searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

ブログ主さんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
令和に囲碁と将棋を語る
ブログURL
https://igoshogi2019.hatenablog.jp/
ブログ紹介文
囲碁有段者、将棋級位者が語るブログです。
更新頻度(1年)

114回 / 365日(平均2.2回/週)

ブログ村参加:2013/03/27

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、ブログ主さんをフォローしませんか?

ハンドル名
ブログ主さん
ブログタイトル
令和に囲碁と将棋を語る
更新頻度
114回 / 365日(平均2.2回/週)
フォロー
令和に囲碁と将棋を語る

ブログ主さんの新着記事

1件〜30件

  • 【野球】阪神4-3DENA 「マルテの第3球」について

    7月12日の阪神vsDENAの試合結果にはびっくりした。 7回表にDENA3-0阪神になったとき、私はラジオを消した。 そしてしばらくしてYAHOOを開いたら阪神の逆転サヨナラ勝ちになっていた。 野球は何が起こるかわからない。 さて。今回の試合の注目点は「9回裏2アウトでのマルテの第3球」である。 第3球がストライクっぽい(いや、恐らくストライク)球だったのに審判は「ボール」のコール。その直後にマルテが同点打、そして大山がサヨナラ打。マルテへの球が重要だったのは確かだ。 私がDAZNで見て、以下のような考えを持った。 1.0-2のカウントからの第3球なので、球審が「3球勝負」を予期していなかっ…

  • 【野球】「阪神の伊藤が梶谷にぶつけたことについて」

    【阪神の伊藤が梶谷にぶつけたことについて】 7月10日 プロ野球ニュース#97【プロ野球セ・リーグハイライト】巨人・原監督 梶谷の死球骨折に「故意という部分ではないけれども」顔曇らせる. プロ野球ニュース2021 - YouTube 梶谷死球骨折で負傷退場 7/10プロ野球 巨人vs阪神 - YouTube 【読売ジャイアンツ】7/10 梶谷隆幸1回表の打席でデッドボール右手甲骨折残念です - YouTube 上の3つの動画を見た。 伊藤のコントロールミスだけど、悪質な死球には見えない。 むしろ「最近の選手って、ボールをあまり避けないのね。防具があるからかな」と思った。何はともあれ、梶谷選手は…

  • 【囲碁】現ナマか厚みか:本因坊戦第7局より

    【テーマ図】 ↓ これは、先日行われた本因坊戦第7局(黒:虎丸 白:井山)の局面で、92手目(△)と当てたところである。これに対して黒はどうするか? 【現ナマコース】 ↓ 私なら黒1と打ち、右上隅の白一団を捕獲するかも。 ただし、白2に対して黒3と一手投資しないと取り切れないのが痛いところである。 白に手番が回るし、右上隅の実利だけで地が足りるかどうか・・・。 【実戦:厚みコース】 ↓ 実戦は下のように進んだ。 黒1と継ぎ、白に右上隅を与える代わりに上部を厚くする。 先手を取って黒7と右下の白に攻撃を仕掛けた。 当然ながら、プロと私では読みも大局観も全く違う。 人気ブログランキングへ にほんブ…

  • 【囲碁】井山裕太の本因坊十連覇について

    【井山裕太の本因坊十連覇について】 7月6日・7日に行われた第76期本因坊戦第7局にて、井山が白番中押勝ちを収めて、通算4勝3敗で本因坊を防衛した。これで本因坊十連覇である。 個人的には「ああ、やっぱり最後に勝つのは井山か」くらいの感想しかない。 本局の中盤で黒(虎丸)がはっきり悪くして、白の大石を取らない限り黒が勝てない展開になってしまった。最終的にはコウ争いになったが、これは白の花見コウなので、黒は争えずに投了した。 井山は今年で32歳。あと5,6年は、棋戦を絞りながらタイトル戦でのトップに居続けることが出来るだろう。おめでとうございます。 ↓これが終局図。白が180手目(△)と打ったとこ…

  • 【野球】「松坂大輔の引退」「近本の2塁上でのしぐさ」

    【松坂大輔の引退】 西武の松坂が今季限りで引退するらしい。引退そのものは驚くようなことではない。しかし、頚椎が悪いということで、引退後の彼の生活が少し気がかりである。日常生活は大丈夫なのだろうか? 【阪神・近本の2塁上での行為】 これについては、↓下の動画で確認した。 "サイン盗み疑惑"について!里崎が感じたことを語る。プロでも実際にある【サイン盗み・クセ盗み】 - YouTube 昔はなんでもありの時期もあったが、今はないでしょう!【阪神タイガース × 東京ヤクルトスワローズ 第13戦】 - YouTube 【速報】球場騒然!!阪神にサイン盗み疑惑が…飛び交う野次の中ヤクルト村上がとった行動…

  • 【読書】パラドックス13(東野圭吾作、講談社文庫)読了

    パラドックス13(東野圭吾作、講談社文庫)を読み終わった。 ウィンダムの「トリフィド時代」を思わせるようないわゆる「破滅モノのSF」である。 さすが東野圭吾というべきか、500ページを超える分量でありながら、さくさくとページを進めることが出来た。 しかし締めくくり方がなあ。。。まあ、これはこれでいいのかな。 人気ブログランキングへ にほんブログ村

  • 最近の出来事(6月30日付)「 阪神2-2ヤクルト」「本因坊戦第6局は井山の勝ち」「王位戦第1局は豊島の勝ち」

    【 阪神2-2ヤクルト】 アルカンタラ、マルテ、スアレスの3人の力でかろうじて引き分けにした感じ。チームの状態そのものはあんまりよくないと思う。他の選手の奮起を願う。 中野はルーキーということで、疲れがたまっているのだろうか。1日2日休ませた方が良い。大山は体調不良+技術的不調だろう。これは1週間くらい休んだ方が良いのではないかと思う。先発メンバーの過度な固定化は考え物だ。 【本因坊戦第6局は井山の勝ち】 Youtubeで少し見ていた。これで3勝3敗となり、本因坊の行方は最終局に持ち込まれた。伊田解説者と聞き手の重野女流のコンビはとても聞きやすかった。 【王位戦第1局は豊島の勝ち】 AMEBA…

  • 最近の出来事(6月25日付)「 阪神6-0中日」「大学で久しぶりに授業」「本屋のバイト代少しアップ」

    【阪神6-0中日】 ガンケルの好投が非常にありがたい。7回無失点。7回まで投げてくれると、中継ぎ陣がやや不安の阪神にとっては非常に助かる。 不調だった大山がこの試合では2安打2打点。 マルテも活躍したが、7回のフェンス直撃の打席が単打になったのは良くない。普通に走れば2塁打になっていたと思う。足が悪いのかもしれないが、それなら何試合か休んでも良いのではなかろうか。 佐藤輝明はヒットなし。ただし、4打席目の「自分の足に当たるようなくそボールを空振り」は、珍プレーとして記録に残るかもしれない。 名古屋での3連戦は阪神の2勝1敗。巨人やヤクルトに少し差を詰められたが、阪神自身の状態は悪くないので、悲…

  • 最近の出来事(6月23日付)「 立花隆が死去」「本因坊戦第5局は井山の勝ち」

    【 立花隆が死去】 彼の死が報道されたのは6月22日だが、実際には4月30日に死去したらしい。私は「日本共産党の研究」しか読んでないが、「よくこんなに資料を集めたなあ」といういんしょうがある。 彼はいろんな本を書いて「知の巨人」と言われたらしいが、この呼び名に対して本人はどう思っていたのかなあ。 【本因坊戦第5局は井山の勝ち】 6月21日・22日に行われた本因坊戦第5局は、井山が218手までで白番中押勝ちを収めた。これで井山の2勝、虎丸の3勝である。 下辺の白石を捨て石にして右辺黒一団に襲い掛かった黒(虎丸)のダイナミックな打ち方もすごかったし、右辺コウ争いで局面を複雑化してから黒のミスを誘っ…

  • 最近の出来事(6月13日付)「野球は2アウトから」

    【阪神6-5楽天】 8回裏に藤波がホームランを打たれて、「今日はダメか」と思っていたが・・・。 「野球は2アウトから」という言葉はほんとだった。 3つの四球を選んだ梅野が第一の手柄。 それを生かした近本が第2の手柄。 日ハムに3連勝、楽天に3連勝。 信じられん。 人気ブログランキングへ にほんブログ村

  • 最近の出来事(6月12日付)「DAZNデビュー」「囲碁:ダメ詰め一つで天国と地獄」

    【DAZNデビュー】 試しにDAZNを使うことにした。今日は楽天vs阪神戦を見た。 楽天・田中と阪神・伊藤の投げ合いはなかなか良かった。 大山と佐藤のホームランも良かった。 安楽の元気な姿を見られてよかった。 藤波は少し制球難でひやひやしたが、まあよかった。 まさか木浪のホームランを見られるとは思わなかった。 9回表に投げた楽天の投手陣は・・・まあ、次に期待しよう。 この試合で一番の活躍は、阪神先発の伊藤だったと、私個人としては思っている。 今日先発した田中投手は、↓下の動画で、自分の感想を述べている。 https://www.youtube.com/watch?v=EIChfetiqRE ↑…

  • 最近の出来事(6月8日付)「 元中日の門倉氏が無事帰宅」「JOC経理部長自殺?」

    【元中日の門倉氏が無事帰宅】 元中日の投手として活躍し、今年は同チームの二軍投手コーチとして活動していた門倉氏が失踪したのは5月中旬のことである。その彼が6月6日に帰宅したらしい。まあ無事で何よりである。当分仕事をするのは難しそうだが、まずは休養と健康管理である。まだ40代。まだまだいろんなことが出来るはず。 【JOC経理部長自殺?】 JOC経理部長をしていた52歳の男性が、6月7日に品川区で電車にひかれて死亡。自殺とみられているが、真相はわからん。自殺とすると、理由はなんだろう?仕事先と部署を考えると、闇を感じる。怖い怖い。このニュースを聞いて、上記の門倉氏のことを思った。 人気ブログランキ…

  • 最近の出来事(6月3日付)「 阪神2-1オリックス」「囲碁・本因坊戦第3局」「将棋・里見香奈の新記録」

    【阪神2-1オリックス(6月2日の試合)】 1回の表裏だけラジオで聞いた。1回表オリックスが大チャンスだったのにそれを生かすことが出来なかったのが大きかったと思う。(1回表のオリックスの攻撃、めちゃくちゃ長かったような気がする) この試合では北條が2打点を叩き出す大活躍。二軍から上がってすぐのスタメン、そしてすぐの大活躍。北條本人もうれしいだろうが、自分の策がぴたりとはまった矢野監督も同じくらいうれしかったのではなかろうか。 【囲碁:本因坊戦第3局は虎丸の勝ち。】 終盤だけyoutube動画で見ていた。白(井山)の大石を見事に仕留めた虎丸の会心の一局だった。お見事。 【将棋:里見香奈が獲得タイ…

  • 【囲碁】私の実戦から:えらいところでコウ争い発生。

    久しぶりに私の実戦を紹介する。私が白である。 【テーマ図】 ここまでは白地が大きくて有利であった。 そこで黒が1と継いだ。白(私)は右下2とすべった。 これ自体はなかなか大きな手なのだが、実はそんな状況ではなかったのだ。 【実戦図1】 ↓ 黒1がアキ三角の好手。これで右辺は大事件となる。そしてその後・・・ 【実戦図2】 ↓白1のコウ争いとなった。形勢不利だった黒としては望外の展開となる。 この対局については後日、改めて触れたいと思う。 人気ブログランキングへ にほんブログ村

  • 最近の出来事(5月31日付)「 阪神9-8西武」「囲碁・第46期棋聖戦の進行状況」

    【阪神9-8西武(5月30日の試合)】 阪神はロハスジュニアをスタメンから外して糸井を入れたので「これは勝てるな」と思ったら本当に勝ってしまった。 7回裏の西武の攻撃で山川が2塁でタッチアウトになったのが地味ながらも大きかったと思う。山川のミスでもあったが、冷静に状況を見て2塁に送球した大山の隠れたファインプレーでもある。 阪神は勝ったけど、中継ぎがどうも良くない。調子が悪いのか、それともパリーグの打線が上回っているのか。 試合については下の動画がわかりやすい(パーソルパリーグテレビ公式) www.youtube.com 【囲碁:第46期棋聖戦の進行状況】 棋聖:井山裕太 Sリーグは一力と村川…

  • 最近の出来事(5月30日付)「 阪神0-1西武」「渡辺が名人を防衛」

    【阪神0-1西武(5月29日の試合)】 ラジオで聞いていた。1回表のノーアウト1,2塁のチャンスを逃したときに少し嫌な予感がしたが、まさか0-1負けになるとは思わなかった。前日の大逆転勝ちが帳消しになってしまったので残念だ。あと、6回か7回に近本の打球を受けて降板した西武今井投手は大丈夫なのだろうか? 【渡辺明が4勝1敗で名人位を防衛】 七番勝負第5局は5月28日・29日に神奈川県で行われて渡辺が勝利した。これで4勝1敗で渡辺の名人防衛が決まった。相変わらず、二日制の勝負はめちゃくちゃ強い。豊島と藤井がよっぽど奮起しないと、5期、6期と防衛するかもしれない。 人気ブログランキングへ にほんブロ…

  • 最近の出来事(5月29日付)「 阪神の佐藤」「免許返納」

    【免許返納→運転経歴証明書をゲット】 原付の免許を返納して、運転経歴証明書を手に入れた。 何十年も原付は運転していないし、マイナンバーカードや運転経歴証明書で身分証明はできるので、免許を持つメリットが薄れた。それに数年に一度の免許更新もめんどくさい。良い頃合いだろう。 【阪神・佐藤の3本塁打】 昨日(5月28日)の西武vs阪神戦で佐藤が3本塁打を記録した。 私は9回表だけ、ラジオで聞いていた。 7-7の同点、2アウト1,3塁の場面で佐藤に打順が回ってきた。 ここで佐藤がスリーランを打ったのだが、西武は申告敬遠をするかと思っていたので、びっくりの結果となった。佐藤を敬遠で歩かせると次の打者はロハ…

  • 【野球】【囲碁】【将棋】最近の出来事(5月28日付)

    【囲碁】 本因坊戦第2局(井山vs虎丸、井山黒番)は2日目午前中に井山がまさかの投了。上辺のしかけが強引だったのか。こんなに早い投了は、前例がないことはないが、珍しい部類に入るだろう。 【将棋】 王位戦の挑戦者決定戦は豊島が羽生を破って挑戦権を得た。これで藤井vs豊島の七番勝負になった。豊島が強いのは言うまでもないが、50歳を過ぎた羽生も挑戦者争いに絡むポジションにいたことに少しびっくりした。 【野球】 5月27日の阪神vsロッテの試合で佐々木投手が先発のマウンドに立った。5回4失点だったが、6回表に味方打線が点を取ってくれたので彼が勝ち投手になった。なんというか、実力だけでなく良い運命を持っ…

  • 【読書】アシモフ「ナンバー計画」

    SFの大家・アシモフの短編の中に『ナンバー計画』という作品がある。短編集『停滞空間 』(ハヤカワ文庫 SF 357)に収められている。最近再読してみたので、ちょっと紹介したい。 時は未来。何でもコンピューターがしてくれる便利な時代なのだが、技術が進みすぎて、かけ算や割り算さえコンピューターがしてくれる。 つまり四則演算を人類がちゃんとできない社会である。 あるとき。平凡な一介の技術者が紙の上で計算する技術を『発見』する。 それを知った上司がその『技術』を開発・発展させるプロジェクトを『ナンバー計画』と名付け、援助を求めて高官と掛けあい・・・というストーリーである。 技術が進みすぎて、四則演算さ…

  • 【読書】フレドリック・ブラウンの短編「笑う肉屋」の感想+4月14日の出来事

    フレドリック・ブラウン作の短編集「真っ白な嘘」(創元文庫)を購入した。読んだ短編作品についてメモを残しておく。 「笑う肉屋」の感想 平凡な私は「(この事件では)気球やヘリコプターを使ったのではなかろうか」と思っていたが、結末を読むと全く違っていた。 この掌編に出てくる登場人物には、出てくるだけの意味があるのだと思った。いてもいなくてもよい登場人物はいなかった(と思う)。 【2021年4月14日の出来事】 プロ野球・阪神が広島に6-0で快勝。2回ツーアウトランナーなしから点を取ったのが大きかった。広島のショートのエラーが原因。4回裏に佐藤がホームランを打った。甲子園での彼のホームランはこれが初め…

  • 【ゴルフ】松山英樹がマスターズで優勝した。

    松山英樹選手(29歳)がアメリカのゴルフのメジャータイトルであるマスターズで優勝したらしい。おめでとう。 コロナの影響で国内でのゴルフの人気が復調しているらしいが、松山選手の優勝で、ゴルフ人口がさらに増えるのだろうか。 toyokeizai.net toyokeizai.net 人気ブログランキングへ にほんブログ村

  • 【野球】どこかの母親と「ボッコちゃん」(星新一作)

    ある日の晩、私が本屋で働いているときのことである。 30代か40代と思われる女性が私に声をかけてきた。 女性「おにいさん、すみません」 私「いらっしゃいませ」 女性「面白い本を探してるんだけど」 私「どんな本がお好みですか?」 女性「面白い本。うちの子供が読むんだけど」 私「子どもさんはどれくらいのお年頃ですか?」 女性「中学生」 私「子どもさんはどんな本がお好みですか?」 女性「面白い本。学校へもっていって使うんだって」 (ちょっと本棚を見渡して) 私「これはどうでしょう?面白いし、短編集なので、たくさん話が入っています。読んでいけば、どれか面白い話が見つかりますよ」 女性「(本を開きもせず…

  • 【野球】佐藤 輝明 ホームラン 3号の動画

    阪神の新人・佐藤輝明が楽しみである。 今は他のチームに研究されてかなり苦しんでいるが、実戦を積み重ねていけばかなり打てるようになると思う。 今回は、4月9日の対DENA戦でのホームランの動画を紹介したい。 www.youtube.com 横浜スタジアムは佐藤輝明には小さすぎた ↑この実況は良かった。 人気ブログランキングへ にほんブログ村

  • 【読書】東野圭吾作「虚ろな十字架」(光文社文庫)の感想メモ

    東野圭吾作の作品「虚ろな十字架」(光文社文庫)を読んだので少しメモする。 強い信念は時には物事を推進する強い力となり、時には悲劇の原因となる。 愚鈍そうに見える花恵が最後に賢者ぶりを見せてくれたのが少し痛快だった。 最近年を取ったのか、登場人物をうまく覚えられなくなった。 今回は、登場人物をメモ用紙に書き留めながら読み進めていった。 おかげで、いつもよりも小説を楽しむことができたような気がする。 人気ブログランキングへ にほんブログ村

  • 【読書】東野圭吾作「犯人のいない殺人の夜」(光文社文庫)の感想メモ(その2)

    東野圭吾作の短編集「犯人のいない殺人の夜」(光文社文庫)を久しぶりに読んだ。 7つある短編のうち、今回は後半3つの短編の感想を軽く書く。 「白い凶器」 この作品を読み終わった後にタイトルを見直したとき、「なるほど」と思った。 「さよならコーチ」 犯人も怖いが、被害者も少し怖かった。 「犯人のいない殺人の夜」 「あたし」と「俺」の2人の語り手が交互に物語を語る。最初はその形式に少し戸惑ったが、すぐに慣れた。 ちょっとしたことで犯行がばれてしまうのだが、最後の数ページは何というか、読んでいて少し怖くなった。 人気ブログランキングへ にほんブログ村

  • 【読書】東野圭吾作「犯人のいない殺人の夜」(光文社文庫)の感想メモ(その1)

    東野圭吾作の短編集「犯人のいない殺人の夜」(光文社文庫)を久しぶりに読んだ。 7つある短編のうち、今回は4つの短編の感想を軽く書く。 「小さな故意の物語」 高校生・達也の死と彼を含む三角関係を描いた、ちょっとだけ甘くて苦い物語。 結末は予期できるものだったが、動機が少し印象的だった。 「闇の中の二人」 タイトル中の「二人」が誰なのかがポイントである。 警察に連行された二人はどうなったのだろうか。 真実を警察に話すのだろうか。 そしてこの二人はどんな判決を受けるんだろう。 「踊り子」 初めて読んだ時と同じく、この話が短編集の中で一番好きである。 踊り子が亡くなった真相も印象的である。 しかしそれ…

  • 【お悔やみ】小説家の三好徹さん死去。90歳

    小説家の三好徹氏が4月3日に誤嚥性肺炎で死去した。90歳。 この人の小説で読んだことのある唯一の本は 五人の棋士(講談社文庫) である。 呉清源、坂田栄男、藤沢秀行、林海峰、石田芳夫の5人について書かれた短編集である。囲碁ファンが読めば、まずまず楽しめるのではないかと思う。 合掌 人気ブログランキングへ にほんブログ村

  • 【お悔やみ】橋田壽賀子さん死去。95歳

    2021年4月4日に橋田壽賀子さがん死去したらしい。95歳。 95歳だと大往生だろう。 これくらい長生きの人が死んだ場合、個人的にはあんまり悲しいとは思わない。 合掌。 人気ブログランキングへ にほんブログ村

  • 【読書】『秘密』(東野圭吾作、文春文庫)

    『秘密』(東野圭吾作、文春文庫)を読んだ。 ・妻と娘がバス事故にあう。 ・妻は死亡、娘は生き残る。 ・しかし娘には妻の魂が宿り、「肉体は娘だけど自我は妻」の状態になる。 ・生き返った娘に最初は喜ぶ主人公だが、娘の成長とともに、嫉妬、とまどい、怒り、自分の老いに対する絶望に悩まされるようになる。 ・事故を起こしたバスの運転手の謎や彼の家族の話もあるが、話の本線は夫と「妻の魂をもった娘」の関係性についてである。 ・ミステリーというよりは、老いが見え始める中年男の心の揺れを描いた小説だと思った。 ・二周目の人生は強い。 人気ブログランキングへ にほんブログ村

  • 【将棋】最近の将棋関係のニュース:最優秀棋士、西山女流、橋本引退

    久しぶりの更新となる。最近見聞きした将棋のニュースを紹介する 【藤井聡太、最優秀棋士賞をもらう】 名人を含む3冠を保持している渡辺をおさえて藤井が最優秀棋士に選ばれた。 まあ、どちらが選ばれてもおかしくない。 【西山朋佳女流、奨励会を退会】 三段リーグで次点を取ったことがあるくらいの実力者なので、もう一年挑戦するという選択肢もあっただろうが、本人としては、区切りをつけたかったのだろう。彼女の選択を尊重したい。 【橋本崇戴八段引退】 どうも、家庭内での問題が原因らしい。まだお若いのに、残念である。 人気ブログランキングへ にほんブログ村

カテゴリー一覧
商用

フォローできる上限に達しました。

新規登録/ログインすることで
フォロー上限を増やすことができます。

フォローしました

リーダーで読む

フォロー