searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール PROFILE

秋海棠 界さんのプロフィール

住所
川西市
出身
玉名市

幕末に関することなら雑食です。 土佐だけでなく、薩長、会津、幕府、新選組、なんでも好き。 本も好きですが、現地に赴くのも大好きです。 京都龍馬会在籍。京都に比較的近い場所に住んでいますので、京都には月イチで龍馬さんのお墓参りに行っています。

ブログタイトル
+ ゆらゆらゆれる +(備忘録)
ブログURL
http://yurayure.jugem.jp/
ブログ紹介文
小説を書くために調べたことなどを書き留めています。 幕末メイン、主に坂本龍馬、お龍さん関係です。
更新頻度(1年)

26回 / 365日(平均0.5回/週)

ブログ村参加:2014/09/04

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、秋海棠 界さんの読者になりませんか?

ハンドル名
秋海棠 界さん
ブログタイトル
+ ゆらゆらゆれる +(備忘録)
更新頻度
26回 / 365日(平均0.5回/週)
読者になる
+ ゆらゆらゆれる +(備忘録)

秋海棠 界さんの新着記事

1件〜30件

  • 龍馬とおさなは本当に「婚約」していたのか?(最終回)

     ついに! 第7回、最終回です。  前回はポンコツ度が酷かったと思います。「どっちやねん!」って自分でもツッコミ入れながら書いてました。結局のところ、書き間違いなのか「婚約」してなかったのか、私にとってはどっちも大事だったりするこ

  • 龍馬とおさなは本当に「婚約」していたのか?(その6)

      第6回です。相当に間隔が開いてしまいました。申し訳ないです。  回を追うごとに、1回にかける時間がどんどん増えていっている気がします。あれやこれやと自分の中で思っていたことを実際に文章にするには、それなりに労力がかか

  • 龍馬とおさなは本当に「婚約」していたのか?(その5)

      第5回です。  確か、この話を書こうと思ったときは1回で終わるつもりだったんですよ。でも、書き始めたら「あ、これ言わなきゃ。あ、これもこれもこれも」となって、どう考えても「1回じゃ無理」ってなって連載にすることにした

  • 龍馬とおさなは本当に「婚約」していたのか?(その4)

     第4回です。  じわじわ本丸に近づいてはいるんですが、どうにも見通しが甘いですね(笑)。前回は「画像なしの文章だけだとボリュームが足らないんじゃないの?」って思いながら書き進めたのですが、なんのなんの、いつもと同じくらいのボリュ

  • 龍馬とおさなは本当に「婚約」していたのか?(その3)

     第3回です。  ありがたくも「続きが楽しみ」「興味深い」とのお声を賜り、「びくびく」が「ひくひく」くらいに落ち着きました(笑)。頭の中ではある程度まとまってはいるのですが、正直何回まで続くのか自分でも分かりません。しばらくおつき

  • 龍馬とおさなは本当に「婚約」していたのか?(その2)

     びくびくしながら、第2回ですw  前回までのあらすじ。 資料1.(おさなを乙女姉さんに紹介した手紙)は文久3年8月14日でいいの? → 文久3年10月14日なら矛盾はないけど、内容的にどうなの? 資料2.の「文久3年秋

  • 龍馬とおさなは本当に「婚約」していたのか?(その1)

     さあ。ずっと考えていたこのネタ。  そろそろ自分の中でもちゃんとまとめないと、と思っていました。  でもなかなか時間が取れない。「時間がない」というのは、往々にしてただの「言い訳」です。そう、このネタ、怖いんです。だっ

  • 「坂本龍馬未亡人龍子」第4回

     今回は「坂本龍馬未亡人龍子」第4回です。  今日は11月15日(新暦)。近江屋事件の日です。龍馬の亡くなった日でありますが、誕生日は確定していませんから今日かどうかは分かりませんよ!(Twitterでは毎年のように叫んでいるネタ

  • 「坂本龍馬未亡人龍子」第3回

     今回は「坂本龍馬未亡人龍子」第3回です。  今日は11月15日(新暦)。近江屋事件の日です。龍馬の亡くなった日でありますが、誕生日は確定していませんから今日かどうかは分かりませんよ!(Twitterでは毎年のように叫んでいるネタ

  • 「坂本龍馬未亡人龍子」第2回

     今回は「坂本龍馬未亡人龍子」第2回です。 『貿易新報』に比べたらツッコミどころがある訳ではないのですが、どうにも解説が増えてしまって。それに、何の話がどの史料にあったか、さっと思い出せなくなってしまって、こういうことは時間を置か

  • 「坂本龍馬未亡人龍子」第1回

      今回から『東京二六新聞』に掲載された「坂本龍馬未亡人龍子」を取り上げてみます。  第1回目だけ、何故かタイトルが「阪本龍馬未亡人龍子」になっています。 「坂本龍馬」は今でこそ「坂本」と表記が統一されています

  • 「坂本龍馬の先妻」最終回

     今回は「坂本龍馬の先妻」14回目、最終回です。  さて、今回で『貿易新報』の連載は終了です。  この回で龍馬の死までいくのか? その後のお龍が語られるのか?  下の方で答え合わせがありますのでお楽しみに!&n

  • 「坂本龍馬の先妻」第13回

     今回は「坂本龍馬の先妻」13回目です。  残り2回となりましたが、時期的に言ったらまだ慶応年間です。  この記事は「坂本龍馬の先妻」について書かれていると思うのですが(そういうタイトルですし)、あとはどうするつもりなん

  • 「坂本龍馬の先妻」第12回

     今回は「坂本龍馬の先妻」12回目です。  あと残り今回含めて3回です。  相変わらずお龍に関してはほぼ「空想」の世界ですね(笑)。本当に「時代の先端を行く女性」をイメージして書かれているのがよく分かります。明治の終わり

  • 「坂本龍馬の先妻」第11回

     今回は「坂本龍馬の先妻」11回目です。  前回からの「霧島山登山・後編」。相変わらずお龍がお転婆すぎてついて行けませんw  まあ、それにも理由があるんじゃないか、ということをつらつらと語っております。 &nb

  • 「坂本龍馬の先妻」第10回

     今回は「坂本龍馬の先妻」10回目です。  いよいよ「霧島山登山・前編」。山に登るまでのイザコザです。お龍の「可愛くなさ」が全開!  これだからおさなさんと差がつくんだよ_ノ乙(、ン、)_  &nbs

  • 「坂本龍馬の先妻」第9回

     今回は「坂本龍馬の先妻」9回目です。  前回、龍馬とお龍が訪れたのが「日高山」と書かれていましたが、今回では「日向山」になっています。読みは「ひゅうがざん」となっていますが、「日当山(ひなたやま)」のことでしょう。  

  • 「坂本龍馬の先妻」第8回

     今回は「坂本龍馬の先妻」8回目です。  前回は2月1日でしたが、なぜか半年ほど休載していたようです。  この回で初めて「瀬戸屋は間違いで寺田屋でした」と修正が入っています。何がきっかけだったのでしょうか。 &

  • 「坂本龍馬の先妻」第7回

     今回は「坂本龍馬の先妻」7回目です。  ここからタイトルが「坂本龍馬の前妻」になりますが、このまま「先妻」で統一します。  まあ何にしても、「先妻」も「前妻」も「現在の妻」に対しての名称なので、お龍を妻としたまま(龍馬

  • 「坂本龍馬の先妻」第6回

     今回は「坂本龍馬の先妻」6回目です。  前回で引きずってた「連れては行けん」が果たしてどうなったのか!? 結果は皆さまご存知でしょうが、そのために1回分を消費するんですけど、そこまでする価値があるのか!?  では、どう

  • 「坂本龍馬の先妻」第5回

     今回は「坂本龍馬の先妻」5回目です。  今回はなぜか分量が多いです。25日に掲載がなかったので、2日分ということなんでしょうか。  そして読めない部分があり、これを探すのに苦労しました。読めないんだから読めないままでも

  • 「坂本龍馬の先妻」第4回

     今回は「坂本龍馬の先妻」4回目です。  細々とツッコミを入れていると何だか自分がクレーマーにでもなったような気がしますが、疑問に思うことは悪いことではないと自分に言い聞かせ……。  

  • 「坂本龍馬の先妻」第3回

     今回は「坂本龍馬の先妻」3回目です。  今回はあまりツッコミどころがなくて寂しいです(笑)。  というか、イメージというものは時代とともに変わってゆくのだなあ、と実感せずにはいられないです。   第

  • 「坂本龍馬の先妻」第2回

      今回は「坂本龍馬の先妻」2回目です。   第2回 明治39年1月22日「坂本龍馬の先妻」(『貿易新聞』3面に掲載) 攘夷鎖港の夢深くして短袴高屐、燕趙悲歌の浪士刀を撫するの時、早くもユニヨンジヤン

  • 乙女の娘の証言

      昨日、ブログをUPしてはっと思い出しました。  そういえば、乙女の娘である「岡上菊栄」の話は書いたっけ?  書いたよな、あれだけいろいろ考えてたんだから、と過去のブログを探ってみたら…&hel

  • 「坂本龍馬の先妻」第1回

     お久し振りにございます。  もうお詫びしたところで毎度のことなので(笑)、とりあえず定期的な更新を心懸け……たいです(小声)。   お龍に関する新聞記事が思いの外あるのはこのブログ

  • 「龍馬と武中與一郎(その1)記事訂正」

    「龍馬と武中與一郎(その1)」で書かせていただいた「西京」の件ですが。この記事の中では「薩摩のことか?」とさせていただいていました。  ふとしたきっかけで「西京って、東京に対しての京都のことじゃないか?」と思い立ち、報知新聞を読み

  • 龍馬と武中與一郎(その3)

      さあ! 今回でこの「龍馬と武中與一郎」は終わる予定ですよ! 上手くいけば拍手ご喝采!  前回までは「與一郎」と「与三郎」が同一人物かどうかは検証していなかったので文脈のまま使っていましたが、同一人物であることは前回の

  • 幕末系本棚(2018.07.09)

     本棚をいつから更新してなかったんだっけ?  と思ってブログを確認して我ながら呆れました。2016年10月が最終更新。  本を買うときに「これ持ってたっけ?」で確認のために書いているはずなのに、何の参考にもなっていません

  • カレーのこだわり、なんかある?

    カレーのこだわり、なんかある?  う〜ん。  こだわりというか、ちょっと変わったものは入れてるかもですね。  まずは野菜&果物のジュース。長時間煮込んだ感じになるかと思って。  あと、かぼちゃポタージ

カテゴリー一覧
商用