chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

cancel
絵手紙・ぼやき http://etegami73.blog.fc2.com/

夫を相手にぼやいていた頃はよかったなあ〜。好きな絵手紙を描きながら、一人でぼやくか。

フォロー
住所
未設定
出身
未設定
ブログ村参加

2014/11/09

1件〜100件

  • 慰霊の日を記念日に

    我が家は、6月に何故か行事が重なってしまった。孫の誕生日が6月12日。夫の誕生日は6月19日。命日は6月25日。そして、義父の命日も6月23日(慰霊の日)。夫の父親が亡くなったのは彼が5歳の時だった。当時、沖縄本島中部の石川市(現在のうるま市)に住んでいた。沖縄戦で逃げる時はぐれてそのまま、いつどこで亡くなったのか、分からないので、慰霊に日を命日としている。うるまとは、ウル=サンゴ・マ=島、「珊瑚の島」と言う意...

  • 学校の頭髪指導は違法とは言えない

    九州にいた頃、門の横にザクロがあった。いま、ざくろを植えている家が少ないので、めったにみれない。昔見ていた花は何となく懐かしいものだ。大阪の府立高校に通っていた女性が、生まれつきの茶髪を黒く染めるよう強く指導されたことが原因で不登校になったとして、大阪府に賠償を求めていた裁判で、最高裁判所は女性の上告を退け「頭髪指導は違法とは言えない」と判断した判決が確定しました。(NHKニュース)最高裁の判決を下...

  • メーデーに初参加の思い出

    今日病院から帰ったら、部屋に綺麗な花が❣️ 長女が妹と父親の遺影の前に飾ってくれた。色があまりに綺麗なのでスマホで写メを。富士銀行八重洲口支店に入社してすぐ、メーデーに参加するように言われた。5月1日、銀行は忙しい。誰でもいい、入社して1ヶ月のまだ仕事が何もできない、私が選ばれたのだろう。でも、この日の参加で私の心の奥にある、まだ一度も開けたことのない何かの扉が開いた。信濃町だったか、その頃どこにも一人...

  • 日銀・黒田総裁の暴言

    友達の庭にある最後の一個。杏の実。描きたいたいと言ったら、惜しげもなく切ってくれた。「家計の値上げの許容度も高まってきている」の発言で陳謝。日銀・黒田総裁は年収3500万円。年収桁違いの人達に、舵取りして欲しくない。この記事見て、すぐそう思った。国会議員もそうだし、自民党代々の総理大臣も、みんなそう。本人は「家計の値上げの許容度も高まってきている」が暴言になるなんて、思っても見なかったことだろう。庶民...

  • 岸田政権の防衛費増額

     高校の同級生からだった。ブログ続けていてよかった。嬉しかった❣️参議院選では絶対自民党に入れないようにしないと、怖い。アメリカのバイデン大統領が来たときも、岸田総理は防衛費の増額を約束している。国民のみんなは望んでいないと思う。テレビを見ながら、「何言ってるの?」 と思った。政界のことはわからないけど、総理大臣なら、誰の相談もなしに防衛費増額しますよ。な〜んて言っていいの? 笑しかし国民が選んだ総...

  • 「東京砂漠」と新宿御苑

    桜を見る会 は内閣総理大臣が主催する公的行事である。例年4月中旬頃に新宿御苑で開催されていた。しかし、安倍元総理になって、招待客の人数も、費用も他の総理の倍以上になってきている。違法な企業献金で、国会でも追及されたり、今までの総理大臣にはなかったことだろう。胡散臭さに一役買ってしまったことを桜も嘆いているに違いない。若い頃、職場が新宿三丁目に移転した。新宿御苑もすぐ近くだった。偶然、夫も職場が新宿御...

  • 玉城沖縄県知事の「ゼレンスキーです」の批判になぜ?

     お庭のさつきが狂い咲き玉城デニー知事が25日に、基地問題に関する有識者会議で「(ウクライナ大統領の)ゼレンスキーです」とあいさつしたことへの波紋が広がっている。与党県議からも「許されない発言だ」「軽率だ」と厳しい声が飛び、参院選や知事選への影響を懸念する声が漏れる。(琉球新報)「ゼレンスキーです」。この言葉がそんなに悪いですか。沖縄で日本政府・アメリカ・自民党議員との攻撃に奮闘している玉城さん。ゼ...

  • 亡き娘のスマホが開けられない

     お庭のどくだみが満開5月26日、読売新聞の「気流」欄に「亡き長男のスマホ見られず」という投書があった。突然、脳梗塞で息子さんを亡くされたお母さんからの投稿だった。友人に知らせなくてはと思い、長男のスマホを手に取りましたが、パスワードがわかりません。私も、同じ経験をしている。亡くなった娘のスマホのパスワードが分からなくて開けられない。今の子供はアルバムを作らない。住所録もない。みんなスマホの中か。亡...

  • 4630万円の振り込みミス

    5/18(水) 、山口県阿武町が新型コロナウイルス対策の臨時特別給付金4630万円(463世帯分)を誤って1世帯に振り込んだ問題で、同県警萩署は18日、振り込みを受けた無職、田口翔容疑者(24)=同町福田下=を電子計算機使用詐欺容疑で逮捕した。田口容疑者の代理人弁護士によると、田口容疑者は34回にわたって全額を出金していたという。(毎日新聞)この話は少しおかしい。 私も、若い時に富士銀行で為替にいて、一日中振り込みの仕...

  • 沖縄本土復帰50年に思う

    アルストロメリア。難しい名前。花もちがいい。もう10日以上咲き続けている。沖縄の民芸品で溢れていた我が家父は仕事で月のうちの半分は沖縄に出張していた。だから沖縄の話は散々聞かされていた。我が家は琉球人形や、シーサー・抱き瓶・沖縄の油絵・亀の壁掛け等、玄関からリビングにも、父の部屋にも、沖縄の民芸品で溢れていた。まさか娘が、沖縄の人と結婚するとは思わなかっただろう。この不思議なめぐり合わせ、奇遇と言う...

  • 自民・ 細田衆院議長の発言。「給料月100万円しか」

    細田博之氏は10日、自民党議員のパーティーで、国会議員の定数増を主張。「議長になっても、毎月もらう歳費は100万円しかない」手取りの月給が100万円未満の国会議員を多少増やしても罰は当たらない」と平然と言い放った。                                    (日刊ゲンダイ)細田博之議員(78歳)の月給100万円しか‼︎の発言に誰もが驚いた。国会議員がこんな発言の良い、悪いがわからない...

  • 小倉百人一首

     子どもたちがゴールデンウイーク中に沖縄旅行に行った時の写真。“象の鼻”の様な奇岩で知られる断崖絶壁の万座毛(まんざもう)。私はお留守番で命の洗濯を。小倉百人一首は藤原定家が京都・小倉山の山荘で選んだとされる。1番の天智天皇から100番の順徳天皇まで番号がある。(ウキペディア)昔、お正月には必ずと言っていいほど家族揃って百人一首のカルタ取りをしていた。どこの家庭にもカルタはあったと思う。家族6人が源平に...

  • 小倉百人一首

    ...

  • 学生運動の仲間

     トウランドットの歌「バラには棘のあるものを……」赤いバラを見ると宝塚の「トウランドット」を思い出す。男役の故里明美がトウランドット姫の役に抜擢され、大成功だった。衣装も綺麗。主題曲も素晴らしく、主題曲は今でも覚えている。夫は花に関心を示さない人だった。それが木には関心があるらしく、お庭には梅・柿・桃・みかん・甘夏を植えていた。食べられるものばかり。(笑)彼の生い立ちを聞けば、花を愛でるそんな余裕は...

  • 知床岬の遊覧船遭難事故のミス

    今回の事件をニュースで見て、日本中の人が悔しい悲しい思いをした。海は怖い。だのに陸に比べて、規則や緊急事態に備えての対応がおくれているのはなぜか!。⚫︎アンテナが壊れていても出航できるのはおかしい。⚫︎無線機携帯は義務ずけるべきで、 携帯していなくても出航はできるのはおかしい。⚫︎遊覧船事業は素人の社長が起業できるのか?。⚫︎26人乗せて、船員が船長入れてたった2人というのもおかしい。人数に規定はなかったの...

  • フランスの大統領選挙

     庭のツツジフランスの大統領選挙、マクロン候補当選のニュースにほっとした。プーチンのひどい仕打ちのニュースにも、懲りずに支持者がいることが不思議だ。もし、ルペンが当選していたらロシアの侵攻もEUの出方も違ってきただろう。若い時通っていたアテネフランセのフランス語講座でのこと。先生は一橋大学の先生だった。画家ロートレック似の風貌で、先生の口からフランス語が出ると、そのままフランスの雰囲気に浸れた。ある...

  • 防衛費を増やすべきの発言に驚き

    友人の庭の紫木蓮。描きたい!と言ったら、ひと枝切ってくれた。安倍元総理は来年度予算で防衛費を増やすべきとの考えを改めて示しました。(日テレニュース)政治家は時々地球儀を見るといい。他の諸国と比べて、日本がいかに小さいか。特にロシアと比べてみるといい。安倍元総理はプーチンとは名前で呼び合う親しい間柄だそうだ。「私は、ウラジミール、あなたと一緒に力の限り、日本とロシアの関係を前進させる覚悟です」安倍氏...

  • 新幹線の指定席券紛失事件

    今日は娘の命日。早いものでもう2年になる。お花がいっぱい❣️ よかったね。久しぶりに新幹線に乗った。すごいボケをしてしまった。東京駅から名古屋まで。前日に津田沼駅で乗車券と指定席を買った。土曜日だのにコロナのせいかな、ガラガラだった。私の乗った車両は23人くらい。これじゃ採算取れないだろうなあ。名古屋について降りようとしたら、指定席券がない。窓口に行って、指定席券を紛失したことを言った。とにかく一度700...

  • ジェノサイド

    今年も桜をみることができた。感謝❣️ 部屋の中から見た桜。今日は花びらが3枚部屋の中にも…。世界中の国が平和を叫んでいる時代に、「ジェノサイド」という言葉を聞くなんて、恐ろしい。ついこのあいだ、オリンピックが開催されたばかりだが、このロシアの愚かな行為が終わらなければ、平和の祭典と叫んでいるだけのオリンピックなんて開催の意味もない。EU(欧州共同体)27カ国NATO(北大西洋条約機構)30カ国ASEAN(東南アジア...

  • 俵 万智著「牧水の恋」

    この歌、牧水の歌だけど高校時代からずっと好きだった。今、絵手紙にかけて嬉しい。白鳥の歌から牧水にまたハマって、俵万智さんの本を図書館で借りた。牧水が園田小夜子という女性に出会ったのは、彼が早稲田大学在学中のことだった。小夜子は誰が見ても美人だったらしい。牧水は寝ても覚めともというほど小夜子に夢中になる。小夜子と巡り会えたおかげで、若山牧水の歌は生まれた。それも溢れでた。暮から正月にかけて、牧水は小...

  • 若山牧水の歌

    白内障の手術をした。目がまだ調子が悪い。ひどい絵になっているかも。私の絵手紙に書いた(2022.3.10)、牧水の「幾山河…」の歌を見て子供の頃、家で兄弟が歌っていて、覚えています。大好きな歌でした。友人が、こんなコメントを添えて、動画をメールしてくれた。若山牧水の歌3首が入っていた。 白鳥は哀しからずや 空の青 海の青にも 染まず漂う 幾山河 越えさりゆかば 寂しさの 果てなむ国ぞ 今日も旅ゆく いざ行かん...

  • うれしい廣瀬裁判長の英断

    3年前、札幌市で当時の安倍総理大臣の街頭演説にやじを飛ばし,警察官によって離れた場所に移動させられた男女2人が、排除は違法だとして道に賠償を求めた裁判。札幌地方裁判所は「警察官らの行為は違法で、原告らの表現の自由が侵害された」として原告側の訴えを認め、道にあわせて88万円の賠償を命じる判決を言い渡しました。(弁護士ドットコムニュース)判決を下した裁判長は廣瀬孝裁判長。まだ若い47歳。こんな分かりやす...

  • 国東半島と祖父の思い出

    祖父は大分県国東半島の出身だった。海のすぐ近くで、のんびりとした田舎風景を鮮明に覚えている。♪ 春の小川は さらさら行くよ  岸のすみれや れんげの花に当時、国見町は「春の小川」の歌そのものの風景だった。家からは遠くに松林と海が見えた。あの松林もうちの庭で「海はうちの海じゃ」。おじいちゃんは、小さい私たちにそんな説明をしていた。冗談なんて言わない人で、真顔で言うので私たちは、ずーと海はうちの海と思...

  • 長崎県厳原出身の祖母

    明治生まれの祖母(母方)は長崎県対馬にある厳原(いづはら)出身だった。とても美人で、背もすらっとして高く、「長崎小町」と言われていたと恥ずかしそうに言ってた。孫は誰も似ていない。笑祖母が子どもの頃、実家は造り酒屋で、広い家は戦争中軍隊に占拠され、たくさんの兵隊さんが寝泊まりしていたそうだ。若い兵隊さんが、庭で軍事訓練をしているのを隠れて見ていたと話してくれたことがあった。結婚してからは長崎に住んで...

  • この歌を世界の人に You raise me up

    マーティン・ハーケンス(Martin Hurkens)さん オランダ人。2010年、テレビオーディション番組で優勝し、デビューした。歌手希望であったが失業中のパン職人であった。娘が本人に無断で応募した。2018年4月に来日し、長崎市中町教会でリサイタルを開いている。(ウキペディア)栃木の友人がメールで動画を送ってくれた。ありがとう‼︎時々、栃木から新しい情報をメールしてくれる。^^動画は素直に良くて、なぜか心に迫ってきて涙...

  • 記憶

    記憶について、面白い経験をした。若い頃、デザイン事務所で働いていた時、セールスマンがきた。保険会社だったと思う。「お邪魔しま〜す」と言って入ってきた。「ああ、渡辺さん︎」と言うと相手はびっくりして、なんで僕の名前を知っているんですかと言った。「だって前も来たし、2度目でしょ?」と言うと、「そうです。2回目です。でも以前と言っても1年くらい前ですよ」と言ってまた、びっくりしていた。まあ、タイプでもな...

  • 黒水仙

    ポヤン ポヤンとした思い出。いちめんの菜の花、いちめんのレンゲ草。お花の場合、匂いと香りは、どうやって区別しているのだろう。菜の花は「匂い」だよね。子供の頃、北九州の八女市にいた。八女市は菜種の産地で菜の花とレンゲ草が多いところだった。春になるとピンクの田んぼと黄色い畑の風景がそれはそれは綺麗だった。菜の花はおままごとで、花びらをご飯のかわりにしていた。菜の花の草っぽい匂いが懐かしい。でも、くちな...

  • ハマのドン“最後の闘い”~博打は許さない~

    昔やっていたちぎり絵の紙が余っていたので、久しぶりに挑戦したといって、写メが送ってきた。結婚前に母が亡くなり、姉が母親代わりだった。長生きして欲しい。久しぶりに素晴らしいドキュメント映画を見た。2022年、2月5日。午前10時30分から1時間。テレビ朝日企画。「世のため人のため、皆で助け合って生きていく社会を取り戻したい…」カジノに反対するのは、それは家族が崩壊し、市民社会がおかしくなるから。時の権力者に...

  • トイレに行って困った・・・外国編

    トイレで困ったことがある人は結構多いことがわかった。その1(イタリア)友人のお話です。トイレにいって、さあ終わって出ようとしたら、流す箇所が見つからない。中にあるものは全て触ってみた。諦めてドアを開けて出たら、ジャーと水が流れた。なあ〜んだ、仕掛けはドアだったのか。これは日本には絶対ないので、まあ分からないかもね。その2(東南アジア)ある会社の社長さんのお宅が、公衆トイレのようにひろ〜くて、個室は...

  • トイレに行って困ること

    コロナのせいで久しぶりが多い。電話が来ても、人に会っても久しぶり!つい最近、NHKだったかな。トイレに行って困ること、何かわかりますか。それは、トイレの「流す」の表示場所がわからんなくて困った。という話を番組で取り上げていた。同感した人は多いのではないかなと思う。私も経験している。最近は公共の場でなくても、よそ様のお宅にお邪魔しても、同じ経験をしたことがある。トイレのリモコンはメーカーが次々と洒落た...

  • もうすぐ恵方巻き

     昔は仕事でよく描かされていた。長い間描かないので描けなくなっている。昨年、ブログに友人家で初めて恵方巻きを食べたことを描いた。なぜか拍手がたくさん入っていて、嬉しかった。ありがとうございます。たいした絵でないし、どうでもいい文章なのに…恐縮です。今年はちゃんと自分で恵方巻き買ってみよう‼︎。(作ってみようではないんだ)ネットでは恵方巻きの販売競走がはじまっている。ある大手スーパーでは1本1180円。11種...

  • ドラマ新聞記者

    「新聞記者」は森友学園事件をモデルにした国有地払い下げと財務官僚による公文書改ざん事件が中心の話題のドラマ。Netflixでみた。Netflixはコロナ禍でも家で楽しめてとても便利。監督:藤井道人米倉涼子・綾野剛・吉岡秀隆・寺島しのぶ・横浜流星 他。「私や妻が関係していたということになれば、それはもう私は、それは間違いなく総理大臣も国会議員も辞めるということははっきり申し上げておきたい」あの安倍総理の言葉がその...

  • 素晴らしい寒川神社の雷神・風神

     姉がスマホで撮影したもの。正月に姉からメールが入った。「今、車中、これから寒川神社に行くところ」「寒川神社? 聞いたことあるな」の、程度に知っていた。姉は横浜市内だけど、寒川神社までは車で40分くらい。が、神社の駐車場に入るのに1時間近くかかったそうだ。何がそんなに人気があるのかなと思ったら、寒川神社は厄除けの神様だそうだ。一緒に写メが送られてきた。雷神・風神の神様像が、神社の門に飾られて、これは...

  • 夫の運転するバスに偶然乗ってきた妻

    【悲報】49歳の男性、妻とラブラブでランチしていたら、横浜市民に通報される。バスに偶然乗ってきた妻と休憩時間中に車内で飲食 横浜市交通局が運転手を減給処分(神奈川新聞)暮れにこんな記事を見た。何が『悲報』なのか??わからないけど。バスに乗ったら偶然運転手は夫だった。お昼休みの休憩時間だし、お弁当買ってきて二人でバスの中で食べていたら、一人の市民に通報され、横浜市交通局が運転手を減給処分にしたという事...

  • 千葉で4年ぶりの大雪

    家の中から娘が撮影。夕方なので暗い。1月6日、昼ころかな雪が降り始めた。どうりで家の中にいても寒かった。見ると粉雪なので、「積もるな」と思っていると、みるみる積もってきた。夕方には、歩く人もなく、もう真っ白、たちまち雪国になった。7日の朝、冬休みも終わって子供たちは今日から登校日。教育委員会は登校時間を約2時間遅らせて午前10時にすると決めた。雪がやんでも朝は路面凍結の恐れがあると判断し、保護者に...

  • 冬の函館紀行

    夕方なので暗いけど、日本一の坂と言われる八幡坂を歩いた。正面の函館湾には青函連絡船摩周丸が保存されているのが見える。「函館の女」この歌が男の切なさをうたった歌だと言うことを今回初めて知った。歌は3番まであって、♪迎えに来たぜ 函館へ 見果てぬ夢と 知りながら 忘れられずに 飛んできた ここは北国 しぶきもこおる どこにいるのか この街の ひと目だけでも 逢いたかったよ  (作詞は星野哲郎・作曲が島津...

  • ♪ は〜るばるきたぜ函館へ〜

     蟹の甲羅が綺麗で綺麗に洗って持って帰った。足?と背中は違う種類です。暮れに、娘に誘われ北海道旅行に思い切って行ってみた。これで沖縄・九州・四国・本州・北海道と日本を全部行ったことになる。道南だけど、一応北海道だものね。飛行場に着くと一面の雪景色。当たり前だけど千葉では冬でも滅多に雪は見れないので、さっそく感激。寒がりの私は、寒さ対策ばかり気にしてた。ホカロンは全種類準備。貼らない・貼る・くつ下用...

  • 吉幾三の「酒よ」

    面白い野菜を見つけた。「日野菜かぶ」忘れないように何度も唱えながら帰った。ネットで調べたら有名みたい。酢漬けにしてみたら美味しい。バター炒めも美味しいそうだ。長さは30センチくらいある。上の方だけ紫であとは白い。洒落たお野菜。1. 涙には幾つもの 想い出がある  心にも幾つかの 傷もある  ひとり酒 手酌酒  演歌を聞きながら  ホロリ酒 そんな夜も  たまにゃ なァいいさ  (吉幾三作詞・作曲)たっ...

  • 頼和太郎さんの死と頼山陽

     お庭の水仙です。たった3本で水仙の香りが部屋中広がる。在日米軍の動向を監視する市民団体「リムピース」の頼和太郎編集長(73)=千葉県習志野市=が神奈川県三浦市でのシーカヤック転覆事故で死去した。(共同通信)頼和太郎さん。東大卒。朝日新聞の記者を経て、現在は「リムピース」に力を入れていた。頼さんは家も近いけど、昔からなんとなく縁のある方だったので、突然の死はショックだった。大切な人がまたいなくなった...

  • 山のロザリア

     18年か、もう間に合わないなあ。笑♪ 山の娘ロザリア いつも一人 歌うよ  青い牧場 日暮れて 星の出るころ  帰れ帰れ もう一度 忘れられぬ あの日よ  涙流し別れた 君の姿よ (4番まである)          (作詞は「高校3年生」の丘灯至夫。曲はロシア民謡)高校の頃だったかなあ 姉に教えてもらった。姉が友達と北海道旅行に行った時慶應大学の学生グループと一緒になり この歌を教えてもらったと言っ...

  • 情けない日大トップ逮捕の事件

    日本大学前理事長の田中英寿容疑者(74)が所得税法違反(過少申告)容疑で逮捕された事件。(毎日新聞)こんな人が大学のトップに君臨していたのか。泣きたくなるほど情けない。今の学生はなぜ立ち上がらないのだろう。昔の若者なら、こんなトップは許せないと言って、学生運動を起こしていただろう。誇りが持てない大学で学ぶことが、情けないとは思わないのだろうか。ここが我慢のしどころではない。我慢の良し悪しが昔と全然違...

  • 立憲民主党の代表決まる

    最初4人の名前を聞いたときに、逢坂誠二以外は誰も知らなかった。すぐに「なぜ総理に」を見て小川淳也を知った。泉健太は前回枝野さんと戦ったそうだけど、記憶になかった。西村智奈美は全く存在を知らなかった。でも「夫は本多平直」で、ああ〜と思った。「こんな人が国会議員か〜」と当時がっかりしてブログにも書いた記憶がある。でも、西村さんは話を聞いてわかりやすいし、想像していたよりずっと良かった。森裕子や阿部知子...

  • 幼馴染み

    アベリアは千葉には多い。育てやすいからかな。ひっそりとしているけど強い花。花言葉は謙虚。友達というのは不思議。福岡県八女市の福島小学校から、4年生(9歳)の時、大阪に来た。姉や弟はすぐ溶け込んでいたのに、私はなかなか馴染めなかった。それでも中学に行く頃は毎朝、4人で揃って学校に行くほどの友人ができた。東京に転校になった時は、大坂駅まで友達が見送りに来てくれて9歳から13歳までのたった5年間だけど、別れが...

  • 日本のカルチェラタン

     スーパーで安かったので、青梗菜を買ったら次の日、また生協で青梗菜が来た。こんな失敗ばかりしている。いいや、一所懸命食べよう。 神田川 流れ流て いまはもう    カルチェラタンを 恋うこともなき(道浦母都子)道浦母都子さんのこの歌が若い頃とても好きだった。「カルチェ・ラタン」とはフランスの地名で、昔から多くの大学があり、学生街として有名な地域のこと。日本のカルチェラタンは神田・御茶ノ水界隈かな。...

  • なぜ君は総理大臣になれないのか

    立憲民主党の枝野代表が辞任を表明して、次期代表には誰がなるか、数名の名前が上がっている。その中に小川淳也とう名前があった。小川淳也??? 知らないなあ。すぐネットで調べた。そして17年間小川さんを密着取材して製作したドキュメント映画「なぜ君は総理大臣になれないのか」をNETFLIXで見つけた。約2時間と長いが、面白くて退屈はしない。それもそう、ドキュメンタリーでは珍しく、大ヒット作品なのだ。真面目で、誠実で...

  • 鈴懸の小径

    紅葉のようだけど、もう少し大きくて、三角が鋭い。仕事で谷津の街を歩いた。公園の樹からは紅葉した葉がハラハラと落ちてくる。プラタナスに似ているが、葉っぱがプラタナスより小さい。名札を見ると「アメリカスズカケ」とある。これがスズカケかあ。歌を通してあまりにも有名な樹だ。鈴懸の径           作詞:佐伯孝夫                 作曲:灰田有紀彦(勝彦の兄)♪ 友と語らん  鈴懸の径 ...

  • 立憲民主党代表選は「森ゆうこ」しかいない

     八百屋さんにあった。花が綺麗すぎて食べられない。^^それはそうと、立憲民主党の代表に森裕子の名前が上がらないのが不思議だ。政治の世界は立憲でさえも男社会なのか。女性議員は森裕子・阿部知子・辻元清美・蓮舫等真面目な論客揃いなのに。と思っていたら、今、ネットで山本太郎が森ゆうこを推薦してくれた。^^党として「ジェンダー平等」を打ち出しながら、オトコだらけの代表選とは……。(日刊ゲンダイ)ほんとにそう。森さ...

  • 久しぶりに新聞の勧誘がきた

     今年は石蕗の花がたくさん咲いた❣️最近固定電話がなることは滅多にない。久しぶりの電話は新聞の勧誘だった。夫が亡くなってから、新聞はやめていた。あんなに好きだった新聞だのに、やめてみるとなパソコンやテレビでニュースは見ているので、なければないで一向に困らなかった。A新聞社から電話は、「地域に無料でお配りしていますので、1週間読んでいただけますか」と言う内容で、無料なら別に断る理由もないのでハイと言っ...

  • カマキリ

    ...

  • カマキリとの遭遇

    10月だと言うのに今日も薄寒い。最近、2回も道の真ん中でカマキリに遭遇した。2匹とも、家の近くだが、100メートルは離れたところだ。「こんなところで何してる、自転車に轢かれるよ」声をかけながら捕まえて、話していると、じーと私をみていた。そして、近くの低木の茂みの上に、そっとおいた。連れて帰ろうと思って、買い物帰りに低木の茂みを探したけど、もういなかった。もう1匹は公園の近くの道路の真ん中。やっぱり危な...

  • 自民党甘利幹事長の嘘

     NHK日曜討論会をたまたまみていた。甘利幹事長が『日曜討論』で大ボラ連発!「スマホは日本の発明」も酷かったが、最も悪質だった嘘は「消費税の使途は社会保障に限定」(BIGLOBEニュース)「消費税の使い道は社会保障に限定」「へ〜、そうなんだ」と聞いていてそう思った。私以外でも、知らない人はいっぱいいるだろう。そうなんだと思うだろう。しかし自民党大物のあまり幹事長が知らないはずはない。幹事長が嘘を言うはずない...

  • 自民党甘利幹事長のあまりにひどい嘘

    我が家の柿の木。今年は6個くらいしかならなかったが、みんな小鳥に突かれた。最後の一個が無事だった。とても美味しかった。NHK日曜討論会をたまたまみていた。甘利幹事長が『日曜討論』で大ボラ連発!「スマホは日本の発明」も酷かったが、最も悪質だった嘘は「消費税の使途は社会保障に限定」(BIGLOBEニュース)「消費税の使い道は社会保障に限定」「へ〜、そうなんだ」と聞いていてそう思った。私以外でも、知らない人はいっ...

  • 懐かしい「勇気100%」のうた

     忍たま乱太郎のアニメソング 「勇気100%」の歌が好きで、二人の娘が小さい時、いつも三人で一緒に見ていた。 ♪〜 がっかりして めそめそして どうしたいんだい〜今季限りで現役引退するプロ野球・日本ハムの斎藤佑樹投手(33)が17日、本拠地・札幌ドームであったオリックス戦で引退試合に臨んだ。1万3000人超のファンの前で全力投球を披露し、11年間の現役生活に終止符を打った。(Yahooニュース)早稲田実業高校から早稲...

  • 「ん」で始まる沖縄の言葉

    「んかし から なまに」これを漢字でかくと「昔から今日に」となる。んかしの表現というか、発音が難しくて、「ん」についつい意識しすぎて力を入れてしまう。私が「ん、かしから」と言うと、夫がおかしいと言って笑ってた。「ん」をもっとサラッといえばいいのかな。自分ではそう言ってるつもりだし、そんなにおかしくはないと思うのに。普段あまり笑わない彼が、すっごくおかしいと笑うので、やっぱりおかしいのだろう。沖縄の...

  • 岸田文雄総理大臣誕生

     今の時代、サラダ菜は1年中食べれる。いいような悪いような。総裁選は自民党の中のことと、選挙もチラチラとしか見てないが、結構面白かった。岸田さんが勝ったが、これでよかったのではと思った。今までと何も変わらないかもしれないが。安倍・菅のような悪いことはできないと思う。河野さんは漠然と好感度で見ていたが、選挙で裏の顔が見えた。性質も性格もアウト。高市さんだったら、もっと大変だっただろう。まず、極右の思...

  • さらば恋人・ミルバの死

    イタリアの歌手、ミルバが今年の4月に亡くなったそうだ。81歳。若い人は知らないかもしれないけど。我々は「ミルバ」と、名前を聴いただけで懐かしい。中でも「さらば恋人」は大好きな歌だった。いろんな歌詞があるけど、「二木絋三の歌物語」というブログに私の覚えている歌詞と同じ歌詞を見つけた。「さらば恋人」は、どこで覚えたのか、若い頃、家でよく歌っていた。   1 ある朝目覚めて  さらばさらば恋人よ  目覚め...

  • 杉村太蔵の言葉が面白い

     元衆院議員杉村太蔵(42)は「僕が一番心配しているのは、河野さん、役人怒鳴るでしょ?自分より立場の弱い人をガンガンガンガン攻め立てるでしょ、鋭い言葉で」と直球。「本当に河野総理総裁が誕生した時に、一番心配していることなんです。霞が関の役人たちは貴重な人材ですよ。我々の国民の財産。その人たちの能力を十分に発揮できるリーダーなのかってところにすごく不安を持っています」と投げかけた。(スポーツ報知)杉...

  • 今まだ緊急事態宣言中なんですが

    緊急事態宣言という言葉の響きが軽い。宣言したり、解除したり。都内で40代の主婦が亡くなった。家庭内感染で家で待機中だ。これはまさに緊急事態ではないだろうか?。命が軽くなっている。菅総理は「コロナに専念する」から、総裁選に立候補しないと言ってた。その覚悟も意気込みも何も見えない。今月末アメリカ訪問しバイデン大統領との会談を行う。のニュースを見た。退陣を表明した総理大臣が実質的な外交の舞台に立つのは極...

  • かわいい3歳児のおりとちゃん

    水引き草が急に勢いづいて、花をたくさんつけ始めた。満月を喜んでいるみたい。熱湯をかけて殺害か、母親の交際相手を逮捕。 9月22日、大阪・摂津市での事件。新村おりとちゃん、3歳。かわいい男の子。写真が大きく出ていた。自分の子育てを思い出しても、3歳は一番かわいい盛りだった。何していてもかわいいというか。「子供は3歳までに人生の喜びの全てを与えてくれる」そうだ。それほどかわいいということ。母親も危機感がな...

  • 父親に全然似てない娘たち

      庭の彼岸花。今年は70本以上咲いた。^^親が亡くなると帰る実家がなくなる。その年のお正月は、一番上の姉の家に集まることにした。(夫も義兄もまだ生きていた頃の話)姉妹3人で話していると、隣で夫たちも男同士3人で何やら話が盛り上がっていた。何の話かなと思ったら、どうも妻の悪口みたい。姉の夫は、化粧品メーカーに勤め、応用化学の薬品を扱う部署で、危険を伴う仕事なので、家でも瓶の蓋はきちっと締めるよう、とて...

  • 何かおかしい自民党の総裁選で総理大臣が決まる

    赤い水ひき草が今年はたくさん咲いた。地味だけど大好きな花。自民党総裁選なんて、心配しても仕方がない領分だけど、テレビでは毎日毎日予想ばかり。でも何かおかしい。自民党総裁を決める選挙なのに、決まれば国の総理大臣になってしまう。総理大臣を決めるのに、国民はあまりにも関係ないのはおかしい。つまんない人たちが、駆け引きばかりして、総理が決まっていく。コロナはその間、ストップ。国の総理大臣は「国会議員なら誰...

  • 今どきの結婚

    新生姜、描いてみたくて初めて買った。姉からスマホのラインで、孫の結婚報告がきた。 「昨日、Yuちゃんの婚姻届を提出、入籍も済みました」「へ〜、簡単でいいね」「これで終わりなんだ。^^ 式は?」 「今若い人は式はしないのよ。写真だけドレス着て撮るの」 「恋愛結婚だから、お仲人もなし。結納もなしなの」「へ〜、写真できたら送ってよね」 へ〜、じゃない。自分たちも若い時、恋愛結婚だから、お仲人もなし。結納もな...

  • 電動キックスケーター事故の報道を読んで

    無免許で電動キックスケーターを運転し、信号無視をして人身事故を起こしたなどとして、23歳の女が無免許危険運転致傷容疑で警視庁に書類送検されました。警視庁によりますと、書類送検された飲食店従業員の女は、ことし6月、新宿区の路上で電動キックスケーターを運転してタクシーと衝突し、乗客の40代の男性にけがをさせた疑いなどがもたれています。(日本テレニュース24)この記事のおかしいところ。わかりますか。犯人は...

  • 横浜市長選 立憲民主党候補 山中竹春氏当選

    8月22日 横浜市長選。久々に嬉しいニュースが入った。開票が始まってすぐに当確が出た。こんなに早い当確報告、大丈夫かな。心配性の私はしばらく喜びを抑えていた。しかし、この出口調査というのはバッチリ当たる。横浜には姉がいる。ひとり暮らしなので1票しかない。が、一応頼んでみた。「山中竹春?、カジノ反対ならいいよ。若いがいいからね」とOKがもらえた。投票率は49.05% 山中竹春(48歳)  50万6392小此木八郎(56...

  • 大谷翔平と同じ二刀流

    小学校の時、校内ソフトボール大会があった。(4年生〜6年生)うちのクラスの担任は男の先生で、この大会にすごい力の入れようだった。私は、運動はダメで、体が弱かったので、最初から外されたが、外された生徒たちだけで、メンバーを組んで運動場の隅でソフトボールをしていた。ソフトボールの球は野球と違って、ひとまわり大きい。打ってみたらスコーン、スコーン、いっくらでも当たった。遠くから見ていた先生に、「ちょっと来...

  • 素晴らしかった聖火台と大坂なおみ

    東京オリンピック聖火台のデザインは日本人の佐藤オオキ氏。(43歳)イタリアの「Designer of the year」を史上最年少で受賞するなど海外でも高い評価を受けているそうだ。知らなかった。モチーフは「太陽」。いつまで見ていても飽きない。素敵なデザイン、聖火台は、太陽から得られるエネルギーや生命力を表現したという炎の燃料には次世代エネルギーとして注目される水素エネルギーを使用。(fashionsnap.com)問題が多すぎたオ...

  • お盆

    お盆は宗教行事だけど、亡くなった夫と娘が帰ってくるという行事なら、なんでもいい。13日、急いでお花と果物を買ってきた。お花も倍額になっていた。すぐ枯れるけどいいや。ローソクをつけて、霊が迷わないように灯をつけるという。そういえば小さい時、田舎でおばあちゃんが提灯を出して飾っていたな。水色のちょうちんで、小菊のような花が描いてあった。結構大きな綺麗な提灯だったのを覚えている。夫も娘も、何もかもやり残し...

  • 金メダルを噛んだ市長と読み飛ばしの総理

    メダルを噛むという行為は、理解できない。純金かどうか確かめるという意味かなあ。金をもらった選手がメダルを噛むという嬉しさの表現に、意味不明の行為だなあと以前から思って見ていた。そして、関係のない他人までが噛む? ますます理解に苦しむ。今度、名古屋の河村市長を表敬訪問したソフトボール日本代表の後藤選手。金メダルを市長に見せたら、市長がメダルを噛んだ。名古屋市長室で起こった事件が、その日のうちに日本全...

  • 今日、原爆の日に鐘を鳴らして黙祷

    夜中に眠れないので、テレビをつけてみた。(8月7日)そして、午前2:36〜3:34NHKスペシャル「原爆の絵」をみることができた。とても良かった。原爆は1945年8月6日 午前8時15分 広島市8月9日 午前11時2分 長崎市に落とされた。現在までに亡くならた方は328,929人だそうです。6日は原爆の日だのに、私の周りでは何もなかった。テレビもオリンピックばかり。世界各国から人々が来ている、原爆を知らせるチャンスだのに...

  • 老老介護

    久しぶりに出かける。コロナ禍、出かける先は病院しかない。公園を突っ切って、バス停を目指して歩いていると、ベンチに座っている女の人が私に手を振っている。誰かな? 近づいてみると、知らない方。まあいいや、「こんにちは〜」と挨拶する。ニコニコして、可愛い年配の女性。ご主人と二人並んでいたけど、席を詰めて「ここへ座って」と言われた。「いえ、離れて座らないとね」と言って隣のベンチに座る。横からご主人が、「認...

  • 国会議員は街宣で危機を訴えて!

    蝉の抜けからがいっぱいあった。たくさん泣いて、どうする?私はワクチン接種はしていません。だから、月に一度くらいの病院以外に出かけていません。買い物も、生協を利用して、できるだけ行かないようにしています。足腰が弱ってきたので、夕方、一人で5000歩くらい歩いています。ワクチンは足りない。まだまだ若い人でしてない人がいっぱいいる。高齢者は我慢できるから、後でいいのに。若者はあまり危機感を感じていない。「緊...

  • 父の思い出 いなちや しなちや

    父は月のうちの半分は出張で家にはいなかった。父が帰ると家の中は一変した。母は嬉しそうに夜の料理に力を入れる。父は話好きで、旅の土産を出しながら、半月分の話で、家の中は急に賑やかになる。賑やかといっても喋っているのは父一人、家族全員が聞き役だった。そのうち歌がはじまる。♪いなちや しなちや  お父やんが 見ちょるでほうでも さすけん  いなちや しなちやまっこと 本意や もんなしこの歌は、出張先の四国...

  • いじめも虐殺もお笑いのネタか。情けない日本

    夏水仙、今年も咲いた。ありがとう!⚫︎エンブレム盗作疑惑から始まって、⚫︎オリンピック委員会会長の招致をめぐる不正疑惑。⚫︎大会組織委員長の森さんが女性蔑視発言で辞任。⚫︎企画、演出の統括役が、お笑いタレントの渡辺直美の容姿を侮蔑する演出案を提案していたことが発覚し、辞任。⚫︎五輪開会式の楽曲担当のミュージシャン。過去に同級生へ凄惨ないじめをしていたことが発覚し、解任。⚫︎パラリンピック組織委員会の開閉会式制...

  • 小山田圭吾のいじめ問題

    タネが飛んできたのか、ベランダの下に小さなひまわりが咲いて、ぐんぐん伸びて、部屋の中から見える。頑張って!と思わず声をかける。小山田圭吾ってダレ? 初めて聞く名前。世の中目まぐるしくて、一日ニュースを見ないと、ついていけない事件や名前が出てくる。小山田圭吾のいじめもそう。このイジメとオリンピック、全く関係のないジャンルが結びつき、なんだろうと思った。芸能人が次から次へとコメントしている。有名な人な...

  • 子供の教科書には、ぜひ上質紙の使用を

    昔、高校で国語の教科書とは別に「日本文学入門」という文学専門の本も使用していた。(東京都)芥川龍之介や夏目漱石等の有名な作家の写真がいっぱい出ている。私は漱石や芥川の顔写真を漫画風にデザイン化して余白に落書きをして楽しんでいた。当時の教科書は上質紙だった。でも写真も十分きれいだった。マレーシアでは、教科書をもらったら表紙をして丁寧に使い、学年が終わったら学校に返し、次の学年の子供達がまた使うという...

  • 巨象の歌

    昼なお暗き 密林の  たけなす草を 踏みにじり  地響き立てて 凄さまじく  巨象は悠々(堂々?) 歩み行く音楽の教科書に載っていました。多分、高校かと思います。とても好きな歌だったのに、先生は一度しか歌わないで次のページに進んでしまった。学校を卒業して、一度も聞いたことがない。詩もいいけど、メロディもいい。作詞者も作曲者もわからない。題名もわからない。ネットで調べても出てこない。なぜだろう。名曲...

  • 過労で小池都知事入院

    大変なことになった。小池都知事のダウンにも、容赦しない言葉が飛ぶ。政治家だって人間だ。疲れたり、ダウンもあるだろう。弱っている時に容赦しない言葉を浴びせるのは、あまりもに思いやりがないのでは?政治家は悪いことすると、皆入院してしまう。だから、信用を無くしてしまうのだろう。小池さんが仮病とは思えない。よく体が持っているなあと、同じ女性として感心していた。都知事経験者だのに舛添さんの言葉はあまりにひど...

  • 象が街にやって来た。キグレサーカス一座

    子供たちがまだ小さい頃、キグレサーカスの一座が町にきた。それも住宅のすぐ近くの多目的広場に逗留していた。住宅地でサーカスの興行!、それだけでも大変なことなのにサーカス一座の巨大な象2頭が秋のお祭りに特別参加することになった。いよいよ祭りの日、象は交通をストップしたバス道路に、ゆったりゆったり歩いてきた。象の足でテントから祭りの会場まで10分くらいかな。そして、本部席の前で前足をあげて、ご挨拶をした。...

  • 昭和のスター沢田研二

    令和には負けない昭和のスター、沢田研二。「勝手にしやがれ」は最高!。(阿久悠作詞・大野克夫作曲・船山基紀編曲)♪壁ぎわに寝がえりうって  背中できいている やっぱりお前は出て行くんだな 悪いことばかりじゃないと 思い出かき集め 鞄につめこむ気配がしてる 行ったきりならしあわせになるがいい 戻る気になりゃいつでもおいでよ せめて少しはカッコつけさせてくれ 寝たふりしてる間に出ていってくれ アア〜 ア...

  • ウガンダ選手新型コロナ感染が確認

    お花はその辺でかき集めた。ハルジオン・夾竹桃・紫陽花。黄色いりんご。ゴメン。お花に興味なかったからいいよね。アフリカ ウガンダのボクシング選手1人が、新たに新型コロナウイルスに感染していることが確認されました。ウガンダの選手団の感染確認は6月19日に来日した際、成田空港で1人が確認されたのに続き2人目です。                                         (NHKニュース)こ...

  • 「ラグい」とゆう言葉、わかりますか?

    「ラグい! クソ!」と言いながら、パソコン操作をしている9歳の孫。「えっ、今なんて言った?」「ラグい?」「えぐいじゃなくて、ラグい?」どうゆう意味?「おばあちゃん、時代遅れ」「フォートナイトがラグい」?? 「ボット」??ほんとにわからない。ネットで調べたら、ちゃんと出てきた。パソコン操作で指示通り表示がうまくいかない時に使うみたい。反応が遅い時かな。固まった時とか。 語源は英語の「lag(ラグ)」で「...

  • 野菊の如き君なりき

     写真はウキペディアより ヨメナの花昔は、学校で映画を時々見せてくれて、それは大好きな時間だった。中学2年の時、木下恵介監督の「野菊の如き君なりき」を映画館でみせてくれた。大阪の箕面第一中学校です。 当時は、みんな純粋で、悲恋のドラマを大勢で見るのは恥ずかしかった。政夫と民子の一番大事な会話の場面、山畑の綿を取りに二人で行った時のこと、 「民さんはそんなに野菊が好き…   どうりで どうやら民さん...

  • あじさいの花をありがとう

    今日は仕事で谷津まで歩いた。約5000歩だ。家の近くに450世帯くらいのマンションがある。入り口のところで管理人さんかな、きれいに咲いた紫陽花を剪定している。ゴミ袋にいれているので、思わず「その花捨てるのですか!」と声をかけてしまった。「はい、道路にはみ出して、自転車の邪魔になりますから」と言うので、「だったらその花くださいますか」というと、おじさんはいま捨てた花2本をゴミ袋から出してくれた。でも、近くで...

  • 悲しい童謡「シャボン玉」の歌

    久しぶりに筆で描いた。孫が持って帰る中学校の学校だよりを楽しみに読んでいる。今回は校長のお話「命の大切さ」が、興味深かった。今年の中学校はコロナ禍で満足のいく体育祭ができなかった。小学校の運動会と違って、体も大きくなった中学生。運動会が「体育祭」に名前が違っただけでない、それなりに迫力もあり、運動会と違う経験ができるだろう。「コロナ禍以前の伝統的な素晴らしい体育祭を知っている3年生が『私たちがやら...

  • オリンピックのうず潮

    ビワをいただいた。とても甘くて美味しいので、種をお庭に植えてみたいけど、生きているあいだに収穫できるかな。オリンピックはあと50日だのに、賛否の声が大きな渦となってまだ消えない。大きな渦の一番外は国民。それから政府・オリンピック組織委員会・選手・経済界・東京都・渦の目の中心はIOC。これらが大きな渦となって、回っている。鳴門のうず潮のように。「コロナ禍でオリンピック開催、普通はない」といった政府の新型...

  • 「香害」という言葉

    ウエディングドレスと言う名の紫陽花。娘が亡くなったときに、いただいた。「香害」は、昔なかった言葉です。ベランダに出ると、どこからともなく「いい?」匂いがぷ〜んとしてくる。上の階かな?、いや隣りかな? 団地は風に乗って来るので、どこかわからない。金木犀とか、くちなしとか、沈丁花とかの香りではない。風に乗ってくる、独特の人工香料の香り。でも、この香りが我慢できない人がいることをもう少しメーカーも考えて...

  • ブロックに要注意

    梅雨の晴れ間、久しぶりに草取りをした。雨のせいでドクダミが我が物顔に蔓延っている。庭中を独占する勢いだ。庭といっても団地の庭。で、お隣りとは白い柵があるだけ。お隣りは、ご主人が丹精込めて花も畑もきちんとされている。今は春菊の黄色い花が満開でとてもきれい。うちのドクダミめが、お邪魔しては申し訳ない。生前、庭いじりが趣味だった夫は、ブロックをたくさん買ってきて、飛び石に使用したり、囲いをしたり、あちこ...

  • コロナと運動会とオリンピック

    コロナはオリンピックを考え直すいい機会ではないでしょうか。コロナ禍でこんなに無理してオリンピックをやる必要があるのかな。五輪はすでにスポーツの祭典でなくなっている。「オリンピックは参加することに意義がある」が第一の目的だったはず。今、本当にそうかな。参加も開催も貧しい国はできない。開催国も必要以上に張り切りすぎて、お金をかけすぎていないだろうか。今回、東京オリンピックは最初から色々ケチがつきすぎた...

  • コロナでギスギスの人間関係

    スキャナが壊れた。スマホで撮影したので、色がうまくいかない。(>_...

  • 県立船橋高校と博多どんたく

    芍薬の花をいただいた。満開と蕾。上品な香り。綺麗だけど花びらがクシャクシャで、整理整頓できない私みたい。^^こんな偶然あるだろうか。以前、谷津で印刷業を営んでいた。3月の土砂降りの雨の日だった。近くに住む高校生のH君が、学校の合唱祭のプログラムを印刷して欲しいと言って仲間と3人で訪ねて来た。原稿を見てみると曲目に「博多どんたく」とある。千葉でなぜ「博多どんたく」なのか。びっくりした。「わ〜、この歌知っ...

  • コロナワクチン接種の予約開始!

    5月10日に高齢者のワクチンの接種、予約受付が開始された。私はすっかり忘れていた。昨日から体調が悪くてまだ寝ていた。娘が、9時ごろ、私の部屋に入ってきて笑いながら言った。「ママ、ワクチンの予約もういっぱいだってよ」「満員って、9時からじゃないの?」「ううん、8時半からだよ。30分で満員になったみたい」友達からも電話があった。彼女は予約が取れたそうだ。他県に住む子供たちにも応援を頼み、娘さんがネットで予約し...

  • 博多どんたく

    エゴノキがあるよ。いつも下を向いているので、気がつかなかった。友だちが教えてくれた。福岡県の「博多どんたく港まつり」第60回ががコロナのため、中止になったそうだ。博多どんたくは200万人を動員する伝統の大イベントである。「どんたく」のお祭りには、とても懐かしい思い出がある。小学校1年くらいの時、福岡県八女市に住んでいた。まだ八女郡と言っていた頃だ。綺麗にお化粧して、着物を着て、拡声器から流れるドンタ...

  • 「クソ︎」という言葉

    大好きな車輪梅の花が咲いていた。ひと枝もらってきた。孫が、ゲームをしていて、「クソ」と独り言を言っている。4年生だけど、かわいい顔をしていて、まだ、あどけなさが残っている彼の口から「クソ」と言う言葉が出るアンバランスが面白い。「どう言う意味?」と聞いてみた。「ムカつく」と言う意味かな。「クソッ」と言ってテーブルを叩いて悔しがる男なら、テレビドラマでも見る。汚い言葉で女性は、まず使わない言葉だと思っ...

  • 高齢者の治療は後回し

    今年初もの。生協で購入。値段の割には小さいな。変異株が猛威を振るい、広がり続けている“第4波”。4月21日には大阪府での1日当たりの新規感染者が、史上最多の1242人を記録した。また23日まで4日連続で感染者が1000人を上回っているなど、逼迫した状態が続いている。そんななか、22日には大阪府がついに“新型コロナウイルス重症患者向けの病床使用率が100%になった”と発表した。その結果、現場ではすでに“命の選択”ともいえる決...

  • 中学生になった孫

    今の時期、どこのお家の庭にも咲いている。紫蘭(シラン)という花。名前もきれい。でも不思議に切り花として花屋さんにはない。孫が4月に地元の中学に入学した。娘も卒業した学校だ。共働きの娘の代わりに、保育所の送り迎えは私の役目だった。その子が、いつの間にか親を追い越す背丈になっている。私は小さい頃、父の転勤で福岡〜大阪〜東京と転々としてきたので、子供が親と同じ学校に通うということは不思議な気持ちだった。...

  • 新型コロナワクチン接種券が届いた

    淡い色が綺麗❣️ 神の御技❣️コロナワクチン接種券が市役所から私のところにも先週届いた。目立つ黄色い封筒で、すぐ開けてみたけど、丁寧で至れりつくせりの手紙。だけど、これがわかりにくいんだ。^^ところで接種は一体いつからなんだ。どこにも書いていない。案の定「習志野市新型コロナワクチンコールセンター」には電話が殺到したらしい。「住みたい習志野」というブログで調べてやっとわかった。ブログでは4月13日、「市長...

  • 眞子さんの結婚

    人生の中では「好きな人とは結婚できなかった」という人は、たくさんいると思う。でも、また新たな出会いがあるのも人生だ。4月9日、朝の番組、羽鳥慎一ショーでのこと、あれっ、おかしいなと思った。みんなが空気を急に変えている。というかハンドルを急に切り替えたというべきか。西村泰彦宮内庁長官は4月8日の定例記者会見で、小室圭さんが公表した文書について「非常に丁寧に説明されている」と評価した。さらに小室さんの母...

  • 娘の一周忌

    娘が亡くなったのは、昨年の今日昨年はいろんなことが、ありすぎた亡くなった日も雨だった、葬儀の日も雨だった昨日はあんなにいい天気だったのに、一周忌もやっぱり雨だ「ママ、かこちゃん残して生きていけない」と言いながら、まだ生きている娘の方が先に逝く、こんな人生、想像もできなかった人生ってなんだろうみんな、いずれは いなくなるけどみんな、いずれは 消えていくけど死後の世界って どんなところだろうか?かこち...

ブログリーダー」を活用して、竜さんをフォローしませんか?

ハンドル名
竜さん
ブログタイトル
絵手紙・ぼやき
フォロー
絵手紙・ぼやき

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用