住所
大阪市淀川区
出身
港区
ハンドル名
狂志郎さん
ブログタイトル
居眠り狂志郎の遅読の薦め
ブログURL
http://pione1.hatenablog.com/
ブログ紹介文
晴読雨読、乱読遅読の独歩人生を送っております!
自由文
人との出会いはめっきり少なくなりましたが、新刊、古書を問わず本との逢瀬はこれからも大事にしていきたいと日々、思っています。
更新頻度(1年)

159回 / 563日(平均2.0回/週)

ブログ村参加:2017/07/10

狂志郎さんの人気ランキング

?
  • IN
  • OUT
  • PV
今日 01/22 01/21 01/20 01/19 01/18 01/17 全参加数
総合ランキング(IN) 27415 31014 27611 30845 30422 33491 33881 946554サイト
INポイント 20 0 10 0 10 10 10 60/週
OUTポイント 10 10 10 10 20 0 20 80/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
写真ブログ 1307 1401 1318 1380 1380 1515 1542 32979サイト
地域の歴史文化写真 2 4 2 4 4 5 5 35サイト
本ブログ 129 143 129 139 145 164 166 12361サイト
読書備忘録 12 15 14 15 15 17 18 790サイト
古本・古書 9 9 9 10 10 10 10 209サイト
今日 01/22 01/21 01/20 01/19 01/18 01/17 全参加数
総合ランキング(OUT) 50296 48614 44817 47086 44801 47064 43842 946554サイト
INポイント 20 0 10 0 10 10 10 60/週
OUTポイント 10 10 10 10 20 0 20 80/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
写真ブログ 1907 1870 1652 1751 1654 1744 1664 32979サイト
地域の歴史文化写真 5 4 4 4 3 3 4 35サイト
本ブログ 155 140 125 129 116 123 109 12361サイト
読書備忘録 19 18 18 21 19 20 19 790サイト
古本・古書 6 5 5 6 5 6 4 209サイト
今日 01/22 01/21 01/20 01/19 01/18 01/17 全参加数
総合ランキング(PV) 0 0 0 0 0 0 0 946554サイト
INポイント 20 0 10 0 10 10 10 60/週
OUTポイント 10 10 10 10 20 0 20 80/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
写真ブログ 0 0 0 0 0 0 0 32979サイト
地域の歴史文化写真 0 0 0 0 0 0 0 35サイト
本ブログ 0 0 0 0 0 0 0 12361サイト
読書備忘録 0 0 0 0 0 0 0 790サイト
古本・古書 0 0 0 0 0 0 0 209サイト

狂志郎さんのブログ記事

?
  • 離婚 色川武大

    色川武大と阿佐田哲也が同一人物だと知ったのはそんな昔のことではない。 阿佐田哲也は麻雀小説作家として有名で、阿佐田哲也は即ち「朝だ、徹夜」から来ているらしく、その道では著名な作家らしいが、今まで色川武大、阿佐田哲也名義の本は一冊も読んだことがなかった。 併し先日の古書市で、本書が第79回直木賞受賞作と知って買ってみたのだが、私にはどうとも言えない作品だった。 芥川賞受賞作品の中に、受賞評価の意味が分からず、首を傾げるような本は何冊かあったが、直木賞の中では初めてと言っていいほど、疑問に思ってしまうような小説だった。 まあ、はっきり言えば、これの何がいいの? 羽鳥誠一の家に、「わたしをお妾にして…

  • スカトロジア―糞尿譚 山田 稔

    以前、野坂昭如がテレビ番組でこんなことを言っていた。 友人が駅に向かう途中、逆に駅から出て来た自分好みの美人を見かけ、その美人の後を自宅まで着いて行ったらしい。 そして、玄関で呼び鈴を鳴らし、訪れた経緯を語り、こう言った。 「貴女のおしっこを飲まさせてください」 実話らしい。 誰もがとは言わないが私は糞尿に関する思い出が一杯ある。 古くは幼稚園時代まで遡ることも出来る面白い話もあるのだが、それらをここで書いても仕方ないので、ほんの一例を紹介したい。 中学を通じて仲の良かった藤〇という友達が居た。 あれは中1の頃だったか、当時の便所はまだ和式のぼっとん便所で、どちらが言い出したのか、一つの便器に…

  • 城ヶ島の雨

    少し前のことになるが、長い間、私の中でくすぶっていたある大きな疑問が解けた。『城ヶ島の雨』の歌詞にある「利休鼠の雨が降る」とは何のことか? 曲を聴いてもらいたい。 城ヶ島の雨 倍賞千恵子.flv 利休とはおそらく千利休のことだとは思っていたが利休鼠とは何か。それと雨とはどういう関係があるのか。 江戸の三大改革とは享保の改革、寛政の改革、天保の改革のことを指すが江戸時代を通じ度々、贅沢禁止令、つまり奢侈禁止令だが、太平の世が長く続いたことで町人にもゆとりが出来、贅沢が横行、幕府はあれやこれやでやたら禁止令を出す。その最たるものが衣服で、身分を厳格にするためにも必要な措置であった。 当時、庶民に許…

  • 一色文庫探訪記

    凡そ、1年ぶりに行って来た一色文庫。 私にとっては大阪で天牛書店に次いでNo.2の古本屋なんですが、上本町近くで少し家か ら離れていることと、積読本が溜まっていることもあって足が遠のいていました。 しかし、ご無沙汰も1年は長すぎるとあって昨日参上。 で、以上の12冊を購入。 店内はこんな感じです。 おかしなことにこの店は看板が出ておりません。 拘りなんでしょうね。 でも、バリアフリーというわけでなはなく、店長が椅子好みで、まずこんなに多くの椅 子がある古本屋はないというぐらい椅子が多いため、古本屋特有の下の本を見る時は 座って見れるので楽ちん。 疲れも少なく、私なんぞは一端行くと全部の本を見な…

  • 開くも閉めるも貴女の自由。

    Judson Baker Camila Cabello Debbie Harry 貴女方はなぜ、そんなに開くのか? どうして、そんなに挑発的なのか! 我々、農耕民族には刺戟が強すぎる。 だいたい、表情からして挑戦的。 キリスト教的タニマ・イズムと仏教的シットリ・イズム。 握手とお辞儀。 ハンバーガーと寿司。 鉄砲と刀。 騎士道と武士道。 エジソンと平賀源内。 ジョージ・ワシントンと神武天皇。 南北戦争と鳥羽伏見の戦い。 ハンク・アーロンと王貞治。 ロバート・デ・ニーロと緒形拳。 女性大統領なしと女性首相なし。 開け胡麻、まあ、どうでもいい。 開くも閉めるも貴女の自由。

  • ベルリオーズ回想録 丹治恒次郎訳

    先日、ある本の後書きを読んでいたら興味ある書物の存在を知ったので、早速Amazonで調べてみたら第一巻が¥9,795だが第二巻がない。 ではヤフオクはどうかというと、こちらの価格は全2巻で12,000円。 丹治恒次郎翻訳、1981年発行とある。 第1巻が348頁、第2巻は428頁。 レビューには。 「もしベルリオーズが文筆活動に集中していたら、音楽家以上の成功と 成果を得ていただろう」と同時代の評論家に言われたほどの文章力を誇るベルリオーズ。その彼が自らの歩みを書き下ろした音楽自伝。これがめっぽう面白い。 そして最後に! 「ただ難点は、この本が古本でしか入手できず、希少価値でバカ高いこと。自分…

  • ハチ公死す

    ハチ公の命日は昭和10年3月8日、おそらくこれはその日の写真だろう。 昔、一度だけ銅像の前で待ち合わせをしたことがあったが、あれは昭和22年に再建され たものですね。 しかし、日本では猫と言えば漱石、犬と言えば西郷さんだが、名前の付いたものではや はり忠犬ハチ公が一番有名ではなかろうか。 写真まで残されているのだから。

  • 倚りかからず 茨木のり子

    行方不明の時間 人間には 行方不明の時間が必要です なぜかはわからないけれど そんなふうに囁くものがあるのです 三十分であれ 一時間であれ ポワンと一人 なにものからも離れて うたたねにしろ 瞑想にしろ 不埒なことをいたすにしろ 遠野物語の寒木戸の婆のような ながい不明は困るけれど ふっと自分の存在を掻き消す時間は必要です 所在 所業 時間帯 日々アリバイを作るいわれもないのに 着信音が鳴れば ただちに携帯を取る 道を歩いているときも バスや電車の中でさえ <すぐ戻れ>や<今 どこ?>に 答えるために 遭難のとき助かる率は高いだろうが 電池が切れていたり圏外であったりすれば 絶望はさらに深まる…

  • 七人の侍 昭和29年放映

    世に、「鵯越(ひよどりごえ)の逆落とし」と言うが、将にこんなような光景だったのだろう。 この山を馬で駆け降りるのは、相当、熟練した人じゃないと難しい。 野武士たちは一斉に駆け降り、村に攻め入ろうとする場面があるが、あんなシーンが日 本映画で撮り得たなんて信じられない。 映画の中で野臥(のぶ)せりという言葉が出てくるが、いや見事な時代考証。 野伏せりとは、山野で落ち武者狩りなどを行う武装した民衆の呼び名で、亦の名を野武 士という。

  • ゴーギャンの手紙 東 珠樹訳

    1895年 何と言っても日記や手紙などは、本人が書いているだけあって第一級資料なのだが、書き送った全ての手紙を読むのはかなり骨が折れる。 現在ではメールやラインなどがあるので、あまり手紙を書くことがなくなったが、仮に書いたとしても、多くて便箋5枚から10枚あれば充分だと思うが、時にゴーギャンは興が乗ると、とにかく長い、いや、どうしてもこれだけは言って置かなければと決めたら長くなるのか、これでは送られた方も大変だが、読み手の私も大変だ。 その手紙内容を大まかに分けると、哲学的な芸術論と金銭に関する問題が多く、読み進めていくうちに、こんな言葉を思い出した。 天才ゆえの傲慢は許容する、というのが、ま…

  • 1912年4月10日 サウサンプトン港の出航後

    タイタニック号がサウサンプトン港の出航したのが1912年4月10日。 4月14日23時40分、見張りが450m前方に高さ20m弱の氷山を肉眼で捕捉。 上の写真はタイタニック号最後の姿で、ボートが写っていることからして出航後間もな いものだと思われる。 まさか沈むはずのい世界最大の豪華客船に、そのまさかが起きるとは!

  • キルスティン・ダンスト 1982年4月30日-

    キルスティン・ダンストさん、貴女みたいな一見、真面目そうで清純なイメージのある 方でもアルコール依存症やうつ病の治療をしているのですか。 分からないものですね! それに男性遍歴もそれなりにあるようですし。 まあ、それはハリウッド女優ですから当然といえば当然ですが。 しかし、『スパイダーマン』を見た時の貴女にはイマイチ興味が湧きませんでしたが、 考えを改めます。 改めてここに交際宣言をしたく思いますので、ひとつ御一考願いますでしょうか。 連絡、お待ちしております。

  • わたしの渡世日記 高峰秀子

    高峰秀子が出演した昭和14年の『われ等が教官』という映画の中で、琴を弾く場面があるらしい。 それがため稽古として連れて行かれたのが誰あろう検校、宮城道雄であったという。 少し長いが彼女の文章を引用させてもらって、そのあたりを紹介したい。 ある日、私は東宝音楽部の一人に付き添われて自動車に乗せられ、牛込の、ある日本風の家の中に放り込まれた。十畳ほどの薄暗い部屋に通され、しばらくして目が慣れると、琴が二面並んでいるのが見えた。 やがて、女の人に手引きされて和服姿の中年の男性が、「ハイ、こんにちは」と言いながら現れた。 その顔を一目見た私は仰天、絶句した。 私と向かい合って琴の前へピタリと正座したそ…

  • Carly Simon  ♬You're So Vain

    Carly Simon - You're So Vain (Live On The Queen Mary 2) 1971年、古い話ですね! 世はハードロック時代と思いきや、雨後の筍のように、地味に芽を出して来たんのがシ ンガーソングライターというジャンル。 ジェームス・テーラー、アルバート・ハモンド、キャロル・キング、ジョニー・ミッ チェルなど、72年にかけていろんなアーティストが出て来た。 中でもこの人、あのノーブラのジャケットで一世を風靡したカーリー・サイモン。 この曲『うつろな愛』が大ヒット、しかし、なんと、彼女はジェームス・テーラーと結 婚し、ノーブラの中身はジェームスの物に。 そんな…

  • 誰がリンドバーグの息子を殺したか ルドヴィック・ケネディ

    ジェームズ・スチュワート主演の『翼よ、あれがパリの灯だ』は有名な映画なので観た人も多かろう。 5月21日は「リンドバーグ翼の日」と言われているが、1927年5月20日の早朝7時52分、ニューヨークを飛び発ったスピリット・オブ・セントルイス号は、33時間30分後の5月21日にパリのル・ブールジェ飛行場に着陸、25歳の無名青年が単独大西洋無着陸横断飛行に成功、この世界初の快挙が映画化されたものだ。 英雄の凱旋に大統領がわざわざ軍艦を差し向けたほどで、ニューヨークのパレードでは1800トンもの紙吹雪が舞ったとか。 その英雄の一人息子が、1932年3月1日に身代金目的で誘拐され殺害されるという痛ましい…

  • 川瀬巴水 明治16年5月18日-昭和32年11月7日 74歳

    いいですね、失われてしまった古き良き日本の伝統と様式美。 昭和の広重、近代風景版画の第一人者でもあるそうです。 心のバランスを取り戻すよう、そんな図柄ですね。

  • 沖縄県民斯ク戦ヘリ 太田洋三

    沖縄の地に初めて足を踏み入れたのは2001年の梅雨時だった。どうしても見ておきたい場所があるので是が非でもという思いで出かけ、飛行場からホテルに直行、チェックイン後に即タクシーに乗り込み。 「どちらまで」「海軍司令部壕へ」 沖縄の海軍司令官だった大田実少将の最期の地をこの目で確認したかった。大田少将について書かれた本はそれほど多く出版されていないが、有名な電文「沖縄県民斯ク戦ヘリ」に関するこの本を読んで一層思いが募った。 写真は私が写したので少し分かり難いが、この部屋で幕僚たちは手榴弾自決したらしい。壁には当時出来た破片の痕が今も生々しく記憶を留めている。右側が白いのは手前の壁で、部屋の中に入…

  • 青春の待合室

    昔、「カップル喫茶」というものが流行った時期があった。 まだ未成年だった私は興味深々だがなかなか入ることが出来ない。 しかし、年上の恋人が出来、わざわざ浜松までカップル喫茶目当てに行ったことがあ る。 中は薄暗いが、特別どうということはない。 ただ、椅子の背もたれが高く、シートの入口も狭く、他の客から見えないような間仕切 りになっているだけで、客はみんなこそこそ話している。 そんな場所なので精々、キスをするぐらいで喘ぎ声などは何処からも聞こえて来ない。 まあ、オッパイぐらいは揉んでいるだろうが(失礼) で、私たちはどうしたかといえば、そこから先の事が記憶にない。 いやホント、肝心なことを隠して…

  • 追悼の達人 嵐山光三郎

    正岡子規 / 尾崎紅葉 / 小泉八雲 / 川上眉山 / 国木田独歩 / 二葉亭四迷 / 石川啄木 / 上田敏 / 夏目漱石 / 岩野泡鳴 / 森鴎外 / 有島武郎 / 滝田樗陰 / 芥川龍之介 / 岩山牧水 / 小山内薫 / 内田魯庵 / 岸田劉生 / 田山花袋 / 小林多喜二 / 巌谷小波 / 宮沢賢治 / 竹久夢二 / 坪内逍遥 / 坪内逍遥 / 与謝野鉄幹 / 鈴木三重吉 / 中原中也 / 岡本かの子 / 泉鏡花 / 萩原朔太郎 / 与謝野晶子 / 北原白秋 / 島崎藤村 / 幸田露伴 / 横光利一 / 太宰治 / 林芙美子 / 斎藤茂吉 / 堀辰雄 / 高村光太郎 / 永井荷風 / 火…

  • 手錠のままの脱獄 1958年アメリカ映画

    The Defiant Ones (1958) - Chasing the Train Scene (9/9) | Movieclips 手錠で互いに繋がれた黒人と白人の二人の囚人が、当初は激しく反目し合いながらも絆 を深めてゆく姿を描く、本当にいい映画でした。 主演はシドニー・ポワチエとトニー・カーティス。 シドニー・ポワチエは黒人初のアカデミー賞主演男優賞に輝いた俳優で、彼の演じる役 はどれも素晴らしく、黒人俳優がハリウッドで生きて行く手本を作ったような人でしたね。 私の好きな映画は! 『野のユリ』 『夜の大捜査線』 『招かれざる客』など。 逆にトニー・カーティスは。 『空中ブランコ』 『…

  • 落日燃ゆ 城山三郎

    昔、滝沢修さん主演のスペシャル番組『落日燃ゆ』を見たのが弘田弘毅を知るきっかけだった。 番組放映はいつだったか、調べてみると昭和51年とある。 A級戦犯7人のうち、ただ一人文官として処刑された弘田弘毅。二・二六事件後に首班指名された総理大臣で、外務大臣には4回就任している。政治的なことはあまり書かないが、私から見ても何をか況やの判決だった。 奥さんの名は静子、父は月成功太郎といって、大隈重信襲撃事件では必ず名が出てくる。 静子が巣鴨プリズンに収監されている夫を面会したのは昭和21年5月17日。翌18日払暁、藤沢市鵠沼の別邸で自害された。裁判の行方を見ることなく自害されたのはよくよくのことだろう…

  • 1934年7月1日 ダッハウ強制収容所

    突撃隊幕僚長エルンスト・レームは結局ダッハウ強制収容所内で射殺されてしまった。 ナチが政権獲得に至るまでの貢献は計り知れないが、国防軍との対立が激しい突撃隊の 排除に乗り出したゲーリング、ハイドリヒ、ヒムラーらの謀略で200人以上の突撃隊幹 部、政敵、反ヒトラー分子らが捕えられ、親衛隊の超法規的措置で法的手続きを経るこ となく処刑されている。 これが所謂「長いナイフの夜事件」でルキノ・ヴィスコンティが『地獄に堕ちた勇者ど も』(1969伊・西独) として映画化している。 主役はダーク・ボガードだがヴィスコンティお気に入りのヘルムート・バーガーもしっ かり出ている。 ともあれ、生前、レームはこん…

  • 安城家の人々 里見 弴

    志賀直哉が山の手線の電車に跳ね飛ばされて重症を負ったのは大正2年8月15日。 東京・芝浦海岸納涼祭の帰り道で、その時、同道していたのが里見 弴、二人の付き合いは60年はあっただろうか。 療養のために訪れたのが城崎、或いはこの怪我がなければ名作『城崎にて』は書かれることがなかっただろう。 里見 弴は有島武郎の弟で武者小路らと共に白樺派のメンバーだが、現在では里見の小説が読まれることはあまりない。 文庫でも岩波と講談社文芸文庫だけが扱っている。 だが『安城家の兄弟』は絶版で古本屋でもよほど運が良くなければ巡り合えない。 著者里見弴は通俗小説に手を染めたが故に、その芸術的価値が下がったとも言われてい…

  • エヴァ・グリーン 1980年7月5日-

    エヴァ・グリーンさん、貴女が何人か分からないエキゾチックな顔立ちは、色んな国の 血が混ざりあって出来たものなんですね。 国籍はフランスということですが、父親はスウェーデン人、母親がアルジェリア人、な るほど、それで合点がいきました。 その冷たく悪女っぽい眼差しで男どもは射抜かれ、見事なプロポーションに 誰もがひれ伏し、颯爽と肩で風を切るようにして歩く貴女に皆が夢中でしょ。 よく分かります。 どこかベドウィン族を思わせるような戦闘的な女性ですよね。 この私、混じりっけのないジャパニーズです。 ジャニーズでもジャパネットでもない平凡な男、どうですか、たまには有名人じゃない 凡人と付き合ってみません…

  • 氷壁 井上靖

    名作『しろばんば』『あすなろ物』もいいが『氷壁』は素晴らしい。いつだったか、井上さんの死後、伊豆の生家を訪ねたことがあった。 或いは、今少し長命ならばノーベル文学賞を受賞したかも知れないというほどの人だったが、2012年3月の読売新聞取材によると、ノーベル委員会のペール・ベストベリー委員長の証言から、安部公房は「急死しなければ受賞していた」というほど賞に迫っており、井上靖も有力候補として「真剣に討論されていた」ことが明らかになっていると発表されたことで溜飲が下がった思いだ。 他に、谷崎潤一郎、三島由紀夫、井伏鱒二、遠藤周作の名も散見されるが、賞は獲らなくとも優れた日本文学が世界に紹介されるのは…

  • Despacito ♬ JeA with Juwon Park

    Despacito - JeA with Juwon Park (Offical Video) (Cover) プエルトリコ出身のシンガーLuis Fonsi(ルイス・フォンシ)が歴代最多記録に並ぶ16 週連続全米No.1、 史上最大のラテン・ヒット曲を韓国のポップグループBrown Eyed GirlsのJeAがカバー。 これがまた何ともセンシュアル! 惚れてしまうようなスペイン語のボーカルが魅了する。 因みにDespacito(デスパシート)とはスペイン語で「ゆっくりと」という意 味になるらしい。

  • 夢二と久允:二人の渡米とその明暗 逸見久美

    翁 久允(おきな きゅういん)などという作家の名をこれまで聞いたことがないが、竹久夢二と深く携わった人物だとか。 著者の逸見久美は久允の娘さんで日本近代文学研究者、現在92歳。 本書は2016年発行とあるが、先日の阪神古書ノ市で、この際だからと籠に入れたはいいが、よく考えたら誰が読むんだというような代物だった。 長く渡米中だった久允が夢二を知るそもそものきっかけは、兄が博文館に就職した記念に夢二の『三味線草』を送ってくれたことに始まる。 絵と詩と文に魅力を感じた久允は友人らに盛んに吹聴していたらしいが、帰国してみると、夢二は日本のジャーナリズムからすっかり影を消していた。 そればかりか悪評も盛…

  • ジョゼフ・デュクルー 1735年6月26日-1802年7月24日

    《自画像》(1793年) 《あくびをする自画像》(1783年) 《内緒》(1790年) ユニークな肖像画を描く画家として有名だったらしいが、確かにこんな肖像画を見たこ とがない。

  • アルコール樽

    アルコール樽を燃やすとあるが、いったい、どうやって積んだの?

  • 燃えよドラゴン 1973年製作

    Bruce Lee vs Robert Wall 昭和48年、この映画、このシーンには驚いた。 日本国中に多くのブルース・リー・ファンが湧き出た瞬間で、私もそのひとり、どうし ても当時の彼女に見せたくて再度一緒に見に出かけたほど夢中になってしまった。 然しだ、その後、週刊誌などで既に映画が放映された時点でブルース・リーは死んでい ると報道され、そんな馬鹿なと暫くは信じなかったが、やはり噂は本当で、折角、ハリ ウッドで成功したと思った矢先に死亡とは、本当にがっかりしたものだ。 だが、彼の魅力は永遠に不滅、いつ見ても色褪せない場面だ。