searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

秋海棠 界さんのプロフィール

住所
川西市
出身
玉名市

幕末に関することなら雑食です。 土佐だけでなく、薩長、会津、幕府、新選組、なんでも好き。 本も好きですが、現地に赴くのも大好きです。 京都龍馬会在籍。京都に比較的近い場所に住んでいますので、京都には月イチで龍馬さんのお墓参りに行っています。

ブログタイトル
+ ゆらゆらゆれる +(備忘録)
ブログURL
http://yurayure.jugem.jp/
ブログ紹介文
小説を書くために調べたことなどを書き留めています。 幕末メイン、主に坂本龍馬、お龍さん関係です。
更新頻度(1年)

20回 / 365日(平均0.4回/週)

ブログ村参加:2014/09/04

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、秋海棠 界さんの読者になりませんか?

ハンドル名
秋海棠 界さん
ブログタイトル
+ ゆらゆらゆれる +(備忘録)
更新頻度
20回 / 365日(平均0.4回/週)
読者になる
+ ゆらゆらゆれる +(備忘録)

秋海棠 界さんの新着記事

1件〜30件

  • 「坂本龍馬の未亡人」シリーズ第10回

    「坂本龍馬の未亡人」シリーズ第10回です。  「家族」というものは、ひととひととの関わり合いの中では特別な位置を占めるものだと私は思っています。  友達などの「他人」には許されないことでも、「家族」では許された

  • 「坂本龍馬の未亡人」シリーズ第9回

    「坂本龍馬の未亡人」シリーズ第9回です。  ここからタイトルが変わり、「阪本龍馬未亡人の近年」となります。なぜタイトルが変更になったのかは分かりません。話も完全に前回からの続きですし。  今回の5月30日付、そして次回5

  • 「坂本龍馬の未亡人」シリーズ第9回

    「坂本龍馬の未亡人」シリーズ第9回です。  ここからタイトルが変わり、「阪本龍馬未亡人の近年」となります。なぜタイトルが変更になったのかは分かりません。話も完全に前回からの続きですし。  今回の5月30日付、そして次回5

  • 「坂本龍馬の未亡人」シリーズ第8回

    「坂本龍馬の未亡人」シリーズ第8回です。   この回で「お針」と「女中」が出てきます。  私はガサツでまったく女らしいことが苦手なのですが、一応針仕事はできるんですよ。母(洋裁職人)の影響か、小さい頃から縫い物

  • 「坂本龍馬の未亡人」シリーズ第7回

    「坂本龍馬の未亡人」シリーズ第7回です。   過去のことを現在から俯瞰している私たちは、まず結果を知っています。坂本龍馬が近江屋で斬られて死んだことも、そこにお龍がいなかったことも歴然とした事実として知ってしまっています

  • 「坂本龍馬の未亡人」シリーズ第6回

    「坂本龍馬の未亡人」シリーズ第6回です。  最近、この前置きがちょっとした近況報告みたいになっているのですが、せっかくの趣味の場に無粋な、と思いつつあとで見返したときに「こんなことを考えてたんだな」と笑い話にできるかもしれないので

  • 「坂本龍馬の未亡人」シリーズ第5回

    「坂本龍馬の未亡人」シリーズ第5回です。  実生活でひとつ問題が起こると次々に問題が起こるのは、そもそも先送りにしているせいじゃないかと思い始めました。まあ、主に自分の体調が悪くて対処しきれないせいなのですが(><。) 

  • 慶応4年4月24日付島村宛長岡謙吉書簡

     故隊長未亡人之儀に付、種種御心頭を掛けられ山本【註・山本洪堂】兄御談判之次第、巨細御申越得と領掌仕候、御多用中御礼申尽くし難く候、然処権平殿申され候条、小子等に於ても御同意に会得仕らず、畢竟坂本家之事小子等に於て痛痒相関せず、殊

  • 「坂本龍馬の未亡人」シリーズ第4回

    「坂本龍馬の未亡人」シリーズ第4回です。  前々回は間違ったままブログをUPしてしまい、読者様からご指摘を受けて修正するという、非常に恥ずかしいことをしでかしました。指摘いただき、本当にありがとうございました。自分のあさはかさやう

  • 慶応3年12月2日三吉慎蔵・印藤聿宛伊藤九三(助太夫)書簡

    差急前略御高免被遊可被下候然者坂本先生石川精之助関直次郎三人京瓦町四条下ル処近新と申候宿江罷在候処去月十五日夜四ツ過キ賊三人入込切殺し逃去り申候由龍先生ハ同夜御果ニて精之助ハ十七日ニ相果直次郎ハ十六日ニ相果申候との事唯今長崎ゟ

  • 2020年05月13日のつぶやき

    21:11 テレビで漢字の書き順やってて、めっちゃ盛り上がった。私と息子氏的にw https://twitter.com/

  • 2020年05月12日のつぶやき

    07:16 RT @busyo3: オンライン講座「坂本龍馬研究最前線」はじめます/第1回「龍馬、登場」/中村武生/本年5月31日(日)午後2時〜4時ごろ/定刻に参加できない方も、終了後、動画を一定期間視聴でき

  • 書簡の日付を考える

     「坂本龍馬の未亡人」シリーズの続きを書こうと思ったのですが、書いていてどうにも自分の中でイマイチ纏めきれていないことがあることに気づきました。説明の中で延々とやってしまうと訳が分からなくなってしまいそうなので、そっちを先にやるべ

  • 「坂本龍馬の未亡人」シリーズ第3回

    「坂本龍馬の未亡人」シリーズ第3回です。  またまたうっかりしてしまったのですが、このシリーズ、初回だけ「坂本」で、以降は「阪本」となっています。シリーズ名としては「坂本」で統一させていただきます。   今回の

  • 「坂本龍馬の未亡人」シリーズ第2回

    「坂本龍馬の未亡人」シリーズ第2回です。  前回書き忘れてしまったのですが、この連載のタイトル、どうやら「さかもとりょうまのびぼうじん」と読むらしいのです。びぼうじん。もともと「びぼうじん」と読むものなんでしょうかね。 

  • 「坂本龍馬の未亡人」シリーズ第1回

     今回から『報知新聞』に掲載された「坂本龍馬の未亡人」シリーズを掲載します。  なぜ「シリーズ」とついているかというと、途中でタイトルが何度か変わるためです。ややこしいので纏めさせていただきます。  前回の終わりに「私の

  • 「坂本龍馬未亡人龍子」最終回

    「坂本龍馬未亡人龍子」、第8回、ついに最終回です。  途中、かなりの期間中断してしまって申し訳なかったです。疫病の流行によって改めて自分がいつどうなるか分からない諸行無常を再認識しました。東京二六新聞の連載はこれが最終回ですが、他

  • 「坂本龍馬未亡人龍子」第7回

    「坂本龍馬未亡人龍子」、第7回です。  前回のエントリでは趣味全開で書かせていただきました。寺田屋事件当日の夜空に関してです。  今の空は、夜でも街の明かりの照り返しで天の川だって殆ど見られません。「月が明るい」という感

  • 「坂本龍馬未亡人龍子」第6回

    「坂本龍馬未亡人龍子」、第6回です。  久し振りに画像を処理せねばならなかったのですが、どうやっていたのかすっかり忘れていました。使っても衰える脳細胞、使わないとますます衰えるばかりです。ここから真面目に脳細胞を鍛えたいです。&n

  • 「坂本龍馬未亡人龍子」第5回

     今回は「坂本龍馬未亡人龍子」、長い間中断してしまいました。お待たせいたしました、第5回です。 年末に大変なことがあり……ちょっとブログのことを考えるような余裕がなくなってしまいました。人生、やれるときにやるべき

  • 龍馬とおさなは本当に「婚約」していたのか?(最終回)

     ついに! 第7回、最終回です。  前回はポンコツ度が酷かったと思います。「どっちやねん!」って自分でもツッコミ入れながら書いてました。結局のところ、書き間違いなのか「婚約」してなかったのか、私にとってはどっちも大事だったりするこ

  • 龍馬とおさなは本当に「婚約」していたのか?(その6)

      第6回です。相当に間隔が開いてしまいました。申し訳ないです。  回を追うごとに、1回にかける時間がどんどん増えていっている気がします。あれやこれやと自分の中で思っていたことを実際に文章にするには、それなりに労力がかか

  • 龍馬とおさなは本当に「婚約」していたのか?(その5)

      第5回です。  確か、この話を書こうと思ったときは1回で終わるつもりだったんですよ。でも、書き始めたら「あ、これ言わなきゃ。あ、これもこれもこれも」となって、どう考えても「1回じゃ無理」ってなって連載にすることにした

  • 龍馬とおさなは本当に「婚約」していたのか?(その4)

     第4回です。  じわじわ本丸に近づいてはいるんですが、どうにも見通しが甘いですね(笑)。前回は「画像なしの文章だけだとボリュームが足らないんじゃないの?」って思いながら書き進めたのですが、なんのなんの、いつもと同じくらいのボリュ

  • 龍馬とおさなは本当に「婚約」していたのか?(その3)

     第3回です。  ありがたくも「続きが楽しみ」「興味深い」とのお声を賜り、「びくびく」が「ひくひく」くらいに落ち着きました(笑)。頭の中ではある程度まとまってはいるのですが、正直何回まで続くのか自分でも分かりません。しばらくおつき

  • 龍馬とおさなは本当に「婚約」していたのか?(その2)

     びくびくしながら、第2回ですw  前回までのあらすじ。 資料1.(おさなを乙女姉さんに紹介した手紙)は文久3年8月14日でいいの? → 文久3年10月14日なら矛盾はないけど、内容的にどうなの? 資料2.の「文久3年秋

  • 龍馬とおさなは本当に「婚約」していたのか?(その1)

     さあ。ずっと考えていたこのネタ。  そろそろ自分の中でもちゃんとまとめないと、と思っていました。  でもなかなか時間が取れない。「時間がない」というのは、往々にしてただの「言い訳」です。そう、このネタ、怖いんです。だっ

  • 「坂本龍馬未亡人龍子」第4回

     今回は「坂本龍馬未亡人龍子」第4回です。  今日は11月15日(新暦)。近江屋事件の日です。龍馬の亡くなった日でありますが、誕生日は確定していませんから今日かどうかは分かりませんよ!(Twitterでは毎年のように叫んでいるネタ

  • 「坂本龍馬未亡人龍子」第3回

     今回は「坂本龍馬未亡人龍子」第3回です。  今日は11月15日(新暦)。近江屋事件の日です。龍馬の亡くなった日でありますが、誕生日は確定していませんから今日かどうかは分かりませんよ!(Twitterでは毎年のように叫んでいるネタ

  • 「坂本龍馬未亡人龍子」第2回

     今回は「坂本龍馬未亡人龍子」第2回です。 『貿易新報』に比べたらツッコミどころがある訳ではないのですが、どうにも解説が増えてしまって。それに、何の話がどの史料にあったか、さっと思い出せなくなってしまって、こういうことは時間を置か

カテゴリー一覧
商用