chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

cancel

1件〜100件

  • 慢性腎臓病の悪化を抑制する乳酸菌

    腎臓は、単に尿をつくることにとどまらず、人間の健康寿命を決めるとまで言われています。 腎臓病が悪化しますと腎人全になり、人工透析や骨髄移植がひつようになります。 その腎臓機能の悪化を抑制してくれるのが乳酸菌です。 体内に取り込んだ毒素、体内でつくられた毒素、老廃物を濾過して尿管から尿として体外に放り出す臓器です。 この解毒、排泄機能は腎臓のほかに代謝物を胆汁に混ぜて消化器に排出する肝臓があります。 肝臓と腎臓はともに体内からの排泄機能を持つ機能ですが、水に溶けやすいものは、腎臓から尿へ、溶けにくいものは肝臓から胆汁へと排泄されます。 その腎臓が悪くなるのが慢性腎臓病です。 日本人の20歳以上で…

  • がんを治してくれる薬はない

    標準がん治療は「手術」「抗がん剤治療」「放射線治療」を中心に行われ、このうち治癒の可能性が最も高いとされているのが手術です。 その後、経過観察が始まりますが、この場合、再発予防のための抗がん剤治療が、一定期間、行われることもあります。 経過観察の期間はがんの種類によって違いますが、おおむね手術から5年が経過しても再発(原発巣以外の他臓器や遠隔リンパ節などへの転移)が認められない場合、がんは治った、すなわち治癒を得たと判定されるのです。 がん種によっては放射線治療だけで治癒を得られるケースもありますが、標準がん治療で手術後の「5年生存率」がとりわけ重要視されているのはそのためです。 がんは、どん…

  • がんは予防できる病気

    体は約60兆個の細胞でできており、細胞は絶えず分裂することによって新しく生まれ変わっています。 細胞分裂は、細胞の設計図である遺伝子をもとにコピーされることで起こりますが、発がん物質などの影響で遺伝子が突然変異し、「コピーミス」が起こることがあります。 このコピーミスが「がん」のはじまりで、コピーミスが起きても、すぐにがんになるわけではありません。 健康な人でも1日約5.000個のコピーミスが起こっているといわれています。 通常、コピーミスで生まれた異常な細胞は、体内の免疫細胞の標的となり、攻撃されて死滅しますますが、免疫細胞の攻撃を逃れて生き残る細胞がいて、「がん細胞」となります。 それらが…

  • 夏バテ解消法

    夏バテは、夏の暑さが原因だけでなく、慢性的な脱水状態、寝不足、身体の冷え、栄養不足など様々な要因から夏バテを引き起こしています。夏バテは、腸内環境を整えるだけで解消出来ます。 夏は、外は暑く室内はクーラーなどで寒かったり、暑いので冷たい飲み物を飲んだりしますから、これが原因で内蔵が冷やされて働きが悪くなり、便秘や下痢の原因になり、それが続くと腸の機能が落ちてしまい、悪玉菌が優位の腸内環境になってしまいます。 腸内環境が悪玉菌優位になると汚い血が全身を巡る事となり、肌荒れや肩こり、疲れが取れないと言った症状が表れます。また、新陳代謝が落ちるので免疫力が低下し、体調を崩しやすくなり夏バテしやすくな…

  • お腹のポコリダイエット

    なかなかとれないお腹の脂肪、長年、肥満になるのは原因は、脂肪だと言われていて、カロリー制限を指導されてきましたが、本当の原因は糖質です。 アメリカ人の場合、食品に添加された糖を年間なんとおよそ60kgも取っているそうで、1日に小さじ約22杯になります。 糖質は、内臓脂肪が増え、多くの生活習慣病を生み出していることも明らかになって来ています。 中年男性の多くが悩むポッコリお腹は、油っぽいものを食べた脂肪でなく、糖質を過剰摂取したことで余ったブドウ糖が中性脂肪に姿を変えたものです。 一度溜め込みますと、お腹の脂肪はなかなか減らない仕組みになっています。 やせるには、運動するだけでなく、食事を変え、…

  • インスタントラーメンや焼き肉を多食していると酸素運搬能力が低下してしまいます。

    スポーツ選手の運動量は、通常の人に比べて10倍以上といわれています。 そのため、エネルギーの消費量が増し、より多くの酸素を細胞に送る必要があります。 酸素を送る役割を担っているのが赤血球、つまり血液です。 特に、運動中は、負担のかかる筋肉細胞により多くの血液を届ける必要があります。 毎日の食事でサラダ油を使っているインスタントラーメンや焼き肉、揚げ物などを多食していると、血液の粘性が高まり、赤血球の酸素運搬能力が低下してしまいます。 なぜなら、これらはオメガ3がゼロに近い上にオメガ6ばかりが極端に多いからです。 ケガや故障などでも炎症が起こりやすくなります。 そこで近年、海外の有名なスポーツ選…

  • 癌の発見が遅れる大腸がん

    早期の大腸がんは、自覚症状がほとんどなく、大腸がんと診断された患者さんの約4割は、健康診断(人間ドック含む)で指摘された方が多いようです。 大腸がんが進行するにつれて、次のような症状が現れます。 排便の変化は、血便(血液が混じった便)が出る 下血(げけつ:肛門からの出血)が起きる 便が細くなる・下痢と便秘を繰り返す・便が残っている感じがする お腹の変化は、お腹が張っていると感じる・腹痛が起きる・お腹にしこりがある 他には、貧血が起きる・嘔吐(おうと)する・急に体重が落ちている これらの症状は大腸がん以外の大腸の病気でも現れるため、症状だけで大腸がんを見分けることは困難です。 特に大腸がんの症状…

  • 細胞内部に瞬時に届くミネラル

    ガソリンがあっても、エンジンオイルがきれていれば車を動かすことができないのと同じで、潤滑油の役目をするミネラルが大切なのです。ミネラルを補充した位でがんを消滅させたりできるわけがないと多くの人は考えるかもしれません。 しかし、体の免疫力や抗酸化力や再生能力などは、必須ミネラルが不足していると満足に行なうことができないのです。 ミネラルは、体に備わった抗酸化酵素の働きを高めるために重要な働きをしています。 免疫力と密接に関連するミネラルに亜鉛があります。 亜鉛は、300種類もの酵素の働きに必要で、細胞の成長と分裂に重要なカギをにぎっているため、 亜鉛が不足すると免疫細胞の産生と働きがうまくいかな…

  • 汚染源を止めないと、癌は大きくなり続ける

    血液の汚染源を止めないと、毒素をどんどん集めて、癌は大きくなり続けます。重要なことは、免疫力を高め毒素を取り除くことから、体内に溜まった薬品・化学毒は、いち早く排出する努力が必要で、毒素の排出するには、解毒器官である肝臓の働きを活性化することが大事です。 血液を造りだす肝臓は、栄養素などさまざまな物質を化学的に作り替える働きをし、何千の酵素を使い、500以上の化学変化を起こし物質を作る化学工場のような働きをしています。 その他に添加物などの化学物質やニコチンなどの体内毒素を分解し、毒のないものに変えて排除したり、健康な血液を作り出しています。 肝臓の働きが低下すると、血液が浄化出来ず癌細胞が増…

  • 病気を治す名医が揃った腸

    腸内は、健康維持する名医の揃った病院でもあり、病気をつくり出す工場にもなります。腸内細菌は、食べ物の消化、食中毒の予防、アレルギーの症状改善、そしてお肌の調子を整えることなど、私達の健康を維持するために活躍してくれています。 便に色をつけているのは「胆汁」で、胆汁は肝臓で作られ、一時、胆嚢にストックされて十二指腸に分泌されます。 この胆汁そのものは緑色ですが、ウンチに色をつけるのはビリルビンという物質で、酸性なら黄色、アルカリ性なら茶褐色の便になります。 この物質はウンチの酸度によって、アルカリ性なら黒ずんだ茶褐色、酸性なら黄色みを帯びたオレンジ色になります。 腸内にビフィズス菌や乳酸菌など有…

  • 生活習慣病の薬を飲んでも飲まなくても変わらない寿命

    生活習慣病で薬を飲んでいる人、飲んでいない人を追跡した海外の大規模調査では、薬は総死亡率を改善しないという結果が出ています。 生活習慣病の薬を飲むのは、検査値を下げ、脳梗塞や心筋梗塞、糖尿病の三大会併症などを予防して、健康寿命を延ばすためのはずでが、薬のなかには、命を延ばす効果がないものもあります。 飲んでも飲まなくても寿命が変わらないという薬がほとんどで、中性脂肪を下げる薬に至っては、飲むと余命が短くなるというデータさえあります。 高血圧の薬 高齢者では動脈硬化が進んでいますから、全身の血流を維持するためには、ある程度は高い血圧が必要で、薬で無理に下げてしまうと、思ねめ事態を招くこともあるそ…

  • 直腸がん克服体験談

    ステビアには、現代人に必要なものが、とてもバランスよく含まれています。たとえば、欠如しがちなベーター・カロチン、これは呼吸器、消化器の障害を防ぎ、皮膚の角質化を防ぐ作用があります。 ビタミンB1は口内炎、皮膚炎、かゆみなどを防ぎ、ビタミン氏は肝機能障害を抑制し、カルシウムは骨や歯を丈夫にします。 カリウムは食事の偏食、野菜嫌いなどからくる筋力の低下や腸閉塞などを防ぎ、ビオチンは皮膚に、鉄分は血液中のへモグロビンの構成に必要です。 また、葉緑素に似た作用があり、病気の原因である物質の中和、強肝作用、皮膚炎の防止、整腸作用など血液の成分には必要な物質ばかりです。 これらの成分を補給することにより、…

  • 更年期の肥満を防ぐ乳酸菌

    更年期の肥満に深く関わっているのが「コレステロールの代謝」で、40歳代を境に善玉コレステロールが減少し、悪玉コレステロールが増加とともに中性脂肪値も上昇してきます。これらが一定基準を超えますと動脈硬化を引き起こし、心筋梗塞や脳梗塞のリスクを高めます。 卵巣や胎盤で産生され、血中を介して乳腺や子宮内膜に達 した後、標的細胞のエストロゲン受容体に結合してエストロゲ ン作用をもたらす。排卵や月経、乳腺といった女性特有の形態 と機能を担います。 エストロゲンは、性ホル モンの範疇を超えて、いわば代謝ホルモンとしての重要な役割 を担っていることが明らかとなりました。 肥満のタイプは、上半身に脂肪が蓄積す…

  • 癌が治せないのは、低温体質のままだから

    医学が発達しているといわれているのに、なぜガンで死ぬ人が減らないのでしようか。それは、ガンを発症する人が増え続けているのと、ガンの治療が根本治療ではないからです。せっかくひとつガンを退治しても、すぐ次のガンができてしまっては、まるでモグラ叩きです。 なぜ現代人がガンにかかりやすいがといえば、体温が低いがらです。 研究の結果、ガン細胞は体温が35℃てくらいのときに最も活発に活動し、増殖します。 昔の人は平熱が36.5℃て~37.2℃くらいが普通でしたから、ガン細胞にとっては増えにくい環境でした。 しかし、現代人の平熱はまさにその㏄て前後35℃前後です。昔の人と比べて平熱が約1℃下がっています。 …

  • うつ病を予防する食生活

    最近は、中高年のうつ病が社会的な問題となっています。その背景には、リストラや老後への不安などといったさまざまな要因がありますが、うつ状態になる人の脳では、ノルアドレナリンやセロトニンといった神経伝達物質の減少がみられます。 ノルアドレナリンは集中力や積極性に関係する物質で、セロトニンは気分を調節する物質で、そのためこれらが不足すると、仕事や遊びに対する持続性や関心が薄らぎ、イライラ感や気分の落ち込みが生じやすくなります。つまり、うつ病の症状が出てくるわけです。 セロトニンが不足すると、そこからつくられるメラトニンという誘眠物質も不足し、眠れないといった睡眠障害が起こります。そのため脳が休養でき…

  • 体内に重金属が蓄積

    有害重金属は、食べ物や水の中に含まれる水銀・鉛・カドミウム・アルミニウム・ヒ素・ニッケルなどの、身体にダメージを与える重金属です。これらは、飲食や呼吸を通じて、人間の体内に「蓄積」します。 食物の中で、有害重金属の影響を強く受けているのは、海産物です。 日本人はマグロやカツオなどを好んで食べるため、水銀の蓄積量が欧米人に比べて高いといわれています。 また呼吸に関しては、大気汚染の問題が深刻化しています。 大陸から飛来する微粒子状物質などが呼吸器や血管から体内に入り込むことで、喘息・気管支炎・肺がん・心疾患などを引き起こすことがあります。 重金属は人体を構成するのに欠かせない要素ですが、現代日本…

  • コロナの症状の軽い人からのコロナ感染拡大

    これまでは症状の軽い人からも感染する可能性があると考えらます。 症状の軽い人も、気がつかないうちに、感染拡大に重要な役割を果たしてしまっていると考えられることです。 なかでも、若年層は重症化する割合が非常に低く、感染拡大の状況が見えないため、結果として多くの中高年層に感染が及んでいると考えられます。 一定条件を満たす場所からの感染拡大 これまでに国内で感染が確認された方のうち重症・軽症に関わらず約80%の方は、他の人に感染させていません。 一方で、一定条件を満たす場所において、一人の感染者が複数人に感染させた事例が報告されています。 具体的には、ライブハウス、スポーツジム、屋形船、ビュッフェス…

  • 病気になる90%が活性酸素が原因

    病気になる90%は活性酸素が原因て、残りの10%は、風邪やエイズ、新型コロナ、結核などの菌が体内に入っておこる病気、すなわち感染症です。 人は呼吸することによって空気中から酸素を取り入れ、そして細胞はその酸素を使って栄養分を分解し、生きていくためのエネルギーを作り出しているのです。 ところが、この過程で吸った酸素の2~3%が体内で電子の欠けた悪い酸素になります。 これが「活性酸素(フリーラジカル)」といわれている酸素なのです。 活性酸素のイメージとしてはなにか生き生きとした元気のよい酸素と思われるでしょう。 ところが大変攻撃的な性格の激しい酸素なのです。 そして正常な酸素から電子を奪い取ります…

  • コロナ濃厚接触者の感染を守るFK-23フェカリス

    濃厚接触者は、「自分が発症する可能性」と「無症状でも他人に感染を拡げる可能性」があります。 同居のご家族などが新型コロナウイルス感染症と診断され、「自分は濃厚接触者かもしれない。」と思ったら、体調悪化を防ぎ、感染拡大を防ぐため、ご自身の体調管理と健康観察期間中の外出の自粛をお願いします。 陽性者は、同居している家族等があとから陽性になった場合でも、療養期間の延長はありません。 ただし、家庭内に陽性者がいる間に療養解除となった時は、家庭内にウイルスが存在している状態ですので、マスクや手洗いを念入りにするなど家庭内外での感染対策には十分気を付けてください。 ※感染可能期間とは 1. 患者が発熱及び…

  • 夏バテは、夏の暑さが原因だけでない

    夏バテは、夏の暑さが原因だけでなく、慢性的な脱水状態、寝不足、身体の冷え、栄養不足など様々な要因から夏バテを引き起こしています。夏バテは、腸内環境を整えるだけで解消出来ます。 夏は、外は暑く室内はクーラーなどで寒かったり、暑いので冷たい飲み物を飲んだりしますから、これが原因で内蔵が冷やされて働きが悪くなり、便秘や下痢の原因になり、それが続くと腸の機能が落ちてしまい、悪玉菌が優位の腸内環境になってしまいます。 腸内環境が悪玉菌優位になると汚い血が全身を巡る事となり、肌荒れや肩こり、疲れが取れないと言った症状が表れます。また、新陳代謝が落ちるので免疫力が低下し、体調を崩しやすくなり夏バテしやすくな…

  • ビフィズス菌の減少が生活習慣病招く

    免疫細胞は、体内で発生したガン細胞や外から侵入した細菌やウイルスなどを常に監視し撃退する自己防衛システムのことて、免疫細胞の全体の約6~7割は腸に棲んでいます。その免疫細胞は、7割くらいは休息状態です。プロテサンを摂取しますと、休眠中の免疫細胞の餌となることで、休眠中の免疫細胞か目覚して活性化されることで、免疫力や治癒力が高まります。 腸内細菌の割合は年齢により変化し、生まれた直後は腸内に酸素が多く存在するため、大腸菌や腸球菌のような酸素を好む菌(好気性細菌)が増えます。 これらの菌が酸素を消費していくにつれて、腸の中から酸素が減って行き、すると、生後3日目ごろから嫌気性のビフィズス菌が増え始…

  • 健康で長生きするには

    ⽣活習慣病予防と同時にこころの健康維持も、循環器疾患の予防のためにとても大切で、急性心筋梗塞をはじめとする循環器疾患は、老化や高血圧・喫煙・肥満・糖尿病など全身血管の動脈硬化をきたす疾患が原因となっていますが、発症の引き金としてストレスやうつなどの影響が大きいと言われています。 からだは自律神経系・内分泌系・免疫系のバランスによって微妙に調節され、ストレスによりこのバランスが崩れたりすると、からだの病気が生じます。 逆にからだの病気はこころにも影響し、日常のストレスは食べ過ぎ・飲みすぎといった不健康な行動を通しても間接的にからだの病気を引き起します。お互いの関係をよく知っておくことは大切です。…

  • 高血圧を抑えるマグネシウム

    必須ミネラルであるマグネシウムが豊富に含まれる食事を摂っていると、高血圧を抑えられる可能性があることが新たな研究で明らかにされています。マグネシウムには、動脈を拡張させる作用があり、血圧を降下させる作用・体内時計の調整にも役立っているという研究も発表されています。 高血圧を治すには、薬の対症法でなく、何が原因であるかを知って、根本的から変えて行くことです。 メタボを解決し、代謝UPさせて、内臓脂肪を落として改善することが大切です。 不足している栄養素を補う、高血圧症の方は、ビタミンとかミネラルが不足し、マグネシュウムを1日に300mg/日摂取する事によって血圧を降下させることができます。 国立…

  • 高血圧を抑えるマグネシウム

    必須ミネラルであるマグネシウムが豊富に含まれる食事を摂っていると、高血圧を抑えられる可能性があることが新たな研究で明らかにされています。マグネシウムには、動脈を拡張させる作用があり、血圧を降下させる作用・体内時計の調整にも役立っているという研究も発表されています。 高血圧を治すには、薬の対症法でなく、何が原因であるかを知って、根本的から変えて行くことです。 メタボを解決し、代謝UPさせて、内臓脂肪を落として改善することが大切です。 不足している栄養素を補う、高血圧症の方は、ビタミンとかミネラルが不足し、マグネシュウムを1日に300mg/日摂取する事によって血圧を降下させることができます。 国立…

  • 腸の異常を知らせるSOS

    心とカラダに不調が生じれば、腸に影響が出てくるもので、腸から発信されるSOSサインを読み取ることができます。最も代表的なのは、下痢と便秘です。 1.下痢・便秘 病原菌への感染、食生活や生活習慣の乱れ、精神的なストレス、病気など、心とカラダの不調を生じると、その反応で症状が現れます。 2.お腹の張り おならの増加と同様に悪玉菌の増加によるガスの過剰発生が原因で、便秘を誘発することが多く,食欲不振となります。 3.お腹ガゴロゴロする 腸の働きが厳しい時に出る音で、空腹時におきる音は問題ありませんが、食後に生じる音は過敏性腸症候群やSIOBなどの病気の疑いがあります。 4.肌のツヤがなくなった 腸内…

  • お腹ポッコリを無くす糖質ダイエット

    なかなかとれないお腹の脂肪、長年、肥満になるのは原因は、脂肪だと言われていて、カロリー制限を指導されてきましたが、本当の原因は糖質です。 アメリカ人の場合、食品に添加された糖を年間なんとおよそ60kgも取っているそうで、1日に小さじ約22杯になります。 糖質は、内臓脂肪が増え、多くの生活習慣病を生み出していることも明らかになって来ています。 中年男性の多くが悩むポッコリお腹は、油っぽいものを食べた脂肪でなく、糖質を過剰摂取したことで余ったブドウ糖が中性脂肪に姿を変えたものです。 ✡ 一度溜め込みますと、お腹の脂肪はなかなか減らない仕組みになっています。 ✡ やせるには、運動するだけでなく、食事…

  • バランスの崩れた血液を正常に戻す免疫草

    ステビアには、現代人に必要なものが、とてもバランスよく含まれています。たとえば、欠如しがちなベーター・カロチン、これは呼吸器、消化器の障害を防ぎ、皮膚の角質化を防ぐ作用があります。 ビタミンB1は口内炎、皮膚炎、かゆみなどを防ぎ、ビタミン氏は肝機能障害を抑制し、カルシウムは骨や歯を丈夫にします。 カリウムは食事の偏食、野菜嫌いなどからくる筋力の低下や腸閉塞などを防ぎ、ビオチンは皮膚に、鉄分は血液中のへモグロビンの構成に必要です。 また、葉緑素に似た作用があり、病気の原因である物質の中和、強肝作用、皮膚炎の防止、整腸作用など血液の成分には必要な物質ばかりです。 これらの成分を補給することにより、…

  • コロナワクチン効果を高めるには

    新型コロナウイルスが、6月末から全国の感染者が急増しており、夏休みを目前に「第7波」襲来への不安は広がっています。 専門家によりますとBA.5は、BA.2よりも免疫を逃れやすい性質があるなど、感染力が強いとみられると警鐘を鳴らしています。 コロナ第7波 オミクロン株の症状は、第6波ではのどの激しい痛みを訴える患者が多かったのに対し、発熱が38度以上と高く、けん怠感を訴える人が多い傾向にあるということです。のどの痛み、38度以上高熱・けん怠感と言われています。 ワクチン接種にあたり大事なことは、効果をしっかり出すために普段から免疫を整え、高めておくことです。高齢者はインフルエンザに罹ると重症化し…

  • 内臓の疲れが取れるファスティング

    酵素とは、人間、動物なとすべての生物に存在している、生きるために必要不可欠な物質で、食べ物の消化を吸収を行うことを筆頭に、細胞の再生・修復,解毒など、ありとあらゆる生命反応を酵素が担っています。 体内に存在する酵素の役割は「消化」と「代謝」の2つに分けられます。 食べたものを消化する仕事を担うのが「消化酵素」で免疫力や新陳代謝などの生理現象を担うのが「代謝酵素」です。 過食気味だったり、不規則な時間に食事をしたりしていると、「消化」にばかり酵素が使われることになり、「代謝」にまわせる余裕がなくなってしまいます。 体内で作られる酵素には限りがあり、年齢とともに減り続け、40歳を過ぎると急激に減っ…

  • うつ病を予防する食生活

    最近は、中高年のうつ病が社会的な問題となっています。その背景には、リストラや老後への不安などといったさまざまな要因がありますが、うつ状態になる人の脳では、ノルアドレナリンやセロトニンといった神経伝達物質の減少がみられます。 ノルアドレナリンは集中力や積極性に関係する物質で、セロトニンは気分を調節する物質で、そのためこれらが不足すると、仕事や遊びに対する持続性や関心が薄らぎ、イライラ感や気分の落ち込みが生じやすくなります。つまり、うつ病の症状が出てくるわけです。 セロトニンが不足すると、そこからつくられるメラトニンという誘眠物質も不足し、眠れないといった睡眠障害が起こります。そのため脳が休養でき…

  • 夏バテを防ぐ濃縮乳酸菌

    連日、高温多湿が続くと、外の気温と冷房の効いた室内との激しい温度差で体に負担がかかりますと、変化に体のリズムがついていけなくなり、自律神経が乱れます。 その結果、全身がだるくなり、食欲も思考力も低下。風邪もひきやすくなり、下痢もおこすといった、いわゆる「夏バテ」症状に陥ります。 食欲の低下は、「腸バテ」(腸機能が落ち、栄養吸収も低下)にもつながる負の連鎖を生む原因になります。 【食からくる夏バテの原因】 ・暑さからくる食欲の減退。 ・水分の不足(汗をかき、体内の水分やミネラルなどは不足する)。 ・そうめんばかりなど偏りがちな食事で栄養不足(特にタンパク質不足) ・冷たいものをとりがちで、体(特…

  • 高血圧の原因は、細胞のミネラル不足

    高血圧の原因は、腸内環境の乱れと、細胞のミネラル不足によるもので、リンゲル液をつくって細胞バランスを整えましょう。カルマックスの主成分の水溶性イオン化カルシウムは、天然の種子からつくられていて、その種子には、カルシウムだけではなく、マグネシウム、ナトリウム、カリウム、鉄などが総合的に配合された理想的なミネラルバランスかあります。 その原材料をイオン化して、細胞吸収できるようにしたのです。 カルマックスは、カルシウムとマグネシウムの同局した理想的なミネラルバランスの整った水溶性イオン化カルシウムです。 毎日、必要なミネラルが摂れやすく、水溶性で使いやすく、イオン化しているので消化吸収率が非常に優…

  • 末期癌から生還した方の共通点

    末期癌から生還した方の6つの共通点は・・・・ ①抗癌剤治療の途中で、すべての抗ガン治療を断った方。 ②癌治療で苦しんでいる時に、必死になって勉強して情報を得られた方。 ③抗癌治療が体の免疫をどんどん低下させている事に気付かれた方。 ④食生活、軽い運動、笑いのある生活、良質な睡眠、など生活の基本が大切であることを気付かれた方。 ⑤人間の生活の中で何が大切かを勉強、薬よりも、抗癌治療よりも、根本的な生活の改善が大切であるという事に気付かれた方。 ⑥癌克服に、腸バランスと細胞バランスが欠かせないことに気付かれた方 がんは、早期発見できれば95%治せる病気です。 日本は先進国で唯一、がん死が増えている…

  • 健康で生きる為に必要不可欠なミネラル

    マグネシウムは、健康のために必要不可欠なミネラルで、私たちはマグネシウムなくしては生きられませんが、残念なことに多くの人々が健康を維持するために必要な量のマグネシウムを十分には摂取できていません。 マグネシウムの推奨摂取量は1日当たり男性が420mg、女性が320mgです。野菜の栽培土壌はミネラルの枯渇が進んでおり、食品を加工することによって食品の栄養の含有量、特にマグネシウムがさらに減ってしまっているため、多くの人々にとって高品質の栄養補助食品が必要になります。 マグネシウムが脳、心臓、骨、筋肉に必須の栄養素で、心血管疾患は、マグネシウムの欠乏がその一因となっていると考えられます。 早期死亡…

  • 脳梗塞が起きる前兆

    「脳梗塞」は「脳内の欠陥が詰まり、脳に対する酸素および栄養の補給がされず、脳の細胞が死んでしまう」ものです。これに対して、頭蓋内出血はその名のとおり、「脳の血管が破れ、頭蓋の中で出血が起こる」ものです。脳梗塞は、脳についてのものとはいえ、結局は血管の病気であることに変わりはありません。 そのため、動脈硬化が促進されることで脳梗塞は起こります。 動脈硬化を促進する要因としては、加齢、高血圧、高脂血症などが挙げられます。 このように動脈自体は加齢により衰えていくため、脳梗塞は誰にとっても他人事では済まされない病気なのです。極端な話をすると、健康的な生活をしていても彼により脳の欠陥が衰えることにより…

  • 肥満は、病気のデパートになる

    肥満は、単純性肥満と単純性肥満の2つあり、単純性肥満は、体の機能障害や、特定の病気が原因になるわけではなく、摂取エネルギーが消費エネルギーを上回るために起こる肥満のことで、肥満の95%が該当します。 症候性肥満は、何らかの病気や、それに対する治療薬、体の機能の障害(脳の疾患からくる摂食障害など)、遺伝などが原因で起こる肥満。 症候性肥満は、原因となる病気の治療の方が優先であり、それが治れば肥満も解消します。 単純性肥満については、自分自身で生活習慣を改善していかないと、肥満の予防や肥満の解消にはつながりません。 特に現代は、簡単に食べ物が手に入るため摂取カロリーは増大しがちです。 その一方で、…

  • 癌の治療効果を高めるFKー23菌

    どんな病気でも、最終的に治すのは自分の持つ免疫力や治癒力で、プロテサンは、免疫力や治癒力を高めることができ、さまざまな病気に効果が期待できます。 例えは、抗ガン剤治療 #をする場合に、濃縮乳酸菌FK-23のサプリメントを食べていれば、治療効果を上げでくれる一方、副作用は減らすことができます。 主治医の治療を妨げないことも強調したいポイントです。 プロテサンの濃縮乳酸菌FK-23菌は、善玉菌を増やし、活性酸素 を抑えて 腸内環境を整えることによって、きれいな血液を作り出してくれます。 プロテサンの濃縮乳酸菌FK-23は、基礎的・臨床なデーターが豊富で、病院の治療の内容にかかわらず食べれるのて、病…

  • 癌は、弱アルカリ性体質に変えれば消える

    ガン細胞は、酸性の身体しか発症しなく、体内を弱アルカリ性に保つことができれば、ガン細胞はなくなると言われています。 癌患者の血液検査では、癌患者全員の血液が酸性だったそうで、弱アルカリ性体質にするには、私たちの生活習慣を見直すことで変えられます。 体質チェック 1、皮膚に張りがなくなったり、うす暗くなって光沢がなくなっていませんか 2、顔に吹きでものできたり、ニキビができていませんか。 3、疲れやすく、すぐに眠くなったり、少し運動するとすぐに疲れませんか。 4、情緒不安定で怒りやすくなっていませんか。 5、歯茎が出血しやすかったり、傷口が治りにくかったり、あざができやすくなっていませんか。 6…

  • 体の錆びつきのを知らせる白髪

    「髪が薄くなった」『白髪が増えた」「物忘れが多い」「肌のシミやシワが増えた」「視力が落ちた」など、歳をとると体の衰えを感じてきます。こうしたことが、錆びつきのサインです。 ハゲている人は年よりも老けて見られることが多いと思いますが、ご当人は、「人は見た目じゃないさ」と心の内でご自身を慰めていることが少なからずあるのではないでしょうか。 人は年をとることを避けられません。しかし、40歳を過ぎると、見た出に大きな差が表れるようになります, 働き盛りともいえる40代は、人の老化の進み具合に差が現れ、同年齢であっても、10歳も若々しく見える人がいれば、10年も老いて見える人もいます。 外見の老化と人間…

  • 長生ができない便秘症

    便秘は、加齢とともに性差に関係なく増え、コロナ禍による活動量低下で、便秘が増えたとの指摘もあり、最近になって、便秘は命に関わることもある病気だということが明らかになり、便秘によって心臓の病気や脳血管の病気のリスクが高まることがわかって来ています。 米国で15年間生存状況を追跡調査され、便秘なし・ありで区別すると、15年後には便秘ありの方が約20%生存率が低かったとの報告があります。 一番の問題なのは、排便時のいきみによる急激な血圧上昇で、高齢者は動脈硬化があるため、いきみ時に血管が十分に伸び縮みせず、血圧が一気に上昇することで、それによって脳卒中や心筋梗塞といった循環器疾患を起こしやすくなるこ…

  • 体のサビを防ぐシリカ

    酸化」に関わる「活性酸素」は、万病の元ケイ素には、様々な働きがありますが、特筆すべき効果は「抗酸化作用が強い」ということです。活性酸素は、体外から侵入したウイルスや細菌から守ってくれます。 しかし、活性酸素が過剰に発生すると正常な細胞や遺伝子も傷つけてしまい、肌、血管、心臓などあらゆるものを酸化させ、身体の機能を乱します。 そして、肌ならシミやしわの原因にもなりますし、老化やガン、様々な生活習慣病の原因となってしまうのです。 つまり、酸化=老化なのです。 活性酸素は生きていれば、必ず発生します。 私たちは呼吸によって酸素を体内に取り入れていますが、エネルギーになるとき、そのうち約2%の酸素が化…

  • 脳の血流をよくする蒸し生姜

    漢方では血の流れとともに気の流れも重視します。気というのは目に見えませんが、体を巡って全身に働きかける作用のあるもので、簡単にいうとエネルギーのことです。 この気の流れをよくする働きのあるものを「気剤」と呼びますが、生姜はシソと並んで代表的な気剤です。 気の滞りが原因で起こ「気剤」状態を改善し、脳の血管を広げることで、脳の血流をよくし、気分をよくするためと考えられています。 うつ病にかかりやすい人は、低温体質傾向にあり、体温がひくいために血管が収縮していて、いつも少しストレスがかかっている状態になっているため、同じストレスを受けても、体温の高い人に比べてダメージが大きくなります。 能の血流を緩…

  • 簡単寝ぐせ

    朝起きると髪が逆立っていて直すのに苦労した、という経験がありませんか・・。 クセ毛、固い髪質の人ならなおさらのこと。 急いでいるときなどは本当に泣きたくなりますね。 普通、髪の寝グセはお湯で髪をぬらして、ムースをつけ、ドライヤーで乾かせばだいたい直るものですが、強烈なクセの場合は思うように直らないこともあります。 ドライヤーの使いすぎは髪を傷めることにもつながります。 そんなときは、髪をぬらすときに、水溶性イオン化カルシウムの500倍渡るスプレーで噴霧してミネラルを十分に補給してやると、びっくりするくらいに髪がしなやかになり、これまで苦労していたのがウソのようにまとまります。 シャンプやリンス…

  • 多彩な効能を発揮するステビア

    免疫草ステビアは、南米のインディオ・ガラニー族が薬草として使用していたものを、植物学者である、ベルトー二樽士が学術的に位置付けした植物で、現在では約300種類があります。 日本には1970年(昭和45年)に安全であり、天然の甘味料の参考植物として、農水省によってパラグアイから輸入されました。 ステビアの茎の粉末を混ぜた飼料を与えると、鶏は卵を多く産むようになったり、牛や豚は発育成長が良くなり、また繁殖障害が減少したりするという好結果が得られたのでした。 一方機能性食品としてのステビアは、家畜や農作物に対するステヒア濃縮液の試験的な使用が非常によいことから全国的に進められていくうちに、思いがけな…

  • 癌にならない免疫力の高い人は癌にならない

    人の体は約60%が水分で、健康な状態では、その体液はpH7.4程度の中性に近い弱アルカリ性に保たれています。 一方で、体の中では、糖質、蛋白質、脂質など栄養素の代謝に伴ない、1日あたり20,000mEqの酸がつくられますが、余分な酸は、腎臓の働きにより尿として体の外に排泄したり、肺から二酸化炭素として排出しています。 さらに残った酸は、腎臓で調節される重炭酸イオンと呼ばれる物質によって吸収され、炭酸になることでアルカリ性に働き、体内の酸度を下げます。 ところが、腎臓の働きが悪くなると、酸の排泄がうまくいかなくなり、体内は「アシドーシス」と呼ばれる酸性に傾いた状態に陥ってしまいます。 体が酸性に…

  • 高分子コラーゲン

    高分子コラーゲンで、下咽頭ガンを克服。コラーゲンの研究者である榎木先生は、下咽頭ガンになられ、声も出なくなり、1ヵ月の放射線治療の後、自分の実験結果を信じて毎日10gのコラーゲンの粉末を飲み続けたところ、約4ヵ月後にはほとんど回復されました。 再発の懸念もあったので、その後数年間は1日5g~10gのコラーゲンを摂り続けました。その結果、15年後の現在もガンは再発せず、まったくの健康体です。 マウスの動物実験で癌細胞攻撃力を証明 ガン細胞を植え付けたマウスに豚の皮から作った高分子コラーゲンを与えたところ、何もしなければ2週間で全滅していたものが最高で83%も生存したということです。 また、一度ガ…

  • 血糖値を下げる蒸し生姜

    糖尿病は肥満などが原因で、血液中の糖濃度度が高くなってしまう病気でず。放置すると日の綱膜や腎臓、心臓などの毛細血管がはかいされてしまい、重大な合併症を引き起こします。 西洋医学では、血糖値降下剤やインスリン注射などで血糖を下げ、塘濃度をコントロールしょうとしますが、もともとの原因を放置したままでは、効果的な治療は望めません。 血糖値を下げることも人事ですが、その状態を作っている原図を取り除く必要もあるわけです。 蒸し生姜が糖尿病に効く理由は、体温を上げ、代謝をよくしてくれるがらです。 代謝というのは体の中で糖分や脂肪を燃焼させてエネルギーを作り出すことでずから、その効率がよくなれば、必然的に燃…

  • 痴呆ゃ脳卒中を予防する食べ物

    最近は、中高年のうつ病が社会的な問題となっています。その背景には、リストラや老後への不安などといったさまざまな要因がありますが、うつ状態になる人の脳では、ノルアドレナリンやセロトニンといった神経伝達物質の減少がみられます。 ノルアドレナリンは集中力や積極性に関係する物質で、セロトニンは気分を調節する物質で、そのためこれらが不足すると、仕事や遊びに対する持続性や関心が薄らぎ、イライラ感や気分の落ち込みが生じやすくなります。つまり、うつ病の症状が出てくるわけです。 セロトニンが不足すると、そこからつくられるメラトニンという誘眠物質も不足し、眠れないといった睡眠障害が起こります。そのため脳が休養でき…

  • 肝臓末期がんから生還

    肝臓がん、それも末期との診断を受け、頭の中には死と言う文字だけが浮かび、頭の中はしばらく真っ白になり、妻はその場で泣き崩れていました。 院長先生に、抗がん剤はどの位の確率で効くのですかとの問いに、院長先生は、100人に対して数人ですかね。 私は思わず絶句・・・・・ これまでは、病院で治療してもらえれば、病気は良くなるものだと思っていました。 もちろん『癌』に対しても同じです。 この日を境に『抗がん剤は効かない』と考えるようになりました。 それと共に、健康に関する知識を自分なりに持とうと意識するようになり、ガンに対して理解し、正面から向き合う事が出来るようになりました。 それから生きるために末期…

  • 生活習慣病は、ミネラル不足が原因のひとつ

    癌など生活習慣病は、ミネラル不足が原因のひとつで、私たち、人体の基盤である細胞は、細胞内液と細胞外液からできていて、細胞内液にはカリウム、細胞外液にはナトリウムが満たされています。 細胞バランスが崩れると、癌や風邪などさまざま病気が発症して来ます。 細胞中のカルシュウムはエネルギーの源であり、情報伝達の役割を担っています。 細胞内にカルシュウムが人ると、細胞の分裂増殖や遺伝子を正常に維持する役割も果たします。 つまり、好中球やリンパ球の細胞内に、ガルシウムイオンが充分に入りこむことによって、その働き掛けで、細胞が活性化されます。 細胞が活性化すれば、免疫力が増大します。 あらゆる病気に対する抵…

  • 癌蔡瑁の芽を摘むステビア

    ステビアエキスは人間の元気の応援団て、どこの臓器だけ悪いなどということわなく、全身が元気になる過程で、臓器がみんな元気になり、最終的に全身が元気になります。 細胞の遺伝子を傷つけられると、遺伝子に狂いが生じるため、異常な細胞分裂か起きたまま、増殖するのが癌て、正常な遺伝子に傷を付けていのが活性酸素です。 ステビアは、細胞を活性酸素の攻撃から守ってくれる働きがあります。 私たちの体は60兆個の細胞でできており、その周りは細胞膜でガードされています。 細胞膜が機能しなくなれば、栄養分を細胞内に取り入れたり老廃物を外に捨てることができなくなります。 細胞膜はタンパク質や脂質でできていますが、重要な働…

  • 体の機能を動かす潤滑油の役目をするミネラル

    ガソリンがあっても、エンジンオイルがきれていれば車を動かすことができないのと同じで、潤滑油の役目をするミネラルが大切なのです。ミネラルを補充した位でがんを消滅させたりできるわけがないと多くの人は考えるかもしれません。 しかし、体の免疫力や抗酸化力や再生能力などは、必須ミネラルが不足していると満足に行なうことができないのです。 ミネラルは、体に備わった抗酸化酵素の働きを高めるために重要な働きをしています。 免疫力と密接に関連するミネラルに亜鉛があります。 亜鉛は、300種類もの酵素の働きに必要で、細胞の成長と分裂に重要なカギをにぎっているため、亜鉛が不足すると免疫細胞の産生と働きがうまくいかなく…

  • タバコより体に悪い食べ物

    普段口にしている食べ物の中で、タバコより体に悪い食べ物 アイスクリーム アイスクリームは、化学薬品・ホルモン剤・殺菌牛乳・大量の砂糖が使用されているので体に良くありません。 炭酸・ジュース・エナージドリンク 砂糖の多糖酸によって、歯を蝕んだり骨からカルシウームを侵出したり、肥満になるなど何もよいものがありません。 低温処理されてない牛乳 低温処理されてない牛乳は、多くのバクテリアが含まれて可能性があります。 牛に与えられる抗生物質やホルモン剤など使用されていますからです。 キムチ キムチに大量に使用されています唐辛子成分「カプサイシン」は、胃がんを促進するそうです。 フランスでは「有毒食品」に…

  • 体によい酸化しない天ぷら油

    天ぷら油にカルマック数滴入れるだけで、酸化しない油になります。 ❃ 酸化をふせぎ、何時までも新しいままで使える天ぷら油 ❃ 具はふっくら・衣ハカラット・風味がよい美味しい天ぷらが仕上がります ❃ 油切れがよくカラットと揚がり、素材の美味しさをいつまでも保ってくれます。 ❃ 油も酸化しなく、長く使えて経済的で、健康に良い酸化しない天ぷらが上がります。 ❃ おいしい天ぷらは、衣がカラッと揚がって衣の中の具はふっくらとしています。 ❃ 下ごしらえの具に、水溶性イオン化カルシュウムを入れますと、具の表面に膜ができ、油がしみ込むのを防ぎ、油切れがよくカラット揚がります。 ❃ 素材のおいさもキープできます…

  • 細胞内部にまで瞬時に吸収される水溶性カルシュウム

    カルシュウムは、どんなに砕粉化しても、水には溶けず沈殿してしまいますが、水溶性イオン化カルシュウムは、水に溶けるカルシュウムで、イオン化しているということは、この世でいちばん小さいところまで細分化されて、水分子と結びついています。 この形になったカルシウムを含むミネラルは、細胞内部にまで瞬時に吸収されます。 逆にいえば、イオン化されてなければ、細胞に吸収されることは不可能なのです。 水溶性イオン化カルシウムは、口からとるだけでなく、皮膚、髪、爪など体のいたるところに恩恵を与えてくれます。 カルシュウム不足は、記憶力低下、免疫力低下、筋力低下、精力低下を招き、現代病と言われる高血圧、アトピー、骨…

  • 癌の芽を摘みとるステビア

    ステビアエキスは人間の元気の応援団て、どこの臓器だけ悪いなどということわなく、全身が元気になる過程で、臓器がみんな元気になり、最終的に全身が元気になります。 細胞の遺伝子を傷つけられると、遺伝子に狂いが生じるため、異常な細胞分裂か起きたまま、増殖するのが癌て、正常な遺伝子に傷を付けていのが活性酸素です。 ステビアは、細胞を活性酸素の攻撃から守ってくれる働きがあります。 私たちの体は60兆個の細胞でできており、その周りは細胞膜でガードされています。 細胞膜が機能しなくなれば、栄養分を細胞内に取り入れたり老廃物を外に捨てることができなくなります。 細胞膜はタンパク質や脂質でできていますが、重要な働…

  • 眼の老化を抑えるコラーゲン

    眼の水晶体、角膜、網膜などは、ミラーゲンがたくさん含まれており、眼はコラーゲンの塊のようなものです。 特に角膜には、コラーゲンが多く含まれ、角膜は眼球を覆って、コラーゲン繊維が規則正しく並んでいます。 ものが歪まずにみえるのは、コラーゲンのおかげです。 角膜は、外から入ってくる光を屈折させて眼球に届けます。角膜がないと眼が見えなくなります。 角膜にあるコラーゲンは、細菌やウイルスから眼を保護する役割をしていて、コラーゲンが老化し不足しますと、角膜が弱くなって来ます。 その結果、角膜に傷が付いたり、結膜炎になったり、トラブルが起きるようになります。 眼が充血するのもコラーゲン不足です。 知らない…

  • 細胞が元気になるリンゲル液の作り方

    水が健康に果たす効果は絶大で、大人では体重の約6割、新生児では約8割が水分でできています。水に意識を向けずには健康を保てないのです。実際、体調に適した水を飲んでいるだけで、健康状態は驚くほど変わってきます。 人体の基礎である細胞は、細胞内液と細胞外液からできています。 この健康水は、細胞への出入りがスムーズにでき目為に、細胞外液には、ナトリウムが、内液にはカリウムが満たされています。 毎日の食事による栄養素は、ほとんどが大きすぎて、細胞には吸収されていません。 それが吸収されるのは、腸内の働きによる腸内発酵によってミネラルがイオン化したり、栄養素が単分子化されてミネラルと結合しているからです。…

  • 脳卒中や痴呆を予防する食生活

    最近は、中高年のうつ病が社会的な問題となっています。その背景には、リストラや老後への不安などといったさまざまな要因がありますが、うつ状態になる人の脳では、ノルアドレナリンやセロトニンといった神経伝達物質の減少がみられます。 ノルアドレナリンは集中力や積極性に関係する物質で、セロトニンは気分を調節する物質で、そのためこれらが不足すると、仕事や遊びに対する持続性や関心が薄らぎ、イライラ感や気分の落ち込みが生じやすくなります。つまり、うつ病の症状が出てくるわけです。 セロトニンが不足すると、そこからつくられるメラトニンという誘眠物質も不足し、眠れないといった睡眠障害が起こります。そのため脳が休養でき…

  • 細胞内部に瞬時に届く水溶性カルシュウム

    カルシュウムは、どんなに砕粉化しても、水には溶けず沈殿してしまいますが、水溶性イオン化カルシュウムは、水に溶けるカルシュウムで、イオン化しているということは、この世でいちばん小さいところまで細分化されて、水分子と結びついています。 この形になったカルシウムを含むミネラルは、細胞内部にまで瞬時に吸収されます。 逆にいえば、イオン化されてなければ、細胞に吸収されることは不可能なのです。 水溶性イオン化カルシウムは、口からとるだけでなく、皮膚、髪、爪など体のいたるところに恩恵を与えてくれます。 カルシュウム不足は、記憶力低下、免疫力低下、筋力低下、精力低下を招き、現代病と言われる高血圧、アトピー、骨…

  • 血栓を防ぐ蒸し生姜

    日本人の死因は第1位がガン、第2位が心臓疾患、第3位が脳血管障害です。死に至る心臓疾患のほとんどが心筋梗塞、つまり心臓に栄養を送っている冠状動脈に血栓が詰まって心臓が止まる病気です。 脳血管障害の約70%は脳の血管に血栓が詰まって起きる脳梗塞です。 血栓は血管の内壁に傷がつくことで発生します。生活習慣病などそ血管が傷むと、血栓ができやすくなり、できた血栓がどこで詰まるかで、深刻な症状が引き起こされます。 傷んだ血管を即座に修復することは、いまの医学ではできません。 蒸生姜を毎日の食生活にとりいれ、食べ過ぎや運動不足を防ぐことで、生活習慣病を予防するくらいしか対策はなさそうです。 生姜にはアスピ…

  • 体の錆びつきを知らせるSOS

    「髪が薄くなった」『白髪が増えた」「物忘れが多い」「肌のシミやシワが増えた」「視力が落ちた」など、歳をとると体の衰えを感じてきます。こうしたことが、錆びつきのサインです。 ハゲている人は年よりも老けて見られることが多いと思いますが、ご当人は、「人は見た目じゃないさ」と心の内でご自身を慰めていることが少なからずあるのではないでしょうか。 人は年をとることを避けられません。しかし、40歳を過ぎると、見た出に大きな差が表れるようになります, 働き盛りともいえる40代は、人の老化の進み具合に差が現れ、同年齢であっても、10歳も若々しく見える人がいれば、10年も老いて見える人もいます。 外見の老化と人間…

  • 心筋梗塞から命を守る蒸し生姜

    日本人の死因は第1位がガン、第2位が心臓疾患、第3位が脳血管障害です。死に至る心臓疾患のほとんどが心筋梗塞、つまり心臓に栄養を送っている冠状動脈に血栓が詰まって心臓が止まる病気です。 脳血管障害の約70%は脳の血管に血栓が詰まって起きる脳梗塞です。 血栓は血管の内壁に傷がつくことで発生します。生活習慣病などそ血管が傷むと、血栓ができやすくなり、できた血栓がどこで詰まるかで、深刻な症状が引き起こされます。 傷んだ血管を即座に修復することは、いまの医学ではできません。 蒸生姜を毎日の食生活にとりいれ、食べ過ぎや運動不足を防ぐことで、生活習慣病を予防するくらいしか対策はなさそうです。 生姜にはアスピ…

  • 脳の血流を改善し、気分をよくする蒸し生姜

    漢方では血の流れとともに気の流れも重視します。気というのは目に見えませんが、体を巡って全身に働きかける作用のあるもので、簡単にいうとエネルギーのことです。 この気の流れをよくする働きのあるものを「気剤」と呼びますが、生姜はシソと並んで代表的な気剤です。 気の滞りが原因で起こ「気剤」状態を改善し、脳の血管を広げることで、脳の血流をよくし、気分をよくするためと考えられています。 うつ病にかかりやすい人は、低温体質傾向にあり、体温がひくいために血管が収縮していて、いつも少しストレスがかかっている状態になっているため、同じストレスを受けても、体温の高い人に比べてダメージが大きくなります。 能の血流を緩…

  • あらゆる病気が遠退く蒸し生姜

    生姜は体を内側から温めて、冷えを解消してくれる健康には欠かせない食材。その生姜の効果をよりパワーアップさせ、効率的に効能を吸収できる「蒸生姜」をご存じだろうか?生姜を一度蒸してから乾燥させたもの。古くは「乾姜(カンキョウ)」と呼ばれ、中国の高級な生薬として重宝されています。熱を加えることで、生姜に含まれている「ジンゲロール」という成分が「ショウガオール」に変化する。この時、ショウガのもつ保温・発汗効果や脂肪燃焼、免疫力アップ、抗酸化作用による美肌効果などのあらゆるパワーされると言われています。 生姜には、健康的な成分の宝庫で、実際に400種の天然の化学成分が確認されているが、主要な天然活性成分…

  • がんは、低温体質だと 治らない

    医学が発達しているといわれているのに、なぜガンで死ぬ人が減らないのでしようか。それは、ガンを発症する人が増え続けているのと、ガンの治療が根本治療ではないからです。せっかくひとつガンを退治しても、すぐ次のガンができてしまっては、まるでモグラ叩きです。 なぜ現代人がガンにかかりやすいがといえば、体温が低いがらです。 研究の結果、ガン細胞は体温が35℃てくらいのときに最も活発に活動し、増殖します。 昔の人は平熱が36.5℃て~37.2℃くらいが普通でしたから、ガン細胞にとっては増えにくい環境でした。 しかし、現代人の平熱はまさにその㏄て前後35℃前後です。昔の人と比べて平熱が約1℃下がっています。 …

  • 「癌は」血液の汚染源を止めないと治りません

    血液の汚染源を止めないと、毒素をどんどん集めて、癌は大きくなり続けます。重要なことは、免疫力を高め毒素を取り除くことから、体内に溜まった薬品・化学毒は、いち早く排出する努力が必要で、毒素の排出するには、解毒器官である肝臓の働きを活性化することが大事です。 血液を造りだす肝臓は、栄養素などさまざまな物質を化学的に作り替える働きをし、何千の酵素を使い、500以上の化学変化を起こし物質を作る化学工場のような働きをしています。 その他に添加物などの化学物質やニコチンなどの体内毒素を分解し、毒のないものに変えて排除したり、健康な血液を作り出しています。 肝臓の働きが低下すると、血液が浄化出来ず癌細胞が増…

  • がんを治させる薬はない

    標準がん治療は「手術」「抗がん剤治療」「放射線治療」を中心に行われ、このうち治癒の可能性が最も高いとされているのが手術です。 その後、経過観察が始まりますが、この場合、再発予防のための抗がん剤治療が、一定期間、行われることもあります。 経過観察の期間はがんの種類によって違いますが、おおむね手術から5年が経過しても再発(原発巣以外の他臓器や遠隔リンパ節などへの転移)が認められない場合、がんは治った、すなわち治癒を得たと判定されるのです。 がん種によっては放射線治療だけで治癒を得られるケースもありますが、標準がん治療で手術後の「5年生存率」がとりわけ重要視されているのはそのためです。 がんは、どん…

  • 花粉症「眼のかゆみ・咳・くしゃみ」を軽減する濃縮乳酸菌

    免疫異常が原因で発症する花粉症は、根本から治すには免疫システムを正常に戻すことが重要です。一度狂ってしまったものを元にもどすことは非常に困難で、乳酸菌FK-23菌」は、免疫システムを刺激し、攻撃力と寛容力のバランスを保つ作用があり、アレルギー体質を改善できる高い可能性をもっています。 「FK-23菌」菌体の中身(LFK)にはアレルギー効果があることが確認されていて、抗アレルギーの特許を取得しています。 他の乳酸菌と違いは、死菌体で小さく、加熱殺菌されてもので、大量の乳酸菌摂取が可能です。 改善するためには、1日1兆個以上の乳酸菌が必要です。 FK-23菌は、死菌体であっても、免疫向上効果を損な…

  • 体のサビを防いでくれるシリカ

    「酸化」に関わる「活性酸素」は、万病の元ケイ素には、様々な働きがありますが、特筆すべき効果は「抗酸化作用が強い」ということです。活性酸素は、体外から侵入したウイルスや細菌から守ってくれます。 しかし、活性酸素が過剰に発生すると正常な細胞や遺伝子も傷つけてしまい、肌、血管、心臓などあらゆるものを酸化させ、身体の機能を乱します。 そして、肌ならシミやしわの原因にもなりますし、老化やガン、様々な生活習慣病の原因となってしまうのです。 つまり、酸化=老化なのです。 活性酸素は生きていれば、必ず発生します。 私たちは呼吸によって酸素を体内に取り入れていますが、エネルギーになるとき、そのうち約2%の酸素が…

  • 前立腺肥大を改善する食事

    前立腺肥大症とは、膀胱と尿道の間にある「前立腺」が肥大して尿道を圧迫し、尿が出にくくなる疾患で、前立腺は、男性だけにある臓器です。膀胱から尿道に続く部分に取り囲むようにしてあり、前立腺液を分泌します。 前立腺液は精液の一部となり、精子の保護や精子の運動機能を助ける役割があります。 そのため前立腺肥大症は男性ホルモンと大きく関係し、中高年になって男性ホルモンを含む性ホルモン環境の変化が起こることにより発症すると考えられています。 前立腺肥大症は、実は多くの男性が悩む疾患で、厚生労働省の患者調査によると、年間40~50万人の方が前立腺肥大症で受診されています。 さらに、55歳以上の男性の5人に1人…

  • 乳がんの再発予防・改善・治す食事

    がんの原因は、正常な細胞が傷つくことで発生する異常な細胞のかたまりで、身体には免疫という力がそなわっていて、体内で発生した異常な細胞を排除したり、細菌やウイルスが体外から体内に侵入することを防いでいます。 そのため、免疫がしっかりとはたらいていれば、がんの原因となる異常な細胞が発生しても、免疫によって排除されるように促されます。 しかし、免疫のはたらきが弱くなってしまうと、がん細胞を排除するはたらきが弱まり、身体にさまざまな悪い影響を及ぼしてしまいます。 免疫力はさまざま要因で上がったり下がったりします。その中の1つの要因として、食べ物があります。 栄養バランスの悪い食事や少食、過食は免疫力を…

  • 癌を治す薬がない

    標準がん治療は「手術」「抗がん剤治療」「放射線治療」を中心に行われ、このうち治癒の可能性が最も高いとされているのが手術です。 その後、経過観察が始まりますが、この場合、再発予防のための抗がん剤治療が、一定期間、行われることもあります。 経過観察の期間はがんの種類によって違いますが、おおむね手術から5年が経過しても再発(原発巣以外の他臓器や遠隔リンパ節などへの転移)が認められない場合、がんは治った、すなわち治癒を得たと判定されるのです。 がん種によっては放射線治療だけで治癒を得られるケースもありますが、標準がん治療で手術後の「5年生存率」がとりわけ重要視されているのはそのためです。 がんは、どん…

  • 長生きできない便秘症

    便秘は、加齢とともに性差に関係なく増え、コロナ禍による活動量低下で、便秘が増えたとの指摘もあり、最近になって、便秘は命に関わることもある病気だということが明らかになり、便秘によって心臓の病気や脳血管の病気のリスクが高まることがわかって来ています。 米国で15年間生存状況を追跡調査され、便秘なし・ありで区別すると、15年後には便秘ありの方が約20%生存率が低かったとの報告があります。 一番の問題なのは、排便時のいきみによる急激な血圧上昇で、高齢者は動脈硬化があるため、いきみ時に血管が十分に伸び縮みせず、血圧が一気に上昇することで、それによって脳卒中や心筋梗塞といった循環器疾患を起こしやすくなるこ…

  • 前立腺肥大を改善する食生活

    前立腺肥大症とは、膀胱と尿道の間にある「前立腺」が肥大して尿道を圧迫し、尿が出にくくなる疾患で、前立腺は、男性だけにある臓器です。膀胱から尿道に続く部分に取り囲むようにしてあり、前立腺液を分泌します。 前立腺液は精液の一部となり、精子の保護や精子の運動機能を助ける役割があります。 そのため前立腺肥大症は男性ホルモンと大きく関係し、中高年になって男性ホルモンを含む性ホルモン環境の変化が起こることにより発症すると考えられています。 前立腺肥大症は、実は多くの男性が悩む疾患で、厚生労働省の患者調査によると、年間40~50万人の方が前立腺肥大症で受診されています。 さらに、55歳以上の男性の5人に1人…

  • 前立腺肥大改善食

    前立腺肥大症とは、膀胱と尿道の間にある「前立腺」が肥大して尿道を圧迫し、尿が出にくくなる疾患で、前立腺は、男性だけにある臓器です。膀胱から尿道に続く部分に取り囲むようにしてあり、前立腺液を分泌します。 前立腺液は精液の一部となり、精子の保護や精子の運動機能を助ける役割があります。 そのため前立腺肥大症は男性ホルモンと大きく関係し、中高年になって男性ホルモンを含む性ホルモン環境の変化が起こることにより発症すると考えられています。 前立腺肥大症は、実は多くの男性が悩む疾患で、厚生労働省の患者調査によると、年間40~50万人の方が前立腺肥大症で受診されています。 さらに、55歳以上の男性の5人に1人…

  • 家庭で作れる細胞が元気になるリンゲル液

    水が健康に果たす効果は絶大で、大人では体重の約6割、新生児では約8割が水分でできています。水に意識を向けずには健康を保てないのです。実際、体調に適した水を飲んでいるだけで、健康状態は驚くほど変わってきます。 人体の基礎である細胞は、細胞内液と細胞外液からできています。 この健康水は、細胞への出入りがスムーズにでき目為に、細胞外液には、ナトリウムが、内液にはカリウムが満たされています。 毎日の食事による栄養素は、ほとんどが大きすぎて、細胞には吸収されていません。 それが吸収されるのは、腸内の働きによる腸内発酵によってミネラルがイオン化したり、栄養素が単分子化されてミネラルと結合しているからです。…

  • 第7波のステルスオミクロンとは

    オミクロン株流行により、第6波が到来した日本ですが、現在また新たな新型コロナウイルス変異株が発見された事をご存知でしょうか。それはオミクロン株の亜種”ステルスオミクロン株(BA.2)現在流行中の型よりも感染力が強いそう。国内でも感染への懸念がますます強くなっています。 国内の症例のほとんどがオミクロン株(BA.1)ですが、GISAIDによるとステルスオミクロン株(BA.2)も日本を含む57か国で発見されており、デンマークではステルスオミクロン株(BA.2)がオミクロン株(BA.1)を上回って主流株です。 国内で主流となっているオミクロン株(BA.1)と比べて感染力が強いとみられていることから、…

  • 病気のデパートになる肥満

    肥満は、単純性肥満と単純性肥満の2つあり、単純性肥満は、体の機能障害や、特定の病気が原因になるわけではなく、摂取エネルギーが消費エネルギーを上回るために起こる肥満のことで、肥満の95%が該当します。 症候性肥満は、何らかの病気や、それに対する治療薬、体の機能の障害(脳の疾患からくる摂食障害など)、遺伝などが原因で起こる肥満。 症候性肥満は、原因となる病気の治療の方が優先であり、それが治れば肥満も解消します。 単純性肥満については、自分自身で生活習慣を改善していかないと、肥満の予防や肥満の解消にはつながりません。 特に現代は、簡単に食べ物が手に入るため摂取カロリーは増大しがちです。 その一方で、…

  • 癌闘病者が激痩せしない対策

    癌になると痩せるのは、がん細胞は通常の細胞と比べて、多くのエネルギーを消費するだけでなく、筋肉の中のたんぱく質を分解する栄養として成長していくため、筋肉量が減って痩せて行きます。 がん細胞は栄養を摂るために、タンパク質や脂肪を分解する物質を分泌して糖に変えたり、細胞同士でコミュニケーションを取るための物質の一つである炎症性サイトカインや細胞増殖因子などの特殊なタンパク質を放出したりすることで、周囲の環境を自分の都合のいい状態に変えていっているのです。 また、正常な体内の血管から新たな血管を形成し、そこから栄養と酸素を奪うなど、さまざまな代謝異常を引き起こしている状態なのです。 そのまま放ってお…

  • 糖尿病になるのは、フェカリス菌が少ない事が原因

    最近、糖尿病の研究で、糖尿病になると腸内細菌・乳酸球菌エンテロフェカリスが減っていることが分かり、減った乳酸菌エンテロフエカリス菌を増やせば、腸内バランスを回復し、進行を抑制してくれることが分かりました。 糖尿病になると、根本から治す治療はなく、食事療法・運動療法・インシリン注射や血糖値降下剤投与の薬物療法になります。 糖尿病になりますと、自律神経が失調、腸管の働きも悪くなって消化や吸収が悪くなり、結果、腸管内に食物の停滞なとが起こって腸内細菌が変化し、バランスが崩れてしまいます。 糖尿には、血糖コントロールするのに、腸内菌が深く関わっています。 米国のイリノイ大学の研究では、血糖コントロール…

  • 体のサビを防ぐシリカ

    「酸化」に関わる「活性酸素」は、万病の元ケイ素には、様々な働きがありますが、特筆すべき効果は「抗酸化作用が強い」ということです。活性酸素は、体外から侵入したウイルスや細菌から守ってくれます。 しかし、活性酸素が過剰に発生すると正常な細胞や遺伝子も傷つけてしまい、肌、血管、心臓などあらゆるものを酸化させ、身体の機能を乱します。 そして、肌ならシミやしわの原因にもなりますし、老化やガン、様々な生活習慣病の原因となってしまうのです。 つまり、酸化=老化なのです。 活性酸素は生きていれば、必ず発生します。 私たちは呼吸によって酸素を体内に取り入れていますが、エネルギーになるとき、そのうち約2%の酸素が…

  • 病気の発見を遅くらかす栄養ドリンク

    や栄養ドリンクは、いいところもあれば、悪いところもあります。真の健康を手に入れるには、生活習慣や考え方を変えることも欠かせません。薬漬け、化学物質漬けになることなく健康に生きるために役立つ知恵をご提案します。 成分表を見ればわかるように、栄養ドリンクは化学物質でできています。すべてといっていいくらい、化合物の寄せ集めなのです。私たちは化学物質を口に入れることにもっと神経質になるべきだと思います。 なかでも気になるのが糖分です。 たいていの栄養ドリンクには糖分が含まれていますが、これがけっこうな量なのです。 これを飲むことで疲れを取り除いて元気になっているわけではなく、今ある疲れを先送りにして、…

  • 癌再発や転移を緩和する舞茸パーワー

    舞茸に含まれる栄養素には、様々な健康効果がある言われ、古くから漢方薬として用いられ、現在では健康食品やサプリメントにも利用されているまいたけ舞茸、中でもガンに対する効果が注目され、医学的な研究・開発が進んでいます。 神戸薬科大学名誉教授 難波宏彰先生の御研究でマイタケの素晴らしい効果が発見され、マイタケは食物繊維を多く含んでおり、便秘を解消し不要なコレステロールの排出してくれ、さらに免疫効果を高めるβグルカンを多く含み、栄養補給としてすぐれた食品です。 キノコ類には多糖類であるβグルカンが含まれていますが、MDフラクションというマイタケだけに含まれるβグルカンには、細胞性免疫(マクロファージ、…

  • 癌細胞が嫌うニンジンジュース

    多くの野菜が抗ガン作用を持っていることは知られてきていますが、ゲルソン療法では特にニンジンジュースを大量に摂取します。それは、人参には抗がん作用のあるベーターカロチンとアルファカロチンなどの優れた栄養素が豊富にふくまれており、特にアルファカロチンは、ベータカロチンの2倍の抗ガン作用を持っていると言われ、発がん抑制効果はベータカロチンよりもはるかに強いという研究結果も出ているのだそうです。 米国立がん研究所も、がんの予防に1日に6mgのベータカロチンの摂取が望ましいとも勧めています。 1日に摂取する人参ジュースの量 症状によっても変わってきますが、1日数回に分け、1200cc~3000ccの量が…

  • 体のサビを防ぐシリカ

    「酸化」に関わる「活性酸素」は、万病の元ケイ素には、様々な働きがありますが、特筆すべき効果は「抗酸化作用が強い」ということです。活性酸素は、体外から侵入したウイルスや細菌から守ってくれます。 しかし、活性酸素が過剰に発生すると正常な細胞や遺伝子も傷つけてしまい、肌、血管、心臓などあらゆるものを酸化させ、身体の機能を乱します。 そして、肌ならシミやしわの原因にもなりますし、老化やガン、様々な生活習慣病の原因となってしまうのです。 つまり、酸化=老化なのです。 活性酸素は生きていれば、必ず発生します。 私たちは呼吸によって酸素を体内に取り入れていますが、エネルギーになるとき、そのうち約2%の酸素が…

  • 背中の毒素

    汚血は、背中が一番先にたまる場所で、背中のふくらんでいるところに汚血がたまっており、いわば背中が毒素のタンクのような状態になってしまいます。両肩を後ろ引けない、肩甲骨の形が見えにくいなどの状態になれば、そうとうな量の汚血がたまっていると言えます。 肩こり、肩甲骨の違和感や痛みがある方は、要注意です。 全身のむくみ、色素沈着は、警告サインで、全て異物によるものです。 汚血がたまると、できものができたり、内臓の炎症などを起こします。 合わない薬を摂り過ぎると、拒否反応で、にかゆみが起きます。 異物、とくに化学薬品、プラスチックが骨に人ると骨髄がんの発生原因になります。 牛や豚、鶏の肝臓や腸など内臓…

  • 腸が病気をつくる工場

    腸内は、健康維持する名医の揃った病院でもあり、病気をつくり出す工場にもなります。腸内細菌は、食べ物の消化、食中毒の予防、アレルギーの症状改善、そしてお肌の調子を整えることなど、私達の健康を維持するために活躍してくれています。 便に色をつけているのは「胆汁」で、胆汁は肝臓で作られ、一時、胆嚢にストックされて十二指腸に分泌されます。 この胆汁そのものは緑色ですが、ウンチに色をつけるのはビリルビンという物質で、酸性なら黄色、アルカリ性なら茶褐色の便になります。 この物質はウンチの酸度によって、アルカリ性なら黒ずんだ茶褐色、酸性なら黄色みを帯びたオレンジ色になります。 腸内にビフィズス菌や乳酸菌など有…

  • 臓器の機能低下を防ぐライスシリカ

    ライスシリカは、人間に必要不可欠な栄養素のひとつで、血液をサラサラにする効果と血管を強くする2つの効果があるため糖尿病の合併症予防に効果を発揮してくれます。糖尿病の治療には、食事療法や運動療法は絶対に欠かせない要素ですが、病院で指導を受けて糖尿病を改善できた人は、ほんの一握の人で、糖尿病で一番怖いのは、合併症で、失明の危険性がある網膜症、細胞が壊死してしまう神経障害、人工透析が必要になる腎症で、三大合併症の共通点はドロドロ血液と血管障害です。 血液中のブドウ糖の濃度が高い状態が続くために、毛細血管が詰まり破れると失明したり腎機能が低下し、毛細血管が詰まると細胞に酸素や栄養素が届かず細胞が壊死す…

  • 癌が年間で87万人の方が発症する日本

    国立がん研究センターの情報によりますと、年間で37万人の方が亡くなり、新たに87万人の方ががんと診察されています。 部位別年齢では、男性では、40歳以上が消化系(胃、大腸、肝臓)による死亡が多く、肺がん、前立腺がんが増えています。 女性の場合は、40歳代では乳がん、卵巣がんの死亡が多く、高齢になりますと消化系(胃、大腸、肝臓)と肺がんが増えています。 大腸がんと診断された患者さんの約4割は、健康診断(人間ドック含む)で指摘されるなど診断時に自覚症状がなかったという調査があり、早期の大腸がんは、自覚症状がほとんどありません。 死亡の原因は、がんでなく抗がん剤です。 1985年にアメリカで最も権威…

  • 体の機能の潤滑油の役目をするミネラル

    ガソリンがあっても、エンジンオイルがきれていれば車を動かすことができないのと同じで、潤滑油の役目をするミネラルが大切なのです。ミネラルを補充した位でがんを消滅させたりできるわけがないと多くの人は考えるかもしれません。 しかし、体の免疫力や抗酸化力や再生能力などは、必須ミネラルが不足していると満足に行なうことができないのです。 ミネラルは、体に備わった抗酸化酵素の働きを高めるために重要な働きをしています。 免疫力と密接に関連するミネラルに亜鉛があります。 亜鉛は、300種類もの酵素の働きに必要で、細胞の成長と分裂に重要なカギをにぎっているため、 亜鉛が不足すると免疫細胞の産生と働きがうまくいかな…

  • 痩せない「がん闘病者」の食生活

    がん治療中こそ、しっかり食べることが重要。たんぱく質や摂取エネルギーを増やし筋肉や体重を維持しましょう。がんになりますと、ほとんどの方が痩せて来ます。その理由は、がん細胞は通常の細胞と比べて、多くのエネルギーを消費します。 また、がん細胞は筋肉の中のたんぱく質を分解し、これを栄養として成長していくため、筋肉量も減ってしまします。 抗がん剤の副作用として起こる吐き気やおう吐、味覚障害のほか、不安などによって、食欲不振に陥る人が少なくありません。 体がやせていくと、筋肉量が減少し、全身のたんぱく質の量が減っていきます。 たんぱく質は体の組織や免疫に関わる物質の材料になるので、たんぱく質の量が減ると…

  • 悪玉コレステロールは悪者ではない

    コレステロールは低ければいいというものではありません。悪玉コレステロールだって一定量は必要なんです。悪者にされているコレステロールですが、実際には健康な体づくりと生命維持には欠かせない、とても大事な成分なのです。 人間の体は60兆個もの細胞からできています。 コレステロールはこの細胞を構成する「細胞膜」の材料であり、非常に重量な脂質の一種です。 ホルモンの材料になる体の機能を調節し、心身の健康を保つために重量なホルモンの材料になります。 副腎皮質ホルモンや、男性ホルモン、女性ホルモンが挙げられます。 胆汁酸の材料になります。 脂肪の消化吸収を助けるはたらきをもつ「胆汁酸」は、肝臓で作られます。…

  • 日本人の「がん死」の8割が栄養不足と肺炎

    がん患者はがんによって亡くなると思われていますが、実はがん患者の死因の8割になんらかの感染症が関連している可能性があります。感染症はがんによって引き起こされたものではなく、不適切な栄養管理による栄養不足が原因と考えられます。栄養不足で免疫力が低下し、健康な人なら何ともない弱い細菌に感染し、回復できずに亡くなるのです。 がん患者が亡くなる本当の原因が栄養不足であるという現実を知って頂ければ、もっと長生きできるはずです。 がんの患者さんにとって、良好な栄養素は 良好な栄養は、健康を維持するために重要です。がんの治療前、治療中、治療後に正しい種類の食事を摂ることができれば、患者さんはより快適かつ活動…

  • 小さくて数が多いほど免疫効果が高まる乳酸菌

    お通じの改善などを目的に、普段の食事に「乳酸菌」を取り入れている方も多いと思いますが、乳酸菌には、腸の免疫細胞を刺激して、「免疫力を高める働き」があることをご存じでしょうか。腸内細菌叢のバランスを安定させ免疫力を保つためには、善玉菌を増やす必要があります。 そこで、善玉菌を増やしてくれるプロテサン、食物繊維など善玉菌の餌になるものを取り入れます。 さらに近年では、感染症の予防や治療に、「薬」ではなく免疫力を高める「食品」を効果的に用いることが推奨されており、プロテサンが医療現場で注目されるようになってきました。 EPA、DHA、βカロテン、ポリフェノールという栄養成分の名前を聞いたことがあると…

  • 1週間に数回の空腹時間を設けるだけで健康になる

    1 日12〜16時間ものを食べない空腹の時間を、1週間に数回設ける食事法は、体に多くのプラス効果をもたらします。内臓を休める時間を確保できるので、内臓の消化・吸収・解毒・排泄機能が高まり、腸内環境も改善して免疫力も高まります。 従来の食事療法は、カロリー制限や糖質制限など、「食べるものの量や内容を制限する」方法が主流でした。 8時間食事術は「何を食べるか」、よりも「ものを食べない時間を増やす」ことに主眼を置いた食事療法です。 ファスティングは、細胞の質の劣化や病気を防ぐ食事療法として世界的に注目が高まり、ここ14〜15年で論文数が急増しました。 そうした最新の研究成果から、食べ物を口にしない時…

  • 前立腺がん末期症状から20日で回復

    私は、令和3年5月22日に大腸がんと前立腺癌末期がんであることを告げられました。 前立腺癌症状は、尿が出ぬ抜く、血尿、尿をするときは耐えがたい痛みがあり、1時間置きに回数が増えていました。 前立腺癌状況は、手術が困難なくらい癌が大きくなっていました。 前立腺血液検査、令和3年5月22日のPSAが4742ありましたが.7月2日の検査では、16.52Hに激減していました。 70歳の健康な方は、PSAの数値は4Hと言われています。 癌は、全身の骨に花火のように転移していてました。 4月初め頃から腰と胃に違和感がありましたが、コロナの渦でもあり、2か月に1度の診察の予定でありましたので、胃薬を飲んだり…

  • 健康は3歳までの常在菌で決る

    胎児期はなんの菌もいません。それもそのはず、お腹の中は無3歳までの食生活が大切で、私たちの腸には決まった菌が住み着いています。その菌の種類により、病気になりやすいか、病気をもらいにくいかが決定します。幼児期以降は、どんなに願っても常在菌を増やすことはできません。生まれてからわずか数年の間に一生を決める常在菌が決定します。菌状態の環境で赤ちゃんは育っていきます。 赤ちゃんが初めて菌に触れるのは産道を通る時です。産道に住み着いている無数の菌の中を通り、医師や看護師、お母さんなどから皮膚にいる菌をもらい、いろんなところを触りながら、だんだん増やしていきます。 胎児期は、無菌の状態ですが、赤ちゃんが元…

  • 花粉症改善に眠気が起きない乳酸菌

    2020年シーズンの花粉飛散傾向は、北海道は例年より非常に多く、東北ではやや多くなるでしょう。 一方、前シーズン比で見ると、九州や東北は地域差が大きく、四国、中国、近畿の飛散量は少なく、東海、北陸、関東甲信、北海道は前シーズンより多い見込みです。 九州や北陸、東北、北海道では非常に多く飛ぶ地域もある見込みです。 例年、スギ花粉は2月の中旬頃から飛び始めます。実際には2月の気温の影響を受けるので、暖かくなり始めたら注意が必要です。飛散開始日前でも少量の花粉が飛んでいる日があるので、敏感な人は反応して症状が現れます。花粉症と新型コロナウイルス感染症は、鼻水や咳など症状が類似しているので、症状が現れ…

  • 疲労を先送りする栄養ドリンク

    薬や栄養ドリンクは、いいところもあれば、悪いところもあります。真の健康を手に入れるには、生活習慣や考え方を変えることも欠かせません。薬漬け、化学物質漬けになることなく健康に生きるために役立つ知恵をご提案します。 成分表を見ればわかるように、栄養ドリンクは化学物質でできています。すべてといっていいくらい、化合物の寄せ集めなのです。私たちは化学物質を口に入れることにもっと神経質になるべきだと思います。 なかでも気になるのが糖分です。 たいていの栄養ドリンクには糖分が含まれていますが、これがけっこうな量なのです。 これを飲むことで疲れを取り除いて元気になっているわけではなく、今ある疲れを先送りにして…

ブログリーダー」を活用して、健次郎さんをフォローしませんか?

ハンドル名
健次郎さん
ブログタイトル
癌治療情報
フォロー
癌治療情報

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用