chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

cancel
sagansakai
フォロー
住所
渋谷区
出身
旭川市
ブログ村参加

2012/12/21

1件〜100件

arrow_drop_down
  • ついに、始まります。

      11/1から、1ヶ月間開催されている、杏林大学病院のギャラリーのグループ展も、残り1週間となりました。とてもよい空間、展示になりました。お時間が許し、タイミングがよければ、ぜひ足を運び頂ければ幸いです。さて、その展覧会がYou

  • 初冬はすぐそこね。雨毎に。

      展覧会一週間前、最後の小品を仕上げる新田さん。他の方も、最後の一点を仕上げる。いいよね、やりきった感じ。みんな、ものすごい疲れとプレッシャーとともに、この最後の作品を迎える。もう、堂々と本番をむかえればいい。やりきった者には後

  • 展覧会まで、あと一週間。体調管理ね。

       展覧会前、最後の追い込みで完成させる方が続出。ギリチョンもあれば、余裕の小品追加もある。小品に関しては、用意しておくもので、多いにこしたことはない。入れ替えればいいし、追加すればいいのです。この赤い絵は、柳澤さん。

  • 絵は、見る楽しみ、買う楽しみ。飾る楽しみです。

      アトリエ内、ゲッスイトリエンナーレ’22のポスターが出来ました。気分も盛り上がりますね!前回から、10数人減のめんばーですが、コロナ禍の中、表現をすることの価値を知った精鋭です。多くの方々に来場してくれるといいな。

  • ゲッスイ展まで、あと2週間

      今日は、人物クラスの最終日。3点紹介します。最初は、阿部さん。3年の富山勤務を終えて、教室に復帰した最初の1点。モデルは、超ホッソくて、全身を入れようものなら、大きな背景ができます。これ大変なんだよね、主役のモチーフが大きくて

  • 体調を整えて、がんばんべ!!!

      水曜日の定番、中西水彩は菊でした。自分なら絶対選ばないモチーフだね。性格の問題もあるが、細かいものに拒否感を抱く人がいます。自分がそれなんだけれど、それぞれの心地良い密度・色調・明度がある。絵をかくにあたって、その自分を表現す

  • ホントにはっやい!!!

      飯嶋さんの小品。そろそろ、終盤戦ね。ひと部屋をうめる個展組は、長いことじっくりと制作を続けています。パパッと作品が出来るものではなく、必然性と偶然の賜物だ。やり尽くした人のみ味わえる楽しみです。そんな作品が、もうじきお披露目さ

  • 勇気をもって、一歩前進だ!!!

      西川さん、ゲッスイ展小品コーナー出品作、制作が続いてます。あと、3枚描けるから、ハイレベルな中で選択できます。ギリギリで描くのではなく、選択し、ボツに出来る状態って、とってもいいこと。あるべき姿ね。   そ

  • いいところ!

      神下さん、新人です。今回のゲッスイ展では、小品コーナーのみの参加になります。ということで、180x140の画用紙に鉛筆デッサンです。今やっている、デッサンそのものが、うっとりする作品になるということ。明暗の階調がしっかりし、高

  • 明日。。。打ってきます!

      中西さんの小品、展覧会前にだんだん研ぎ済まれていく。これだよね、だから展覧会っていいんだよ。作品が昇華していくんだ、凡々と絵を描いていたって、こういうことは起こらない。物づくりは、インプットしてアウトプットの繰り返しで、その経

  • 一つ一つこなして

      藤山さん、久し振りの作品上がり。クマさんを中心にフジヤマワールドですね。この作品は、ゲッスイ展出品となります。   そして、飯嶋さんも30号サイズの油彩が出来上がりました。これも、出品作の一つですね。下の小

  • それでよし!!!

      中西さん、今日はパイナップルでした。小品にしては、ちょっと大袈裟なモチーフでしたが、葉っぱをはみ出すように描けばなんとか。床色・背景はトロピカルに。華やかにまとまりました。   夜クラス、永吉さんが続けて制

  • さて週の始まり

      人物クラスの最終日は、参加者3名。ちょっと淋しいし、もったいない。で、このデッサンは、北村さん。妊婦さんで頑張ってるんだよ。体調をみながら、休みがちだけれど、いいデッサンだね。展覧会も出品します。その後、しばらくは来られないね

  • ひと雨ひと雨ね。

      安定した表現になってきた中西さん、今日も小品の制作です。大きい作品を一回の教室内で、ここまで密度が高い状態にすることが出来ない。この状況が、続くと、きっと大きい作品にもよい効果が出ることでしょう。自分の目が、納得できないと感じ

  • キンモクセイと鱗雲

      山嵜さんの30号制作中、進捗具合80%ぐらいかな? 近年続いている渋谷界隈、いずれも松濤美術館の公募展に出品している。昨年は、受賞もした。今年は、コロナ禍、救急車にパトカー、騒がしい明治通りを横断歩道橋から眺めている小学生。誠

  • 楽しみましょう!!!

      澤田さんの個展が始まりました、今週の日曜日まで。すごい量の作品が並んでいます。もっと数を減らせば、もっとよく見えるはずですが、仕方がありません。何故仕方が無いかというと、3年前から個展の予定を入れてましたが、このコロナ禍で延期

  • さあ、がんばんべ!!!

      柳澤さんが、どんどん絵を仕上げている。ゲッスイ展の時は、大小含めて20数点をランダムに展示するかも知れません。テーマは、お花畑かしらね? この薄暮のヒマワリ畑、いい絵ですね〜〜! &nbs

  • 涼しくなれば、制作がはかどる

      澤田さん、3号小品出来上がりました。週に2回来ていると、あーだこーだやってても、そのうち、順順とできあがってくる。実は、澤田さんは、来週から個展なんです。この3年分、小品を中心に展示します。場所は、代々木上原駅から徒歩3分。お

  • 大きな被害がでないことを願います

     柳澤さんが快調に作品を仕上げています。自分の個展ブースに、どっさりと展示するかも知れませんね。額縁を使わなければ、ランダムに並べることも出来ます。 さらに、ヒマワリ畑も。最近の緑をおさえて、花の印象を高める方法が身についてきました。ゲッス

  • もうすぐお彼岸、秋のチャレンジです

      神山さん、10号スクエアー4点組のうち、1点出来上がりました。平行して制作することは、試行錯誤を平行するということで、いい仕事が出来たときは、他にも応用します。だいたい、先行作品が先に出来上がることはなく、得てして後のよいこと

  • 秋の訪れだね

      またまた柳澤さんの制作中作品、サルスベリの木。上の緑を弱めたところで終わりましたが、色彩がセザンヌで響きわたってました。柳澤さんの水彩スケッチはとってもいいので、油絵も、軽〜〜く描けばいいのです。老

  • 爽やかな秋晴れが待ちどうしい

      野沢さんの新作ができました。躍動感ある観葉植物を中心に本・器物・果物がまわりに設置している、構図の完成度が完璧だ。今日も新作に入りました。ゲッスイ展の個展に向けて、作品数はすでに足りています。これから、よいのが出来れば、そこで

  • 残暑、、、くるなよ!

      柳澤さんの花壇・お花シリーズ。一度は仕上げたものの気に入らなければ、何度でも修正加筆すればいい。ということで、遠景をよわめて、細かい花が散漫だったので大きめにクッキリと。途中、黃色がたまたま入った左隅、いい感じな

  • くわばくわばら。。。

      中西さん、展覧会用の小品制作に入りました。小品は、なにかと組み合わせるより、一点ボーン!とがいい。それで、小さい分、いつもより完成度が高いじゃありませんか。いい感じです!   鈴木さんの新作です。緑の中に、

  • 防災の準備しっかりと

       柳澤さんのヒマワリ2点完成。大きさは、サムホールで、かるーく水彩風に仕上げました。油絵だから、コテコテ描かなければならない理由はない。よければいいのです。葉っぱだって緑で描く理由もない。主役が意図したとおり目立てば

  • 来月から展覧会モード全開

      中西さん、2週間ぶりに復活。この間、老犬を見送ったとのこと。悲しいよね。ということで、献花のようなお花。白い花が描きやすいように、背景に色ものの布を置きました。立ち上がるもの、横たわるもの、その対比をブルー系でまとめました。さ

  • 教室は展覧会モードに

      出張で全国いろいろなところに行っている大野さん。ゲッスイ展出品作にむけて第一作です。これは、鳥取砂丘ですね。日射しの強さがもっとでればいいのですが、明るい面を大切に扱わないとくすんでしまいます。とりあえず、垣根のコントラストが

  • これからが残暑、がんばんべ!!!

      水曜夜クラスの永吉さんは、ゲッスイトリエンナーレ’22の個展ブース参加者です。実は、この春先に個展開催の予定でしたが、家族のコロナ感染で中止となったのです。ということで、個展の出品作は、すでに額装済みの状態で準備さ

  • 良い夏休みを!!!

      澤田さん、夏休み明けで久し振りに登場。海外から家族が帰国して、みんなコロナに感染して疲れ切ったとのこと。しかし、彼女だけは、感染しなかったと。すんごいね! で、以前から描き進めていた冬景色。完成となりました。主題は、青空と雲、

  • 辛いね。

      入会して2ヶ月目の西川さん。ご年配の紳士、いざやるぞ〜と始められました。絵を描いている友人がいるらしく、くそっ〜俺もやる!とライバル心か。絵を描くこと、物づくりは、いつ始めても、その動機が不純であろ

  • いつまで続くか???

      路地シリーズを続けている野上さんの新作です。ものすごく具体的な描写に見えますが、実はそれほど具象的ではありません。要所要所に具体的なものが配置されているだけで、その緩衝スペースがピタッと合えば、見る側がその中に具体性をイメージ

  • 待ってるネコちゃんズのおかげで

      先週お休みだった、定番の中西さん。飾り唐辛子とホオズキ、グレイッシュな背景にオレンジ色がいい感じに配置されています。展覧会に向けて、何を描くか?と質問があったけれど、普通に描き続けて沢山の作品から選べばいい。他の方にとって、こ

  • いつかは、涼しい秋がやってくるのです

      佐々木さんの新作です。ダルトーン・ダークグレイシュトーンを中心に構成されています。何を描いているんだ?という抽象画ですが、自分のカラーというものを持ってるので、それを前面に押し出す。いいところを伸ばすという安易な言葉でなく、い

  • 今年の色はこれでしょ!

        引き続き、只今開催中の展覧会、自作品の紹介です。これは、ギャラリー向日葵での作品です。大きさは21.5�x21.5�の組パネルです。いろんな展示が出来ますと4組の作品もあります。作品は,樹脂で囲われてい

  • ご足労頂ければ幸いです!!!

      今日から、7人展「持続する意志」ベル・エポック2開催です。ギンザシックス横のギャラリーあづまとギャラリー向日葵の2会場です。写真は、向日葵の方のサカイ作。21.5�x21.5�の組パネル。今回は、黒バージョンが評判がいいみたい

  • もうひと頑張り

      鈴木さんの「苔むす樹」完成です。小さい絵なのですが、大迫力です! 最後に背景をどうするか、見上げているので、暗雲を配置することにしました。いいですね!   中西さん、今日の水彩画は「紅白の花」とビンです。適

  • 雨が上がりました

      やっと、雨が止みました。そして、湿気があるが涼しい日もさようなら。だんだん高温になってくるのかな? いつものように、梅雨末期の大雨でした。世界的に見ても、40度越えの国々があるようで、死者もでている。さて、どのような夏になるの

  • 本来の梅雨だよね

      野沢さん、新作の風景画油彩20号、出来上がりました。オランダの街並み?だったかな。右左の壁と立木がポイントで、その間に街並みが見える。意図がある構図になりました。しっとりと落ち着く色合いもいい。ヨーロッパの気品あり。 

  • 真っ黒になって帰って来ました

      経験者、川畑さんは今日もリハビリ中。いいデッサンを描いていますよ!夏明けは、色使った本作ですね。   野上さん、新作です。いつもと違った感じの路地ですね。左上の建物をじゃまにならい程度に、しっかり描いてと指

  • 来週の月曜日と水曜日は、教室は休みです。

     月曜夜のコスチュームモデルクラスから、原田さん。ちょっと色が入ってきましたね!   金子さん、しっかり描けました。上がりにしては、少々色が生っぽいので、次回グレージングで調整しましょう。  

  • 本日梅雨明け !

      この鉛筆デッサンは、新入会の川畑さん。下のこどもが幼稚園生になったので、絵を描きたいと。実は、美大中退ということで、先週の体験のときに、ささっと立方体と円柱を描きました。まさに、リハビリ的な時間。思い出すように描写をする。そし

  • ひどいことになる前に抗います!!!

      山嵜さん、立て続けに完成。いかに、制作中・待機中が多いということですが、、、。もう一歩のところで、つまんない絵になってしまう。仕上げるとは、始末することであり、整えてあげること。絵を見て、自分でここがもうちょっと明るくね、とか

  • 暑さ慣れてません、気をつけてね!

      山嵜さんのユリ、やっと仕上がりました。長かったね。本物の花を描こうよと言ったのです。観察が大切なこと、造花じゃとても観察に耐えられないことで。そして、花屋さんで買ってきたのですが、早めで店頭、まだ咲ききらない状態。なんかバラン

  • 雨空の清涼感」ね

      今週の中西さん。誰も写真撮るような状況じゃないとき、安定の一点です。今回、お花はクッキリ描けたのだけれど、背景にある葉っぱたちが、一様に弱かった。ちょっと、差がありすぎるね、あいだを取り持つコントラストが欲しい。葉っぱにも前後

  • 夏休みも、お盆もありません

      柳澤さん、花畑シリーズ2点出来上がりました。4号サイズの小品ですが、気を使うところは、大も小も関係ありません。かえって、小さい作品の方が難しいところがあります。これは、桜と菜の花。定番の景色ですが、普通すぎるところが難しいとこ

  • まさに梅雨、がんばんべ!!!

      我がクラスの古参会員、金ベンこと金子博人さんが、銀座で個展を開催中です。ここんとこ続いている「アートで解き明かす日本文化源流」にて、今回は万葉集から。大胆で率直な男女間のやり取りが題材になってます。色彩豊かな背景に興味深いもの

  • 梅雨入りだそうです。

      これは、柳澤さんの描き始め。お花畑の絵を描き続けているのですが、林武か!と思うほど迫力。ということで、他の継続中の絵も、大胆な構図を意識して変更。よくなりました!直に、お見せしますね。   西成さん、デッサ

  • 久し振りの切迫感

      新田さんの新作です。カナダのケベック州にある、お城みたいなホテルだそうです。秋空は、何処までも高く。木々が紅葉が始まったところでしょうか。その時、自分を取り囲む空気感がでれば、この絵はオッケー。建物の詳細より優先順位が高いのが

  • もうじき、梅雨だね

      野上さんの路地シリーズ、新作です。空が地平線まできている、港町かな?と想像する。婆さんが犬を連れている、高齢者ばかりの限界村落か?そんな見る側の自由があっていい。絵画の具体性は、ギリギリのところで押さえるのがベターだと思う。そ

  • 早い!

      今日の中西さん。薔薇とかダリアよりは、ずーっと描きやすい花。紫陽花もガクアジサイのほうが描きやすいのと同じ。華やかだし広がりがあるし、いいモチーフだよね。この調子でがんばろう!   神山さんが、週2回目の登

  • ギアチェンジの時

       久し振りのフジヤマワールド、藤山さんの小さな作品が出来上がりました。かわいいね!安定した世界観があるのがいい。毎度、新しい世界を描かなくていいのです。いつもの世界、いつもの絵柄、いつもの色調、その中にちょっと次の展

  • 銀座で会いましょう!!!

      金子さんの新作です。最終日にぶち壊しましたが、なんとか回復。完成間近の絵に対して、本人はもう何をしていいか分からなくて、なーんにも考えないで描いてしまう。それまで、一生懸命考えて描いていたにも拘わらず。。。その先が、未知の体験

  • 連休も終了、雨で寒い。

      先週に続き、今日の神山さん。なかなかいいのです。色と明暗の関係がマッチしてきた、そして、大きな面の構成が響きわたる。ひとつ、ハードルを越えたようです。描き始めの偶然かも知れないが、この状況を良しと理解でき、それを記憶し、次に展

  • よい休日を!

       神山さんが、ゲッスイ展に向けて30号を2枚、描き始めました。いやぁ〜、描き始めは楽しいね!いい感じ。ここで終われば、巨匠風である。何がよく見えるのか? それは、1、新しいキャンバスは絵具の発色がいい。

  • もう無理だな。。。

      鈴木さんの「樹木」が出来上がりました。結構な老木感、畏敬の空間、いいですね。たぶん、冬期の枯れ枝の裸木ですよね。銀杏だったかしら?ヤナギ? なんでもいい、迫力の樹木である。  中西さんの水彩、お花シリーズ。今日は、線

  • 生きてるって事なのね。

      神山さんの30号が、出来上がりました。光と影を色彩豊かに表現するスタイルを続けています。だんだん熟れてきましたね、これから、11月の展覧会までに、30号を2枚描かなければ、正面の壁を埋めることが出来ません。頑張らないといけない

  • さて、がんばんべ!!!

      今日仕上がった作品は、1点。中西さんのみでした。まだ開花しないユリは、脇役になり、1輪のカーネーションが主役になりました。草花のそよそよ感が出ています、何気ない佇まい、力みのない絵もいいものですね。  なんか寒い日が

  • 故郷は、絵の題材で一杯です!

      野上さんの新作、「窓辺の花」です。いつものように、路地のイメージを取り込んでます。同じ方法、同じ思考が、絵が違っても同様の画風になってくる。それでいいのです、あこがれの元、いろんな絵を描く必要はありません。どっしりと構えて、正

  • まだ最低気温、零下らしい。。。

     中西さん、今日の水彩画。前回、花束は時間が足りないので、花数を少なくしてみたらどうか?と言ったら、カラーでした。背景に濃い青があります、結構目立ちますよね。とくに茎部分が目立っちゃいけません。花先とかいいところに使わないとね。 次に、趣変

  • 希望があるのさ。。。

      柳澤さんの新作、新宿御苑の「紅梅白梅」です。赤の中に包まれる白、ダイナミックな構図ですね。ここで、大切なところは、いろいろな要素を削ぐということで、たとえば、空を入れないことで、地面との空間の面白が際立ちます。絵葉書のようなと

  • しばらく春満開です!

      上野の都美館で開催されている、モダンアート展に塩見さんが出品しています。今年は、いろいろ短冊がついてました。「賞候補」「準会員推挙」、これで、次回から審査がなくなり、年会費を支払うことになります。これが、公募展のシステムね。と

  • 春よ来い、春よ来い、待ち遠しい。

      山嵜さんの新作2点、画集をバックにお花に花瓶です。片方で、うまくいったことを、もう一つの絵でも出来るか?が今回のポイントです。絵を描くことは、記憶の積み重ねであり、いつも真新しい事を追うことではない。出来たことを、普通に出来、

  • どうなっているのだろう?

      北村さん、2枚目。どうよ、この出来! 力強いね〜〜。   金子さんも、パワー炸裂! モデル自体がパワーがあるからなのだけれど、よーく雰囲気が出ています。   

  • ついに、春本番ね!

      先週末、北海道の道東、美幌に壁画制作に行ってきました。この時期の北海道は、道路には雪がないけれど、まだまだ周りは幸だらけ、東京とは季節の違いを感じます。      昨夜、東京に

  • やっと、やっと、行けます。

      なんだろう?シンビジューム?ラン?よくわからないけれど、高さがあるものを描くのはたいへんだ。構図がピタッと決まらないのです。でも、花自体はとてもおもしろい。だからといってガッチリ描いては軽やかさがなくなる。奥への隙間を描く感じ

  • 早期停戦を!!!

      藤山さんの新作です。いつもながらのフジヤマワールドなのですが、、、。逆さまの人形、、砂時計という迫った時間。。。なんでこうも見え方が変わるんだ!!!現在進行形の戦争が、各々のハートを蝕んでるのです。桜の開花が近い、少しずつ花々

  • くたばれ、プーチン!!!

      中西さん、春らしく黃色中心の絵。ただ、反対色のコーヒーカップが目立っちゃって、主役気取りになったのが残念。脇役は、それなりに存在しなければ、画面構成が崩れてしまいます。   西成さん、久し振り

  • 体調管理十分気をつけたい

     飯嶋さん、新作です。今回は、ちょっと妖気を感じる画面ですね。コロナだ、ウクライナだ、とくると、こんな感じはピタッとくる。抽象の世界とは、こんなものかも知れない。物体の容姿よりも、感情の浮き沈みのほうが、テーマになり得る。で、描き手はそのよ

  • 待ち遠しいね、なにもかも。

      澤田さん、3点、ほとんど出来上がり。ちょっと置いて、眺めて、その内、気になるところをちょいちょいと加筆。塗り替えるほど変えちゃいけませんよ。ちょいちょいね。気になるところが解ることが大切です。   

  • 無事に生き抜きましょうね

      昨日まで、上野の都美館で行動美術TOKYO展が開かれていました。報告が遅いのですが、我がクラスの野上さんが出品してました。大きさは、F120。(194�x130�)畳1枚より大きいです。が、広い会場ではそうでもなくなってしまい

  • それどころではないか。

      定番の中西さん、腰痛から1か月ぶりに復帰です。いつもの方がいて、いつもの雰囲気になって、少しずつ賑やかになって、いいよねと思ったら、マンボウ再延期か。やんなる。久し振りに絵を描くと、ホントにうまくいかないものだけれど、まあまあ

  • おかしいでしょ。ほんとに!!!

      柳澤さんの「新宿御苑のロウバイ」が完成しました。まだ、寒空に咲くロウバイ。公園には、カップルたちが佇んでいます。のどかな休日のスナップでした。平和な日々を想います。次は、梅の花の予定だそうで、今年は満開が遅いですね。これから、

  • 早いうちに。。。

      祝日の今日、家族でどーのこーの関係ない、元気な高齢者が集合しました。笑 元気なことはいいよね、こやって、外出できるって本当にいい。はやく、マスクとって大手を振って闊歩したいものです。本日の完成作品は、オンフルールの港を描いた新

  • 春近し。がんばんべ!!!

      最近の作品から、まずは、鉛筆デッサン2点。山羊の骨のある静物は、西成さん。彼女の集中力は素晴らしいです、2日で完成。調子の幅が豊かなので、色を感じます。   そして、西川さん。やさしい絵になったね、これも2

  • 松濤美術館公募展、奨励賞受賞!

      先週の土曜日から、松濤美術館公募展が始まってます。そう、我がクラスから2名入選し、共に奨励賞を受賞しました。いつものように、大賞はいまいちで、当然、二人の作品の方がよかったです。これが、コンクールなのですね。 &nb

  • 感動ではありません、記憶です。

      雪が降るのか?積もるのか? オミクロンは減り始めたのか?高止まりなのか? 晴れるのか?寒っむいのか? 何だか分からない中途半端な月曜日。しかし、そのような中でも、シャキッとした作品は出来るのです。いいデッサンだよね、西成さん新

  • あと、ひと月の辛抱だよね???

      水曜日の夜クラス、本日貴重な参加者は新人さん。いつものメンバーは、こどもが感染して自宅隔離。さらに、少々喉が痛むので大事をとって休み。などなど、閑散としています。オミクロンだけではなく、明日は大雪の予報。さらに週末に続くかも知

  • 乗り切りましょう!!!

      輪ちゃん、入試前の模擬トライ。スケッチブックからB3画用紙で本番用です。今週の水曜日もアトリエで描きますよ。それが最終日。気持ちよいぐらいの吸収度、どんどんうまくなるね。楽しい入試前です。  今週の金曜日から個展を控

  • 健康第一、免疫力増大で乗り切ろう!!!

      本日入会した、志田さん。実は、4年前まで1年ほど水曜夜クラスに通ってました。名前が変わって復帰です。この様な時期にふたたび絵を描こうと思う方がいることだけで、僕は今風に言えば「勇気をもらえる!」ですね。久し振りのお試しで描いた

  • 幸あれ!!!

      我がクラスに、実は受験生がいます。彼女は、中学3年生で、美術系の高校を希望してます。名前は、福地輪。かっこいい名前だよね。その輪ちゃん、来週が1回目の受験日。1年間の成果をだすべく、今は週二回、最後のチェックをしています。結局

  • 打ち落としてあげよう。

      今日は、鉛筆デッサンを。このような時期に教室に入会してくれた方々です。新鮮な始まりは、先への希望です。まず、ご結婚で名前が変わりました西川さん。スケッチブック一冊やって、今はちょっと大きめのB3画用紙で製作。黒く、ガリガリ、量

  • 免疫力を高めよう!

      飯嶋さんの新作(F10)出来上がりました。我がクラスの「野見山暁治」まっしぐらだね。別にコピーしているわけではありません。完全な自作です。好きなもの、必要とする、作家がいたら、どんどん戴くことです。まねすることです。そのうち、

  • はやく、スピーディーに!!!

      野沢さんの新作油絵です。キュービズムへの憧れ、その過渡期的作品です。あとで、振り返れば、あの時の作品が分岐点だったということは、経験上あります。その時は解らなかったけれど、ね。もしかしたら、その作品かも知れません。過渡期とは、

  • 備え大切、がんばんべ!!!

      今朝の夕焼け、僕の地元国分寺の景色です。毎日のことでも、毎日違う景色。定点観測の面白さですね。朝焼けにしろ、夕焼けにしろ、いい感じになるためには、ほどよく雲がなければなりません。青空もいいけれど、この時ばかりは、雲っていいなあ

  • ものすごく寒い

      中西さんの水彩画。今回は、お花盛りだくさん。要点は、華やかに量感を持って晴れ晴れと描く。短時間では、花の細部や密度を求めても無理なところがあるので、華やかであればいい。最後に、下部のスペースに白地を復活させました。絵は、全部塗

  • ちょっとアクティブに。

      月曜午後クラスから、佐々木さん。塗り分けるのではなく、絵具を動かす。混合したら、あっちへ持って行く。絵は動いてなんぼ。このまま続けて欲しい。(制作中)   まだおとなしい、飯嶋さん。もっと能動的に。融合性、

  • よい年になりますように!

      あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いします。「自らの表現」のために頑張りましょうね。僕の三が日の写真です。いい天気が続きました、心配なく初日の出を拝めましたね。これは、夜明け前、糸のような三日月が出ていて、雰囲

  • よい年をお迎えください。

      金子さん。最近、モデルの表情をうまくとらえる。似てます。今は、バックに世界観。自分の世界をどういれるかが課題です。邪魔せず,いい雰囲気になればいい。まあまあ、いいところね。以前は、カーテンの隙間から中高年のオヤジが覗いてた。そ

  • ちょいあせる。

      柳澤さんのカレンダーが出来上がりました。知り合いの保険個人事務所をやっている方が、営業ツールに制作したものです。なかなかの出来映えで、絵の季節感もバッチリあっています。どれほどの作品在庫があるのでしょうか!表紙を入れて13枚の

  • おめでとうございます!

      中西さん、今日の水彩です。柿との組みあわせですが、秋というより爽やかな五月という組みあわせ。季節感はないけれど、まさに寒暖対比の絵です。オレンジ色がしかもアクセントになっており、いやがおうにも主役感あります。残念ながら、葉っぱ

  • 今日から寒い

      柳澤さんの新作。自宅で飼っている兄弟ネコ、持って来た写真がイマイチの構図でした。それを正方形でトリミングして描くこと。で、いい感じになってきたので、バックは朱色の日本画風にしましょう!と方針を決め完成。最後に、烙印風のサインを

  • やんなるね、はやいはやい!

      いつも、淡々と制作している塩見さん。久し振りの紹介です。これは、グラファイト・クレヨン・色鉛筆等で描いてはジェッソで消す。その繰り返しで制作中。基本的に、サガンのアトリエから見下ろす、明治通りの交差点の要素を見繕って描き入れる

  • うまくいきますように!

      今日は、ちょっと寒いですが、東京は冬になればいい天気が続きます。ほんとに生活しやすいところです。ここを選んだ徳川のすごいところです。で、まだ平穏な東京の教室は、今日もいつも通り開催中。出来上がった作品がなかったので、(しかたが

  • まだ、なーんにも分かってないんだから

     中西さんの水彩画を2週間分紹介です。ともに、ヒカリを感じる作品で、濁らなくなりましたね。爽やかです。今日のバックの本がちょっと赤が強かったですね、青紫がヒカリを感じるベースカラーです。忘れずに。 山�さんの松濤公募展出品作が出来上がり、額

  • アーータイヘン!!!

      野上さんの路地シリーズ新作です。今回は、黃色とダークブルーの組みあわせです。余計な装飾を少なくして、面の組みあわせが上手くいってます。ネコさんはおまけの愛嬌ね。けっこう、具象系なんだけれど、そう感じないでしょ?上

  • 原田和香個展

      11/19より開催されていました原田さんの個展が昨日終了しました。このコロナ禍の中、昨年に続き年一回の展覧会を継続してます。素晴らしいね!途切れないでやるということが、のちにどれほどの良き結果を生むか、計り知れません。毎度、カ

  • 「は〜るの小川、さらさら〜♪」

      来週末に松濤美術館公募展の搬入をむかえる山�さんの作品です。ご存知、渋谷川はあの「は〜るの小川、さらさら〜♪」の歌。このコロナ禍のグレーな世の中から、心待ちにする春の情景を絵にしました。これから、あ

  • 温和しく新年を迎えることですよね

      中西さん、最近調子いいですね。新作の水彩もヒカリ降り注ぐ感じです。この軽やかな雰囲気を大切に精度を上げて欲しい。   �橋さんは、2週間ぶりの登場。ガッチリと筆圧も高く、硬さを感じます。もうすぐ、スケッチブ

  • なんかホッとする感じ。

      飯嶋さんの新作、出来上がりました。青の印象を大切にした作品です。積層感もあり、いい感じで厚みが出ている。赤のアクセントも小粋ですね。一見ラフな感じですが、同じ手法・タッチで出来ていますから統一感があります。これでよし!&nbs

  • さあ、旅に出ようぜ!

      中西さんの水彩画、安定感が増してきました。気持ちのよいライトブルー、マチスの絵って合うよね。   そして、野沢さんの静物油彩画。凜とした空気感、いいですね。いつもは黒ベースの絵ですが、白を意識した作品をトラ

1件〜100件

arrow_drop_down

ブログリーダー」を活用して、sagansakaiさんをフォローしませんか?

ハンドル名
sagansakaiさん
ブログタイトル
[月/水]ゲッスイSAKAI-class絵画教室アトリエ・サガン
フォロー
[月/水]ゲッスイSAKAI-class絵画教室アトリエ・サガン

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用