searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール PROFILE

さつきさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

小説を雑多に読んで感想&批評、そして勝手に星をつけて評価してます!五つ星本を探して本の海を彷徨い中。たくさんみつかるといいな〜♪おすすめの漫画や映画もちょこっと。

ブログタイトル
五つ星をさがして
ブログURL
http://sorairokandume.hatenablog.com/
ブログ紹介文
雑多に読んで感想&批評、そして勝手に星をつけて評価してます!五つ星本を探して本の海を彷徨い中。
更新頻度(1年)

38回 / 365日(平均0.7回/週)

ブログ村参加:2014/11/06

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、さつきさんの読者になりませんか?

ハンドル名
さつきさん
ブログタイトル
五つ星をさがして
更新頻度
38回 / 365日(平均0.7回/週)
読者になる
五つ星をさがして

さつきさんの新着記事

1件〜30件

  • 江圀香織「金平糖のふるところ」姉妹の中の少女の絆には敵わない。20年後に譲られる男の気持ちって・・・・(笑)

    江圀香織「金平糖のふるところ」9/7 金米糖の降るところ (小学館文庫) 内容(「BOOK」データベースより) ブエノスアイレス近郊、日系人の町で育った佐和子とミカエラの姉妹は、少女の頃、恋人を“共有する”ことを誓い合った。姉妹は日本に留学して、佐和子は大学で知り合った達哉と結婚する。ミカエラはアルゼンチンに戻り、父親のわからない娘アジェレンを産む。実は達哉は、佐和子が姉妹で“共有する”ことを拒んだ唯一の男性だった。いまは地球の反対側に住む姉と妹だったが、佐和子は突然、離婚届を残して、アルゼンチンへと旅立つ。後を追う達哉だったが、佐和子には逃避行をともにする若い教え子の田渕がいた。東京から南米…

  • 「アタラクシア」金原ひとみ 煩悩の重荷で破滅への道を歩む人たち

    アタラクシア [ 金原 ひとみ ] 【内容情報】(「BOOK」データベースより) 擦り切れた愛。暴力の気配。果てのない仕事。そして、新たな恋。ままならない結婚生活に救いを求めてもがく男と女ー。芥川賞から15年。危険で圧倒的な金原ひとみの最新長編。 *★*――――――――――*★**★*――――――――――*★* 登場人物がたくさん出てきて、あちこちで繋がっているので、あれ?と思いつつ読む。 モデルやってた由依(恵まれてそうでいて、若い時苦労してる、虚無)、その妹枝里(姉に反発?母は姉のほうが苦手)、桂(由依の夫。ラノベ小説家、オタク、暴力)、真奈美(編集者、元ミュージシャンで不調の夫にdv受け…

  • 「消滅世界」村田沙耶香 オタクにとっては、すごく羨ましい世界かも

    消滅世界 (河出文庫) [ 村田 沙耶香 ] 【内容情報】(「BOOK」データベースより) セックスではなく人工授精で、子どもを産むことが定着した世界。そこでは、夫婦間の性行為は「近親相姦」とタブー視され、「両親が愛し合った末」に生まれた雨音は、母親に嫌悪を抱いていた。清潔な結婚生活を送り、夫以外のヒトやキャラクターと恋愛を重ねる雨音。だがその“正常”な日々は、夫と移住した実験都市・楽園で一変する…日本の未来を予言する傑作長篇。 *★*――――――――――*★**★*――――――――――*★* 人間と恋する人は少数派になり、架空のキャラクターと恋に落ちる世界。 オタクには羨ましい世界かもしれま…

  • 大崎善生「ディスカスの飼い方」こんなキセキは小説にしか・・・現実にも稀に起こるかも?

    ディスカスの飼い方 (幻冬舎文庫) 内容(「BOOK」データベースより) 熱帯魚の王様・ディスカスの飼育に没頭することで、世界と繋がろうとした涼一。恋人は皆、彼の元を去って行った。だがある日、深夜に不思議な電話がかかってきた。その相手は、6年前に別れた、二度と会えない最愛の恋人・由真だった…。かつて幸せにできなかった恋人を追憶しながら愛の回答を導き出す、恋愛小説の名手が紡ぐ至高の物語。 *★*――――――――――*★**★*――――――――――*★* ディスカスを飼う(繁殖させる)ということは、他のすべての方法を理解することに通じてる。美味しいオムライスの作り方を極めるとか、空飛ぶにわとりを作…

  • 大崎善生「ディスカスの飼い方」こんなキセキは小説にしか・・・現実にも稀に起こるかも?

    ディスカスの飼い方 (幻冬舎文庫) 内容(「BOOK」データベースより) 熱帯魚の王様・ディスカスの飼育に没頭することで、世界と繋がろうとした涼一。恋人は皆、彼の元を去って行った。だがある日、深夜に不思議な電話がかかってきた。その相手は、6年前に別れた、二度と会えない最愛の恋人・由真だった…。かつて幸せにできなかった恋人を追憶しながら愛の回答を導き出す、恋愛小説の名手が紡ぐ至高の物語。 *★*――――――――――*★**★*――――――――――*★* ディスカスを飼う(繁殖させる)ということは、他のすべての方法を理解することに通じてる。美味しいオムライスの作り方を極めるとか、空飛ぶにわとりを作…

  • 近藤史恵「さいごの毛布」老犬ホーム沢山あったらいいな。しかし人間に事情があっても犬はただ淋しいだけなのが不憫(・_・、

    さいごの毛布 (角川文庫) 内容(「BOOK」データベースより) 犬の最期を看取る「老犬ホーム」で働くことになった智美。初日から捨て犬を飼うことになってしまったり、脱走事件があったりと、トラブル続きの毎日だ。若い犬を預ける飼い主を批判してオーナーに怒られたり、最期を看取らない飼い主や、子供に死を見せたくないと老犬を預けた親に憤り…。ホームでの出来事を通じ、智美は、苦手だった人付き合いや疎遠な家族との関係を改めて考え直し始める。世知辛い世の中に光を灯す、心温まる物語。 *★*――――――――――*★**★*――――――――――*★* いろんな性格のワンコが登場します。キャラが立ってる(・∀・) …

  • 田口ランディ「マアジナル」「鳥居が立ち並ぶ海からの道で、少女が神隠しに遭う。神様の通り道だもんね。何かいろいろ通ってそう。

    マアジナル 内容(「BOOK」データベースより) 一人の少女が、この路地で消えた。1987年10月23日―。あの日、少女に何があったのか。拉致?神隠し?UFO?それとも―かつて一緒にUFOを呼んだ6人の少年少女。その人生が再び交錯する時、世界は揺らぎ始める。現実が静かに壊れていく。著者渾身の最新長編。 *★*――――――――――*★**★*――――――――――*★* 二度目のマアジナル読了~ 読んだ事は憶えていても、内容すぐ忘れる私。読んだことすら忘れて半分あたりで「あれ?」という時もあって恐ろしい。そのためにも読書ブログを書いてます(;´・ω・) 「鳥居が立ち並ぶ海からの道で、少女(中二)が…

  • 道尾秀介「水の柩」「いいんだよ、気にしてないよ」という天からの声のよう。

    水の柩 (講談社文庫) 中古価格¥1から(2019/10/4 08:40時点) 内容(「BOOK」データベースより) 平凡な毎日を憂う逸夫は文化祭をきっかけに同級生の敦子と言葉を交わすようになる。タイムカプセルの手紙を取り替えたいという彼女の頼みには秘めた真意があった。同じ頃、逸夫は祖母が五十年前にダムの底に沈めた「罪」の真実を知ってしまう。それぞれの「嘘」が、祖母と敦子の過去と未来を繋いでいく。 *★*――――――――――*★**★*――――――――――*★* 最後に降って来たて天泣(天気雨)にまで伏線があったんだ。 そしてラストシーン。「ごめんね」と抱きしめるシーンにかかる天気雨は、きっと…

  • 星野智幸「夜は終わらない」光の工場で星を作っていた。ほんとに困った時に食うんだ。すると光が見えるぞ

    夜は終わらない(上) (講談社文庫) 中古価格¥105から(2019/10/4 08:38時点) 内容(「BOOK」データベースより) 「婚約者が自殺した」との報せを受けた玲緒奈。しかし彼女には、次に殺す予定の別の婚約者がいた。男を惑わし、財産を奪い、殺す。玲緒奈には不思議な掟があった。夜が始まると彼女は言う。「私が夢中になれるようなお話をしてよ」死の直前、男の語る話の内容で命の長さは決まる。命を懸けた究極の物語が始まる。読売文学賞受賞作。 *★*――――――――――*★**★*――――――――――*★* 男が話すお話の内容がもう、荒唐無稽のすごいファンタジーになっていて、現実が薄れていく・・…

  • 窪美澄「ふがいない僕は空を見た」赴任、性癖、貧困、家族、世間、友達、愛。戦うのも守るのも容易でないから、ときどき彼らは混乱して戦うものと守るべきものを間違えもする

    ふがいない僕は空を見た (新潮文庫) 中古価格¥1から(2019/10/4 08:37時点) 内容(「BOOK」データベースより) 高校一年の斉藤くんは、年上の主婦と週に何度かセックスしている。やがて、彼女への気持ちが性欲だけではなくなってきたことに気づくのだが―。姑に不妊治療をせまられる女性。ぼけた祖母と二人で暮らす高校生。助産院を営みながら、女手一つで息子を育てる母親。それぞれが抱える生きることの痛みと喜びを鮮やかに写し取った連作長編。R‐18文学賞大賞、山本周五郎賞W受賞作。 *★*――――――――――*★**★*――――――――――*★* 「ふがいない僕は空を見た」「ミクマリ」「世界ヲ…

  • 鹿島田真希「冥土めぐり」幸運と不運は平等に。「99の接吻」惚れる魔法、欠点までもが、美点へ。

    冥土めぐり (河出文庫) 中古価格¥5から(2019/10/4 08:10時点) 内容紹介 子供の頃、家族で行った海に臨むホテル。そこは母親にとって、一族の栄華を象徴する特別な場所だった。今も過去を忘れようとしない残酷な母と弟から逃れ、太一と結婚した奈津子は、久々に思い出の地を訪ねてみる…。車椅子の夫とめぐる“失われた時”への旅を通して、家族の歴史を生き直す奈津子を描く、感動の芥川賞受賞作。 *★*――――――――――*★**★*――――――――――*★* 過去裕福だった母と弟の気取った、知ったかぶりの行動が哀れで悲しい。でもそれらに抵抗できない主人公奈津子はもっと哀れ。 小さい頃からの母の押…

  • 小島達矢「ベンハムの独楽」20代の子が書いたであろう小説っぽい。

    ベンハムの独楽 中古価格¥200から(2019/10/4 08:09時点) 内容(「BOOK」データベースより) ふたつの肉体にひとつの魂、五分先の未来が見える災い、文字で飢えを凌ぐ男の幸い、グロテスクな双子の仕打ち、冷笑に満ちた大人の仕返し。カラフルな9つの連環、恐るべき22歳の魔術。第5回新潮エンターテインメント大賞受賞作。 *★*――――――――――*★**★*――――――――――*★* 壱話目が衝撃的だったけど。20代の子が書いたであろう小説っぽい。 ? // スポンサーリンク // // // // // // // ↓応援お願いします! にほんブログ村 人気ブログランキングへ にほ…

  • 乙川優三郎「逍遥の季節」芸の虜、芸のほうが大事。男は必要なし。

    逍遥の季節 (新潮文庫) 中古価格¥1から(2019/10/4 08:08時点) 内容(「BOOK」データベースより) 早くに両親を失い、同じような出生の二人は、幼い頃から互いを支え合ってきた。紗代乃は活花、藤枝は踊りを生き甲斐にして。だが、いつしか二人は、一人の男に翻弄されていた(表題作)。子を置いて離縁し、糸染に身を捧げる萌に所帯を持とうと言い寄る男が現れる(「秋草風」)。三絃、画工、根付、髪結…。人並みの幸福には縁遠くても、芸をたのみに生きる江戸の女たちを描く芸道短編集。 *★*――――――――――*★**★*――――――――――*★* すべての短編が、手に職や才能を持って、悩みつつも強…

  • 森見登美彦「きつねのはなし」異界へ

    きつねのはなし (新潮文庫) 新品価格¥605から(2019/10/4 08:05時点) 内容(「BOOK」データベースより) 「知り合いから妙なケモノをもらってね」篭の中で何かが身じろぎする気配がした。古道具店の主から風呂敷包みを託された青年が訪れた、奇妙な屋敷。彼はそこで魔に魅入られたのか(表題作)。通夜の後、男たちの酒宴が始まった。やがて先代より預かったという“家宝”を持った女が現われて(「水神」)。闇に蟠るもの、おまえの名は?底知れぬ謎を秘めた古都を舞台に描く、漆黒の作品集。 *★*――――――――――*★**★*――――――――――*★* 日常のすぐ横にある異界をのぞかせてくれます。…

  • 「千の花になって」43歳デビュー作。なのに筆力すごし。それが文庫本になって「踏んでもいい女」なんて題名を改悪した。

    千の花になって 中古価格¥175から(2019/8/19 16:39時点) 内容(「BOOK」データベースより) 満場一致!第九回小学館文庫小説賞受賞作!昭和十九年横浜。十九歳の真砂代は、戦時中にもかかわらず一人優雅に暮らす年上の女性・貴子と知り合う。謎に包まれた貴子の生活。真砂代は、先進的な考えを持つ彼女に少しずつ惹かれてゆく…。横浜文学の傑作誕生! *★*――――――――――*★**★*――――――――――*★* デビュー作品でした。1964年生まれの私と同世代。 「皆私とふんずけてもいいと思ってる」という文章もでてくるし、自分は雑草で、強い意思で優雅な暮らしの貴子は曼珠沙華というところか…

  • 西加奈子「白いしるし」いかれた恋のエネルギー!

    白いしるし (新潮文庫) 新品価格¥497から(2019/8/19 16:37時点) 内容(「BOOK」データベースより) 女32歳、独身。誰かにのめりこんで傷つくことを恐れ、恋を遠ざけていた夏目。間島の絵を一目見た瞬間、心は波立ち、持っていかれてしまう。走り出した恋に夢中の夏目と裏腹に、けして彼女だけのものにならない間島。触れるたび、募る想いに痛みは増して、夏目は笑えなくなった―。恋の終わりを知ることは、人を強くしてくれるのだろうか?ひりつく記憶が身体を貫く、超全身恋愛小説。 *★*――――――――――*★**★*――――――――――*★* 絵を描きながら、バーでアルバイトをする夏目32歳。…

  • 川上未映子「愛の夢とか」自分の好きな人に必要とされないと世界からも必要とされないような気がする

    愛の夢とか (講談社文庫) 新品価格¥594から(2019/8/19 16:37時点) 内容紹介 第49回谷崎潤一郎賞受賞!『ヘヴン』『すべて真夜中の恋人たち』と一作ごとに新境地を拓く川上未映子の多彩な魅力が一冊になった初めての短編小説集!何気ない日常がドラマに変わる瞬間をとらえて心揺さぶる7ストーリーズ。 *★*――――――――――*★**★*――――――――――*★* 「アイスクリーム いちご畑 日曜日はどこへ 愛の夢とか」 「愛の夢とか」以外は片思い的な自分だけ取り残される切ない短編。 自分の中で、色んな想いが膨らんでも、相手は同じとは限らない。 盛り上がっていたのは自分だけ、それも知っ…

  • 絲山秋子「忘れられたワルツ」恋愛と不思議がこんがらがってる

    忘れられたワルツ (河出文庫) 新品価格¥745から(2019/8/19 16:36時点) 内容(「BOOK」データベースより) ごめんわたしふつうがわからないの…恋人の鯖江君と別れたわたしは、預言者のおばさんと出会う。彼女が空に投げた音符が奏でるのは「未来の曲」。しかし、その暗く濁ったメロディは、戦争の始まりを告げる「国民保護サイレン」だった…。震災以後の、ふつうがなくなってしまった世界で、あのころより見えるものがある―不穏に揺らぎながら、美しく輝く七つの“生”に寄り添う傑作短篇集。 *★*――――――――――*★**★*――――――――――*★* 七つの短編。いつものように恋愛と不思議な出…

  • 人生の夏休みにジタバタ悩む若者たち。朝井リョウ「もういちど生まれる」

    もういちど生まれる 新品価格¥1,512から(2019/8/19 16:35時点) 内容(「BOOK」データベースより) 彼氏がいるのに、別の人にも好意を寄せられている汐梨。バイトを次々と替える翔多。絵を描きながら母を想う新。美人の姉が大嫌いな双子の妹・梢。才能に限界を感じながらもダンスを続ける遙。みんな、恥ずかしいプライドやこみ上げる焦りを抱えながら、一歩踏み出そうとしている。若者だけが感受できる世界の輝きに満ちた、爽快な青春小説。 *★*――――――――――*★**★*――――――――――*★* あいかわらず乙女のようにきらきらしてます、文章が。 「燃えるスカートのあのこ」翔太は椿ちゃんが…

  • 娘を産む気になったのは、遥か昔のつれづれノートのおかげ

    最新刊。35巻!すごいー 銀色さんは、私よりちょこっと年上ですので、色々子育ての事なども参考になりました。 出店にトライ! つれづれノート35 (角川文庫) ↓つれづれ2 この頃のカンちゃんに影響されました。赤ちゃんを育てるのも面白いかも?と。子供、大の苦手なのに。あまりの専業主婦の暇さ&周りからの「産め産め」攻撃とも相まって・・・・おかげさまで産む気になりました。銀色さんありがとう。 つれづれノート(2) (角川文庫) わかりやすい恋 【写真詩集】わかりやすい恋 (角川文庫) 森高千里のデビュー前の初々しいショットが何点も。魅力的な子だなあと思った記憶が。 顔は可愛いけれど、ちょっと足太いか…

  • 朱川湊人「黄昏の旗」

    黄昏(たそがれ)の旗 (PHP文芸文庫) 内容(「BOOK」データベースより) 切ない話、不思議な話、心あたたまる話―現在から過去、未来、はたまた“物語”の中など、さまざまな世界を舞台とした連作集。国道四号線に突然現れたゾウに慌てる人々、五年前に別れたときの姿のままの妻子の正体、無愛想なジェフじいさんと皆に愛されるロボットとの交流の行方、母が戻らないときにだけ開けるよう渡された封筒の中身等、十五のショートストーリーが詰まった「箱庭旅団」シリーズ第二弾。 *★*――――――――――*★**★*――――――――――*★* 15編の短編集。ちょっと不思議なお話。 ・・・・朱川湊人の小説はいつも不思議…

  • 辻仁成「永遠者」ヴァンパイア物ならば・・・・ポー。

    永遠者 (文春文庫) 新品価格¥799から(2019/7/9 19:10時点) 「愛とは、いずれ来る別れを惜しんで生きる中に宿るもの」←主題? 人類をはめるさせようと目論むカミーユをコウヤは、(娘のミワコが見つけた)第二の心臓に食いを打って殺そうとする。 大震災が起こったので、カミーユどこかで悪だくみして生きているのだろうな・・・ 100年物のコニャックをふたりで飲むシーンはよかった。 戦前のフランスのあたりは、つまらなくてどうしようかと思ったが、なんとか読めた。 作者、南果歩と中山美穂と結婚してる。私どっちにも似てると言われたことある。 どこにでもいる顔なのかも・・・どーでもいいことでしたね…

  • 角田光代「かなたの子」暗闇、死、罪、許し、こども。

    かなたの子 (文春文庫) 新品価格¥518から(2019/7/9 19:19時点) なにげない日常の隙間に口を開けている闇。それを偶然、覗いてしまった人々のとまどいと恐怖。夢とうつつの狭間を描く傑作短篇集。生れるより先に死んでしまった子に名前などつけてはいけない。過去からの声があなたを異界へといざなう八つの物語。 *★*――――――――――*★**★*――――――――――*★* 私と同い年。でも早稲田出で優秀なのね。早稲田らしき大学がよく舞台になってます。そんな今までの青年~中年群像が印象的だった今までの作風(「対岸の彼女」「ロック母」とか)とは、違ってきたこの頃。 「おみてゆき」地下でミイラ…

  • 辻村深月「鍵のない夢を見る」詰んでる女性5人の話。

    鍵のない夢を見る (文春文庫) 救いを求めて、やっと扉へたどり着くも、鍵がなくて開けられない。その先へ進むことができない、詰んでる女性の5人の短編集。 2話の、気持ち悪いおやじしかもう寄って来ない自分36歳。・・・・そうよね、私が36歳の頃はもう小4の娘がいた。22,3歳から早くも慌てだして(周りのほうがもっとうるさく結婚をせっつくが)早く手を打っておいてよかったわ・・・(苦笑) 3話。共犯の逃亡者と思っていたら!思い込みの激しい危険な男のなんと多いことか。ニュースでもストーカー殺人はなくならい。うちの近所でも(汗)男にx染色体を移植すれば、世の凶悪殺人事件も90%はなくなる筈。 5話。あるあ…

  • 桜庭一樹「傷痕」マイケルジャクソンをモデルにした、日本舞台のお話。

    傷痕 (文春文庫) 新品価格¥853から(2019/7/9 19:19時点) 内容(「BOOK」データベースより) この国が20世紀に産み落とした偉大なるポップスターがとつぜん死んだ夜、報道が世界中を黒い光のように飛びまわった。彼は51歳で、娘らしき、11歳の子どもが一人残された。彼女がどうやって、誰から生を受けたのか、誰も知らなかった。凄腕のイエロー・ジャーナリズムさえも、決定的な真実を捕まえることができないままだった。娘の名前は、傷痕。多くの人が彼について語り、その真相に迫ろうとする。偉大すぎるスターの真の姿とは?そして彼が世界に遺したものとは?―。 *★*――――――――――*★**★*…

  • 朱川湊人「なごり歌」ノスタルジー感たっぷりな昭和

    なごり歌 (新潮文庫) 中古価格¥1,112から(2019/7/9 19:18時点) 直木賞「赤まんま」を読んで以来、いつも楽しみにしている作家のひとりです。 私と同世代の作者なので、ノスタルジー感たっぷりな昭和の少年時代は、そっくり私の少女時代に当てはまるので、いつも同調してあの頃へタイムスリップしてしまいます。 団地があちこちにあって、その庭や公園で遊んだ遥か遠い日。。。。 虹ヶ本団地を舞台にした7つの短編。お互い繋がっているところもあり、長編のようでもあります。 「この道を歩きとおせばきっとまた会える」~「今は寂しい道」 ★★★☆☆ // ぽちっと応援お願いします! にほんブログ村 人気…

  • 坂東眞砂子「パライゾの寺」飼猫さんは、子猫を捨てた坂東さんを絶対に許さないと思う。

    パライゾの寺 (文春文庫) 坂東 眞砂子 文藝春秋 2010-04-09売り上げランキング : 365612Amazonで詳しく見るby G-Tools 内容(「BOOK」データベースより) 明治2年、長崎・浦上村の隠れ切支丹たちが土佐の漁村・天浜へ流罪となった。志操堅固な信徒たちに手を焼く村の顔役たちは、遊郭の女郎たちをけしかけて戒律を破らせ、棄教に追い込もうとする。表題作など、宮本常一とおぼしき民俗学者が採集した回顧譚の体裁で語られる、濃密なエロスとグロテスクな哄笑に満ちた7つの物語。 *★*――――――――――*★**★*――――――――――*★* あまり好きではない作家さんだが、55歳…

  • 白石一文「彼が通る不思議なコースを私も」「こんなことは前にもあったし・・・」とそのまま行動してると死ぬ。

    彼が通る不思議なコースを私も 白石 一文 集英社 2014-01-06売り上げランキング : 160264Amazonで詳しく見るby G-Tools 内容(「BOOK」データベースより) 友人がビルから飛び降りようとしている現場で、霧子は黒ずくめの不思議な男と出会った。彼の名前は椿林太郎。学習障害児の教育に才能を発揮する、優秀ですこし変わった小学校教師。霧子は彼に魅かれていくが、実は彼には知られざる能力があって…。生への根源的な問いを放つ、傑作長編。 *★*――――――――――*★**★*――――――――――*★* 「彼」は見た人の寿命がわかる、とか、子供時代には頭の中で大きな音が鳴り続けて…

  • 「家のロマンス」加藤幸子さん、46歳で新人賞ですってよ。「本でできる素晴らしい体験があるのに、どうしてちっぽけな現実の体験をせねばならないのかと思う。 」

    家のロマンス 加藤 幸子 新潮社 2006-11-29売り上げランキング : 853876Amazonで詳しく見るby G-Tools 内容(「BOOK」データベースより) 祖母が語る家の過去、孫娘が築く家の未来。時を超え連鎖する生の物語 。 *★*――――――――――*★**★*――――――――――*★* 加藤幸子さん、46歳で新人賞ですってよ。漫画と違って小説の世界はデヴューが遅くてもいいのね。むしろ遅いほうが人生経験積んでいいものが書けたりするのかも。漫画はいかに読者に近いかが勝負だからね~。 祖母ミヤは子は8人も産んだけれど、家を切り盛りしてくれる母のおかげで、広い家(夫が学者のため)…

  • 角田光代「月と雷」選択肢などないように見えてもそこここに小さな穴や隠れたドアが・・・。

    月と雷 角田 光代 中央公論新社 2012-07-09売り上げランキング : 111840Amazonで詳しく見るby G-Tools 内容(「BOOK」データベースより) 不意の出会いはありうべき未来を変えてしまうのか。ふつうの家庭、すこやかなる恋人、まっとうな母親像…「かくあるべし」からはみ出した30代の選択は。最新長篇小説。 *★*――――――――――*★**★*――――――――――*★* 角田光代自身が歳をとってきたせいか?赤ん坊や年寄りも登場し、主人公の年齢が上がり、別の主題になってきたみたい。人生まるごとな。いままでは若い女性の目から見た等身大の、女同士の上下関係(今でいうクラスカ…

カテゴリー一覧
商用