searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

とくおっさんさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

業務参考(マンション管理士/特定行政書士/国家試験受験アドバイス等)と業務全般のエッセイと日常のエッセイ・コラム等を内容とするブログです。いろいろな思いや意見などを、率直に記しています。乱筆乱文調のものもあろうかとは思いますが、どうぞ、ご容赦の程、お願い申しあげます。

ブログタイトル
おてんとうさんのつぶやき&月の光の思案+入道雲の笑み
ブログURL
http://toku4812.server-shared.com/
ブログ紹介文
マンション管理士・〔特定〕行政書士・知的財産管理技能士・国家試験受験サポーター等の一介の素浪人のつぶやき 生活のためになるようなツブヤキを紹介したいものだとは思っていますが・・いかがなりますか
更新頻度(1年)

191回 / 365日(平均3.7回/週)

ブログ村参加:2014/11/02

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、とくおっさんさんをフォローしませんか?

ハンドル名
とくおっさんさん
ブログタイトル
おてんとうさんのつぶやき&月の光の思案+入道雲の笑み
更新頻度
191回 / 365日(平均3.7回/週)
フォロー
おてんとうさんのつぶやき&月の光の思案+入道雲の笑み

とくおっさんさんの新着記事

1件〜30件

  • スパッとした規準を知りたい

    前回の記事についてはヤハリというか自身の受験学習の頃に抱いた疑問というかモヤモヤ感での理解のままが続いていた頃覚えていたよりスパッとしたポイントへの欲求(オオゲサかもしれませんが)がよみがえったりしましたそうしたことに関しての学習相談がありましたのでスパッとした理解へのお手伝いになるかどうかは別として一応のポイントを並べてみます(標準管理規約は単棟式条項)・住民の義務違反行為(不当・違法な行為)への対応の形として標準管理規約からの視点からすると66条と67条とがある・標準管理規約66条では区分所有法57条から60条までの規定に基づいての措置を示しているその措置の対象となるものに共通するのは<共同の利益に反する行為>だということ57条では訴訟と訴訟外とのいずれも可だがその訴訟の場合と使用禁止請求(58)・競売請求...スパッとした規準を知りたい

  • 約束を守らない住民

    ペットが逃げ出してのトラブルのニュースがより多くなっているようです次のような事例問題が問われたことがあります・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・規約で小鳥・鑑賞用魚類以外の動物の飼育を禁止しているマンションにおいて、区分所有者Aから専有部分を賃借しているBが、室内で体長約65cmの雑種犬2匹を飼育し、敷地内で犬を散歩させて通行人に吠えかかって恐怖感を与えたり、抜け毛や悪臭を発せさせたりする等居住者に多大の迷惑をかけている。この場合において、管理組合としてとり得る措置に関する次の記述のうち、区分所有法の規定及び標準管理規約によれば、適切でないものはどれか。①理事長は、理事会の決議を経れば、規約に違反しているとして、Bに対し、犬の飼育を止めるよう勧告することも、犬の飼育の差止めを...約束を守らない住民

  • 模様替え など

    マンション専有部の改造に関しての相談が増えているよう?でもあるような・・・サマザマな模索が広がっている世の情況などあり中古マンションを購入し自己の好みに合わせ改造をも目しての大都市圏から多少なりとも離れて住処を求めることを検討してみようという方などもこれからはより増えていくのではと思われたりします『自分のものである専有部をどのようにして使おうと所有者の自由ですよねどのような根拠でこの工事がダメだというのですか?』という方もおられたりしますが例えば<建築基準法>などの規定に違反するような工事ができないことは当然のことです区分所有法にも(区分所有者の権利義務等)第六条区分所有者は、建物の保存に有害な行為その他建物の管理又は使用に関し区分所有者の共同の利益に反する行為をしてはならない。とあります管理組合員の約束事の規...模様替えなど

  • 預金・貯金債権のことなど

    BさんはAさんに債務があるAさんはBさんの事情を知っているしモトモト優しい人なのでBさんはその債務のことはさほど気にすることなく過ごしてきている債権譲渡禁止・制限特約という仕組みは弁済の相手の変更をできなくしておいて固定しておくということなので債務者の利益になる(上の例でいうと債権譲渡禁止の約束があればBさんとしては自分の債務の履行はAさんにと決めてあるので安心だろう)債権は譲渡自由が原則突然『あの債権は譲ったのでよろしくね』などと言われたりするととても困ったり不安になることもあるだろう“債権を譲り受けた人はドンナ人なのだろう取立てが厳しい人だったりすると・・イヤだな”というような場面も特別の約束がない場合などではあり得る繰り返しになりますが債権者と債務者間で<あの債権については第三者に譲渡しない>と約束したな...預金・貯金債権のことなど

  • 言葉 表現 心

    「・・・という考えでよいように思われる」その分野の第一人者とも言えるのではと思えるような方であってもなかなか断定的なもの言いはまずしない(というかできないというかしないでおく)ように?みうけられると思えることが多い本日も会社法の学習をしている場面でそう思ったりしたもっともそのように記しているついさきほどの上の自身の文章にしたってどのような評価をうけることになるのだろうなどということなど気にしなくても差し支えがあるかないかなどということと縁のない一介の素浪人のものであるのだけれどそれなりに?クッションを組み込んであるようななんともムズムズ感を覚えるかもしれないようないかにも差し障りなく文言を並べて済ましてしまっているような・・・?<“第一人者も自説の展開や結論部でとくに結論部では断定的な物言いを意識して避けている...言葉表現心

  • 基本中の基本 なのですが

    遺言・相続に関することは行政書士としてのメイン業務のひとつサマザマなおおよその法律系国家試験においても重要なところですX氏が亡くなり法定相続人は妻Yと子B・Cですこの場合Y・B・Cは相続人全員の各持分が公示される(一部の相続人だけについてのものはできない)相続登記申請を一人だけですることができます(保存行為<民252但書>)他の相続人の同意とか承諾などは法的には必要ありませんここで上記にも関連することなのですが今回の民法改正前と後で不動産相続登記の対抗力などについてどのような差異があるのかについての問題です「被相続人Xは、自筆証書遺言を残して死亡したが、その遺言は【A土地を妻Yに相続させる】というものだった。相続人は、妻Yと子B・Cである。Cは、法定相続分による相続を原因として共有登記をして、自己の持分を知人D...基本中の基本なのですが

  • 持分の割合 ? 議決権の割合 ?

    「とにかく本番の問いを解く練習になる問題を載せてください」という要望もそれなりにありますがそうもいかない事情もあります(モウシワケアリマセンが国家試験受験に関することだけをブログのタイトルとして想定していませんので)ですができるだけ多くズバリマンション管理士試験(管理業務主任者受験の参考にもなるでしょう)に関することも載せ続けたいと考えています学習者さん各々各自・独自規準で選んだ基本書・問題集を参照しながらの知識吸収になっていることでしょうが参考にさせていただき自身の指針とさせていただいている基本書類を参照させていただきながら私も解説欄を工夫していきたいと考えております(受験のための理解方法に差し障りあるような記述はゼッタイに避けること当然ですが)もっとも規準はなんといっても関連する条項だと自身は思っています学...持分の割合?議決権の割合?

  • 任期 のことなど

    昨日も雷がスゴカッタ強く降ったりしばし止まったり当地も雨の日が続きますでも梅雨明けまでもう少しになったかな?少々長いのですがサッとながめてみてくださるとありがたいです管理組合との契約は一年任期輪番制下ではその時々の理事会での契約続行議案提出がなされるかどうかにその継続如何が一年毎かかってしまう最初の契約時には顧問や役員として関わらせることにどのような利点があるか顧問の資質を管理組合が判断するためにとりあえず一年という期間契約になるのだろうが二年目の契約更新時には複数年(2年か3年)の提案をしてみるのも好いかなとも思っている〔ダメだとの返事があるかもしれないこモチロン覚悟で〕臨時総会を設けてナントカ処置をという案件はさほど登場しないが他のサマザマな改良点を見つけながらの相談・助言援助は一年では経験上からすると短い...任期のことなど

  • トニカク理由付けをする と 自己に約束する

    当地そうとうに気温が上昇事務所内30度超(その程度じゃそうとうに上昇とは言えないかな?)クーラーは苦手でも扇風機のお世話にはマダならない暑い中お仕事のみなさんにもうしわけない(特に外での業務の方に)ような気がするので・・・さて問われたことにあたっていた間違っていただけでは率直に言って効率的な知識蓄積にならないと思います問題を解いてみる場合はトニカク理由付けをする習慣をつける理由付けがされないけれど答えたらあたったという場合はタマタマということだとも理解されますたしかに本番は4肢択一なので比較考量で正解にたどり着くこともあります一番答えに近いラシイモノでということばかりではいつまでも不安なのではと思われるのです学習時には理由付けをするのが力を伸ばすためには必要だと思います四個から一個を選ぶことはあくまでその四肢の...トニカク理由付けをすると自己に約束する

  • 貴重な疑問 と思われるのです

    『組合ような管理運営の仕組みを採っている集合住宅の住民団体をマンション管理組合などと呼べるのでしょうか?』前回のブログについて思っていたより多くのマンション住人さんから<私の住むマンションは10戸も無くてブログにあった組合的な仕組みの組織というものなのでしょうか?権利能力のない社団だなどと以前のセミナーなどで説明をうけたりしたのですが・・・ナンダカどういうところのナニが問題なのか・・・専門的過ぎない程度に・・・デキルカギリ判りやすく話してみてください・・・管理組合というのは社団とかいうもので組合というものなどではないと説明するマンション管理士の方もいたのですが・・・>と質問があったりしました《管理組合》ということについては何度か記していますが次のブログを参考にしてください<管理組合とは>鋭く指摘もあったりして-...貴重な疑問と思われるのです

  • 端くれ としてもプロとして 調べ答える

    マンションなどに関するものとしての法律が登場し施行されたのは昭和38年4月1日(一部は昭和37年からですが)ですということは区分所有についてのサマザマな心配事とかが起きていたかあるいはその虞が強くなっていたからか・・・ということでその法律成立以前にもそれなりの数のマンションが既に在ったことがうかがえますサマザマな決まりの下でのマンション住民の暮らしがあったということで(ソモソモ約束事も曖昧だったあるいは慣習によっていた管理だったかもということでその組合の個性もイロイロだったことでしょう今も独特な運営がなされているところから相談があったりし思わず『総会をしばらく開催してないそうですがそれは違法では??年次の総会開催は強行規定・・?事務の報告も強行規定・・??』とついドギマギしてしまったり・・ということで各々マンシ...端くれとしてもプロとして調べ答える

  • ポイントに触れていたことがスベテ と言えそうな

    アレッという間に七月文月六日久しぶり?になりますがマンション管理士試験過去問題です平成29年度(2017年度)〔問28〕議決権に関連する次の記述のうち、標準管理規約によれば、適切なものはいくつあるか。ア専有部分の価値の違いに基づく価値割合を基礎とした議決権割合を定める場合には、分譲契約等によって定まる敷地等の共有持分についても、価値割合に連動させることができる。イ専有部分の価値の違いに基づく価値割合を基礎とした議決権割合を定める場合において、事後的にマンションの前方に建物が建築され、眺望の変化等により価値割合に影響を及ぼす変化があったときは、議決権割合の見直しを行う必要がある。ウ組合員が代理人によって議決権を行使する場合において、その組合員の住居に同居する親族を代理人として定めるときは、二親等の親族を代理人とす...ポイントに触れていたことがスベテと言えそうな

  • 見出し看板からの想起トレーニング

    知識をスッキリとマトメあげようとしても条文の持つ効果的簡潔さを超えるものにはめぐり会えないのではないかと思われるのです・・?条文にはまず〔見出し〕が登場します<例外もありますが>サイワイにも?区分所有法は膨大な条項数ということでもないので〔見出し〕から条項の内容を想起してみて学ぶ手法も自身の場合は採り入れたりしました皆さんはどのような工夫をなさっていますか?それと学習に限らず取り組んでいる相手の全体像というものをオボロゲにでも眺めることができるということは相手の正体を知ることができるかもという意味でそれなりの安心感を覚えることができるのではと思われるのです自身が闘っている相手がどのようなものかを知りえないほど不気味で怖ろしいことはないと思うので(受験に限らないことですが)試しに〔見出し〕を列記してみます「空欄は...見出し看板からの想起トレーニング

  • 手遅れ ?

    サイワイにも?単棟型複合用途型団地型※単棟型団地型といってもいわゆるリゾート地にあるのでとかリゾート目的なのでというようなことでリゾートマンションなどといわれたり現役?とか表現に気をつけなければいけませんが延命・終末を待つ建物設備群を抱えているとか姿をどのように変えて建物・敷地を活用するのが良いのか・それが可能なのかとかソレゾレの課題を持つものなどあるわけなのですが分類に規準があるわけではないので一応の呼び名などで示しながら少々記させていただきますいずれのタイプのマンションにも関わらせていただきそれぞれの主な問題の特徴にも接するチャンスを得ました〔マンション暮らしでのトラブル類発生など無いのがベターなのは当然ですが〕実務上の経験からですがそれは不注意というものだろうとナゼ予知というか不都合な情況の発生を想定でき...手遅れ?

  • 定例の質問

    雨の日の連続ですみなさまのところはいかがですか前回鋭い質問がなされるところはオオヨソ決まっているということあたりを記させていただきましたがその例を記してみますので受験・学習者の方はお時間があるようなら眺めてみてくださいイジガワルイことを問うていることのようですがガマンシテ付き合ってみてください実務でもよく訊かれることです「あくまで区分所有法を前提にして考えてみてください管理組合法人と共用部分のことの二つのことを質問させていただきます」「屋上に増築を加えてその増築部分を専有部分とすることは総会の普通決議で可能ですか?」『共用部分である屋上の変更なので特別決議が必要だと思います・・・・??イヤ?組合員全員の合意が必要になるのかもしれません・・・少し時間をください???』「全員合意まで必要となる理由はどこにあると考え...定例の質問

  • 例年鋭い質問が発せられるところはおおよそキマッテイテ?

    以前に載せさせていただいたものに関して鋭い質問があったことそうして学び方にピカッと眩しいような訊きかたをなさる受験者さんから同様なことをやや深く問われ自身の知識の曖昧さもおおいに気付かされたことがあったりしたので以前の記事を援用させていただきながら記させていただきますサーッと眺めて格別迷わないようでしたら一読で済まし?マークが複数ほど浮かぶようでしたら少しばかりでもジックリ考え自身のものとして定着させておくと好いのではと思われる箇所です特に受験者の方にとってですが(広く学習者の方マンション住環境などの知識に興味がある方もどうぞ)率直に言わせていただきますがマンション管理士試験(管理主任者も同様)出題範囲は大胆に分類すると基本的にソノママ覚えるしかない:標準管理規約・適正化法過去の出題あるいはその周辺を手がかりに...例年鋭い質問が発せられるところはおおよそキマッテイテ?

  • YES/NO で答えデキルカギリ条文も思い浮かべてみる

    当地は今日はホボ一日中蒸し暑い感じがしました皆さんのところはいかがでしたでしょうか学習するうえでは体調管理にも注意せざるを得ませんね勤めながらの方は特にタイヘンな季節となりますねさて只今22時10分遅くなってしまいましたが本日のマンション管理士過去問題です2016年度の共用部分に関しての問題の肢を並べてみました区分所有法・民法・不動産登記法によればということでYES/NOで試してみてくださいア各共有者の持分は、その有する専有部分の床面積の割合によるとされ、その床面積は、壁その他の区画の内側線で囲まれた部分の水平投影面積によるとされているが、これらは規約で別段の定めをすることもできる。イ共有者の持分は、規約に別段の定めがない限り、その有する専有部分の処分に従う。ウ各共有者は、共用部分の全部について、持分に応じて使...YES/NOで答えデキルカギリ条文も思い浮かべてみる

  • 改正の意図 あるいは意味?

    6月22日報道発表がありましたその一部に関しての本日のブログです「マンション標準管理規約」の改正について(概要)Ⅰ.「マンション標準管理規約(単棟型)」の改正(概要)1.ITを活用した総会・理事会「ITを活用した総会」等の会議の実施が可能なことを明確化し、これに合わせて留意事項等を記載〇「ITを活用した総会」等の会議を実施するために用いる「WEB会議システム等」の定義を定義規定に追加(第2条)〇理事長による事務報告が「ITを活用した総会」等でも可能なことを記載(第38条関係コメント)〇「ITを活用した総会」等の会議を実施するにあたっては、WEB会議システム等にアクセスするためのURLを開催方法として通知することが考えられることを記載(第43条及び同条関係コメント(総会)・第52条関係コメント(理事会))〇ITを...改正の意図あるいは意味?

  • 短文とはいえ 勝負どころ

    新訂民法総則(民法講義1)著者我妻栄1930年(昭和5年)5月15日第1刷発行1965年(昭和40年)5月31日新訂第1刷発行2012年(平成24年)8月6日第49刷発行目の前にある奥付の内容の一部です一介の巷の素浪人にとって独習を始めたときからの自身にとっても偉大な師である本です今日もあることの確認のため拝見させていただきました《任意規定〔公の秩序に関せざる規定〕強行法規〔公の秩序に関する法規〕任意法規と強行法規の区別両者の区別は、規定の趣旨を考察し、個人の意思によって排斥することを許すものかどうかを判断して決する他はない。》マンションにおいても区分所有法のその規定が強行規定なのかそうではないのか説明を要する場合がありますさてマンション関係知識のいわゆる基本書と呼ばれるものには<規約>に関して次のような文言が...短文とはいえ勝負どころ

  • 確かに そうとう難しいことも訊いている

    以前にも少々記していることに関してですがなんらかの資格を持っていてさらに〔マンション管理士〕の名称も使用したいという仕事仲間の方がおられて「宅建士」の方は<都市計画法宅建業法あたりの問題が多いとイイノダガ>「司法書士」の方は<不動産登記あたりの問題がセメテ2問ならイイノダガ>「税理士」の方は<会計・税務の問題がより専門性を持ったものならイイノダガ>「行政書士」の方で特に特定行政書士の方は<行政法の出題の検討をシテホシイ>「弁護士」の方は<サンザン苦労しての弁護士免許なのだから受験は勘弁して登録サセテホシイ知り合いの弁護士は一発で合格できなくて『法令系だけでナントカなるはずだったけど区分所有法ってヤハリ独特だね』とか言ってたよ>「建築士」の方は<法令系と建築設備系の出題割合をもう少し接近サセテホシイ>とあからさま...確かにそうとう難しいことも訊いている

  • 矛盾している のかな?

    『うちのマンションでは管理会社が管理者の地位に就いて管理がなされているという説明をされているのですが昨日のブログでは法人は役員になれないとの内容であるようなそれに関してのことがイロイロと説明されているようなのですが専門的すぎるようなことが登場したりして理解が難しいような・・・疑問が少しばかり出てきてチョット心配になってしまったのですが結局どういうことを言いたいがための記事なのですか?法人は役員になれるのかどうか矛盾しているようなことを言う専門家もいそうで・・・・』昨日の記事について誤解があるといけないので一応記させていただくこととしました区分所有法《省略アリ》(選任及び解任)第二十五条区分所有者は、規約に別段の定めがない限り集会の決議によつて、管理者を選任し、又は解任することができる。・管理者の資格について法律...矛盾しているのかな?

  • 本日の 追記

    順番が逆のような思いもしますが前回の記事のキッカケとなったようなことを追記させていただきますマンション管理のことで案内されている担当部署の説明では理解できないので3度ほど〔標準管理規約コメントにある[派遣]という言葉のこと・例えばスカイプなどでの会議の在り方とそれが区分所有法の規定に触れないのかどうか・などで)いわゆる本省の担当官にお電話で伺ったことがあります(“モット上に直接訊いてくださいここでは判りかねますので”などと返答されてしまうような場合は試してみるのも好いのではと思います<業務に迷惑をかけてしまうような問い方はモチロン避けなければいけませんけれど担当係官としておそらく最後の回答者は本省におられるでしょうから>そうした場合経験上言えることとして『標準管理規約にはコウありますが』とか『区分所有法にはソノ...本日の追記

  • 組織から遣わされる?

    標準管理規約には法人に関してのことを含んだコメントとして35条関係④本標準管理規約における管理組合は、権利能力なき社団であることを想定しているが(コメント第6条関係参照)、役員として意思決定を行えるのは自然人であり、法人そのものは役員になることができないと解すべきである。したがって、法人が区分所有する専有部分があるマンションにおいて、法人関係者が役員になる場合には、管理組合役員の任務に当たることを当該法人の職務命令として受けた者等を選任することが一般的に想定される。外部専門家として役員を選任する場合であって、法人、団体等から派遣を受けるときも、同様に、当該法人、団体等から指定された者(自然人)を選任することが一般的に想定される。なお、法人の役職員が役員になった場合においては、特に利益相反取引について注意が必要で...組織から遣わされる?

  • 集中質問

    本日は日曜日でおおよその方は休日なのでしょうか?受験予定者の方のなかには休日こそ学習日という方が多いのではと思われます(もっとも日曜日こそ一番忙しい労働日という方もおられることでしょうが)自身も20歳からズゥーッと労働者兼学習者です(今は自由業者兼学習者)各自それぞれのいつもの定番の学習形式も安定していて良いのかもしれませんがビジネスとさせていただいている受験者応援の場ではときには理解度を各自に知っていただくために狭い範囲の集中質問をさせていただくことがあります5問免除を受け得る方もおられるかもしれませんがマンション管理適正化法関連問題の主として〔定義〕あたりのことを質問(2010年度以降の肢から出題順に拘らずに羅列)してみますのでよかったら学習計画に支障が少ない範囲でYES/NOで試してみてください〔いつも述...集中質問

  • 構造・設備などへの 近づき

    〔架構は、柱と梁で組んだ構造を意味する用語。柱と梁のラーメン構造をつくるとき、「架構を組む」といういいかたもします。架構を単に「構造」ともいう。〕専門書を読んでいたら上のような説明が登場したので《構》という字の意味をあらためて調べてみたりしました<かまえる。組み立てる。しくみ。>という意をもつものだというようなことが示されていました設備系の学習では文字の羅列だけの教材等ではナカナカ手ごわすぎると思われます自身はビル管理的な業務にも少しばかり関わらせていただいた経験がありその折設備系の知識を持たせていただいたこともあったり一応機械系の学校を出ていることなどのこともあり(勉強はいい加減でしたが)苦手意識はないのですがそれにしてもサマザマナ知識を追いかけることはタイヘンなことがあります例えば本日のマンション管理士過去...構造・設備などへの近づき

  • 率ではなく 遺留分の実際の額を知りたい〔Ⅱ〕

    :::前回の続きです:::本日の最後になりますが『・・おおよその率での説明というようなものじゃなくてどれほどの侵害を受けていることになるのか実際の金額でできる限り具体的に示して欲しいのですが?』という相談者さんにはできる限りシンプルにと言われたとしても《遺留分侵害額を求める計算式》遺留分侵害額=(遺留分額)-(遺留分権利者が受けた特別受益の額・遺贈額)-(遺産分割の対象財産がある場合{既に遺産分割が終わっている場合も含む}には遺留分権利者の具体的相続分〔ただし寄与分による修正は考慮に入れない〕に相当する額)+(被相続人に債務がある場合にはその債務のうち遺留分権利者が負担する債務の額)※1042条に規定の遺留分から1046条2項の1・2号の額を控除し3号を加算を実情を伺いながらの計算をしつつ説明させていただくこと...率ではなく遺留分の実際の額を知りたい〔Ⅱ〕

  • 率ではなく 遺留分の実際の額を知りたい〔Ⅰ〕

    念のためですが[認知]とは父からだけではなく母からの認知という場合もあります(認知)第七百七十九条嫡出でない子は、その父又は母がこれを認知することができる。他意はないので羅列させていただきますが・・・嫡出子(法律上の婚姻関係にある男女を父母として生れた子)であろうと非嫡出子・認知された子であろうと養子であろうと最初の妻が婚姻中に懐胎した子であろうとそれから何十年後の認知の子であろうと5日前に養子縁組をしたばかりの子であろうと同地位で法定相続人の位置につくことになります当然すぎることをあえて記しますが子とは対照的に?配偶者の位置にあった者が幾人であろうとも被相続人死亡時の配偶者だけが法定相続人配偶者と子の場合財産の価額(被相続人が相続開始の時において有した財産の価額にその贈与した財産の価額を加えた額から債務の全額...率ではなく遺留分の実際の額を知りたい〔Ⅰ〕

  • チョットした時間にでも 訪ねてみると

    昨日のブログに関係することですがイロイロな場面で必要となる情報をサマザマなルートで少しでも得るということも有意義では?ということで今朝はチョットばかり早めに起きホボ忘れていたような情報に会うために下のところあたりを訪ねたりしました住宅・建築-国土交通省(mlit.go.jp)明治時代の建築法規(mlit.go.jp)タイトルがエッというようなものだったのでビックリしてしまいましたが?用途地域と地区計画の差異あたりがナンダカゴチャゴチャに住宅品質確保法あたりの基本がボヤーンとしてしまったりなのでトニカク建築基準法関連のコンパクト資料の一つとして記憶にあったので久しぶりに訪ねトップページを移動したりしてPC画面で知識を追いました・「共同住宅」の定義の再確認・都市計画法の概要を復習する・住宅品質確保法と瑕疵担保履行法...チョットした時間にでも訪ねてみると

  • マンションの事は 国交省?

    実務上の最新の情報を得るにはおおよその担当部署のことはホームページがそれなりに頼りになるのではと思われます印刷物も参照しますが現行情報か否かハッキリしなければならないときは各々のホームページを検索することでおおよそ知りたいことがみつけられるように思われます法規関係はトップ|e-Govポータルを利用させてもらうことが多いです消防庁は総務省系列マンション〔共同住宅〕消防用設備等の点検のことで今日は次のページあたりを眺めさせてもらいましたh16_kokuji9.pdf(fdma.go.jp)国交省・総務省・厚生省・法務省関係知識を得るためそれぞれの公式ホームページをネットサーフィン(今どきはサーフィンなどする必要がないほど検索技術が進んでいるともいえましょうが途中で興味のあることに出会うと実務一事休憩みたいなこともあ...マンションの事は国交省?

  • 事実の様相 情況の分析

    マンションにおけるトラブルについても《だれが・いつ・なにを・なぜ・どのように・どうしたか》というあたりのポイントをシッカリと把握することが重要であること当然ですそういったことの情報の共有が関係人になされていないと対処を誤ることともなりますでしょう本日のマンション管理士試験過去問題は案件の事実関係をより素早く掴む事務処理能力をも試しているような出題といえそうです《だれがどうしたか》ということが短時間の判断を求められるキーポイントになると思われるので関係当事者を□△〇などで囲んでどうしたかあたりは下線を付けておくなど長文に当たる場合のトマドイを小さくするなどの工夫を自分なりに設けておくと好いのではと自身の受験経験上から思ったりしますということで2012年度(平成24年度)〔試験の始まり直後の三番目の問題に長文問を配...事実の様相情況の分析

カテゴリー一覧
商用