院ゆき。待ち受ける刑務官にケビン・ベーコンなにひとつ疑うことも無い適役です。こいつが、とにかくサイテー野郎です。歯向かえない立場を利用し少年達に生涯拭えない恥辱を与えます。時が経過し四人はそれぞれの生き方を歩むのですが、これがまた極端。なにひとつ躊躇いもなく人が殺せるようなヤクザに二人。一人は新聞社に勤め、残る一人が検察官。未成年犯罪は一定期間を経れば罪状データが廃棄されるそうで検察官の道もあるのでしよう。そして...映画「スリーパーズ」と其の頃の音楽

  • 明日はいづこの町か

    ネットを利用した此れ迄のものを整理に掛かっているが、此処も相変わらず熱くやる気が起こる事も無く、違ったところで書き始めているが結局は其れもおそらく続かずに老いとともにネットから遠ざかりつつあるように感じて来た。自粛要請に応えてくれず店名を公表している行政への批判があるが業界の多くが要請に応じて自粛している中で無視して営業を続けていることが問題では無いのか?公表判断に批判があるのは本末転倒ではないか?大阪では維新憎しの感情が先走り事ある毎に行政に騒ぐ傾向にある。橋下氏の国会議員の報酬をもっと減らせ、との提言に大阪出の立憲女代議士が、橋下の講演料が高いとか言い出した様子など稚拙な感情論でしかない。橋下は私らの収入を減らせと言っているけれど、橋下も高い収入あるんです・・・そんな意味だろうが、こんな、みっともないチクり...明日はいづこの町か

  • DVD映画「エンテベ空港の7日間」

    何度か映画化されている題材です。1976年6月27日に起こったエールフランス航空機エンテべ空港ハイジャック事件。「エンテべ空港の7日間👈」人肉を食べると話題になったアフリカ、ウガンダ国の大統領アミンの時代です。武闘派で政敵をワニに食わせる辺りから、そのようなイメージを持たれていますが、実際には菜食主義者だとか。流動的というか不安定なアフリカの政治は世界の政変により左右します。事件犯の目的はイスラエルに捕らえられ服役している仲間の政治犯と乗客のイスラエル人との交換です。パレスチナのアラファト議長と兄弟と呼び合ったイスラエル首相ラビンの時代です。やっと武力衝突が収束し対話の時代になると期待されたのに残念ながら、ラビンはユダヤ戦闘派に暗殺されました。4人でハイジャックしエンテべで待つ過激派仲間と合流しイスラエルと交渉...DVD映画「エンテベ空港の7日間」

  • DVD映画「ハウス・ジャック・ビルド」

    「ハウス・ジャック・ビルト」👈評判通りの、とんでもない映画です。トンデモナイけど中毒性があって再び観たくなる、なんて書かれてあるけれど、すくなくとも私は観ない。いったい、なんなんだろうな・・この映画。マット・ディロン、怪演です。見事なキャスティングだと感じます。此処で紹介するのも躊躇われますが他には無いようなサイコキラー世界を顔を覆った両手の指の隙間から「怖いもの見たさ」に興味がある方には、おそらく向いた映画なのでしょう。幸か不幸か、私には理解不能です。イマジネーションが無いノー天気と批判されても受け入れざるをえません。私には「変で妙な映画」関わりたくない世界の映画です。声高に訴えるつもりは皆無ですけどね。グレン・グールドが度々引用されるのは何を意味するのでしょうか。人を殺して冷凍庫に収集する、自身の時間や労力...DVD映画「ハウス・ジャック・ビルド」

  • 困窮する若い世代を見棄てるな

    住まいに閉じ込められると、することが無くモノの整理をする方が居る。その影響でゴミ収集に関わる方達が超多忙らしい。かたや、ネットカフェを追われた方や学生アルバイトが亡くなり大変な状況下に居る方が居ると報道にある。期間限定でもいいから、役所で手の足らないところに急募してみてはどうか?若い世代に困窮環境を生じさせるべきではない。若い世代を守らないと国の未来は無い。デリバリーなどで走り回っている様子を見るが、とにかく早急に政治が救済に動くべきだ。困窮する若い世代を見棄てるな

  • ひとりがたり

    この時期にギャンブルといった批判には偏重があると賛成できないけれど、要請を無視して感染が危ぶまれる区域に入り込むパチンコ客には非難が向けられても当然なことだと思う。公には発言できないが、感染して苦しめバカヤローとは思う、営業を自粛してくれないかとの要請を受けてなお、無視して開店している店には天罰が下らないと、なにもなく収束すれば自粛に応じたほうがバカをみることになる。店名公表が開店営業中のPRのようになり開いているのかと押し寄せる客たちには懸命に対策を立てている役所側にとっては脱力で無力感に陥るだろうな気の毒な事だ。なぜ、通じないんだろうな。と言っても、こちらは高井田系の中華そば店とか祝いの熨斗袋を買いに外出した。クセになる高井田系は子供の頃から馴染みの味で食べていると幼かった頃に父母と三人映画館からの帰りに食...ひとりがたり

  • 映画 一関ベイシーも公開延期だな

    映画「ジャズ喫茶ベイシーSwiftyの譚詩(Ballad)」公式サイト👈この騒動が五月下旬に予定されていた公開を遅らせてしまった。岩手県一関にあるジャズ喫茶「ベイシー」のオーナー、菅原さん、彼も70代の後半に向かう年齢になられている。好きな事に打ち込む彼の一生は百年生きたとしても短すぎるかもしれない。問えば問うほどに深い音の世界。JAZZ喫茶なる文化の総本山のようなベイシー男が惚れるカッコよさ、たまりません。息子の嫁の実弟が早稲田で菅原さんにとってはとーいとーい、縁になりますが後輩となります。麻雀放浪記ほかを書かれた阿佐田哲也氏は住まいを引き上げて一関に移住したほどの惚れ込みようでしたが、残念ながら間もなく亡くなられました。ベイシーや菅原さんを御存知ない方に、どのような方なのか?を過去にUPされた動画で紹介です...映画一関ベイシーも公開延期だな

  • 朝から軽妙に

    ブログを書かれている方が出産を控えての話題を書かれていたのに先日に御長男さんが満一歳になったとの内容に、時の流れの早さを思い知る。そりゃそうだよね、子が出来たと息子夫婦から聞いた時、思わずホロリと感傷的になった日から誕生に至り今ではランドセルを買ったと写メが届くんだから。その分、こちらは心太のように押し出されつつある。それが時代の移り変わりで当然な流れだ。光陰矢の如し、とは上手くいったもので。時の流れとメロスの走りと、どちらが速いでしょうね?^^「アニメ太宰・走れメロス👈」ぉっとTVに久しぶり、西尾由佳理が出ている。タイプでしたねぇ~、っと朝からジジイは困ったもんだ。小島一慶さんの訃報。ラジオ深夜放送世代には懐かしい名でもあるだろうけど、私などからは第二世代となるのか印象が薄い。彼の名が知られたパックインミュー...朝から軽妙に

  • DVD映画「人間失格 太宰と・・・」

    「人間失格太宰治と3人の女たち👈」太宰治、この作家に関しては文壇を二分する意見があります。苦悩する世界は年頃の青年少女に感銘を与えますが、社会構造の揺るぎが望めぬことを知ったとき、尻の青さは順応の色となり、やがて夢から覚めたように忘れ去られる作家でもあるのではないでしょうか。志賀直哉が小説の神様と呼称され文壇で地位を得た方ですが、川端康成がハンセン病患者に理解を深めたのとは違い飛んで逃げたような俗物です。そんな志賀から評価を受けなくとも結構なことです。蜷川実花が監督し、小栗旬の太宰。太宰のイメージではありませんが小栗が熱演しています、。正妻の美知子、作家・太田治子の母静子そして共に玉川上水に入水心中をした山崎富栄の三人の女。この映画を観る限り身体を張り太宰を愛したのは富栄だと感じます。あなたが居なくなるなら私は...DVD映画「人間失格太宰と・・・」

  • 遺言を書いた。

    きのう、いつなんどき自分を失うかもしれないので、トラブルや面倒を起こさないように、ユイゴンめいたものを申し伝えのように書き出してプリントした。カネに関しても委任状の様式を検索して、それに項目を入れてサインした。近いうちに息子夫婦に会う際に其れらを渡して託そうと思う。生きている間は追加項目に気付いて補足するときもあるだろうけど、カネに墓に、私物の処理について価値のあるものなど、そして息子の嫁に孫たちに感謝の思いを記して息子二人にも、イヤな渡世の此の世に産んだ御詫びと、生まれて来てくれてありがとうと結んだ。ネットも削除整理に掛かっている。中にはアドレスやパスワードを忘れたものがある。いまのところ、思い残すことは無い。身の始末の安堵から、ひゃくまで生きるかもしれない。今後、出会った女の問題で息子達を憂鬱にさせるかもし...遺言を書いた。

  • ネット呑み会が流行っているらしい

    スカイプを利用しながらの呑み会いいじゃないですか。顔出しはボツとしてチャットや声で地域を問わずに話し合えたらいいかも。スカイプビギナーですが、パソコンに取り入れました。まったりと数人会議で話しませんかぁぁ?リーダーになって頂ける方は歓迎です。会議参加出席者はコメント欄にてIDを登録下さい。コメント欄は此の件に関しオープンには致しません。その他であってもオープン不可なものは公表しておりません。ネット呑み会が流行っているらしい

  • ピーチク・パーチクな社会だ

    コロナ対策で一番確実なのは住まいにいること。だから行政も、そう努めて欲しいと要請する。それなら落ち着くまで住まいに居よう・・・・と出来る者は良いけれど、勤めなどで出勤しなければならない方達は気の毒な事だ。気の毒な上に収入が減らないんだから補助することは無いと言い切るのは私なら出来ない。巡り合わせの良し悪しは社会に付きまとう。決して平等では無い。そんな中で、制度として実施されるものは高額所得者とか公務員だとか議員だとか今は問わず支給すれば良いでは無いかと思っている。そして、経済を回し社会を活性化させてゆこうとするのが良いではないのか?外出を慎めとの風潮に反対し普通の生活をすればいいと言い切る著名人も居る。なにが大事なのかが違えば生きる手法も異なるのはあるだろうな。命なんて要らないと考える者は世間に出て感染すれば彼...ピーチク・パーチクな社会だ

  • DVD映画「楽 園」

    黒澤の「羅生門」が芥川の短編集から羅生門と藪の中を原作としたように、この「楽園👈」は、吉田修一の短編集に掲載された二編を引用して構成されている。犯罪がベースになる、なんとも暗い内容で現実を見るには学べることもあるが、貴方が健全なら観なくても良い映画でもある。綾野剛と佐藤浩市、ふたりの不幸な巡り合わせ、まるでKKKから標的とされ追われる社会的弱者の不運を感じる。もっとも、今の時代は弱者を演じる事でカネの成る木を得たような偽者が居るがこの二人にかけては正真正銘の弱者だ。綾野剛が熱演している。「日本一悪い男👈」で演じたタイプとは全く正反対の男を演じている。演技とは妙なものだなぁ・・・と思う。彼に杉野花が関わる。小学生の頃に一緒に遊んでいた子が家路に向かう帰り道で行方不明になる。大きな騒動に至るが結局は未解決で時が流れ...DVD映画「楽園」

  • DVD映画「大阪の宿」

    DVDで所持しているのですが偶然にYoutubeで五所平之助監督の「大阪の宿👈」に見入りました。昭和24年頃の中ノ島や菅原町が撮られています。1954年の大阪を舞台にして、保険会社の社員である佐野周二が東京本社から大阪支社に転勤となり下宿先の土佐堀にある旅館暮らしで起こる騒動を描いています。佐野周二が演じる役柄、いいですね。こんな友人と関わりたいものです。藤原鎌足、多々良純、中村是好、田中春男もう堪らない脇役男優です^^女中の呼び名がまかり通る時代の旅館には主の女と三人の住み込み女が居ます。ルパング島に居た小野田さんが憧れた水戸光子や、クレイジー・キャッツ石橋の実父の後妻となった川崎弘子、それに飢餓海峡での杉戸八重が見事な左幸子。佐野に好意を持つ芸者、若き乙羽信子。乙羽さん、新藤監督の世界に関わる前は華も十分な...DVD映画「大阪の宿」

  • DVD映画「蜜蜂と遠雷」

    早朝の五時半辺りにあると明るくなっている、夜明けのうたよ~~♪などと歌の一節が出るのはこの季節が相応しい気がするけれど、・・・終活整理の一環に利用するネットに注文が入りポストまで出かけたけれど、風が冷たい。新作DVDとなっている昨秋に公開された「蜜蜂と遠雷👈」原作者である恩田陸が浜松での国際ピアノコンクールを取材し緊迫状況の中での人間模様を描き、直木賞を受けている。ピアニストとしての個性の特徴を4人に凝縮させて2時間の映画。優れたものでした。伝統の高みへと昇華したい者、此れ迄の概念を打ち破ろうとする者、ピアノを弾く楽しみを奪われ演奏の苦しみから逃げ出したくなる者、コンクール参加年齢制限で最後のチャンスに懸ける妻子持ちの男。斉藤由貴を見ると息子達が遊んでいたTVゲームの桃太郎伝説とかに名が出て来た頃を思い出します...DVD映画「蜜蜂と遠雷」

カテゴリー一覧
商用