searchカテゴリー選択
chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

さすらいの論理ウルフさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

教師の力量を上げるためには学ぶことの楽しさを実感することが重要です。また、我以外皆師という意識で、あらゆる物・人から学ぶ姿勢を持たなくてはなりません。このブログでは、教師を30年近く続けきた私がさらに学び続けている様子を記録として綴っていきます。

ブログタイトル
教師ならではの知的仕事術
ブログURL
https://kyousinomanabi.exblog.jp/
ブログ紹介文
学び続ける教師を目指して、日々考えていることや授業実践・執筆活動などを綴っています。
更新頻度(1年)

101回 / 365日(平均1.9回/週)

ブログ村参加:2017/05/14

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、さすらいの論理ウルフさんをフォローしませんか?

ハンドル名
さすらいの論理ウルフさん
ブログタイトル
教師ならではの知的仕事術
更新頻度
101回 / 365日(平均1.9回/週)
フォロー
教師ならではの知的仕事術

さすらいの論理ウルフさんの新着記事

1件〜30件

  • 「やまなし」物語の構造の読み取りを転移させる

    勤務校はコロナ関連の休校やら午前中授業やらが続いていて、本日からようやく半分普通の状態になった感じ。国語の授業が後回しになってしまい、「やまなし」の授業は...

  • 無謀な研究に陥らない

    「主体的・対話的で深い学び」この授業はレベルが高い。校内研究で扱うには相当高い位置にある授業です。そう簡単には実現できません。それをやろうとするには、相当...

  • 難教材「やまなし」に挑む②~読み深めのための準備~

    「やまなし」の授業第1時。<表層の読み>では子どもたちに感想を書かせた。1.印象に残った場面とその理由2.「おもしろい書き方だな」と思った箇所3.分からな...

  • 「深い学び」とは?~イメージできないものを目指すの?~

    主題研究会の中で意見を述べた。それは「主体的・対話的で深い学びのある授業」というサブテーマの「深い学び」のところを別の、もっとレベルを落とした用語に替えて...

  • 難教材「やまなし」に挑む①

    「やまなし」の授業をするのは教員になって初めてである。授業するのは初めてだが、小学6年生の時の読んで授業を受けた。教師になってからは全国のいろんな国語教師...

  • 週末の勉強あれこれ

    コロナ禍であり、外出も気を遣う昨今。土日も家に籠っている。しかし、課題になっている勉強や仕事に取り組める環境にあるのはいい。土曜日はオンラインの教育講演会...

  • 読解指導の視点がずれている

    『指導と評価』8月号は読解力がテーマである。各論を読みながら、頷く点多々あり。いくつかを抜粋。犬塚准教授の論文より→読むことを「情報が頭の中に自然と注入さ...

  • <他律的自律>の教え

    明日から授業が始まります。いつもなら「長い夏休みだったのに、どうして〇〇や〇〇をしなかったのだろう」と後悔することも多いのですが、今年はそうでもありません...

  • 「読み」の授業研究会(2日目)の学び

    夏の大会2日目は午前中開催でした。今日は以下の講座を受講しました。①入門講座2:「対話的な学び」を最大限に生かした説明文・論説文の授業づくり―教材「こまを...

  • 「読み」の授業研究会(1日目)の学び

    「読み」の授業研究会の夏大会(オンライン開催)が、今日から2日間の日程で始まりました。1日目は次の講座・講演がありました。①入門講座「対話的な学び」を最大...

  • Q―U+学級力アンケートを使う

    御馴染みのQ-Uに次のアンケートもプラスすれば、自分の学級の実態がよく見えます。学級力アンケート・学級力レーダーチャート教師はいろんな実態把握方法を学んで...

  • 大会までの事前勉強

    昨日は2回目のコロナワクチン接種の日でした。その日は何ともなかったのに、今朝は腕の痛みと倦怠感・関節痛で体調悪し。まだ夏休み中ですから、とにかく家で読書し...

  • 「読み」の指導を深める

    8月下旬に行われる「読み」の授業研究会・第34回夏の大会のテキストが届いた。書名は「国語の授業で『対話的な学び』を最大限に生かす」である。分科会や講演で参...

  • <深い学び>って何?

    雑誌『教師のチカラ』の夏号では鉄板のテーマ「主体的・対話的で深い学びの授業」を特集している。中心となる提案内容は<深い学び>にするための授業のあり方である...

  • 生徒指導・教育相談の分野は学びの必須領域

    今朝、放送大学で講義授業が終了しました。7月中旬からほぼ毎日、30時間40講義を地道に聴いて、ノートにまとめてという勉強を続けてきました。自分にとっては役...

  • 夏季休業中は展覧会を回ろう

    平日に1日休んで動き回ることができるのが夏季休業中の醍醐味です。できるかぎり、普段は行けない場所に行って修養に励もうと思っています。(しかし、コロナの影響...

  • 木梨憲武展から学ぶ

    日曜日は美術館へ行った。著名な木梨さんの展覧会である。展示されている作品の多様さ・量に圧倒された。これほど創作活動にも打ち込まれていた方だったのかと。どの...

  • 道徳の教材開発の神髄を学ぶ

    初めて自宅でオンライン研修を受けました。眠くもならず、充実した時間となりました。今回は自作教材の道徳授業の紹介があり、バラエティ溢れる各授業を知ることがで...

  • 附属池田小事件の教訓を生かしての研修

    夏季休業中の研修の1つに「不審者対応研修」を組みました。これは学校保健安全法の中で義務化されているものの1つです。そもそも、学校保健安全法の誕生は20年前...

  • クワイエット・プレイス2

    映画を見に行った。クワイエット・プレイス~破られた沈黙~1作目よりも更に面白い内容だったと思う。映画を見終わって、この映画は全体構想の一部しか映像化されて...

  • 夏休み前半は教員免許更新講習で学び直し

    教育現場では悪名高い教員免許更新講習が廃止されるというニュースを見て、正直腹が立った。こうなることを10年前には予測できなかったのかと。更新制が始まった1...

  • 夏休みに入る前の仕事あれこれ

    1学期前半の最終日。午前中授業だったため、朝から結構な過密スケジュール。学校に着いて最初に大ポカ。学級通信データを入れたUSBを忘れていることに気付き、1...

  • 読書で謎を解く

    歴史の授業をしていて、いつも疑問に感じていたことがあります。それは、「なぜ日本古代は奈良が中心で、その後は京都が中心になったのか」という疑問です。ある節に...

  • サークルで考え、議論する

    月1回のサークルがありました。最近メンバーの参加が少ないため、一人一人のレポートにじっくり時間をかけて検討できます。(もちろん、参加が多いときもメリットは...

  • ビフォーアフター習字

    習字の時間は専科が担当している。授業が終わると担当教師が作品にコメントを書いて、廊下に習字作品が掲示されている。本年度はその掲示とは別にビフォーアフターの...

  • 読書習慣を身に付けよう

    読書調査をみると日本人の約5割は月に1冊も本を読まないらしい。それに月に1~2冊を入れると全体の8~9割になるというから驚きである。つまり5~6冊読む人や...

  • 知識は大事

    人間はコンピュータには勝てない。それゆえ知識を習得するのは得策ではなく、考える力を育成すべきだ。こういう説を主張する教育者がいる。それが高名な学者であるほ...

  • 子どもたちに言われて嬉しいこと

    6年生3学級の社会科授業を受け持っています。毎時間、これに力を注いでいます。特に自分の学級以外は社会科授業だけが大きな接点ですので、授業がまずいからといっ...

  • かくれたカリキュラムを発動させない~生徒指導通信より~

    今月は廊下歩行指導が重点目標となっています。(廊下歩行は昨年度から本校の課題ですので、6月が終了しても継続指導していきます。)さて、目標に掲げた「静かに・...

  • サークル6月例会のまとめ~1つ1つの実践をつぶさに検討する~

    昨日は2か月ぶりの日向教育サークル例会日。2時から5時半までレポート検討を行った。今回は欠席が多く、5名での例会となった。少ない人数でやると1つ1つのレポ...

カテゴリー一覧
商用