searchカテゴリー選択
chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

佐原 聖二さんのプロフィール

住所
南区
出身
未設定

自由文未設定

フォロー

ブログリーダー」を活用して、佐原 聖二さんをフォローしませんか?

ハンドル名
佐原 聖二さん
ブログタイトル
週刊 昔のバックパッカ―
フォロー
週刊 昔のバックパッカ―

佐原 聖二さんの新着記事

1件〜30件

  • 319:鬼滅の刃の女性キャラを「役割語」で斬る(お遊び) 2021年9月

     胡蝶しのぶは敵にも「です」、「ます」を使って話す。「わぁ凄いですね・・・」と鬼に話しかけた後、「こんばんは、今日は月がきれいですね。」と挨拶をしている。注①…

  • 318:『デス・ゾーン』河野啓、集英社、を読んで 2021年9月

     疑問符がつく登山家、栗城史多を扱ったノンフィクションだ。 栗城は「単独無酸素での七大陸最高峰登頂」を掲げエベレストに挑戦していた。エベレストには8回登りに行…

  • 317:『「非モテ」からはじめる男性学』西井開、〈集英社新書〉集英社、を読んで 2021年9月

     「非モテ」男性はモテないから苦しいのか。 西井開は本人も参加している「非モテ」男性が語り合うグループ、「非モテ研」での語りを中心に分析をする。参加者には“未…

  • 316:『心はどこへ消えた?』東畑開人、文藝春秋、を読んで

     そうか、心の時代って終わっていたのか。 1995年に心の時代が終わり始めたと、臨床心理士である著者、東畑開人は述べている。以下は本書の序文の要約だ。 心の時…

  • 315:『学校ってなんだ!-日本の教育はなぜ息苦しいのか』〈講談社現代新書〉講談社、を読んで

     ブラック校則は大した問題ではない。 校則問題にこだわっていた鴻上尚史に対談相手の工藤勇一は答えた。白い靴下以外禁止が、他の色も可となったところでどれほどのも…

  • 314:対話交流型の日本語教室とは 2021年9月

     対話交流型は必要に迫られ出てきた。 日本語学校などで広く使われている教科書は、初級終了までに200時間くらいを想定している。1日、45分を4コマ、月から金ま…

  • 313:『機龍警察-白骨街道』月村了衛、早川書房、を読んで

     機龍警察シリーズの第6弾だ。 文庫版が出るまで待てず、ハードカバーで買ってしまった。注① 全長3,5メートル以上の二足歩行軍用兵器、機甲兵装がテロや犯罪に使…

  • 312:『言語学バーリ・トゥード-Round1 AIは「絶対に押すなよ」を理解できるか』を読んで

     サブタイトルからして、AIは「絶対に押すなよ」を理解できるか、だ。 妻は即座に何のことだか分かったらしいが、私は本文を読むまでピンとこなかった。ダチョウ俱楽…

  • 311:『サボる哲学-労働の未来から逃散せよ』栗原康、岩波新書、を読んで 2021年8月

     大学を卒業したら大学院にいくつもりだ。 50過ぎの親父が無職。その後ろめたさを『サボる哲学』が吹き飛ばしてくれた。著者の栗原康はアナキズムの研究者だ。   …

  • 310 オリンピック関連の今日のニュース 2021年8月

     「メダル獲得にノーパン効果?」 2021年8月21日、中日新聞の朝刊にあった。卓球の水谷選手は下着をはかずに試合に出る。ノーパンは効果があるのかとの問いだ。…

  • 309:教育実習前 2021年4月

     模擬授業を見た。 教育実習事前授業の講義のときだ。4人の女子大生が15分ずつ授業をする。授業後は全員でフィードバックをした。上手い、下手はどうでもいい。とに…

  • 308:挙動不審 2021年4月

     息子におはようと言っても無視される。 たまに「ああ」とか「うう」とか面倒くさそうな返事があるだけだ。小学校の挨拶運動には張り切って参加しているらしい。 「お…

  • 307:使えない 2021年4月

     教員採用試験の過去問を見た。 専門教養の中学英語の1問目にこんな問題がある。学習指導要領の第2章第9節外国語第1目標からの出題だ。 外国語コミュニケーション…

  • 306:ブレない男 2021年4月

     犬がいないとおばから電話があった。 最近母の紹介で飼い始めた5歳のトイプードルだ。外に出て行ったまま戻らないという。父と母が探すのを手伝いに行く。16時頃母…

  • 305:名字 2021年3月

     シン・エヴァンゲリオンを見る準備をする。 テレビ版はよく分からなかった。 使徒と呼ばれる物体が次々と攻めてくる。セカンドインパクトという人類の半分が死に、地…

  • 304:無知 2021年3月

     「うざい」「きもい」は何とか分かる。 「まんじ」「きゅんです」も大丈夫だ。ゼミで若者言葉を調べている学生がいる。予備調査のアンケートに答えた。 「だいしてる…

  • 303:良しとする 2021年3月

     1コマ、50分2800円。 浜松市の私立高校、社会科非常勤教師の給料だ。大学出たてでもこれだけもらえる。 1時間2000円。 浜松市の日本語教室の教師の給料…

  • 302:立ち位置 2021年2月

     「このシミは何。」 帰宅した妻に問われた。 「歩海のよだれ、それとも父さんがコーヒーでもこぼしたの。」 昼間日当たりの良い妻の部屋で昼寝をした。 「俺のよだ…

  • 301:かわいい人 2021年2月

     フィリピン人と話した。 オンラインの日本語サロン「いろり」でだ。土曜の夜9時から10時、やさしい日本語で外国人とおしゃべりする。 「初めまして、佐原です、よ…

  • 300:おに 2021年2月

     ドラッグストアに鬼のお面が何枚かあった。 節分豆の隣にだ。市役所の日本語教室で節分をネタに授業をする。導入で使うのに丁度いい。 「無くなり次第終了します。で…

  • 299:お母さん 2021年2月

     毎朝近所の交差点まで息子を送っていく。 徒歩で2分くらいのところだ。小2の息子より年長だと思われる小学生男子2人が、傘をささずに歩いている。忘れたわけではな…

  • 298:テレビ 2021年1月

     パワポに水中に居るズゴックの絵を張った。 ガンダムに出てくる水陸両用モビルスーツだ。英語科教育法で模擬授業をした。 「What club were you …

  • 297:少年よ神話になれ 2021年1月

     ゼミの教授が助言をくれた。 「他の作品と比較すると主張が明確になる。」 ガンダム神話の卒論だ。『新世紀エヴァンゲリオン』と比べてみた。 「ガンダム」が第2次…

  • 296:ガンダム世代の神話 2021年1月

     劇場版『機動戦士ガンダム』は神話だ。 このテーマで卒論を書いている。ガンダム世代と呼ばれる購買層があり一大市場を作っている。宇野常寛はガンダムシリーズの最大…

  • 295:カイ・シデン 2021年1月

     カイ・シデンはトリックスターだ。 トリックスターは「二つの世界の中間地帯を跳びまわり、そこに波瀾を巻き起こす」注①。「敵対するグループの両方に属していて、片…

  • 294:キシリアのマスク 2021年1月

     ザビ家の長女キシリアは口元を隠している。 軍隊は男社会だ。『機動戦士ガンダム』は1985年制定の男女雇用機会均等法前に作られた。女性が女性として働くのは難し…

  • 293:ニュータイプと「おたく」 2020年12月

     ニュータイプの物語は恋愛を否定する。 カイとミハル、ミライとスレッガーは互いに好意を持っていた。ミハルもスレッガーも戦死する。アムロが一目惚れをしたマチルダ…

  • ニュータイプと軍人 2020年12月

     ガンダム後半のテーマはニュータイプだ。 「ニュータイプという言葉はご存知でしょう?」注① 劇場版ガンダムでは1作目の終盤のマチルダのセリフの中で初めて出てく…

  • 291:ハモン 2020年12月

     ハモンは軍人ではない。 ランバ・ラルの内縁の妻だ。男ばかりのラルの部隊内で唯一私服を着て作戦行動をとる。自称は「私」で「~かしら」などの女ことばを使う。ラル…

  • 290:フラウ・ボウ 2020年11月

     フラウ・ボウは服が違う。 ミライとセイラも民間人上がりだが軍服だ。フラウは勝手に軍服のデザインを変えそれを着ている。ミライは操舵手、セイラはガンダムやコアブ…

カテゴリー一覧
商用