searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

風の動物病院さんのプロフィール

住所
豊見城市
出身
城陽市

沖縄県豊見城市の動物病院です。地域密着型のジェネラリストを目指し日々精進しておりますが、遠方から来院されるかたも大勢いらっしゃいます。高度医療機器に頼るのではなく、病気だけを見るのではなく、病人を診るという人間医療の格言を動物医療でも実践すべく、動物達はもちろんのこと、飼い主さんにもやさしい医療を目指しています。

ブログタイトル
風の動物病院のブログ
ブログURL
http://blog.livedoor.jp/mirco_vet/
ブログ紹介文
沖縄県豊見城市の動物病院です。日々の診療、獣医師として、一人の人間としての情報を発信していきます。
更新頻度(1年)

193回 / 365日(平均3.7回/週)

ブログ村参加:2013/07/19

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、風の動物病院さんの読者になりませんか?

ハンドル名
風の動物病院さん
ブログタイトル
風の動物病院のブログ
更新頻度
193回 / 365日(平均3.7回/週)
読者になる
風の動物病院のブログ

風の動物病院さんの新着記事

1件〜30件

  • 完全休養

    明日、1/25より1/28までちょっと遅い正月休みをいただきます。この4日間だけは完全休養とさせていただきます。ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いします。1/29より通常診療に戻ります。

  • せめてもの抵抗

    とうとう、三度沖縄にも緊急事態宣言がでました。それを受けてプロ野球キャンプも無観客になるらしい。こうやって一つ一つ楽しみが奪われていく事態に陥っているわけです。そしてそれは私だけではなく、多くの人たちがそうなんですよね。時には楽しみどころか仕事まで奪われ

  • Z2

    なので、今回はこっちが輸血のドナー。がんばりました。 病院のHPはこちらhttp://www.adachi-vet.com/   facebook、インスタもよろしくです   ↓

  • Z

    輸血ドナーになれず・・・・病院のHPはこちらhttp://www.adachi-vet.com/   facebook、インスタもよろしくです   ↓ 

  • 水汲み

    中国がミャンマーにコロナウィルスのワクチンを無償提供ってニュースがちょっと前にあったな。着々と途上国の取り込みが進んでいるんだろうなと思う。ミャンマーは元々軍事政権である意味中国とのパイプは強かったんだろうけど。ミャンマーそれでもその軍事政権が倒れて民主

  • 本日限りの

    ぽかぽか陽気!だったのもつかの間、今日限り・・・いつのまにやら雨は降りだすし、明日からまた寒いらしい・・・・やっぱりあったか陽気の方が動物たちにとってもよいよね。午前中の診療は予防関連の子が多かった。お、病院に行くにはちょうどいい天気!って感じかなぁ。逆

  • 頭をフル稼働 ~誤食と原因~

    必ずしもこれに気を付けてとは言えないのが・・・・いつもの誤食。本当にいろいろなものを彼らは食べてしまうのです。まあ、多くの場合は吐かせて出てきて終わりになることが多いので大ごとになることが少ないというか、大ごとになる前に吐かせることができているんだけど。

  • 悩んだ時には??? ~重力と膀胱結石~

    ややこしい時、確信が持てないときってどうします?まあいいか、で終わらせるのも時にはアリですが、やっぱり確認しますよね?それは日常生活でもそうだし、獣医療でも同じです。今日はちょっとエコーのお話。お腹のエコーを見る時って「お腹を上」にしてマットに寝かせてお

  • みんな初心者 ~知ること、成長すること~

    長年動物を飼っていたりすると自分が買い始めたころのことを忘れたりすることがある。長年保護活動をしていると活動し始めたころのことを忘れたりすることがある。長年臨床の現場にいるとやっぱり自分が獣医師になりたての頃、さらに言えば自分が飼い主だったころのことを忘

  • 損失 ~経験と名機と~

    明日は成人の日。式の中止とか私自身は結構そういったものにドライなのでまあ仕方ないなと思う質ではあるけれど、世間的にはそうじゃないみたい。でもね、コメントにもいただいたことあるんだけど、このコロナで一番大変というか、キツイのは実は学生や若い人たちなのかなと

  • 離島と内科治療の限界 ~猫の巨大結腸症 その2 手術編~

    では昨日の続き。離島で便秘に苦しんでいた猫ちゃん。最初は薬だけでも送ってほしいということでしたが、診察しないことには出せないし、適切な薬も選べないということでなんとか本島まで来てもらった。結果は巨大結腸症。もはや内科ではどうしようもないところまで来ていま

  • 離島と内科治療の限界 ~猫の巨大結腸症 その1~

    結構離島からの問い合わせってあって、薬だけほしいなんてこともあるけれど、やっぱり診察していないと出せないんだよね、申し訳ないではあるけれど。そして診察をして、診断をくだして、そして薬を出すという風にしないと対処療法だけじゃいつか限界が来たり、さらに悪くな

  • 開口呼吸と徐脈と ~緊急時の判断とその道筋~

    ちょっと今日は小難しいお話。緊急時。この時何をどうするかという判断は非常に大事だし、その判断が本当に難しい時がある。きちんと手順を踏まないといけないけれど、その手順の判断も本当に難しいと思う。そして何より、当たり前だけど動物たちは何も話してくれない。もち

  • 気遣い

    年末年始の疲れがいまだに取れない、さすがに年齢を感じる今日この頃。年末年始は一応病院を開けて診療しているのですが、年によってその時の病院の状況は様々。昨年は結構ヒマでのんびりおせちを食べながら休憩室にも出入りしながらので、どちらかと言えばヒマな時間が多か

  • 怒涛の

    みなさま、明けましておめでとうございます。昨日が仕事納め、今日が仕事始めでございます・・・・全く納めていないし、始まった気もしないのですが(笑)そして仕事前にはスタッフ総出(とはいっても全員で3名ですが)でのおせちでの朝食。まあ去年もそれほど忙しくない正

  • 来年こそは

    今日で今年の診療は終わり。この記事がアップされる頃はまだ夜間救急の真っ只中だと思うけど。今年も多くの子たちを見送ることになってしまった。毎年言っているけれど。多くの期待に沿えなかった。本当に申し訳ありません。まだまだ力不足です。それらのことが私の糧になる

  • 大移動

    実は今日で今年の通常時間診療は終了。とは言っても仕事納めでもなんでもなく。明日からの6日間は少し時間を変更しての診療。そして毎年恒例の6日間耐久夜間救急当番なのです(笑)なんで年末年始も働くのか?と聞かれるし、一方助かるということも言われる。だって、継続

  • 雰囲気

    何やらめちゃくちゃ物悲しいというか、閉塞感に覆われているというかそんな雰囲気。これが年末の雰囲気なのか、他に要因があるのか。勝手に私が感じているだけなのか。よくわからないけれど、何やらよくわからん雰囲気を感じるのは気のせいなのか????あとはなぜ国内の制

  • 1日遅れと再検査 ~子宮蓄膿症とその判断~

    しめくくりなんてものはないけれど、今年も多くの手術をさせていただきました。予防的な手術もあれば、命がかかった手術まで様々。でもやっぱり今年も子宮蓄膿症の手術は多かった・・・・全てを紹介できているわけじゃないけれど。この子もそう。やっぱり元気がないとか、嘔

  • 今年の〇検査 ~保護猫とコクシジウム~

    日々その日のことを振り返り、その週のことを振り返り、その月のことを振り返り。まあ、反省ばっかりなんだけどね。で、この時期になるとその年のことも振り返りつつ。今年苦労させられたことの一つがコクシジウム。保護猫保護猫にコクシジウムが出るわ出るわ・・・・去年は

  • 安全に暖を取れれば・・・ ~ボンネットと子猫の断脚~

    寒くなってくると(こんなことばっかり言ってますが・・・)猫のボンネット内の侵入が話題になってくる。まあ冬だけじゃないけどね、実は。でもやっぱり気を付けてあげたいけれど、気づかないこともあって、エンジンのベルト部分なんかに巻き込まれてしまってということが起

  • 三重苦

    ホントにどうなってるんだ?今年の沖縄は。確かに元々冬は天気が悪いのが通例ではあるけれど、あまりにも天気が悪すぎる。コロナで遊びにいけない(飲み会すべて中止)寒くて遊びにいけない。雨で遊びにいけない。三重苦。

  • 引っ張らないで! ~釣り針と誤食とその対応~

    誤食をしたときに適切な処置とそうでない処置があります。なので本来であればすぐに動物病院へということになるのだけれど、やっぱり飼い主さんからしたら慌てちゃうよね。ということで釣り針を飲み込んだというワンちゃん。しかも糸付き。その糸を引っ張っちゃった・・・・

  • ヤバい

    極寒!の沖縄です

  • 急激な進行と対応 ~肛門周囲の悪性腫瘍~

    病気にはゆっくり進行するものもあれば、急激に進行するものもある。それにいかに対応できるか、が勝負になってくる。そして対応できなければ・・・・対応できるよう必死に治療を行うのだけれど、中にはまったく対応できず、助けられないこともある。急におしりが腫れてきた

  • あれから2年、あれからウン十年

    政治的イデオロギーを持つことは全く否定しないけれど、自分の主張を政治的イデオロギーと混同して主張することは基本的に好きじゃない。辺野古への土砂投入から2年らしい。辺野古の是非は辺野古の是非で議論すればいい。でもね、辺野古移転の工事で自然がどうのこうのって

  • 見守る人たち ~地域猫と眼球摘出~

    地域猫という猫たちがいる。ただ、その定義やその処遇は様々。保護活動をしている人たちの間でも認識は違うし、もちろん獣医師の間でも違う。そしてその地域の人の中でもそれぞれ違う。それが保護活動や地域猫活動の足かせになってしまっていることもあるのもまた事実なので

  • 小さな小さな子の大きな大きな手術

    勉強って一人でやるものではあるけれど、でも共有する仲間がいるのといないのでは大違い。実際受験勉強も友達と競いながら教えあいながらやってたなぁと思いだす。時には馬鹿にされ、でも見とけよ!と奮い立たせながら、時にはよっしゃ!俺の方が上~~~!なんてやりながら

  • 模倣とやり方? ~単なる真似と論理~

    「模倣」・・・「自分で工夫して作り出すのでなく、既にできているものをまねること。」とある。多くの人は多くのことを模倣によって行っているのは紛れもない事実。そりゃすべてのことを独自に作り出すなんてことは不可能だよね。でも単に模倣するだけじゃダメなことも多く

  • 少ない=ゼロではない ~鑑別診断と猫の子宮蓄膿症~

    鑑別診断という言葉があります。症状、動物種、犬(猫)種、年齢、性別などから病気を絞っていくことになるのですが、その候補になる病気を羅列することと思ってもらっていいと思います。なので病気によっては犬に多い(猫では少ない)とかオスに多い(メスに少ない)とか病

カテゴリー一覧
商用