chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

cancel

1件〜100件

  • Penta Roof 2

    2014年に考えた作品です。これを1つ作りました。遊び方は、Iペンタキューブを天辺中央にして、残りの11ピースをおさめます。PentaRoof2

  • Square Target

    これを1つ作りました。2014年に考えた作品です。組み外しにはピースの回転が必要です。SquareTarget

  • P-Badge

    2013年10月に考えた作品です。組み外しの動きが気に入ってるので、久しぶりに1つ作ってみました。P-Badge

  • Gem(新作です)

    組み込むピースは3。枠サイズは5x5x5。組み外しにはピースの回転が必要で、最初の1つが外れるまで12手です。枠の内部の隅に、モノキューブが1つが固定されています。Gem(新作です)

  • Petit Box(新作です)

    5x5x4の枠内に4ピースを組込みます。最初の1つが外れるまで11手です。PetitBox(新作です)

  • Slider 2(新作です)

    5x5x5の枠内に4ピースを組込みます。最初の1つが外れるまで21手です。Slider2(新作です)

  • Rotation 2

    前作(Rotation)と比較して、奥の2ピースが異なります。遊び方は同じです。解などが似ていますので、どちらかにしよう思っていましたが、今回のピース構成を「Rotation2」と名前をつけておくことにしました。Rotation2

  • Rotation(新作です)

    3種(ブビンガ・ウォルナット・モビンギ)の木を使っています。組み込んだ(直方体5x5x6)2枚の写真が、スタート&ゴールです。ピースの回転もさせながら、組み外しを楽しみます。適切な位置にこないと、外せない設計になっています。Rotation(新作です)

  • Shift 4(新作です)

    最初の1つが外れるまで24手です。Shift4(新作です)

  • Shift 3(新作です)

    最初の1つが外れるまで19手です。Shift3(新作です)

  • Shift 1(新作です)

    枠サイズは5x5x6。合同4ピースを組込みます。最初の1つが外れるまで9手です。Shift1(新作です)

  • 平面パズル

    以前に考案した平面パズルをいくつか作ってみました。先ほど、オンラインストアに数点アップしました。よろしければどうぞご利用ください。平面パズル

  • Residence 2 のピース

    木目を同一方向にして接着せず、Residence2のピースを作ってみました。ゴールではこうなります。先ほど、オンラインストアに数点アップしました。よろしければ、どうぞご利用ください。Residence2のピース

  • Shutout(新作)の外枠の変更

    Shutoutの外枠を、前回の記事から変更して、コの字形の開口部の端っこ4箇所すべてを丸く(半円に)しました。Shutout(新作)の外枠の変更

  • Shutout(新作です)

    外枠が野球のボールの縫い目の形状に似ているように見えたので、そう名付けることにしました。合同6ピースを枠内におさめます。その際、3x3x3の立方体がおさまっているかの(外側から枠内のスペースが見えない)ようにします。ピースの平行移動のみでは、解はありません。作意解では、ピースを何箇所かで回転させます。計算上は回転しないところでも、いつものピースやいつもの外枠のサイズで、無理なく回転する場合は可としています。次の写真は、外枠に2箇所ある「コの字形」の隙間が、それぞれ異なる3種類を写しています。作意解が存在するのは、奥の1つのみです。手前の2つは解がないと思っています。今後、片方の「コの字形」の端っこ2箇所を半円にして試してみる予定です。Shutout(新作です)

  • メタセコイア並木(マキノ)

    陽気に誘われて、娘と2人でマキノのメタセコイア並木までドライブ。木陰を歩くのにちょうどいい気候でした。メタセコイア並木(マキノ)

  • 飛騨古川町へ

    4/30(土)に飛騨の匠文化館へ行ってきました。ずっと見ていたいと思える作品がたくさん展示されてました。飛騨組子「千鳥格子」など、手に取って遊べるコーナーもありました。お土産コーナーで、お猪口用コースターを購入。今日5/2、MDFで1つ作ってみました。飛騨古川町へ

  • Residence 2(新作です)

    最初の1つが外れるまで、13手です。外箱の底面を下記の写真のようにしても解はほぼ同じになります。Residence2(新作です)

  • Moonflight

    2012年の作品です。久しぶりに1つ作りました。Moonflight

  • 隣町の輪中堤の桜

    昨日の午後に撮影しました。桜のトンネルが2km以上続いています。花見しながらの散歩は気持ちがいいです!6739歩あるきました。隣町の輪中堤の桜

  • Carat のピースと箱

    いつもは木目の向きを揃えてピースを作るのですが、今回は木目を揃えずに作ってみました。レーザーによるパズル名などの彫刻は、箱の内部に行いました。今回の材料では、化粧面はレーザーの熱により溶けて文字がつぶれてしまうからです。先ほど、オンラインストアに数点アップしました。よろしければどうぞご利用ください。Caratのピースと箱

  • 早田ドットPuzzle

    3作目の早田のパズルです。ピース数は21。今までで一番多いものです。娘が1時間ほど遊んでくれました♪早田ドットPuzzle

  • いい香りがしていました。

    この鈴鹿の森庭園には、5mを超える銘木が200本ほどあるそうです。うす曇りでしたが、しだれ梅は見頃を迎えてとても綺麗でした。いい香りがしていました。

  • 春ですね

    3/9(水)に撮影しました。種まき権兵衛の里の河津桜です。満開でした♪春ですね

  • Rattle Twist Duo

    10年ほど前の「2012PuzzleDesignCompetition」に出展した作品です。何か新たないい案はないかなぁと整理棚から取り出して遊んでみました。組み終えてから回転させると、外すのに時間がかかってしまいました。オンラインストアに「4&4」と「Den2」をアップしました。よろしければどうぞご利用ください。RattleTwistDuo

  • お蔵入りしていた「Aquarium 1」を取り出して‥

    お蔵入りしていた「Aquarium1」。データの作成ミスにより2解となっていましたが、最初の1つが外れるまでの15手の方を捨てきれなくて、もう一度考えてみました。外箱を左側から右側にすることにより改善できることがわかりました♪ピースは、以前のものの鏡像を使用することにしました。お蔵入りしていた「Aquarium1」を取り出して‥

  • Den 3 の制作

    木の配置を考えながら1つ作ってみました♪最初の1つが外れるまで19手です。先ほどオンラインストアに数点アップしました。よろしければどうぞご利用ください。Den3の制作

  • Double Symmetry(新作です)

    4ピースを枠内におさめます。その際、外側には空所ができないようにします。最初の1つが外れるまで16手です。DoubleSymmetry(新作です)

  • Den 3

    Den1のピースはそのままで、おさめる箱の手前中央に1単位追加すると、最初の1つが外れるまで19手になります。Den3

  • Den 2(新作です)

    原案である「Den1」を、2.5mmMDFで制作しても大丈夫なように、おさめる箱の下段の穴の開け方を変更したものです。下段に開けた2単位の4つの穴は、点対称になっています。解におけるピースの動きや最初の1つが外れるまでの手数(18手)に変化はありません。Den2(新作です)

  • Den 1(新作です)

    最初の1つが外れるまで18手です。この作品は、おさめる箱を2.5mmのMDFで制作すると、奥のところが細くなり強度に心配がありますので、ピースと同じ厚みの木材でも作りました。Den1(新作です)

  • Cottage(新作です)

    最初の1つが外れるまで15手です。Cottage(新作です)

  • Amoy の制作

    完成に至るまで、色々と外箱のことを考えた作品です。(1)側面の上部が天板と同じ高さになるため、天板の厚みが2.5mmでは回転による別解が存在するかもしれないと思い、2.5mmを2枚重ねたものも作りました。(2)底面の出っ張り部分の強度が気になり、5.5mmのMDFを使用したものも作りました。(3)底面のの出っ張り部分を気にして、斜めにカットしたものにしようかとも。(3)は、ピースが斜めに移動することにより、手数が1手減ってしまうので、そうしないことにしました。(1)や(2)は、試作品で遊んでみた結果、大丈夫だろうと判断したので、どちらも2.5mmのままで制作することにしました。完成品です。先ほど、オンラインストアに数点アップしましたので、どうぞご利用ください。Amoyの制作

  • 赤いクリスマスツリー

    三重県民の森の大きなフウの木が見頃を迎えていました♪赤いクリスマスツリー

  • 4&4(新作です)

    最初の1つが外れるまで12手です。4&4(新作です)

  • 永源寺へ

    紅葉が夕暮れの陽の光によってより綺麗に見えました。夕刻を過ぎるとライトアップされ、幻想的な雰囲気でした♪永源寺へ

  • 湖東三山へ

    のんびりと紅葉を楽しみました♪百済寺金剛輪寺西明寺湖東三山へ

  • JB4A(新作です)

    以前の作品「JewelryBox4」を、ピースの色分けをしなくて済むように、改良したものです。3ピースのうち1ピースを1単位増やし、外箱の奥の上部を少し変更しました。その当時は、あれこれと試しても色分けなしのものを見つけられなかったのですが、先日この組み合わせに出会いました♪最初の1つが外れるまで16手です。JB4A(新作です)

  • 大好きな作品「Lucida」

    Lucidaには「星座の中で一番輝く星」という意味があるそうです♪先ほどオンラインストアに数点アップしました。どうぞご利用ください。大好きな作品「Lucida」

  • Planetarium(新作です)

    箱内部の下2段の範囲内に、見かけの直方体(3x3x2)となるように3ピースをおさめます。最初の1つが外れるまで、平行移動のみで14手です。Planetarium(新作です)

  • NSのピース

    色の区別がはっきりわかるように、内部に隠す部分(2単位)を白色の樹種にしました。少し見にくいですが、Nの下にはオイル塗布したウォルナット1単位が固定されています。先ほどオンラインストアに数点アップしました。よろしければどうぞご利用ください。NSのピース

  • Center Stage 3

    7/18に記事にしたCenterStageの気になるところを改善したくて、再チャレンジしてみました。外箱後方の開口部が対称なものでは進展なしですが、非対称なもので、最初の1つが外れるまでが1手多い21手のものが見つかりました。このCenterStage3の遊び方は、箱内部の下2段の範囲内(3x3x2)に、2色に色分けした数の少ない方(白色2個)が外側から見えないように4ピースをおさめます。CenterStage3

  • Arenaという名前をつけて‥。

    Arenaという名前をつけて新しい作品にしようと思いましたが、試作品で1手ずつ確認をしていると、回転による短絡解があることがわかりました。最初の1つが外れるまで17手で、組み外しにはピースの回転が必要なものでした。一旦これはお蔵入りです。Arenaという名前をつけて‥。

  • Gift(新作です)

    外箱は点対称です。箱内部の下2段の範囲内に、見かけの直方体(3x3x2)となるように4ピースをおさめます。ゴールでは、2色に色分けした数の少ない方(白色1個)を外側から見えないようにします。最初の1つが外れるまで16手です。先ほどオンラインストアに数点アップしました。よろしければどうぞご利用ください。Gift(新作です)

  • Concert Hall(新作です)

    箱内部の下2段の範囲内に、見かけの直方体(3x3x2)となるように4ピースをおさめます。ゴールでは、2色に色分けした数の少ない方(白色3個)を外側から見えないようにします。解析では、最初の1つが外れるまで18手です。ConcertHall(新作です)

  • 2-side Match

    石野さんに、許可を頂いて制作しました。「ちょいとパズルでも」で、2014年8月発表の作品です。遊び方は、9枚のピースを3×3に並べ、ピースどうしが接するところは隙間がないようにします。ピース内部のいくつかの小さな正方形は、ピース番号のみを示すものです。ピースは裏返しての使用も可です。外枠は、ピースの収納と遊び方記載のために用意しました。解は、それぞれのピースを中央に置く9種類あります。試作した8/6から今日まで、時間を見つけては楽しんでいます。まだ解を4つしか見つけていません。なかなか手強いです。2-sideMatch

  • Stadium(新作です)

    箱内部の下2段の範囲内に、見かけの直方体(3x3x2)となるように4ピースをおさめます。箱内部の下段奥には、モノキューブ1個が固定されています。ゴールでは、2色に色分けした数の少ない方(白色3個)を外側から見えないようにします。解析では、最初の1つが外れるまで16手です。Stadium(新作です)

  • Center Stage(新作です)

    箱内の下2段(3x3x2)の範囲内に4ピースを隙間なくおさめます。ゴールでは、2色に色分けした数の少ない方(黄色2個)が、箱内部の中段(ステージ上)に来ないようにおさめます。今回は、舞台裏の1X2の穴部分に、2色に色分けした数の少ない方(黄色)があってもいいことにしました。明り取りのために、箱奥の上部を三角形に開けています。最初の1つが外れるまで20手です。ちなみに、4・5枚目のような箱(非対称)とピースの色分けをすれば、黄色が外側から見えないようにできます。先ほどオンラインストアに数点アップしました。よろしければどうぞご利用ください。CenterStage(新作です)

  • Picnic Basket(新作です)

    箱内部の下2段の範囲内に、見かけの直方体(3x3x2)となるように単色4ピースをおさめます。箱内部の上部には、モノキューブ2個が固定されています。解析では、最初の1つが外れるまで13手です。PicnicBasket(新作です)

  • NS(新作です)

    箱内部の下2段の範囲内に、見かけの直方体(3x3x2)となるように4ピースをおさめます。箱内部の上部には、モノキューブ1個が固定されています。ゴールでは、2色に色分けした数の少ない方(黄色2個)を外側から見えないようにします。箱の底には穴はありません。解析では、最初の1つが外れるまで19手です。NS(新作です)

  • Lunch Basket の前に‥。

    LunchBasketの前に考えていた作品です。最初の1つが外れるまで13手と表示されたので、試作してピースの動きを確認すると、回転による短絡解があることがわかりました。これは名前も付けずにお蔵入りとなりました。先ほどオンラインストアに数点アップしました。よろしければどうぞご利用ください。LunchBasketの前に‥。

  • Lunch Basket(新作です)

    ピースのおさめ方が、これまでのものと異なります。箱の内部は、3x3x3ですが、下2段(3x3x2)の範囲内に5ピースを隙間なくおさめます。その際、2色に色分けした数の少ない方(黄色3個)を外側から見えないようにします。箱の下段2箇所の三角形の穴がなくても解はユニークとなりますが、ある理由でつけることにしました。解析では、最初の1つが外れるまで、17手です。LunchBasket(新作です)

  • Carat(新作です)

    最初の1つが外れるまで12手です。Carat(新作です)

  • 楽しい時間

    これまでに試作した外箱です。次の作品を考えるヒントになるかなぁと思い、捨てずに取ってあります。今日もある程度の時間眺めていました。楽しい時間

  • Surprise(新作です)

    最初の1つが外れるまで12手です。箱の後方の上部2箇所の別解をなくす1単位の穴は、ピースが通過してもしなくても解に変化がなさそうですので、円形にすることにしました。Surprise(新作です)

  • Superdia(新作です)

    最初の1つが外れるまで11手です。Superdia(新作です)

  • Cubey(新作です)

    最初の1つがはずれるまで11手です。先ほどオンラインストアに数点アップしました。よろしければどうぞご利用ください。Cubey(新作です)

  • Boxfish(新作です)

    最初の1つが外れるまで12手です。箱の内部にはモノキューブ2個が固定されています。箱の3つある開口部の一番広いところは、右側のようにすると回転による別解が存在しますので、それをなくすために左側のように斜めにカットしました。Boxfish(新作です)

  • Assorted Snakes

    これも久しぶりに1つ作りました♪合同な4ピースを5x5x5の範囲内に組み込みます。AssortedSnakes

  • Lucida と Identical Twins

    この2種類、久しぶりに1つずつ作りました♪LucidaとIdenticalTwins

  • Aris 3

    Aris1の箱を少し変えてみました。変えたのは奥の開口部です。そうすることにより、箱の内部にモノキューブを固定しなくてもよくなりました。ピースは同じですが、箱の奥の開口部と内部が異なるので、別の名前「Aris3」としました。解におけるピースの動きはAris1と同じです。今のところ回転による別解はなさそうです。※Aris3のピースは、Aris1の鏡像のものにしました。先ほど、オンラインストアに数点アップしました。よろしければどうぞご利用ください。Aris3

  • Zzz(新作です)

    最初の1つが外れるまで12手です。箱の内部にはモノキューブ2個が固定されています。Zzz(新作です)

  • 名前をつけるところまでいかなくて‥。

    時間が経つと忘れてしまいそうなので、記事にすることにしました。最初の1つが外れるまでは、11手です。新作として公開するつもりで試作しましたが、以前の作品とピースや解の動きを確認していると、「Mebina」と解の動きに同じところが多いことに気づきました。この作品は、名前を付けないままお蔵入りする予定です。先ほど、オンラインストアに数点アップしました。よろしければどうぞご利用ください。名前をつけるところまでいかなくて‥。

  • Nonagon の試作(新作です)

    最初の1つが外れるまで13手。おさめるピースは4つとも5単位です。ピースの回転による短絡解や別解がないかを早く確認したかったので、以前にカットした板の寄せ集めで外箱を作りました。箱内の下段奥にモノキューブ1つを固定しています。Nonagonの試作(新作です)

  • Mebina(新作です)

    最初の1つが外れるまで14手です。ゴールした時におさまりよくするために、下段手前にモノキューブを1つ固定しています。下記2枚の写真のような外箱でも、平行移動のみの組み外しでは、解は1つです。でも、回転による別解が1つ存在します。そこで、冒頭の写真2枚のように、下段奥の両方の開口部を半円分大きくすることにしました。Mebina(新作です)

  • Obina(新作です)

    最初の1つが外れるまで11手。組み外しにはピースの回転が必要です。Obina(新作です)

  • Aris 2 のピースの向き

    Aris1とAris2を交互に遊んでみた結果、Aris2のピースの向きを以前の鏡像で制作することにしました。先ほどオンラインストアに数点アップしました。よろしければどうぞご利用ください。Aris2のピースの向き

  • Voz 1 の樹種

    この日に制作した最初の1つは、1単位だけ使用する樹種を黄色のモビンギにしていましたが、今回はウォルナットで制作することにしました。そのウォルナットが、ゴールした時に外から見えないようにおさめます。Voz1の樹種

  • Happi(新作です)

    最初の1つが外れるまで10手です。外箱が祭りのときの上着に見えたので、そう名付けました。Happi(新作です)

  • ピースの向き

    以前からのことですが、新作を公開するときにピースの向きで悩むことが多いです。オリジナルとその鏡像の2種類でです。難易度に変化はないはずなのに、時にはそれぞれを試作して遊んでみて決めたりします。今回、Radishは公開したときの鏡像ピースで制作しました。以前のピースの向きはこちらです。先ほど、オンラインストアに数点アップしました。よろしければ、どうぞご利用ください。ピースの向き

  • Residence の外箱

    Residenceの外箱を、黒っぽい木目調MDFでも制作しました。もう1種類の外箱はこちらです。Residenceの外箱

  • Hexaring(新作です)

    最初の1つが外れるまで13手です。モノキューブ2個が、箱の内部の左下と右上に固定されています。Hexaring(新作です)

  • Crystal Hole(新作です)

    最初の1つが外れるまで12手です。下記の写真のように、箱内部にモノキューブ1つを固定しても組み込むことができます。手数に変化はないです。CrystalHole(新作です)

  • Cradle(新作です)

    最初の1つを外すのに13手です。箱の内部には、モノキューブ1個が固定されています。左下にもう1個固定しても組み込むことができますが、今のところそうしないことにしています。その方が楽しい動きが起こりやすいからです(^^)。先ほどオンラインストアに数点アップしました。よろしければどうぞご利用ください。Cradle(新作です)

  • Amoy

    この記事の作品に名前を付けていませんでしたので、「Amoy」という名前にすることにしました。最初の1つが外れるまで18手のものです。Amoy

  • Cave(新作です)

    3x3x3の立方体がおさまっているかの(外側からスペースが見えない)ように3ピースを箱の中におさめます。半円2つでできた穴もピースで内部が見えないようにします。最初の1つが外れるまで16手です。箱の内部には、モノキューブが1つ固定されています。手前にもう1つモノキューブを固定しても組込み可能ですが、今のところそうしなくても大丈夫だと思っています。Cave(新作です)

  • Aquarium 1 お蔵入りのもう1つの理由

    2解あることのご連絡を頂いたその日(10/29)のうちに、写真のようなピース構成を代案にしようとしました。これだと平行移動のみでは解は1つになります。でも、ピースの回転による短絡解が‥。時間が経つと忘れてしまいそうですので、記録として残しておくことにしました。先ほど、オンラインストアに数点アップしました。よろしければどうぞご利用ください。Aquarium1お蔵入りのもう1つの理由

  • 3 Sprouts

    3Yのモデルとなった2013年6月に考案した作品です。久しぶりに作ってみました😊3Sprouts

  • 尾鷲市早田町のパズル

    以前にデザインしたものをベースに作ってみました。尾鷲市早田町の6種類の文字が1つずつ見えるように5ピースをおさめます。そのとき、おさめた5ピースがスライドしないようにします。1単位のスペースで2文字使う6種類それぞれに解があります。尾鷲市早田町のパズル

  • Aquarium 2(新作です)

    最初の1つが外れるまで16手です。Aquarium2(新作です)

  • Aquarium 1(新作です)

    最初の1つが外れるまで15手です。Aquarium1(新作です)

  • まだ名前をつけていない作品ですが‥。

    ダイキューブを除く4ピースでは、平行移動のみで最初の1つが外れるまでは、13手です。ダイキューブを加えた5ピースでは、1手増えて14手に。でも残念なことに、ピースの回転を考慮すると、12手のものがあることがわかりました。まだ名前はつけていない作品ですが、これはお蔵入りです。先ほど、オンラインストアに数点アップしました。よろしければどうぞご利用ください。まだ名前をつけていない作品ですが‥。

  • Lotus 1(新しい作品です)

    組込むピースは4つ。最初の1つを外すのに13手です。箱には3種類4つの開口部があります。先ほど、オンラインストアに数点アップしました。よろしければどうぞご利用ください。Lotus1(新しい作品です)

  • 動きを観察していると‥。

    AlexanderMagyaricsさんが考案されたAngelfishを参考に、発表された翌日、ピースの動きを観察していると、この箱と中央のピースに出会えました(^^)。最初の1つが外れるまでの手数は、オリジナルと同じ18です。何度か確認しましたが、組込み可能な解は、1/129だと思っています。底面の中心に向かって出っ張ったところは斜めにカットしたいと思ったのですが、手数が1て減少するので、そのままにしました。動きを観察していると‥。

  • Tris 1(新しい作品です)

    箱内部には、固定されたピースはありません。Aris1やAris2の箱と少し異なります。底面奥が、半単位の三角形分さらにふさがれています。最初の1つが外れるまで15手です。この位置に、モノキューブ1つを固定しても遊ぶこともできますが、今のところ、そうしなくても大丈夫だと思っています。Tris1(新しい作品です)

  • Aris 2(新しい作品です)

    箱内部の左下隅に、モノキューブ1つを固定しています。最初の1つが外れるのに15手です。Aris1より1手少ないですが、15手のものを今までなかなか見つけることができませんでしたので、新しい作品にすることにしました。Aris2(新しい作品です)

  • Aris 1(新しい作品です)

    少しわかりずらいですが、箱内部の左上隅に、モノキューブ1つを固定しています。最初の1つが外れるまでに16手です。Aris1(新しい作品です)

  • Voz 1(新しい作品です)

    3種類あるピースのうち、1ピースの1単位だけ色の異なる木を使います。その1単位が、箱の2箇所の開口部に配置されないように3ピースをおさめます。箱の内部にモノキューブを1つ固定しています。最初の1つを外すのに14手です。先ほどオンラインストアに数点アップしました。よろしければどうぞご利用ください。Voz1(新しい作品です)

  • Radish(新しい作品です)

    Chateau1に、ピースの回転により別解があることがわかりました。最初の1つが外れるまでに1手少なくなるかなと思うものです。いろいろと考えた結果、3ピースのうち2ピースを1単位ずつ増やし、外箱は手前下の開口部を閉じて、底面に2箇所1単位の穴を追加することにしました。手数やピースの動きはほとんど同じですが、外箱とピースが変わりましたので、新しい名前「Radish」にすることにしました。Chateau1は、お蔵入りです。Radish(新しい作品です)

  • Castle(新しい作品です)

    組み外しには、ピースの回転が必要です。今回の作品の原案は、下記のセットでした。手数は11.2.4と思って遊んでいると、組み外しの途中でピースの回転による短絡解があることがわかりました。外箱の板の厚みがピースと同じであれば起こらない回転だと思いますが、いつものMDFで制作した外箱だと短絡解が発生します。そこで、3ピースのうち2ピースにそれぞれ1単位ずつ追加して、外箱も原案から少し変更しました。(外箱はChateau3と同じになりました)Castle(新しい作品です)

  • 動きがにているので‥。

    Chateau3と比べると、外箱は手前下の開口部がなく、ピースは右側の1つが異なりますが、組み外しのはほとんど同じなので、このセットは一旦保留にすることにしました。まだ、名前はつけていません。動きがにているので‥。

  • Residence(新しい作品です)

    1つのピースの動きが手数を増やしています。最初の1つが外れるまで14手です。Residence(新しい作品です)

  • Chateau 3(新しい作品です)

    最初の1つが外れるまで11手です。奥の開口部をもう少し広げました。Chateau3(新しい作品です)

  • Chateau 2(新しい作品です)

    最初の1つが外れるまで12手。Chateau1との外箱の違いは、奥の底面部分です。少しだけ広くなっています。外箱の少しの変化により、使用するピースや動きなど、それぞれ変化することがとても楽しいです。Chateau2(新しい作品です)

  • Chateau 1(新しい作品です)

    最初の1つが外れるまで11手。Sudachiと外箱が似ていますが、少しだけ異なります。正面上の開口部が狭くなっています。Chateau1(新しい作品です)

  • Comet 3(新しい作品です)

    箱の内部には固定されたピースはありません。最初の1つが外れるまでは、12手です。4枚目の写真のピースでも、平行移動のみで最初の1つが外れるまで12手となりますが、回転による短絡解があります。Comet3(新しい作品です)

  • Comet 2(新しい作品です)

    箱の内部にダイキューブ1個が固定されています。これも最初の1つが外れるまでは、12手です。Comet2(新しい作品です)

  • Comet 1(新しい作品です)

    箱の内部には、モノキューブ1つが固定されています。それがなくても手数に変化はありませんが、ゴールした時に1方向の動きを止める役割があります。最初の1つが外れるまでは、12手です。Comet1(新しい作品です)

  • Palace(新しい作品です)

    最初の1つが外れるまで11手です。数作品ぶりに10手を超えるものが見つかりました。Palace(新しい作品です)

  • Paprika 2(新しい作品です)

    最初の1つが外れるまで10手。Paprika1と同じです。同一の外箱において、どちらを新作にしようかと迷ったもう1つです。Paprika2として公開することにしました。先ほどオンラインストアに数点アップしました。よろしければどうぞご利用ください。Paprika2(新しい作品です)

ブログリーダー」を活用して、お茶のりさんをフォローしませんか?

ハンドル名
お茶のりさん
ブログタイトル
Puzzle Design
フォロー
Puzzle Design

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用