searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

wfw−troutさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
トラウトの森へようこそ
ブログURL
http://windfieldway.com/trout/
ブログ紹介文
ルアーやフライでトラウトフィッシングを楽しむサイトです。今のところ管理釣り場メインです。
更新頻度(1年)

12回 / 365日(平均0.2回/週)

ブログ村参加:2017/08/21

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、wfw−troutさんの読者になりませんか?

ハンドル名
wfw−troutさん
ブログタイトル
トラウトの森へようこそ
更新頻度
12回 / 365日(平均0.2回/週)
読者になる
トラウトの森へようこそ

wfw−troutさんの新着記事

1件〜30件

  • Ryuki 爆買い

    やはり、スピアヘッド・リュウキは釣れますね~。 友人もこれしか使っていない・・・とのこと。 私も渓流魚初心者なので、ついつい周囲の人の意見に頼りがちですが、聞く人聞く人・・・リュウキ押しなので、思わず爆買いしました。なんせ、気持ち安いので、通常のルアーの1.5倍ぐらい買えますね?! それも、45mmですね。このサイズが一番しっくりします。 ただ、せっかくなので、ちょっと小さい38mmも買ってみました。そして50mmも追加購入。ただ、この50mmは実はノーマルのRyukiではなく匠というもので、ノーマルのRyukiは平たい形をしており、平打ちが得意ですが、この匠は、丸いボディなので自然のローリングアクションです。あと下記写真を見てもらうとわかるが、匠は50Sと書いてあるが、右のノーマルの50Sと比べて、長さも短い。 左から38、45、50匠、50です。48mmぐらいです。 魚のサイズ的には38Sが良いかもしれませんが、ベイトフィネスでは45Sぐらいがちょうどよいです。 あと、アマゴやイワナに限って言うと、口に入らないようなサイズでも追っかけてくるので、38と45の差は誤差かもしれませんね。 さぁRyukide釣りまくりますよ!!

  • 結局ソックスウェーダー購入

    以前、下記の記事で二―タイプのヒップウェーダーを購入したと書いたが、残念ながら、穴が開いており中がベタベタに濡れてしまった。 非常に安いタイプなので溶かして圧着しているだけで、結構いい加減な作りだった(値段相応)ので、これなら漏れるだろうなぁ~と納得。 ダメ元で通販で買ったフィッシング游さんに相談すると、交換可能とのこと、さらに同じものを購入しても、おそらく品質は変わらないと思ったので、交換ではなく返品にしました。フィッシング游さんには快く対応いただき感謝しています。 次に購入したのはソックスタイプ。ウェーダーには靴は付かず防水ソックスになっており、そのソックス越しにウェーディングシューズを履くタイプ。 ウェーディングシューズは普通の靴のように紐で締め込みことができるので、こちらの方が歩きやすい。 ただ、当然、靴とウェーダーが別体なのでお値段が高い。靴はすり減ったりして消耗品なので、靴だけ変えることが出来る・・・・というメリットがあるそうですが、そんなころには上もどこかに穴が開いて買い替えが必要じゃないかと思います。 今回ウェーダーのほうを透湿タイプにしたので、結構高くつき両方で25,000円ぐらいしました。歩きやすさの為に、ここまで出すか・・・・。 いざ購入してみると、このウェーディングシューズとウェーダーのサイズ合わせが難しい。なんせ分厚いソックス上(ネオプレーン)に靴を履くので、同じMでもメーカーによって全然違う。 当然、そんなこちは初めから分かっているので、大き目の物を買おうと思ったが、ご丁寧にソックス分は考慮してあるので「足のサイズで・・・」と表記があったので、うかつに信じてそのまま購入。 開封してみると、足を入れなくてもソックスだけでもすでに入らないことが一目で分かる・・・。無理やり突っ込んでみるがダメ。 やはり、この手の組み合わせを考慮するものはダメですね。通販で買っては・・・。 今回の場合、ソックスが想定より分厚く大きいのですが、靴の方が安いのでそちらを買いなおすことに。。。 ソックスタイプのウェーディングシューズにしなければよかった。。。と、半分思いましたが、ここまで来たら意地でソックスで行こうとも。。。

  • 今度こそイワナデビューだ!

    最近、毎週のように渓流魚をルアーで釣っている。 基本はアマゴベースですが、先回、カワサバを釣り上げ、いよいよイワナを釣り上げたいですね。 広大な釣り場なので徐々に色々な所を攻めていきたいですね。 さて、いつものように、AR-Sとスピアヘッド リュウキの二本立てで攻めていると、今日はなかなか釣れない。 しかし、やはりいかにもいそうなところに、いますね~。 落ち込みの泡の消えるあたりでガツンとヒット。 ついに念願のイワナが釣れました。 今まで、管理釣り場では釣ったことが有りますが、普通の川で釣るのは初めてなので感激です! 本当にきれいな魚体でほれぼれしますね! それにしても、スピアヘッド リュウキは釣れますね~。 45サイズがジャストフィットで、渓流には最適だと思います。基本ただ巻きなんですが、低速巻きから高速巻きにした時に平打ち状態になるのか、そこで魚のリアクションスイッチが入るようです。

  • かわさば釣ったよ!

    皆さん、「かわさば」って知っていますか? 最近、ルアーで渓流魚を釣る喜びにハマってしまい、週2回ぐらい寸暇を見つけてちょろっと行っています。 基本的に長時間やる元気が無いので、ほんの数時間やって帰ってくるパターンです。 そんな中、いつものようにAR-Sで引いてくると、ぐんっとヒット! 結構浅くまさかこんなところに・・・というような所で釣れました。 ん? なにか変な魚。 アマゴのパーマークは有れど、朱色の点はない。そして背中がタイガートラウトのようなサバ模様。 顔つきも頭が小さくイワナのような顔。 家で調べると、「カワサバ」といってアマゴ・ヤマメとイワナの交配種らしい。 たしかに、この川はアマゴもイワナも放流しているらしいので、いても不思議ではない。 本来生息域を分けて暮らしているが、人間の放流で崩れてしまったようだ。 正直、見た目的にも気持ち悪いので、うれしくはないが、この川は繁殖環境に適している証しなので、「良い川」であることは実証されました。 ただ、養殖過程で出来てしまったものだったら、悲しいですね。 因みに、このカワサバは一代かぎりで絶えてしまうそうです。

  • 遂に渓流魚デビュー

    遂に渓流魚デビューしました! それにしても長かった~。 サツキマス狙いから始まって、ランドロック狙い・・・最終的に渓流へ。 まぁ、所詮放流魚ですが、私が行っている川は結構自然繁殖もしているので、思い切って「ネイティブ」と言ってしまいましょう! 相変わらずランディングが下手くそで、ポトリと落ちてしまい、地面で申し訳ありませんが、撮影だけして即リリース。前回、写真が撮れずオートリリースしてしまったので、超うれしかったです! ・・・というのも、ペナペナの管理釣り場用のベイトロッドで、手のひらサイズなので、あわせる間もなく魚が空中を飛んできます。 一応、生意気にも初心者ですが、ベイトフィネスなんです。。。 記念すべきヒットルアーは、AR-S(スミス)。これは昔アメリカで大量に買ってきたものでスミス製ではありませんが、オリジナルも良く釣れます。スミス製はスイベルがついて糸よれ防止になっています。このスピナーは着水直後から、良く回るので小さな渓流でも活躍します。 そして、今度はDUO スピアヘッド リュウキ45。 ベイトフィネスでも投げやすく、ちょうどいいサイズ。ただ、釣れるアマゴのサイズは20cmぐらいなので、本当にこんなに大きい小魚を食べているか不明ですね~。 意外と釣れる魚のサイズの割には大きいルアーを食ってきますね。 その後もリュウキで数本釣りましたが、相変わらずランディングが下手で、魚にやさしくネットを使おうとすると、バレてしまいます。 なんと尺オーバーの大物もきたのですが、ランディングネットで追っかけっこしているうちに、バラシてしまいました。痛恨。。。 やはり、大物は大場所にいますね。いかにもという落ち込みのところにいました! あまりにもバラスので諦めてごぼう抜きにしました。やはり管釣り用のペナペナロッドでは針が貫通しないのか。。。 ロッドを新調するまでは、ごぼう抜き作戦ですね。 さて、さてどんなロッドにするか、また楽しみが増えましたね。

  • くそ―。もうあきらめか。。。。

    今年は、何を思ってか、サツキマスが釣りたくなり、色々調査をし始めたが、イマイチ情報不足で諦め・・・。 仕方なく、ランドロックで湖にいるアマゴなどを狙ってみたが、こちらも不発。ウグイのオンパレード。 なかなか管釣りのようには釣れませんね。 まぁ、釣れないのには慣れていますが、情報が無く魚がいるかどうかわからない・・・というのがきついですねぇ。 浅い所はウグイに占拠されているので、ちょっとメタルジグで大遠投! ボトムまで落として、軽くシャクるとグーンとヒット!ここは急峻なダム湖なので軽く10m以上は水深があるはず。へたしたら20m以上あるのでは・・・というところでヒット。 こんな深いところに魚がいることにびっくり。 ワンキャストでいきなり狙い通りで、思わず笑みが・・・。 ・・・・がしかし、上がってきたのはニゴイ。揖斐川や長良川でお世話になる魚だが、こんなダム湖でも登場とは。。。 でも、見てください。 このジグ。 アメリカで買ってきた、どこのメーカーか忘れましたが有名なブランドのジグ。単に鉛を平にしてペイントしただけと言う感じです。 やはりルアーはリアルさではなく動きなんだと実感しましたねぇ。 当然のことながら、その後はノーバイト・・・。 帰りに打ちひしがれて、渓流でちょっとやってみると、あっさり二匹釣れた!!ただ、写真を撮ろうとジタバタしていたら・・・逃げられました。もう一匹も、釣りあげたら、地面に落ちて・・・そのままオートリリース。 くそ―。 次回は、ランドロックは諦めて、初めから渓流狙いにしますか。。。

  • 全く知らない所で釣るのは難しい

    先月から突然再開したトラウト熱。 管釣りではなく、サツキマスが釣ってみたいということで、揖斐川や長良川に出かけるも、全く釣れません。 数回チャレンジしてみたものの、もともとそんなに釣れる魚ではないので、全く釣れる気配がしません。 ロッドやルアーに加え、ウェーダーも新調。 以前チェストハイウェダーを購入して暑くてたまらなかったので、お気軽なヒップウェーダーにしてみました。 しかし、そんなに簡単に釣れないですよね~。 仕方が無く、アマゴでも釣りに行こうか・・と、先日行った川へ。先日、先行者がアマゴをルアーで釣っていたので、魚がいることは分かってはいるのですが、これがまた釣れないです。 釣れても、釣れてもウグイさんで、アマゴは一向に釣れません。。。 今回はこのLuhr Jensen クロコダイルスプーン(懐かしい~)で良く釣れました。 肉厚のスプーンで比較的重さがあって、ディープエリアまで攻めることが出来ます。 あと、こちらのACME KAMLOOPER(カムルーパー)のスプーンも良く釣れますね…ウグイが。 最後は現役でまだ売っていますね~。ARスピナー(スミス)。 やはりオールドルアーでも釣れるものは、まだ現役で売っていますね。 これらでアマゴが釣れたら最高なんですけどねぇ~。

  • トラウトルアー購入

    コロナで県外移動自粛によって、突如として急上昇したトラウト熱。 もともと熱しやすく冷めやすいのですが、久しぶりにトラウトルアーを買いまくりました。 今まで、バス用のサスペンドミノーを流用してましたが、やはり流れが速い所では小粒なシンキングミノーが必要です。 もう何年もトラウトルアーを買っていないので、どのメーカーが良いか分からなかったので色々調べてみると、トリコロール流心63HWがサクラマスなどの本流では良いとのことでしたので、ポチっとしました。 そして、DUO スピアヘッド リュウキ 60S。ちょっと安いので思わず財布のひもが緩くなりますね。さらにこれがまた、良く釣れるので多くの人が使います。そしてまた売れる・・・ということでビジネスモデル的には大成功ですね。 そして、湖だけでなく本流でもダイビングミノーが効くそうです。さすがにシンキングやサスペンドでは根掛かりしてしまうので、フローティングです。 そして、鉄板のツインクル スプーンをさらに追加。 ヤバイ、スイッチ入ると止まらないですね?!皆さんも、そんなことありませんか? この春はトラウト熱が冷めそうにもありませんね!

  • Meppsで釣ったよ!!

    メップスと聞いてピンと来る人は釣りキチ三平世代ですね。 そうです、あの偉大なスピナーメーカー。 コメットやアグリア・・・スピナーと言えばブレットンと双璧をなしていたフランスのルアーメーカーです。 そして、なんと言っても「メップス ミノー」。スピナーの後ろに魚の形のゴムでできたルアーが付いていた代物。子供のころ欲しくて欲しくてたまらなかったですね~。 このメップスにスプーンがあることはあまり知られていません。 実はアメリカに住んでいた時に、その辺のホームセンターに普通にメップス、ブレットン、ブルーフォックス、ダーデビルなどの懐かしのルアーが普通に現役で売っているので、喜んで買ってきました。それも1.99ドルの破格プライスで。下手したら安い時など0.99ドルでした。 もちろん、レーベル、コットンコーデル、へドンなども2.99~3.99ドルでたたき売りでしたので、しこたま買ってきました。 なんせ、現役バリバリですから安いっす。Magabassなんて高級品ですからね~。一般のアメリカ人はなかなか買えないです。たしか18ドルとかで売ってましたね~。ルアーにこんなにお金を出すなんて。。。とびっくりされます。 話は戻って、メップスのスプーンで、アマゴが釣れないかと近場のダムへ行ってきました。最近はサツキマスが釣りたかったのですが、雨が多く増水しているし、あまりポイントも分からないので・・・安全なダム湖へ行ったわけです。 当然雨で濁った濁流で釣りにならないだろうなぁ~と予想していたら、なんと全然濁ってないではないですか!!ちょっと水の透明度が落ちたぐらいで、むしろ好条件でした。。。やはり上流部は、少々の雨では変わらないんだ。。。と、勉強になりました。 昼過ぎぐらいからダメ元で、釣り場視察がてら行ったのですが、先行者に聞くとアマゴが釣れたそうです。やはり、このダムにもアマゴはいるんだ!とがぜんやる気に。 今どきのルアーを色々やってもノーバイト。 日も暮れてきて、周りの人もいなくなってきたので、一人寂しくやっていると、退屈しのぎにオールドルアーを色々試してみたく。。。 このメップスのスプーンで何回かバイトがあり俄然やる気に!! ダムの最上流のバックウォーター部で、流れにのせゆっくりとリトリーブしてくると、ゴン!とヒット。 軽い。。。

  • ナチュラムでトラウトロッドが安かったのでポチっと

    先日、サツキマス狙いに初めてポイントを探索に行きました。その際、息子はロングロッドが無かったので、7ftのバスロッドで代用していましたが、さすがに飛距離が出ないので、トラウトロッドを購入することになりました。 ・・・と言うより、たまたまネットを見ていたら、ナチュラムで旧モデルのトラウトロッドが半額で売っていたので、リアクションバイトしてしまったのです。 のちに「息子用の竿が無いから・・・」と理由が後からくっ付いてきました(笑)。 なんと4000円程度の格安ロッドです。 もともと、お値打ち価格のメジャークラフトのエントリーモデルのトラパラシリーズの8ftが8000円のところを半額で売っていたのです。けっして無名メーカーのなんちゃってトラウトロッドではありません。今回は重たいスプーンやミノーをロングキャストしたいので、ミデアムを買いましたが、ミデアムライトや長さ違いもすべて半額なので、ちょっと試しに1本欲しい・・・と言う方は、絶好チャンスです。 ナチュラムさんは結構マメに見ていると、メチャクチャ安く売っていることがあるので、かなりお買い得ですよ。 あと、前回7gのチヌークの激アツシリーズのスプーンを買ったのですが、まだまだ流され感があるので、さらに重たい10gも購入しました。 そして、サクラマス、サツキマスにど定番のタックルハウスのツインクルスプーン。相変わらずお高い値段で、根掛かりしたらプラグ並みに悲しいですね。。。 こちらも9gで本流対策OK?! あとは釣りに行くだけですね。

  • サツキマスを釣りたい!

    最近、新型コロナウィルスの影響でSTAY HOMEからSTAY HOMETOWNということで、県をまたいだ移動は止めましょう・・・ということで、3密とは程遠い釣りもちょっと自粛です。 ただ、県内の釣りとなると、ブラックバスでは大型は望めないので、ちょっとテンション低めです(琵琶湖以外は行く気がしないのです)。一方トラウトは管理釣り場専門なので、さすがにちょっと3密まではいかないにしても、人は多いです。 緊急事態宣言で街はNGなんで登山客がごった返し、数百メートルのお手頃の山は、うじゃうじゃ人がいるようです。 管釣りもおそらく、そろそろストレスで爆発しそうな人たちが、アウトドアなら大丈夫だろう・・・と、沢山来ているのではと思い、今年はネイティブトラウトを狙うことにしました。今の季節はサクラマスやサツキマスがちょうど遡上してくるので、それを狙ってみることにします。 このあたりは、サクラマスではなくサツキマスと言って、ヤマメではなくアマゴの海に下る種類が分布しているそうです(最近までサクラマスとサツキマスの違いすら知らなかった)。 たまたまシーバスでも使えばいいと思い、アメリカで買ってきたバークレイの8.6ftのロッドが家にあったので、それとAbuのSORONの古い3000番クラスのリールがあったので、ちょっと下見がてら、廻ってみました。 ただ、家には管釣り場用のスプーンやバス用のルアーしかないので、ちょっと重たいチヌーク(激アツ)7gを釣具屋で購入して行きました。 あとは、バス用に持っていた、ポインター(日本名ビーフリーズ)65と78のサスペンドやSK JERK80(共にラッキークラフト)、マイティーペッパー60サスペンド(ティムコ)、HYPER-D 70 サスペンド(ゼニス)など懐かしのルアーを引っ張り出してきました。 もちろん、他人と接することもなく、息子と行くことにしました。 ネット情報によると、揖斐川や長良川が釣れるということで、正直全く知識が無い我々は、車で川を眺めて、アングラーがいるところで、ちょっと竿を振らせてもらいました。 長良川ではサツキマスが目の前を悠々と泳いでいる姿が肉眼で来て、テンションアップ! 揖斐川でもそれなりに足場の良いところを発見したので、それなりに満足できました。

  • 釣り収め

    皆さんは釣り収めに行きましたか? 昨年の年末に釣り納めに行ったきり、今年はついに一回もトラウトフィッシングに行くことが出来ませんでした。 ここ数年、どんなに海のジギングやBASS 釣りにハマっていても、必ず冬場はトラウトを触りに管釣りに行っていたのですが、今年の年末はあいにくの雨。 さすがに小雪の舞う中にやったことはありますが、雨ではさすがに心が折れます。 実はここ数年、管釣りをゴールデンウィークなどを外し、あまり人がいない冬場専用になりつつあります。 というのは、あまりにも人が多すぎて、せっかくのんびり釣りを楽しみたいのに、マナーの悪い釣り人や池に石を投げる子供など・・・なんだか、嫌な気分で途中で「もう帰りたくなってきた・・・」と言うケースが多くなってきたのです。 結局、今年は1回も行っていないので、最近の情報は分かりませんが、やはり良い季節はダメでしょうね。。。 玄人しか来ないような厳冬の中、数少ないバイトに心ときめかせ、静かにやる方が性にあってます。ネイティブトラウトのほうが、良いかも。。。 ということで、今年の釣り納めも出来ず、悶々とした正月になりそうです。特に今年は子供が受験なので、子供をだしに釣りに行く戦法が使えないし、子供にも申し訳なく・・・・無事合格が決まったら行こうと思います。 こんな小さかった子が大学受験なんですね。早いね~。 正月は、ネットショッピングでストレス発散ですね。

  • 冬のトラウトフィッシング

    年末に釣り収めに瑞浪フィッシングパークへ行ってきました。 今回はとにかく魚が触りたかったので、フライばかりやっていました。・・・と言うのも、管理釣り場は圧倒的にフライのほうが釣れやすく、初心者でとにかく魚に触らせたいならば、フライをやらせた方が良いのです。 やり方も簡単で、ロングキャストの必要も無く、目の前にマーカー(インジケーター)を使ってマラブーというフライを落としておけば、浮き釣りのように何もアクションを付けなくても、勝手に向こうから食ってくるというものです。 マーカーの位置でタナも自由にコントロールできるし、ほとんどノーアクションで、フライが沈んでいってマーカーの下に垂直になるまでの10~20秒の間に食ってきます。特に垂直になって2~3秒で食ってくるので、それでだめならちょっと引っ張って魚の気を引きます。 これがまた、良く釣れるので、他の常連ルアーマンもタマにしか釣れない中、コンスタントにヒットします。 浮き釣りみたいで面白くない・・・・と言われればそれまでなんですが、どうしてもルアーで釣れない時の切り札でいつもフライロッドとマラブーは欠かせません。 ところが今日は久ぶりの釣りで、かつ今年最後の釣り収めなので、是が非でも魚を釣りたく・・・それも、できるだけだくさん・・・。なかなか釣りに行けなったストレス解消の為に。。。、 ところが、最強のはずだったのが・・。 久しぶりのトラウトフィッシングで、あわせ切れの連発。 バス釣りの勢いで大あわせをするものだから、パチンパチン切れまくって、1時間に1匹しかキャッチできない。 こんどはスローに合わせるとフッキングせず、すっぽ抜けの連発。 2時間ぐらいどうも、しっくりこない感じであったが、ようやく合わせのタイミングやランディングの感覚を取り戻して、5~6匹釣って半日で終了。

  • 釣り道具は福袋で!!

    暑い暑いと言っていたら、あっという間に寒くなり、本当に全然釣りに行けなかった。 仕事に追われ、休日もクタクタで昼まで寝る生活を繰り返していた。今年は本当に忙しい年だった。 そうこうするうちに年末になってしまいました。 皆さんはもう福袋は買いましたか? えぇっ!? 年越ししていないのに福袋?! そうなんです。今は年越しする前からネットで福袋を購入して、年明けに届く・・・・というスタイルが定番です。 正月から眠い目をこすって、寒い中を並ぶ必要はありません。 暖かい部屋で、パソコンやスマホから注文が出来るのです! それも、中身も分かって、欲しいものが無かった・・・なんてことが無いようになっているのです。 もちろん、中身が分からないお楽しみ福袋も、もちろんありますよ! あと、フライマンにおすすめが、フライのマテリアルの福袋。マテリアルって個々で買っていると、結構高い。そんな時はマテリアルの福袋がオススメ! これ、管釣り用、ニンフ用、ストリーマー用・・・と別れているので、自分のスタイルにあったものが選べてお得!

  • まだまだ暑い!

    この猛暑に台風に、西日本の人はなかなか釣りに行けないですね。私の住んでいるエリアでは暑すぎて、管理釣り場はお休み期間だったり、オープンしていても活性が低く辛いシーズンです、涼しい地方へのネイティブ狙いの方は、猛暑も関係ないかも。。。 さて、本日ご紹介するのは「ナチュラム」の夏物最終処分セールです!! 今時は釣り道具は通販の方が圧倒的に安いので、私は通販ばかりです!その中でも、群を抜いて安いのが「ナチュラム」です!特にセール品は、他を寄せ付けません! 只今、8月30日まで夏物最終処分セールをやっています。キャップ、偏光グラス、ウェーダー、Tシャツなどのアパレル。特に、UVカット機能や防蚊機能付きシャツはこのようなセールに買った方が良いです。 シーズンインのタイミングでは結構なお値段のものが、格安で手に入ります。 あと、8月30日過ぎても、いつもお買い得品がいっぱいの「今だけセール」は定期的に覗いた方が絶対に良いです!!!メチャクチャ安い掘り出し物が見つかります!ABU Revo ALX が55%OFFだったり、トラウティンマーキスが60%OFFだったり・・・・。欲しい物があれば、即バイトですね! まだまだ暑くて、釣りにならない管釣りマンの貴方。起きたら昼だった寝坊フィッシャーマンの貴方。今日はエアコンの効いた部屋でネットショッピングを満喫しましょう(笑)。

  • 管釣りって意外とルアー消耗するよね!?

    皆さん釣りに行っていますか? エリアトラウトも最近ではものすごいプレッシャーで、人の隙間で釣っていることが多いですよね。そうなると、どんどんラインが細くなり、昔ではありえない2ポンドとか平気で使っています。 ・・・となると、よく切れるんです。これがまた。 大物で切れるならまだ自分の責任だし、まぁワクワクするけど、合わせ切れや根掛かりなどはガックリしますよね。一回行くと下手したら5個ぐらロストすることもあります! そう!だから、ルアーは消耗品なんですよね。 そんなあなたに、ネット通販の最大手のナチュラムから「ナチュラム祭」のお知らせです!!今やお店で釣り道具を買うことは、ほとんどないですよね!!もう、全然値段が違いますからね! ルアーだけじゃなく、新しいロッドを買うビッグチャンスですよ。ボーナスも入ったことだし♡ もちろん、日本最大級のアウトドアショップなので、夏に大活躍のBBQグッズ、キャンプ用品はもちろんアウトドア&釣り具、そのほか夏のレジャー用品も豊富な品揃えです! 特に数量限定の超目玉アイテムは早い者勝ちです!! 実は、すでにセールは始まっています!!急いで! 期間:2018年7月1日(日)〜7月31日(火)

  • 幻の巨大魚イトウ

    私が初めてイトウという魚を知ったのは、釣りキチ三平で2mにもなるイトウを北海道で仕留めるというマンガを見てからです。 その時はこんな魚が日本にいるのか!と衝撃的でした。私は比較的暖かい地域に住んでいるので、トラウト類は少し縁遠い魚でした。身近な魚はコイやフナといったところで、トラウト類は渓流にいるものだと思っていました。 今では管理釣り場に行けば、イトウや巨大レインボーやブラウンも時々お目見えして、幻ではなくなってきた感じではありますが、いつか天然のビッグトラウトを釣りたいと夢見ています。 そんな釣りキチ三平をBOOKOFFでも行って、大人買いして読んでみようかと思っていたところ、今は電子貸本と言うものがありました!!

  • 変なルアーで釣りたい!

    秋は春と並んでトラウトフィッシングには最高の時期ですが、いかがお過ごしでしょうか?今年は雨が多く、もうすぐ11月だというのに、まだ台風が接近しています。ちょっとこの時期の雨は冷たくて辛いですね。以前、エリアベイトのお勧めという記事でご紹介したように、私は普通の釣りで数を釣るよりも、変な釣り方で釣った方が喜びを感じるたちなので、今日ご紹介するのも一般の人は普通使わないルアーで釣りたいのです。 そこで、今日ご紹介するのは、レーベルのルアーです。レーベルは基本的にバス用のルアーの老舗中の老舗ですが、その中でも小さいルアーはエリアトラウトにも使えます。さすがにフックだけは、エリア用のバーブレスにしています。はっきり言っておもちゃ並みの品質で100均のルアーのほうがまともに泳ぎます。ただでさえ泳ぎが悪い物をシングルフックになって、余計バランスが悪くなってしまいましたが、無理やりチューニングして使っています。これで釣った時の喜びはひとしおです!!!思わず魚に、「掛かってくれてありがとう」と言ってしまいます。

  • やっぱミノーで釣りたい

    秋の高活性の釣りはいかがでしょうか? 私はまだネイティブのトラウトを釣ったことが無いのですが、本流のミノーによるトラウト釣りに憧れます。なのでエリアフィッシングでも、あえて小さなスプーンで数釣りするのではなく、ミノーで良型を狙っています。やはりミノーで釣りたいですよね。 ミノーは①ただ巻き②トゥイッチ③ジャーク④速度変化と色々な釣り方がありますが、私の必殺技は④速度変化です。ただ巻きから「ここぞ」というスポットでスピードアップします。この変化に後ろから来たトラウトは、「コラ待て!」とがぶりといきます。だいたいこのパターンはリアのフックに掛かります。②トゥイッチも効きますがスレたエリアトラウトでは意外にも逆効果のことが多く、出来るだけやらずに最小限にしています。

  • エリアベイトのお勧め

    いよいよ秋が近づいて、トラウトフィッシングが快適に出来る季節になりますね。温かい地方では夏場は管理釣り場はお休みになる所もあります。そういった地方の方はこれから秋のシーズインですね。 今日ご紹介するのはエリアフィッシング(管理釣り場)でベイトキャスティングリールを使った釣りです。あえて飛ばないベイトで、軽いルアーを駆使して投げる。そして微調整できないドラグで悪戦苦闘して取り込む。。。まさに、変態の領域です(笑)。《ロッド》や《リール》のページにも書きましたが、私はアブガルシアの1500Cを使って楽しんでいます。ロッドもアブのフルーレというエリア専用ロッドを使っています。 意外にもノーマルのままで、小型プラグやスプーンも良く飛びます。ロッドの性能ですね。現在このロッドは売っておらず後継のマスビート・エクストリームやトラウティンマーキスなどから、ベイトロッドが売っています。ダイワやシマノからも売っていますが、やや高いので、「ちょっと物珍しさに遊んでみようか」という人にはマスビート・エクストリームがお勧めです。あなたも、この秋から始めてみませんか?

  • トラウトブログ始めました

    トラウトの森へようこそというHPを立ち上げました。ルアーもフライも両方やります。本当はネイティブトラウトを釣りたいのですが、今は管理釣り場ばかりです。管釣りは手軽に色々な種類の魚が釣れます。50cmオーバーの鼻が曲がったイワナを釣った時は、バケモノのような顔に唖然としました。ネイティブだったら、魚拓でも取るサイズです!そして、黄金輝くブラウントラウト・・・そんな魚が釣れるのも管理釣り場の魅力です。いつかビッグレイクや海外デビューを夢見て、日々管釣りで鍛錬しています。

カテゴリー一覧
商用