人事労務管理雑感      カウンセリング ときどき政治
住所
中央区
出身
海外
ハンドル名
ゆめと(ttm21)さん
ブログタイトル
人事労務管理雑感 カウンセリング ときどき政治
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/ttm21
ブログ紹介文
ゆめと(ttm21)です。所感、エピソード等を気ままに綴ってみたいと思います
自由文
経営コンサルタント、キャリアコンサルタント 産業カウンセラー
更新頻度(1年)

13回 / 365日(平均0.2回/週)

ブログ村参加:2014/11/20

ゆめと(ttm21)さんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 09/22 09/21 09/20 09/19 09/18 09/17 全参加数
総合ランキング(IN) 49,040位 50,579位 50,453位 圏外 圏外 圏外 圏外 972,753サイト
INポイント 0 0 10 0 0 0 0 10/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
経営ブログ 333位 336位 330位 圏外 圏外 圏外 圏外 9,597サイト
コンサルタント 31位 32位 32位 圏外 圏外 圏外 圏外 983サイト
哲学・思想ブログ 1,032位 1,064位 1,056位 圏外 圏外 圏外 圏外 12,947サイト
心理学 19位 20位 20位 圏外 圏外 圏外 圏外 418サイト
メンタルヘルスブログ 1,055位 1,090位 1,088位 圏外 圏外 圏外 圏外 28,240サイト
心理カウンセラー 18位 19位 19位 圏外 圏外 圏外 圏外 301サイト
今日 09/22 09/21 09/20 09/19 09/18 09/17 全参加数
総合ランキング(OUT) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 972,753サイト
INポイント 0 0 10 0 0 0 0 10/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
経営ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 9,597サイト
コンサルタント 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 983サイト
哲学・思想ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 12,947サイト
心理学 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 418サイト
メンタルヘルスブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 28,240サイト
心理カウンセラー 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 301サイト
今日 09/22 09/21 09/20 09/19 09/18 09/17 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 972,753サイト
INポイント 0 0 10 0 0 0 0 10/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
経営ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 9,597サイト
コンサルタント 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 983サイト
哲学・思想ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 12,947サイト
心理学 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 418サイト
メンタルヘルスブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 28,240サイト
心理カウンセラー 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 301サイト

ゆめと(ttm21)さんのブログ記事

1件〜30件

  • 問題とは現状と目標のギャップである 「問題解決の進め方」

    顧問先社員教育に備え、放送大学の「問題解決の進め方」(主任講師;芝山盛生、遠山紘司先生)テキストを読み返しました。(写真は遠山先生)表題は「第1章問題とは何か」で述べられています。本科目では、問題とは何かを考え、問題の発見、解決の手順、解決に必要な情報をどのように収集・整理し分析するのが、解決に必要な考え方とは何かなど一連の過程を通して解決策を見いだしていく科学的技法の習得をねらいとしている。(まえがきより)かなり実務的な内容で、大学の授業科目であることに驚きましたが欧米ではこのような科目が当たり前に設けられていて人気も高いそうです。教科書のみの購入も可能ですので興味をお持ちの方に章建てをご紹介しましょう・1問題とは何か2問題を見つける3目標を設定する4解決への手順を決める5解決への姿勢6情報を収集し整理する7...問題とは現状と目標のギャップである「問題解決の進め方」

  • ほめたたえるために生まれてきたのだ(谷川俊太郎)

    2017年2月4日付日経朝刊の「春秋」からです。「ほめたたえるために生れてきたのだ。ののしるために生れてきたのではない。否定するために生れてきたのではない。肯定するために生れてきたのだ」――。「冬に」と題した谷川俊太郎さんの詩である。けれども、この詩の中には冬という言葉が一度も出てこない。▼景色から色彩が消える季節は、意識がおのずと外ではなく自分の心の内側へと向かう。静寂が包む雪の日なら、なおさらだ。何のために生きているのだろう。己がなすべき善きこととは何だろう。自分の本当の居場所はどこだろう。ふと問いかけ、やがて考えるのをやめ、また自問する。そうこうするうち冬は過ぎていく。▼家具の名産地で知られる北国、旭川に近い5つの町でなら、答えは簡単に見つかるかもしれない。「君の椅子」という制度があるからだ。地元で赤ちゃ...ほめたたえるために生まれてきたのだ(谷川俊太郎)

  • すべてを他人のために(ペスタロッチの墓碑銘)

    放送大学で「教育と心理の巨人たち」を学び特に第5章ペスタロッチには感銘を受けました。画一的な知識一辺倒の学校教育を批判し、個性と労作を重んずる自助教育を主唱しつつ、貧民の子女や孤児の教育に生涯を捧げた教育者であり教育学者で、「民衆教育の父」とも呼ばれたペスタロッチ。彼は享年81歳で病苦清貧のうちに死去しました。彼の教えを受けることによって、貧しいながらも自律できた孤児を中心とした人々の浄財により、みすぼらしい墓の脇に立派な墓碑銘が造られました。今回は拙文を省き、この墓碑銘のみをご紹介したいと思います。ここにハインリヒ・ペスタロッチ眠る1746年1月12日チューリッヒに生まれ1827年2月17日ブルックにて逝くノイホーフでは貧者を救った人リーンハルトとゲルトルートでは民衆に教えた人シュタンツでは孤児の父ブルクドル...すべてを他人のために(ペスタロッチの墓碑銘)

  • 令和に思う

    「令和」がスタートして1か月が経ちました。「令和」は英語では「ビューティフル・ハーモニー」と紹介されております(良い訳だと思います)。この報道で私が最初に思い浮かべたのは、科学者であり思想家でもあるアーサー・ケストラーが提唱した「ホロン」です。これは「個と全体との有機的な調和(部分でもあり全体でもある)」という概念です。コンサルタントの私が理想としている会社組織が「ホロニックカンパニー」です。すなわち、多様で自律的なメンバーが個々の能力(個性)を最大限に生かしながらかつ一体となって結合(調和)している・・・。そのような会社組織です。この「令和」の時代に一つでも多くの「ホロニックカンパニー」が誕生するお手伝いをしたい・・・・と、非力ながら決意を新たにしました。令和に思う

  • 職場のコミュニケーション

    顧問先での講話をご紹介します。職場のコミュニケーションについて職場におけるコミュニケーションの構造を思いっきり要約すると朝の「おはようございます」に始まり、終業時の「お先に失礼します」「お疲れ様」で終わります。その間に相手のことを十分に配慮しながら自分の考え・意志をしっかりと伝える送り手としての<アサーション>があり、それをしっかりと受け止める受け手としての<傾聴>があるわけです。御社はこのところ多くの新しいパートナーを受け入れています。この機会にコミュニケーションの原点を皆で見つめ直してみたらいかがでしょうか?昨年11月に昭和女子大で開催された「女性のグローバルキャリアを考える講演会」のビデオを見る機会がありました。その中で特に印象に残ったのがユナイテド航空初の女性旅客機機長となり30年以上もその職にあるデブ...職場のコミュニケーション

  • メジャー3000本安打を生んだモチベーション手法(再掲)

    イチロー選手の引退にあたり本稿を再掲させて頂きます。MLB通算3000本安打を達成したマーリンズのイチロー選手がこだわるのは打率ではなくヒットの数だということです。「打率は上がっているときには高いモチベーションを保つことができるが、下降場面ではモチベーションも下がってしまう。一方でヒットが減ることは無いので、たとえ今の打席が凡打に終わっても次の打席で一本打って積み重ねて行くことだけを考えれば日々高いモチベーションを保つことができる」とのことですが素晴らしい発想だと思います。モラール・モチベーションの研究は私のライフワークの一つですがイチロー選手の快挙をお祝いする中で新たな勉強をさせてもらいました。メジャー3000本安打を生んだモチベーション手法(再掲)

  • レジリエンス(立ち直る力)を育てる

    表題は「ミルトン・エリクソン心理療法」のサブタイトルです。ミルトン・エリクソンはカール・ロジャーズとともに、私のカウンセリングにおける心の師ともいえる存在です。これまでも邦訳で出版された書籍はほとんど読んできましたが、本人自身の著作は極めて少なく、そのほとんどがお弟子さんによる、治療実績の紹介とその神がかり的な手法への礼賛といったものが多かったように思います。言ってみれば奇跡の神話集といった趣のものが多かったのですが、本書は3名の共同執筆者のうちの2名が実の娘さんゆえにか(あるいはにもかかわらずか)、冷静・論理的に治療実績を分析しており、極めて実用性の高いものとなっています。構成は「ミルトン・エリクソンの略歴」「癒しと健康の土台」「臨床上のストラテジー」の3部からなっています。略歴でその背景を、土台でその哲学的...レジリエンス(立ち直る力)を育てる

  • スマイルパワー

    全豪オープンに優勝し世界ランキング1位となった大坂なおみさんの活躍はテレビで応援した私の脳裏に今も鮮明に残っています。決勝の攻防を振り返ると、タイブレークの接戦を制して、第1セットを取り第2セットも5ゲームを先取して0-40のマッチポイントを握り王手をかけたが、まさかの4ゲームを連取されての逆転でこのセットを落とした。コートを離れトイレで号泣して気持ちをリセットして最終セットに臨んだが第1ゲームを(連続5ゲームを)取られるそして悲痛な表情で観客席のサーチャコーチを見つめる。テレビのニュース番組でコメンテーターを務めていた脳科学者の中野信子先生がこの場面を捉えて解説していました。「コーチが何かゼスチャーで合図を送り、大坂選手は口角を上げて作り笑顔をしてそれに答えたのです。そして悪い流れを断ち切った反撃が始まり、見...スマイルパワー

  • 簡単な足指ストレッチ

    私が顧問先の中小企業の全員ミーティングの時間をお借りして行った5分間エクササイズのレジメをご紹介します。<簡単な足指ストレッチ>1.足指グーパー①両足の指で握るつま先でグーを作るようなイメージで②そのまま足の甲を伸ばすふくらはぎの奥の肌肉が気持ちよく伸びるのを感じながら動かす③足の指を思いきり広げるつま先でパーをつくるイメージで、5本の指が全て離れた状態にする④足首を反らし、10秒間キープ2.ひろのば(足指を広げて伸ばす)①椅子や床に座り、片方の足を太ももの上に乗せる②足指の間に反対の手の指を入れ、軽く握る③足指を甲の方へ反らして(90°ぐらいが理想)5秒間キープ④足指を足裏の方へ曲げて(曲がるところまで)5秒間キープ3.ボール転がし硬式のテニスボール(またはゴルフボール)を足裏で転がすだけの簡単ストレッチ。足...簡単な足指ストレッチ

  • 変化は絶えず起こっており、そして必然である

    これは解決志向ブリーフセラピー(SolutionFocusedBriefTherapy→SFBT)の「4つの発想の前提」のひとつです。(画像は創始者ミルトン・エリクソン)SFBTに関するお勧め一押しの参考文献は「<森・黒沢のワークショップで学ぶ>解決志向ブリーフセラピー2002ほんの森出版」です。これ1冊で十分と言えるほどエッセンスが簡潔にまとめられており、しかもエピソードも満載で、面白く読みやすい、まさに名著だと思います。この本から要点だけ書き出しますと1.問題には極力焦点を当てず、即解決に焦点をあてて「より良き未来の状態を手にいれること」に全力を傾注し従来の療法と比較すると衝撃的とも言えるくらいブリーフ(短期)に解決に導くセラピーである2.中心哲学(3つのルール)①もしうまくいっているのなら、変えようとする...変化は絶えず起こっており、そして必然である

  • 人間は、自分の話を真剣に聞いてくれる人が好きなんだ

    表題は久野康成・井上ゆかり(写真)両氏による共著「もし、かけだしのカウンセラーが経営コンサルタントになったら」の本文から拾ったものです。経営コンサルタントでカウンセリングを勉強中の私にとっては、非常に関心をそそられるタイトルです。内容は井上さんの分身ともいうべきマネジメントセラピスト(カウンセラー)が父性系リーダーシップが主流の企業組織において、母性系リーダーシップ(カウンセリング)を駆使して組織がぶつかる壁を乗り越えていく物語です。読了後、組織に求められる2つのリーダーシップP・Mを再認識しました。(P:目的の達成:パフォーマンス、M:メンテナンス:組織の調和・維持)人間は、自分の話を真剣に聞いてくれる人が好きなんだ

  • 建設的相互作用<協調学習のキーワード>

    放送大学の「教育心理学概論」を修了して特に印象に残ったものを記します。*いま教育現場では「協調学習」が,これからの急激な変化の時代に適応できる人材育成のための、新しい教育形態の本命ではないかと言われ、日本だけではなく世界中で様々な研究と試みが行われています。・従来型:学校において、先生が正解(正しい知識)を生徒に教える。・これからの教育(代表的な一例):知識は自宅で学ぶ(オンデマンド:PC,TV)学校においては、生徒をグループ(小集団:3~5人)に分け、学んだ知識を生かして、先生の与えた応用問題をグループでの討議を通して正解にたどり着く。(但し正解は一つではない)※男女比、人種比をみる等の特別な目的がない限り、グループ内にダイバシティ―が確保されていることが望ましい。*これらの試みのバックボーンとしては「建設的...建設的相互作用<協調学習のキーワード>

  • クライエントの人格の変化は一つの方向を持っている<ロジャーズの課程尺度>

    産業カウンセラー協会講師渋谷武子先生のセミナー「ロジャーズの課程尺度を学ぶ」を受講しました。ロジャーズは、カウンセリングを受け続けている人々の初期の自己像と終結時の自己像とを比べたとき、ある一つの傾向があることに気づきました。それは性にも学歴にも社会的地位にもそのほかのあらゆる条件にも関係なく、全ての人間に同じに認められるものでした。彼はこの傾向を数字で置き換えました。そのための物差しが「課程尺度」と言われています。(岸田博:写真来談者中心カウンセリング私論)岸田先生の著作からの抜粋をテキストにして演習を行いました。ロジャーズがストランドと呼んだ、7つの要素・要因をそれぞれ7つの課程段階で評価し、計49のどの段階にあるか判定するものです。ちなみに7つのストランドとは1.感情の個人的意味2.体験課程の様式3.不一...クライエントの人格の変化は一つの方向を持っている<ロジャーズの課程尺度>

  • カウンセリングは人類の進化を促す(ジェンドリン)

    法政大学教授末武康弘先生のセミナー「来談者中心療法」を受講しました。末武先生はカール・ロジャーズ(写真)の弟子であり「フォーカシング」の創案者であるジェンドリンとは米国の自宅にも招かれ、帰国後も文通を重ねるような交友関係がありました。表題は先生がジェンドリンから直接聞いた言葉とのことです。少し補足しますと「カウンセリングを通してクライエントは日々進化する。たとえ僅かずつであっても個体がより良く変化をすればそれは周辺にさらなる変化の連鎖を生みそれが長い期間蓄積されればダーウィンが唱えた人間の種としての進化を促す」というものです。カウンセリングに携わる人々の背中を押すスケール感のある言葉だと思います。今回の講義で特徴的であったのは末武先生がロジャーズの理論(思想)とジェンドリンのそれとを一体として捉えているというこ...カウンセリングは人類の進化を促す(ジェンドリン)

  • 自分はクライエントに対して、暖かい感情を持ち、情動的に深く関わった

    表題はコスモ・ライブラリー社刊「ロジャーズのカウンセリング(個人セラピー)の実際」の中でカウンセリング終了後に、ロジャーズが精神分析の「逆転移」に対する評価を批判した言葉です。ロジャーズのカウンセリング面接ビデオのこの貴重な英和対訳版で、彼が提唱した成功する心理療法の必要十分条件を、見事に実践しています。すなわちセラピスト側の自己一致、純粋性、真実性といった態度、クライエントに対する肯定的関心、共感的理解の3つです。さらに感銘を受けたのが、クライエントの自発的発言をじっくりと待つ姿勢、クライエントに対する共感的理解に対する的確さです。将来はビデオそのものを視聴してみたいという思いを強くしました。自分はクライエントに対して、暖かい感情を持ち、情動的に深く関わった

  • 誇り(プライド)は自分で自分に与えればいい

    表題は「日本一心を揺るがす新聞の社説ーそれは朝日でも毎日でも読売でもなかった」におさめられたみやざき中央新聞の珠玉の「社説」(従って全てノンフィクション)41編の1つです。韓国を代表する財閥の副会長を努めた初老の徐(ソ)さんは業績不振で引責辞任をし、セカンドキャリアとして以前からやりたいと思っていたウエイターを求職しました。困難(どの経営者も自分より経歴の高い人を雇いたくない、周囲の困惑・批判)を乗り越え3か月後にレストランでその職を得、全力でその道の一流にチャレンジしたのです。表題はそのときの言葉です。そして奥さんは「あなたは、自分だったら素晴らしいウエイターになれると口癖のように言っていたわね。自信があるならやってみるべきよ。今までお世話になった分、お世話をする側になれば学ぶことも多いはずよ」結婚式を控えた...誇り(プライド)は自分で自分に与えればいい

  • しずかちゃんはコミュニケーションの達人?「アサーション入門」

    顧問先役員研修資料作成のため平木典子先生の「アサーション入門」を再読しました。アサーショントレーニングは1950年代後半から1960年代にかけて、行動療法の先導的指導者であるウオルピとラザルスによって創案されたものです。その本質は「アサーションとは自分も相手も大切にする自己表現(第1章表題)」によく表されています。自己表現の3タイプとして①自分よりも他者を優先し、自分は後回しにする自己表現「非主張的(non-assertive)自己表現」→自らの尊厳や権利を否定、アイデアや考え方を表現できず評価されにくい②自分のことだけをまず考えて行動し、時には他者を踏みにじることにもなる自己表現「攻撃的(aggressive)自己表現」→対等で親密な人間関係や、安定した人間関係を築くことが難しい③自分のことをまず考えるが、他...しずかちゃんはコミュニケーションの達人?「アサーション入門」

  • 労働の人間化のために「個人と組織、さらには社会」を動かす人(キャリア・コンサルタント:木村周)

    表題の後に「そのために学び続け、人生を生きる人それがキャリア・コンサルタントだ・・・と続きます。これは日本産業カウンセリング学会特別顧問、元筑波大学教授木村周先生のお言葉です。先生は労働の人間化の要点として次の6点をあげています(1)仕事の内容に適当な変化があること(2)仕事から学ぶことがあること(3)仕事に自律性があること(4)仕事に人間的なつながりがあること(5)仕事に社会的な意義があること(6)働くこと、学ぶことが何らかの意味で良き未来につながること労働の人間化のために「個人と組織、さらには社会」を動かす人(キャリア・コンサルタント:木村周)