chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

cancel

1件〜100件

  • 喫茶 ナイアガラ(喫茶店)

    大阪日本橋1丁目の交差点を1筋上がった場所にある町の喫茶店。昭和50年代に戻ったような香するお店である。角地となり狭い店内に匠の技?で配置された座席は意外に多い。ふと横にある水槽を見ると・・・ウーパールーパーである、こんなっ近くで実際に見るのは初めてである・・・懐かしくもあり。。。驚きである。知人お供にお茶に入ったのだが豊富なランチ(食事)やドリンクメニューがカラフルに掲示されている。さて3時の休憩、紅茶450円とバタートースト350円で800円、土地柄相応の価格と見えた。紅茶もトーストもいたって普通、トーストはバターたっぷりとなるがもう少し焼き目得れてもらうとさらに美味しかったのかと。ざっくばらん”とした店内雰囲気、当日は常連さん率は0で客の出入りも多くやや落ち着かない雰囲気、場所柄もあるがウーパールー...喫茶ナイアガラ(喫茶店)

  • 夷川 燕楽(居酒屋/おでん)

    夷川通麩屋町の北西にある居酒屋さん。おでんが有名なお店である。祇園っぽい風体で老舗割烹店の雰囲気を持っている店頭だ。大きなカウンターには多数の極楽者が張り付いている。傍らにはおでんがグツグツ生き物のように踊っている。小上がり席と2Fにはお座敷席があり規模としては大きいほうである。おでんとしては低価格ではあるがそれ以外のメニュー構成はそれなりの価格ではある。コース設定もあるが基本単品注文者が多く、某のグループも単品となった。居酒屋より昔ながらの割烹といったほうがしっくりくるメニューである、肝心のおでんはそれほど多くは注文しなかったが、意外にさらりとした流れるような出汁味、後でジンワリ旨味がやって来る。ベーシックで気軽にされどしっかりしたモノを持っている。ビールより日本酒をやりながらゆったりやりたお店である。...夷川燕楽(居酒屋/おでん)

  • 鞍馬口 寿星(割烹/小料理屋)

    烏丸通鞍馬口を西へ入った場所にある小さな割烹店。庶民的な価格でのランチを提供されている。店頭には神社の寄付札のようなお品書きがずらり並んでいる。一部テーブル席はあるがメインは大きなL字カウンターとなる。お座敷は2Fになるが未確認である。一番人気のは1000円のおばんざい膳、30食限定である。30食は場所柄多いように感じるが売り切れること多いようである。ぶりの照り焼きをメインとした湯葉と豆腐のあんかけなど6品。贅沢感あふれる1000円だ。ぶりの照り焼きの出汁醤油はぶりをソフトに包み込んでくれる、ガツガツ喰らうより時間をかけて口になじませながら食べるとこの料理のパフォーマンスを最大限に発揮できる。湯葉あんかけはかなりのソフト志向、やはりガッツくことを想定していない作品、全体的には薄味思考の出汁をしっかり出して...鞍馬口寿星(割烹/小料理屋)

  • コーヒーハウス サンライズ2001(喫茶店)

    千本今出川より3筋下がった場所にある喫茶店。モダンな店頭が目印である。東西に奥長いお店で中央通路もそ大きくはないが不便とまではいかない、奥へのアクセスは問題ない。入口近くの席を使ったが窓の淵にはNゲージ?車両がズラリ並んでいる。横長のメニューと夕方までのセットメニューで構成されている。トーストセットにサラダが付いて500円、これはたのむしかない!玉子、ポテト、サラダと小さいながら充実したサラダ、ブレンド紅茶は渋みが勝ったやや薄め、一般ならストレートより糖分を入れたほうがいいのかもしれない。なにより500円という価格に笑みがこぼれる、退出前には常連さんが3名ほどなだれ込んできてすぐに地元話に花を咲かしていた。この喫茶店も現代の井戸端会議の地となり地域貢献となったているようだ。「京都市上京区千本通笹屋町下ル泰...コーヒーハウスサンライズ2001(喫茶店)

  • 醍ぶ 府庁前店 (ラーメン)

    府庁前の交差点の東側、丸太町通新町にあるラーメン屋さん。モダンなレトロビルのテナントに入ったお店は2号店となる。中は表のレトロな雰囲気とは打って変わってスタイリッシュモダンな店内である。店舗自体が嵐異性もあり清々しささえ感じる。千本店と同じく凝ったネーミング、今回は「紫黒」850円、醤油ラーメンである。つるつるシコシコの平麺はハイブリットな特性、チャーシューは鶏はなく豚のみレアチャーシューは相変わらずの豊潤さ、噛みしめることが事が楽しくなる。そして5種の醤油を混ぜ合わせたスープはコクはあるがアッサリした口当たり浅く深くそして長く付き合うことができそうなスープである。高いランクを維持しながらも普段使いもできる幅広い美味しさを持つ作品であった。さぁ次は「丁子」塩ラーメン残るのみだ。HP→https://div...醍ぶ府庁前店(ラーメン)

  • 縁 ENISHI(ダイニングバー/カフェレストラン)

    壬生川通四条の北東にあるホテル「アーバイン京都」内にあるダイニングレストラン。ランチには1000円迄で利用できるお得なセットを提供されている。複数人数用の大きなダイニングテーブル席と1~2人程度用のテーブル席がある。通されたのはそのテーブル席、通路のような空間の壁を使った席となるがコンセントもついていて意外に便利でゆったりできる。グリル系を中心とした茶色が多いメニュー表、子供が喜ぶメニューとも言えよう!注文したはハンバーグセット700円。ご飯、味噌汁、サラダと火傷覚悟のフライパンに入ったメインで4点セット。肉汁たっぷりアツアツハンバーグ、あいびきが使われコクある甘味がジュルっと口に広がる美味しさ。ホテルランチらしく丁寧な造りと充実のメニュー構成で満足したお昼を過ごさせてくれる・価格も700円とホテル価格と...縁ENISHI(ダイニングバー/カフェレストラン)

  • 鑫隆(担々麺/中華料理)

    烏丸通高辻を東に入った場所にある中華料理店。お昼の担々麺を狙って来店した。屋号は「シンロン」この金三つ”の字はなかなかソフトが認識しない厄介者だが中華店にたびたび登場する。テーブル席と小上がり席が左右に分かれた店内。小上がり席には格子戸風の飾り戸があり中華店というより小料理屋さんっぽい店内だ。ランチメニューは定食と麺に分かれていて双方豊富である。価格は800円までとお手頃である。本格四川担々麺750円、小鉢が1つついている。本格”と名があるようにストレートな味付けだが、表面に浮かぶ粒々が気になるが。。。おそらく明太子だろう、これがいい味を出している、丸々入ったザーサイもよく目立つ。麺は中直麺のやや軟質。麺自体は汎用だが粒々スープがよく絡み辛さの悪魔と化かしてくれる。総じて普通な出来ではあるが明太子?の存在...鑫隆(担々麺/中華料理)

  • まるまつ(居酒屋)

    北大路大宮を1本上がり西側に入った場所にある居酒屋さん。餃子を売り”の1つとされている。店内は靴を脱いでのフロア座席、リラックスできる空間が電球光に照らされ我々を迎えてくれた。当日は5名での来店(子供1人)スタッフの対応もスムーズである。価格は300円台から700円程度、際立ったコースなどの設定はなくそのせいか学生などの若年層の姿はなく家族ずれなど近所使いが多いように感じた。典型的な居酒屋造りの味付けで、ビールや日本酒によく合う濃いめのメニューのオンパレード自慢の餃子はやや小ぶり?で外パリ中ホワ、薬味は凝縮感があり自慢”できうる商品である。大きな特徴はないが肩の力がすっと抜けるフローリング席と気を使わない居酒屋の味付けは酒好き宴席好きの者たちを魅了する。「京都市北区紫野下門前町2-2マノワール紫野1F」まるまつ(居酒屋)

  • 土佐料理居酒屋 心(ラーメン/居酒屋)

    三条通新町を下がった場所にある土佐料理のお店、お昼にラーメンを提供されている。町家スタイルの店舗で格子戸がよく目立つ。中はカウンターのみの居酒屋スタイル前後の空間は比較的あって圧迫感はない。カツオの姿が勇ましい””多彩なメニューの中から気になるは冷水ラーメンではあったが結局「高知産かもだしラーメン」850円でご飯付き”を注文。ほどなく到着、チャーシューの代わりにつみれが入った変わり種ラーメン、スープはカモに加え鶏ガラ豚骨、魚介など自産にこだわった素材がたっぷり入っている。そのスープは力強さに角が取れた旨味が蓄積されているような粘り強いおいしさえを持つ作品だ。麺は柔らかめの中華麺風、仕事はきっちりできるが飛び出した感はない。この中でうみれはスープと方向性を同じとする味わいである。自産を生かした丸みを帯びては...土佐料理居酒屋心(ラーメン/居酒屋)

  • 喫茶 マリア(喫茶店)

    千本通り中立売り下を下がった場所にある喫茶店、千本通りレトロ喫茶の一角を担ってきた。大量に豪華に食品サンプルは2コ分隊ほどの数が展示されている。これがいい!両側にソファー使途が広がる喫茶店店内。中央に通された通路は使い勝手が大変いい。無理なく古く自然体でありながら朽ちるに任した感はない過ごしやすい雰囲気だ。紅茶とトーストセットで560円、低価格は中央から離れた喫茶店の魅力である。渋さはやや強めのブレンド紅茶、香りは控えめで飲みやすい。トーストも食パン色が強く特色がないところが特色だ。レトロ系と表したがあざとさがなく自然体で付き合える特別じゃない喫茶店、安心と安らぎを与えてくれる。千本中立売3大喫茶店の一角(ナポリ)が来た今、憩い”がTVで人気が出て、次はマリアの時代がやってくる・・かもである。「京都市上京...喫茶マリア(喫茶店)

  • 本町製麺所 中華そば工房 (ラーメン)

    大阪府、東船場にある船場センタービル2号館の地下2階にあるラーメン屋さん。山長商店グループの一員である。店頭には本業である出汁系の昆布・鰹節が販売されている。テナント店舗らしく明るく清潔な木目調店内である。各カウンター席に水ポットが与えられているのはありがたい。和風だし系ラーメン。760円は中華そば、名も実直でストレートである。味玉と大きなレアチャーシュー、ねじれメンマと青物が乗る際”には海苔の姿。スープは丸みがあるがしっかりした顔立ちを持つ和スープ、芯がしっかりした麺と旨味たっぷりチャーシューの組み合わせは中華そば的ではないおいしさを持つラーメンである。当然麺のパフォーマンスは高く充実度は高い。新中華そば、スープと麺の相性が大きな魅力の麵屋さんである。HP→https://yama-cho.net/sh...本町製麺所中華そば工房(ラーメン)

  • コーヒーハウス ヒサオ(喫茶店)

    烏丸鞍馬口の西、細い路地奥にある喫茶店。烏丸通りから路地の入口があり看板が置かれている。路地というより家の色摩といったほうがいい通路である。外からの印象より広く奥深い店内である。徐元密着型店舗には珍しくテーブル席のみで構成されていてカウンター席はない。コーヒー紅茶380円、トーストで280円中心部から少し離れた喫茶店”として標準的な価格であるが手頃な価格であることは間違いない。トーストは浅めの焦げ具合、パン生地はサクッとした食感で腹にあまり残らなくちょっと一口に最適である。ブレンドの紅茶は香よくセイロン系の茶葉のような気がするふわっとした中に渋みが隠れている意外と存在感がある紅茶であった。お客はほぼ全てが常連さん、店主との会話がグルグル店内を廻るジモティーな喫茶店であった。「京都市北区鞍馬口通室町東入小山...コーヒーハウスヒサオ(喫茶店)

  • らあめん 飛瀧(ラーメン)

    河原町丸太町の南西1筋下がった場所ある魚介系のラーメン屋さん。居抜きの麺屋さんとなる。中は狭いコの字カウンターのみ、このあたりは前店とあまり変わりない。ただ質実剛健的な前と比べ多少なりともオシャレ”が意識されている。ラーメンは2種から成り立っている。魚介と豚鶏貝の白湯、価格は1000円前後と多少高い目注文したのは「鶏と豚と貝ありがとう」980円、白湯とは思えないフレッシュカラーしたスープに大きなあさりが鎮座している豪華なラーメンである。アサリの旨味がぶっとく存在するスープは豚と鶏の旨味もしっかり存在する、まさに骨太のスープといえる快作で、しっかりと目を見て共感してくれるCAのようである。直線的に表現するなら美味しいを実感できるラーメンだ。平打ち麺のツルコシ具合とホロホロバラチャーシューもスープに順応しつつ...らあめん飛瀧(ラーメン)

  • アトリエ とも(喫茶店)

    蛸薬師通烏丸東入った場所にある障碍者就労継続支援B型事務所に併設されるカフェとギャラリー。ガラス張りの抜けのいいエントランスである。中は喫茶空間とギャラリー空間とが別れており喫茶空間の奥に比較的大きなギャラリーが存在する。カフェそのものはあっさりした目線が低くとられた落ち着きやすい空間だ。ギャラリーも椅子が置かれ一定の滞在も可能である。1月の来店、何か温かいものをと紅茶を注文しかけてメニューにぜんざいの存在を確認し注文に至る。価格は420円都会の中の喫茶店としてはさすが!の価格。ほうじ茶付きである。やや小ぶりの器に入っている。餅も小ぶりではありが4個も入っていてかなりボリューミー。一方小豆は密度が低くサラッとして後に残らない。そのせいか餅の印象が強く残るぜんざいである。全体的に価格が抑えめになっていてギャ...アトリエとも(喫茶店)

  • ル・グラン・カフェ(カフェ)

    北山下鴨中通りの交差点を上がった場所にあるガレットとクレープが有名なカフェである。ビルの1Fにありガラス張りの欧州スタイルのエントランス、北山らしいといえばらしい。広く明るくオシャレな空間、椅子机は身体が溶け込んでいきそうな全席ソファーシート当日は時折吹雪く極寒の天気。思わず笑みが漏れる。身体を温めることもありちょっとお高めの紅茶765円、ポットでの提供となるので価格も納得である。メニューには「ドバイにある7つ星ホテルのバージアルアラブで使用している高級品紅茶」色は浅い紅色、アッサムよりのブレンドのような軽い渋みと鼻に抜ける微かな甘みが心地よい。癖がなく深みがある紅茶でポットでも飽きずに最後まで楽しめた。スタッフの方の対応も素晴らしく(人によるものかもしれないが)雰囲気を含め北山カフェらしいお勧めのお店で...ル・グラン・カフェ(カフェ)

  • 切通し進々堂 (喫茶店)

    四条大橋から2筋東を上がっですぐにある喫茶店。屋号の通り切通しにあるお店で場所柄、芸子さんがよく訪れる喫茶店として有名である。さすが京都屈指の観光地、ケーキケースと共に京土産の棚もしっかり装備!横目に見ながら座席へ。休日の14時過ぎコロナ過のせいか某だけ貸し切り状態だ。什器はクラシカルなよくある”タイプのソファーシート、型は古いが壁を使ったL字ソファーはそのまま横になって寝込みたいひどのはんなりゾーン。場所柄なのかドリンク、特にジュース関係、そして喫茶重視としてトースト中心のメニュー構成特にトースト関係の充実は(進々堂だけに?)某としてはうれしいかぎり。とか言っていたが結局注文したのはいつもの紅茶450円とトースト220円で670円、祇園価格じゃないので一安心。トーストの焼きは薄いがパン生地に粘りがあり良...切通し進々堂(喫茶店)

  • 満寿家(うどん そば)

    四条大宮の北西、壬生車庫前の信号の北側にある昔ながらのうどん屋さん。喫茶マーチの3軒隣である。建屋は非木造のクラシカルスタイルが魅力的である。洋装なるクラシカルな店頭とはガラッと変わり店内は古典的なうどんそば屋さん、ある意味安心きるいつもの風景である。おしながきはなく(店員さんに言えばあるかもだが)壁の張り紙から選択となる。表に貼られたおしながきも重要な選択アイテムだ。某のベンチマークいつもの親子丼は700円、価格は標準的だが場所を考えるとお得な価格となる。正式にはうどんセットの定食メニュー、小鉢も2皿ついているのでお得よりかなりのお得となる。初めから山椒がかかっている、つゆだく系ではあるが、適度な量である。出汁もあっさりしていて最初から山椒も納得してしまう。若鳥のかしわ”は甘みある皮付きで某の好みど真ん...満寿家(うどんそば)

  • 喫茶 マーチ(喫茶店)

    四条大宮の北西、壬生車庫前の信号の前にある。昔ながらの喫茶店。縞のテントがいい味を出している。古典的喫茶店としての店頭は合格点だ。質素で単純、最低限の色彩で最大の仕事を行っている看板に軽く手をかけお店の中へ。レトロ喫茶のカテゴリーではなく特に大きな特徴もなくごくごく普通の喫茶店である。ただベテラン喫茶特有の香り”を強く感じられる、これもベテラン特有の特徴だ。キスは金属パイプを使った70~80年代に流行った椅子で喫茶空間に溶け込んでいる。トーストセットは550円、ベテラン喫茶ならではの低価格である。紅茶は見た目はかなり濃い目.飲んでも渋みしっかりかなり出ているので甘味には強い紅茶だ。トーストは軽るあぶった程度、焦げ目がしっかりついたものが好みの某なので、ちょっと寂しいこの価格帯で不平不満は禁物だが、少し寂し...喫茶マーチ(喫茶店)

  • カフェ ヨージク(カフェ)

    北山大橋から東へ初めての信号の北西のビルにあるロシアンカフェ。店舗は2Fとなり外階段をあがり到着である。中に入ると東欧の民家に行ったかのような家庭的な雰囲気を感じる店内だ。らしい”雑貨も楽しみの1つ。ロシアンティーが気になるところだが(はちみつ?ティー)当日は予算不足・・・となるのでアイスダージリン450円と今日のメインであるピロシキ250円!3つのピロシキが用意されている。スタッフの方に(ロシアか東欧?の方)に聞いて「ひき肉とゆで卵」を選択。到着までそう時間はかからかなった、やや濃い目の色合いを出すダージリンは渋みと軽い甘みが奥に潜んだ作品。ストレートには一般的ではないが某は好みのアイスティーだ。さて楽しみのピロシキ”はギッシュで油分が多いボリューミーだ。本場仕込み?はもっとあっさりした物、サクサクした...カフェヨージク(カフェ)

  • エポカフェ(カフェ)

    平野神社前の信号の南西にある地下カフェ。表には小さな看板があり、入口は路地側から入ることとなる。入口は極めて質素、会社の入口かもしくは倉庫のような地味な様相。小さな看板がカフェの証明である。中は地下とは思えない安らぎの空間が置かれている。エントランスのビジネスライクな質素さとは違うギャラリーカフェである。嬉しいことに畳にコタツの部屋もある。当日は1月の極寒の日、某、風邪気味だったのでスタッフの方の勧めもありコタツ席でほっこりしながらメニューをまさぐる・・・自家製ケーキのドリンクセットで800円、」コタツにくるまりながら待っていると予想を超える豪華なセットがやってきた。パウンドケーキに2種類のアイスクリームに紅茶が付く。紅茶は某が風邪気味であること伝えるとスタッフの方が身体が温まるものをチョイスしていただき...エポカフェ(カフェ)

  • 中華川食堂(ラーメン/中華料理)

    地下鉄/近鉄竹田駅の100m南にある中華料理屋さん。京都初と謳われている四川麻婆麺のメニューを持っておられるお店である。ちなみに屋号の読み方は「ちゅうかがわ」でなく「なかがわ」となる。店頭には見るだけで辛そうな赤いのぼりが掲げられている。テーブル席にはデザインチェア、小上がり席はフローリングとちょっとだけ変わった自然派店内空間である。1140時入店時すでに座席は7割埋まっていた。ランチは5種類からの選択なのだが当然目的は四川麻婆面870円である。ご飯はおかわり無料、ラー油、ニンニク、アブラが選択可能となり自由度が高い。ザーサイ、大福、ご飯、そして巨大な器にギリマデ入ったメインの麻婆麺、見た目の迫力がすごい麺は汎用の中華麺、アルデンテのごとく固めに処理されている中直麺、量は普通であると思うのだがドロドロスー...中華川食堂(ラーメン/中華料理)

  • TOTO(喫茶店)

    花見小路の交差点の北西の細い路地のドン付きにある喫茶店。四条通からは看板が出ていて確認はできるが見つけづらいのには間違いない。通りの奥は袋の小路で小さな空間があり入口となる。祇園の路地奥にあるカフェは、オシャレなスタイリッシュカフェかしっとり落ち着けるレトロカフェかと思ったのだが実際はごく普通の喫茶店である。幅広い自由度の高いカウンターとソファー席があるテーブル席、当日の来店者はベテラン常連さん店主との会話を楽しまれていた。ジャムトーストと紅茶で800円、500円の紅茶は祇園価格として普通であるが300円のトーストは祇園アリガタ価格である。やや薄眼のブレンド紅茶に甘めのジャムのトースとでごくごく普通のセット。焦げ目が欲しいとこだが来店者の年齢層など考慮すると今が正解か!回転率も高くなく場所柄なのか常連以外...TOTO(喫茶店)

  • 麺や轍(ラーメン)

    四条大宮から1筋東、大和大路通を北へ上がった場所にあるラーメン屋さん。11時から朝方5時までの通し営業をされている最近では少数派になる麺屋さん。繁華街ど真ん中にあり、周りには高級&庶民有名飲食店が軒を連ねる場所となる。間口が細く奥が暗くて少々入りずらい。細い通路の両側に壁を使ったカウンター席、奥に入ると一升瓶が並ぶ本体”がある。背油醤油メインで企画もので檸檬塩を持っている。注文したのは背脂醤油油そば800円、かなりこってりしてそうかと。。。器全体が背脂に埋め尽くされたパンチのある麺姿だ。器の縁に腰かけた桃色したレアチャーシューが豊かに表現されている。背油たっぷりの表面は押しが強いが口にすると以外にあっさりした食感だ。あさりといえど背油の甘み旨みなどはしっかり押さえられている。レアチャーシューの生きの良さと...麺や轍(ラーメン)

  • ポンジーズテーブル(カフェ/レストラン)

    千本通五辻上った場所にある町家カフェレストラン。花街である上七軒からほど近い場所となる。町家を使った店舗は特に京都に多いが、こちらのお店は従来の町家の多くを残して最小限の改装でお店をやられれいる。お座敷ありのテーブル席あり、来店者が快適に過ごせるように変えるところはキッチリ変えている、見るからにゆったりできそうである。パンケーキが有名なお店なのだが今回はランチで寄せていたので「本日のパスタ」900円をお願いする。コンピプレートなど多彩なランチメニューも魅力的である。バケット付きのサラダに引き続き大盛のトマトソース”がやってきた。(大盛無料)チーズとベーコンが効果的に散りばめられ、酸味と旨みがいいバランスで同居する本格派である(自作多作不明だが)パスタはしっかりアルデンテ、しまりも良く美味しい”と言える作品...ポンジーズテーブル(カフェ/レストラン)

  • ラーメン 陸王(ラーメン)

    白川通今出川から西へ1つ目の信号の北側にあるラーメン屋さん。店内にハーレーがあるラーメン屋さんで大きなツアラーがデン!と置かれているのが印象的である。テーブルの後ろにまずはハーレー、その上にメニューが並ぶ、テーブルにメニューはあるのだがどうしても単車に目が行くので、その延長上に目が映るようになっている。無地樹のカウンター席は真新しく香りも新規”である。注文品は淡麗すっきり醤油ラーメン800円糸唐辛子の下には刻みネギ、半玉とチャーシューは茶色いスープの中に沈んでいる。あっさりとは思えない背油が浮かぶ濃厚そうなスープである。確かにスープは豚骨醤油らしい旨みコクがゆるやかに迫ってくる。爽やかな口当たりも隠し味とし存在する。チャーシューは厚く切られたボリュームタイプ、ジワリと旨みが噛むごとに深まってき煮豚のような...ラーメン陸王(ラーメン)

  • オータ コーヒーショップ(喫茶店)

    北野天満宮前の交差点から西へ1筋西へ入った場所にある昔からある地元喫茶店。中はレトロを意識せずレトロになった典型的なそのまんまレトロ喫茶である。古い喫茶店には喫茶臭というべき香りが存在するが、しっかりその香りは店全体を支配する時刻は1430時を少し回ったあたり、お店に入ったとき女性店主がカウンターに座り一服”されていた・・・某を確認しカウンターへ。紅茶400円とトースト250円で650円、町の喫茶店価格なのだがここにゆで卵がついていた。えっ?と店主の顔を見るとどうぞ”との一言。モーニングの内容にしてもらったのか(価格は500円)それとも元々ついているものか。。。それだけのやり取りの中では不明であったが、ありがたいことである。ゆで卵はゆでる際塩でも入れたのか綺麗に皮がむけた。紅茶トーストとも軽めの作品(バタ...オータコーヒーショップ(喫茶店)

  • 麺屋 しな埜(ラーメン)

    松ヶ崎、左京区役所の南西にあるラーメン屋さん。近くには工業繊維大学もあり丸々の住宅街ではないが、こんなとこに飲食店が!という場所にお店はある。見た目は小じゃれた建屋。看板や張り紙がなければオシャレな民家となる。地中海沿いの建物のような白い店内、テラス席まで用意されている。食券制なので店頭で購入品を確認し購入、待機である。白湯、魚介、担々麺の三大メニュー、注文品の味玉鶏白湯ラーメンは950円、高めの設定となる。泡たちたっぷりのクリーミーなスープ、中央にピンクのレアチャーシューが乗る。カイワレと葱が緑担当、2本のメンマ埋もれるようにたたずむ器様相だ。まるでカルボナーラのようなスープでカマンベールチーズが入っている?かのようなクリーミーで濃厚な仕上げである。チャーシューはレアな旨味がしっかり効いていて甘みあるス...麺屋しな埜(ラーメン)

  • アインス(カフェ)

    北山通、植物園北門通りの北側にある小さなカフェ。ギャラリーカフェでもある。店頭壁面にオシャレな銘板が目印である。カフェも喫茶店も基本同じなのだが,あえての表現でその中間的な店内雰囲気で真新しさがないオシャレな店内である。コーヒー紅茶は500円前後、やや高めだがここは北山なので普通”の価格となる。嬉しいのは紅茶が選べる(種類)ことで今回はアールグレイをケーキをセットで注文。出されてわかったが紅茶はポットサービス、これなら550円(単品)は安い!セット価格で770円のチーズケーキはアインス名物となる。見た目はまるでプリンである。チーズケーキは見た目おろか食べてもプリンのようだ、プルプルのチーズに口の中で溶けていく歯いらずの自家製プリンは癖になりそうだ。アールグレイは濃いめのベルガモットの香りでこの香りが好きな...アインス(カフェ)

  • 麺屋 神楽(ラーメン)

    白川通今出川から西へ200mの距離にあるラーメン屋さん。南には京都大学のキャンバスが広がる。中は以前の向日葵”の席レイアウトほぼそのままのカウンターベースのお店である。メニューに目を落すと淡麗系と煮干し系に分けられる。注文したのは大きな看板が店頭にある淡麗醤油780円である。白ネギたっぷりと水菜と海苔という落ち着いた器姿だ。醤油スープのいい色が香りとともに鼻と目を癒してくれる。たしかに淡麗”である、煮干しや醤油の澄み切った旨味が合わさり透明になるかのような抜けがいいが旨味が残るスープとなっている。古典的な脂身が前に来るチャーシュー、淡麗なスープに対しやや押しが強く食べ応えがある。麺は順応タイプの直中麺、ほど良い加水率で器に対してのパワーバランスは崩れていない。深みあるあっさりといってもいいだろう。昨今の考...麺屋神楽(ラーメン)

  • 焼肉 弥栄(焼肉)

    祇園の交差点の北西、八坂神社の真ん前のビルの地下にある焼肉屋さん。場所柄もあり外国人観光客に人気が高い。ランチ時にはお得なランチセットを提供されている。地下のお店にありがちなことだが外の騒がしさから一変する店内である。特に祇園さん(八坂神社)前であるからなおさらである。席は全てお座敷形式、段差はほとんどなくこのあたりが外国人観光客からの指示が多いのかも!ステーキセットSは980円、100gの牛肉とスープやキムチなど6種のおかず”がついているお得セット。ご飯は中盛りやや軟弱。ステーキと名がつくだけ厚みがあって食べ応え十分、たれも濃い目でガツンと来る。肉質も繁華街で1000円までとは思えない。ちょうどコロナ過真っただ中での来店であったこともあり12時過ぎの利用で貸し切り状態とゆったりできた。規制が解除され外国...焼肉弥栄(焼肉)

  • チカキッサ タブコ(喫茶店)

    高辻通柳馬場から西へ1本入った場所にある喫茶と音楽のお店。お酒も嗜めるお店である。地下に降りていくと地上との世界観が変わる。少し重めの雰囲気はアルコール提供のせいなのか、ただ話ができなないような感じではなく明るくリラックスできる空間である。コーヒー紅茶は500円から700円と中心部価格、凝ったマグカップに入ってやってきたのはホットミルクティー650円、紅茶のテイストが薄れるほどのたっぷりミルク、当日は1月の極寒暖かさと甘味で冷え切った体内温度がやんわり上昇していった。ガハガハ笑いながら話すにはちと違う、ガッツリ大きな音を出すにはライブの日、ちょっと大人の喫茶店は地価がよくあっている。HP→https://cafetabco.pussycat.jp/「京都市下京区泉正寺町463ルネ丸高B1F」チカキッサタブコ(喫茶店)

  • 酒場檸檬(居酒屋)

    錦通麩屋町を下がった場所にある居酒屋さん。レモンに特化したメニューが多く用意されているちょっと変わり種の居酒屋さんである。夜の闇に浮かぶ大きな電光看板、縦文字で記載されたメニューは時代遅れの温泉街居酒屋のように提灯、暖簾、演歌の世界が想像できる・・・が中に入るとポップなダイニングバーが現れる。これほどの落差はそう多くはない。何らかでレモンを絡めたメニューは肉を中心とした若年層に支持を得そうな内容。濃いめの味付けにレモンが加わると明るい酸味でぬけがよくなる。ジビエ料理までそろえたありがたいラインナップ、注目すべきは中華、イタリアンから居酒屋メニューまでのバリエーションの広さでもある。価格はほぼ600円前後、1品1品ボリュームあるので結果価格も抑えられる。変わったメニュー(ジビエなど)も多く味も良好と居酒屋と...酒場檸檬(居酒屋)

  • ディアンドデパートメント 京都店(カフェ)

    烏丸高辻を東に入った場所にある真宗佛光寺派の本山佛光寺。阿弥陀堂門と御影堂門の間にある檀家の集会所(お茶所)にあるカフェ。お店はお寺”そのもの、早朝には法話が行われている場所なので当然といえば当然ではある。中へ入ると椅子机以外はほぼそのままのお寺の広場、カフェが佛光寺さんに間借りしている状態なので大きな変更はできなのだろうが、そのまま”も魅力としてのカフェである。横を見れば仏壇まである店内は50畳はあろうかの大広間、座布団に座るのではなく腰低机、幅広い層に喜ばれそうである。コーヒーなどの汎用品以外にも、寺内カフェに合わせてか日本茶やうどんの名も連ねる間口の広いメニューである。カフェオレ550円に身にソフトクリーム200円と想像より抑えられた価格で済んだ、ありがたい!コーヒーが苦手な者でもすんなり入っていけ...ディアンドデパートメント京都店(カフェ)

  • 一休庵(うどん、そば)

    大宮通紫明を下がった場所にあるうどん屋さん。店舗は奥ばった場所にあり大宮通りから南に向いた入口となる。テーブル席と歪な形の小上がり席の店内。特に三角形の小上がり席は陣馬一体感があり◎である。メニューは多彩でかなりリーズナブル、あんかけうどんで350円から利用できる。某の定食屋さんベンチマークの親子丼、730円という価格は高くはないが。。。丼系は普通のようだ。京風の汁だくではないがしっかり出汁が効いた味付けだ。玉子やかしわ”はふわふわではなくカチッと凝縮されたおいしさ。かしわはひね鶏っぽくしっとりした食感が効いている、おいしい!飯粒と玉子の共存も良く優秀なバランスを持った丼だ。隠れているわけではないが、ひっそり名店は大宮商店街にあると言っておきたい。ちなみに四条通東洞院にも同名の店舗があるがそちらも同様の方...一休庵(うどん、そば)

  • 喫茶パーチ(喫茶店)

    智恵光院通一条の北西にある喫茶店。北側には平等寺さらには公園が広がっている。伺った日は正月の1月3日、まだ空いているお店が少ない中、周りでは唯一開いている喫茶店、砂漠に水と入店したが、その水”を求めて店内はごった返していた。コーヒーが400円だが紅茶はポットサービスのみで500円と微妙なところ、ただトーストは250円なので計750円と街の喫茶店価格に収まった。厚みのあるトーストにたっぷりジャム、かなり甘みがあるジャムで疲れた身体にがよく効く紅茶はブレンド系で渋み旨味香りとも薄く爽やかな味わい、もう少し渋みがあれば甘いジャムとよく合ったのだがと・・・当日は満席に近く賑やかな店内であったが普段は落ちついたおしゃべりも読書も似合う街の喫茶店である。常連客も多く地域の拠点店舗になっている。HP→https://w...喫茶パーチ(喫茶店)

  • 京都 串でん(串、居酒屋)

    寺町通押小路の南西、ビルの地下にある串屋さん。東側には京都市役所が広がっている。地下へ降りていくと直接店舗へつながっているタイプではなく一定の空間(玄関)があり改めて暖簾をくぐるタイプである。カウンター席とテーブル席が左右に配置、店奥にはお座席があり典型的な居酒屋スタイルである。串屋(居酒屋)特有の汚れや香りはなく綺麗である。串の価格としてはほとんど200円までと大変リーズナブル、また他のメニューも汎用の価格帯で当日知人4名で非コースでの忘年会となったが安心しての注文であった。串は価格対比からして大きめ、内容はサクサクあっさりで食べやすい、ついついオーバーオーダー他のメニューは居酒屋たる濃いめの味付け、ビールが美味い(らしい)特に屋号にも記載されているおでん”は輪郭がしっかり見える出汁旨おでん、アルコール...京都串でん(串、居酒屋)

  • 百歳牛肉麺 三条河原町店 (ラーメン/中華料理)

    三条河原町を西に入った場所にある本格中華麺のお店、伏見深草からの移転である。開店間もない時期での来店なので店内は汚れもなく綺麗な状態である。座席は2Fもあり人が多きときに解放されるようである。(トイレは2Fなので見学できる)メニューは3種類、これは伏見時代と変わりなく、混ぜそば、蘭州牛肉麺、そして台湾風牛肉麺900円。黒いスープに搾菜、味玉、そして黒く煮込まれた牛肉、麺は自家製麺の平打ち、台湾風”は初めて注文、比較は蘭州牛肉麺となるが麺は相変わらず張りがある伸びやかな特性、スープは醤油と中華素材が入り組んだ複雑かつ中華”な味。蘭州牛肉麺よりはあっさりしてはいるが、あくまで絶対評価濃厚であることは間違いない。八角効いたしっかり煮込まれた塊感ある牛肉もスープと一体化し作品の1パーツとして機能している。蘭州牛肉...百歳牛肉麺三条河原町店(ラーメン/中華料理)

  • 手造りごはんや いとう(食堂/定食)

    大宮通鞍馬口を西へ200mほど入った場所にある小さな定食屋さん。今小さなブームとなっている鞍馬口通りに面しておりマニアチックなお店が並ぶ中の一角にお店はある。店頭には店主であろうか、似顔絵が貼られている。下町食堂という表現を使ったがそのイメージとは少々違ったあか抜けた店内である。おそらく最近店内を改装されただろう、壁や什器はまだ新しい。メニューは2枚にわたり記載、500円から1000円を超える高価?な料理まで大変豊富である。今回ともに同行した知人と同じめにゅーを注文、ちりめん山椒ごはん定食750円、野郎2人非肉系の注文である。うどんはワカメ+かまぼこ+揚げのシンプルスタイル、ここに小皿2にちりめん山椒ごはんシンプルな味わいの京風のコシナシうどんはやさしさとボリューム感が一体化している。ちりめん山椒ご飯につ...手造りごはんやいとう(食堂/定食)

  • あいよっ 丸太町府庁前店 (担々麺/居酒屋)

    丸太町通西洞院東に入った場所にある居酒屋さん。ランチの時は担々麺専門店へと変わる。正面には府庁に直結する釜座通りが見える。間口が狭く奥長い、意外とテーブル席は多く用意されているがカンター席メインのお店のような印象だ。メニュー中の大きな面積を支配している汁なし担々麺700円が中核の料理。担々麺専用杏仁プリンはは大変気になるが・・・ここは汁なし担々麺を注文。太直麺に二種の肉(そぼろと)ネギも青と白の二種、中には玉子が入り、たっぷりニンニクとなる。麺は独特、讃岐うどんのような(うどんそのもの)コシしっかりありツルツルすすり具合もよく気持ちいい麺だ。辛みは直線的な古典的な味わい、ただ玉子の力か、かなり食べやすい状態になっている。そぼろとチャーシューの刻みはいいアイディア、チャーシューの旨味が辛みに絡みたまらない。...あいよっ丸太町府庁前店(担々麺/居酒屋)

  • irori(食堂)

    今宮通大宮を東に入った場所にある食堂。お昼のみの営業、さらに不定期営業というレアなお店となる。場所は京都最長の商店街から近いといえど住宅地の中で民家をそのまま使った店舗である。メニュー看板を確認し家”の玄関から中へ入る。店内というより家の中、キッチンに通されたかのような感じで、椅子机もお店色はない。お好み焼きセット980円、庶民派とは言えない価格であるがかろうじて1000円の壁は越えてはいない。小鉢から始まりメインのお好み焼きにデザート(ゼリー)とドリンクが付いていて中身はともかくフルセットである。突き出しからお好み焼きまでまさに家庭料理、つなぎは少なくサクサクしたお好みで野菜の食感が気持ちいい。出汁は薄目だが突き出しはやや濃いめ、お店の方が気軽に雑談に応じてくれる、まさに家でメシを食らっている感満載であ...irori(食堂)

  • ソウルフード(担々麺/韓国料理)

    京都府久御山、大久保田原の交差点から西へ100mの場所にある韓国料理店。ランチに担々麺セットを提供されている。スタイリッシュなビルではあるがビジネスチックでもある店内もその方向性は変わらず、手は加えられ丁寧に作り上げられてはいるがベースにある事務所的なイメージが漂う。時間は12時10分前、国道沿いとはいえど郊外の2Fであることもあるあるだろう来店者は某1人余裕の席間なので少々寂しさも感じる。店頭看板にも明示されているが担々麺のセットがランチとして用意されている。おにぎりがついて800円。乾麺を使用していることをは韓国はであることの主張であろうか。スープは直接的な辛み成分が伝わってくる直球タイプ。ひき肉までしっかりとスープの辛みがしみ込んでいて唇ヒリヒリ汗だく。その分軟弱なおにぎりがヒートダウンに役に立った...ソウルフード(担々麺/韓国料理)

  • 珈香屋(喫茶店)

    堀川通北山の南東にある喫茶店。古くからやられていた喫茶店の居ぬき店として再オープンした。以前の雰囲気を残しつつ新しくなった形態は前店をアップデートしたかのようなお店となった。店舗は二階建て、双方の雰囲気に大きな違いはなく、無理なく創られたいい雰囲気の店内は客層を選ばないいい喫茶店がある。コーヒーで500円弱からやや高め(普通)ただセット(トースト)となると600円と一気に庶民派となる。注文品はジャムトーストセット(紅茶)。厚い山形トーストがこんがりと焼けて登場。ジャムは己で処理せよとのこと。ジャムの小鉢の横に福神漬けが、かなり変わったおまけである。パンはサクサク、少々乾いたほうが好きな某にはご馳走品、ジャムは甘味が強く少量でも十分役に立つ。薄く広く塗ってちょっと渋めのブレンド紅茶をすするはいい感じ、福神漬...珈香屋(喫茶店)

  • 磯野担二郎(担々麺/ラーメン)

    高辻通春日の北西にある担々麺屋さん。担々麺屋の二郎系というべきお店である。人気牛丼店佰食屋”と同じ長屋となる。迫テーブル席のみの店内、片側は無地のゴツゴツしたブロック、一方片側は新しいスマートなカウンターがあるアンバランスな情景。名物である担二郎は1100円と1000円オーバー、他にもおすすめ”として広島汁なし担々麺があり600円台と一気にリーズナブルとなるが、せっかくだからと胃袋に少々無理を願い担次郎を注文する。無料の総菜をつついて待っているとドカン!と担次郎が汁の型?でやってきた・・・くだらなかった麺の量200か300g、野菜、ニンニク、脂の量すべてディフォルト量でお願いしたが、この量(見た目)さすがである。平打麺は次郎系強力粉麺ではないが200gでありながら強い食感で十二分のボリュームを持っている素...磯野担二郎(担々麺/ラーメン)

  • カフェワールド 新町(喫茶店)

    五条通綾小路を下がった場所にある地域に愛される昔ながらの喫茶店。五条通からほど近いとはいえど住宅街の中にある古典的な街の喫茶店である。入口には販売されている豆(コーヒー)が陳列されている。テーブル席メインと数席のカウンター席、こちらの席も一部の常連さん専用のような感じである。コーヒーが350円と価格帯は下町価格。軽食メニューも比較的多くランチも750円と標準的。紅茶(冷)400円+トースト230円で630円、セット価格でない価格なのでお手軽価格だ。焦げ目の少ないパンの生地を味わうトースト、ジャムも甘めで菓子パン色が高い。紅茶は今までいただいた中でトップクラスの濃さ渋さ”蓚酸カルシウムが凝縮したかのような味わいで苦み”といっていいほどの紅茶である。これは覚醒効果が高い。紅茶の渋さには非凡?なものを感じたが他...カフェワールド新町(喫茶店)

  • つち福 本店(ラーメン/うどんそば)

    千本通中立売の南西にあるうどん屋さん。セットメニューに卵ラーメンがあるとのことで来店の運びとなった。奥に長いテーブル席のみで構成された店内である。席の中間にこけしなど(土産品)が飾っているという印象t来な店内でもある。一般メニューも多いのだがランチ用セットメニューも充実していて8つのセットを持っている。卵ラーメンセットは780円(いい価格だ)なお単品での卵ラーメンの名はメニューにはない。香の物と冷ややっこにご飯がついている。ご飯はふんわりやわ、甘みもあり美味しいごはんである。卵とネギだけのシンプルなラーメン。出汁ベースのスープに卵のゆるりとした味わいが牛歩のごとくやってくる。麺は細直麺、うどんとにゅう麺と中華麺を足して3で割ったような感じ。スープ、麺そして卵すべてが角がなく丸い作品だ。ホッとするこの言葉が...つち福本店(ラーメン/うどんそば)

  • 海転寿司 魚河岸 イオンモールKYOTO店(回転寿司)

    京都駅八条口の南西、イオンモール京都内にある高級回転寿司。100円でがない回転寿司である。土曜の11時、お客は某含め3組4名・・・大丈夫なんだろうかと思う空き具合。100円寿司屋さんのグレードが上がったのか什器などは程同じで安心、ゆったり安心できる。ただ100寿司屋とは違いオープンキッチンで職人さんの顔が見える、まさに寿司屋さんとなる。価格は120円から800円台まで幅広い、貧乏性の某のねらい目は120円ベース。溢れんばかりのシラスにぶ厚く柔らかい玉子、上質な鶉が乗った軍艦巻き、どれもネタが大きくシャリも光っている。確かに1コインとは違っていた。100円寿司のパフォーマンスの向上も叶わぬラインがあると実感した。ほんまもの”ではないがほんまもの”の雰囲気を知れる寿司屋さんである。回転寿司の形態をしながらじゃ...海転寿司魚河岸イオンモールKYOTO店(回転寿司)

  • 豚屋とん一 イオンモール草津店(とんかつ)

    滋賀県、イオンモール草津のフードコート内にあるとんかつ専門店。トリドールグループである。イオンモール草津フードコート2大(くに)ガッツリ店の1つである。店舗上部に掲示されたカラーメニューの色合いが茶色ベースとなり見るものを食べる前から圧倒する。知人との会食、以前から気になっていた「とんテキ定食979円」を勇気を振り絞り注文することに。待ち時間は意外と長く15分近く・・・呼び出し音を合図にとんテキと面会に。メニュー通り、想像通り、うそ偽りないこっっってり定食だ!甘辛いソースは食欲増進に一役かっている。豚肉は歯ごたありサクッとした食感が気持ちいい、脂身は少なく赤味中心。また少ないながらも脂身の存在感は大きくソースあいまって赤味の居場所を脅かす。ボリューミーでご飯がなくとも腹の満足度は高くなる。赤身が多いせいも...豚屋とん一イオンモール草津店(とんかつ)

  • 珈琲工房(喫茶店)

    金閣寺前の交差点の東側にある古典的な喫茶店。前回紹介した「金閣寺亭」からわずかな距離となる。バス停が真ん前にあり入口近辺はいつも人でごった返しているイメージだ。騒がしい外側”から打って変わって店内は一気に昭和の喫茶店にスリップする。照明は雰囲気ある間接照明で・・・ではなくしっかり明るく明朗快活である。ただ機材1つ1つは紛れもなく喫茶店である。昔喫茶定番の灰皿型占い器ではないものの名前占いガード販売セットが目に入る。なかなかいい感じである。銘柄指定紅茶は70円アップの500円、トースト+普通の紅茶で730円、観光地価格ではなく安心。分厚く柔らかいパン生地はこんがりおに焼かれ粘りもありOK、ただバターじゃなくマーガリンのようなかんじして。。。。特に大きな問題ではないが喫茶(カフェ)でマーガリンに出会うこと少な...珈琲工房(喫茶店)

  • 金閣寺亭(食堂)

    金閣寺の南西、衣笠北天神森町の信号の東にある定食屋さん。白いカレーうどんののぼりがはためいていた。抜けのいい店内である。全席テーブル席で規則的にキチンと並んだテーブルは見ていて気持ちいい原色フルカラーのメニューから湯葉カレーうどんセット870円を選択。人気のカレーうどんに湯葉を足し算、金閣寺近辺の京都色濃いメニュである。出汁香るカレーにしっかりした湯葉が絡む。湯葉(乾燥)の触感は味わえたが風味は強いカレーの存在感でかき消されてしまっている。もっと和を想像したのだが八角の香りが鼻に通る中華のテイスト。麺は太目でコシあまりはなく太い京風うどんである。玉子半丼はググッと塩味の押しの強いパンチのきいた丼で若年層には受けがいいのではと想像する。某がうかがったのがコロナの閑散期だったのでゆるり食事ができたのだがコロナ...金閣寺亭(食堂)

  • 浜町(居酒屋)

    四条木屋町を1筋上がって西へ入った場所にあるちょっと大人の居酒屋さん。四条木屋町という飲み屋街ど真ん中にあるお店で周りには多数の飲食店が軒を連ねる。若年層をターゲットとしたお店とは一味違ったお店造りがなされている。カウンターと個室がベース。これもこのお店の方向性、ただ敷居が高いわけではない。料理は調味料ベースではなく出汁ベース、その分格安店とは価格は違う。が、その分お味も違う。襟を立てて端を持つ内容ではない、自然体でいただける美味しさがちょっと上を行く内容だ。かぶと煮と野菜の含め煮が象徴される浅く深くの味付けが印象的である。がっつくことなく、ゆるりやる。そう行きたい、某、下戸ではあるが生まれ変わってやれる口”になったら価格と質のバランスが取れたこのような酒場で良き夜を過ごしたい。スタッフのサービスは色んな...浜町(居酒屋)

  • 逃現郷(カフェ)

    今出川通大宮を上がった場所にある60年代香る懐かしカフェ。レトロなビルで丸玉電灯が印象的。奥長スタイルで背もたれ出来ないバーカウンターとリラックスできるベンチシートテーブル席が左右に配置。その雰囲気はまさに60年代。横でギター持った長い髪の毛の若人がフォークを歌ってそうである。紅茶500円+トースト300円=800円、紅茶はセイロンティーとのこと。6切れになったフレンチトースト風のバタートースト、ここにお菓子のおまけがつく。トーストは切れ目が入っていて食べやすい。フレンチトーストのようなやんわり柔らかい口当たり。しっとりバターがしみ込んで軽い渋さの紅茶とのバランスが取れている。常連客が多いように感じる店内だ。それもこの雰囲気の中でわかるような気がする。いい意味で必要以外はほっておいてくれるのでじっくりお店...逃現郷(カフェ)

  • 精米所カフェ藤原米穀店 (米屋カフェ)

    御前通四条を上がった場所にあるお米屋さん。店内にカフェが併設されている米カフェである。木の温かみを感じさせる米屋”とはかけ離れた店内である。ただ収容人数はかなり少ない。カフェとしてのメニューはシンプルである。紅茶は400円、標準的な価格だが温も冷も同価格。ブランド米のおむすびとコーヒーのセットも用意されている。魚沼産コシヒカリおにぎり150円はたっぷりおかず味噌がのった焼きおにぎり+アッサムで550円・・・ありがたい価格である。頭に魚沼産コシヒカリ”という伝説が紐づけされていることもあるが、甘い旨い凄い米を150円で実感できた。塩辛い高い味噌とのコラボは味こそ味噌が勝ってはいるが存在感(主役)は米である。紅茶はアッサム、あっさりした軽い渋み(無加糖)がお茶(緑)代わりに十分なることが確認できた。精米所とカ...精米所カフェ藤原米穀店(米屋カフェ)

  • グットナチュラルステーション キッチン~発酵食堂カモシカ(ラーメン/レストラン)

    四条河原町の南西、高島屋の南にある自然派マーケット、健康自然などのキーワードに基づき多種多様なサービスを行っておられる。1Fにあるキッチンは交代で店舗が入れ替わり料理を提供されている。そう!当日は嵐山にあるカモシカさんのラーメンである。店頭の看板を確認し店内へ。魚醤ラーメンは1200円、四条河原町価格。少々晴れがましいオシャレな店内に、集中レジにて注文し飲食空間であるキッチンへ。感染対策としてビニールシートでパーテーションされた大きな場所である。ダイニングバーのような背高チェアーがずらり並ぶスタイリッシュスペース、某短足族は端にある普通のテーブル席へ。漆塗り風の小ぶりな器に香の物を従えやってきた。器の中には大きな焼きのりとワカメと白ネギ、そして半玉である。透明度高いスープは出汁そのもの、出汁風味はよくある...グットナチュラルステーションキッチン~発酵食堂カモシカ(ラーメン/レストラン)

  • いきなりステーキ 北大路ビブレ店(ステーキ)

    北大路烏丸、北大路ビブレ内にある人気ステーキ店。某、初いきなりステーキ”である。照明はやや落ち気味だが十分明るい明度。レンガ風の店内はいきなりステーキ”共通、グリル店にありがちな内装に来たな!である。低価格で迫力ある本格的ステーキが利用できることが売りであるが、自慢のg単位も計算すればそれなりになる。基本ライス別売りでドリンクもつければ2000円前後とある意味普通の価格である。選んだのはワイルドステーキ300g+ライスに栗ウーロン茶で合計2072円、価格としては結構行ってしまった・・・大きく確かにワイルドな色をして登場したステーキだ。ミディアムでお願いしたのだが中はいいピンク色してておいしそうである。いざ口に入れてみると、ワイルドである。かなり硬く顎関節症を患っておられる方や老年層、などは注意されたほうが...いきなりステーキ北大路ビブレ店(ステーキ)

  • 月彩(ラーメン/割烹、懐石)

    木屋町仏光寺から北へ150mにある、割烹、懐石料理のお店。ランチにてラーメンを提供されている。よく居酒屋さんがランチ時にラーメンを出されているのは見かけるが、本格的な京料理割烹のお店がランチラーメンを出されるのはそう多くはない。薄暗い引き込まれるような入口に続く回廊を抜けるとパット抜ける明るさがある店舗内に入る。幅広い厚みのあるカウンターテーブルにゆったりした席間と椅子。そして元気なスタッフである。窓向こうには床”が見える。壁に目を向けると花街の乙女たちの証がほ誇らしげに掲示されている。価格は確かに1000円を超えるメニューもあるが基本価格は低く抑えられている。月彩ラーメン(並)は930円、注文はこの作品。和に徹した白濁したスープは魚系のいい香りが漂う。自産(丹波地鶏)と甘鯛のWスープは出汁のようなテイス...月彩(ラーメン/割烹、懐石)

  • 魚清(寿司)

    千本北大路の北西角にある庶民派寿司店。かなりのベテラン寿司屋さんで今も残る古典的寿司屋さんとなる。中は想像通りの街の寿司屋さん。カウンターと小上がり席、小さな店内である。時刻は1230時某を含め4名、思っていた以上にお客が多い。ランチセットがAB用意されていて双方1000円以下と大衆ランチの価格帯で気軽に足を運べる。にぎり3貫巻き3切れ、造りに練り物、お吸い物と非常に多彩なメニューである。寿司は寿司飯柔らかく、酢もキツメ、ただ酸っぱさはすぐに引いていく古典的な街の寿司屋さんの寿司である。全体的に薄味とって言いが、酸味のきいた寿司と交互に好物をいただく各素材の味わいがジワリ口の中に広がりガツガツ食らうことを止めしっかり咀嚼し味わいながらいただくことになった。着飾ることなく派手にならずただ一直線に寿司を提供さ...魚清(寿司)

  • 春水堂 京都木屋町店(担担麺/タピオカカフェ)

    四条木屋町の200m上がった場所にある台湾タピオカ店、ランチにて担担麺をいただきに向かった。場所は立誠小学校跡の複合施設立誠ガーデンヒューリック京都の1Fにある。ちなみに呼び名はチュンスイタン”とのこと。小学校の校庭を利用した多目的芝生が広がっていて子供連れ、カップルなどゆるりと利用していた。南北に長いスマートな店内である。現在のタイペイカフェはこのようなものかと座席についた。こちらへ来たのはタピオカを飲むためでなく、あくまで担々麺目的、その価格は950円正式名称は麻婆パクチー担々麺、某の苦手なパクチーが投入されているので若干の不安が・・・麻婆坦々らしい真の紅色したスープに葉っぱ(パクチー)が製剤している。気になる辛さは直接志向で歯の隙間からストレートに舌、喉とやってくる、水を入れるとスッと去ってくれる素...春水堂京都木屋町店(担担麺/タピオカカフェ)

  • マールブランシュ 北山本店(カフェ)

    京都北山、植物園北山入口前にある京都の有名洋菓子店。歴史人気共々誉れ高く、スイーツ”などの表現される前から京都の洋菓子(ケーキ)会を牽引してきた伺ったのは12月20日、すでにクリスマス全開のエントランスである。販売スペースを横目にプラタナスの通路を通り真っ白な店内の奥へと。クリスマス前に男一人でおしゃれ系カフェ向かう勇気と漢気を感じる目線を浴びながら着席である。豊富な紅茶メニューがありがたいこのあたりツボを得ている。ここは無難にニルギルと思い注文の際、なぜかアイスティー(当日は12月)と口走ってしまった・・・某の認知がやばいお手頃なマールの生プリンをつけて901円、なんとか1000円までに収めた。小さなPPの器に入ったプリンでカフェでの特別感は少ないが中身は特別である。とろけるようなまろやかさがゆるりと口...マールブランシュ北山本店(カフェ)

  • 軍鶏そば 極だん(ラーメン)

    西大路九条、JR西大路駅の南200m南にあるラーメン屋さん。軍鶏ラーメン専門店である。小型食券機にて軍鶏そば890円を購入後店内へ。あえての旧校舎風無垢な木製床にスタイリッシュな雰囲気を加えた化学反応。カウンターに通され少々居心地が悪い。2Fに行きたかったのだがと。茶色い透明度の高いスープである。トロロ昆布も入りスープというより出汁と呼びたいスープ?だ。軍鶏特有のあっさり感の中に魚介系の旨味が加わり奥深い美味しさになっている。忘れてならないのはぶどう山椒”この存在は大きく(投入選択可能)風味豊かより風味強靭に押し出してくる。海外産のライ麦麺も上質なスープの参与に寄与している。ハリコシとも良好で歯ごたえもしっかりしている。大きなレアチャーシューは脂身の旨味が赤みの芳醇感を押し進めていく美味しさだ、これは某の...軍鶏そば極だん(ラーメン)

  • 築地銀だこ 北大路ビブレ店(たこ焼き)

    北大路ビブレのフードコートにある群馬発祥の人気たこ焼き店。直営やフランチャイズ形式でここ20年で急成長、日本で一番有名なたこ焼き屋となった。近年改装されたフードコートは使い勝手と感染対策が両立され一層長居”してしまいそうである。既に夕食は終わっているのだが夜1930時のちょっとひとメシ、基本メニューのたこ焼き”は8個590円、様相はドストレートなたこ焼きである。タレはこってるしているものの、後に残らないあっさりタイプ、外はカリカリ中はトロトロ”と自画自賛されているが確かに嘘ではない、ただカリカリ具合もトロトロ具合もソフトで、ターゲット幅広いとの感想だ。ちなみにタコもソフト志向でコリコリ感はやや低い。関西の猪武者的たこ焼きに慣れてると物足りなさを感じてしまうがサクッと行くにはちょうどいい。他のメニューは未食...築地銀だこ北大路ビブレ店(たこ焼き)

  • ぎをん為治郎 祇園店(ラーメン/甘味処)

    四条大橋と祇園のちょうど真ん中の南側にある、西尾八つ橋が創る甘味処、ラーメンを提供されているとのことで来店となった。場所は八坂祇園、繁華街のド真ん中、中二階にような半階段を上がって中へ入る。右手にキッチン左手と奥にテーブル席、観光客がメインとなる店内、京都らしさは抑えベーシックな落ち着いたカフェのようである。京の為次郎定食1020円、お店推しのランチが1000円少々という価格はターゲットが若年層であることが想像できる。こく旨(選択)とあっさりが選択できるラーメンにちりめん山椒ごはんとおばんざいとThe京都である。そして忘れてならない八つ橋”が宣材写真用に1個付く。こく旨“鶏白湯系ラーメン、クリーミーでしっとり甘い、よく言えば天天有にも似たベジタボ系スープ温度低く、薄くすスライスされたロースチャーシューはや...ぎをん為治郎祇園店(ラーメン/甘味処)

  • 築地(喫茶店)

    四条河原町を1本上がって東へ入った場所にある老舗純喫茶店。京都の3大レトロ喫茶といえばフランソワ、ソワレ、そしてこの築地である。諸説あるがネット世界の前からこの店のために京都に来るというファンがある店舗である。店構えは3店舗中、最も趣がある(某的に)。銘板に刻まれた屋号がランプ(風)に照らされる。中に入ればすぐに築地次元に入り込める。照明が落とされた店内は古い小学校の香りがしそうな半世紀ほどスリップしたかのような世界が展開されている。混乱せずに落ち着いていて、夏の夕刻の軽い束縛感が霧のように静かに落ちてくる快楽を感じる。時空の間にできた昔”にいるような不思議な感覚が得られる。ここは喫茶店、ケーキ(と)セットで1050円、シンプルなチョコケーキ、古典的なケーキの美味しさに上質な紅茶の渋さ(ストレート)後に広がるほ...築地(喫茶店)

  • 美ね寅(和食レストラン)

    京都南ンインターの南東、城南宮と鳥羽離宮後に挟まれるような形にある和食レストラン。昔から水車があるレストランとして市民に愛されてきたベテランレストランだ。しっかり水車を確認し入店へ。テーブル席、カウンター席、小上がり席と多様なバリエーションを誇るレストラン、収容人数も十分であるが1130時時点で既に8割程の埋まり具合である。ランチは1200円のメニューもあるがほとんどが1000円までに抑えられた庶民派である。日替わり丼膳は日替わり固定制度、木曜なので天丼である。エビ、スキ、獅子唐など頭数と大きさは寂しさが残るのだがツユとごはんが良好で辛さより旨味が効いたツユが質より技での甘みの乗ったごはんに絡み美味しさが固まっている。天ぷらたちの活躍はややごはんの陰に隠れているが悪者ではなく価格帯相当の仕事をしている。湯葉と蒲...美ね寅(和食レストラン)

  • スパイスカフェ ディワリ 京都店(インド料理)

    三条河原町の南、みーな京都7Fにあるインド料理のお店。複数の知人から美味しい”との言葉を聴いての来店である。テナント店舗ということもあるのだが無駄がなくかつ居心地いいシンボルチックな店内だ。2Sもしっかりされていて気持ちよさも同居する。Aセットで935円(現行価格)はチキンカレー、ベジタブルカレー、キーマカレーと本日のカレーから選択できる(1週ローテーション)ここにサラダ+ナン+ドリンク+デザートとなる。チキンカレーを選択、中辛としたが辛さはガツンとくるが旨味も感じられる辛弱者にも優しい仕様。カレー自体も本格派でありながらここ日本で長年カレーを食らった輩でもすんなり入ってく親しみ安さも併せ持った懐の広いカレーである。一方ナンはパリッとした低油タイプアッサリナンである。推し”の中身は隣にいる美味しさにあったようだ...スパイスカフェディワリ京都店(インド料理)

  • WRIGHT商會 三条店(カフェ)

    寺町三条を下がった路地にあるアンティークカフェ。20年以上ライト照会”な世界を提供されている。近くにはムービックス京都がある。知る人ぞ知る有名カフェであるが偶然見つけささっと入れる雰囲気ではない。ゆえに店頭看板のメニューはありがたい助け舟である。これで3度目の来店となるがいつ来てもカオス店内だ!アンティーク屋さん基本なので圧縮間とリアリティーがまたたまらない。カフェとしての座席はアンティークのなかに埋もれるようにある。。。のではなく最低限の座空間が確保されており苦しさは感じない。カフェとして、イチゴのケーキセットは900円、いつも見るスポンジではなく自然体、涅槃スタイル。クリームの代わりにヨーグルトが絡む。イチゴは甘酸っぱく紅茶は濃いめのアールグレイ。アダルトなケーキセットで文句はない。イベントなどに使用される...WRIGHT商會三条店(カフェ)

  • 旬彩 克(割烹/居酒屋)

    椹木町通り室町東に入った場所にある居酒屋さん。ランチで伺った。店舗は2Fである。6種ランチの立て看板メニューを確認して階段を上る。カウンター席とテーブル席、1130時でカウンターはほぼいっぱい、おひとり様”が多いせいもあり静かな店内。外交はたっぷり確保されている。日替わりの豚の生姜焼き(800円)ガツン!とくる濃厚生姜焼き、居酒屋ランチの真骨頂いい塩梅だ。最強?生姜焼きだったせいもあるのか他の小鉢は逆にかなりあっさり(感じた?)バランスとしては〇である。ごはんパフォーマンスは質としては汎用だが水加減が良好で生姜焼きの力もあり秒殺だった。居酒屋漢ランチ、この日のメニューだけかもしれないが健康志向の波が居酒屋ランチの足元までくるなか居酒屋ランチの神髄を見たような気がする。ちょっと大袈裟になったが癖になる漢メシである...旬彩克(割烹/居酒屋)

  • 一怜縁(紅茶専門カフェ)

    夷川通東洞院の北東にある紅茶専門店。ここ夷川通りも家具店が減り前回紹介させてもらった島の木さんを含めカフェなどが増えて様変わりしてきた。町家カフェではあるが中は和の要素がなく抜けのいい雰囲気を持っているおしゃれ度高い店内だ。コロナ過仕様なのかたっぷりとった席間がゆとりを感じさせる。紅茶好きの某にとって専門店(紅茶)のメニューを見るのが楽しみである。そのメニューには見慣れた銘柄から始めてみる銘柄まで8種、特に下の方に記されている漢字の銘柄に注目。牧之原800円+ショートブレット300円で1100円。。。今回は納得しての1000円オーバーである。さてこの牧之原”説明通りのかなりフルーティーな味わい、アールグレイ系のフレーバーな香りとは違った、確かに桃のような鼻に残る甘い味わいが印象的である。ただ甘ったるさはなくジュ...一怜縁(紅茶専門カフェ)

  • 鳥の木珈琲(カフェ)

    夷川通東洞院を東に入った場所にある小さなカフェ。夷川通りといえば数こそ減ったが家具の町である。白と茶色のみのあっさりしたエントランス、自然体を感じられる。黒板に書かれた(縦)文字のみというボードも素朴で好感が持てる。中に入ると気の香りが漂ってきそうな自然体の店内が現れる。想像通りである。木の使用感など着古したTシャツのような安心感である。アールグレイはポットサービスで550円に300円(単品不可)でプリン850円にまとまった。アールグレイは香り豊かで温度も丁度よく口にしていくと階段状に旨味が上がってくる優秀さ。プリンはゆるゆるのプリンプリン、崩れそうで崩れない、カラメルソースはやや渋めの甘さで大人のテイストを満足させる。うまい!紅茶にしてもプリンにしても質の美味しさより技の美味しさに頷かせれる作品だ。店内雰囲気...鳥の木珈琲(カフェ)

  • G麺 府庁前店 (ラーメン/粉もん 居酒屋)

    丸太町通り沿い、府庁前の交差点の北西にある麺類に拘った居酒屋さん..もんじゃ焼きをはじめ粉もんも時とする店舗であるが、ランチ時にはラーメンを提供されている。中に入ると各テーブルに装備された鉄板がお好み焼き”の印!屋号から察すすとラーメン屋さんかと思ったのだが実際は粉もんメインの居酒屋さんである。ただランチメニューに目を落とすとしっかりラーメンのメニューが。G麺ラーメン黒とミニ親子丼で950円はセットメニューとなる。黒はニンニクとマー油が入った白湯系、抜けるニンニクの香りが気持ちいい。チャーシューはロースを使用、薄めのスライスとなりスープに順応タイプでしっかり漬けていただきたい。中華麺の中直麺、やや軟質の湯で具合に麺がスクラムを組んでいるようで、家庭の麺っぽい愛嬌麺、食べる者が多少手助けを要する。なお、親子丼は空...G麺府庁前店(ラーメン/粉もん居酒屋)

  • あたか飯店 京都店(中華料理)

    国道十条の交差点から南へ500mにある老舗中華料理店。国道沿いを含め大きな駐車場をもつ。店舗そのものも大きく国道を走っているとその大きな中華”な建物に目を奪われる。外から見る大きさとからして実際の感覚はそう大きさをかんじさせない。中華をあまり感じさせない店内は肩を張らずにいただける大衆中華の雰囲気だ。サービスランチは880円、15時までOKはうれしいサービス。さらにライス、スープ、コーヒーが食べ飲み放題となる。メイン料理は5種類からの選択制。某は日替わりとさせてもらった。注文後、そこそこ混んでいるにもかかわらず5分もかからず運ばれてきたサービスランチ。ご飯と5品目、今日の日替わり三角油揚げと豚肉のみそあんかけ、結構凝った内容で投入品も豊富だ。メインのみそあんかけ”は見た目は本格中華だが食べてみると家庭料理に近い...あたか飯店京都店(中華料理)

  • 汁なし担々麺&麻婆豆腐 ラアノウミ(担担麺/ラーメン)

    新町上立売通の北東のビル地下にある担担麺屋さん、以前には2件の麺屋さんが散在したビルである。いつものよう?に少々暗い階段を降りていく。今まで当地で経験した一番明るい店内である。什器は決しておしゃれとは言えない汎用のものだがスコン!と抜けた感ある健康的な雰囲気で好感が持てる。基本食券制なのでメニュー見ての注文はないがシッカリした1枚物のメニューが手元にある。担担麺は3種、ラーメンも選択できる。担担麺は690円均一、屋号名の担担麺と50円食べ放題のライスを付けて790円で購入となった。セルフのごはん”をよそいに行ってい間にラアノウミ”が到着した。彩り豊か、カラフルな担担麺である。大きな器の半分程度に本体はあるが凝った器と一体化してるようである。ゴマ香るスープ(出汁)である、醤油ベースにゴマの旨味と香りが加わり中華ラ...汁なし担々麺&麻婆豆腐ラアノウミ(担担麺/ラーメン)

  • 清十郎 イオンモール京都店(粉もの/鉄板焼き)

    京都駅八条口、イオンモール京都にあるおしゃれ系お好み焼き店。1Fにずらり5店舗が並ぶ飲食ストリートの中に1つでエントランスはすべてほぼ一緒となる。机に埋め込まれた鉄板以外はちまたのファミリーレストランと何ら変わらないスタイリッシュで落ち着いた店内が広がっている。お昼のお得セットは好きな粉もの+サイドメニュー+ドリンクで960~1380円。選択したのは最もリーズナブルな豚玉+から揚げ+烏龍茶で960円、京都駅ショッピングモール価格としては合格点だ。キッチンで完成版を運んでくるパターンなのですぐにいただける。つなぎは少なめ、キャベツのサクサクした食感が爽やかで口当たりもいい。標準サイズではあろうが口当たりの良さからボリューム感が物足りなく感じる。一方のから揚げはシューシーな仕上がり、2個とはいえど存在感は高い。スタ...清十郎イオンモール京都店(粉もの/鉄板焼き)

  • ムゲン食堂 京都河原町店 (ラーメン/中華料理)

    河原町蛸薬師を西へ1本入った場所にある新感覚中華屋さん、カレーライスも注目商品となる。注文するはやはりラーメンということになる。1Fで注文し座席がある2Fへあがる。そこは蛸薬師通リが見える外光溢れる店内である。黒と赤で統一された什器はすっきりした印象。メニューには一般の中華メニューと麺と定食、定食メニューは1000円を超えるような構成が中心、場所柄やもう得ないところか。マーボー麺980円は基本メニューである。大きな器に溢れんばかりに盛られたマーボーソースが白の器によく映(は)える。麺をマーボーの海から掘り起こしよく混ぜてやっといただきます。麺は中華麺の中直麺、素直な特性と順応性に優れ粘土の高いソース(スープ)を最大下持ちあげるそのソース(スープ)たるマーボーは山椒が効いてかなりの辛さ。1口目でガツン!とキテその...ムゲン食堂京都河原町店(ラーメン/中華料理)

  • 倉式珈琲店 イオンモール京都桂川店(喫茶店)

    イオンモール京都桂川店の2階にある喫茶店。サンマルクグループに属する店舗となる。店内はサンマルクカフェに大変良く似たそつない上質の雰囲気が作り上げられている。ツボを得たリラックス創り”とでも表したい。少々遅い16時のおやつ”で食品サンプルで目を付けた「4種チーズのオーブントースト」583円アイスロイヤルミルクティー529円、セット価格はなく1112円と大人の価格となった。4種のチーズが喧嘩することなく融合した美味しさ。大きさはそう大きくはないがチーズのおかげでしっかりおもんぶら腹に残りその後に摂取した昼食にも影響が出たほどだ。ちなみに知人のモンブラン(572円)の印象はしっかりしたボリュームと甘みだそうである。スタッフの対応とメニューの安定度などモール内カフェとして安心して選択できる店舗である。価格が1つのネッ...倉式珈琲店イオンモール京都桂川店(喫茶店)

  • とことんとりコトコト (ラーメン)

    九条大宮を3筋下がった場所にあるラーメン屋さん。王将の跡地を使った居ぬき店舗である。店舗はまだその面影を残す。中は長ーーいカウンター席。以前王将時代に来店したさいと変わっていない店内である。濃厚スープシリーズのとことん系は鶏赤魚の3種。価格は鶏以外は850円、注文したのはおそらく基本メニューの鶏”で800円。たっぷりモヤシとネギレアチャーシュー、そして極鶏でおなじみのいい色のスープが愚材の半分から顔を出す。濃厚スープは確かに極鶏によく似たドロドロスープ、コクはあっさり目。香りも少しおとなしくなっている。チャーシューは活き活きした脂身の旨味が口に広がり、1年目からいきなりベテランの実力を発揮したかのようである。粘りある平打ち麺はスープをよく運んでくれる実直な麺。2Fには座敷席もあり家族連れなどに対応されている。濃...とことんとりコトコト(ラーメン)

  • 出石皿そば 南枝 小人店(出石そば)

    今回は某のお気に入り1つ、出石そば。小人地区にある宝永年間創業の老舗出石そば店。店舗は中心部より少し外れた南側にある。テーブル席と小上がり席、規模しては中規模のお店となるのだが30名ほどの収容数はあり来店者が少ない当日は広々としていた。注文するはいつもの皿そば5皿860円+追加5皿650円で1500円、他店と価格はほ同じ。そばの微妙な質たるは某には判断できないが、香りは中ごろのど越し爽やか、実においしい。出汁は雑味なくこちらもあっさりして爽やか。どちらかいといえばそばが前に出るタイプかなと感じる。サクサク系(勝手に判断)もう10皿いけそうな感じであるが次?もあるので抑えつつ知人とお店を後にした。おまけのそば系お菓子も充実し、出石初心者からベテランまで楽しめる老舗店である。HP→http://nanshi-sob...出石皿そば南枝小人店(出石そば)

  • コモレビ ラーメンハウス(ラーメン)

    綾小路通新町を西へ入った場所にある新しいラーメン屋さん。生まれてまだ1歳少々のお店である。店頭はきれいだが大変地味で目立たない雰囲気だ。店内に入ると表の地味な印象とは違った無地材を使った温かい湾曲テーブルと椅子、安心できる店内だ。開店してわずか、ちょっと緊張ぎみのスタッフたちのいらっしゃいませ”が初々しい。メニューは特製(あっさり醤油)らーめんのみ、塩への変更可能との注意書きがあり、そのことは自信作は醤油であると某は認知した。透明度の高い香り高きクラッシックなスープである。ほんのり八角の香りが鼻孔をかすめる。まろやかなあたりで体がビックリしない自然体である。麺は細直麺でしっかりしたコシを持って前には出ないがしっかり主張ができている作品だ。チャーシューは低温熟成鶏肉と豚チャーシュー、双方やや強い目の味付けで八角の...コモレビラーメンハウス(ラーメン)

  • 但熊(卵専門食堂)

    城崎温泉と出石そば(カバン)で有名な兵庫県豊岡市、国道426号線の栗尾の畑の真ん中にある美味しいTKGが食べられる食堂。養鶏所経営なので卵に特化した商品の販売、飲食が有名でかなりのローカル地にもかかわらず近畿県内外からの来店が絶えない。畑と評したが山地の中の平地というべき場所で、周りにお店以外なにもない緑あふれる場所だ。ロッジ風。。。。山小屋といったほうがいい建屋で回りの風景に大変溶け込んでいる中はそんなに大きくない、ツーリング客、ドライブ客などで多いときは2時間待ちを超えることもあるのもこの収容人数では仕方ないことであろう。当日は平日の1530時ということもあり知人3名とすんなり入店できた。ベーシックなメニュー構成、8割ほどが卵かけご飯定食360円を注文、この価格で玉子食べ放題・・・・たまらない!スタッフの方...但熊(卵専門食堂)

  • カフェ&ティー ビアンカ(喫茶店)

    京阪、JR山科駅の南、京都山科ホテル山楽の地下に位置する喫茶店。京阪JRの利用客や買い物客らの利用者多いお店である。数こそ少ないが食品サンプルもケース内に見て取れる。中央に大きな名がテーブルがある店内はかなり大きく在客者も多く活気あふれる店内である。いつものように3時の休憩(実際2時半だが)のトーストタイム、ジャムトーストとアイスティーアイスは少し高めの710円分厚いトーストに乗せられた甘~いジャムは少し濃いめのブレンドティーとよく合い喫茶時間を充実させてくれる。活気ある店内とは結構騒がしい店内となる。駅近く特有の雰囲気を持つ喫茶店でおおきな特徴はないかわりに欠点も少ない。当然1人で来られている方も多く割り切った休憩を過ごしている。普段使い通勤使いなど多用途に使える駅地下(近)喫茶店である。「京都市山科区安朱桟...カフェ&ティービアンカ(喫茶店)

  • カフェ フロリアン (カフェ)

    西大路太子道の信号から北西へ100m上がった場所にある小さなカフェ。ビル1Fにあるテナント(自社ビル?)店舗である。間口が小さく奥長い、伝統的なウナギスタイルの店舗、背伸び感少なく、自然体でちょっと気の利いた店内である。チョット一休みでの入店。この規模の店舗としてはかなり豊富なメニューである。ただドリンクとのセット価格が比較的高く、少々高価な一休み”となった。ホットサンドセット900円+アイスティー380円で1280円サラダにハムと卵にチーズ、具材で太ったサンドにかぶりつくと口の内外であふれ出す旨味。900円の価格に見合った美味しさ、塩味効いたポテチもついているのでサンドが終わればアールグレイのお供でゆったり読書タイムにお付き合いしてもらえる。大きな特徴もないのだが騒がしさ皆無、静かで落ち着いた普通のカフェであ...カフェフロリアン(カフェ)

  • 鳥ぷろ食堂 イオンモール京都五条店(から揚げ/定食/丼)

    イオンモール京都五条の3Fのフードコード内にある鶏専門店、なお、1Fには販売店もある。近年のリニューアルで黒と赤のイメージとなったフードコート。シックな店内である。後輩から迫力あるから揚げメニューを誇っているとの情報を得ているので期待をしつつ注文カウンターに近づいた。一番ベーシックなメニューである「からあげ丼」は699円ネギとマヨネーズがたっぷりかかった雄姿がそこにある。大きいから揚げは合計7個、価格は約700円なので単純計算1個100円(無理はあるが。。。)みりんベースの醤油にニンニクが効いた庶民の美味しさ。マヨネーズはまろやかさを演出しカリふわの本体に華を添える。フードコートであることもあるが費用対効果が高い「庶民の英雄からあげ」が腹いっぱいいただける。胃袋に自信のある猛者は富士山盛りに照準を合わせてほしい...鳥ぷろ食堂イオンモール京都五条店(から揚げ/定食/丼)

  • 京カフェ スピカ(カフェ)

    北野天満宮の交差点から西へ1つ目の信号を上がった場所にある小さなカフェ。音響に拘ったお店である。窓際カウンターと長掛テーブル席のみの小さな店内。そして奥には部屋の大きさに似かわない巨大なスピーカーが鎮座する。多少オーディオに興味ある某、メニューよりスピーカーのほうが気になってしかたがない・・・・店主に促される形でケーキセットを注文、500円ワンコインセットは記憶に残しておかねばならないお得価格、ちなみにトーストセットはサラダ、デザート、スープ、玉子まで付いて同価格。驚くのはスピーカーだけではない!セットが出てきてさらに驚くのは紅茶がポットであること実に素晴らしいフルーツにクリーム付き、栗が入った小さなケーキは甘さ控えめ、アールグレイともいい相性コスパの高さは文句なし。気になるオーディオシステム、ぱっと見パラゴン...京カフェスピカ(カフェ)

  • 高木鮮魚店 (海鮮丼/寿司)

    京都駅南八条口南西、イオンモール京都1Fにある魚屋さんつくる丼屋さん。カウンター席と小さいながらもテーブル席まで用意されたテナント店。店舗隣には本業?の魚屋さんがある。京都市と海鮮となるとどうしても山に囲まれた地となるので一歩後退感があるが魚屋さんがバックに(横に)ついているとそのイメージも薄れる。500円台から美味しそうなお品書きが並んでいる。相場(京都市内)よりかなり抑えた価格である。まさに看板メニューである漁師めし990円を注文、華やかな海鮮オールスターズ、だし巻きに焼印された屋号がよく目立つ。レンゲにのったイクラを器にぶっこみフルメンバーで口へ掻き込む。各部位数こそ少ないが口の中で海の幸がバトルロイヤル、豪快に行ける丼である。漁場近くの市場飯にはかなわないが盆地の都で食べられるお手軽贅沢メシである。HP...高木鮮魚店(海鮮丼/寿司)

  • コーヒー&カレー アラーナ(喫茶店)

    京都屈指の長い商店街の南、大宮通上立売を上がった場所にある、昭和の喫茶店。カレーが美味しいと評判のお店である。色褪せたテントがいい味を出している。今話題になっている北大路堀川のレトロカフェ「翡翠」を小さくしたような懐かしさ溢れる店内だ。ベテラン店主1人で回されているので、雰囲気をを含め注文速度リードタイムもゆったりしてる。価格はかなり抑えた(据え置き期間が長い)うれしい数字が並んでいる。アイス紅茶350円+トースト250円で600円、注文から10分ほどで紅茶、トーストと順番にやってきた。ジャムは酸味のきいた熟成もの、自作?なのか熟成を重ねすぎた感はあるのだが・・・少し癖が出ているジャムであるが価格を鑑み問題なしと。パン質は普通である。老舗喫茶店の店内には独自時間軸が存在する。まさにここアラーナもアラーナ時間が存...コーヒー&カレーアラーナ(喫茶店)

  • 鴨出汁中華そば ROKU (ラーメン)

    四条河原町の南西、京都高島屋の南にあるGOODNATURESTATIONの2Fにあるラーメン屋さん。ミシュラン獲得店舗のプロデュースによるラーメン屋さんである。新たな四条河原町のスポットGOODNATURESTATION内となりラーメン屋というカテゴリーには収まらないお店作り。エントランスも和フレンチか和食ダイニングのようである。中に入ると大きなコの字カウンターが広がっている。オープンキッチンと思いきや作品は入口から見て右側に小さな窓から運ばれる。黒基調のシックで渋い雰囲気、来店者もIT系のCEOとの(あくまで個人的乾燥)漢字の方多くまさに高級和食ダイニングだ。多様の買い物をした時のレシートのような細長お品書き、ラーメンは2種類白湯と清湯で価格は各1000円、いろいろオプションを加えるとうっ!となる価格になるが...鴨出汁中華そばROKU(ラーメン)

  • しゃぶ葉 京都北大路店(しゃぶしゃぶ)

    北大路ビブレの3Fにあるしゃぶしゃぶ食べ放題のお店。スカイラークグループの一員である。安堵を提供する店内、ソファーシートなどリラックスできるツボを得ている手慣れた手法である。安心の品ぞろえ、特に野菜関係は大変充実している。しゃぶしゃぶであることもあるのだが、的を抑えたチョイスを感じる。カレーまで揃えた食べ放題であるが、肝心の肉質(品質)は問題なく悪くない。昨今の食べほ”の品質向上度合いはすばらしく大手なら横一線となり美味しくて当たり前の時代である。それゆえ特徴は安心の美味しさ”となってしまう。夕食で1652円、ノンアルコールとなるが種類質とも納得できる。10代の頃の食欲を未だに心に抱え今そのギャップに苦しているおっさん”が現れる。高いレベルでの普通”であり満足度は十分だ。大きな特徴もないがすかいらーくグループで...しゃぶ葉京都北大路店(しゃぶしゃぶ)

  • 五十碗 四川刀削麺 (刀削麺/中華料理)

    叡電「元田中」駅の南西にある刀削麺専門店。高野から百万遍までの区間に本場中華店が乱立してるがその中でのニューカマーとなる。店頭には円柱状の写真看板が立っている。奥にカウンター、手前にテーブル席が整列された席配置。開店間もないこともあり新鮮な店内である。カウンター奥に注目!!本来刀削麺は麺職人が削っていくのだが、こちらは刀削麺ロボットが行うことが目玉の1つ。そのロボットはパンダであったのだが少々不気味?なキャラ。そのせいか本来パンダの顔がある部分に袋(紙?)で覆われていて見えなくなっていた・・・残念多様な刀削麺が用意されているが、劇辛”を避けて選択、金胡麻坦坦刀削麺880円とのたいそうな名の麺を注文となる。中央に挽肉が積まれネギがかかっている。金色?の胡麻は表面全体にちりばめられて華やかな器の一役をかっている。胡...五十碗四川刀削麺(刀削麺/中華料理)

  • 阪急ベーカリー&カフェ イオンモールKYOTO店(ベーカリーイートイン)

    イオンモール京都1Fにあるワンコインベーカリーで有名なイートインカフェ。最近は100円だけではないがほとんどのパンが100円で利用できるありがたいパン屋さんである。オープンタイプとなる座席、テーブル席もあるが、メインは対面カウンター、客層も1人”が多くカウンター利用客のほうが多い。相変わらずのワンコインの多彩な種類、見ているだけい楽しくなる。お得なセットメニューまで存在する。羨ましい!近場にあれば毎日でも足を運びたい。昼食はすでに済ましている14時過ぎ、飲み物とパン1個と考えていたがツーパンセットの価格と美味しそうなパンの表情に負けパリパリチーズとてりやきハンバーグ・・・気が付けばベビーな総菜パンが・・・オーバー100円のパントと遜色ない美味しさ・・・とはいかないが費用対効果は十分に得られるパリパリチーズである...阪急ベーカリー&カフェイオンモールKYOTO店(ベーカリーイートイン)

  • よどみや 川なみ (ラーメン/居酒屋)

    山科新大石道の交差点から南に400m下がった清水団地の信号を東に入った場所にある居酒屋さん。伏見にあるフカクサ製麺所”で修行されたオーナーが放つ本格ラーメンを提供されている。建屋は純和風、町屋からの暖簾をくぐる風情ある店舗だ。靴を脱いでの入店だ。L字カウンターは奥に、入口近くにテーブル席と堀こたつ風のテ-ブル席居酒屋としてのレイアウトに優れた店内で空間をたっぷり使った清潔で明るい。温かみある手書きのメニュー、セットメニューは4桁となりやや割高感、基本メニューが右端の「焼きあご鶏白湯らーめん」850円胡椒がかかった大きなレアチャーシューが一番に目に入ってくる、白湯らしい白濁したスープがたまらない作品である。鶏のマイルドさが多くを占め、そこにスパイス程度に魚介系のうまみが加わったマイルドスープは昨今の流行り。カルボ...よどみや川なみ(ラーメン/居酒屋)

  • くらしカフェ(カフェ)

    北山通下鴨中通の北東角のイノブン北山店の3Fにあるカフェ。イノブンと言えば京都では老舗雑貨店、京阪滋に15店舗を構えるお店である。3Fへあがると、緑と雑貨に囲まれたカフェスペースが現れる。カフェとしてのパーテーション的な区切りはなく、なんともゆるりとしたカフェである。イノブンの販売空間のかなでお茶しているかのような(実際している)中で着席しメニューを開ける価格はかなり抑えられ紅茶(アイス)で330円とお手頃価格、ここにレモンケーキ275円を加えセット価格555円、スバルのスポンサーような低価格でケーキセットが手中にできる。275円の実力は侮れない、しっかりしたレモンの酸味とほんのりした甘味が、食欲を誘う、あとたさないケーキで大きさも丁度良くいい塩梅だ。紅茶はアールグレイ、かなりベルガモットの香りが強く香りが鼻に...くらしカフェ(カフェ)

  • 薄伽梵 ハヂメ(ラーメン/炉端居酒屋)

    四条河原町の北西、ハレの日花遊小路ビルの1階テナントに入る炉端居酒屋さん。屋号はバカボンハジメ”誰がどう考えてもバカボン家の天才坊やだ!炉端焼きらしい民芸居酒屋の雰囲気を持った木の温かみ溢れる店内である。開店直後の1130時過ぎ、客は某一人、おおきな店内独り占め状態で実に気持ちいい。居酒屋ランチにて本格的なラーメンがいただけるとのことでの来店である。種類は2つ牛タンタン麺と注文した牛タン麺700円だ。第一印象かなり凝った作品であることがわかる。大きな藁炙り?牛モモチャーシューと牛タン、さらに細切れチャーシューに燻製メンマと水菜とネギという豪華な面々だ。牛骨スープは牛の旨味がまったりした状態で口の中で広がる。まるで味噌ラーメンのようなトロミに牛が加わった美味しさである。3種の肉は各自の役割を十分に果たしてる。特に...薄伽梵ハヂメ(ラーメン/炉端居酒屋)

  • 寺町御池 柳庵(定食/うどんそば)

    寺町御池を上がった場所にある定食屋さん。昭和初期風のモダンなビルに和なる定食屋さんが食い込んでいるような感じである。店内に入ると中はクラッシックなビルそのままに定食屋さんがそこにある、南側に階段があり2Fへアクセスできるようになっているが2F部分が洋のクラッシックなスタイルが顕著に確認できる。話は前後するが店頭にサンプルを含めほぼすべてのおしながき(メニュー)があり熟考して入店できる。850円の親子丼、定番の漬物が付いてる。やや濃いめの玉子色見るからに出汁が効いてそうである。つゆだくスタイル、実際しっかり出し味がしゅん”でいて美味い!またかしわは若鳥なのか身が引きしまり赤身もプリプリ、京都親子丼のセオリーがぎっしり詰まった逸品である。三条商店街からも近く美味しい丼そばうどんに困れば覚えておいて損はしない!建物の...寺町御池柳庵(定食/うどんそば)

  • やまなか製麺所 天満橋店 (ラーメン)

    京阪天満橋駅から南に1筋にあるラーメン屋さん。西側には大阪城が広がるロケーション。コロナ過の中であるがチョットした資格試験のため止む無く他府への移動となったが予想以上に人では多く、ほっとした安心と少々の心配が入り混じった大阪である。シックな木目基調のカウンターテーブルと店内、クッション性のある椅子であるが短足族の某には高さが合わず少々心地”が悪い。メニューは醤油、白湯、鳥豚醤油、味噌と多彩なレパートリーを持っている。醤油ラーメン750円を入口にて購入。大きな切り株チャーシュー2枚が器の大部分を占め、その表面には大粒な背油が乗る。麺は平打ち麺で弾力と食べやすさのバランスタイプでのど越しよく啜れる麺である。スープは名古屋コーチンの鶏の旨味と煮干しの甘味が加わった二層構え、大阪のラーメンらしく一口目と終わり近くとの印...やまなか製麺所天満橋店(ラーメン)

  • 小川珈琲べんがら 鞍馬口店 (喫茶店)

    大宮鞍馬口の南東にある道の憩いの喫茶店、この周りには以外にも喫茶店はそう多くない。店頭ではコーヒー豆の販売もされている。中は清潔感ありスッキリしている。町の喫茶店として個人の荷物などが占拠していることもなくほっと場”としていい雰囲気だ。に閑話休題、某の活動の場からほど近く数回よせていただいているおみせで、ひと休みでの入店アイスティー410円、ここに230円のトーストでセット価格640円、ローカル価格である。軽めに焼かれたトーストにたっぷりジャム、好みの粘りあるパン生地で花丸トーストである。ブレンド系アイスティーでやや渋みがあるのでシロップを入れたほうが飲みやすいかも?である。依然ながら常連さんが多いお店なのでいつもは賑やかな店内であるが、空いていると小さなBGMのなかゆったりできる。スタッフの方も適度なかかわり...小川珈琲べんがら鞍馬口店(喫茶店)

  • 金の百合亭(カフェ)

    祇園の信号の北西にあるカフェ。店舗はテナントの2階、階段を上がると外光溢れる店内が待っていた。場所は八坂神社の真ん前、京都の最も賑わう地となる為もあり国際色豊かに満員状態、入店直ぐに偶然空いたテーブル席を得ることができた。白に壁面、スッキリした雰囲気を持つ店内、幾何学的に配置された座席はよく考えられていて席の出入りしやすく余裕もある。特等席は祇園の交差点が見下ろせる窓際となる。キャラメルバナナのフレンチトーストセット、アイスティーをつけて1100円祇園価格とすれば納得。キャラメリゼされたバナナとキュイフルーツのセット、器が大きく少し寂しさを感じる・・・キャラメルバナナは想像以上にこってり濃厚、がっつりした甘味もあり海外の方にはかなり受けがいいのでは!強い甘味がチョットと言う方にはキュイで調整できるので安心である...金の百合亭(カフェ)

  • 丸福珈琲店 千日前本店(喫茶店)

    日本橋一丁目の交差点から西へ3筋目を上がった場所にある昭和9年創業の喫茶店。千一前店が本店となる。レンガつくりの構えと重厚な屋号印、中に入ってもその重厚さは変化しない。薄暗い店内は昭和の香り漂う、椅子机、器が展示それた陳列棚。上を見上げればシャンデリアと喫茶店であるパーツはすべて揃ってる。客層は幅広く老若男女、国籍も幅広くいろんな言葉が飛び交う点内だ。丸福珈琲店名物の珈琲ミルクジャムトーストは780円、他のメニューを見るかぎりかなりお得なセットメニューである。珈琲の香ばしい心地よい軽い苦みと、まろやかミルクの甘味がゆったりやってくる優しいトーストまるで幼少期に飲んだコーヒー牛乳のような懐かしい美味しさだ。瑞々しいアッサム寄りのアイスティーとのコンビネーションも悪くなく、なんばの町を歩き疲れた心身によく聞く薬とな...丸福珈琲店千日前本店(喫茶店)

  • 食べ放題 すたみな太郎NEXT ドン・キホーテ道頓堀御堂筋店(焼肉/バイキングレストラン)

    大阪市、道頓堀箸北詰の交差点の南西にある焼肉を中心としたバイキングレストラン。店舗はドン・キホーテの9Fにある。元々郊外型店舗のすたみな太郎の都会版がNEXT”というわけである。白をベースにした店内、カフェのような印象であるが棚に並ぶ具材を見ればやはり「焼肉」すたみな太郎である。客層は圧倒的に若年層となり見た目印象として高校大学(専門)生が半数以上。すたみな太郎のメイン層である家族連れはここでは少数派。品数はやや少ないような気がするが、食べ放題オールスターで焼肉、すし、カレーなどなどはしっかり。品質に関しては一ランク上とのことではあるが、何人も満福になることは保証された店舗である。店の雰囲気が違うと内容が一緒でもハードな食べホでもポップに感じてしまう。各席のパーテーションも高く個室感あるプライベート空間の役割に...食べ放題すたみな太郎NEXTドン・キホーテ道頓堀御堂筋店(焼肉/バイキングレストラン)

  • シーズポウ(カフェ)

    北大路橋西詰から東へ200mの南にある2階建てカフェ。民家の一戸建てを改造した店舗で壁面はレンガ風の壁面の演出がされている。1Fにはテーブル席、奥にカウンター席。ゆったりした席間に床面フローリング。シックなアンティーク空間にまとめられた店内だ。2Fは1Fとは印象がかなり違う。無垢の木を床を使い単体椅子を余り置かないザックバランな雰囲気。外光もたっぷり入って四季を通じて気持ちいい。メニューには残念ながら紅茶の文字はない。前回伺った際はアップルジュースのみであったが今回は気になっていた3種類から選べる300円のトースト、ここにレモネードわ加え900円チーズにこしょう”トースト、注文の際どんなか感じか楽しみでだったが、つまりはピザ風トースト、チーズの香り高くここにこしょうの刺激が加わり実に美味。他のカフェなら500円...シーズポウ(カフェ)

  • 蒸しまん&カフェ まんまん堂 (蒸しまん喫茶)

    下長者町通油小路を西に入った堀川商店街内にある蒸しまんが有名な喫茶店。以前紹介した咲あん”系列店となり、知的障害者通所授産所となる。授産所だけに障碍者の方たちが作成した商品がずらり並ぶ。その横にカフェスペースが設けられている。当日も地元民であろうおばあちゃん”達の憩いの場となっていた。アイスティー330円に角煮まん100円で430円、授産所関係の価格帯は本当に助かる!!大きな豚の角煮が入った蒸しまんはお店オリジナル(だろう)この迫力で100円1コインコンビニより安く美味しい100円だ。アイスティーは薄くノドを潤すには丁度いい。ゆったり読書といったことは考えないほうがいいが、お手頃価格で美味しい蒸しまんが食べられる喫茶空間。ひと休み”に使っていただきたい、まんまんさんあん”である。HP→https://www.k...蒸しまん&カフェまんまん堂(蒸しまん喫茶)

  • ノートカフェ(カフェ)

    北山下鴨本通りの交差点より3筋西へ入り4筋目を下がった場所にあるおしゃれ系カフェ。1Fは衣料品店となり階段を使っての2F店舗である。2Fへ上がると抜けのいいスタイリッシュなカフェが現れる。外光も取りれられ清潔感ある空間である。多彩できれいなメニューが印象的、特にスイーツ系のメニュー内容でお店の方向性がよくわかる。エンジェルフードケーキ550円と紅茶480円セットで880円、紅茶はアイスなのでアールグレイチーズのような形状とべリーソースで飾り付けられた器は可愛さ溢れる「天使のケーキ」だ。卵黄と油を使わず作成されたかなりソフト指向のシフォンケーキ、真綿のような食感でまるで綿あめを食べているような感覚だ。べリーソースとホイップクリームで味の色付けはできるがまんま”で食べると優しい甘さが寄り添ってくれる。北山ブランドカ...ノートカフェ(カフェ)

ブログリーダー」を活用して、刀八毘沙門天の1人で仏々さんをフォローしませんか?

ハンドル名
刀八毘沙門天の1人で仏々さん
ブログタイトル
刀八毘沙門天の1人で仏々
フォロー
刀八毘沙門天の1人で仏々

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用