プロフィールPROFILE

deltaさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
中国でのいろいろ
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/akira_delta
ブログ紹介文
中国での生活、出来事をぼちぼち綴っていければと思っています。
更新頻度(1年)

52回 / 365日(平均1.0回/週)

ブログ村参加:2014/09/25

deltaさんのプロフィール
読者になる

deltaさんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 11/18 11/17 11/16 11/15 11/14 11/13 全参加数
総合ランキング(IN) 2,379位 2,421位 2,445位 2,476位 2,426位 2,473位 2,447位 978,357サイト
INポイント 130 130 150 130 150 160 120 970/週
OUTポイント 210 240 210 140 250 290 180 1,520/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
海外生活ブログ 79位 79位 79位 80位 77位 80位 78位 35,277サイト
中国情報(チャイナ) 3位 3位 3位 3位 3位 3位 3位 1,138サイト
今日 11/18 11/17 11/16 11/15 11/14 11/13 全参加数
総合ランキング(OUT) 7,178位 7,442位 7,464位 7,470位 7,348位 7,333位 7,301位 978,357サイト
INポイント 130 130 150 130 150 160 120 970/週
OUTポイント 210 240 210 140 250 290 180 1,520/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
海外生活ブログ 338位 350位 355位 358位 348位 345位 347位 35,277サイト
中国情報(チャイナ) 2位 2位 2位 2位 2位 2位 2位 1,138サイト
今日 11/18 11/17 11/16 11/15 11/14 11/13 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 978,357サイト
INポイント 130 130 150 130 150 160 120 970/週
OUTポイント 210 240 210 140 250 290 180 1,520/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
海外生活ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 35,277サイト
中国情報(チャイナ) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 1,138サイト

新機能の「ブログリーダー」を活用して、deltaさんの読者になりませんか?

ハンドル名
deltaさん
ブログタイトル
中国でのいろいろ
更新頻度
52回 / 365日(平均1.0回/週)
読者になる
中国でのいろいろ

deltaさんの新着記事

1件〜30件

  • 北京 朝陽公園

    朝陽公園は、各国の大使館が多く集まる亮馬橋エリアにある有料の大きな公園です。日本大使館も近くにあります。北京のセントラルパークと言ったところでしょうか、違うかな。。北京を幾重にも取り囲む環状道路のひとつ、四環路の内側では最も大きい公園です。(環状路の番号が小さい場所は都心、大きくなるほど郊外になります)公園の大きさは、南北約2.8km、東西約1.5km。ぐるっと周るだけで2時間ぐらい必要です。中には結婚式場もあるようです。ジョギングコースも整備されています。足の負担を減らすように柔らかい塗装が施されています。入園料は5元。開園時間は朝6時から夜の10時まで(冬季は夜9時まで)です。公園はざっくり北+中エリアと南エリアに分かれており、北側~中央は池や森が多く配置されています。南には遊園地など子供向けの施設が多くあ...北京朝陽公園

  • 蘇州 焼肉祭りその2 天街の焼肉好牛

    焼肉好牛は天街の6階にある中華系日式焼肉屋さんです。こちらはあじやさんと違って混んでいます。肉のレベルはそれなりに高いと思います。肉類は外からも見えるように陳列されています。こちらももちろん炭火焼き。しっかりと赤く、白くなった炭を入れてくれます。焼肉のタレは安心の日式。この店はどちらかというと焼肉居酒屋、焼肉ファミレスという感じの店です。メニューはすべて日本語ですが、日本語のできる店員さんは見当たりませんでした。サイドメニューも豊富でお酒のアテなどもあります。またフリードリンクのセットもあるようです。和牛の赤富士、このボリュームで110元ってどうゆうこと、と思ったら、上げ底ならぬ立派な大根を芯にして肉を巻いてありました。タン塩はあじやよりこちらの方が厚くて美味しいです。他の肉もどれも柔らかくて美味しくいただけま...蘇州焼肉祭りその2天街の焼肉好牛

  • 蘇州 焼肉祭りその1 天街のあじや

    中国では連休前後にちょっとみんなで食事でも、というイベントがちょこちょこあったりします。(私のまわりだけ?)今回は2週連続で日式焼肉へ。。しかも2回とも天街へ。。天街は蘇州新区獅山路にある新しいショッピングモールです。まずは”あじや”へ2階の人通りの少ない場所にひっそりとお店があります。こちらのお店は日本語ができる店員さんもいます。(日本人の方もいる?)店構えからして和風のお店で、限りなく日本の焼肉屋さんに近い感じです。テーブル席と掘りごたつ風のお座敷が選べます。若い人達と行く場合、最近は”焼肉食べたい”というリクエストが結構あります。長春の場合、焼肉という話になると、道端の串焼きか、羊の丸焼きを指すこと多いですが、上海や蘇州の場合だと、韓国焼肉か日式焼肉です。もちろん炭火焼き。排煙はしっかりしているので焼肉臭...蘇州焼肉祭りその1天街のあじや

  • 蘇州 新人気スポット 陽澄湖サービスエリア

    今、蘇州でちょっと変わった場所が人気です。場所は高速道路のサービスエリア。リニューアルオープンした陽澄湖サービスエリア、週末は、広い駐車場も車でいっぱいになります。私が高速道路を利用する範囲のことしか分からないですが、最近、江蘇省や浙江省のサービスエリアは、以前とは見違えるぐらい綺麗になってる場所が増えています。その中でもここは屋内遊園地のような乗り物などのアトラクションや、博物館も併設されていてテーマパークのようになっています。普通、サービスエリアは高速利用客が休憩に使うものですが、陽澄湖の場合、サービスエリアは高速出入口に直結しているため、高速道路を走行しなくても利用できます。ただし最低金額の通行料金(5元)は必要です。でも、駐車料金が必要な場所に行けば5元以上は必ず必要なので、駐車場代だと思えば高くありま...蘇州新人気スポット陽澄湖サービスエリア

  • 上海 上海浦東空港T1のサテライトターミナル

    上海浦東空港の新しいターミナルビルが完成しました。共用開始は先月ぐらいからだったと思います。2年がかりぐらいで完成したんじゃないかと。建築中の姿はバスに乗って搭乗する時に何度も見ていました。新ターミナルは、第一ターミナル(T1)のサテライトターミナルになります。東方航空、上海航空の一部の便がサテライトターミナル発着になっているようです。(私が実際に使ったのは上海航空のみ、他の航空会社もあるかもしれません)国際線、国内線ともにサテライトターミナルの発着便があります。搭乗カウンターに注意書きが出ています。搭乗券に3桁の搭乗口が書かれている時はご注意を。T1本館とサテライトの間は地下のシャトルで移動します。私自身、まだ国内線の到着と国際線の出発の2回しか利用したことがありません。とりあえず国際線の場合のサテライトター...上海上海浦東空港T1のサテライトターミナル

  • 蘇州 建国70周年の国慶節

    今年の国慶節は建国70周年の節目の年。日本のテレビでも記念行事の映像がニュースなどで流れていたかと。(まあ日本で流れるのは軍事パレードと習さんの顔ばっかりでしょうけど。)蘇州の国慶節は外に出かけるのが嫌になるぐらい観光客が来るようになりました。でも家に籠っていてもテレビの映像はずっと国慶節イベントだし。。という訳で人混みの様子を見に外へ出てみました。さすがに園林や遠くにまで行く気はせず、石路と山塘街へ。しかし、案の定いきなり何山大橋で寒山寺渋滞にはまります。最近、普段の石路は訪れる人も昔ほど多くなく、ちょっと寂れた感じでしたが、さすがに大型連休ともなるとそれなりの人出になります。石路から続く山塘街の人気は逆に高くなっていて人で溢れています。地方から観光に来た方々でいっぱい。ここは特に70周年だから的な雰囲気はあ...蘇州建国70周年の国慶節

  • 宜興  陶祖聖境風景区(竹尖長廊)

    慕蠡洞を通り抜けた先が竹林迷宮と名付けられた竹林になっていています。ここの見所のひとつが、竹尖長廊と玻璃桟道というガラス張りの桟道です。まずは陶祖竹海と書かれた門をくぐります。実は宜興で最も有名な竹林は、こことは別の”竹海”です。(同じ村の中にあるんですけどね)竹林の中には迷路があったり、ブランコがあったり、子供達が喜びそうというか、子供の写真を撮るため親が喜ぶ小道具というか、大人も子供も楽しそうです。こういう場所は人が多くないのが一番。竹の中を奥へ奥へと進んで行きます。続いて竹尖長廊の門をくぐると、なぜか傘がたくさんぶら下がった回廊が。。木道の中に休憩できるちょっと広い場所も作ってあります。竹がそよぐ音を聞きながらちょっと一休みするのもよいかも。簡単な食べ物や飲み物が買える売店やお茶を飲める店などが少しありま...宜興陶祖聖境風景区(竹尖長廊)

  • 宜興  陶祖聖境風景区(慕蠡洞)

    1年ぶりぐらいに宜興まで出かけてきました。宜興の観光と言えば鍾乳洞と竹林です。陶祖聖境は、鍾乳洞と竹林がセットで楽しめる風景区です。慕蠡洞と竹尖長廊は別料金になっているような感じでしたが、蘇州の休閑カードを使えばどちらも入園可能です。入り口のすぐ近くにある大きな石像が范蠡像、范蠡は春秋末期の政治家で、商人ととして富を得た人物でもあります。宜興の陶業を創設した人物との説があり、陶朱公とも呼ばれています。まずは鍾乳洞の慕蠡洞へ向かいます。どうやら風景区の中は一方通行になっていて、逆方向からは慕蠡洞に入ることができないようですのでご注意を。少し進むと池が見えてきます。油断していると見過ごしてしまいそうな小さな穴が鍾乳洞の入り口です。係員に呼び止められなければスルーしてしまうところでした。慕蠡洞の総面積は8200平米、...宜興陶祖聖境風景区(慕蠡洞)

  • 蘇州 東太湖生態園と蘇州湾旅游区

    蘇州湾旅游区は太湖の東側、呉江区にある大きな公園です。公園の面積は約17平方kmあり、東太湖生態園も蘇州湾旅游区に含まれます。近年、蘇州の都市開発は郊外へ広がっており、少し前まではド田舎と言ってもよかった呉江区の南の方も工場だけでなく、オフィスビルやマンションの建設が進んでいます。蘇州湾旅游区は都市開発に合わせた環境整備の一環でできた公園なのだと思います。周辺はまだ高層マンションなどの建設工事中で訪れる人も多くありません。所々工事中の場所もあったりしますが綺麗に整備されています。中には有料のプールもありました。公園には自転車用の道路があって公共自転車も置いてあるので、広い園内の移動には自転車を使うのもよいかと思います。蘇州湾旅游区の北側が東太湖生態園になっていて緑がいっぱい。蓮の花の池や木道などがあります。また...蘇州東太湖生態園と蘇州湾旅游区

  • 長春 日本料理 中日友好会館の花月

    軽軌4号線、海口路(自由大路)駅近くにある中日友好会館。こちらの1階に花月という日本料理屋さんがあります。ホテルに宿泊される方の利用がメインだと思いますので、会社の昼休みにランチに来るような人は少ないと思います。しかも日本人が一人で来ることもあまりないかと。中日友好会館の中に日本料理店があることは知っていましたが、ホテルのどこにあるかまでは分からず、ホテルの案内係のお兄さんに聞いてみたら、親切に店の中まで連れて行ってくれて席まで取ってくれました。お刺身や寿司から洋食系、鍋物など揃っていますが定食類はありません。長春の中華系日本料理屋さんには定食がないことが多いです。ホテルの中の店にしては値段が安いです。(もちろん高いものもあります)注文はメニュー端末に自分で入力します。とりあえずサラダ、普通にサラダです。中国の...長春日本料理中日友好会館の花月

  • 上海 世紀大道の老上海風情街

    老上海風情街は、上海レトロな街並みを再現した飲食店街です。ここができたのはたぶん昨年ぐらいだったかと思います。世紀汇広場の地下2階にあります。地下鉄世紀大道駅の7番、8番出口付近です。(11番、12番付近にも入り口がありますがちょっと分かりにくいかも)本格的な食事をするような場所ではなく、小吃や麺などの飲食店が数多く並んでいます。日本で例えると新横浜ラーメン博物館や、大阪梅田スカイビル地下の滝見小路みたいな感じの場所です。まずはお試しに、葱油餅と大根餅を購入。サクサクして美味しいです。ちょっと油は多いけど。。大根餅は半分に切ってあったので葱油餅と両方買っても軽く食べられると思っていたら、半分に切ったのが2個出てきました。もうこれだけで腹八分目です。中国語の”餅”は小麦粉などの粉を薄く伸ばして焼いたもののことを言...上海世紀大道の老上海風情街

  • 河南省 鄭州 黄河風景名勝区

    黄河の全長は5464km。中国では長江に次いで2番目に長い川です。黄河風景名勝区は鄭州市街の北20kmのところにあります。鄭州市の中心部から公共交通を利用する場合は游16路(Y16)に乗ります。鄭州駅からだと始発駅で乗って終着駅で降りるので、この行き方が最も簡単だと思います。料金は、入園料、ゴンドラ、ホバークラフト、観光車(電動乗り合いカート)などの組み合わせで変わります。入園料:48元、ゴンドラ:往復50元、ホバークラフト:80元観光車の値段は忘れました。。20元ぐらいで何回か乗れます。夏場はものすごく暑いので、観光車を利用するのもよいかと。案内板も結構いい加減なので、歩くと汗だく間違いなしです。日本語のHPもありますので事前にチェックして。。と言いたいところですが、鄭州黄河風景名勝区(日本語)この難解な日本...河南省鄭州黄河風景名勝区

  • 河南省 鄭州 二十七広場

    1泊2日で河南省の省都、鄭州へ行ってきました。鄭州は、黄河沿いの街で黄河文明発祥の地です。商(殷)の時代、鄭州市は邑と呼ばれる都でした。そこから3500年の歴史を持つ中国八大古都のひとつです。八大古都とは北京、南京、杭州、西安、洛陽、開封、安陽、鄭州のことを言います。でも。。鄭州市街地には、史跡や観光地はほとんどありません。周辺で日本人でも知っていそうな場所と言えば少林寺。少林寺に行ってしまうと時間的に鄭州市街へ行くことはできないので、今回は、鄭州市街に一泊して、”水の流れている”黄河を見に行くことにしました。鄭州空港(新鄭国際机場)は綺麗な空港で地下鉄もあります。ただし市街地からかなり離れた南の方にあって、街の中心部までは地下鉄で1時間ちょっとかかります。私の知る限りですが、歴史のある古い街で鉄道駅周辺に大き...河南省鄭州二十七広場

  • 蘇州 中国の運転免許更新と反則金の支払い

    早いもので中国の運転免許を取得してからもう5年。。有効期限がきたので更新に出かけました。蘇州新区で免許更新手続きする場所は桃園路の北の端、鹿山路との交差点近くにある蘇州市公安局車両管理所(車菅所)です。私の運転免許は長春で取得したので長春での更新が必要だと思っていたのですが、更新したい場所で境外人員住宿登記表だけ入手できれば、(登記住所管轄の公安へ行って境外人員住宿登記の手続きをします)全国どこでも更新できると聞いたので、蘇州で更新してみることにしました。運転免許取得の過去記事はこちら。長春中国で運転免許取得車管所の办証大厦で手続きします。まずは免許証用の写真を撮りに行きます。写真は持ち込みでも構いません。セルフの証明写真機は身分証の読み取りが必要なため、外国人はパスポート番号を手入力します。写真を撮ったら視力...蘇州中国の運転免許更新と反則金の支払い

  • 蘇州 高速鉄道乗車新ルール

    今年の7月27日から高速鉄道の乗車ルールが変わって、外国人の乗車が少し便利になりました。何が変わったかと言うと、まだ上海~南京間だけですが紙の切符が不要になったこと。以前から中国人は身分証だけで乗車可能でしたが、外国人の場合、パスポートだけでは乗車できず、ネットで予約はできるものの、窓口の長蛇の列に並んで切符を受け取るか郵送してもらう必要があり、とても面倒でした。現在はネットで予約さえしておけばパスポートのみで、駅構内への入場改札と、乗車口の改札が通れるようになっています。PCからでもスマホアプリでも”12306”で予約すれば、問題ありません。という訳で実際にどんな感じになっているのか蘇州→上海で試してみました。まずは駅構内への入場。パスポートの読み取り機がありません。。この場合は、有人の検札口に行ってパスポー...蘇州高速鉄道乗車新ルール

  • 上海 新場古鎮で晩ごはん

    すっかり日が暮れると古鎮の景色も変わります。川沿いはライトアップされているようなので、もう一回りしてみることにしました。お店が夜の賑わいを見せているのに誘われて、軽く食事をしてから帰ることに。上海だと夜遅くまで地下鉄やバスがが動いているので、街外れの古鎮でも安心です。そんなに派手にライトアップしている訳でもなく、ちょうどいい感じの明るさです。飲み物や軽食を扱っている小さな売店は建物の持ち主が人に貸していることが多いので、店主は地元の人ではないことが多いのですが、川沿いの飲食店は店主も従業員も上海語です。メニュー書いてある料理は江南、上海料理がほとんど。こちらの人の多くがタニシ大好き。私は食べませんけど。。こちらは河蝦を素揚げしてから甘辛く味付けしたもの。皮ごと食べても大丈夫です。家庭でもよく作られる料理です。と...上海新場古鎮で晩ごはん

  • 上海 新場古鎮

    新場古鎮は上海の浦東地区にあります。大都会の上海ですが、少し外れるとまだこんな所が残っています。映画の撮影場所にも使われたこともある古鎮です。昔は石笋里と呼ばれていたそうです。地下鉄の最寄駅は16号線の新場駅です。ここでバスの新芦専線に乗り換えて、新場バス亭下車が行きやすいかと思います。暇な私は東昌路渡口から沪南線に乗って行ってみました。(区間沪南線に乗ると新場まで行きません、乗り換えが必要です)方向を把握しておかないと、バスを降りてからどの方向に歩けばよいか悩みます。沪南公路でも新奉公路からでも他の道からでも古鎮に入っていけます。油断すると、帰りに全然違う場所から出てちょっと迷うかも。。新場古鎮は千年以上の歴史があります。石造りの護岸のうち最も古いものは元代に造られたものらしいです。また明清代に建てられた古い...上海新場古鎮

  • 蘇州 獅山天街の南京大牌档(da pai dang)

    南京大牌档は南京発祥で北京、上海、天津、武漢などにも店舗のある、江南地方の料理、江蘇菜のお店です。蘇州には園区の蘇州中心と新区の天街に店舗があります。江蘇菜の中でも南京周辺の料理を金陵菜と呼びます。ここでは金陵菜を楽しむことができます。店の中は夫子廟周辺のような雰囲気です。奥にある小さなステージで歌や踊りを見られることがあるそうですが、私はまだ見たことがありません。また、店員さんの制服も民族衣装風で、男の子も女の子もとても可愛らしいです。南京素什錦。豆腐皮(干した豆腐)、もやし、きのこなどの和え物の前菜です。さっぱりしていて暑い時でもこれだったら食べられる感じ。お酒のつまみにも合います。老鶏湯馄饨(ワンタン)。鶏のスープの小さいワンタンです。南京の小吃でもよく見かけるワンタン、こちらもさっぱり系です。老壇醤香肉...蘇州獅山天街の南京大牌档(dapaidang)

  • 蘇州 太湖西京湾の馬鞭草(クマツヅラ)

    西京湾は太湖の畔にある公園です。ここの花畑は季節ごとに花が植え替えられます。ちょうど今見頃なのが馬鞭草(クマツヅラ)です。西京湾の過去記事はこちら。蘇州太湖西京湾以前、公共交通で西京湾に行くのはバスを利用するしかありませんでしたが、路面電車(有軌電車)1号線の終点が西洋山まで延びたので、西洋山の駅から公共自転車を使うという選択肢も増えました。駅から西京湾まで3kmほど。その気になれば、太湖を見ながら歩くというのも可です。馬鞭草という植物については全く知識がなかったので調べてみました。温帯から熱帯地方に分布する多年草の植物で、中国では漢方薬に用いられ、欧州では精神安定剤や婦人病などに用いられるそうです。他にも風邪薬や下痢止め、傷薬にも用いられるようで、万能の民間薬とも言われています。リラックス効果もあるそうです。...蘇州太湖西京湾の馬鞭草(クマツヅラ)

  • 湖北省恩施 恩施土司城

    旅の最後は恩施市街に戻って、中国のツアーに付きものの買い物と恩施土司城に行ってきました。蘇州へ戻る列車の出発時刻が13時過ぎなので、土司城を少し見学してからツアーと別れて先に駅へ向かうことにしました。まず早朝から連れてこられたのは恩施駅すぐ近くにある健康食品や土産物を売る施設。店員さんは見事な話術と手法で標的を絞り込んでいきます。集合時間になっても見事にカモられた数名が戻ってこず出発は30分以上遅れました。。ガイドの収入も店からのキックバック頼りなので多少遅れても気にしません。というわけで土司城を見学できる時間は1時間ほどになってしまいました。土司の意味を調べてみると元代から清代にかけ中国の中央政府によって任命された、中国南西部の山岳地帯を中心に分散する地域を代々支配してきた部族の長のことだそうです。恩施土司城...湖北省恩施恩施土司城

  • 湖北省恩施 恩施大峡谷(七星寨景区)

    恩施大峡谷旅游景区は、七星寨景区と雲龍地縫景区を合わせて、総面積は32.5平方kmあります。断崖絶壁、峡谷、石柱、洞窟などなど、様々な自然の景観を楽しむことができます。七星寨景区は麓から見ると一つの大きな断崖の山に見えますが、登ってみると大きな石柱がいくつもあります。まずは山の上までゴンドラに乗って登ります。地図を見ると歩いて登るルートもあるようです。ゴンドラを降りた所は山の南西の端。ナニコレ岩山の頂上に来ただけ?みたいな感じです。ここから北東の方向に縦断します。30分ほど歩くと景色が変わってきます。石柱群が見られるのは最後の方です。ちょうど中間地点ぐらいに綺麗なホテルと休憩施設があります。休憩場所は、ここ以外にもいくつか点在しています。また、周辺は無料のWiFiが利用できます。一炷香(一本香)は、恩施大峡谷の...湖北省恩施恩施大峡谷(七星寨景区)

  • 湖北省恩施 恩施大峡谷(雲龍河地縫景区)

    ツアー2日目は恩施大峡谷へ。恩施大峡谷には、雲龍河地縫景区と七星寨景区の2つの風景区があります。恩施市街から恩施大峡谷の距離は約60km。山道なので車で2時間半ほどかかります。渋滞を考慮して朝6時に集合、出発になりました。想像していたより道は綺麗で、片側1車線ずつ2車線の山道を登って行きます。1時間ぐらい走ると断崖絶壁の山々が徐々に近づいてきます。雲龍河地縫景区、七星寨景区ともに入り口は同じです。入り口で景区内を走る専用バスに乗り換えます。(入場料とは別料金です)案の定、物凄い人出で入り口から人が溢れています。まだ朝8時半なのに。。結局専用バスに乗るまで1時間かかりました。午前中は峡谷の雲龍河地縫景区へ。深さは平均75m、幅は15mと細くて深い谷が3.6km続きます。両岸の地質年代が異っており、右岸が1.8~2...湖北省恩施恩施大峡谷(雲龍河地縫景区)

  • 湖北省恩施 利川騰龍洞風景区

    午前中に土家女児城をちょっと覗いて、午後から利川の騰龍洞風景区に行ってきました。恩施市街地から自分の力で遠方へ出かけるにはハードルが高そうだったので、恩施に集合して観光地へ連れて行ってくれるツアーを申し込みました。ツアー1日目は、午後、恩施駅集合にして利川の騰龍洞風景区へ、利川までバスで2時間ほどの旅です。ガイドさんが1人つきますが、現地の観光案内はしてくれません。観光地や食事の場所までバスで連れて行って入場券の手配などをしてくれます。もちろんホテルまで連れて帰ってくれます。ガイドさんは苗(ミャオ)族の方でした。騰龍洞は中国最大規模の洞窟です。主洞の入り口は大きな気球よりまだ大きいです。入り口の高さは72m、幅64mあります。ポスターにはヘリが入り口を飛行する写真が使われています。洞窟の総面積は200万平米ある...湖北省恩施利川騰龍洞風景区

  • 湖北省恩施 土家女児城

    土家女児城は2013年に完成した、土家族の文化を紹介、体験する新しい観光地です。恩施市街地の南の方にあります。観光客を集めるのに成功したようでまだまだ拡張工事中です。食事や買い物がメインの観光施設なので入園料は無料です。こういう場所は好き嫌いが分かれるかと思いますが、観光に来た感が十分味わえるかと。土家族の街を再現した建物や通りなど、ぶらぶらと散策するだけでも楽しめます。民族衣装を着た男たちが担ぐ輿に乗って通りを一回りしたり、民族衣装の貸衣装があったり、結婚写真を撮っている人もいます。ここが最も賑わうのは夜だそうです。夜は周辺も大渋滞になるので、タクシーの運転手はあまり近づきたくないと言っていました。30軒以上のレストラン、もちろん土家族料理の店もあります。40軒ほどある小吃の店など食事のできる店がたくさん。一...湖北省恩施土家女児城

  • 湖北省恩施 土家族郷土料理 巴硒客(ba xi ke)

    恩施に到着したのが18時過ぎ、タクシーの運転手さんに教えてもらった、”辛くない料理”もある土家族料理の店へ食事に行ってみました。巴硒客は、恩施の繁華街のメイン通りからちょっと外れた所にあります。見た目は新しくできた感じのお店です。重慶や成都に近い場所なので、やはり基本的には辛い(麻辣)料理が主体です。無料の突き出しで出て来た前菜はなんだろう、辛いです。野草?と辛味噌のようなもの、大蒜もたくさん使います。手撕包菜9元。唐辛子がたっぷり入っていますが見た目ほど辛くありません。私のビールのおつまみ。番茄炖二高山黄牛肉189元。牛肉のトマト煮込みです。スープはちょっとピリ辛で見た目以上に牛肉が入っています。ジャガイモもたっぷり入ってます。鍋で作った野菜の炊き込みご飯がセットでついてきます。量がすごい。。特に味付けされて...湖北省恩施土家族郷土料理巴硒客(baxike)

  • 湖北省恩施 蘇州から高速鉄道で恩施へ

    労働節の連休を利用して湖北省の恩施へ旅行に出かけてきました。何回かに分けて書きますのでしばらく湖北省の記事が続くことになるかと。日本が令和元年になった5月1日、蘇州駅から動車組(新幹線のこだまみたいな列車)に乗って出発です。恩施までの移動距離は約1200km、乗車時間は列車によって8時間~10時間ほどです。私が乗ったのは重慶北駅行の動車。連休はどこに行くのも満席で、最も停車駅が多く、時間のかかる列車しか切符が取れませんでした。。しかも蘇州駅出発の切符は満席で買えず始発の上海虹橋からの切符を購入。北京や長春など、北の方へ行く高速鉄道は何度も利用しましたが、西の方(内陸の方)に向かうのは初めてです。上海から重慶、成都方面に向かう高速鉄道が完成したのは、たぶん2017年の年末ごろだったかと思います。南京を過ぎて最初の...湖北省恩施蘇州から高速鉄道で恩施へ

  • 長春 長春龍嘉国際空港T2の建設工事

    長春龍嘉国際空港T2の建設工事が始まったのは2015年の10月。1年後にはその大きさがざっくり分かるようになりました。2016年の12月~2017年1月頃の様子。どうやら屋根は両端から順に作って中央で繋げるようです。長春の冬が寒さが厳しいので冬の間は工事が進みません。地面も凍ります。地面の囲いの部分はT1~T2間の連絡道路の基礎部分です。T1から見えるT2の端は遥か遥か彼方。2025年には年間旅客数1600万人となる見込みで設計されているそうです。春になって17年の5月には屋根の部分がほぼ完成。T1との連結部分の工事に着手しています。6月頃からT1の出発階(2階部分)に通じる道を仮設通路付け替えて、新たにT1とT2を繋ぐ道路の建設工事が始まりました。10月には龍嘉駅などに繋がる地下工事の進み具合も分かるように。...長春長春龍嘉国際空港T2の建設工事

  • 蘇州 孫武文化園

    孫武文化園は穹窿山風景区の中にあります。孫子兵法を題材にした有料の公園です。入り口の大きな門をくぐるとすぐにこちらも大きな池があります。天気(空気)さえよければもっと綺麗な景色だと思うのですが。。池の対岸に兵学朝聖区というエリアがあって、孫子をテーマにした建物が並びます。とにかく一つ一つの建物が大きいです。建物の間には所々庭や池が造られていて散策できるようになっています。綺麗にしてあるので天気の良い日にお出かけすると気持ちよさげです。建物それぞれに分類があって兵法の解説や武具などの展示物があります。私は分類など理解できていないのですが、孫子について詳しい方ならお分かりになるかと。世界的に有名な孫子(孫武兵法)は、13編からなる戦略などが記された書物で、英語、フランス語、ドイツ語、日本語などに翻訳されています。孫...蘇州孫武文化園

  • 上海 2019年上海モーターショー

    今年の上海モーターショー開催期間は4月16日~25日まで、16~19日までは招待客のみ、一般公開は20日からでした。中国最大規模の北京モーターショーと上海モーターショーは、1年交代で開催され、2019年は上海の番です。自動車会社ブースでは、やはり新型EV(電気自動車)をアピール。それはそれとして、すぐに買ってほしい車もずらりと並びます。もちろん日系各社も揃って出展しています。今年で第18回目となる上海モーターショーの会場は、上海虹橋空港や虹橋駅に近い上海国家会展中心。会場設営はだいたい2日前ぐらいから始まるので、1日前の朝はまだまだ廃墟状態。。それでも午後になるとほぼ形ができあがってきます。まあ、多くのブースがここから追い込みで徹夜するんでしょうけど。近年、モーターショーに出展するIT企業も増えています。今年は...上海2019年上海モーターショー

  • 長春 長春龍嘉国際空港のターミナル2

    地方の小さな空港だった龍嘉空港にも新ターミナルができました。ターミナル2の総建築面積は12.8万平米で、ターミナル1の2倍以上の広さです。正式運用を開始したのは半年ほど前、昨年の10月28日です。ものすごく大きくて長い建物です。東西方向に650m、南北方向には400mあるそうです。建設工事が始まったのが2015年、約3年がかりで完成しました。ターミナル1と2は、建物の中、外両方で繋がっています。南方航空と国際線を除く全ての国内線がターミナル2に引っ越ししました。現在運用されているチェックインカウンターはA,B,Cの3島です。新しいだけあってとても綺麗です。出発ロビーにある商店や飲食店は小さな商店街みたいな感じ。チェックインカウンターの東の端にも何軒か飲食店があります。(たいしたことはないのに値段だけはご立派な)...長春長春龍嘉国際空港のターミナル2

カテゴリー一覧
商用