プロフィールPROFILE

風の動物病院さんのプロフィール

住所
豊見城市
出身
城陽市

沖縄県豊見城市の動物病院です。地域密着型のジェネラリストを目指し日々精進しておりますが、遠方から来院されるかたも大勢いらっしゃいます。高度医療機器に頼るのではなく、病気だけを見るのではなく、病人を診るという人間医療の格言を動物医療でも実践すべく、動物達はもちろんのこと、飼い主さんにもやさしい医療を目指しています。

ブログタイトル
風の動物病院のブログ
ブログURL
http://blog.livedoor.jp/mirco_vet/
ブログ紹介文
沖縄県豊見城市の動物病院です。日々の診療、獣医師として、一人の人間としての情報を発信していきます。
更新頻度(1年)

260回 / 365日(平均5.0回/週)

ブログ村参加:2013/07/19

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、風の動物病院さんの読者になりませんか?

ハンドル名
風の動物病院さん
ブログタイトル
風の動物病院のブログ
更新頻度
260回 / 365日(平均5.0回/週)
読者になる
風の動物病院のブログ

風の動物病院さんの新着記事

1件〜30件

  • ぜいたく

    何もしない、ひたすろ何もしないというぜいたくを1年に一度だけ明日から通常診療です。また頑張ろう!

  • 少し遅めのお休み

    年末年始の診療からなぜかほとんど落ち着くことなく、爆裂に忙しい日々を送っております。が、明日1/13(月)の午後より少し遅めの正月休みをいただきます。通常診療は1/17(金)より再開いたします。ブログもそこまで少しお休みです。もう少しお待ちくださるようお願いしま

  • 注意!? ~今年の傾向と対策?~

    怒涛のような年末年始と書いたけれど、そうなる理由は簡単。他に開いている病院が無いから。そして普段から夜間救急も当番制ではあるけれど、当院が一番多く引き受けているし、年末の3日、年始の3日は当院が引き受けたから一般外来、救急ともに混雑したわけです。まあ、年末

  • 遅くなりましたが、みなさま明けましておめでとうございます。年末3日、年始3日の怒涛のような6日間を過ごし、記事もコメントも手付かずとなってしまいました。また今年もボチボチと色々書いていこうかと思っている次第です。では今年もよろしくお願いします。病院のHPはこち

  • 後悔の日々、年

    今日の夜間救急の当番さえ終われば仕事納め。そして明日は仕事はじめ。1年あっという間。そしてやっぱり思い浮かべるのは助けられなかった子たち。いくらここの記事で偉そうなことを言っても、実際には助けられないことも多々あるわけです。なので本当は偉そうなことを言っ

  • 痛みと恐怖とその処置と 

    昨日の記事のことも含めてちょい補足。獣医師仲間でいろいろな話をすることも少なくないんだけど、その中にはアホな話からまじめな話までいろいろ。お互いの症例を話し合ったりとかね。そこで出る話題の一つに「鎮静」というものがあります。特に尿閉の猫の子に鎮静をかける

  • 痛みと触診と脱臼と

    どうしても検査、数値化できないものというのがあって、その最たるものが「痛み」これは人間の医療でも同じで、痛みだけは申告してもらえないとどうしようもない。そして人間の医療と動物の医療で大きな違いであったりするわけです。人間は痛みを伝えてくれる。でも動物は教

  • 本日をもって

    本日をもって年内の予定手術(避妊手術、去勢手術、その他緊急性のない手術)を終了とさせていただきました。手術の予約を25日まででそのあとは来年以降ということで飼い主さんにはお話しさせていただいていました。というのも昨年はぎりぎりまでありとあらゆる手術を入れ、

  • 映るはず! ~縫い針とレントゲン~

    相変わらず異物の来院が定期的にある。多くは飼い主さんも気を付けているのだけれど、やっぱり動物のやること。とっさの行動に唖然・・・なんてことも少なくない。気を付けていても防げない、なんてことも実は多いと思うんだよね。そしてとあるわんちゃん。「縫い針を飲み込

  • 寒くなって増えてきた・・・ ~極寒の地と下痢~

    寒い日が続いたと思えば暑くなり、そしてまた極寒の地に逆戻り。そしてそんな時に多くなるのが「下痢」もしくはそれに近い消化器症状。多くは検査してもよくわからない。問診やいろいろな情報からおそらく大腸性の下痢で、おそらく診断名は「大腸炎」とせざるを得ないことも

  • 正体を確かめることから始まる ~対処療法と利尿剤~

    症状と病気は違う。あたりまえだけど。その症状から診断をつけ、その後の治療をどうするかを考えるのが我々の仕事。ただ、なかなか診断がつかないこともあるのもまた事実。ある意味私の力不足だったりはするのだけれど。でもその原因を突き止めようとすることは必要だし、そ

  • 使い道 ~英語と医療と旅と帝王切開~

    夜間救急には色々な人がやってくる。まあ、普段の外来もそうだけれど、それでも夜間の方がバリエーションはあるかな。外国人とか。で、とある外国人の方から電話。旅英語はできるけれど、医療英語はできない私なのです(汗)でも一応通訳の方もご一緒なのでそこは一応安心し

  • 失うことではあるけれど ~抜歯と得るもの~

    体の一部を失う、というのは時には受け入れがたい感覚になることもあるとは思う。国や地域によっては例えば手や足を失う、それは前世での行いが悪かったなんて信じられているから。それでも医療が介入する時に何かを失ってでもという治療が必要なことがある。それが命にかか

  • ただそれだけのこと ~動物との関わり合い~

    とある論争。あると言えばあるし、無いと言われればないのかもしれないけれど、勝手に論争にしている私です。世の中には何かを毛嫌いする人は大勢いるし、私も嫌いなものはある。ある程度致し方はないのかもしれないけれど、間違った情報はやっぱり間違っているし、その方向

  • 表裏一体

    インドネシア  ブロモインドネシアでは有名な火山。火口まで山を登っていく。麓にはテングル族の人たちがいる。ある意味日本人が想像するインドネシアではない。子供の頃から当たり前に自然に接して、当たり前に自然や生き物が好きになって、そしてそれは今でもなぜか変わ

  • 子猫とタイミング ~眼球内蓄膿と摘出~

    機能に引き続き保護猫のお話し。結構今年は重篤な症状の子猫が多かった。その中で多かったのが重篤な猫風邪。ウィルス感染が元々の背景。その中でも今年は眼に重篤な症状が出る子が多くて、結構眼球摘出をする嵌めになることが多かった。たまたまなのか、その年の流行傾向が

  • 戻せない臓器 ~子猫と横隔膜ヘルニア~

    他院や他施設から手術の依頼を受けることがあって、それはそれでありがたいのですが、そのご期待に応えられないことも当然あるわけで・・・・とある子猫ちゃん。保護猫ではあるけれど、横隔膜ヘルニアが見つかったからもう一度診断とできれば手術をというご依頼。横隔膜ヘル

  • 出ては消え・・・・

    沖縄からまた良質な書店が消える。沖縄からの撤退。ああ、またかという思いもあるけれど。書籍がそろえばそろう程、消えていく書店。結局雑誌と漫画だけの本屋だけが生き残る。雑誌や漫画がダメだとは思わないけれど(実際に私も好きだし)、でも「書籍」に乏しい書店ばかり

  • よくぞ

    寒い!なんじゃこりゃってくらい寒い。よくこんな寒いところに住んでるなとつくづく思う・・・・病院のHPはこちらhttp://www.adachi-vet.com/   facebook、インスタもよろしくです   ↓

  • プラスαと減薬

    慢性疾患にどう付き合うか、というのは人医療で獣医療でもおそらく同じ。いわゆる治らない、一生付き合っていかないといけない病気のこと。なんらかの治療をずっと続けていくのだけれど、お薬なんかもそうだよね。で、我々が何を考えているかというと、薬以外のプラスα。そ

  • 偏見と時の流れ

    バングラデシュ空港に降り立ったとたん、完全なる異国の雰囲気。他の国々と違ったカオスとまではいかないまでも、それまでの途上国とは全く違う光景が目の前に。ラオスやミャンマーは空港も穏やかで、人混みもなく、どうやって中心街に出て行こうか?なんて感じだったけれど

  • 少なくても多い? ~手術と子宮蓄膿症~

    ぴたっと大きな手術が入らなくなってしまった(汗)先日もとある会合でとある先生に「相変わらず難しい手術バンバンやってんの?」なんて聞かれましたが・・・まあ、動物達にとってはいいことなんだと言い聞かせつつ・・・・それでも相変わらず定期的に、そして時には集中し

  • 朝のチャレンジ!

    検査って色々な検査があって、それぞれに利点や精度があるわけです。大がかりな検査もあれば手軽な検査もあるし、侵襲性の高い検査もあれば侵襲ゼロの検査もあるのも当然のこと。検査は多ければ多い程診断には近づいていくけれど、かといって全ての検査を行っていくのも現実

  • 包囲網

    いつの間にか・・・・明日から12月。いよいよ今年も終わりが近づいてきました。いつのまにやら・・・・です。そして明日12月1日は・・・そう、恒例の那覇マラソン。そして当院はその包囲網のど真ん中(涙)交通規制で包囲網外の方は来院が非常に困難な可能性があります。特

  • 地域特有の? ~ハブ咬傷~

    いわゆる「病気」と呼ばれるものはどこもかしこも共通。北海道であろうが京都であろうが沖縄であろうが基本は同じ。ただ、いくつかの症例に関してはその地域特有なんてものがあったりする。例えば感染症。まあボーダレス化でそれも当てはまらなくはなってくるんだろうけれど

  • 健康な子であっても、健康な子だからこそ ~去勢手術と腹腔内出血~

    何度も書いているのだけれど、避妊手術、去勢手術をないがしろにしてはいけない。確かに獣医師になって最初に覚える手術ではあるけれど、多くの外科手術の基本手技が満載の手術なのです。これを簡単に考えている獣医師はきっと外科は幅広く行えないと個人的には思っています

  • 無くなるということ

    中国 ウイグル自治区旅の目的にその地域のおいしいものを食べる!なんてのももちろん目的に入っていて、どこの国がおいしいとか、なんの料理がおいしいとかって話はよくあること。食べ物がおいしい国、地域としては個人的にはインドネシア、中国(一部)、タイあたりかなな

  • 地方だって

    明日の夜に台風が接近するらしい。ある意味時期はずれだし、それほど強力ではないのかもしれないけれど。天気予報を見ていて、台風に変わったというのをやっていたけれど、アナウンサーが台風の影響は?なんて聞いていて、某有名気象予報士がコチラには来ないから大丈夫です

  • 体は繋がっている! ~肝臓の数値と心臓~

    「肝臓の数値が少し高いですね」なんてことを言われたことありませんか?日常の健康診断でもそういったことは多々あると思うんですよね。それが大したことないものなのかそうでないものなのかの判断は結構難しかったりもするわけですが。肝臓の数値(逸脱酵素)が高い=すぐ

  • 意味不明

    芸能人の薬物使用。アホだなと思う。もちろん一般の人間もだけど。沖縄では中学生の中でも起こったんだっけ?その神経がわからん。合法な嗜好品で満足できないっていうのはそれだけ貧相な人生なんだろうなとも思う。嗜好品が無くても幸福感や高揚感は得られるよね、充実した

カテゴリー一覧
商用