プロフィールPROFILE

MAMMA ちょっと 元気になれる かもしれない処さんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
MAMMA ちょっと 元気になれる かもしれない処
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/mamma-mi-e
ブログ紹介文
箱根西麓の山の上で 自然な生き方を模索する日々
更新頻度(1年)

313回 / 365日(平均6.0回/週)

ブログ村参加:2015/01/22

MAMMA ちょっと 元気になれる かもしれない処さんのプロフィール
読者になる

MAMMA ちょっと 元気になれる かもしれない処さんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 11/12 11/11 11/10 11/09 11/08 11/07 全参加数
総合ランキング(IN) 30,560位 29,496位 27,011位 26,922位 26,913位 24,238位 24,245位 977,689サイト
INポイント 0 0 10 10 0 10 10 40/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
その他日記ブログ 358位 331位 288位 285位 280位 244位 241位 27,341サイト
のほほん 4位 4位 3位 3位 3位 3位 2位 451サイト
今日 11/12 11/11 11/10 11/09 11/08 11/07 全参加数
総合ランキング(OUT) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 76,285位 75,580位 977,689サイト
INポイント 0 0 10 10 0 10 10 40/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
その他日記ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 1,173位 1,152位 27,341サイト
のほほん 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 10位 10位 451サイト
今日 11/12 11/11 11/10 11/09 11/08 11/07 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 977,689サイト
INポイント 0 0 10 10 0 10 10 40/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
その他日記ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 27,341サイト
のほほん 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 451サイト

新機能の「ブログリーダー」を活用して、MAMMA ちょっと 元気になれる かもしれない処さんの読者になりませんか?

ハンドル名
MAMMA ちょっと 元気になれる かもしれない処さん
ブログタイトル
MAMMA ちょっと 元気になれる かもしれない処
更新頻度
313回 / 365日(平均6.0回/週)
読者になる
MAMMA ちょっと 元気になれる かもしれない処

MAMMA ちょっと 元気になれる かもしれない処さんの新着記事

1件〜30件

  • ストレスにならないブルーシート

    車検の事前点検から帰って来る途中で、雨が降り出しました。3時過ぎからでしょうか、雨がひどくなり、雷も鳴り始め、停電!割とすぐに停電は解消したのですが、その後も雨と雷は続きました。何度も窓から裏の斜面を見て、雨の流れを確認すると、ばあちゃんと作った水路が機能していて、水がちゃんと流れていました。長屋の裏も無事通過。16:13写真の白いポツポツは何?雨?裏のブルーシートを眺めながら、これが無かったらどんなに不安なことだろうと思いました。こんな激しい雨が降れば、また崩れるのは自然なことですから、とりあえずはシートで保護されていることが有難いです。初めは、ブルーシートの眺めはストレスになるだろうなと覚悟していたのですが、順応性が高いのか、あまりストレスと感じていない気がします。人間は慣れるものだと思いますが、それよりも...ストレスにならないブルーシート

  • イノシシの後始末

    農園の斜面はだいぶ前からイノシシに掘られていて、道路の端はボコボコ。石や泥が道路にはみ出しているので、きれいにすることにしました。この辺りまでは楽だったのですが、この先は道路がへこんでいて、そこに長年の泥と小石が溜まって少し高くなっています。どうしようか考えた結果、イノシシにきっかけを作ってもらった道路整備なので、余分な泥や石を一輪車で運んで反対の道のへこんだ場所に広げました。結局下までやり続け、道路はすっきりして広くなりました。その後、大斜面と東の斜面の道を歩いて、イノシシの活動状況を自分の目で確認しました。この斜面の細い道は、全て私がクワ1本で作った道なのですが、全部繋げたら相当の長さになるはず。このすべての道をイノシシが掘ってあるのを確認し、特に上の2段は掘り方が激しく、道だけではなく斜面まで掘ってありま...イノシシの後始末

  • 次はサトイモ

    昨日からばあちゃんが、農園の畑で作った里芋を掘り始めました。まずタケノコ芋の葉を全部切ってしまったので、今年は早いなと思いました。タケノコ芋は、太い親芋と小さい子芋の両方を食べるサトイモです。掘った芋をかごに入れて、長屋の横の畑に運びます。あとは大きな株ごと掘り起こすサトイモで、これは相当重いですが、ばあちゃんは子芋が取れないように、丁寧に掘って行きます。タケノコ芋は長屋の横の畑を掘って保存しました。今年は早いんじゃない?と聞いたら、1カ月掘るのを間違えたと言うので、なるほど、子芋の小さい理由が分かりました。大きな株の芋は、農園の空いている畑を掘って保存することにしました。こんなにたくさん、どうなるんだろう・・・。一緒に畑仕事をやり始めた頃は、市場に持って行ったり、軽トラで売ったりしましたが、数年前、もう売らな...次はサトイモ

  • 命の期限

    病院で出来ることはないということで、知人が自宅療養になったと知りました。奥さんが私の友達で昔よくお邪魔したので、旦那様も良く知っている仲です。ブログで確認したら、手術をしたのが4月12日でしたから、もうすぐ7カ月。見も心も激動の日々だったと思います。何とも言えぬ気持になって、歩きに出かけました。たくましく咲く野菊の美しさに、悲しみがふつふつと沸き上がります。命に期限があるのは、みんな同じ。自分がそれを知った時、どんな気持ちになるのだろう・・・。また会いに行って、出来る協力はしたいと思います。命の期限

  • サツマイモの収穫

    ばあちゃんの畑に行くと、サツマイモのつるを切ってまとめてありました。サツマイモも既に掘ってあったので、家にかごを取りに帰りました。以前と比べたらずいぶん少ないのですが、去年は全部何物かに取られてしまって、一つも収穫が無かったことを考えると、十分過ぎる量だと思います。安納芋と切干芋も少し作ったようで、それらは当分かごで寝かせてから使うことになります。紅あずまの大きさはちょうど良くて、いいタイミングで掘れたということでしょう。これでイノシシの心配がなくなったので、隣の畑の草刈りをしてもいいかなと思いました。今年の大根は真っすぐ伸びていないで、途中からカーブしています。耕し方が浅いということかと思っているのですが、ばあちゃんは土寄せをしなかったからと言います。これから掘っていく大根がどんな形か、興味を持って見ていきま...サツマイモの収穫

  • 百日紅の向こう

    朝晩はかなり寒さを感じるようになりました。残りの柿を採り終わり、ばあちゃんの座る所に置いてから、今日は何をしようかと考えながら周辺を一回りしてきました。今のところイノシシは、家の庭まで来ていますが、ばあちゃんの畑までは足を延ばしていません。まずは、東の斜面の一番上の道に植えた百日紅を小さくすることにしました。6本植えた百日紅は、しっかり根付いて大きくなって来ました。富士山と愛鷹山がきれいに見えます。どんどん切るつもりだったのですが、途中でやめて、ばあちゃんの意見も聞きながらもう一回やることにしました。私よりも山の経験は豊富ですから、それを聞いてやります。上の道から、長屋で作業するばあちゃんと干し柿がきれいに見えました。農園の周辺のビワの木も切ることにして、そちらは相当切ったのですが、蕾がたくさんついていて、もっ...百日紅の向こう

  • 最後の柿の木

    ばあちゃんの干し柿作りも終盤となりました。まさかこんなに柿をとるとは・・・!私の新記録です。3本の普通の渋柿を採り終わり、最後はばあちゃんがサルガキと呼んでいる柿の木です。昔は竹やぶの中にあったので見えなかったのですが、竹を伐ったので存在を知りました。サルガキという呼び方は、猿も食べない柿という意味だろうと思っていました。カラス山椒とかイヌ山椒というように、ちょっと卑下したような呼び方の仲間かと思い、確認してみたら、サルガキは信濃ガキの別名という説明がありました。信濃ガキはブドウの房のように実がなる小さな柿で、豆柿、千成柿とも呼ばれている物で、ばあちゃんが言うサルガキとは別の柿だと知りました。なのでこのサルガキは、勝手に名付けたものだと思います。小ぶりで色も割と薄い柿なので、干し柿にしてもあまり美味しくないかも...最後の柿の木

  • 裏の木を切る

    今日は裏の道にある木を切ることにしました。まずは桜の木、一度根元から切ってあったものですが、大きくしないように、毎年枝を切って花が咲くのを楽しみにしていました。今年も細い枝がたくさん出ているので、何も起こらなかったなら、それらを切るだけでした。小さな木を植えておいた方が、土手が崩れるのを防げると思っていたからです。その考えから、道をきれいにした時、端には百日紅と山つつじを植えた訳です。この大きさなので、20分ちょっとで細いのも太いのも枝は切り終わりました。ノコギリで根元から切るのは大変過ぎるので、今日はここまでにしました。この後、1本1本丁寧に植えた百日紅と山つつじもバッサリ小さくしました。幹が太くならない木を小さくこじんまりとして植えて置くのは、土留になるようです。最後に奥の柿の木も小さくして、昔からある大き...裏の木を切る

  • 束ねる

    ばあちゃんの干し柿作りはまだ続いていて、3本の渋柿は全部採り終わり、多分明日吊るし終わると思います。ただしこれで終わりでは無いので、乞うご期待?台風の前に刈っておいたコナラの道の斜面、カヤは少ないですがチガヤは一杯で、それを道の下の畑にかき下ろそうと考えました。一応ばあちゃんに言うと、畑に入れるから道にためて欲しいと言われたので、大きな熊手で斜面の上からかき下ろしました。すぐにばあちゃんもやって来て、束にするためにきれいに集めていきました。昼前にそろえ終わり、午後は別の仕事をしてから束ね始めました。私は崩れた土砂を捨てた斜面にたまっている木の根や草の塊を片付けてから、ばあちゃんの様子を見に行きました。全部やってしまう気だと分かったので、しばらく違う仕事をしてから、軽トラで運びに行きました。12束作ってあったので...束ねる

  • イノシシ家庭訪問?

    昨夜の11時ごろ、空を見ようと玄関を開けた時、何かの気配を感じてすぐ閉めました。あれが、やっぱりそうだったんだ。庭の端に作った畑の草が溜まっている場所が、ボコボコ深く掘られていました。良く見るとその先に積んであったクヌギの古い丸太が、ごっそりとひっくり返されています。クヌギの丸太は以前シイタケ菌を打った物ですが、乾燥でほとんどシイタケは採れず、あきらめたばあちゃんが畑の隅に積んであったものです。一緒に置いてあったスギやヒノキの長い丸太まで持ち上げる力、これがイノシシパワーです。東の斜面の道を見たら、イノシシがずっと掘りながら歩き、家の横の畑に下りてきて、ついに畑の中のミミズや幼虫を食べて帰ったらしいと想像しました。このまま家の前を通り過ぎて、ばあちゃんの畑まで行かないよう願っています。イノシシ家庭訪問?

  • 着古した作業着

    11月のスタートは穏やかな秋晴れでした。今年もあと2か月かと思うと、うーん、早いなあ・・・。あの夏の暑さは、すっかり忘れてしまいました。一日に何度も着替えたTシャツは、ますます洗いざらしになりましたが、その心地よさを知ってしまったので、来年も着ると思います。デニムの上着も特に背中が白くなって来て、生地もずい分薄くなりました。左の袖の先が破けてきても、腕抜きをしてそのまま着続けています。作業着というのは、着古せば着古したほど体になじんでくるのを感じるので、自分でもどこまで着るのだろうと先が見えません。クワと同様、シャツや上着も開拓の同士、分身のようになっている気がします。新しいTシャツも着ていかないと困るとは分かっているのですが・・・。私が生きていくのに必要な物って、少ないなと思います。土砂の片づけとブルーシート...着古した作業着

  • 令和元年の10月

    台風にも負けずに咲いていたプランターの赤い千日紅を、片付けることにしました。根が抜けやすいよう水をやらずにいたのですが、枯れるところまではいかないので、掘りあげた根っこのふわふわ状態は見事!花壇に植えた方は深く根を張るので、根を掘りあげることは出来ずに根元で折れてしまいます。まだきれいな花を切って空きビンに飾っておきました。4月に亡くなった叔父さんの家から引っ越してきたカランコエとゼラニウムも元気で、ゼラニウムは今も花を咲かせています。たまに水をやるだけにして、ほぼ置きっぱなしの多肉植物の生命力には、ほんとに脱帽!小さな白い花を咲かせているのを見て、これは危機感を感じたからなのかなとちょっと心配。コンクリートに落ちたままでも大丈夫、その上紅葉にも見える色の変化。寒くなったら叔父さん手作りの温室に入れますが、増え...令和元年の10月

  • 崩れないようにしたい

    土手が崩れないようにと、草刈りの時に気を付けて残して置いた山つつじ、台風19号の土砂崩れで台所の前は何株か落ちてしまいました。長屋の横の土手の方には、もっと大きい株がいくつかあります。大きくなると花がたくさん咲いてきれいなので、何も剪定せずに放任していました。今回の土砂崩れの経験から、この状態は良くないとやっと気づきました。無理な体勢で生えているから、一層根がしっかり張るだろうくらいに考えていたのですが、大雨が降り続けば耐えきれなくなる可能性は高いです。株元を整理して2本位にし、細かい枝も切って頭を軽くしようと思います。ガマズミの木も残してありますが、こちらは先日1本にしました。これ以上大きくしなければ、土手を守ってくれると思います。昔はクヌギ林だった母屋の裏山は、開拓を始めた頃に全部伐ってもらいました。それは...崩れないようにしたい

  • ブルーシートと富士山

    冷たい雨の一日でしたが、雨量はそう多くなかったのでほっとしました。いつもより丁寧に家の中の掃除をし、ゆっくり新聞を読み、ばあちゃんのリハビリ柿をつるしてから、傘をさして軽トラの掃除開始。気になっていた泥汚れをきれいに落として、すっきりしました。友人の旦那様の病状が進んでいるという話を聞いて、せつない気持ちになり、集中治療室に入院中の若い叔母のことも気がかりです。夕方雨もほとんど上がったので、傘をさして家の周辺を歩きに出かけました。農免道路から眺めると、富士山の上半分が雲の中で下だけ見えました。きれいだったので家にカメラを取りに行き、道路から写真を撮ったのですが、そのまま見ていると雲が上がっていくのです。見始めて10分、16時45分になると霧が湧いてくるのが見えて、何とも言えぬ美しさ。長屋の屋根の上方に見える富士...ブルーシートと富士山

  • イノシシとサツマイモ

    草刈りをしようか、迷っています。大斜面の道や斜面をイノシシが掘る状態は、また激しくなっています。草が伸びてきている下の段の方が被害は少ないので、ばあちゃんに言うと、カヤが生えている所には虫がいないんだよと言うのですが、真実は?刈った草が溜まっている所は、特に掘り方がすさまじいです。先日イノシシの罠を仕掛けに来た人が大斜面を見て一言、「これはイノシシも歩きやすい。」餌のミミズや幼虫もたっぷりあって、確かに掘りまくるのは当然でしょう。これを見ると、ばあちゃんの畑や夢の畑の草刈りは控えた方がいいかも・・・。草が溜まった畑をボコボコに掘られた経験があるので、草は刈りたいのですが、そちらの畑にイノシシをおびき寄せるようなことは、やるべきではない。一生懸命草刈りをして、イノシシの天国を作る、うーん・・・。今日は箱根山御山組...イノシシとサツマイモ

  • 柿でリハビリ

    去年はあまりならなかった渋柿が、今年は豊作です。2本は昔からある木を小さくしたもので、1本は頂いた苗木を植えたもの、日当たりのよい斜面にある2本が、枝が垂れるほど実がついています。抜き柿にして食べていましたが、先週の途中から干し柿作りを始めました。私が柿をとって来て、それをばあちゃんが皮むきして紐に括り付け、数年前からは長屋の物干しざおに吊るしています。そんなにたくさんやるつもりは無かったのですが、ばあちゃんはやる気満々で、連日の干し柿作りに没頭しています。ばあちゃん曰く、「リハビリになるよ。」確かに包丁で薄く皮をむき、紐に輪を作って柿を一つずつつける作業は、脳にも体にも刺激になっていいと思います。夕方までに物干しざおは一杯になり、数えてみたら360個以上はありそう。濃い色は最初に吊るした柿でかなり小さくなり、...柿でリハビリ

  • 作り直し

    17日に掘った裏の水路は、一週間で失敗に気づきました。原因は桜の落ち葉の量で、雨どいの掃除をしてもすぐに溜まってしまい、先日の雨ではといからバシャバシャ雨が落ちていました。その結果、家の壁の方に作った水路の土手が、樋から落ちる雨で崩れ、土手の上に雨の線が出来てしまいました。毎日樋の掃除をするというのはいやなので、水路の作り直しを決めました。樋からの雨が直接水路に入るよう掘りなおして、壁の方にはプランターを土嚢代わりに置きました。プランターには、掘ってそのままにしてあったミヤコワスレを植えてみました。土も良くないし日も当たらない場所でも、ミヤコワスレならきっと生きると期待して。ブルーシートをかぶせる前は、裏の道に桜の葉はほとんど落ちて来ませんでしたが、今は落ち葉の滑り台状態なので、今日も一輪車に一杯の落ち葉を運び...作り直し

  • 高齢者の健診

    予想よりも雨がひどくならないので、ばあちゃんの病院に行って来ました。毎月詳しい血液検査をしているので、特定検診は受けないということを、ばあちゃんと相談して決めていました。ところが特定検診とがん検診を受けるように言われ、やらなければいけないのですかと聞くと、健診でやらなければ保険で心電図検査をすると言われました。ばあちゃんは初めて具合が悪くなった平成27年に、初めての健診を受け、あちこちの病院にかかって、今の病院で多発性リューマチ性筋痛症と診断されました。その翌年の28年と29年にも健診を受けるように言われたので、受けましたが、胃のレントゲン撮影で腰と背中を痛めて整形外科に通うことになったり、心電図でちょっと気になるからと精密検査を受けるように言われ、検査した病院で結局心配はいらないと言われましたが、主治医の説明...高齢者の健診

  • 倒木モミジの旅

    16日と18日にアップしたモミジの倒木を、農園の畑に下ろすことにしました。モミジの木は斜面に逆さまになっているので、根元を下に持って行き、そのままずるずると下に引っ張ればいい、その方針で始めました。ところがところが、そう簡単にはいきません。根元を横にすると、先の方が回転しながら落ちていきます。結局、根元を下にすることは出来ません。斜面の半分くらいの所まで下ろした写真、赤い手袋の横にチラッと見える緑の葉は、一昨年移植したオオデマリの苗木で、モミジの枝に抑え込まれましたがセーフでした。下ろす前に少々手間がかかっても、枝を切って太い幹と分けて下ろす方が正解だった・・・。今からそれをやろうか、ちょっと考えました。ここまで下ろしたので、この先も大変だろうけれど、今回はこのやり方でやってみよう。それには工夫とかなりの力が必...倒木モミジの旅

  • 初冠雪翌日

    昨日の初冠雪の雪は、今日残っていました。ばあちゃんの畑から見たら、台風19号で崩れた畑で作業が始まっていました。9:40雪の積もり方から、御殿場から眺めると真っ白な富士山に見えるだろうと想像しました。崩れた畑は、台風19号の後崩れ方が増したことが分かります。小型のショベルカーで平らにし始めたようですが、怖い作業だろうなと思います。この畑はどうなっていくのだろう?どうやって崩れをとめるのだろう?家の裏の土砂崩れについて確認したいことがあったので、午後は役所に行って来ました。現実は厳しいことが分かり、次の手立てを考えねばと思いを新たにしました。気分転換に佐野美術館へ寄って、「肉筆浮世絵の世界」を見てきたのですが、人が多くて驚きました。虫眼鏡で見たくなるほどの細かく繊細な描写に驚き、今も昔もすごい人はすごいと感じまし...初冠雪翌日

  • 目が覚めてしまう

    昨夜は2時間おき位に目が覚めてしまい、裏の様子を見ました。雨が強くなったり、雷が鳴ってドーンとものすごい音がしたり、そのたびに起きて、長屋の裏も電気をつけて見ました。朝、窓を開けて撮った写真。これでは目が覚めるのも当たり前だと思いますが、ばあちゃんは良く眠れたそうです。70年近く一度も崩れたことが無い場所が、今年になって初めて崩れ始めたという事実。過去の実績は過去の物で、今につながると思ってはいけないと身に沁みました。なので、どこから崩れても不思議ではないと思考の大転換をしたら、今度は気になって、これでは雨が降るたびに、寝不足になりそうです。今日は「即位の礼」雨で予定が少し変更したようですが、特殊な世界を垣間見ました。夕方のニュースで富士山の初冠雪を知り、今日は富士山を見なかったと気づきました。残念。目が覚めてしまう

  • 斑入りの草

    ばあちゃんの畑の端に、薄黄色の斑入りの草を見つけました。よくある草ですが、名前が分かんない・・・。一面緑の中で一つだけの斑入りには、自然に目がいきました。こういう物から園芸種の草花が生まれていくのだろうな。同じ草が密集している中で、一つだけ違う。人間界だと目立ちますが、草同士は何ともないのでしょうね。今日も次の雨に備えて、目いっぱいいろんな作業をしました。まず、使っていない雨戸を長屋の裏に4枚立てて、土砂に備えました。母屋の裏の土を運んだ場所に長い丸太を運び、土が流れないよう囲み、ばあちゃんはドクダミやシダの塊を掘ってスッキリ。午後はリフォーム以来上っていなかった屋根に、梯子を使って3年ぶりに上りました。雨どいに溜まっている落ち葉を取り出すために、先に長屋の屋根に行き、滑らないよう慎重にといに近づいて完了。次は...斑入りの草

  • 予想通り

    朝、イノシシの罠を仕掛けに来ている人が駐車場に見えました。駐車場に行ってみると、イノシシの活動場所が一目瞭然、すごい掘り方です。大斜面の刈った草を全部広い道に落として置いたのは、正解でした。イノシシは草の下にいるミミズや幼虫を食べるので、草が溜まっている場所が大好き。草の中をずーっと掘ってあり、途中の斜面や細い道も何か所か掘られていました。この掘り方は予想通り!草を下にかき下ろしておいて良かった!イノシシは同じ道を通るそうで、途中の山に罠を仕掛けたようです。農園の草が溜まっている場所も掘られているので、サツマイモが心配ですが、どうしようもありません。イノシシも生きていくために必死なんだろうなぁ。食べるのを幼虫だけにしてくれたら有難いです。今日の午後はお会式に行って来ました。日蓮上人の738回忌だそうで、我が家の...予想通り

  • 灰色のベタベタ土

    朝友人から、昨夜の雨は大丈夫だった?というメールをもらい、大きな崩れは無かったと返信したのですが、部屋から見えないだけでした。先日片付けてもらった浄化槽の横が、今度は崩れていました。9:53近々崩れるだろうとは思っていたので、そんなに驚きはありませんが、水が流れるようにしなければなりません。家の裏は、ばあちゃんと作った水路がちゃんと働いてくれました。長屋の裏にはまだ前回の泥が溜まっているので、板やトタン板をどかして、丁寧に泥を取り、とってあった雨戸を持って来て壁にしました。11:11その後、崩れた泥を移動して堤防のようにしていき、浄化槽の上に木を置いて、水があまり曲がらずに流れるようにしました。今回の土砂は灰色のベタベタ粘土質で、セメントと混ぜればすぐにコンクリートになりそうな泥、かなり大きな石もゴロゴロ出て来...灰色のベタベタ土

  • 倒れた理由

    一昨日気づいたモミジの倒木には、理由があることを思い出しました。開拓を始めた頃、長屋の横のクヌギ林の土手に出ているモミジを見つけて掘ったら、何と根元が90度曲がって土手から生えていました。その木を東の斜面に同じように植えたので、スッと伸びたモミジの根元は、地面に垂直に立っているのでは無かったのです。折れた所を見に行ったら、もろくなっていたようにも見えました。きっと根は横の土手に張っていると思うので、ずっと不自然な状態だったということか。ここへ植え替えたことで寿命を短くしてしまったとしたら、申し訳ないことをしてしまった・・・。ちょっと見ただけでは分からない真実、たくさんあるんだろうな。蕾と花盛りをアップしたヒガンバナは、みずみずしい葉を出していました。台風なんか関係ない!自然は美しくて、厳しいです。倒れた理由

  • 水路を掘る

    次の雨に備えて、土砂を片付けてもらった裏に水の通り道を作ることにしました。全面にブルーシートを張ったので、雨が降ったらもろに水が落ちて来ますから、どの位有効かは分かりませんが、やれることはやっておこうと思いました。10:10タコ糸を張って、そこをばあちゃんが三角▽の道具で掘って行きます。それを何度か繰り返しながら、掘った泥を踏み固めていきました。土砂の片づけの時はばあちゃんの仕事が無かったので、これは任せた方がいいと思い、私は別の仕事をしながら様子を見に来て、途中から一緒にやりました。11:16水路の底をこの道具で削りながら平らにし、まあこれで良しとしました。やったという満足感を、ばあちゃんも感じたと思います。やることは色々あって、午後は斜面から泥と一緒に落ちた山つつじを植えることにしました。全部で5株あり、そ...水路を掘る

  • 周辺の傷跡

    一週間ぶりにスーパーへ買い物に行って来ました。土曜日に台風襲来、日曜日は水道修理、月火で土砂の片づけとブルーシート張りで、他のことには目がいかない4日間を過ごしました。買い物をして帰って来てそのまま駐車場へ。近くの農免道路が大量の土砂崩れで埋まり、開通するまで二日かかったらしいのですが、駐車場からその現場が見えました。畑が切られたようにドサッと崩れたのでしょう。木をなぎ倒して道路から反対側のビニルハウスを一棟壊してしまいました。隣の畑も泥であふれ、今日通ってきたらキウイの棚がぎりぎりセーフでした。この写真では隠れている右隣の畑も崩れていて、お茶畑の上方に土砂が溜まっていました。正面を見ると、家の前の斜面に裏の土砂を捨てたので、まるで崩れたように見えます。写真左の上下2か所は自然に崩れた所で、下の方の崩れは初めて...周辺の傷跡

  • 黙々と働く

    今日も朝から二人の作業員が来てくれました。昨日の続きで何をするのかよくわかっているので、すぐに仕事を始め、まずたくさんの土嚢袋を作っていました。それはブルーシートの押さえにする重い袋ですから、私が軽トラで上まで運ぼうと提案し、道路から下におろしたのですが、重いこと重いこと!2人はすぐに家に戻り、土手に残っていて落ちそうな部分を削って行きました。下に落ちた泥を一人が運び、もう一人はブルーシートを張り始めました。そして泥の片づけが終わり、二人でシートを広げていきます。大きなシートですから相当な重さがあり、先に太いピンで押さえて行って、全部張り終わった後、土嚢袋をきちんと置いて行きました。奥の長屋の裏から見ると、こんなです。その後、シートの途中が風でまくられないように、土嚢袋を吊り下げていきました。様子を見に来た上司...黙々と働く

  • ご恩を忘れません

    朝8時、世和土木の社長が5人の作業員とやって来て、土砂を片付けてくれることになりました。台風の日に現場を見に来てくれた社長が帰った後で、台所の前がごっそり落ちた場所です。ガス給湯器が見えなくなり、雨どいからの排水管がつぶれ、プロパンガスも斜めになりました。写真では大した量に見えませんが、どっしり積もっているのですごい量でした。こちらは3人仕事で、一人が運ぶ専門でやっていました。一輪車2台を使うので、休むひまなくやり続けます。長屋の裏は2人でやっていました。リーダーは日本人で他の4人は中国の方、皆さんほんとによく働きます。中国の方たちは若くて背も高く力があって、鍛えられた体に見えましたが、休憩時間に良くタバコを吸っているので、タバコと縁がない私には珍しい光景でした。下から眺めるよりも上から見ると、土砂崩れの大きさ...ご恩を忘れません

  • 一歩前進

    朝の4時頃だったか、ふと目が覚めてカーテンを開けたら、とてもきれいな月と星。あの豪雨と暴風は夢だったのかと思ってしまう瞬間でした。朝になり、まず水道屋さんに連絡。やはりあちこちから要請があるようでしたが、時間を見つけて来てくれました。漏れている所は崩れたすぐ横だったので、それだけはラッキーです。今日はこの土砂の下にある排水のマスを掘ることになり、仕事に来ている人が二人で始めました。私は家と家の間にたまった泥を出すことにしたのですが、ベチャベチャで滑ること滑ること!少しずつでもやれば進む、排水のマスまでたどり着き、土砂の勢いで外れた排水管をつなぎました。泥の下は浄化槽なので、まだその姿は現れませんが、外れたポンプのつなぎ口は見つかり、つないでみたら無事空気を送り出せていました。心配して友人が駆けつけてくれたり、知...一歩前進

カテゴリー一覧
商用