プロフィールPROFILE

たまごさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
宇宙即我日記
ブログURL
http://tamago0141.hatenablog.com/
ブログ紹介文
宇宙の法則に沿って生きるための日記。
更新頻度(1年)

340回 / 340日(平均7.0回/週)

ブログ村参加:2016/05/28

たまごさんのプロフィール
読者になる

たまごさんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 12/07 12/06 12/05 12/04 12/03 12/02 全参加数
総合ランキング(IN) 15,096位 15,604位 14,665位 17,696位 17,758位 16,718位 16,782位 980,055サイト
INポイント 0 20 40 20 10 10 10 110/週
OUTポイント 10 20 60 30 50 20 20 210/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
哲学・思想ブログ 241位 245位 219位 268位 269位 257位 258位 13,141サイト
引き寄せの法則 28位 29位 26位 29位 32位 30位 27位 1,199サイト
今日 12/07 12/06 12/05 12/04 12/03 12/02 全参加数
総合ランキング(OUT) 24,030位 25,380位 26,602位 28,995位 28,233位 32,080位 31,135位 980,055サイト
INポイント 0 20 40 20 10 10 10 110/週
OUTポイント 10 20 60 30 50 20 20 210/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
哲学・思想ブログ 252位 269位 281位 302位 295位 331位 321位 13,141サイト
引き寄せの法則 31位 34位 37位 40位 40位 45位 44位 1,199サイト
今日 12/07 12/06 12/05 12/04 12/03 12/02 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 980,055サイト
INポイント 0 20 40 20 10 10 10 110/週
OUTポイント 10 20 60 30 50 20 20 210/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
哲学・思想ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 13,141サイト
引き寄せの法則 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 1,199サイト

新機能の「ブログリーダー」を活用して、たまごさんの読者になりませんか?

ハンドル名
たまごさん
ブログタイトル
宇宙即我日記
更新頻度
340回 / 340日(平均7.0回/週)
読者になる
宇宙即我日記

たまごさんの新着記事

1件〜30件

  • 深い海のような静けさ

    ヨグマタ相川圭子著 宇宙に結ぶ「愛」と「叡智」 頁24に、『心が欲望を満たしても、まもなく欠乏してイライラし、平和でなくなる、そうしたことを繰り返しています。 平和は、もっと深いところからやってきます。 そこには深い海のような静けさがあります。 そうした平和を手に入れなければ、束の間の平和は、何かあるとすぐに心が波立つ海のように揺れ動いて、平和ではなくなってしまうのです。』とある。 自分が自分だと思い込んでしまっている自分(偽我)に意識が向いていると、過去の記憶や頭にインプットされたものに囚われて、「こうしなければ・・・」「ああしなければ・・・」というもので、自分で自分を縛ってしまう。 視野が…

  • 周りの人が喜ぶ行為をする

    ヨグマタ相川圭子著 宇宙に結ぶ「愛」と「叡智」 頁21に、『自分では気づかずに、心の奥深くに常に恐れと不安を抱え、虚勢を張って生きています。 心身を正しく使っているようであっても、それは正しく使われず、恐れからの欲望に翻弄され、たとえその時は便利な良いものであっても、どこかで障害になるものをつくっているのかもしれません。 もっと知恵ある人、愛ある人となって、神の意図に沿って生きていくのです。 もっと正しく心身を使い、自分のエゴが喜ぶためではなく、周りの人が喜ぶ行為をしていくとよいのです。 そのためには、思考と言葉と、体の使い方において良い行為をしていきます。』とある。 自分が自分だと思い込んで…

  • 永遠の存在に出会う

    ヨグマタ相川圭子著 サマディ 頁309に、『人は神のように力を得て豊かな社会をつくっています。 しかしそれはほんの短い時間の楽しみです。 それは真理ではありません。 真理はあなた自身なのです。 あなたが外につくってきたいろいろなものは、すべて変わるものなのです。 「永遠の存在」はあなたの中にあります。 あなたは自分の気づきの力を進化させます。 それが成功する生き方なのです。 ヒマラヤ秘教の教えはあなたを「本当の自分」に出会わせていく教えです。 そしてディクシャはあなたを神につなげます。 ディクシャは気づきを早めます。 マスターのエネルギーで神につながります。 すべての肉体、アストラル体、コーザ…

  • ほんとうに心と体が軽くなる

    ヨグマタ相川圭子著 サマディ 頁301に、『そして、ヒマラヤ秘教の道を進んでいただくと、命の洗濯をし、カルマを浄化し、ほんとうに心と体が軽くなり、とらわれのない自然な人になっていくのてす。 内側が浄められ、内側から豊かさが湧き出でて楽になるというのが、ヒマラヤ秘教の何よりもの恩恵です。 それは何かを持ったということではなく、あなたの質が、神のパワーによって変わることで、よりよいものを生み出す力をいただけるからです。 すべての願いを叶える神とダイレクトにつながる関係になるからです。』とある。 自分が自分だと思い込んでしまっている自分(偽我)に意識が向いていると、過去の記憶や頭にインプットされたも…

  • 純粋な心を得る

    ヨグマタ相川圭子著 サマディ 頁298〜299に、『そのなかでヒマラヤ秘教は、内側を変容する実践の教えです。 また生きたシッダーマスターのブレッシングで、見えないところが浄められていきます。 真理につながり、さらにそれを実践し、そして真理そのものになり、体験する、その過程で、苦しみから解放されていく道です。 そしてこれらのことを、最速で起こしていく道です。 変容が進み、自分でも見えないカルマが浄化され、運命が改善されます。 ヒマラヤの恩恵をいただき、生まれ変わることができます。 純粋な心を得て、あなたの願いが叶っていきます。』とある。 自分が自分だと思い込んでしまっている自分(偽我)に意識が向…

  • 集合意識のレベルから浄化する

    ヨグマタ相川圭子著 サマディ 頁294に、『先祖も、「本当の自分」を知ることなく、心で頑張って、ときに苦しみ、生き抜いていったわけです。 誰もがその中に、執着や無念さを残していることと思います。 生きている者の務めとして、先祖を浄めることも大切です。 なぜなら潜在意識で、先祖とは、深くその思いがつながっているからです。供養をして浄めることで、先祖の魂も救われます。 さらに望まれることは、あなたが潜在意識を浄め、さらには集合意識のレベルから、浄化して魂を浄めることです。 そのことで、先祖の魂も自由になるのです。』とある。 自分が自分だと思い込んでしまっている自分(偽我)に意識が向いていると、過去…

  • バランスのとれた成長が必要

    ヨグマタ相川圭子著 サマディ 頁293に、『浄化を行わない状態での願いは、バランスをとるために、やがてマイナスのエネルギーとなって返ってきます。欲に偏った願いは、さまざまな禍をもたらしていくでしょう。 自己を見つめ、反省し、浄め、目覚めさせる、バランスのとれた成長が必要なのです。 仏様や神様のご利益は、信仰の結果として、自然にもたらされるものであって、ご利益しか頭にないようでは、残念ながら信仰とは言えません。 源の豊かさにつながってこそ、すべてが満たされていきます。 そのためには、単なる金運のみでなく、才能の豊かさも必要であり、性格の豊かさも必要なのです。』とある。 自分が自分だと思い込んでし…

  • 内側を輝かせる

    ヨグマタ相川圭子著 サマディ 頁290に、『「本当の自分」に出会うというのは、何かもっと自分に合った仕事を見つけ出すとか、自分にはもっとやりたいことがあるのではないかと、模索するようなマインドのレベルではありません。 迷いのない確固たる魂に還っていく、本当の存在に還っていくということなのです。 それは、心をただチェンジするということではありません。 心身を浄化して、気づきを深めていきます。心を超え、そして体を超えて源に達し、内側を輝かせるということです。』とある。 自分が自分だと思い込んでしまっている自分(偽我)に意識が向いていると、過去の記憶や頭にインプットされたものに囚われて、目の前の現象…

  • 深い内側から満たされる

    ヨグマタ相川圭子著 サマディ 頁289に、『いろいろ優しい言葉をかけてもらっても、おいしいものを食べても、楽しいことをしても、それは深いところからの満足ではなく、一時的な心の喜びに過ぎません。 どんなに美しいものを見たり、いい音楽を聴いたり、愉快におしゃべりをしても、それは心の幸せに過ぎないのです。 外からのものは、はかなく消えてしまい、深い内側から満たされることはありません。 あなたは心を浄化し、それを超えてはじめて、何ものにも揺るがない人物になっていき、そして大安心をいただくことができるのです。』とある。 自分が自分だと思い込んでしまっている自分(偽我)に意識が向いていると、過去の記憶や頭…

  • 永遠のものでない心を超える

    ヨグマタ相川圭子著 サマディ 頁285に、『私たちは、見えない存在によって支えられています。遥か彼方から送られてきたその源につながり、そこに還っていきます。 すべてを満たしてくれる本当の自分、本来の全体の自分と出会います。 そのことで、内側から成功や幸せを達成するすべてのものが得られるのです。 そこに物事を成就するパワーや知恵や愛が、湧き出てきます。 私たちはいったい誰であるのかを知り、本当の自分に還っていきます。 魂と一体になっていきます。 変化し、永遠のものでない心を超え、体を超えることができなければ、真の安らぎが生まれることはありえません。』とある。 自分が自分だと思い込んでしまっている…

  • 真の自己に出会う

    ヨグマタ相川圭子著 サマディ 頁274に、『自分はいったい誰であるのか。 浄化を進め、真の自己に出会いましょう。 そしてまた体に戻り、心に戻って、それを上手に活用して、本当の自分が、心と体のマスターになりましょう。 心と体に使われて、その奴隷になってはいけません。 自分の心に翻弄されて悩んでいるのではなく、心も退けて、神のような人になっていくことが肝心なのです。』とある。 自分が自分だと思い込んでしまっている自分(偽我)に意識が向いていると、過去の記憶や頭にインプットされたものに囚われて、「こうしなければ・・・」「ああしなければ・・・」というもので、自分で自分を縛ってしまう。 視野が狭く、物事…

  • マントラの波動を育んでいく

    ヨグマタ相川圭子著 サマディ 頁271に、『心の中には、いろいろな恐怖があります。 なかでも、失う恐怖というものが大きいわけです。 瞑想をし、マントラの波動を育んでいきますと、恐怖につながらなくなります。 さまざまな原因のわからない恐怖と不安もなくなっていきます。 聖なる波動は神に通じる波動です。 心のレベルのエネルギーではなく、異なる次元のエネルギーなのです。 根元に通じる、パワフルな波動のエネルギーですから、楽になることができます。』とある。 自分が自分だと思い込んでしまっている自分(偽我)に意識が向いていると、過去の記憶や頭にインプットされたものに囚われて、目の前の現象に振り回されて、エ…

  • 根源の不安を解消する

    ヨグマタ相川圭子著 サマディ 頁267に、『必要以上にお金を貯め、必要以上に物を欲しがるのは、根源の不安を解消するためですが、そのようなことをしても、根源の不安は解消されません。 根源の不安を解消するためではなく、今生のカルマで、どうしてもお金を儲けなければならないという人もいるでしょう。 そのような人は、お金もひとつのエネルギーですから、そのエネルギーにつながれば、お金は自然に入っていきて、よく働くようになります。 そのことにより、人一倍豊かになることも可能です。』とある。 自分が自分だと思い込んでしまっている自分(偽我)に意識が向いていると、過去の記憶や頭にインプットされたものに囚われて、…

  • エネルギーの流れをよくする

    ヨグマタ相川圭子著 サマディ 頁265に、『体に歪みがると、そこのエネルギーの流れが悪くなってしまいます。 もうすつかり忘れている幼少の頃の捻挫でも、歪みが生じ、そこでエネルギーの流れが悪くなったり、澱みをつくってしまったりします。 ヒマラヤ秘教は、その歪みを正して、エネルギーの流れをよくします。 細胞や骨などの歪みも、深いところからエネルギーが満ちることにより、蘇ります。 体には、長い間溜められたストレスの汚れがあります。 それは病気になる前段階のように、そこにあるわけです。 それが、症状をとなって現れ、すみやかに浄化され消えていったりします。 いろいろな病気は、潜伏期間を経て、症状として出…

  • 光のエネルギーの助け

    ヨグマタ相川圭子著 サマディ 頁261に、『トラウマにはなっていなくても、混乱した思い込みや、乱雑なエネルギー、傷ついたこと、悔しかったこと、怒り、悲しみ、イライラ、落ち込みの体験などがあるでしょう。 サマディに至るためには、心は一点の曇りもない平和な状態にしていかなければなりません。 それには、トラウマはもちろん、すべてのネガティブな体験を思い出し、そこに光を当てます。 そうしたものを浄めていくには、パワフルな光のエネルギーの助けを借りるのが、最も安全で、早いのです。』とある。 自分が自分だと思い込んでしまっている自分(偽我)に意識が向いていると、過去の記憶や頭にインプットされたものに囚われ…

  • 乱雑なエネルギーを整理する

    ヨグマタ相川圭子著 サマディ 頁258に、『小宇宙である私たちの体の内側のエネルギーは、ほとんどのケースで、大きく混乱しています。 人間のもっとも基本の進化プロセスである、これらのグランティを浄めていくことは、効果的な変容の道であり、クンダリーニを浄めることでもあります。 そしてサマディへのプロセスになります。 グランティを浄めるには、体を動かしたり、プラーナを使ったり、聖なる音の波動を使ったり、高次元の波動を使ったりします。 グランティを浄め、乱雑なエネルギーが整理されると、あなたは変容し、心優しい人、愛の人になります。 そして力強い人になります。 知恵も湧き出てきます。』とある。 グランテ…

  • 心を空っぽにする

    ヨグマタ相川圭子著 サマディ 頁258に、『その愛とは、心が浄化された後に現れる、深いとこらからの愛です。 ハートが開き、そこから湧き上がる愛です。 本来のあなたは愛の存在です。 愛とは内側の深いところに、海のようにあるものです。 その本当の深いところの愛は、無限の、神からの愛です。 その愛を目覚めさせていくためには、「心を空っぽにする」ことです。』とある。 自分が自分だと思い込んでしまっている自分(偽我)に意識が向いていると、過去の記憶や頭にインプットされたものに囚われて、心の中が絶えず混乱していて、エネルギーを消耗することで、視野が狭く、物事を偏って捉えてしまう。 そのため、何事にも上手く…

  • 頭を空っぽにする

    ヨグマタ相川圭子著 サマディ 頁242に、『これまでは、頭は使えば使うほど良くなるという説を信じていたわけですから、頭を使わずに「空っぽにする」ということにとまどうのも無理はありません。 しかし、頭を使うと思っている行為のほとんどは、本当は使われているのです。 思いにコントロールされているのです。 それは、使うのではなく、使われているのです。 死を超えて、そこにあるということは、すべての存在のリーダー、神になったということです。』とある。 自分が自分だと思い込んでしまっている自分(偽我)に意識が向いていると、過去の記憶や頭にインプットされたものに囚われて、「こうしなければ・・・」「ああしなけれ…

  • 本当の深いところの知恵

    ヨグマタ相川圭子著 サマディ 頁233に、『心の思いが、人によって、さまざまな症状をもたらします。 潜在意識のどこかに混乱があり、活性化された状態になると、突然怒ったり、何かの衝動に駆られたり、右往左往するようなこともあるようです。 有効な理性があるとするならば、その理性は人から学んだ借り物の知識からできているものではなく、本当の深いところから生まれた知恵で、できていなければなりません。』とある。 自分が自分だと思い込んでしまっている自分(偽我)に意識が向いていると、過去の記憶や頭にインプットされたものに囚われて、「こうしなければ・・・」「ああしなければ・・・」というもので、自分で自分を縛って…

  • 源の存在と一体になっていく

    ヨグマタ相川圭子著 サマディ 頁208に、『普通、人はカルマによって引っ張られ、わかってはいても止められずに、悪い習慣を繰り返します。 それが苦しみの人生になるのです。 カルマを焼き切って、浄化し、深い静寂を得て、源の存在と一体になっていく知恵が、ヒマラヤ秘教にあります。』とある。 自分が自分だと思い込んでしまっている自分(偽我)に意識が向いていると、過去の記憶や頭にインプットされたものに囚われて、「こうしなければ・・・」「ああしなければ・・・」というもので、自分で自分を縛ってしまう。 視野が狭く、物事を偏って捉えてしまい、何事にも上手くいかず、悩みや苦しみの多い重苦しい生き方になってしまう。…

  • 一切の行動をストップする

    ヨグマタ相川圭子著 サマディ 頁199に、『これまでの習慣や癖だからといって、いろいろ考えたり、プランを練ったり、過去のことにとらわれたりするのではなく、「身・口・意」一切の行動をストップして、ただいる時間をつくります。 それが、瞑想です。 それは別に一日中ということでなく、何十分かでいいのです。 そうして、あなたの波動が浄められていくと、そうした現象が広がっていって、家族も真から幸せになっていくでしょう。 それが、祈りのある生活、瞑想のある生活です。』とある。 自分が自分だ思い込んでしまっている自分(偽我)に意識が向いていると、過去の言記憶や頭にインプットされたものに囚われて、絶えず心の中が…

  • エネルギーを浄化する

    ヨグマタ相川圭子著 サマディ 頁199に、『人にはカルマによって、心身に過去生からのさまざまな体験が蓄積されています。 心には、気づきがないまま、一瞬、一瞬に、いろいろな考えが浮かんできます。 それは、とても忙しく、まるで心が暴れまわっている感じです。 心には、執着やこだわりがあります。こだわりや欲望、思うようにならなかった体験、怒り、悲しみ、イライラ、恐れ、奢り・・・・・・。 苦しみを取り除くための感情や思いが、汚れとなり、苦しみとなっていきます。 あなたは、そのエネルギーを浄化し、変容できるのです。』とある。 自分が自分だと思い込んでしまっている自分(偽我)に意識が向いていると、過去の記憶…

  • 聖なる音の波動

    ヨグマタ相川圭子著 サマディ 頁187に、『サマディ瞑想のマントラは、聖なる音の波動です。 それをいただくと、あなたは本当の自分につながります。 そのマントラ自体の波動が神の波動であり、それを育むことで、あなたは常に守られ、心に翻弄されない人になっていくことができます。 マントラの聖なる波動によって、あなたは次第に心の深いところが浄められ、過去生からの心も浄められていきます。』とある。 自分が自分だと思い込んでしまっている自分(偽我)に意識が向いていると、過去の記憶や頭にインプットされたものに囚われて、「こうしなければ・・・」「ああしなければ・・・」というもので、自分で自分を縛ってしまう。視野…

  • 源に運び、そこに溶ける波動

    ヨグマタ相川圭子著 サマディ 頁179に、『あなたが生きるために必要な物質的なものは、始終身につけたり、持っていたりできるものではありません。 そうした自分の外にある物質的な豊かさは、死ぬときには持っていかれないものです。 サマディ瞑想の波動は、源に運び、そこに溶ける波動です。 生命なのです。 ですから、どんな新しい立派な家よりも尊いのです。』とある。 自分が自分だと思い込んでしまっている自分(偽我)に意識が向いていると、過去の記憶や頭にインプットされたものに囚われて、自分や相手を認めることができず、自分や相手を裁き続けて、エネルギーを消耗し続ける。 そのため、視野が狭く、物事を偏って捉えてし…

  • 新しい癖に切り替える

    ヨグマタ相川圭子著 サマディ 頁176に、『普通には、生きている限り心は働き続けるものです。雑念も心の働いている姿です。雑念があっても、マントラを唱えることの価値には、計り知れないものがあります。そうすることで新しい癖に切り替えているのです。同時にマインドについては、日々、感謝や尊敬など、いいものを意識的に選択しましょう。否定的な考えが湧いてきたならば、すぐに流し去り、ぱっと切り替えます。』自分が自分だと思い込んでしまっている自分(偽我)に意識が向いていると、過去の記憶や頭にインプットされたものに囚われて、「こうしなければ・・・」「ああしなければ・・・」というもので、自分で自分を縛ってしまう。…

  • 心を空っぽにできる

    ヨグマタ相川圭子著 サマディ 頁175に、『サマディヨギであるシッダーマスターは、どうすれば心を空っぽにできるか、そのことを熟知しています。 人間の内側のシステムを、知り尽くしています。 例えば、プラーナの操作によってマインドをコントロールすることができます。 プラーナの強弱や、さまざまなプラーナの秘法で、バランスをとります。 また、プラーナをストップするというのもあります。 さらには、中心の存在に入っていく秘法もあります。』とある。 自分が自分だと思い込んでしまっている自分(偽我)に意識が向いていると、過去の記憶や頭にインプットされたものに囚われて、「こうしなければ・・・」「ああしなければ・…

  • 無心のところにいる

    ヨグマタ相川圭子著 サマディ 頁170に、『そしてさらにふだんから、心のレベルではない、中立なところ、無心のところにいるように修行します。 それが「中庸」にいるということです。工程でも否定でもなく、「真ん中」です。 本当の意味での真ん中は、浄化しきって源の存在と一体となるサマディに入らないと起きません。 しかし、今にいようとすることから始めていきましょう。』とある。 自分が自分だと思い込んでしまっている自分(偽我)に意識が向いていると、過去の記憶や頭にインプットされたものに囚われて、「こうしなければ・・・」「ああしなければ・・・」というもので、自分で自分を縛ってしまい、視野が狭く、物事を偏って…

  • 進化のために生まれてきた

    ヨグマタ相川圭子著 サマディ 頁168に、『人は自己防衛で、自分を守ろうとして、相手を排除しようとします。 あなたに否定的な思いが湧いてきたならば、ジャッジして自分を責めるのではなく、進化して自分の心の中がどんどん浄化されているのが見えると冷静に気づいていればよいのです。 その気づきがあってこそ、自他を理解できます。 さらに、自分はとはこうゆう人間であり、いま変容し、進化するプロセスにいるのだと洞察します。 進化のために生まれてきたことを理解できるのです。』とある。 自分が自分だと思い込んでしまっている自分(偽我)に意識が向いていると、過去の記憶や頭にインプットされたものに囚われて、目の前の現…

  • 聖なる人に変容する

    ヨグマタ相川圭子著 サマディ 頁167に、『マントラは、その聖なる音によって、素晴らしいレーザーのような波動を構築していきます。 それは、あなたを守り、あなたはエネルギーのレベルから浄められ、聖なる人に変容していきます。 心が溶けて聖なるエネルギーが染みわたり、言葉では表現できない神秘なエネルギーをもつ、品格のある人物に成長していきます。』とある。 自分が自分だと思い込んでしまっている自分(偽我)に意識が向いていると、過去の記憶や頭にインプットされたものに囚われて、「こうしなければ・・・」「ああしなければ・・・」というもので、自分で自分を縛ってしまう。 頭で考えても、その縛りはほどけないので、…

  • 魂のレベルから自分を表現

    ヨグマタ相川圭子著 サマディ 頁165に、『心のレベルでは、いつも自分を守ろうとしています。自己防衛の鎧で身を包んでいる姑息な自分、小さな自分が、そこにいます。 それはエゴの自分です。 そういうレベルから離れて、もっと純粋な魂のレベルから、自分を表現できるようになります。 すると個を超えることができ、生きることが自由に、楽になるのです。』とある。 自分が自分だと思い込んでしまっている自分(偽我)に意識が向いていると、過去の記憶や頭にインプットされたものに囚われて、「こうしなければ・・・」「ああしなければ・・・」というもので、自分で自分を縛ってしまい、目の前の現象に勝手に反応してしまい、悩みや苦…

カテゴリー一覧
商用