searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

健次郎さんのプロフィール

住所
亀岡市
出身
亀岡市

自由文未設定

ブログタイトル
癌治療情報
ブログURL
https://kyotomura4592.hatenablog.com/
ブログ紹介文
癌を克服する為の癌治療情報
更新頻度(1年)

221回 / 365日(平均4.2回/週)

ブログ村参加:2017/08/08

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、健次郎さんをフォローしませんか?

ハンドル名
健次郎さん
ブログタイトル
癌治療情報
更新頻度
221回 / 365日(平均4.2回/週)
フォロー
癌治療情報

健次郎さんの新着記事

1件〜30件

  • 癌を克服する免疫強化

    がんで闘病している人や「がんの治療は終わったけれど、再発や転移を防ぎたい」と考えている人にとって重要なのが、免疫力のアップです。 がんの原因は、正常な細胞が傷つくことで発生する異常な細胞のかたまりです。 がんの治療によって免疫機能が低下してそのままだと、ウイルスなどによる感染症にかかるリスクが高まってしまうからです。 免疫とは、体内で発生したがん細胞や外から侵入した細菌、ウイルスなどを常に監視し、撃退する自己防衛システムのことです。 免疫の仕組みは精巧にできていて、いくつもの免疫細胞が協調しあって作用しています。 人間の身体の中では毎日、がん細胞といった身体に害をもたらす細胞ができているのです…

  • 前立腺がんのホルモン療法

    前立腺の癌組織は男性ホルモン依存性があり、男性ホルモンを抑制するのがホルモン療法で、前立腺全摘術や放射線療法と異なり、前立腺局所だけでなく全身に対して癌の抑制が可能です。 そのため、局所進行癌または転移性の癌(PSAが高く、微小な転移が強く疑われる場合も含む)に対し最もよい適応があります。 ホルモン療法を行うと、癌は体積が減少しますが、完全に無くなることはないので、治療は継続して行う必要があります。 また、ホルモン療法を継続していても癌の抑制が効かなくなることがあります。 ホルモン療法は非常に有効な治療法ですが、アンドロゲンが押さえられることで、骨密度が低下します。 骨密度が低下すると骨折や腰…

  • 認知症が発症するのは、活性酸素

    認知症が発症するのは、活性酸素による脳への影響です。 アミロイドβ(Aβ)という特殊なタンパク質がによって多量の活性酸素が発生し、その活性酸素が脳の神経細胞を破壊していまいます。 それによって、脳神経に悪影響が及び、情報伝達の効率を下げて脳全体として認知症を引き起こすと考えられています。 認知症にはいくつかタイプがありますが、日本人に多く見られるのは「脳血管性認知症」と「アルツハイマー型認知症」の二つです。 脳血管性認知症は、脳の血管が詰まってその先に血液が回らなくなることで起こります。 脳の細胞に血液が届かなくなると、活動するのに必要な栄養が摂れなくなりますから機能が低下、あるいは細胞死を起…

  • 免疫力をアップする最強の「野菜スープ」

    野菜に含まれる化学物質をファイトケミカルというが、その種類はⅠ万種を超えていて、多くは抗酸化物質です。 抗酸化物質とは、ビタミンAやビタミンC、ポリフェノール(大豆のイソフラボン、お茶のカテキンなど)やカロテノイド(β‐カロテンなど)。 動脈硬化予防やアンチエイジング対策のサプリメントもたくさん出ているが、こうした抗酸化物質を大量に含んでいるのが野菜です。 抗酸化物質とは酸化に抗う物質、簡単にいえば猛毒の活性酸素を中和して消去してくれる物質です。 私たちは呼吸によって大気中の酸素を体に取り入れているが、その一部は必ず活性酸素になります。 活性酸素というのは、酸化力を持った化合物で、触れた物質を…

  • 大腸がん・胃がんCAPOX抗がん剤副作用

    がんに対しては様々な抗がん剤を使った治療が行われますが、いくつかの抗がん剤を組み含めせる治療法を抗がん剤の併用療法といいます。 CAPOX(カボックス)療法とは、カペシタビンとオキワリプラチソという2種類の抗がん剤を組み合ねせて使用する併用療法です。 カペシタビソフツ化ピリミジン系の抗がん剤です。がん細胞に多く含まれる酵素によって変化し、効率よく働いて、がん細胞の増殖をおさえます。 オキサリプラチン白金(プラチナ)製剤に属する抗がん剤です。がん細胞の遺伝子(DNA)と結令し、その今成を妨げることで、がん細胞の増殖をおさえます 。 さらに、CApOX療法にべバシズマフという分子標的治、療薬を組み…

  • 免疫力&抗酸化力を高めてがんを予防する食べ物

    がん細胞の増殖を抑えるためには免疫力と抗酸化力が大切です。 がん細胞は、私たちの体の中で日々できては消えてを繰り返しています。 その増殖を食い止めているのが免疫力や抗酸化力。 そして、これらの力を高めてくれるのが、植物性食品に含まれる多種多様なファイトケミカルです。 がんと戦ってくれる食べ物 にんにく ・キャベツ・ 甘草 大豆・しょうが ・[セリ科植物]にんじん・セロリ等 玉ねぎ・茶・ターメリック ・玄米・亜麻・全粒小麦 [柑橘類]オレンジ・レモン・グレープフルーツ [ナス科植物]トマト、なす・ピーマン [アブラナ科植物]ブロッコリー・カリフラワー・芽キャベツ ・マスクメロン・バジル・タラゴン…

  • 生活習慣病は、薬を飲めば飲むほど悪化する

    糖尿病や高血圧などのいわゆる生活習慣病や、花粉症、アトピー性皮膚炎、慢性関節リウマチをはじめとする膠原病などのアレルギー疾患や免疫疾患です。 これらの病気の共通点は、いずれも慣性疾患です。 慣性疾患は、一朝一タで生じるわけではありません。 なんらかの病気の因子を持っている人が、体内にたまった毒素や疲労、ストレスなどさまざまな条件が重なると病気が始まり、続いていきます。 糖尿病ればインスリンや血糖降下剤、高血圧なら降圧剤、アレルギー疾患、免疫疾患にぼステロイド剤や抗アレルギー剤、免疫抑制剤などが使われます。 こうした薬物療法は、症状を緩和する、あるいは抑え込むことが主眼の、いわば対症療法になりま…

  • 健康になれるグットタイミング

    肌の再生・修復が行われる「肌のゴールデンタイム」があるように、腸にも腸壁の細胞が修復される「腸のゴールデンタイム」があります。 腸のゴールデンタイムは、起床から15〜19時間後になります。 朝7時に起床したとすると、腸のゴールデンタイムは夜10時〜深夜2時となります。 腸内環境を整える方法で重要なポイントは、腸内での善玉菌の割合を多く保つことです。 腸の状態がよくなると悪玉菌は棲みづらくなり、反対に善玉菌は快適に働けるようになります。 善玉菌を増やして、腸内環境を改善していくことが必要です。 善玉菌を増やす方法としてあげられるのは「乳酸菌を摂取すること」です。 乳酸菌は善玉菌の一種で、糖類を分…

  • 60兆個の細胞が元気になる健康水

    私たちの体の60兆個の細胞細胞は、元気をつくり出す発電所のような働きをしてくれ、その一個一個の細胞に栄養が必要です。 病気の方は、細胞の栄養失調になり、細胞バランスが崩れ、熱をつくり能力が下がってしまいます。 細胞の栄養は、カリュウム・リン・タンバク質・マグネシュウムの4つで、この4つの栄養を補えば、熱がつくられて、免疫力が回復します。 体が元気であることは、一つ一つの細胞が元気だということです。 元気な細胞が集まってこそ元気な組織をつくることができ、反対に体が元気でないということは、一つ一つの細胞が元気がないということになります。 病気の人は、体液組成のバランスが崩れているということです。 …

  • 潤滑油の役目をするミネラル

    ガソリンがあっても、エンジンオイルがきれていれば車を動かすことができないのと同じで、潤滑油の役目をするミネラルが大切なのです。 ミネラルを補充した位でがんを消滅させたりできるわけがないと多くの人は考えるかもしれません。 ミネラルにはがんを直接殺す作用はありません。 しかし、体の免疫力や抗酸化力や再生能力などは、必須ミネラルが不足していると満足に行なうことができないのです。 ミネラルは、体に備わった抗酸化酵素の働きを高めるために重要な働きをしています。 免疫力と密接に関連するミネラルに亜鉛があります。 亜鉛は、300種類もの酵素の働きに必要で、細胞の成長と分裂に重要なカギをにぎっているため、 亜…

  • 新型コロナで「うつ病」が2倍に増加

    新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、日本国内でうつ病・うつ状態の人の割合が2倍以上に増加したことが、経済協力開発機構の調査で明らかとなりました。 調査によると、日本では、うつ病やうつ状態の人の割合は、新型コロナが流行する前は7・9%(2013年調査)だったが、20年には17・3%と2・2倍になっていた。 他国の状況を見ると、米国は6・6%(19年)から23・5%となり、3・6倍に急増。英国も9・7%(同)から19・2%と倍増しているそうです。 特に、若い世代や失業者、経済的に不安定な人の間で深刻化しているという。 「コロナうつ」の状態とは 感染が収まらない中で生じる不安やいらだちなど、さまざ…

  • 大腸がんの約4割が健康診断で指摘

    国立がん研究センターの情報によりますと、年間で37万人の方が亡くなり、新たに87万にの方ががんと診察されています。 大腸がんと診断された患者さんの約4割は、健康診断(人間ドック含む)で指摘されるなど診断時に自覚症状がなかったという調査があり、早期の大腸がんは、自覚症状がほとんどありません。 排便の変化 血便(血液が混じった便)が出る下血(げけつ:肛門からの出血)が起きる便が細くなる下痢と便秘を繰り返す便が残っている感じがする お腹の変化 お腹が張っていると感じる腹痛が起きるお腹にしこりがある その他の変化 貧血が起きる嘔吐(おうと)する急に体重が落ちている 大腸がんは、見つけるのが早ければ早い…

  • 癌で年間37万人の方が亡くなる日本

    国立がん研究センターの情報によりますと、年間で37万人の方が亡くなり、新たに87万にの方ががんと診察されています。 部位別年齢では、男性では、40歳以上が消化系(胃、大腸、肝臓)による死亡が多い。 肺がん、前立腺がんが増えています。 女性の場合は、40歳代では乳がん、卵巣がんの死亡が多く、高齢になりますと消化系(胃、大腸、肝臓)と肺がんが増えています。 細胞の老化を防ぐリンゲル健康水 水が健康に果たす効果は絶大で、大人では体重の約6割、新生児では約8割が水分でできています。 水に意識を向けずには健康を保てないのです。 実際、体調に適した水を飲んでいるだけで、健康状態は驚くほど変わってきます。 …

  • 癌による1日の国内死者は1041人

    令和元年のがん患者は102万人。死亡者は38万人、1日に1041人になりす。 男性の3人に2人、女性の2人の1人が生涯で何らかのがんにかかる時代になっています。 コロナによって、在宅勤務の増加による生活習慣の悪化、がんの早期発見の遅れ、がん治療への影響が心配されています。 在宅勤務による喫煙とアルコールの摂取が増えがちですが、座り過ぎでは、がんになりやすいと言われています。 座り過ぎのリスクをなくすためには、1日に1時間以上の運動が必要とされています。 オーストラリアの研究では、世界20ケ国中、日本は一番長く座る国で、最長7時間だそうです。 多くの人は、普段、カラダを動かしたり、運動をするのが…

  • 新型コロナでうつ病者が2倍増加

    新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、日本国内でうつ病・うつ状態の人の割合が2倍以上に増加したことが、経済協力開発機構の調査で明らかとなりました。 調査によると、日本では、うつ病やうつ状態の人の割合は、新型コロナが流行する前は7・9%(2013年調査)だったが、20年には17・3%と2・2倍になっていた。 他国の状況を見ると、米国は6・6%(19年)から23・5%となり、3・6倍に急増。英国も9・7%(同)から19・2%と倍増しているそうです。 特に、若い世代や失業者、経済的に不安定な人の間で深刻化しているという。 「コロナうつ」の状態とは 感染が収まらない中で生じる不安やいらだちなど、さまざ…

  • 脳腫瘍克服体験談

    ステビアには、現代人に必要なものが、とてもバランスよく含まれています。 たとえば、欠如しがちなベーター・カロチン、これは呼吸器、消化器の障害を防ぎ、皮膚の角質化を防ぐ作用があります。 ビタミンB1は口内炎、皮膚炎、かゆみなどを防ぎ、ビタミン氏は肝機能障害を抑制し、カルシウムは骨や歯を丈夫にします。 カリウムは食事の偏食、野菜嫌いなどからくる筋力の低下や腸閉塞などを防ぎ、ビオチンは皮膚に、鉄分は血液中のへモグロビンの構成に必要です。 また、葉緑素に似た作用があり、病気の原因である物質の中和、強肝作用、皮膚炎の防止、整腸作用など血液の成分には必要な物質ばかりです。 これらの成分を補給することにより…

  • 高分子コラーゲンで、下咽頭ガンを克服

    コラーゲンの研究者の先生が下咽頭ガンになられ、声も出なくなり、1ヵ月の放射線治療の後、自分の実験結果を信じて毎日10gのコラーゲンの粉末を飲み続けたところ、約4ヵ月後にはほとんど回復されました。。 再発の懸念もあったので、その後数年間は1日5g~10gのコラーゲンを摂り続けました。その結果、15年後の現在もガンは再発せず、まったくの健康体です。 マウスの動物実験で癌細胞攻撃力を証明 ガン細胞を植え付けたマウスに豚の皮から作った高分子コラーゲンを与えたところ、何もしなければ2週間で全滅していたものが最高で83%も生存したということです。 また、一度ガン細胞をやっつけたマウスは免疫力が高まり、ガン…

  • 病気をつくる食生活

    血流を良くして、全身の隅々まで酸素や栄養を行き渡らせることは、健康的な体づくりのためにも欠かせません。 血の巡りを良くするためには血がサラサラの状態である必要があり、いわゆる「ドロドロ血液」では、血流も滞ってしまいます。 サラサラな血を作り出すために、毎日の食生活はとても重要なのです。 日本人の生活は第二次世界大戦終了後、一変しましたが、それにともない食生活にも大きな変化が表れました。 昭和に比べ、平成に入ってから肉、卵、牛乳の摂取量は増加し、逆に米の摂取量は約半分、イモ類の摂取量にいたっては約10分の1に減少しています。 その結果、日本型の脳卒中である脳出血は激減し、日本型の胃ガン、子宮頸ガ…

  • がん発生促す因子を発見される

    細胞の老化を妨げることで発生 を促す因子を見つけたと、京都大 などのグループが発表されました。 細胞の増殖にかかわる仕組みの一端が明らかになったことで、新たな治療法の開発につながる可能性があることが、米科学誌サイエンス・シグナリングに掲載されました。 がんの主要な原因 のひとつして知られるRaS遺伝子が活性酢すると、細胞が腫瘍化し増殖が促され、その一方で細胞老化も促進するため、腫瘍細胞 が一定以上には増殖せず、それだけではがん化しません。 がんが発生するにRaS遺伝子の活性化に加えて細胞老化を妨げる仕組みが働くとみられていたが、詳細は不明だった。 京大 生命科学研究科の井垣達吏教授らのグループ…

  • 背中に蓄積している毒素

    どんな病気も突然に起きるものでなく、汚血の蓄積が臨界点に達し時に、病気が爆発するのです。 汚血は、癌などあらゆる病気の原因となります。 例えば、心筋梗塞の場合、心臓が悪いのでなく、心臓のまわりに汚血が溜まり、心臓を圧迫したものです。 汚血は色っ黒く、不純物がまじりドロドロしています。 汚血は、ゼリーやレバーのような塊で、それが体内に溜まると、血流をはばみ、細胞への栄養や酸素の供給、細胞からの老廃物の排泄を妨げます。 体内の中で停滞が起きてきます。 その結果、細胞が正常に機能しなくなの、あらゆる故障が起きるようになります。 頭部だけを取り上げても、さまざまな病気があります。 頭部で一番体積を占め…

  • 末期の肺癌をステビアで克服

    細胞の遺伝子を傷つけられると、遺伝子に狂いが生じるため、異常な細胞分裂か起きたまま、増殖するのが癌て、正常な遺伝子に傷を付けていのが活性酸素です。 ステビアは、細胞を活性酸素の攻撃から守ってくれる働きがあります。 私たちの体は60兆個の細胞でできており、その周りは細胞膜でガードされています。 細胞膜が機能しなくなれば、栄養分を細胞内に取り入れたり老廃物を外に捨てることができなくなります。 細胞膜はタンパク質や脂質でできていますが、重要な働きをしている脂質の一つに不飽和脂肪酸があります。 ウイルスや細菌を見分け、細胞にはいってくるのを防ぎます。 また、細胞にあるミトコンドリアにエネルギーをつくる…

  • 新型コロナ2段構えの感染対策

    しっかりとコロナ感染対策をしていても、予防には限界がありますから、体の中に入ってきてしまったウイルスに抵抗するために、免疫力を高めておくことが大切です。 ウイルスが私たちの体に侵入したとき、最初に働くのが自然免疫です。 自然免疫は2層構造で、第1層では皮膚や粘膜が病原体の侵入を物理的なバリアーとして防ぐとともに、そこに存在する殺菌物質が化学的バリアーとして働き、ウイルスを殺してくれます。 自然免疫の第1層の物理的・化学的バリアーを突破して体内に侵入したウイルスに対処するのが、大食らいの食細胞です。 彼らがウイルスの侵入場所に駆けつけ、食べたり、その増殖を抑えこむような警報物質を出したりして、病…

  • コロナ死者85%が基礎疾患者

    京都府内で、これまでに新型コロナウイルスが原因で亡くなった方は、212人(男子107人、女子105人)年齢別や基礎疾患があった人が85.8%になります。死亡した212人のうちの基礎疾患があった人は、182人で基礎疾患のない人12人、残りの18名は不明て、これによりますと、高齢で基礎疾患のある人は、死亡のリスクが高まります。 基礎疾患の原因は、汚血です。 例えば、心筋梗塞の場合、心臓が悪いのでなく、心臓のまわりに汚血が溜まり、心臓を圧迫したものです。汚血は色っ黒く、不純物がまじりドロドロしています。汚血は、ゼリーやレバーのような塊で、それが体内に溜まると、血流をはばみ、細胞への栄養や酸素の供給、…

  • 有害物質や毒素を排泄するモリンガ

    モリンガには90種類以上の「食物繊維」「ミネラル」「ビタミン」が豊富に含まれていて、含まれている量・バランスが共に理想的な栄養サプリです。 これらの栄養素は一緒に働くことでより高いデトックス作用が期待できます。 モリンガにはとてもたくさんの栄養素が含まれており、その数はなんと90種類以上と言われています。 抗酸化作用がとても高い効果が期待できるポリフェノールも46種類以上含まれています。 ビタミンA・C β-カロテン 亜鉛 葉酸などの各種ミネラル・ビタミン BCAAなどアミノ酸類は発芽玄米の10倍 水溶性食物繊維は、100g中に約30gと豊富 植物性たんぱく質が豊富 抗がん作用をもつ、フィトケ…

  • 病気になる食習慣

    血流を良くして、全身の隅々まで酸素や栄養を行き渡らせることは、健康的な体づくりのためにも欠かせません。 血の巡りを良くするためには血がサラサラの状態である必要があり、いわゆる「ドロドロ血液」では、血流も滞ってしまいます。 サラサラな血を作り出すために、毎日の食生活はとても重要なのです。 日本人の生活は第二次世界大戦終了後、一変しましたが、それにともない食生活にも大きな変化が表れました。 昭和に比べ、平成に入ってから肉、卵、牛乳の摂取量は増加し、逆に米の摂取量は約半分、イモ類の摂取量にいたっては約10分の1に減少しています。 その結果、日本型の脳卒中である脳出血は激減し、日本型の胃ガン、子宮頸ガ…

  • がんの発症や転移を抑える高分子コラーゲン

    日本は今や、女性の12人に1人が一生のうちに乳がんを経験するという時代で、この数字は今後さらに増えていくと予想されています。 乳がんは、日本人女性に多い悪性腫瘍で、45歳~50歳をピークにして急激に増えています。 乳がんが増えている背景には、時代の変化に伴う生活習慣や食生活の変化があります。 現代の女性は初潮が早く、出産回数が少ないうえに、長生きであることから、生涯に経験する月経の回数は明治時代の女性の10倍ともいわれています。 高分子コラーゲンで、下咽頭ガンを克服 コラーゲンの研究者である榎木先生は、下咽頭ガンになられ、声も出なくなり、1ヵ月の放射線治療の後、自分の実験結果を信じて毎日10g…

  • 末期癌奮闘中

    私は、5月22日に大腸がんと前立腺癌で末期がんであることが分かりました。 病院には、2ケ月に一度行く予定になっていて、22日がその予定の日で、4月頃から腰と胃に違和を感をじ、コロナの渦でもあり、それまでは、胃薬を飲んだりや針治療をしたりしていました。 大腸の検査では、癌にふさがれてカメラが前に進めない状態で、検査途中で中止されました。 便も出ぬ抜く、お腹が張、血便、食事が取れなくなっていました。 前立腺癌は、尿が出ぬ抜く、耐えがたい痛みがあり、一時間置きに回数が増えていました。 癌は、骨や関節など数えることのできないほど転移し、末期の状態でした。 5月の連休前後は、首を曲げることも、腕をあげる…

  • 抗がん剤では癌は治せない

    がんになったら、がんはすぐには悪化しません。 大事なのは、どのような治療を行うのが一番適切かを判断できる「自分」を持つことです。 現在、がん治療の主流は、手術と抗がん剤、放射線治煉で、がんがまだ小さく、ほかへの移転が見られない初期のガン治療率が高いのは、手術によって完全に切除するからです。 手術でがん細胞を切除しきれない場合には、抗がん剤や放射線治療が行われます。 抗がん刑も放射線も、がん細胞の増殖抑制し、縮小させる効果があります。 しかし同時に、副作用もあります。 なかでも抗がん剤の副作用が大きく、かえって寿命を縮める場合があります。 がんはがん細胞が暴走しで分裂が止まらなくなる病気で、抗が…

  • 薬を飲むほど悪化する生活習慣病

    糖尿病や高血圧などのいわゆる生活習慣病や、花粉症、アトピー性皮膚炎、慢性関節リウマチをはじめとする膠原病などのアレルギー疾患や免疫疾患です。 これらの病気の共通点は、いずれも慣性疾患です。 慣性疾患は、一朝一タで生じるわけではありません。 なんらかの病気の因子を持っている人が、体内にたまった毒素や疲労、ストレスなどさまざまな条件が重なると病気が始まり、続いていきます。 糖尿病ればインスリンや血糖降下剤、高血圧なら降圧剤、アレルギー疾患、免疫疾患にぼステロイド剤や抗アレルギー剤、免疫抑制剤などが使われます。 こうした薬物療法は、症状を緩和する、あるいは抑え込むことが主眼の、いわば対症療法になりま…

  • コロナ感染重症化のリスクガ高まる運動不足

    新型コロナウイルスは、感染拡大が続く関西圏などでは、変異株への置き換わりが進んでいます。 異変種は、これまでと比べ、感染者や重症者の増加は非常に速いと、危機感を示されています。 感染拡大地域の多くで「20~30代の増加が中心となっている」と指摘されています。 宴会自粛のほか、クラスター(感染者集団)が発生した「昼カラオケ」などのリスクについて、改めて注意喚起する必要があると見解を発表されています。 「週に2時間半の運動」で重症化・入院率・死亡率リスクが大幅減とイギリスの医学誌に発表されました。 新型コロナに感染した5万人を対象に「運動不足の人」「何らかの運動をした人」「継続的に運動している人」…

カテゴリー一覧
商用