searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

健次郎さんのプロフィール

住所
亀岡市
出身
亀岡市

自由文未設定

ブログタイトル
癌治療情報
ブログURL
http://kyotomura4592.hatenablog.com/
ブログ紹介文
癌を克服する為の癌治療情報
更新頻度(1年)

223回 / 365日(平均4.3回/週)

ブログ村参加:2017/08/08

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、健次郎さんの読者になりませんか?

ハンドル名
健次郎さん
ブログタイトル
癌治療情報
更新頻度
223回 / 365日(平均4.3回/週)
読者になる
癌治療情報

健次郎さんの新着記事

1件〜30件

  • 脚の衰えで起きる病気

    「老化は脚から」ともいわれるように、足、腰、尻など下半身の筋力・筋量が低下してくると種々の老化現象が出現し、血圧が上昇します。 お尻、太ももには、毛細血管の数も多く、下半身に血液が潤沢に巡っています。 歳と共に下半身の筋力や筋肉が減弱してきますと、毛細血管の数も減り、行き場を失った血液は上半身に集まってきます。 その結果、血圧が上がってしまいます。 ウォーキングをはじめとする運動、スクワット、太もももあげ運動などで下半身の筋肉を鍛えると、上半身の血液が下半身に降りてきて、血圧は下がってきます。 筋肉運動によって、「プロスタグランジン」「タウリン」などの「降圧物質」の産生分泌が増加し、血管が拡張…

  • 朝の散歩は、ストレスコントロールするのに最適

    1日の始まりの朝歩くことでたくさんの効果を得て充実した1日を過ごすことができます。 現代社会は、ストレス社会と言われていますが、ストレス発散のためにスポーツをしている人も多いですが、運動が嫌い!運動がストレス!と言う人も少なくないと思います。 そんな人にオススメなのが散歩です。 散歩は、ストレスコントロールやメンタルの改善を行うのに最適です。 気晴らしや健康などのために、ぶらぶら歩くこと。 特別の目的をもたずに、気の向くままに歩くこと。 散歩は、自然体のまま、普段歩く姿勢・スピードで、スピードや姿勢などの制約がありません。 自然体の姿勢で歩けるので、歩くことがストレスにならない。 体も心もリセ…

  • 体をダメにしている重金属の蓄積

    私たちの体に、相当量の化学物質に汚染されていることが明らかになっています。 口から食べ物として入る化学物質には、まず残留農薬の問題があります。 EUなどでは既に規制されている毒性の強い農薬が、日本では依然として使われているのです。 例えば野菜は果物には、殺虫剤や殺菌剤を散布するよう農協が指導している所もあります。 加工食品では、酸化防止剤、防腐剤、見栄えを良くする発色剤など、多数の食品添加物が使用されており、発がん性があるとわかっていても禁止されずに使われ続けています。 海外から輸入される牛肉の中には、がん細胞を刺激すると言われている「成長ホルモン剤」が使用されており、それを私たち日本人は平気…

  • 日本人の腸の老化が早くなっています

    日本人の腸内細菌数は、戦前に比べて少なくなって、「腸内フローラ」のバランスも崩れて、日本人の腸年齢も老化してきています。 腸内細菌のエサである野菜や豆類、食物繊維の摂取量が減ってきたからです。 日本人の野菜消費量は1985 年、1人当たり年間110.8キログラム、そして1999年には102.8キログラムまで低下しています。食物繊維の摂取状況は、戦前の約3分の1の量にまで減少しています。 腸内細菌が減少した要因は、この他にもいろいろ考えられます。 添加物が使われている食品を摂取する機会が増加したことや、食生活の乱れ、ストレスの多い現代の社会環境も関係していると思われます。 腸内細菌が減少し、腸内…

  • 病気になるのは、細胞の衰えが一因

    癌など多くの病気は、細胞内液と細胞外液のバラスの崩れからなります。 私たち、人体の基盤である60兆個の細胞は、細胞内液と細胞外液からできています。 細胞内液にはカリウム、細胞外液にはナトリウムが満たされています。 ] このバランスが崩れると、癌や風邪などさまざま病気が発症します。 細胞中のカルシュウムはエネルギーの源であり、情報伝達の役割を担っています 細胞内にカルシュウムが人ると、細胞の分裂増殖や遺伝子を正常に維持する役割も果たします。 つまり、好中球やリンパ球の細胞内に、ガルシウムイオンが充分に入りこむことによって、その働き掛けで、細胞が活性化されます。 細胞が活性化すれば、免疫力が増大し…

  • クーラーの付いた部屋でも起きる熱中症

    仕事先から昼家に帰り、クーラを掛けた部屋で昼食をした後に、テレビを見ていた午後3時頃に、トイレに行った後に、くらみの症状が出て、横になっていますと、直ぐに天井が回り出し、汗か背中から湧き出すように出るようになりました。 体調が悪なっていて行くようで、その日は土曜日で、子供が別の部屋に居てくれましたので、大声を出して子供を呼ぶのですが返事してくれなく、携帯電を掛けようと思っても、手が震えだし、携帯の電話帳が見ずらくなってきました。 仕方なく、台所までほうて行って、ドアを開けて、子供を呼びました。 吐き気がおき、その場で吐いてしまいました。 子供がすぐに来てくれ、着ている服の上から水をかけてくれ、…

  • 梅干し1日1個で「がん」抑制

    癌細胞は、酸性体質を好み、どんどん増殖します。 癌になっている人は、酸性体質に傾いている人がほとんどです。 癌細胞は、酸性体質を好み、酸性体質の中では、どんどん増殖します。 弱アルカリ性体質に戻すと、癌は休眠して動かなくなります。 腎臓は身体の中で、酸性とアルカリ性のバランスを取る働きをしますが、老人になると、腎臓の働きが悪くなって、癌になる方が増えるのです。 50歳までは酸性の物をいくら食べても、腎臓がすべて尿の中に排泄して、身体を弱アルカリ性に保つような働きをしています。 ところが50歳を過ぎると、急激に癌になる人が増えてくるのは、腎臓がしっかりと機能しなくなって、酸性体質になって、癌が増…

  • 散歩は、ストレスコントロールやメンタルの改善を行うのに最適

    1日の始まりの朝歩くことでたくさんの効果を得て充実した1日を過ごすことができます。 現代社会は、ストレス社会と言われていますが、ストレス発散のためにスポーツをしている人も多いですが、運動が嫌い!運動がストレス!と言う人も少なくないと思います。 そんな人にオススメなのが散歩です。 散歩は、ストレスコントロールやメンタルの改善を行うのに最適です。 気晴らしや健康などのために、ぶらぶら歩くこと。 特別の目的をもたずに、気の向くままに歩くこと。 散歩は、自然体のまま、普段歩く姿勢・スピードで、スピードや姿勢などの制約がありません。 自然体の姿勢で歩けるので、歩くことがストレスにならない。 体も心もリセ…

  • 癌になる人は・・・・

    ガンの方は、とても血液がよごれていて、ドロドになっています。 処理しきれない血液の汚れを一箇所に固めて、血液を浄化する装置担ってしまったのが「ガン腫」です。 毒素を浄化しきれなくなると転移します。 健康な時は、血液中の老廃物、有害物は、普段はマクロファージや好中球などの白血球が処理されています。 そもそも人間の体は丈夫にできており、少しくらいの毒素は肝臓で処理できます。 ガンの原因については、世界中の学者が懸命に研究していますが、ガンの原因についての説明をする学説はありません。 いろいろな要素が複雑に絡み合ってガンができてくるのだろうと一般的には考えられています。 食品添加物、動物性食品の取り…

  • トランス脂肪酸は、大量の活性酸素をつくり出す

    現在、乳がんになる人の数は年々増える傾向にあり、日本人女性の25人に1人が乳がんになり、その勢いは7~8人に1人の割合で乳がんにかかるといわれるアメリカに徐々に近づきつつあります。 そして残念ながら乳がんで亡くなる方も増加傾向にあり、その死亡率は11年間で2倍になりました。 30歳から50歳代の女性がかかるがんの中で、一番多いのが乳がんです。 乳がんの発生には、女性ホルモンであるエストロゲンが大きく影響しているためです。 エストロゲンは女性の体を作るための重要な働きをしているホルモンですが、分泌されている期間が長いほど、乳がんのリスクが高まるのです。 妊娠・授乳期には分泌が止まるため、それだけ…

  • 今冬のインフルエンザ・新型コロナ対策

    新型コロナウイルス感染症とインフルエンザの同時流行の場合に備え、何をしておくべきか。 政府はインフルエンザワクチン接種について、高齢者や持病のある人を最優先とし、医療従事者や妊婦、子どもらも先行させるようです。 今年の初頭から始まった新型コロナウイルスの蔓延も、半年以上が過ぎ、その特徴がだんだんとわかってきて、感染防止策も確立しつつあります。 しかし、ワクチンが実用化するまでにはまだまだ時間がかかりそうであり、この冬はワクチンなしで、徹底した感染防止策で乗り切らねばなりません。 新型コロナウイルス感染症とインフルエンザ感染症は、発熱やせきなどの症状が似て区別がつきにく、高齢者や持病のある人がか…

  • 人間コンピーターの衰えが、病気になる

    脳は「脳(神経)細胞」から構成され、その数は、大脳で数百億個、小脳で千億個、脳全体では千数百億個にもなり、その脳細胞たちは、電気信号を発し、全ての細胞と情報をやりとりしていていますが、人間コンピーターは、加齢や生活習慣や食生活などによって、電気信号が衰えて行き、それによって、体に支障が起きてきます。 それが、生活習慣病やがんなどの病気です。 私たちの身体には約70兆個の細胞があり、それがエネルギーをつくる発電所の役割を持ち、その細胞が寄り合って臓器になったり、皮膚や器官、骨など形をなして、それぞれが役割を持って、プログラムによって働き、健康を維持してくれます。 細胞は、自身で代謝を行い、水、栄…

  • 傷付いた血管を修復するFK-23菌

    FK-23菌を摂取することで、血管や腸内環境が改善されて健康が蘇る。 FK-23を摂取したプロテサン牛の小腸 人間の腸も健康的な淡いピンク色に、腸内環境が改善されます。 その結果、人間も動物も免疫がアップして、大腸がん、アトピーなど、さまざまな症状が改善されます。 デーリー社では、牛にFK-23を与えた飼育され、プロテサン牛の焼肉・すき焼き・しゃぶいゃぶの店を運営され、そこでプロテサン牛肉を提供されています。 プロテサン牛と一般的な和牛の腸の色が違のは、一般の和牛は、出荷する前に、高カロリ―食を与えて、人間で言えば、メタボ状態にするのです。 メタボ状態は、人間にとっても牛にとっても不健康な状態…

  • 腸内細菌の7割を占める日和見菌が激減

    腸内フローラの理想のバランスは、善玉菌か2割・悪玉菌が1割・日和見菌は腸内細菌の7割を占め、善玉菌が優勢な状態であれば善玉菌につき、腸内で発酵活動を行います。 日和見菌は腸内菌の中でももっとも数の多い菌で、その名と通りに、善玉菌が優勢な時には、善玉菌の見方となり、悪玉菌が優勢だときは悪玉菌に加担します。 腸内環境をよくするためには、日和見菌を善玉菌の見方にすることです。 日和見菌は多くの種があって、大別するとフィルミクテス門とバクテロイデス門の2つに分けられます。 フィルミクテス門は、善玉菌に加担しやすい性質を持ち、太った人の腸内に多く存在するデブ菌です。 バクテロイデス門は、善玉菌側について…

  • 腸の不調が招く乳がん

    「乳がんや子宮頸がん」は、腸内細菌の偏りが原因 乳がんや子宮頸がんは、女性ホルモンの分泌と深いかかわりがあると考えられています。 データーによりますと、女性ホルモンのバランスを崩しやすい30~40歳がピークになります。 婦人科系がんに影響それるのが、「エストロゲン」という女性ホルモンです。 エストロゲンが受容体物質と結合すると、がん細胞を増殖させるスイッチが入ると言われています。 エストロゲンか過剰に増えすぎると、がん細胞が増えやすくなり、発がんリスクが高まります。 エストロゲンの過剰増加には、腸内細菌が深く関わっています。 腸内には、エストロゲンを分解する細菌が存在し、その菌がホルモンバラン…

  • 夏バテ「亜鉛欠乏」の可能性も

    単なる夏バテだと思っていたら、実は「亜鉛欠乏」の可能性も。 特に夏は汗で亜鉛が失われやすいので注意が必要です。 イライラする、元気が出ない、貧血かも……。そんな症状がある人は、“亜鉛欠乏”かもしれません。 体内の亜鉛は汗と一緒に流れ出てしまうので、夏は特に亜鉛が不足しやすい。注意が必要です。 亜鉛が体に存在するのは、筋肉、骨、皮膚、髪の毛、肝臓。そして特に亜鉛濃度の高いところは、舌にある、「未蕾」と呼ばれる味覚を感知する器官。加えて、生殖機能に関わる前立腺、精巣などです。 そういった部分は体の中でも比較的、細胞分裂が盛んな場所です。つまり、亜鉛は体の細胞が、入れ替わり、新陳代謝をするときに必要…

  • 新型コロナの重症化・感染を防ぐ口腔ケアー

    ロの中のは、500種類。2000億個の細菌が棲んでいます。 肛門周辺の細菌は約30個、口の中は、肛門より70倍汚いことになります。 正しい口腔ケアができていないと、口内細菌の数は2~3倍以上に膨れ上がり、悪さを働き始めます。 結果、虫歯や歯周病を招いてしまいます。 口の中の病気にとどまらず、認知症・肺炎・糖尿病・動脈硬化など、全身にも悪影響を及ぼすことがわかっています。 そのひとつが、高齢者に多いのが誤嚥性肺炎、唾液と一緒に口内細菌が肺にはい込むことが原因で亡くなるが増えています。 本来、唾液の中には、口内細菌を抑える作用がありますか、高齢者の場合は、唾液の分泌量が減りが減り、口内環境が悪化し…

  • 新型コロナ無症状感染でも怖い後遺症

    新型コロナで感染者12万人に達し、死者が9000人を超えたカナダのウイルス研究者のオタワ大学医学部教授のマーク・アンドレ・ラングロワさんは、軽症者でも「回復後」の注意が必要と呼びかけされています。 新型コロナは、単なる呼吸器系の病気でなく、他の全ての臓器に影響を与える全身感染症である可能性か高いようです。 軽度の感染者ても、長期的に悪化する可能性があるそうです。 アメリカのCDCか7月末に出した報告書では、新型コロナに感染した人の35人か回復から2~3週間しても元の状態に戻れてないとの報告があります。 Aさんの話 新型コロナに感染し、都内の病院に1週間入院した。 同僚に感染者が出たこと嗅覚の異…

  • 最強の免疫強化食

    ガンとの闘いには免疫強化が必要で、最強善玉菌4兆個の濃縮乳酸菌が最適 善玉菌を増やすことで腸内環境が改善、強化された腸管免疫が細菌・ウイルスを撃退してくれます。 私たちの腸の中には、500種類以上、約100兆個もの腸内菌が棲みついています。 人間の細胞の数は、およそ60兆個ですから、腸内細菌の数がいかに膨大か、簡単にご想像いただけるでしょう。 腸に棲んでいる細菌は、乳酸菌などの「善玉菌」、ウヱルシュ菌などの「悪玉菌」、善玉苗と悪玉苗のどちらにも属さない「日和見菌」に分げられます。 比率は通常、善玉苗と悪玉菌がそれぞれ15%ずつ、日和見菌は70%程度です。 善玉苗は、ビタミンやたんぱく質の合成、…

  • 末期ガンでも治療効果を高める濃縮乳酸菌

    濃縮乳酸菌が抗ガン剤治療の副作用を緩和し食欲不振や吐きけが和らいだのとの声か多く聞かれます。 現在のガン治療の中心である手術は、体の負担が大きく、放射線治療と抗ガン剤は副作用を伴うで、いずれも完璧な治療ではありません。 手術後の体力低下、抗ガン剤治療後の食欲不振・吐きけ・だるさ・下痢、放射線治療後の皮膚症状の悪化な都で苦しむ方が多くあります。 FK-23菌は抗がん剤治療の副作用を軽減してくれます。 動物実験で、FK-23菌が抗ガン剤で減少した白血球の数を増やすことが確認され、他に肝臓や腎臓の機能低下がないことが明らかにされています。 食欲不振・吐きけ・だるさ・下痢といった副作用に対しては、早い…

  • 「糖尿病さようなら」できる最新情報

    日本の国民病しになった糖尿病、怖いのは、合併症です。 脳梗塞・狭心症、心筋梗塞・・命取りの病が目白押し・自覚症状のないまま、ゆっくりゆっくり発症へ向かって進んで行きます。 1955年【昭和30年】約30万人だった糖尿患者が、1980年【昭和55年】200万人、1997年【平成9年】690万人 さらに、糖尿病になる可能性のある予備軍もいれますと1370万に達し、成人の7人に1人が糖尿病の予備軍です。 40歳以上の10%、50歳以上の25%が糖尿病患者です。 690万人の患者のうち治療を受けそいるのは約300万人。 途中で治療を中断した人は推定50万人にのぼります。 治療を受けない人が半数以上は、…

  • 夏疲れに回復に、クエン酸さっぱりジュース

    夏疲れにおすすめしたいのが、「クエン酸」を使ったさっぱりジュースです。 クエン酸のさっぱりジュースは、簡単&効果的にリフレッシュすることができます。 クエン酸のさっぱりジュースを仕事や家事の合間に飲むことで、簡単&効果的にリフレッシュすることができます。 疲労は、酸化ストレスによって細胞がダメージを受けた際に生じます。 疲労を回復させるには、ダメージを受けた細胞を修復することが大切です。 その修復に必要となるエネルギー源として、「ATP」と呼ばれるアデノシン三リン酸があげられます。 ATPは体内でも作り出されており、その作り出す働きはATPサイクル、別名「クエン酸回路」と呼ばれています。 クエ…

  • 新型コロナに感染しない人

    新型コロナは、新型コロナに感染しても、約80%が軽症で、その多くが無症状感染者です。 だが、その一方で、重傷化して亡くなる人も居られます。 この違いは、免疫力の差になります。 ウイルスの中で、最も危険とされているのはエボラウイルスで、エボラ出血熱を発症すると致死率は50%前後になり、マーズの致死率は約35%、サーズは約10%。新型コロナの場合、ヨーロッパでは10%を超える国が多いが、日本では4.4%(5月16日現在)となっています。 新型コロナは、無差別に人を重症化させるのではなく、免疫力の強い人には手出しをしないウイルスです。 新型コロナで亡くなる方は、免疫力が低下している糖尿病など基礎疾患…

  • ストレス・疲労を抜く法

    身の回りには、細菌やウイルス、ほこりや汚染物質など、身体に有害なものがたくさん存在しています。 そのような物質にさらされても病気にならないのは、それらの有害物質を身体から排除する、免疫という防護システムがあるためです。 免疫機能は、身体を若々しく健康に保つ力ですが、ストレスが過剰になったり生活習慣が乱れたりすると、正常に機能できなくなります。 免疫が正常に機能するための鍵となるのは、自律神経がバランスよく働いているかどうかです。 循環器や消化器、呼吸器などの活動を調整するため、自分の意思とは無関係に24時間働き続けているのが自律神経です。 自動的に反応する神経のため、呼吸・血液循環・体温調節・…

  • 若ハゲは生殖器の衰え

    髪は、東洋医学では「余血」と言われ、血液やホルモンなどの体液の総称になります。 栄養を身体各部に届け、体内を調整し、老廃物や毒素を排泄させるのが「血」の働きです。 髪は「血」の一部と言われ、血液に余裕があるほど豊富な状態が「余血」です。 髪がフサフサしてがある人は、血液の流れがよく、生命活動が活発であることを意味します。 反対に、髪が薄くなったり、細い人は、精力が衰え、血流が悪く、栄養が髪に行き届けてなくなっている状態です。 髪の健康には、血液をつくる食べものを摂ることかたてせつです。 髪によい食べものは、イワシ・アンコウ・ウナギ・イカ・カキ・ハモ・サバ・フレヒレ・サザエなどです。 野菜や果物…

  • 夏・秋バテ対策

    今年は、コロナや厳しい暑さによって、秋バテするかた方が増えのでないでしょうか。 秋バテとは夏から秋にかけての気温の変化や暖かい日中から夜にかけての温度の変化などの寒暖の差の繰り返しで、自律神経系の乱れに起因して現れる様々な症状です。 人間の体は、体温を一定に保とうとしてエネルギーを消費し、かなりの負担がかかります。 通常は負担に耐えることができるが、夏から秋に季節が移り変わるのと同時に気温の寒暖の差が繰り返し起こることで体が対応しきれず、様々な症状が現れるのが秋バテです。 原因として挙げられるものは、自律神経のバランスの乱れです。 体は体温を保とうとするが、汗をかいたり血管を広げたり縮めたりし…

  • 秋バテ(あきバテ)とは夏から秋にかけての気温の変化や暖かい日中から夜にかけての温度の変化などの寒暖の差の繰り返しで、自律神経系の乱れに起因して現れる様々な症状。 人間の体は、体温を一定に保とうとしてエネルギーを消費し、かなりの負担がかかります。通常は負担に耐えることができるが、夏から秋に季節が移り変わるのと同時に気温の寒暖の差が繰り返し起こることで体が対応しきれず、様々な症状が現れるのが秋バテである。原因として挙げられるものに自律神経のバランスの乱れがある。 体は体温を保とうとするが、汗をかいたり血管を広げたり縮めたりして体温を調整しようとするのは自律神経の働きによる。 また、太平洋側は夏や冬…

  • 免疫力を下げる食品

    腸内フローラにダメージを与える食品は、化学合成された食品添加物の入った食品です。 例えば、保存料のソルビン酸は、ハムやソーセージ、かまぼこなど広範囲の加工食品に添加されています。 ソルビン酸は、細菌の増殖を止める作用がありますが、これを日常的にとり続けると腸内細菌が減ってしまいます。 小麦粉にあるグルテンも腸を傷つけます。 プロテニス選手のジョコビッチは、実家がパスタ屋だったため、普段からパスタをよく食べて、グリテンが原因で時々不調に陥りました。 グルテンというたんぱく質は小腸内でゾヌリンという物質を放出させます。 このゾヌリンの濃度が高くなると、腸壁をつくる粘膜細胞の結合がゆるみ、細かな穴が…

  • 汚血が背中に詰まっていませんか

    汚血は、背中が一番先にたまる場所で、背中のふくらんでいるところに汚血がたまっており、いわば背中が毒素のタンクのような状態になってしまいます。 両肩を後ろ引けない、肩甲骨の形が見えにくいなどの状態になれば、そうとうな量の汚血がたまっていると言えます。 肩こり、肩甲骨の違和感や痛みがある方は、要注意です。 全身のむくみ、色素沈着は、警告サインで、全て異物によるものです。 汚血がたまると、できものができたり、内臓の炎症などを起こします。 合わない薬を摂り過ぎると、拒否反応で、にかゆみが起きます。 異物、とくに化学薬品、プラスチックが骨に人ると骨髄がんの発生原因になります。 牛や豚、鶏の肝臓や腸など内…

  • 朝起きて疲れが抜けないのは、肝臓 からのSOS

    肝臓は、栄養素など、さまざまな物質を化学的に作り替える働きをし、何千の酵素を使い、500以上の化学変化を起こし物質を作る化学工場のような働きをしています。 なんとなく疲れが取れない、足のむくみが気になる、いつもは美味しく感じるものが美味しくないなど、なんとなくモヤとした不調を感じることはありませんか。 これらの症状には、肝臓の機能が低下している可能性が考えられます。 肝臓が疲れていると、本来解毒されるはずの老廃物は、ろ過できなくなるためそのまま体内に残ります。 エネルギーとして代謝しきれなかった栄養は中性脂肪となり蓄積されます。 体にとって不要なものがどんどんたまっていってしまうことに加え、エ…

カテゴリー一覧
商用