searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

emiさんのプロフィール

住所
世田谷区
出身
杉並区

自由文未設定

ブログタイトル
Green Dragon
ブログURL
http://keiryu-sha.jugem.jp/
ブログ紹介文
ハーブやインセンス。スピリチュアルなこと。宝石や隕石や化石。日々さまざまなテーマで書書いています。
更新頻度(1年)

129回 / 365日(平均2.5回/週)

ブログ村参加:2015/04/14

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、emiさんの読者になりませんか?

ハンドル名
emiさん
ブログタイトル
Green Dragon
更新頻度
129回 / 365日(平均2.5回/週)
読者になる
Green Dragon

emiさんの新着記事

1件〜30件

  • 直感的

    説明・推理・推測・考察をしたり証拠を見つけるというプロセスを経ずにものごとの真相を心(感覚)で捉えること ↑これを「直感」といいます。 本来は誰にでも備わっている感覚なのに、直感の声を間違いなくキャッチするのは

  • 主体的に

    5年以上前に「自伐型林業」のことを知り、ああこれしたい!と強く心に響きました。 自伐型林業をうんと簡単に説明すると、 少人数で作業できる範囲の山林を決めて(定着して)そこで伐採をして収益を上げるだけではなく、林道の整備や

  • リモート

    リモート(remote)とは・・ 多くは他の語の上について複合語を作り、遠く隔たった○○を意味する。 リモートコントロールリモートキーレスエントリーリモートアクセスリモートワーク・・・・ 私の生活にはテレビのリ

  • 変わりゆく

    2019年の大晦日には、一年後の現実を全く想像できなかった。 たぶん誰もがそうだと思うけれど 2019年12月31日におけるそれぞれの人の「今ここ」を起点にして、未来の展開を予測したはずなのです。 何でも手抜か

  • うつりかわり

    ブログを書き始めたのが、7年前くらい。 最初は何を書けば良いかわからずそもそも「書きたいこと」がなかったので、 誰かに興味を持ってもらえそうなこと自分のビジネスに繋がりそうなこと いま思えばそういうことばかり書

  • さしのべる

    社会的に弱い立場の人被災して生活全てをなくしてしまった人犯罪に巻き込まれて途方に暮れている人 ほんの少しですが、私にできる範囲で寄附を続けています。 労働力として被災地で活動したり必要な人に情報や物資を手渡したり&nbs

  • 12月のエネルギー

    気づけば、12月も半ばを過ぎました。いつも12月は気ぜわしく過ぎますが、今年は訳のわからないまま時間があっという間に過ぎていきます。 2020年12月を数秘学的に見ると、その根底に流れているのは人類全体の集合無意識とも繋がる7のエ

  • Life Journey

    ありきたりの言い方ですが、 人生は長い旅だと思います。 最初から目的地を決めていて道順や宿屋など情報収集もバッチリで迷うことなく旅をする人もいるけれど、 目的地を決められなかったり実は目的地に魅力を感じなかった

  • 変遷その5〜身体と心

    身体と心は深く繋がっている身体と心の両方が健康的でいることが大切 ↑そんな当たり前のことを確信できたのは、40歳近くになってからのことです。 子供の頃は、しょっちゅう熱を出したり喘息になったりアトピーがひどかっ

  • 変遷その4〜エネルギーは流れる

    目に見えない世界との初めての遭遇は、 いわゆる「手当て療法」でした。 レイキ、気功、クォンタムタッチ、手かざし・・ 身近なところでは、 身体の痛みや不快感を感じる部分に手を当てたり温かい手で疲れた足を

  • 変遷その3〜心が映し出される!

    数秘学で扱うのは、形を持たないエネルギーである「数」。 慣れるまでは抽象的概念をわかりやすい言葉に置き換えられず、 何だかわかるようなわからないような・・・ という感じになりがちです。 師匠から&nb

  • 変遷その2〜未来を知りたい!

    子供の頃から、不思議なものや目に見えない世界のことをあれこれ妄想するのが好きでした。 とはいえ積極的にそちらへ飛び込む勇気はなく、テレビや雑誌の怪談話や心霊写真にドキドキするだけが関の山。 そんな私が、自分が何のために生

  • 変遷その1〜数秘学

    人生は選択(決断)の連続から成り立っています。 人生の方向そのものを変えるような大きな選択は滅多にやって来ないとしても、うんと細かく考えるなら毎日の一瞬一瞬が選択の連続なのです。 とはいえ、日常的な選択のほとんどは習慣的

  • 50年

    3月からずっと気になっていた映画 「三島由紀夫 VS 東大全共闘 50年目の真実」 観てきました! ロードショー公開はちょうど緊急事態宣言の頃だったので見逃してしまったけれど、 ミシマが亡くなって50

  • 視点

    ときどきJRを使って品川まで行くのですが、秋になってからスーツケースを持った人が増えたなあ・・と感じるようになりました。 正確には、旅支度をした利用者が戻ってきたなあ・・というところですね。 品川駅から新幹線にも乗れるし

  • 出くわしたこと

    私にもそういう傾向はあるけれど、 たまたま(偶然)出くわしたことにことさら意味を見出そうとする という体験はありませんか? 例えば・・ 運動会の朝、いきなり土砂降りの雨。入社試験の帰り道、空に虹を発見

  • 11月のエネルギー

    11月になりました。 もう11月!何て早い!今年は時間がごっそり抜き取られてしまった・・そんな感じがしています。 数秘学的に2020年の根底に流れているのは、日常や人生そのものを象徴する4のエネルギー。 コロナ

  • 五百分の一

    東京都の新型コロナ感染者数が累計30,000人を超えました。 東京都の人口が約1,400万人。1400万 ÷ 3万 = 466.7 ↑こんな単純計算をしてみると、 都民の約500人に一人

  • 無料

    つねづね微妙な感じを持っているのですが、 「無料」のものを好きな人って、けっこう多いのですね。 叔父さんがくれたお年玉友人から贈られた誕生日プレゼント隣人から林檎のお裾分け同僚に招待されたバーベキューパーティー&uarr

  • 映画監督

    その昔、PCスクールに通っていた頃のこと。 といってもOffice系スキルアップではなく。画像加工とかwebデザインとかを学んで自分でホームページを作ってみたくて、HTMLから始まってJava Script、Photoshop、I

  • 灯り

    心が落ち着かないときや、ゆっくり過ごしたいとき。たいていキャンドルを灯します。 「だんらんのひととき」的な雰囲気を醸し出すので、毎日の夕食時にも小さなキャンドルを灯します。遺伝子に組み込まれた感覚、かも知れません。 暗闇

  • 「日本沈没」

    怖い小説はたくさんあります。 とはいえ「怖さ」には何種類もあり、初回は怖くて読み進められなかったものが数年後にはすいすいページを繰れることも。  今日の作品は、 「日本沈没 上下」 小松左京著光文社カ

  • 食欲

    誰にでもそういう時期があるでしょうか? 美味しいものを食べに行くことにすごーく夢中になっていた時期があります。 鮟鱇や上海蟹など季節の味覚なかなか予約の取れない人気店ホテルのバイキングも外せないし知る人ぞ知る人里離れたう

  • 傍観者

    9月23日の記事 マスク生活 の続き。 よくよく考えれば、マスクを着けることや他人と物理的距離を置くだけでウィルス感染を防げるわけではない。 なのに、マスクを着けることが感染症予防への「意識の高さ」そのものになってしまっ

  • 10年

    占星術を学んだのは、10年以上前でした。 用語とか構造を覚えるのが精いっぱいで、ホロスコープと天文歴を睨みながら定型的な読み方がやっと・・という感じでした。今になってみると。今年になってからアロマ関係の出版記念講演会に参加し、何と

  • 占星術 & SevenLayers モニター募集のお知らせ

    占星術とヴォイス・スキャン(R)SevenLayers を使うオリジナルセッションのモニター様を募集します。オンライン(Zoom)のセッションです。稼働中のSevenLayersは世界で5台です(9月30日現在)。 地球も社会も大

  • 「アリスの国の不思議なお料理」

    遙かな昔、高校生だった頃の選択科目で「2週間に一度は美味しいものを作る」という家庭科の調理実習を履修していました。 割烹着の似合う先生が持ってくるレシピは、毎回斬新でとても楽しかったなあ。教えてもらった「豆腐のレアチーズケーキ」は

  • マスク生活

    今までマスクをしたことがなかった私も、マスクが外出時の必須アイテムになりました。 10年以上前、知人のお嬢さんが学校へ行けなくなり家族とも顔を合わせないし話もしない。そんな状況が続いたそうですが、 しばらく後に「マスクを

  • つれづれ

    関わっていたコミュニティから退会しました。 数年前、活動の内容と信念に共感したことがコミュニティに参加するきっかけでしたが、 置かれた環境も活動方針もメンバーも短期間の間にどんどん変わり、気づいたらあれっ?と思うできごと

  • 『知の越境法 「質問力」を磨く』

    複雑で難しいものごとを難しい専門用語を混ぜて語ることは、努力次第でできそうな気がします。 けれど、複雑で難しいものごとを自分の中に取り込んでよくよくかみ砕いて消化してから自分の言葉で再構成して語る・・・ これはなかなか難

カテゴリー一覧
商用