プロフィールPROFILE

たぱぞうさんのプロフィール

住所
港南区
出身
吹田市

米国株、米国ETFのポートフォリオやその他の収入を紹介。アメリカ株、アメリカETFを通した長期的な資産運用を目指します。

ブログタイトル
たぱぞうの米国株投資
ブログURL
https://www.americakabu.com/
ブログ紹介文
米国株・米国ETFへの長期投資中。某投資顧問にてアドバイザーをしています。
更新頻度(1年)

347回 / 352日(平均6.9回/週)

ブログ村参加:2016/04/24

たぱぞうさんのプロフィール
読者になる

たぱぞうさんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 11/11 11/10 11/09 11/08 11/07 11/06 全参加数
総合ランキング(IN) 187位 189位 188位 185位 178位 180位 182位 977,621サイト
INポイント 800 1,300 1,170 1,270 1,040 1,190 1,340 8,110/週
OUTポイント 6,460 12,230 10,770 9,340 5,540 6,830 10,040 61,210/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
株ブログ 11位 11位 12位 12位 12位 12位 12位 13,643サイト
米国株 2位 2位 2位 2位 2位 2位 2位 955サイト
配当・配当金 1位 1位 1位 1位 1位 1位 1位 210サイト
今日 11/11 11/10 11/09 11/08 11/07 11/06 全参加数
総合ランキング(OUT) 97位 105位 106位 97位 98位 92位 80位 977,621サイト
INポイント 800 1,300 1,170 1,270 1,040 1,190 1,340 8,110/週
OUTポイント 6,460 12,230 10,770 9,340 5,540 6,830 10,040 61,210/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
株ブログ 7位 8位 9位 7位 7位 6位 6位 13,643サイト
米国株 11位 12位 13位 12位 11位 11位 10位 955サイト
配当・配当金 1位 1位 1位 1位 1位 1位 1位 210サイト
今日 11/11 11/10 11/09 11/08 11/07 11/06 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 977,621サイト
INポイント 800 1,300 1,170 1,270 1,040 1,190 1,340 8,110/週
OUTポイント 6,460 12,230 10,770 9,340 5,540 6,830 10,040 61,210/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
株ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 13,643サイト
米国株 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 955サイト
配当・配当金 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 210サイト

新機能の「ブログリーダー」を活用して、たぱぞうさんの読者になりませんか?

ハンドル名
たぱぞうさん
ブログタイトル
たぱぞうの米国株投資
更新頻度
347回 / 352日(平均6.9回/週)
読者になる
たぱぞうの米国株投資

たぱぞうさんの新着記事

1件〜30件

  • ストックビジネスによる不労所得をいかに増やすか

    ストックビジネスの副収入を得て自分年金づくり 不動産によるストックビジネスの例 ストック型の収入を目指し、駅前不動産を購入したオーナー ストックビジネスとして沖縄軍用地購入をしたBさん 太陽光でストックビジネスを実現したCさん 株式配当によるストック型不労所得は可能なのか 分散投資 安定・成長国投資 減配、無配の無い企業を選ぶ ストックビジネスによる不労所得のまとめ ストックビジネスの副収入を得て自分年金づくり FXや仕手株で勝つと、その時には大きな利益が手に入ります。相場が乱高下しているときの個別株もそうです。これは永続的なものではなく、その時限りの勝ち相場になります。これはフロー型の収入で…

  • インカム投資とキャピタルゲイン投資とは何か。

    インカム投資とキャピタルゲイン投資とは インカム投資における収入の例 キャピタルゲイン投資における収入の例 キャピタルゲイン投資においては、特にリスク管理が大事 インカム投資はキャピタルゲイン投資より、ある程度計算できる投資 多少の相場の上下に一喜一憂しないこと インカム投資とキャピタルゲイン投資のまとめ インカム投資とキャピタルゲイン投資とは インカム投資は、配当や分配金目的の投資です。株式やETF、投資信託などに限らず、不動産の家賃収入や太陽光収入などもインカム投資ということになります。 キャピタルゲイン投資は、値上がりを期待した投資です。例えば100円で買った株が200円になれば、税金分…

  • バンガードの主張するベストな投資方法

    バンガードの主張するベストな投資とは? バンガードのアカデミックな雰囲気を醸す社屋 バンガードの圧倒的な資産額 バンガードの会社組織の独特さ バンガードの主張するベストな投資方法はこのようになっている バンガードの運用の骨子 バンガードの投資運用哲学を示す、名言の数々 アクティブファンドはインデックス投資に勝てない、とは バンガードの主張するベストな投資とは? 先日、著名インデックスブロガーである水瀬ケンイチさんを通して、バンガード日本法人さんのセミナーにお招きいただきました。 そのセミナーの内容を、概論的ですがここにご報告いたします。 バンガードのアカデミックな雰囲気を醸す社屋 バンガードの…

  • ウォルトディズニー【DIS】の銘柄分析。メディアコングロマリットの雄。

    ウォルトディズニー【DIS】の銘柄分析。メディアコングロマリット。 ウォルトディズニーカンパニーは創業者の名前をそのまま社名にしています。日本にいるとディズニーランドやアニメ映画のイメージが強いですが、母国アメリカでは3大放送ネットワーク局(いわゆるキー局)の1つであるABC(アメリカン・ブロードキャスティング・カンパニー)やスポーツ専門局のESPNを傘下に納める、メディアコングロマリットです。 近年の買収としては、2017年の20世紀フォックスの買収が有名です。フォックスは、「アバター」「タイタニック」「ボヘミアン・ラプソディ」といった映画で知られる企業です。 また、その20世紀フォックスと…

  • クアルコム【QCOM】の銘柄分析。通信と半導体に強み

    クアルコム【QCOM】の銘柄分析。通信と半導体に強み クアルコム(Qualcomm)は、QualityとCommunicationsを合わせた造語です。その名のとおり、携帯などの移動体通信の通信技術と半導体の設計開発を行う企業です。 アーウィン・ジェイコブズ氏とアンドリュー・ビタビ氏によって1985年に設立されました。アーウィン・ジェーコブズ氏の息子は2代目社長であり、現在の会長であるポール・E・ジョイコブズ氏です。 アンドリュー・ビタビ氏は1935年生まれであり、設立当時はすでに50歳でした。設立までカリフォルニア大学ロサンゼルス校や同大学サンディエゴ校で教授として勤務していました。 クアル…

  • 年賀状をやめたことによるメリットデメリット

    年賀状をやめることと投資の関係 今年も、年賀状を意識する年がやってきました。来年の年賀状は、いよいよ63円ということです。ちょっと前まで50円でしたが、いったん値上げをするとずるずると上がり続けていますね。 輸送コストを考えると、こうなるほうが自然なのでしょう。ところで、年賀状には「みんながやっているからやる」というところがあります。この、「みんながやっているからやる」ことを疑うのは投資においても生かされる視点です。 果たしてみんながやっているから良いものなのかどうか、吟味が必要ということです。年賀状もそうした側面があるのではないでしょうか。私も多分に漏れず、30年近く年賀状を書いてきました。…

  • BHPビリトン【BHP】の銘柄分析。世界最大の鉱業会社で高配当。

    BHPビリトン【BHP】は世界最大の鉱業会社 BHPビリトンはADRでニューヨーク市場に上場している、オーストラリアの会社です。世界最大の鉱業会社として有名です。オーストラリア・メルボルンに本社があり、イギリス・ロンドンには副本社があります。 これは、2001年にオーストラリアのBroken Hill Proprietary Company【BHP】とイギリスのビリトンが合併してできたことに由来します。 鉄、ダイヤモンド、ボーキサイト、石油、石炭、銀といった多くの鉱業を事業対象にしており、文字通り総合鉱業会社ということになります。 この中でも鉄鉱石はブラジル・ヴァーレ、英豪・リオティント、豪英…

  • 父子家庭と仕事の両立、養育費をどのように得ていくのか

    父子家庭と仕事の両立、養育費をどのように得ていくのか 父子家庭での仕事、養育費のバランスをどう考えたらよいでしょうか 父子家庭での最大の課題は、仕事・育児・家事とのバランス 人生を左右するような大きな決定をしない 投資の方向性は自ずとディフェンシブになる 父子家庭の仕事のカタチ、養育費のあり方 父子家庭と仕事の両立、養育費をどのように得ていくのか 投資をしていくにあたって、収入面からみた理想の家族は共働きです。突出して稼ぎの良い夫、あるいは妻がいるという場合を除くとそうなります。 逆に、何らかの事情で別離を経た父子家庭や母子家庭というのは、収入面で非常に厳しくなることが多いですね。特に、別離の…

  • 分散投資の考え方と、おすすめの投資の仕方

    分散投資の考え方と、おすすめの投資の仕方 投資信託を使って分散投資を始めています。 分散投資とは、リスクを分散するということ 国際分散投資という考え方 米国株分散投資という考え方 債券やリートなどアセットそのものを分散させるという考え方 株と債券以外にも分散をさせるならば、バランスファンドになる 分散投資はシンプルに、商品数を厳選すると良い 分散投資の考え方と、おすすめの投資の仕方 分散投資という考え方が広まり、知識も共有されつつあるように思います。弊ブログは、基本的にはTwitterや検索から来られる方、それから毎日読んでくださる方、そういう読者さんが多いのですね。 しかし、書籍を出版したこ…

  • 銀行の口座維持手数料が発生するということ

    銀行の口座維持手数料が発生するということ 銀行の口座維持手数料が有料化されるかもしれないという記事とツイートが話題になっていました。 とにかくビックリしました‼️ついにここまで来たか!政府の経済失政が‼️【口座維持手数料】だと‼️何じゃそれ‼️預金者は利息どころでなく逆に預金手数料を取られるんだとよ‼️まさに搾取だな‼️馬鹿にするな‼️って感じ。皆様!もしこれが実施されたら即刻預金は全額解約してタンス貯金にしよう‼️ pic.twitter.com/026RlBPHWL — wakatyan (@dNIoQ4uW3BlBOrc) October 27, 2019 この20年ほど低金利が恒常化し…

  • ロイヤルダッチシェル【RDSB】の銘柄分析。高配当6%超え銘柄

    ロイヤルダッチシェルRDSBの配当やチャート分析。高配当な世界第二位の民間石油会社。100年を超える歴史。RDSAとRDSBの違いに注意ですね。

  • ゼネラル・エレクトリック【GE】の銘柄分析。資本財の代表的銘柄。

    ゼネラル・エレクトリック【GE】の銘柄分析。GEはエジソン以来のアメリカ資本財銘柄の代表格です。かつてはダウ30種を代表する企業でしたが、現在は事業再編中です。配当、チャート、売上、利益、キャッシュフローなど。

  • メルク【MRK】の銘柄分析。全米第2位の製薬会社、安定配当が特徴。

    メルク(MRK)は全米第二位の多国籍製薬会社です。配当やチャート、基礎データをまとめています。

  • AT&T【T】の銘柄分析。安定的な高配当が魅力の通信株。

    AT&Tはテキサス州ダラスに本拠を構える、世界最大級の電気通信事業会社です。配当利回り5%の高配当株です。

  • ベライゾン【VZ】の銘柄分析。世界最大級の高配当通信会社

    ベライゾンはおよそ4~5%の配当を誇る高配当銘柄です。ニューヨークに本拠を構える、電気通信事業会社です。従業員は約18万人、売上は約12兆円です。アメリカを代表する大企業のうちの1つで、ダウ30銘柄にも含まれています。

  • 組織が個人の思いに寄り添えない時代を生きるということ

    組織が個人の思いに寄り添えない時代とセミリタイア 今日は少々、ブロガー界隈の話をしたいと思います。テーマはセミリタイアです。昨今、この話題が私の中で熱いのです。 セミリタイア、あるいはアーリーリタイアというのは、一昔前ならばかなりハードルの高い選択だったように思います。 しかし、昨今では急速に広がりを見せています。投資のやり方がネットを通して共有されてきていること、個人のブランディングが容易になったこと、いろいろ要素はあります。 昨今特徴的なのは、能力が高く、組織でも十分やれる人もセミリタイアをしているということでしょうか。 セミリタイアをした、私が知る個人投資家さんはnightwalkerさ…

  • DC【確定拠出年金】とDB【確定給付年金】の違いと特徴

    DC【確定拠出年金】とDB【確定給付年金】の違いと特徴 DCとは、Defined Contribution Planの略です。よく言われる、【確定拠出年金】がそれです。企業型と、個人型があり、個人型はiDeCoで知られます。 これに対してDBは、Defined Benefit Planの略になります。【確定給付年金】という名称になります。 簡単に違いをまとめておきましょう。 DC【確定拠出年金】の特徴 DCの特徴を簡単にまとめておきます。 加入者が掛金と運用先を決められる。 将来の給付金は運用成績に左右される 加入者が自分で運用商品を決めるため、「運用指図者」となる。 個人の口座で管理するので…

  • アルトリアグループ【MO】の銘柄分析。タバコ株の代表的銘柄。

    アルトリアグループはフィリップモリスの米国内会社です。世界最大級のタバコメーカーです。

  • ユナイテッド・テクノロジーズ【UTX】の銘柄分析。重工系コングロマリット

    ユナイテッド・テクノロジーズ【UTX】の銘柄分析。重工系企業の集合体 ユナイテッド・テクノロジーズ【UTX】のチャートと配当 ユナイテッド・テクノロジーズ【UTX】の基礎データ ユナイテッド・テクノロジーズ【UTX】の売り上げと利益 ユナイテッド・テクノロジーズ【UTX】の配当性向と配当 ユナイテッド・テクノロジーズ【UTX】のBPSとEPS ユナイテッド・テクノロジーズ【UTX】のキャッシュフロー ユナイテッド・テクノロジーズ【UTX】の銘柄分析。重工系企業の集合体 ユナイテッド・テクノロジーズ【UTX】はもともとはボーイング【BA】やユナイテッド航空【UA】とルーツを同じくします。 ユナイ…

  • マクドナルド【MCD】の銘柄分析。圧倒的シェア世界一の外食企業

    マクドナルド(米国本社)の投資情報です。PERなどの基礎データ、配当やチャートについてまとめています。

  • 共働き夫婦の将来設計と考え方

    共働き夫婦が増えた背景とこれから この数十年で共働き夫婦がずいぶん増えたように思います。 例えば1世代前、私たちの親世代では共働きは少数派でしたね。父親が長時間労働、母親が家を守り家事をこなす、このような一家が多かったのではないでしょうか。 長時間労働への見方の変化、増えない1人あたり年収、これらが背景にあるのでしょう。しかし、こういったネガティヴな要素ばかりではありません。 なにより男女雇用機会均等法以後ようやく定着しつつある、男女同権を踏まえた働き方改革が広がりつつあるということなのでしょう。これらが共働きをいわばスタンダードにしつつあると言えます。 また、今後は通勤を前提としたスタイルだ…

  • 就職活動の軸をどこに置くのかを考えてみる

    就職活動の軸は振り返ると何だったのか 就職活動の軸を米国株投資の目線で見ると、どうなるのか。 就職活動の軸は何か 持続可能な業界、企業であること 就職活動の軸、自分の適性に合っているか 就職活動の軸、人間らしさが保障されているか 投資家目線で海運を語る 就職活動の軸は振り返ると何だったのか 大学には証券研究会がありました。私はと言えば、某体育会で毎日のように運動して、よく飲んで、少し勉強するというのが学生時代のスタイルでした。ただ、そのころから株には興味あり、証券研究会の募集看板には毎回見入っていました。 学生時代は株への興味が具体的行動に繋がることはありませんでした。そのため、就職はそのまま…

  • 発行市場と流通市場は相互に関係する車の両輪

    発行市場と流通市場とは 株式投資に親しんでいる人でも、あまり日ごろから意識しない言葉に「発行市場」と「流通市場」という言葉があります。普段私たちが売買をしているところ、株式取引をしているのは既発の株券になるので、流通市場ということになります。 これに対して、企業が株券を発行する、流通市場に出す前の状態を発行市場といいます。今日は、この2つのお話です。 株式における発行市場とは 発行市場というのは、国や企業が債券や株式を発行する市場のことですね。流通市場のように、投資家同士でお互いに値付けするわけではなく、川上的なものですね。そのため、あまり一般の投資家には親しみの無い市場です。 創業者が株式会…

  • 寝ながら稼げるグ~タラ投資術

    寝ながら稼げるグ~タラ投資術 たぱぞう2冊目の著書である「寝ながら稼げるグ~タラ投資術」が発売となりました。こちらは、きずな出版さんからになります。初心者さん向けの本ということで書いていますが、一部に初心者さんにはなじみの薄い、ETFや個別株も紹介しています。 投資関係の書籍のほとんどが初心者向けなのは、マーケット人口の違いですね。マニアによるマニアのための投資本は売れないのです。 実は、書籍化のお話を最初にいただいていたのは、こちらからでした。その間、編集者さんの転籍、たぱぞうの独立があり、発刊に至っています。 すでに構想から1年以上の年月を経ています。ブログが無ければ、もっと簡単に書籍化で…

  • ブラックロック【BLK】の銘柄分析。世界最大の資産運用会社

    ブラックロック【BLK】の銘柄分析。世界最大級の資産運用会社 ブラックロック【BLK】の配当とチャート ブラックロック【BLK】の基礎データ ブラックロック【BLK】の売り上げと利益 ブラックロック【BLK】の配当性向 ブラックロック【BLK】のBPSとEPS ブラックロック【BLK】のキャッシュフロー ブラックロック【BLK】の銘柄分析。世界最大級の資産運用会社 ブラックロック社は「iシェアーズ」シリーズのETFなどで有名なアメリカの資産運用会社です。 預かり資産は全世界のGDPの6パーセントに及ぶ7兆ドル、日本円でおよそ700兆円とも言われます。日本の一年間のGDPとほとんど同じ額を運用し…

  • フィリップモリス【PM】の銘柄分析。高配当の米国タバコ銘柄

    フィリップモリス(PM)の事業内容や歴史、配当、チャートについてまとめています。4から5%の配当を出し続ける米国タバコ株。私も投資しています。

  • ジョンソン・エンド・ジョンソン【JNJ】の銘柄分析。世界最大のヘルスケア企業

    J&Jはアメリカ・ニュージャージ州に本社を構える製薬、医療機器、ヘルスケア全般を扱う多国籍企業です。連続増配50年超、伸び続けています。

  • 楽天証券でSBI・バンガード・S&P500ファンドを買いたい話

    SBI・バンガード・S&P500インデックス・ファンドは最強ファンド? SBI・バンガード・S&P500インデックス・ファンドがリリースされました。0.1%を切る最安の信託報酬、S&P500という王道インデックスをベンチマークする、ということで早くも大きな反響があります。 しばらくは実質コストやトラッキング制度に課題があるのかも、しれません。しかし、落ち着いてくればいずれその低水準な信託報酬が効いてくるのでしょう。 eMaxis Slimシリーズがすぐに追随してこないのは、非常に示唆に富んでいます。おそらく、採算ギリギリのラインか、下手をすると赤字のラインの信託報酬設定ということになります。グ…

  • お金が増える米国株超楽ちん投資術

    お金が増える米国株超楽ちん投資術 拙著、「お金が増える米国株超楽ちん投資術」の発売が一週間後に差し迫ってまいりましたので、ご紹介です。 こちらの書籍は、KADOKAWAさんからの出版になります。はてなブログさんは、ブロガーの活動の場を広げる後押しをされるということで、KADOKAWAさんと協力体制を築いています。 私などよりもずっとブロガー歴が長い、はてなダイアリーからのベテランのフミコフミオさんが9月に発刊し、私が10月に発刊となりました。フミコフミオさんとは、奇しくも1歳違いということが分かり、互いに苦難の時代を生きてきたということが分かります。 今回のお話を頂いたのは4月頃でしたが、同時…

  • 個別株投資とインデックス投資の大きな違い

    個別株投資とインデックス投資の大きな違い 個別株投資の特徴 企業分析を定量的、定性的に行ったほうが良い リスクはインデックス投資よりも大きい 株式投資が好きな人には、個別株投資は向いている、かも インデックス投資の特徴 個別株投資とインデックス投資信託で迷います 個別銘柄選びにセンスを感じますね。 個別株投資とインデックス投資の大きな違い 個別株投資とインデックス投資は大きな違いがあります。今日は、このテーマについて改めて簡単にまとめてみましょう。 個別株投資の特徴 個別株投資の特徴は以下の通りです。 企業分析を定量的、定性的に行ったほうが良い リスクはインデックス投資よりも大きい 株式投資が…

カテゴリー一覧
商用