searchカテゴリー選択
chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

ゆめと(ttm21)さんのプロフィール

住所
中央区
出身
海外

経営コンサルタント、キャリアコンサルタント 産業カウンセラー

ブログタイトル
人事労務管理雑感 カウンセリング ときどき政治
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/ttm21
ブログ紹介文
ゆめと(ttm21)です。所感、エピソード等を気ままに綴ってみたいと思います
更新頻度(1年)

21回 / 365日(平均0.4回/週)

ブログ村参加:2014/11/20

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、ゆめと(ttm21)さんをフォローしませんか?

ハンドル名
ゆめと(ttm21)さん
ブログタイトル
人事労務管理雑感 カウンセリング ときどき政治
更新頻度
21回 / 365日(平均0.4回/週)
フォロー
人事労務管理雑感      カウンセリング ときどき政治

ゆめと(ttm21)さんの新着記事

1件〜30件

  • 本当に人間を支えるものは教養である

    放送大学の「現代の生涯学習」(主任講師:岩永雅也教授)からです。表題は1979年4月に旧掛川市の市議会で決議された生涯学習都市宣言の主要部分から引用しました。「・・・・・少しでも多く幸せを実感するために、健康で生甲斐をもって生きていくために一人でも多く素直になり、悟りを開けるようになるために・・・・・一生涯学びつづけていこう。・・・・・文化活動や年中行事を通じて、掛川市全域を公園のようにして、掛川市全域を大学のようにして、お互い、生甲斐を引き出し合って生きていこう。・・・・・本当に人間を支えるものは教養である。」学習意欲を盛り立ててくれる名文ですね!章建てをご紹介します。1人と学習2生涯発達と学習3学びの源流4成人教育と生涯学習5政策としての生涯学習6社会教育の変容と公民館7余暇活動と生涯スポーツ8指導者とリー...本当に人間を支えるものは教養である

  • エイジング(老化)を考える

    このところ親しくして頂いた方々の訃報が続き自らの加齢とも向き合わざるをえない心境となりました。これを機に発達心理学関連書でエイジングについて見直してみましました。エイジングとは私の年齢ではストレートに「老齢化」ということになります。絶頂期である青年期を過ぎると加齢によって身体機能と知的能力が低下していくのは避けられません。そのことは認識した上でポジティブな研究成果を大いに反芻して肯定的な意識を自らに植え付けようと思います。*シャイエとその共同研究者たちによれば、知覚の速さや数の能力は低下するが言語を使う能力は25歳から88歳まではそれほど低下しない。*キャテルの調査によれば流動性知能は成人に達した頃から衰えはじめるのに対して結晶性の知能はその後も経験の蓄積に伴って増大し、老年期にいたっても低下しにくい知能である...エイジング(老化)を考える

  • 人の性質に<根本的な何か>があるとすれば、それは興味を抱く能力だ:「モチベーション3.0」

    表題はダニエ・ルピンク(標記映像)の「モチベーション3.0」の中で、ロチェスター大学のリチャード・ライアンが語った言葉です。顧問先の役員研修資料作成のため久々に再読しました。ハーツバーグの流れを組んで編み出されたこの理論ですが、我が国の行き過ぎた成果主義見直しの流れの中で注目された1冊でした。一番記憶に残った一文を掲げておきます。「デシとライアンは共同で<自己決定理論(SDT)>を構築した。人には生来(能力を発揮したいという)有能感、自分でやりたいという)自律感、(人々と関連を持ちたいという)関係性という3っの心理的欲求が備わっている。この欲求が満たされている時わたしたちは動機づけられ、生産的になり、幸福を感じる」プラスして、大前研一氏が訳者まえがきで掲げており、私も大いに共感する一文をご紹介します。「内なる<...人の性質に<根本的な何か>があるとすれば、それは興味を抱く能力だ:「モチベーション3.0」

  • <運のいい人> はよりよくよく生きている

    表題はベストセラー連発中の脳科学者中野信子先生による「科学がつきとめた<運のいい人>」のプロローグから引用したものです。読後感想を申し上げると久しぶりに「目から鱗の良書に巡り合った」ということです。章立てをご紹介します。*プロローグ*第1章運のいい人は世界の中心に自分をすえる*第2章運のいい人は<自分はうんがいい>と決め込む*第3章運のいい人は他人と<共に生きること>をめざす*第4章運のいい人は目標や夢を<自分なりのしあわせのものさし>で決める*第5章運のいい人は祈る更に帯のキャッチコピーがその内容を要約していますので挙げておきます。*運のいい人はいまの自分を生かす*運のいい人はいい加減に生きる*運のいい人は積極的に運のいい人とかかわる*運のいい人はあえてリスクのある道を選ぶ*運のいい人はひとり勝ちしようとしな...<運のいい人>はよりよくよく生きている

  • 人間の価値(アドラー)

    「勇気の心理学アルフレッド・アドラーが1時間でわかる本」(中野明)の巻頭にある「アドラー語録」からの引用です。*<人間の価値>「一人の人間の価値を形成するのは、社会の分業のなかでその人に割当てられた役割を、その人がどのように果たすかということなのです。」これに関連した作家道尾秀介さんのエッセイの一部をご紹介致します。「自分は歯車の一つ」というのは自虐的な意味合いでよく口にされる表現だけど、僕はこの言葉が嫌いじゃない。歯車というのは、ぜんぶが同じかたちをしていたら複雑な機械は決して成り立たない。それに歯車というのはそもそも、一つでも欠けたら全体の動きが止まってしまうという、この上なく重要なものなのだ。自分という歯車のかたちを変えるのか、それともかたちは変えず、ぴったりと填(はま)る場所を探すのか。歯車として生きる...人間の価値(アドラー)

  • 勇気を貰いたい時に読む本(アドラー)

    コロナ禍ステイホーム読書の一環として6年ぶりに「嫌われる勇気ー自己啓発の源流<アドラー>の教え」を読み返しました。いまだに売れ続けている息の長いベストセラーです。結果から申し上げますと、自分の背骨を確認する作業ができて、立ち直れたように思います。今回4冊の本を読み直しました*「アドラー心理学入門」(岸見一郎)1999年に刊行された、我が国のアドラー心理学の第一人者岸見先生の著で200頁足らずの新書版ですが必要なエッセンスは全て入っています。*「マンガでやさしくわかるアドラー心理学」(岩井俊憲)楽しく30分で読めます*「勇気の心理学アルフレッド・アドラーが1時間でわかる本」(中野明)「超図解」という副題がついているだけに、読みやすく2色刷りで簡潔にまとめられています。確かに1時間で読めます。*表題の書岸見一郎・古...勇気を貰いたい時に読む本(アドラー)

  • 現実が変わらないなら、悩みに対する心の持ちようを変えてみる。「置かれた場所で咲きなさい」(渡辺和子)

    表題はノートルダム清心学園元理事長の故渡辺和子先生のベストセラーから引用したもので「悩み疲れる前に、別の視点から考えてみよう。見方が変われば、たとえ悩みは消えなくても勇気が芽生える。」と続きます。この言葉はカウンセリングにおける認知療法の基本的な考え方と見事にマッチングする内容で、心に響きます。キリスト教徒としての確固たる信念と、波乱にとんだ人生経験に裏打ちされた珠玉の言葉の数々に心を洗われました。160頁強のコンパクトな新書判、ご本人が執筆当時85歳ということもありポイントは大判の活字で組まれており、高齢者にも優しい作りとなっています。私はクリスチャンではありませんがミニ聖書として座右の一冊にしたいと思います。書評を読みますと、多くの方に評価されているものの「<咲きなさい>の上から目線の命令口調は何様だ!」と...現実が変わらないなら、悩みに対する心の持ちようを変えてみる。「置かれた場所で咲きなさい」(渡辺和子)

  • カウンセラーとは生き方そのものである。(石崎一記)

    表題は東京成徳大学石崎一記教授「リサーチ」セミナー(コロナ禍前)からの引用です。セミナーの内容は調査法の種類(質問紙法、面接法)、調査研究の手法、論文・レポートの読み方等多岐にわたりましたが。その中で特に印象に残ったものをあげてみます。・科学であるということは①科学的な「分かり方」が必要(論理的整合性、客観性、実証性)②統計を用いること③主張には必ず根拠が必要である。・自己中心性とは「自己の主観を知らず、主観と客観が混同した幼児の心性」(ピアジェ)・生き生きとしていること(内発的動機付け)とはつながりの安心感の中で・・・・・関係性自分の意志を活用して・・・・・・自己決定環境に働きかけている状態・・・・コンピテンス(有能)・発達的には人生にゴールは無い、毎日のプロセスの積み重ねが人生である。(石崎)・自分の信念と...カウンセラーとは生き方そのものである。(石崎一記)

  • ポジティブ心理学の挑戦

    マーティン・セリグマン博士の「ポジティブ心理学の挑戦」ー”幸福”から”持続的幸福”へーより最後のまとめの記述をご紹介します。すべての人間が肯定できることとは何であろうか私たちは皆、もっとポジティブな感情を増やすことに「イエス」と言おう私たちは皆、もっとエンゲージメントを増やすことに「イエス」と言お私たちは皆、もっと良好な関係性を築くことに「イエス」と言おう私たちは皆、もっと人生を有意義にすることに「イエス」と言おう私たちは皆、もっとポジティブな達成をを増やすことに「イエス」と言おう私たちは皆、もっとウエルビーイングを増やすことに「イエス」と言おう*注「エンゲージメント」とは双方向的な深い結びつきをいいます。例えば従業員と企業、顧客と企業等の関係性に使われます。(エンゲージリング:結婚指輪)ポジティブ心理学の挑戦

  • 気持ちが晴れない時に<スリー・グッド・シングス>

    このコロナ禍ともするとネガティブな感情が起きがちですがそんな時に役立つ我が国における認知行動療法の第一人者大野裕先生が勧める対処法をご紹介します。それはポジティブ心理学の提唱者セリグマン博士が考案したものです。<スリー・グッド・シングス>「夜寝る前にその日に起きた良いことを3つ想い出して書き出すようにする」これだけのシンプルなものです。内容は心がホッとした出来事なら何でもよい。家族や友人職場コンビニ等でのどうってことない和やかな会話、庭や、道端に咲く花、仕事や勉強がはかどった、スポーツや趣味で楽しい時間が過ごせた、お母さんの作ったカレーがおいしかった等等・・・ほっこりとした気持ちになった出来事を書き出す。こうしたことを書き出すだけで気持ちが明るくなることがこれまでの研究で分かっています。*注3つ書き出すというの...気持ちが晴れない時に<スリー・グッド・シングス>

  • ショーウインドウの中の自主決定 (桐村 晋二)

    表題は桐村晋二元法政大学教授のセミナーからの1節で現代の日本を、考える前に答えが与えられる社会、情報を与えられないと動けない代理頭脳に頼る社会と捉えられています。その他の印象に残ったフレーズを書き出します。*日本人の自己効力感を取り戻さなければ・治安がいい、空気がいい、水がいい、食の安全、ほぼ完全雇用等*日本における海外情報はほとんど米国であるという認識を踏まえてマスコミ情報に接するべき*企業教育の基本は課題設定(何をやるべきか)*学ぶチャンスは増えている・大学の公開講座、公民館・福祉協議会の講座、放送大学、生涯学習センター等*組織における知の蓄積が我が国の強みであった*人生80歳70万時間として・35万時間は生物として(睡眠、食事等)・35万時間中学校で2万時間、仕事で6~8万時間、通勤で2万時間・残り23万...ショーウインドウの中の自主決定(桐村晋二)

  • 眠れぬ夜に4・7・8呼吸法

    これはハーバード大学出身のアンドルー・ワイル博士が提唱した世界的に有名な呼吸法です。安倍前総理が健康法として行っていたことでも注目されました。<4・7・8呼吸法>①口から息を完全に吐き切る②口を閉じて鼻から息を吸いながら4つ数える③息を止め7つ数える④8つ数えながら口からゆっくりと息を吐き出す以上を3~5回程度繰り返すこの呼吸法の特徴は息を長く吐くことです。呼吸器理学療法の第一人者である文教大学の柿崎藤泰教授によれば呼吸時間の理想は「吸う1」に対して「吐く2」が理想的とのことです。長く息を吐くと副交感神経が刺激され心身ともにリラックスします。その結果眠りに入りやすいのは勿論その他にも多数の効果が期待できます。例えば血流が良くなることで冷えやむくみの解消につながったり腸が刺激されることで便秘が解消されたりします。...眠れぬ夜に4・7・8呼吸法

  • あいうべ体操(コロナ対策の一環として)

    みらいクリニック今井一彰院長が考案されコロナに対する免疫強化にも役立つのではないか?と再注目されている健康法をご紹介します。口を動かして口や舌の筋肉をきたえることで、下がっていた舌が上顎にぴったりつく位置に改善され、鼻呼吸がしやすくなります。鼻呼吸は免疫を高めることから、インフルエンザ予防効果が実証されています。寝ているときに口が開いてしまう、むし歯や歯周病、口臭が気になる人もぜひお試しを!のどの乾燥を防ぐため入浴時の実施が特におすすめです。具体的には口を大きく「あ~」「い~」「う~」「べ~」と動かします。(図参照)運動ですから、できるだけ大げさにします。声は小さくても、又はださなくてもOKです。一日20~30セット(「あいうべ」が1セット)やってください。アゴが痛む方は、「い~」「う~」だけでも大丈夫です。<...あいうべ体操(コロナ対策の一環として)

  • 簡単な足指ストレッチ

    簡単で効果大な足指ストレッチをご紹介します。1つでも2つでもチャレンジして増健にお役立て下さい。<簡単な足指ストレッチ3種>1.足指グーパー①両足の指で握るつま先でグーを作るようなイメージで②そのまま足の甲を伸ばすふくらはぎの奥の肌肉が気持ちよく伸びるのを感じながら動かす③足の指を思いきり広げるつま先でパーをつくるイメージで、5本の指が全て離れた状態にする④足首を反らし、10秒間キープ2.ゆびのば体操(足指を広げて伸ばす):今井一彰医師が提唱椅子や床に座り、片方の足を太ももの上に乗せる(画像参照)①足指の間に反対の手の指を入れ、軽く握る②足指を甲の方へ反らして(90°ぐらいが理想)5秒間キープ③足指を足裏の方へ曲げて(曲がるところまで)5秒間キープ3.ボール転がし硬式のテニスボール(またはゴルフボール)を足裏で...簡単な足指ストレッチ

  • 簡単で効果大<スワイショウ>

    皆様新年おめでとうございます。お年賀代りに私自身が効果を実感した健康法をご紹介いたします。顧問先の社長から勧められ始めて間もないのですが、持病の肩こりが嘘のように軽くなりました。<手を振る気功法(スワイショウ)>スワイショウは中国語で手を振るという意味です、手をぶらぶらと動かすだけの簡単な動作で、さまざまな効用が期待できます。回数や時間などは自分の体力や体調に合わせて、自由に行って下さい。起源は、どんな時にも緊張と弛緩をコントロールできるようにするための武術の鍛錬方法です。気功では手を振ることで邪気(マイナスエネルギー)が指先から出るとされています。また、手を振ることで肩や腕の血流が良くなり内臓を刺激することから、胃腸病、喘息、神経症、めまい、不眠症、肝臓病、心臓病、肩こり、更年期障害などに効果があると言われて...簡単で効果大<スワイショウ>

  • 認知症に<バリデーション>

    バリデーションはアメリカのソーシャルワーカー、ナオミ・フェイルさんが開発したもので、重度の認知症患者が劇的に回復した等の実績が報告されて、注目を集めているコミュニケーション法です。バリデーションは元々「確認する、強くする、認める」の意味に用いられますが、フェイルさんによると、認知症の人の「経験や感情を認め、共感し、力づける」意味でこの言葉を用いているそうです。バリデーションのテクニックの一部を書き出してみますと1.アイコンタクトアイコンタクトを取ることで、安心感を持ってもらうことができます。2.言うことをそのまま繰り返すつじつまの合わない言葉であっても否定せず、そのまま疑問形にして繰り返します。すると「自分の言うことを聞いてくれた」と感じてもらうことができます。3.思い出話をする認知症になっても、昔の記憶は残り...認知症に<バリデーション>

  • 魔法の言葉<yes and・・・・>

    人の話を聴いて自分の意見を述べるときは「いいえ、そうではなくて・・・・」でも「はい、でも・・・・」でもなくて「はいそうですね、そして・・・・」とまず相手の話を肯定してそれに自分の主張を加えて返すことが円滑な話法であるということは私自身が研修の講師として話してきたことなのですが・・・・やってしまいました!まずはA信用金庫での経営相談会支店長立会のもと新規顧客見込みB社の2代目若社長から話を聞くや従来のマーケティング戦略を全否定し滔々と自説を陳述してしまいました。完全に相手のプライドを傷つけてしまい顧問契約は白紙。私の経験が最大限に活かせる最高の案件でありクライエントにも多大な利益が見込めるものであっただけに残念です。もう1件は現在顧問を務めるC社これもY社長の定着対策をヒヤリングするや真向から批判し顔色が変わるの...魔法の言葉<yesand・・・・>

  • マインドフルネスとは?

    前稿と順序が逆になりましたが顧問先の企業おける従業員教育で使用したレジメをご紹介します。1.マインドフルネスとはあるがままの状態への気付き(認知)II出来事の判断や評価をしないIIあるがままの受容=目的を手放すこと⇓客観的に自分と世界を知る(メタ認知)ネガティブ感情と認知の歪みの悪循環を断ち切る*日本マインドフルネス学会の定義「今、この瞬間の体験に意図的に意識を向け、評価をせずに、とらわれのない状態で、ただ観ること」*マインドフルネスの語源インドのパーリー語の「サティ」を英訳した言葉Mindfulness:注意深さ、留意すること、気付き2.マインドフルネスの効果①自分や世界を客観的に観察する能力を高める②ありのままの自分を受容する能力を高める③感情に翻弄されない心を養う④集中力や持続力、判断力を向上させる⑤心の...マインドフルネスとは?

  • 座禅の効果が驚くほど簡便に!(マインドフルネス呼吸瞑想法)

    顧問先の従業員研修で実施した5分間エクササイズが好評でしたので、レジュメを掲載いたします。マインドフルネス呼吸瞑想法1.背筋を延ばして椅子に座る足を肩幅に開き、体全身の力を抜く2.目を閉じる3.自然に呼吸し、注意を呼吸に向けるいわゆる呼吸法をする必要はなく自然に呼吸し、そこにある感覚を味わう(お腹や胸が膨れた、意外と浅い呼吸だ・・・等)4.雑念が湧いたら、それをそっと心にメモして、注意をまた呼吸に戻す雑念が湧くのはこころの自然な性質なので、「しまった!また雑念が湧いてしまった」などと自分を責めず、気にせずにそれを受け入れ、淡々と戻ってくることが大切なポイント。*1~4を1日に5~10分間繰り返す私は20代の頃から禅寺で、有志とともに数々の座禅の体験を積みました。しかしながら完全断食3週間(減食3日、復食7日を加...座禅の効果が驚くほど簡便に!(マインドフルネス呼吸瞑想法)

  • 学術会議問題をシンプルに考える

    日本学術会議人事への政治介入に批判が高まっていますが学問の自由は断じて守らなければいけません。この問題の解決策は非常にシンプルで米英独仏加等の類似の組織に準じれば良いと思います。「すなわち年間10億円超の国庫負担と大臣、国会議員、裁判官、特任全権大使等と同等に付与された特別国家公務員特権を直ちに拒否し会員のポケットマネーと自由な意思により会を運営し政治の介入を断固排除する」ということです。(ちなみに中国科学院も国家予算で運営されているそうです)学術会議問題をシンプルに考える

  • 遊ぶことは考えることである

    表題は放送大学「ひと学への招待」(一橋大学名誉教授内堀基光先生)の第10章から引用したものです。また「DNAの比較から、現生人類の女系の祖先は十数年前にはたった一人の女性にさかのぼることができ、この女性がアフリカのどこかに住んでいたことが確実視される」等興味深いお話が満載です。貴方も「ひととは何か」という根源的な問いの答えを見つける旅に出ませんか?章立てをご紹介します1.「ひと学」とはなんだろうか2.「ひと」の文化3.感情の起源4.「ひと」の集まり方5.性という関係6.男女の社会的役割7.病と老いること8.死ぬことと死9.食べるものを作る10.遊び、考えること11.道具を作り使う動物12.「ひと」類似のもの13.約束事の世界14.支配すること15.「ひと」の過去と未来遊ぶことは考えることである

  • その人の目の前にいるということが一番大切なんです(ロジャーズ)

    キャリアコンサルティング協議会技能検定部長庄子芳宏先生のセミナーから引用しました。表題はロジャーズが晩年に語ったという言葉です。カウンセラーにとって最も大切なことを1つだけあげるならばそれは「presence(目の前にいる)」であるということです。「全ての理論や、技巧を超越してクライエントという一人の人間の前にひたすらその話を聴くだけのために一人の人間として存在すること」シンプルではありますが実に味わい深い言葉です。その他興味く感じた先生のコメントは・講演の名手はスピーカーとして磨かれるため、カウンセラーとしては技量が落ちる・本当の共感は難しい(実現はほとんど不可能であり努力目標)、むしろ違和感(共感できない部分)を大切にした方が良い違和感を伝えることは時に、本当に傾聴して理解したという伝え返しとして相手に受け...その人の目の前にいるということが一番大切なんです(ロジャーズ)

  • 有難きは愛のムチ!(巨匠ジョン・ウイリアムズ誕生秘話)

    <ららら🎵クラシック>NHKブログからの引用です。「1932年にニューヨーク州で生まれたジョン・ウィリアムズ。クラシックのコンサート・ピアニストを目指してジュリアード音楽院でピアノを学びますが、教師に才能を認めてもらえず、ソリストへの道を断念。その後映画の都ハリウッドに向かい、映画スタジオのピアニストとなります。当時全盛期だった大オーケストラによる音楽に触れて映画音楽の作曲家になったウィリアムズは、1970年代にスティーブン・スピルバーグ監督の「ジョーズ」で世界を驚かせます。そしてスピルバーグの紹介でジョージ・ルーカスと出会い、宇宙を舞台にした大活劇「スター・ウォーズ」の音楽を任されることに。彼が描いたのはオーケストラが壮大に鳴り響く音楽でした。敬愛する過去の作曲家の音楽をヒントにして新しい音楽を生み出す。ジョ...有難きは愛のムチ!(巨匠ジョン・ウイリアムズ誕生秘話)

  • 幸せのコップ(佐光紀子)

    ナチュラルライフ研究家の佐光紀子さんのエッセイに「人間はみんな、満足という水を入れるコップをもっている」という一文がありました。コップ(欲求)の大きさは人それぞれで、ささやかな幸せに満足する人もいれば、周囲がうらやむような恵まれた生活を送りながら、常に欲求不満の人もいますよね。人類のエネルギーや、食糧、資源の消費が地球の持つキャパシティーを超えつつあるのではないか?・・・と懸念される昨今です。私もこれからは心のコップを少し小さめにして、身近な小さな幸せを感じ取る感度を高めて、心穏やかな生活を送ることを心掛けようとささやかに決意致しました。幸せのコップ(佐光紀子)

  • 人は動くことによってはじめて正常な生理機能が営まれる(臼井永男)

    ステイホームを機に何か運動を始められた方はいらっしゃいますか?私も、運動についてほぼ半世紀ぶりに体系的に学習し直そうと思い経ちました。標記は放送大学の「運動と健康」(主任講師:臼井永男教授)からの引用です。印象に残ったのは「体力の発達過程と効果的な運動の種類」です。お子さん、お孫さんへのアドバイスに生かして下さい。1.11歳以下(脳・神経系)巧みさの発達(遊戯やゲームなどを通していろいろな動作に挑戦し、スマートな身のこなしを獲得する)・3~5歳の間に、いろいろな動作を習得しておくことが望ましい(5歳頃までに様々な基本動作が習得される)・巧みな動作の練習効果は、8歳前後が最も高い(立ち、歩き、走り、跳ぶなどの基礎的な運動機能が6歳頃までには獲得されていることに起因する)・神経系は10歳頃までに発達し、12~13歳...人は動くことによってはじめて正常な生理機能が営まれる(臼井永男)

  • 知恵者とは(和田昭充)

    今回は東京大学和田昭充名誉教授が高校生に贈った言葉をご紹介します。(先生は横浜市が開港150年を記念して創立した横浜サイエンスフロンティア高校の常任スーパーアドバイザーをなさっています)「“知恵”とは知識をつなげて“自分の智”にする閃きだ」「慈悲の心を持った知恵者になろう」それには「高い視点と広い視野を持とう」心に刻みたい言葉です。知恵者とは(和田昭充)

  • 人類が存在する空間=世界を対象として考えるための手引きの書「教育史入門」

    表題は放送大学の「教育史入門」のまえがきから引用しました。写真は編者の1人で福山市立大学の森川輝紀教授です。(もう1人は東京大学の小玉重夫教授)章立てを紹介します。1.古典古代の教育2.近代以前の共同体における子育て3.近代市民革命と国民国家の形成4.子どもの発見と近代家族5.近代学校と義務教育6.子どもの世紀7.近代社会における人間形成8.近代社会と学びの文化9.近代学校の出発10.明治公教育と教育勅語11.教育学の受容と新教育12.戦時下の学校と教育13.戦後の教育改革14.経済成長と教育15.ポストモダンの教育印象に残ったのは*西洋と日本という2つの空間において展開展開された教育的営為が交差して叙述されているために、新しい視点が得られる。*中世にこどもはいなかった:近代教育の特徴の一つは、大人とは異なる存...人類が存在する空間=世界を対象として考えるための手引きの書「教育史入門」

  • 人生を形づくるものは何といっても人との出会いに他ならない:「天才」

    表題は石原慎太郎著「天才」の<長い後書き>から引用しました。このコロナ禍におけるリーダー論に絡ませて、田中角栄元総理への言及が散見されます。私もその強力なリーダーシップに心惹かれる1人で自粛生活の中でこの書を読み直しました。初読の時点では反田中の急先鋒だった石原氏が、なぜ礼賛の書となる、田中角栄になり代わっての衝撃の霊言ともいうべき本書を上梓したのか、大いに興味の湧くところででした。私の父は同じ新潟の出身でもあり、革新政党の支持者でありながら、角栄さんだけは別格で崇拝の対象者でした。また東北出身のかっての上司は、関東以南と以北のそれまでの絶対的な格差に革命的なメスを入れた<列島改造論>の実行により、見事にこれを解消した英雄として絶賛していました。いわく<関東以北ならびに日本海沿岸の県民は角栄さんには足を向けて寝...人生を形づくるものは何といっても人との出会いに他ならない:「天才」

  • はっぴいさん(荒井良二)

    ステイホームの最中読み直した絵本からのお話です。はっぴいさんはこまったことやねがいごとをきいてくれるのですやまのうえのおおきないしのうえにはっぴいさんはときどきくるのだそうです(以上原文のまま)そんなはっぴいさんになんでものろのろの僕となんでも慌ててしまう私がその欠点を直すようお願いに行く途中で出会い共に会いに行く物語です。非常にシンプルな内容ですが色々な読み方ができ色々考えさせられますそしてこれが絵本のもつ魅力なんでしょうか?子供時代に戻ったような素朴な感動を久しぶりに味わうことが出来ました。はっぴいさん(荒井良二)

  • 生きているとはどういうことかを極めたかった。

    表題はキャスターの国谷裕子さんが、小石川植物園で植物学者の岩槻邦男さんにインタビューした時のものです。これは、「植物学のなかでも地味といわれる分類学をなぜ専攻したのですか?」という問いに対しての回答です。詩人の長田弘さんは歴史には2つあると書いています。<ファスト・ヒストリー:手っ取り早い歴史>と<スローヒストリー:ゆっくりとみえてくる歴史>。30年以上生放送の仕事に携わってきた国谷さんは自身が<ファストヒストリー>を追いかけてきたように思われました。岩槻さんは3億年の進化の歴史を持つシダ植物を専門とし、標本の整理などの研究のためこの植物園に通っている86歳の植物学者です。そこに生命の歴史という気の遠くなるような<スローヒストリー>と向き合う方の究極の姿を見出したものと思われます。岩槻さんは現在東大名誉教授で、...生きているとはどういうことかを極めたかった。

カテゴリー一覧
商用