プロフィールPROFILE

春待つねこやなぎさんのプロフィール

住所
北海道
出身
北海道

自分の正体=「自閉症スペクトラム」+「社交不安障害」+「強迫性障害」+「うつ状態」であると、 やっと認識できたのは齢50歳を過ぎてからだった。これまでの数多の失敗と心身の疲弊を、思いのままに綴り昇華させて、これからの人生をなるべくお気楽に過ごしたいと願ってやまない一人の女の半生記。

ブログタイトル
小心者だけど晩成を夢見る
ブログURL
http://2012h240401.blog.fc2.com/
ブログ紹介文
半世紀に及ぶidentity crisis(自己喪失)の果てに見つけた私とは何か
更新頻度(1年)

43回 / 298日(平均1.0回/週)

ブログ村参加:2016/03/08

春待つねこやなぎさんのプロフィール
読者になる

春待つねこやなぎさんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 11/12 11/11 11/10 11/09 11/08 11/07 全参加数
総合ランキング(IN) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 977,689サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
PVポイント 0 0 20 40 0 0 10 70/週
メンタルヘルスブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 28,428サイト
自閉症スペクトラム 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 277サイト
今日 11/12 11/11 11/10 11/09 11/08 11/07 全参加数
総合ランキング(OUT) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 977,689サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
PVポイント 0 0 20 40 0 0 10 70/週
メンタルヘルスブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 28,428サイト
自閉症スペクトラム 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 277サイト
今日 11/12 11/11 11/10 11/09 11/08 11/07 全参加数
総合ランキング(PV) 19,082位 19,738位 19,180位 19,722位 23,125位 19,663位 19,155位 977,689サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
PVポイント 0 0 20 40 0 0 10 70/週
メンタルヘルスブログ 327位 341位 325位 334位 411位 335位 328位 28,428サイト
自閉症スペクトラム 12位 12位 11位 11位 13位 11位 11位 277サイト

新機能の「ブログリーダー」を活用して、春待つねこやなぎさんの読者になりませんか?

ハンドル名
春待つねこやなぎさん
ブログタイトル
小心者だけど晩成を夢見る
更新頻度
43回 / 298日(平均1.0回/週)
読者になる
小心者だけど晩成を夢見る

春待つねこやなぎさんの新着記事

1件〜30件

  • すんなり収まる方法

    今年も残すところ2ヶ月を切ってしまった。のほほんと日々を送っているつもりはないが、取るに足らない些細なことを気にしすぎて、考えるべき大切なことから遠ざかっていると感じている。この心の動きは毎年この時期にやってくる「やるせなさ」とでも言っていいだろう。宴会シーズンが近づいている。友人との忘年会は楽しみなのに、私は職場の宴会がとても苦手だ。友人との食事は自然に振舞えるのに、職場の人たちとの食事は緊張し...

  • 滝汗は減るか否か

    11月より、自動車通勤から公共交通機関による通勤に切り替えた。往復3時間の長距離通勤で、ラッシュの人混みは辛いけれど、冬道の運転に比べればずっと安心だ。夏場の自動車通勤は、エアコンが効いて快適だった。しかし今夏は猛暑のため、例年にないほどの酷い夏バテと睡眠不足で疲労が溜まっていた。自動車でも通勤に1時間以上かかるのだが、度々意識が薄れて前の車に追突しそうになった。音楽・ラジオを聴いていても、ガムを噛ん...

  • 派遣登録抹消

    このところずっと豪雨による災害が続いている。日本各地の街並みや田園が濁った水に飲み込まれていく映像には、見る度に悲しみと恐怖を覚えてしまう。気がつけば北海道は晩秋を迎えている。赤や黄色に染まった街路樹から、冷たい風に吹かれてひらりと葉が舞い落ちる。私が小学生だった頃(およそ45年くらい前)には、10月末近くになると初雪が降っていた記憶がある。それに比べると冬の訪れは確実に遅くなっている。自然災害増加の...

  • 楽観と悲観

    台風19号による豪雨から一週間が経過した。日本列島各地の河川が氾濫し堤防が決壊して、甚大な被害をもたらし多数の人が被災した。あまりの惨状に言葉が出てこない。以前、川の近くに住んでいたことがある。アパートの一階だった。ある年の冬、突然の暖気で雪融け水が共同の通路に浸入し、私の部屋の玄関を乗り越え、室内まで達したことがあった。気づかずに歩いて、靴下が濡れてしまいギョッとした記憶がある。もしそのまま住み続...

  • 無情に降り注ぐ雨

    日本列島各地で台風19号による豪雨がすさまじい。報道を見ると惨状が生々しく伝わってくる。もう日本のどこにも安全な地域はない。厳しい現実が心に重くのしかかってくる。被災された方々に心よりお見舞い申し上げます。この一文だけで済むほど、皆さんの心の痛みが単純なものではないことくらいわかっていますが・・・。昨日、学生時代の友人と久し振りに会った。よくランチを共にする友人と共通の友人だ。3人ともシングルのまま...

  • 知識の蔵

    私はときどき実現できそうもない願望を抱くことがある。願望を抱くというより、想像するという方が正しいかもしれない。一度読んだ本や教わったこと、経験したことを頭の中の「知識の蔵」のような場所に保管して、必要なとき瞬時に思い出せる能力があったらいいなと願う。現在の職に就いてから、気になっていた事務用品が一つある。引き出しに入れたまま、使ったことがない。使い方がわからなかった。それは持ち手が1つで、刃の部...

  • 計画と補正 

    まもなく10月、消費税が10%に変わる。駆け込みセール等の情報が飛び交うなか、自分なりに準備をした。前回の変更時(2014年・消費税8%)には、引き上げ幅が今回より大きかったにも関わらず、私の頭は就職活動にほぼ占領されていたため、漫然とその日を迎えてしまった。前回に比べれば、今回は心に余裕が生まれた訳で喜ばしいことだと思う。今回は軽減税率とかキャッシュレス決済等のしくみが複雑で、全貌を把握しきれない。専門家...

  • 自然災害と人間と

    このところ台風の被害が激烈だ。報道をみると、被災者の方々の心労と疲労がまざまざと伝わってくる。台風は北上している。明日は我が身かもとしれないと、ひやりとした不安が背中をかすめていく。そのような中、被災地でボランティア活動に励む方々には頭が下がる。私を含め自分のことで手一杯の人間は多いと思う。現地に行き、他の人のために奉仕する。生半可な気持ちでは続かないのではないか。一方で、火事場泥棒のようなやから...

  • 診断されること

    例年になく暑かった今年の北海道の夏だが、9月も半ばに入るとかなり過ごしやすくなった。夏バテと疲れの回復が思うように進まず、苛立ちと落ち込みを繰り返していたけれど、少しずつ穏やかな気分に変わってきた。職場の健診で、昨年と同じように胃と腸が要精密検査の対象となった。私は消化器系が弱いらしい。精密検査では当然だが前日夜から当日の飲食を制限されるので、暑さがおさまるまで先延ばししていた。先日は胃カメラを受...

  • 復興を願う

    北海道全域がブラックアウトに陥った胆振東部地震から1年が経過した。家族・友人など大切な存在を失った人、住居を失った人、職を失った人等、被災者の方々には辛い日々だったと思う。1年経ったからといって、辛さが軽くなる訳ではないけれど、どうか明日を積み重ねて歩み続けてほしい。北海道に生まれ育ったが、北海道全体のことを詳しく知っているという自信はない。訪ねたことがない市町村も多い。自分の出不精と知識不足を反省...

  • 空回りの休日

    9月に入った。今年もあと4ヶ月を切ってしまった。先週帰省し、両親がそこそこ元気な生活を送っていることに安心した。二人とも常時服薬している。父は耳が遠くなり補聴器頼み。母は時折食欲がガクッと落ちる。それでも二人揃って迎えてくれ、見送ってくれる姿はずっと変わらず、幸せなことだと思う。いつもの一人暮らしに戻る。仕事は特に問題なく進めている。昨日今日の休日、体が思うように動かない。何かやってはすぐ横になるの...

  • ひきこもり指向性

    「ひきこもり」という言葉はずっと前からあったけれど、今年になってから「青少年のひきこもり」から「大人のひきこもり」、そして「ひきこもりの長期化」が耳目を集めるようになった。「青少年のひきこもり」が長期化すると「大人のひきこもり」になり、ひいては「7040問題」とか「8050問題」と言われるように高齢になった親とひきこもる子との共倒れが心配される事態となる。そうなるとひきこもる子のきょうだいや親戚にも影響が...

  • 過去と現在と未来

    8月はお盆と終戦の日が重なることで、「鎮魂の月」という印象が歳を重ねるごとに深くなってきた。成人になるまでは、自分が生まれる前の遠い昔の出来事や名前しか知らない先祖の話くらいにしか捉えていなかったように思う。それより夏休みという規定により、堂々と集団生活から一時的に離脱できることの方が嬉しかった。成人して就職して、いろいろあって中高年になった。その間に、親族や周囲の人の葬儀に度々参列した。故人の生...

  • 六割以上

    連日の猛暑は週の後半から小休止した。降雨により湿度は高いままだが、気温が低くなって身体はいくらか楽になった。昨日は押し寄せる疲れに負けて、眠ってばかりいた。今日は眼の検診に外出したが、盆休みで休診だった。事前に確認すればよかったと嘆いたが、来週に延ばすしかない。せっかく出てきたのだからと思い直し、整体に行くことにした。予約なしだったが、幸い待ち時間は短かった。美容院も整体院も、プロに施術してもらう...

  • 体内年齢・体力年齢

    全国的に暑い日が続いている。夏休みの子どもたちは比較的元気に見えるけれど、大人たちは厳しい暑さに辟易されている方も多いだろう。私もバテている。今週は毎夜、窓を全開にして首の後ろに冷却ジェルシートを貼り付け、扇風機をかけて眠ろうとしたが寝つきが悪かった。やっと眠っても途中で眼が覚めてしまう。扇風機のタイマーが切れて、暑く感じるからだ。いくら暑くても夜通し扇風機をかけていたら、風邪を引いてしまうかもし...

  • 二者択一

    一年で一番暑い時期がやってきた。本州以南の方々には涼しいイメージを持たれているであろう北海道だが、近年少しずつ高温・多湿化が進んでいると感じる。これから秋になるまで私を悩ませるのは、「流れ出る汗」と「湿気で膨張する髪」のどちらを優先してケアするべきかという問題だ。一般の方々にとっては正直どうでもよいことで、勝手にすればいいと言われそうだ。確かに他人様にはどうでもよいことなのだが、いくらおばさんとは...

  • 丸・円い・回る

    幼少期から丸いものや回転するものに、何故か心引かれる。牛乳瓶の口と底、電柱、風車、ドラム缶、万華鏡、お盆、扇風機、時計、観覧車、換気扇、タイヤ等。数字では「8」だ。丸いものが並んで回転しているから。電柱や丸い突起物に片手をかけて体をぐるぐる回すのが好きだったが、母に見つかりこっぴどく叱られた。「みっともないからやめなさい。」トイレの換気扇に付着したほこりが気になり、職場の上司に言っても相手にされな...

  • 昔の夢

    私が30代を迎えた頃、たぶん20年以上前のことだったと思う。職場の話好きな上司から、将来の夢について問われた。返答に窮した私は、少し考えてから「ちょっと快適な老人ホームに入ること」と言った。上司は「また変人ぶりが出たな。」というような表情を見せた。集団生活が苦手であるという本質を隠して、仕事中心の毎日を何とか乗り切り、生活の糧を得ることが最優先だと考えていた。休日はエネルギーを充電する時間で、積極的に...

  • 似ている背中

    先日、職場の敷地内で母猫に育児放棄されたと思われる子猫が一匹見つかった。話を聞いた途端に心が子猫に占領されてしまったが、仕事を放り出す訳にはいかない。頃合を見計らって、子猫がいる部屋に行ってみた。タオルらしき布を敷き詰めたダンボール箱があった。子猫は小さな寝息で小さな背中を動かしながら、下を向いて眠っていた。小さな身体が壊れそうで、触れられない。眠りを妨げてはいけないと思った。顔や手足は見えず、丸...

  • 物憂げ・物ぐさ・物知らず

    私とOCD(強迫性障害)の付き合いは長い。症状をはっきり自覚したのは20歳のときだ。以降、一進一退をたどっている。しかし自覚する以前から、その傾向は強かったように思う。無意識に強迫的なマイルールに従って生活していると、ときどきエネルギーが枯渇して猛烈にだるくなる。強迫的になってしまう原因は、たぶんSAD(社交不安障害)の対人恐怖的な側面から、人に弱みを見せたくないという心理が働いているのだと思う。小学校高...

  • 現状維持は自分次第

    先延ばしにしていた整形外科受診。冬の間、右ひざの違和感と左足の外反母趾が気になっていた。しかし春になって車通勤を始めると症状は治まり、喉元過ぎれば何とやらで、日が経ってしまった。そして本日、腰が重い自分に発破を掛けて初めての病院に足を運んだ。結果は「積極的な治療の必要はない。」だった。異常はもともとあるのだが、治しようがないのだ。首から下のレントゲン写真をたくさん取った。現在のところ、骨粗しょう症...

  • 万感胸に迫る

    昨日帰宅したら、住民税の通知書が届いていた。私は開封したそれをじっと見つめ続け、さまざまな感情が湧き起こり、なかなか眠りにつけなかった。過去5年間、私は住民税を納めなかった。正確には、住民税を納められるほどの収入を得ることができなかった。生活の安定を切望しながら叶わなかった5年10ヶ月を経て、ようやく現在の職に就いたのは昨年2月だった。住民税納税通知書は、私が社会復帰できた証拠だ。結論は「嬉しい。」に...

  • こころもち刹那的にいこう

    かねて手続きを済ませていた、障害者手帳の更新と自立支援医療受給者証の再認定の通知が届いた。先日役所に出向いて新しい手帳を受け取り、旧受給者証を返納すると同時に交通費の助成を受けた。更新・再認定が決定されてほっとした。ありがたいことだと素直に思う。先月下旬から今週にかけて、眼科検診・役所の用事・職場の健診・精神科定期通院等が続き、少し疲れた。30代・40代ではあまり意識しなかったのだが、50代になると健診...

  • ゆっくりと過去になる

    先の日曜日と月曜日は、5月とは到底思えない程の真夏並みの暑さだった。暑さに慣れていない身体が、とめどもなく汗を滴らせるのでタオルを手放せなかった。季節外れの暑さは地球温暖化が原因なのだろうか。もしそうなら一人の人間として、できるだけのことはしなければならないと思う。暑さの中で迎えた同居犬の一周忌。平成最後の5月、あっという間に亡くなった。4年間心臓病を患い徐々に悪化はしていたけれど、小康状態を保って...

  • カッコつけたつもりが

    このところ5月にしてはとても暖かい。というか、今日は暑いくらいだ。明日は30℃を越えるらしい。本来はリラ冷えの頃なのに、リラ(ライラック)もびっくりしているのではないかと思う。昨日、半年ほど前から働き始めた甥に夕食をごちそうした。私は昨年の2月まで、職の定まらない期間が5年10ヶ月も続いた。その間、彼とその弟には申し訳程度のお年玉をあげるか、あげなかった年もあった。伯母として、子どもの楽しみを奪ってしまっ...

  • 強いのか弱いのか

    今日で歯科治療が終了した。土曜日しか通院できない上にゴールデンウィークを挟んだので、思いのほか期間が長くなってしまった。次は冬季から気になっていた整形外科に行くつもりだったが、その前に眼科の定期検査に行かなくてはならない。ハードレンズからソフトレンズに変更して慣れるまで時間を要したけれど、付け外しはまずまず上達した。ただ付け外しの際に指が直接眼球に触れるため、ハードレンズより衛生上のリスクが大きく...

  • 正解がない

    10連休が明けて、日常生活が戻ってきた。心身の調子を崩してしまう人(特に子ども)が社会的にも懸念されるなか、幸いにして私に大きな変化はなかった。遅れていた月初の業務、毎日の業務、そして連休前に計画を立てていた業務をコツコツとこなしていくだけだ。概ね一人作業なので、人のペースに合わせることが苦手な私にはありがたい職場だと思う。一方で連休中に小耳に挟んだことが、頭の片隅にずっと居座ったままになっている。...

  • 青・壮年を駆け抜けて

    長いと思っていた10連休も、今日を入れてあと3日間となってしまった。前半は帰省して、夏タイヤに交換した。ヒバリのさえずりに耳を傾けながらの散歩道、北国の遅い春の空気を胸いっぱい吸い込んだ。わずかに雪が残る大地から、元気をもらったように感じた。後半は自宅に戻り、パソコンの整理を続けている。昨日は友人と外出し、楽しいひとときを満喫した。今日は髪を切り、気分転換を図った。買い物がてら近所を歩くと、桜・チュ...

  • 桜ほころぶ

    本日から10連休が始まった。現代は社会が複雑化しているから、受け止め方もいろいろだろう。属する業界、職種、雇用形態、年齢、家族構成、その他諸々。休める人と休めない人。休みたい人と休みたくない人。収入が変わる人(私もその一人)と変わらない人。元号が変わっても、社会が急激に変化することはないと思う。それより連休後、日常にすんなり戻れますように。羽目を外しすぎない程度に過ごそう。計画では明日帰省して前半終...

  • 月になりたい

    金曜日の夜は見事な満月だった。帰宅途中の車から、運転に支障がない程度に繰り返し見上げていた。帰宅後もその光景が目に焼き付いて離れず、しばし空想にふけってしまった。月になりたいな。そうなれば絶えることなく浮かんでくる不安から解放されるかもしれない。「不安」は人間にとっては、適度に必要な感情だという。不安があるから注意深くなったり、危険な場所や行為を避けて身を守ろうとする。しかし、私はいつも過剰な不安...

カテゴリー一覧
商用