癌治療情報
読者になる
住所
亀岡市
出身
亀岡市
ハンドル名
健次郎さん
ブログタイトル
癌治療情報
ブログURL
http://kyotomura4592.hatenablog.com/
ブログ紹介文
癌を克服する為の癌治療情報
自由文
-
更新頻度(1年)

121回 / 365日(平均2.3回/週)

ブログ村参加:2017/08/08

健次郎さんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 10/22 10/21 10/20 10/19 10/18 10/17 全参加数
総合ランキング(IN) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 975,705サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
健康ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 30,707サイト
病気予防 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 389サイト
病気ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 21,571サイト
医療情報 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 502サイト
地域生活(街) その他ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 1,471サイト
全国地域情報 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 561サイト
今日 10/22 10/21 10/20 10/19 10/18 10/17 全参加数
総合ランキング(OUT) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 68,583位 975,705サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
健康ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 1,469位 30,707サイト
病気予防 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 19位 389サイト
病気ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 3,603位 21,571サイト
医療情報 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 44位 502サイト
地域生活(街) その他ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 58位 1,471サイト
全国地域情報 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 20位 561サイト
今日 10/22 10/21 10/20 10/19 10/18 10/17 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 975,705サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
健康ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 30,707サイト
病気予防 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 389サイト
病気ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 21,571サイト
医療情報 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 502サイト
地域生活(街) その他ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 1,471サイト
全国地域情報 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 561サイト

健次郎さんのブログ記事

1件〜30件

新機能の「ブログリーダー」を活用して、健次郎さんの読者になりませんか?

ハンドル名
健次郎さん
ブログタイトル
癌治療情報
更新頻度
121回 / 365日(平均2.3回/週)
読者になる
癌治療情報
  • 癌が嫌う明日葉クエン酸ジウース

    クエン酸水は、活性酸素の害を取り除く水もあり、毎日飲んでおけばがん対策に期待でます。 体に良い水は第一にアルカリ性であることです。 人の体液は大体PH7.35~7.45の弱アルカリ性に保たれています。 体がアルカル性であれば、癌の発生や転移がありません 疲れて免疫力が落ちてくると酸性に傾いてくるので、PH7.5以上のアルカリ性の水を体に常時入れてあげることが大事です。 摂取量の制限より多くの水分を摂取すると、呼吸苦や浮腫の増強を引き起こす可能性があります。 逆に極端に少ないと、尿が作られないために尿毒素が体にたまる危険性があります。 医師の指示内容を厳守することが大切です。 体内に、乳酸がたま…

  • 乳がんの人が増える日本

    現在、乳がんになる人の数は年々増える傾向にあり、日本人女性の25人に1人が乳がんにかかっています。 その勢いは7~8人に1人の割合で乳がんにかかるといわれるアメリカに徐々に近づきつつあります。 そして残念ながら乳がんで亡くなる方も増加傾向にあり、その死亡率は11年間で2倍になりました。 30歳から50歳代の女性がかかるがんの中で、一番多いのが乳がんです。 乳がんの発生には、女性ホルモンであるエストロゲンが大きく影響しているためです。 エストロゲンは女性の体を作るための重要な働きをしているホルモンですが、分泌されている期間が長いほど、乳がんのリスクが高まるのです。 妊娠・授乳期には分泌が止まるた…

  • 高温調理で老化物質が発生

    肉の高温調理で老化の原因物質が発生 老化は、体力や脳の衰え、肌のシミやシワ、血管や内臓などのあちらこちをむしばみ、糖尿病、心筋梗塞、脳梗塞、癌などを引き起こす引き金となります。 終末糖化物質AGEは、油を使うなどして120℃以上になると大量に発生し、強い毒性を持ち、老化を進める原因物質です。 ジャガイモを高温で加熱すると、アクリルアミドと言う毒性の物質が大量に発生し、発がん性物質です。 タンパク質と糖質が含まれる食品を高温加熱をしますと、毒性の高い物質が発生しますので、いますぐ調理法を見直しましょう。 老化物質をつくらない調理法 蒸す・ゆでる・煮る・生食 www.kyoto-kenkou-mu…

  • 抗がん力を高めるモリンガ・クエン酸ジウースの作り方

    モリンガは、300種もの薬効効果 免疫力を高めてくれ、自然治癒力を上げてくれるソマチッドを一番多く含む植物というのが、モリンガです。 モリンガには、次のような効果があるといわれています。 アンチエイジング・ダイエット・免疫アップ・美肌・便秘解消・不眠を改善する・元気をつける 精神面への作用・抗菌作用・抗がん作用・母乳の分泌をよくする作用 貧血を改善・関節痛、リウマチなど、ここではすべてを紹介しきれないほど多くの薬効、効果があると言われているのです。 頑固な便秘を改善!食物繊維が豊富野菜や海草類、果物に多く含まれていると言われる食物繊維ですが、モリンガにも食物繊維たくさん含まれていて、その食物繊…

  • ゴーヤーは “がんに打ち克つ”NO1の野菜

    ゴーヤといえば“がんに打ち克つ”NO1野菜 栄養素面では、ビタミンCが特に豊富で、ゴーヤ1本あたりのビタミンCは、なんとトマト1個の約5倍、レモン1個の果汁よりも多いそうです。 さらに、通常、ビタミンCは加熱に弱いのですが、ゴーヤに含まれるビタミンCは野菜の中で唯一加熱に強いことがわかっています。 注目は、ゴーヤの栄養素はがんを発生させる細胞の9割以上を死滅させるという研究結果と、その効果はもはや「予防というより治療の域」との声まである点です。 コロラド大学癌センターの新しい研究結果によると、ニガウリの汁にはすい臓癌の細胞がブドウ糖を代謝する能力を制限すると示されています。 つまり、細胞のエネ…

  • 増えている腎臓病

    腎臓病は、日本人に増えている病気でのひとつです。 急性の症状が現れて発見されるケースもありますが、多くは自覚症状がなくいつの間にか悪化しています。 高血圧や糖尿病といった腎臓の機能低下を招く病気が増加しており、これも腎臓病患者の増加に大きく影響しています。 腎臓の機能が衰えると、全身に影響が及びほかの病気を招く可能性が高くなりまから、腎臓病の原因や経過を前もって知っておけば、いざというとき、適切な対処ができます。 痛風痛風の原因は生活習慣が影響が大きく、プリン体を多く含む食品である肉、魚、甲殻類、アルコール特にビールのとり過ぎが挙げら、男性に多い病気で、尿路結石や腎臓結石ができやすく、尿路結石…

  • 日本人の1日当たりの食物繊維摂取量は約14g

    食物繊維は生活習慣病の予防に欠かせない成分です。 食物繊維の多い食品を食べると噛む回数が増えるので、肥満予防になります。 また、糖の吸収を緩やかにして食後の血糖値の急上昇を抑える働きがあるので、糖尿病予防にも役立ちます。 現在日本人の1日当たりの食物繊維摂取量は約14gです。 1日24g摂取するのが理想とされていますが、現状との差が大きく現実的ではないため、 「日本人の食事摂取基準」では、目標量として1日当たり18歳~69歳の男性20g以上、女性18g以上、 70歳以上の男性19g以上、女性17g以上と設定されています。 食物繊維は、そのほとんどが吸収されず体の中を通過します。 体内に吸収され…

  • 便利な食べ物が命を縮めている

    すぐに食べれる市販の加工食品やファストフードは便利だか、健康への悪影響が明らかにされています。 加工肉を毎日50グラム食べ続けますと、大腸癌になるリスクが18%高くなると言われています。 ベーコンだと約2枚・ホットドックだと1本になります。 肉を高温で揚げたり、調理しますと発がん性物質のニトロソアミンが形成されるそうです。 赤味の牛肉や豚肉、毎日100gで、大腸がんのリスクが17%高まります。 うまい・やすい・早いのの牛どんや豚どんを毎日食べている方は要注意です。 インスタントフード、スナック菓子などのジャンクフードが、認知症を引き起こす可能性かあると発表されています。 ジャンクフードを摂取す…

  • 風邪薬は「いらないクスリ」

    処方薬も市販薬総合感冒薬にはデメリットの多いというのが多くの医者の見解です。 風邪薬には、鼻水を止める・のぞの痛みを和らげる・熱を下げる・咳をとめるなど多くの成分が入っています。 鼻水や咳・熱がでるのは、体内から悪いウイルスを追い出そうとする生体防御反応で、 薬で抑えこもとするのは、治ろうとする体の働きを邪魔して治癒を遅らせるていることになります。 風邪は、休ませてくとというカラダのサインです。 薬に頼るのも仕方ない事かもしれませんが、最良のクスリは休息です。 薬は、何種類の成分が入っています。 成分が多いほどカラダにに負担をかけることになります。 風邪薬は対症療法で、風邪を治す効果はなく、そ…

  • 癌になったと時の医療の自己負担

    癌の種類にもよりますが医療費の総額は約 60万~70万円程度となっています。 社会保険や国民健康保険に加入していれば3割負担となるので、負担額は20万程度です。 さらに、高額医療費控除制度があるため、実際の自己負担額は20万円より少なくなることが多いです がんの種類 平均入院日数 1日の費用 入院費用 胃がん 19.3日 約14.400円 約278.000円 肝臓がん 18.8日 約14.880円 約280.000円 結腸がん 16.6日 約15.610円 約259.000円 直腸がん 20.5日 約17.110円 約351.000円 乳がん 12.5日 約16.870円 約211.000円 …

  • タバコより体に悪い食べ物

    普段口にしている食べ物の中で、タバコより体に悪い食べ物 マーガリン マーガリンは、体に一番悪い油です。 トランス脂肪酸は、自然界には存在しないもので、悪玉コレステロールを増やし、善玉コレステロールを減らし、高血圧・がん・心臓疾患なと原因になるなど、さまざまな病気をもたらすとの報告があります。 アイスクリーム アイスクリームは、化学薬品・ホルモン剤・殺菌牛乳・大量の砂糖が使用されているので体に良くありません。 炭酸・ジュース・エナージドリンク 砂糖の多糖酸によって、歯を蝕んだり骨からカルシウームを侵出したり、肥満になるなど何もよいものがありません。 低温処理されてない牛乳 低温処理されてない牛乳…

  • 爪で健康チェック

    高年層に多く見られる 中高年層に多く見られる爪の細かい縦線は加齢によるもので、老化現 象を表し、30歳を過ぎると誰にでも見られます。 強い縦線が現れ、爪が割れるようでしたら血行障害などが疑われます。 爪の色が白っぽくなるのは、鉄欠乏性貧血や肝臓の病気の疑いあります。 爪の根元半分は白っぽく、先半分は赤褐色調になったり、爪甲の先端に横縞の線が出る場合は、腎臓病の疑いあります。 足の爪が暗赤色に変わるのは、糖尿病や閉塞性動脈硬化症の疑いがあります。 指の先端が膨らむ「ばち指」になると、肺がんや心臓疾患の疑いあります。 肺がんの初期症状(咳、たん、血痰など)が見られなくてもばち指になることがあるので…

  • 高血圧症の方は、 マグネシウム不足かも

    必須ミネラルであるマグネシウムが豊富に含まれる食事を摂っていると、高血圧を抑えられる可能性があることが新たな研究で明らかにされています。 マグネシウムには、動脈を拡張させる作用があり、血圧を降下させる作用・体内時計の調整にも役立っているという研究も発表されています。 マグネシウムは、穀物の糠や胚芽の部分、ホウレンソウやケールなどの野菜 アーモンドなどのナッツ類、ゴマ、昆布やワカメなどの海藻、海苔、ヒジキ イワシなどの魚、アサリやハマグリなどの貝類、 カキやエビなどに豊富に含まれています。 マグネシウムを十分に摂っていると高血圧を改善できることが、インディアナ大学公衆衛生学部の研究で明らかにされ…

  • 癌細胞が嫌う人参ジュースの作り方

    にんじん・りんごジュースは、がんに良いということでたくさんの先生方が推奨されています 人参にはアスコルキナーゼという酵素が含まれており、これがビタミンCを破壊する働きがあり、ほかの野菜と一緒にジュースにしてしまうと、ほかの野菜のビタミンCを壊してしまいます、できましたら人参ジュースは、単独に作りましょう。 人参にリンゴを入れると美味しくなりますが、その場合もまず人参ジュースを作り、そこにレモン汁を数滴加え酸性にし、ビタミンC破壊酵素が働かなくしておいてからリンゴジュースを混ぜますと、ビタミンCは壊れません。 他の野菜ジュースと混ぜて飲みたい時も同じです。 ミキサーも高速回転式のミキサーはすりつ…

  • 日本若者の精子力が危機的状況

    日本人男性の精子力は危機的状況にあるといわれています。 精子の数や形、活動力、そして男性ホルモン「テストステロン」の量は、海外の男性に比べてかなり弱いとい結果が出ているそうです。 精子力が弱いと、さまざまな生活習慣病になりやすくなります。 子供が欲しいという方以外にも、精子力の強化は大切です。 亜鉛やセレンは精子の濃度や運動性、形態に関わるミネラルです。 不妊の原因にもなるテストステロンには、亜鉛のほかマンガンが関係することがわかっそいます。 また、有害ミネラルの水銀やニッケルが体内に多く蓄積していると精子のDNAが損傷し やすいので、デトックスを心がけましょう。 その他に、カルシュウムとビタ…

  • 日本人男女に不足しているマグネシュム

    マグネシウムは、健康のために必要不可欠な必須元素(ミネラル)です。 私たちはマグネシウムなくしては生きられませんが、残念なことに多くの人々が健康を維持するために必要な量のマグネシウムを十分には摂取できていません。 マグネシウムの推奨摂取量は1日当たり男性が420mg、女性が320mgです。野菜の栽培土壌はミネラルの枯渇が進んでおり、食品を加工することによって食品の栄養の含有量、特にマグネシウムがさらに減ってしまっているため、多くの人々にとって高品質の栄養補助食品が必要になります。 マグネシウムが脳、骨、筋肉に必須の栄養素です。 心血管疾患は、世界中で最大の死因ですが、マグネシウムの欠乏がその一…

  • 尿の出が細くなったり、出ぬくくなるのは、

    精液は、約3分の1が前立腺の分泌液で、約3分の2が精嚢からの分泌液、 この他に、精巣から精子を含んだ液などで構成されます。 性的興奮が最高潮に達しますと、 まず膀胱のすぐ下の尿道を取り巻く前立腺から前立腺液が尿道に分泌されると同時に、 膀胱の出口部分が閉じて精液の膀胱内への逆流を防止します。 少し遅れて精液が前立腺部分の尿道に放出されると尿道内圧が上昇し、 その刺激で尿道周囲の筋肉や会陰部の筋肉が律動的の収縮が起こり、 精液は勢よく外尿道口より射出され、同時に快感を感じます。 これら一連の現象は反射的に起こり、射精とオーガズムは連続して起こるのが一般的です。 夫婦生活が無くなっても、前立腺の分…

  • 片頭痛に要注意

    片頭痛は、よく起こるものと軽く考えている方が意外と多いのではないでしょか。 片頭痛は、脳梗塞や脳卒中、くも膜下出血など「重大な病気が起きる前ぶれ」の可能性もあるので注意が必要です・ 片頭痛は、脳の血管がなんあがの原因で拡張することで起きると考えられでいます。 女性が全体の7割と多く発症しています。 女性 ホルモン「エストロゲシ」の量と関係しでおり、 生理中や排卵後、分娩後にばこのエストロゲンが減少ずるため片頭痛か起こりやすく、 妊娠中にエストロゲン増加するために片頭痛が軽くなるといわれいす。また、エストロゲシの変動が激しい閉経前は片頭痛がひどくなり、エストロゲンの変動が落ち着く閉経後にはおさま…

  • サブリを止めたら健康に・・・

    昨今は健康ブームで、多くの健康食品やサプリメントが出回っています。 サプリメントを摂ったら必ず健康になれるとは言えません。 サプリメントを摂ることによって、逆にミネラルの摂取量がオーバーしてしまい、体調をくずしてしまうこともあります。 サブリのメーカーは、自社のサプリメントを完全なものにしたと、1粒に健康に良いミネラルが複数含有しています。 サプリメントを何種類も飲む方もあるのではないでしょうか。 同じようなミネラルを重複して飲むことになり、過剰摂取になってしまいます。 亜鉛と銅が多く含まれるサプリメントを摂り続けますと、銅が過剰摂取になっ てしまいます。 亜鉛と銅は、バランスが大切で、過剰に…

  • がんや動脈硬化の予防や老化防止に有効なビタミンC 

    ビタミンCは、骨や腱などの結合タンパク質であるコラーゲンの生成に必須の化合物です。 ビタミンCが不足すると、コラーゲンが合成されないために、血管がもろくなり出血を起こします。 これが壊血病です。壊血病のそのほかの症状としては、いらいらする、顔色が悪い、貧血、筋肉減少、心臓障害、呼吸困難などがあります。 毛細血管・歯・軟骨などを正常に保つ働きがあるほか、皮膚のメラニン色素の生成を抑え、日焼けを防ぐ作用や、ストレスやかぜなどの病気に対する抵抗力を強める働きがあります。最近はビタミンCの抗酸化作用が注目され、がんや動脈硬化の予防や老化防止にビタミンCが有効であることが期待されています。 ヒトはビタミ…

  • 体毒素が溜まり過ぎている現代人

    食をとりまく環境が悪化 している今、さまざまな有害物質が体内に入り込み、肝臓で解毒しきれなくなってきています。 その結果、脳をはじめ、心臓、肝臓、腎臓などの臓器や脂肺組織に蓄積しています。 長年にわたって蓄積した毒素は、これらの重要な臓器を細胞レベルで少しずつ傷つけ、「代謝機能」に悪影響を及ぼすようになります。 そして、10~20年後に突然、動脈硬化、高血圧、がん、アレルギー疾患、認知症など、さまざまな病気ヒなって現れてきます。 有害物質とは、 次のような物質です。 <b>食品添加物</b> 加工食品が増えて、昔のようにとれたての自然食品を口にすることが少なくなりました。加工食品には多くの「食…

  • 海水で走る画期的なEV自動車

    ドイツのNanoflowcell社が開発した、海水で走る画期的なEV自動車 2014年3月にジュネーブモーターショーで初公開 このクルマがドイツ、欧州全体で公道を走れるようになり、TUV-SUDと呼ばれる認証機関の厳しいテストを乗り越えたこのスーパーカーです。 この車の最大の特徴は、なんといってもその革新的な電池! 海水、厳密には塩水(溶解塩溶液)を利用しています。 酸化還元反応によるイオン交換を利用して、車を走らせているのです。この性能は、なんと同じサイズのリチウム電池の5倍! リチウム電池は、カメラやパソコン、炊飯器などにも使われる、小さいけれども強力な電池です。 将来日本でも走れるように…

  • クスリでは治らない高血圧や高血糖

    50歳代以上となれば、多くの方が高血圧や高血糖、高コレステロールを抱えているのでないでしょうか。 医者は、生活習慣病を放置すると、脳梗塞や心筋梗塞を起こすと言われ、薬を飲み続けているのでないでしょうか。 薬を飲めば、血圧が下がったり、数値が下がれば、病気が治ったかのようにおもい、安心されているのでないでしょうか。 生活習慣病の薬を飲み始めたら、死ぬまで飲み続ける事になり、その事に、疑問を持たれる医者が増えています。 最新の研究で、降圧剤が生存率を高めるのを認めるものの、それほど期待されるものでないと報告されています。 高血圧や糖尿病、脂質異常症といった生活習慣病は、病気と言うより、老化現象と言…

  • 60歳以上労災死傷者急増中

    若いころは危険だと感じなかった職場の環境が、年を経るにつれてリスクに変わり、60歳以上の死傷者が増加している。 厚生労働省によると、昨年は3万3246人で、この5年間で7500人近く増えています。 近年は労働者全体でみても小売業や社会福祉施設、飲食店など第3次産業での労災死傷者の発生が全体の半数を占めている。 特に、転倒や腰痛が多く、70歳前後の労災発生率は30歳前後と比べ、男性は2倍、女性は5倍にもなる。 高齢者の労災が増えているのは、65歳までの定年延長や全国的な人手不足を背景に、働く高齢者が増えているからです。 65歳以上の働き手は10年前より309万人増えて875万人に達し、労働人口全…

  • 親より子供が早く亡くなる時代に・・・

    ファーストフードや加工食品など食品添加物が多くビタミンやミネラルが欠乏した食事。 パソコンゲームやインターネットによる睡眠不足と運動不足 そんな乱れた生活習慣。 若い人たちの健康がおかされ、アレルギーや精神障害、HP満症や糖尿病などの生酒習慣病が増えています。 このままでは、若者の寿命がどんどん短くなっていき、親が子供の介護をするような世の中になってしまうかも知れません。 今、沖縄県は、お年寄りは長生きで、若者は短命になっています。 沖縄料理は「長寿食」といわれ、多くの食材や食品を組み合わせることで、栄く摂取していました。 それが戦後、アメリカの統治となり、食生活に劇的な変化が起こりました。 …

  • 急に物忘れがはじまったのは、 クスリが犯人かも・・・・・

    日本人は1年間に、クスリ代をどれぐらい使っていると思いますか? 医者の処方箋により薬局で出される「薬局調剤医療費」 65歳未満で35000円 厚生労働省2017年発表では、65歳を過ぎると一気に、14方円近くになります。 高齢者は、クスリを湯水のように飲んでいるわけです。 クスリの影響は、年をとるほど、想像を絶するものが多くあります。 老いとともに内臓の機能が衰え、 体力も、クスリを分解したり排出する働きも落ちるので、予測のつかないことが起きやすくなるんです。 なかでも多いのが薬害によるボケや、ボケとそっくりの症状。 今が伺時で自分がどこにいるか急にわからなくなったり つじつまの今わないことを…

  • クスリの専門家は、クスリを飲まないそうです。

    元日本薬剤師会の会長が退任時に「患者よ、クスリを捨てなさい」「クスリは毒で、飲んでも病気は治らない」「病気はクスリでつくられる」クスリの副作用でうつ病が増えたことを話されたそうです。 在職中は黙っていて、自分は飲まないクスリを患者には飲ませているのです。 「毒薬」「劇薬」指定のクスリは、4000種類以上あるそうです。 毒薬とは、体重1㎏に対して0.5mgの注射をすると死亡するクスリ。 劇薬は、 体重1㎏に対して200mgで5割以上死ぬクスリのことです。 抗がん剤の多くは、毒薬指定になっているそうです。 抗がん剤は、農薬を体に散布しているようなものです。 健康な人でも投与し続けると、正常な細胞は…

  • 20歳代を超えた方は、核酸成分を補いましょう

    体内では、タンパク質を分解したアミノ酸を肝臓で生合成デノボ合成と食物から直接、核酸成分にを摂取して、細胞で再合成するサルベージ合成が行われています。 若い時は核酸の活発なデノボ合成で、細胞も活発で筋肉もつくられます。 しかし、20歳を境にデノボ合成での核酸の生成は衰えはじめ、新陳代謝も歳を重ねる毎にスピードも量も減ってきます。 肝臓でアミノ酸から核酸成分のヌクレオチドを合成しますが、20歳代を過ぎた肝臓は、解毒作業も増え、核酸の生成がダウンして来ます。 だから、食物から核酸成分を摂ることが、とても大切になります。 食物から摂取した核酸は癌細胞を増殖させません。 核酸で、がんの芽を摘み取ることが…

  • 病気の原因の90%が活性酸素

    今現在、世の中に約25.000以上の病気と名のつくものがあります。 病気は、病院に行って、薬を飲めば治るとものと信じている方が多いのでないでしょうか・・・。 日本のクスリの使用量は、世界でダントツの一位です 信じて飲んでいるクスリは、石油から作られています。 クスリで治せる病気は、抗生物質を使う約5%くらいで、高血圧や糖尿病などは、残りの生涯に渡ってクスリを飲み続けることになります。 病気が治っているのは、身体に備わっている治癒力が治しているのです。 日本の食品に多くには、添加物や防腐剤が使用されていますが、その摂取量は、年間で1人で約5kgとも言われています。 私たちの体は、ストレス・紫外線…

  • 化粧のノリがよくなる

    顔の肌は、夏の強い日差しやふゆの乾燥したかぜなど、季節の変化にも左右されます。 睡眠時間や食べ物、ストレスによっても変化します。 化粧しても、ミネラル不足や水分不足で、肌はカサカサでないでしょうか 栄養クリームや化粧水で気を付けていても、化粧のノリが悪くて、楽しくないのでないでしょうか 使っている化粧水やクリームなどに、水溶性イオン化カルシュウム液を2~3滴加えて見ませんか 水分と一緒に溶けたミネラル分が肌から吸収され保湿性かアップしてくれます 記事 – KYOTO 健康村

カテゴリー一覧
商用