住所
-
出身
-
ハンドル名
小路てくてくさん
ブログタイトル
まがりかどの先に
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/meikyuryojin
ブログ紹介文
まがりかどの先にはきっと良いことがあると信じ、目の前の人生の小路をてくてく歩き続ける雑記です。
自由文
更新頻度(1年)

29回 / 1582日(平均0.1回/週)

ブログ村参加:2014/09/25

小路てくてくさんの人気ランキング

?
  • IN
  • OUT
  • PV
今日 01/22 01/21 01/20 01/19 01/18 01/17 全参加数
総合ランキング(IN) 23559 23628 21597 21529 18230 16942 17385 946554サイト
INポイント 20 10 10 0 10 10 10 70/週
OUTポイント 10 10 40 60 20 50 60 250/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
シニア日記ブログ 481 472 474 476 433 425 433 3164サイト
60歳代 0 0 0 0 0 0 0 848サイト
ライフスタイルブログ 1252 1260 1132 1128 968 934 959 64941サイト
田舎暮らし 53 52 50 49 42 38 41 2262サイト
今日 01/22 01/21 01/20 01/19 01/18 01/17 全参加数
総合ランキング(OUT) 28146 25401 24328 24034 23156 22369 23434 946554サイト
INポイント 20 10 10 0 10 10 10 70/週
OUTポイント 10 10 40 60 20 50 60 250/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
シニア日記ブログ 608 579 582 580 574 570 583 3164サイト
60歳代 0 0 0 0 0 0 0 848サイト
ライフスタイルブログ 1757 1614 1540 1549 1498 1446 1505 64941サイト
田舎暮らし 62 54 50 50 49 49 50 2262サイト
今日 01/22 01/21 01/20 01/19 01/18 01/17 全参加数
総合ランキング(PV) 0 0 0 0 0 0 0 946554サイト
INポイント 20 10 10 0 10 10 10 70/週
OUTポイント 10 10 40 60 20 50 60 250/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
シニア日記ブログ 0 0 0 0 0 0 0 3164サイト
60歳代 0 0 0 0 0 0 0 848サイト
ライフスタイルブログ 0 0 0 0 0 0 0 64941サイト
田舎暮らし 0 0 0 0 0 0 0 2262サイト

小路てくてくさんのブログ記事

?
  • 刺激的

    田舎で若い社長さんが立ち上げた警備会社にご縁があり、アルバイトをすることになった。定年制はなく、60歳をこえてもウエルカムの業界であること。今続けているバイトをベースとして、時間があるときは週1日からでも、自分の方の希望で働けること。田舎中心の現場なので年間を通じては仕事が切れることもあるようだけれど、通勤時間がかからないだろうというのが決め手になった。土木現場も交通誘導も初めて。もちろん警備関係の仕事も全くしたことがないが、四日間の研修中、社長が現場実習を主に座学をおりまぜ、とても親切に教えてくれた。そして、昨日がどきどきのひとり現場デビュー。朝少し早く現場に行き周辺を下見。8時からいくつかの土木会社の合同のミーティングに参加。数年ぶりのSKYTの掛け声に背筋が伸びた。おっ、働いている感じ!と刺激的。生れて始...刺激的

  • 考えようで

    新年になりこれといったこともなく過ぎてきたが、今日はいろいろ起こった。カミさんが朝の通勤途上で後続の車に追突され、車が大破。身体には今のところ異常がないようで、さすがに今日はさっき帰ってきた。車は直せるものなら直して乗ればいいし、ダメならまた買えばいい。その程度のものだ。あと数ヵ月で定年というところまで仕事に拘ってきての交通事故。考えようだけれど、車が身を守ってくれたと思えば、有難いことである。シルバーバイトから帰ってみると、同居している子3号が職場からインフルエンザを貰ったようで早退して寝込んでいた。職場で具合が悪くなり、早退して受診したようで、早期にインフルエンザだとわかったらしい。当人はしばらく大変だけれど、無理して休養もせず仕事を続け、他へ感染させまくることを思えば、これも考えよう。いい判断だった。明日...考えようで

  • ローファー逝く

    普通に会社勤めをしていたとき仕事履きで使っていた靴、これが今ある唯一の革靴。ちなみに安物の合皮のローファーである。冠婚葬祭などの正式な場では紐靴というのが礼儀らしいが、元来チャランポランタンなので、そういうことも最近知った。無所属となった後、革靴を履く機会は冠婚葬祭のうち、葬祭ばかりで、それでも年に3~4度はちょっと履きで使ってきただろうか。これが先日の葬儀中どうも履きごごちが変だと思ったら、底がぱっかり割れていた。愛用のローファーもとうとう逝ってしまった。5年くらい前に買ったものだから、当然の経年劣化ではあるけれど、ちと寂寞感あり。実は今回の葬儀で、手入れをせずクローゼットに放置してあった皮の防寒着も使おうとおもったらボロボロ。昔仕事で使っていたカバンなども修復不能なほど見るかげもないことに気づいた。トホホで...ローファー逝く

  • 千葉県堺がみえてきた

    『バーチャル日本一周歩こうかい』のウォーキングマップで、いよいよ一周目のゴール、千葉が見えてきた。今日歩いて、8,886km/8,955km(99%)。残すところ69kmである。このところ用事が多く距離を稼げないので、たぶん、一周目のゴールは2月上旬になるかな。歩き始めたころは、生活歩行をいれて一日1~2kmしか歩けなかった。だから5年計画、東京オリンピックに合わせてゴールをするなどとひとり妄想していたが、1年以上早く達成できそうだ。歳相応に体のあちこちが壊れてきているのは仕方がないとして、積極的なウォーキング習慣で、体力はずいぶん戻ってきたと感じている。バーチャルではあるけれど、もうじき歩いて日本一周ができそうだと思うとちょっと嬉しい。無所属になって一番の大仕事である(笑)。============<今日は何...千葉県堺がみえてきた

  • たくさんの人におくられて

    昨夜、そして今日で、いとこの息子さんのお通夜、お葬儀が終わった。死んだばあちゃん(私の母)の実家の話で、子供の頃は、お盆、お正月、お祭りなど節目にはそのお宅に行った思い出がある。ばあちゃんにすれば自分の育った家で、一番ゆったりできる場所だったのだろう。古いドラマのような話だけれど、ばあちゃんは娘時代に最初嫁いだ相手が太平洋戦争で持っていかれ、今でいえば、バツイチ。きっと気持ちの上で辛いこともあったのだろう。よく泊ってきた記憶もある。そしてその家には、ばあちゃんの兄弟姉妹いつもより集まって、必然、その子(私世代)もつながりができた。だから今回のいとこの息子さんの件は、いとこ夫婦の気持ちを思うとわが事のようにショックである。あまり調子のよくないハートの動悸がとまらない。昨夜のお通夜は、公務員系の家系ということもあり...たくさんの人におくられて

  • 棒ふり練習

    交通誘導のアルバイト研修二日目。少しの時間だったが、道路で合図の棒振り、無線の使用方法についての実習があった。動作は単純だったけれど、車を止める間というか、タイミングはなかなか難しい。この辺りは場数を踏んで覚えていく仕事なのだろう。通行止めでポツンと単独で立っているのは、たぶんかなりの長時間でも大丈夫だと思うが、人間関係不得手のジイサンマンなので、今日のように相方と連携しながらの作業は慣れるまで相当時間がかかりそう。いや、ずっと慣れないかもしれない(笑)。無線で「トイレにいってきたいんですけど」という声が聞こえ、一人の警備員さんが近くのコンビニに駆け込んだ。しばらくして、「腹の調子が悪くてもらしそうっだ」と苦笑いしながら帰ってきた。この仕事、トイレ事情もそうとう厳しいようだ。今日の現場の方たちは、田舎のおっちゃ...棒ふり練習

  • 先細り感

    総務省統計局は2018年12月31日、2019年1月1日現在における「亥(い)年生まれ」の人口と「新成人」の人口の推計データを発表した。亥(い)年生まれの人口は1055万人、新成人の人口は125万人との推計となり、新成人の数は去年2017年と比べると2万人の増加となったとか。また昨年に続き9年連続で総人口に占める新成人の割合が1%を割り込むことも確認されている。**に比べ++増加と「人口はそんなに減ってませんよ」的な表現がいかにも政府の広報らしい。今年のハタチは、20年前に生まれた赤ちゃんたちだ。その数に増えた減ったのコメントをつけても耳障りのいい話でしかないけど。さて、今日は成人の日。ハタチになった若い人には、ほんとうにおめでとう!と言いたい。祖父母や父母へ感謝なんてまだする必要もないし、それを実感する場面は...先細り感

  • まさかの坂

    今朝いとこの息子さんが亡くなったという知らせが入り、カミさんと急ぎ弔問に行ってきた。二十代でお嫁さんをもらい、子供にも恵まれその子たちももう二十歳前後に、仕事でも働き盛り。今年の元旦も、年賀状を書きながら、明るい家庭のお父さんとして元気でやっているんだろうなぁと思っていた矢先の訃報になった。四十代半ば。どうにもならない病に侵され、入院、手術等薬石の甲斐なく終わってしまったようだ。若すぎる。自分の通ってきた時間軸を振り返っても、四十代は一番面白く、充実した時間だった。本当に残念だ。多少の闘病期間があったようでその間に気持ちの整理ができたのか、いとこ夫婦は淡々としていたが、言葉の端々に無念さは伝わってきた。当然のことだけれど、残された奥様と子たちの落胆にはかける言葉もなかった。人生には、上り坂、下り坂、そしてもう一...まさかの坂

  • これはいいかも!メガネルーペ

    強度の近視に乱視、そして歳と共にいつしか老眼に。眼の変化には、遠近、中近、近近の老眼用のメガネの助けを借りてなんとか人並みの生活をしている。眼科のドクター、眼鏡技師さんに恵まれているが、メガネというツールはほんとうに有難いと思う。どのメガネも極端に強く作っていないので、文庫本や新聞を読む程度は問題ないが、ものすごく細かいものを見るときはちょっと見えない。ここ数年はKenko社製のルーペも使っている。これで大体のことは不自由しないのだけれど、困るのが細かい部分を確認しながら両手を使う作業のときである。面白がって作り、毎日ラジオ深夜便で数時間実用しているゲルマラジオだが、ときどきハンダが剥がれてしまったり、断線して聞こえなくなる。この修理時には、ハンダ付にしてもテスターにしても、細かい部分を見ながら両手を使いたい。...これはいいかも!メガネルーペ

  • 追加の仕事

    4月以降少し時間があきそうなので追加の仕事を探してきたが、今日から小さな警備会社でアルバイトを始めた。週1~2日できる仕事を探してきたが、自宅からの通勤負担が少なく、こちらの都合の良い時に使ってくれる職場はなかなか見つからなかった。定期的に時間を過ごせる仕事であればよかったので、ボランティアも視野に入れたが、田舎ではそれもなかなかない。医師とか、弁護士とか、社会的に認められた資格があれば自分の都合のよい時間でボランティアというのも十分可能なのかもしれないが、持っている資格は組織の中にいてこそ役に立つものばかりで、今やなんの足しにもならないものばかりである。アルバイトで雇ってくれることになった警備会社は、地元の土木会社の工事の交通誘導等が中心で、仕事量も年度末までがピーク、4、5月はガクンとなくなるらしい。常用で...追加の仕事

  • 第四コーナー

    Dropboxの設立者ドリュー・ヒューストンさんの「人生のコツ」の記事をたまたま読んだ。それは「テニスボール、サークル、30,000」の3つだという。「犬がテニスボールを追いかける姿」、あのように夢中になれる事にであうこと。<法>常に自分に刺激を与えてくれるサークル(人の輪)。<僧>そして、「人生は30,000日しかない」ということを認識し、完璧な人生より、大冒険の人生にしましょう!ということだという。<仏>自分に当てはめれば、何一つツボにはまっていない。気がつけば、人生の第四コーナーをとぼとぼ歩いている。ただただ漫然と過ぎてしまった21,000日あまりの空しい日々ではあるが、気づきに遅いということはないだろう。いつだって、気付いたらなおせばいい。残された時間はわずか9,000日しかないが、これを日々是好日と生...第四コーナー

  • いだてん

    昨日から今年の大河ドラマ『いだてん』が始まった。明治の始めから現代が舞台となるようで、第1話はとても新鮮な気持ちで楽しんだ。嘉納治五郎とのからみで、加納久宜(かのうひさよし)が日本体育会会長の肩書で登場してきた。嘉納の「かのうはかのうでも、わたしとあなたは違う!」的なセリフで、新旧の旧の方の代表のような感じだったのだけれど、加納久宜って、あの?と思い調べてみたら、やはり2020年のオリンピックでサーフィンの会場になる上総一宮に幕末にあった一宮藩の藩主だった人である。加納久宜(かのうひさよし)出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』明治45(1912)年には中央の大臣就任が要望されたが、地元一宮町民の熱望により一宮町長に就任。現在も町を見下ろす城山に分骨を納めた「加納久宜公の墓」が残っている。...いだてん

  • Skype電話を使ってみた

    昨年あたりから地域の役仕事が入ってくるようになった。今年も既に打診があり、少しずつ引き継ぎが始まっている。地域の役仕事は年齢順等で回ってくるからある意味公平だけれど、回ってきたら病気等特段の事情がなければ受けざるを得ない。田舎の持ち回り仕事である。役員になるとどうしても電話での連絡等が多くなる。基本ボランティアだから、ここは必要性を満たしたうえでできるだけ安く済ませたい。普段の生活では月に1度音声電話を使うかどうかだから、携帯電話の契約には通話プランが入っていない。OCN電話で1分20円程度で安く利用できるが、Skype電話(有料サービス)を使うと音声品質も比較的よく、更に安く利用できるようなので、さっそく登録して使ってみた。今時はクレジットカードやネット決済でオンラインで支払っていく方法が一般的なのかもしれな...Skype電話を使ってみた

  • シルバーバイトも今日から

    ずっとサービス業だったから年末年始は忙しい毎日で、辞めたらお正月くらいゆっくり過ごしたいとずっと思ってきた。ここ数年の年末年始はそうとうゆったり過ごしているけれど、「つかってもらっている」シルバーバイトは、所詮現職の人たちの休暇要員。実は昨日からシフトを振られたがさずがに「・・・」の難色を示し断った。世間並みに「本年の初出勤は7日から」と言いたいところだが、相当若い人は楽しい時間もあるのだろう、子育て世代は家庭時間は大切だ。そんなのがみな済んじゃったジイサンマンがここはひとはだ脱ぐしかない(笑)。で、今日から北風ピューピューの中、公園清掃の仕事に行ってきた。思いやヨシ!でも、寒かったなぁ。56歳で、最低限の生活費の目論見は立てて早々に戦線離脱して今に至る。今の実感は食うには困らないけれど、生活にはきゅうくつだ!...シルバーバイトも今日から

  • ワンコ先生のお正月

    クリスマスカードの取り組みがこうををそうしたようで、昨年新生活を始めた子1号とツレが、子2号に声をかけてくれ、連れ立って年始に来てくれた。カミさんは、忙しくてやだわ、モー、モーと牛のような声を出しながらも嬉しそう。ワンコ先生もみんなが車を降りたときから大喜びである。めったにこないのに、どうして覚えているんだろう?子1号はクリスマスカードを真に受けて、リボンを付けたジャーキーを持ってきた。帰り際にみんなに遊んでもらい、ジャーキーももらったワンコ先生はもうご機嫌である。少しの間だったけれど、ワンコ先生には至福に時間だったのかも、と思う。カミさんが車で駅に送っていったあとのワンコ先生の目は笑っていた。明日はどうなるかわからない毎日だけど、今日は楽しかった。ワンコ先生のお正月

  • 小さな宝ものが増えた

    関東ふれあいの道(千葉)ひとりウォークを終えて、昨年末千葉県に申請した踏破証とバッジが届いた。掌に乗る名刺大の小さな紙片とバッジだけれど、歩き通せた自分へのご褒美として、ちょっと誇らしくもある。今までの駅間ウォークも完了の都度思い出の画像をA4大にまとめて自分だけの踏破証をつくってきた。今回も画像を整理しながら作ってみよう。そして、百均の額に入れてこの踏破証とバッジを添えてながめよう(笑)。とても安上がりな自己中心で自己満足いっぱいの時間である。ひとりで喜んでひとりで満足しているだけだからだれにも迷惑をかけないし、これが結構楽しい。============<今日は何の日>今日は、『初め』の日です。初夢、初売り、初荷、初仕事、書初め・・・。今日から新年スタートですね。小さな宝ものが増えた

  • バーチャルウォーク2018年雑感

    12月の『バーチャル日本一周歩こうかい』の実績をCalcで集計した。2017年は北海道でその広さに圧倒されたが、2018年6月に本州に戻ってからの太平洋側の各県は気分的にも進みが良かった。そして、2018年末の到達点は群馬県前橋市である。1回目のバーチャル日本一周のゴールまであと距離にして160Kmあまり、1月~2月上旬には達成できそうだ。健康ウォークは無理をしてもしかたがないが、還暦をこえた体は自然と衰える。意識して動かなければ、どんどん凹む。今年も『バーチャル日本一周歩こうかい』、『駅からハイキング』などの助けを借りながら、自分でも新たな駅間ウォークなどを企画して、”地味な運動”ではあるけれど、時間を楽しみながらのウォーキングを続けていこうと思う。バーチャルウォーク2018年雑感

  • 年賀状作りから

    今年はお天気も良く、静かなお正月が訪れた。昨年の今頃は年末の作業中にぎっくり腰に見舞われ、辛い時間を過ごしながらの新年だったが、今年は体調もよい。なによりだと思う。早々に郵便屋さんが年賀はがきを届けてくれた。早期退職以来、年賀状を頂いた方に元旦に近況報告を兼ねてご挨拶状を書くことにし、できるだけ枚数を減らしてきたが、それでも50枚あまりのはがきが届いた。組織を離れ無所属となった今も多少なりとも気にかけてくれる方々がいるということは、思えばほんとうに有難いことではある。ちょっと寒いけれど(笑)、これから自転車をひっぱり出してコンビニまで走り、はがきを買って、今年も年始のご挨拶から一年をスタートである。============<今日は何の日>謹賀新年幸多き年となりますように年賀状作りから

  • カミさんの進路

    カミさんにお小遣いをもらって暮らしているわけではないけれど、元気にどんどん外で働いてくれるので、私はきちんとした定職も持たず、適当に少し働いて昼間っから一杯飲んで楽しくやっていける。落語の中のような話だが、カミさん元気で留守がいい。カミさんは、二十歳で就職し40年。一つの組織で最後までよく頑張ったけれど、いよいよ来年の3月末で定年を迎える。若い頃から仕事に軸足を置いた勝気な人で、母親としては、妻としてはどうだったんだろうとの思いはあるけれど、亡くなった母が家事・育児の大半を受け持ち、体力気力の失速してきたここ数年は私も家事負担では多少は助けになったのではと思っている。私自身も父を早くに亡くしたので、祖母に育てられた。母親はいつも働いていた。カミさんは、母と同じ匂いのする女性なんだろうと思う。そしてもうじき201...カミさんの進路

  • ねこはねこでも

    いよいよ室内温度が10℃を切るようになってきた。温暖な房総でも暖房の季節だ。朝晩は石油温風ヒーターやエアコン、電気こたつを使って暖房をするにしても、日中一人でいるときに部屋中を暖めるのは非効率だし、かといって一日中布団にもぐっているというのも不健康極まりない。この数年でいろいろ試してきたが、Ouchijinの一人のときの究極のローコスト防寒対策は重ね着である。そして動くこと。昭和の中頃までのじいちゃんばあちゃんは、ラクダの肌着に股引は定番で、その上にとりあえずあるものを着こんで、綿入れの半纏、どてら。恰好は悪いけれど、石油温風ヒーターやエアコン、電気こたつのない時代もそれで平気で生きていた。今どきどてらを着こんで石川五右衛門のような格好で畑仕事はさすがにできないけれど、重ね着インナーになる『南木曽ねこ』という綿...ねこはねこでも

  • 今年も門松もどき

    今年もあとわずか。昨年購入した松などが枯れることなく1年を経過したので、新しく葉牡丹などを買い足して、簡単な寄せ植え門松(もどき)を作ってみた。昨年の作品(『葉牡丹で門松』2017年12月24日|日記)は、寄せ植えとして売っていた鉢に竹を加えただけだったけれど、今年は素材集めから少し時間をかけた。出来栄えはイマイチだけれど、考えたり、作ったりしている時間はほんとうに楽しい。室内の神棚、外の稲荷さまに簡単な正月飾りを取り付けて、氏神様の役員さんが届けてくれた新しいお札に入れ替えた。どれもお金のかかっていない手作り感いっぱいのものばかりだけれど、新年を迎えようというこの気持ちが伝わって、良い年神様がおりてきてくれるといいなぁ。============<今日は何の日>1989(昭和64)年の今日、将棋棋士・羽生善治さ...今年も門松もどき

  • ワンコ先生のクリスマス

    先日ダイソーにお正月の寄せ植えに付ける飾りを物色に行った際、クリスマスの小物が目に留まった。クリスマスに浮かれる歳でもないし、そんな環境ではないのだけれど、ワンコ先生に付けて弄ったら、きっと迷惑がるだろうなぁ(笑)と思い一つ買ってきた。ワンコ先生、被り物は嫌がらないが、カメラを向けるととても迷惑がる。今回もなかなかこっちを向いてくれなかったが、おやつや声掛けで弄りまわしパチリ。外で暮らす子たちへクリスマスカード風に仕立ててメールで送ってあげた。ワンコ先生もはや12歳。人年齢では80歳(?)くらいにはなるのだろうか。年に1、2度しか帰宅しない子たちだが、ちゃんと覚えていて、帰宅時は尻尾がとれそうなほどふって喜んでいる。もうじきお正月、今年は帰ってくるのかなぁ。============<今日は何の日>1988(昭和...ワンコ先生のクリスマス

  • 今日も、よくわかならん

    このところ新聞を読んでいても「よくわからん」ことが多くて困ってしまう。今朝は、郵便貯金の限度額を現行の1300万から2倍の2600万にして、金融機関の少ない田舎部の利便性を高めるのだというような記事に接した。郵便局、農協は確かに字田舎で暮らす高齢者などには大切な金融窓口ではあるけれど、貯金の積み立て限度額を大きくすると利用者に便利に・有利になるの?貯金がそんなにない人には、関係なさそうな気がする。何か別の思惑が郵貯にあるのかなぁ?字田舎にはもともとのお金持ちの人も確かにいるけれど、仕事は少ないから就労人口は都市に比べれば全然少ない。郵貯は、この増えた1300万円をどこから持ってこようと考えているんだろう?田舎の街には、融資などを通じて地域を支える街の金融機関、信用組合などがあるし、県には千葉県エリアの金融を支え...今日も、よくわかならん

  • 耳障りはいいけれど、よくわかんない

    報道されている消費税増税関連のニュース、耳障りはいいけれど、よくわかんない!クレカなどの電子決済で数パーセント割り戻すとか、普通車の自動車税を引き下げるとか、住宅減税とか・・・。国の会計にお金がたらないから増税する、これは解る。減税をするなら、そもそも増税する必要はないのではないか。消費税は、一見公平感があるが、収入に対する税負担という点ではとてもつらい税制だと思う。収入が低ければ、その全部は消費に回るので全額が消費税の対象になる。一方で、1000万円もある人ならば、7割使っても、残りは蓄えに回る。収入に対する負担率は、(700万円×8%)/1000万円=5.6%収入がある人ほど豊かに、低い人ほど辛くなっていくようにも思える。国の運営にお金は必用で、たらなければ増税したらいい。でも、有効に使ってほしい。消費税を...耳障りはいいけれど、よくわかんない

  • お釜の修理

    炊飯器破壊!(2018年12月09日|道具弄りの日々)でヨドバシさんに発注した部品が届いた。(お釜の蓋の内側になる部分)(お釜の蓋の外側になる部分)ある程度分解・組み立てる必要があるのかと思っていたが、ASSYでぱかっと交換すれば良さそうである。壊れた本体の画像赤矢印あたりをよく見ると、汚れの下に「上に押す」という表示が(゚Д゚)。ここをスライドさせたら、ぱかっとはずれたヽ(^o^)丿。ちなみに、赤丸部分が今回破損してしまったプラスチック部品。これ以前も一度割れたが、そのときは購入店へ持ち込んで破損した部品だけ交換したように思う。簡単にはずせたものの、購入以来の開かずの内蓋である。内側はトホホなほど汚れていたので掃除をしてさっぱり。パコっと、新品の内蓋をはめ込んでお釜、復活!である。カミさんはここ数日「なんかと...お釜の修理

  • 関東ふれあいのみち(千葉26)ひとりウォーク(その2)

    観月台を下りて舗装道路を案内にしたがい歩くとヒカリモ発生地という洞窟があった。残念ながら、光ってはいなかったけれど。富津館山自動車道高架下から山道に分岐。再び案内板があった。この先からは、荒れてはいるが石畳のような道が続き、ワダチのようなくぼみが続いていた。石は苔むし、雨上がりの木々からさしこむ陽射しは幻想的だった。これはすごいとひとり観賞に浸っていると、元気な笑い声が山の空気に響いてきた。この辺りで20代前半の二人組の山ガールが追い抜いて行った。彼女たちの足取りの軽さに、歳だなぁと現実を感じつつ、挨拶をすると、気さくな娘たちで少し世間話。「山はいいですねぇ、頑張って歩いてくださいね!」と激励され苦笑い。石切り場の急階段に向かう手前にベンチがあり、車力道の解説看板があった。先を急ぐこともないので、ここで休憩し持...関東ふれあいのみち(千葉26)ひとりウォーク(その2)

  • 関東ふれあいのみち(千葉26)ひとりウォーク(その1)

    千葉26東京湾を望むみちは、JR内房線浜金谷駅から金谷の街並みを抜け、観月台、展望台、鋸山山頂に登り、以降は尾根つたいに降りて、JR内房線保田駅に至る8.4Kmの登山コースである。遊歩道として整備はされているが、のぼりが多く、少々きついコースだった。ウォーキング当日の朝の天気予報は外れかなり強い雨になったが、日中回復するという予報を信じてでかけた。JR内房線富津駅から乗り込んできた遠足と思われる元気な園児さんたちに車内でパワーをもらいながら、移動計画通り10時3分に浜金谷着。現着時には青空が出てきてまずまずの天候になった(良かったぁ)。跨線橋から鋸山を望むと白く煙っていた。浜金谷駅前には、懐かしい形の郵便ポストが残っていた。ポスト表示を確認したら現役で活躍中である。駅前にあった関東ふれあいの道の案内板を確認して...関東ふれあいのみち(千葉26)ひとりウォーク(その1)

  • 炊飯器破壊!

    昨日は久々にカミさんが自宅にいた。このところ連日遅いので、お疲れのようである。「鬼のいる間は、近づかず!」(笑)こちらはできるだけ外で過ごしていた。夕方の事、珍しくご飯が炊けている!が、炊飯器の脇にはなにやら見慣れないプラスチック部品が(゚Д゚)。内蓋の掃除をしてくれたようだが、部品を力まかせに外したようで、古くなり劣化した部分が見事にオス、メスとも破損していた。無残なり!(笑)わが家の炊飯器は東芝RC-18MY-SS(販売開始日:2006/09/20)というすでに生産中止の旧型で、購入時期はいまや定かではないが、かれこれ10年選手であろうと思う。これまでに、一度今回壊れた内蓋部品のオス側が割れて交換修理に出した記憶があるが、今回は少々重症である。丸ごと買い替えてもいい時期ではあるけれど、昨今のわが家のご飯人は...炊飯器破壊!

  • 久しぶりに怪しいメールが届いた

    nshimadaというアカウントから「あなたのパスワードが侵害されました」という怪しいメールが届いた。詐欺っぽいメールは過去にも何度か届いたことがあるけれど、今回のようにビットコインで$555払えと要求してきたものは初めてである。この手のメールの話は聞いていたけれど、実際届いて読んでみると、心当たりがある場合は不安になるかもしれない。以下に全文を掲載。この手のメールは心当たりがあっても無視!でいいと思う。ちなみに、本文に記載のあるパスワードは使っていないので、nshimadaさんのマルウェアは壊れるいるのかも。このパスワード、私んじゃない!友人、同僚、親戚の連絡先は、PCには保存していないし、古いPCばかりなのでカメラはついていない。PC内のデータはあれば便利だけれど、なくても困らない。ロックされても困らない。...久しぶりに怪しいメールが届いた