Feel The Darkness
読者になる
住所
埼玉県
出身
東京都
ハンドル名
Inazuma Ramoneさん
ブログタイトル
Feel The Darkness
ブログURL
https://feel-the-darkness.rocks/
ブログ紹介文
ボンクラの、ボンクラによる、ボンクラのためのWeb小説・ネット創作詩のオンライン文芸サイト
自由文
映画『北京原人』が「ジュラシック・パークに対する東映からの回答」であるように、「ロード・オブ・ザ・リングに対する東映からの回答」的ボンクラ創作小説を中心に、短編小説やエッセイ、詩を書いています。 マッハ78や東映、バカ映画、B級SF・ホラー映画や小説等が好きな方は、暇つぶしに読んでみてください。
更新頻度(1年)

34回 / 234日(平均1.0回/週)

ブログ村参加:2012/10/23

Inazuma Ramoneさんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 10/17 10/16 10/15 10/14 10/13 10/12 全参加数
総合ランキング(IN) 7,605位 8,186位 8,495位 10,366位 9,188位 9,285位 9,353位 975,189サイト
INポイント 70 30 60 10 30 30 50 280/週
OUTポイント 90 20 40 10 20 20 40 240/週
PVポイント 820 60 380 2,690 1,270 560 440 6,220/週
小説ブログ 57位 65位 67位 82位 73位 77位 73位 12,005サイト
ノンジャンル小説 3位 3位 3位 3位 3位 3位 3位 115サイト
エッセイ・随筆 11位 13位 13位 16位 16位 16位 16位 739サイト
ポエムブログ 105位 107位 112位 129位 119位 119位 118位 5,899サイト
自作詩・自作ポエム 15位 17位 19位 24位 21位 20位 19位 1,808サイト
今日 10/17 10/16 10/15 10/14 10/13 10/12 全参加数
総合ランキング(OUT) 25,397位 31,403位 31,326位 34,780位 33,660位 33,752位 32,759位 975,189サイト
INポイント 70 30 60 10 30 30 50 280/週
OUTポイント 90 20 40 10 20 20 40 240/週
PVポイント 820 60 380 2,690 1,270 560 440 6,220/週
小説ブログ 145位 183位 187位 206位 195位 199位 190位 12,005サイト
ノンジャンル小説 2位 2位 2位 2位 2位 2位 2位 115サイト
エッセイ・随筆 22位 26位 27位 29位 27位 25位 23位 739サイト
ポエムブログ 168位 199位 203位 225位 219位 219位 212位 5,899サイト
自作詩・自作ポエム 29位 34位 35位 42位 43位 45位 40位 1,808サイト
今日 10/17 10/16 10/15 10/14 10/13 10/12 全参加数
総合ランキング(PV) 3,800位 3,508位 3,393位 3,308位 3,987位 4,446位 4,711位 975,189サイト
INポイント 70 30 60 10 30 30 50 280/週
OUTポイント 90 20 40 10 20 20 40 240/週
PVポイント 820 60 380 2,690 1,270 560 440 6,220/週
小説ブログ 37位 36位 33位 32位 37位 38位 38位 12,005サイト
ノンジャンル小説 2位 2位 2位 2位 2位 2位 2位 115サイト
エッセイ・随筆 4位 4位 4位 4位 4位 4位 4位 739サイト
ポエムブログ 17位 15位 15位 13位 18位 18位 20位 5,899サイト
自作詩・自作ポエム 3位 3位 2位 2位 2位 2位 3位 1,808サイト

Inazuma Ramoneさんのブログ記事

1件〜30件

新機能の「ブログリーダー」を活用して、Inazuma Ramoneさんの読者になりませんか?

ハンドル名
Inazuma Ramoneさん
ブログタイトル
Feel The Darkness
更新頻度
34回 / 234日(平均1.0回/週)
読者になる
Feel The Darkness
  • The Wounds Are Never Healed 其の1

    「せい!」「どりゃあ~っ!」 ヘンタイロスが寿司怒雷武で瀕死の料理修行を開始したのと同様、ベラマッチャも舐め犬店「ドッグファイト」で体力の限界を感じる毎日を過ごしていた。 同じ部屋...

  • 夢幻の旅:第十七話

     スマホを枕元に置き、目を閉じてもの思いに耽ると、俺の脳裏に良美の顔と蛍の顔が同時に浮かんでは消えていく。良美は帰ってきてくれるのか、そのことでメシも喉を通らず、憔悴する俺の姿を見...

  • 夢幻の旅:第十六話

     良美が家を出ていった事実を受け入れられず、俺は唇を歪めながら右手に持ったメモをクシャクシャに丸め、ゴミ箱めがけておもいっきり投げ捨てた。 病院にいたときから腹が鳴っており、体は食...

  • Spoild Child Freedom

    ずらりと並んだガキども 希望するのは自由への旅独裁者を蹴散らすために 仲間を集めフォーメーションを整える理不尽に押し付けられるものは力づくで排除 そのための破壊と暴行は正当な権利の...

  • 夢幻の旅:第十五話

     昨日の希望に満ちた想像が不可思議な現象と共に絶望に変わり、奈落の底に叩き落されたまま床に就いたが、良美と蛍のことを考えているうちに寝てしまったようだ。 朝の光と小鳥のさえずりで目...

  • 夢幻の旅:第十四話

    「よく聞いてくれ……」 バクバクと破裂しそうなほど高鳴る心臓。慎重に、言葉を選びながら覚悟を決めて口を開く。「お前と知り合う前のことだけど、若いころ付き合ってた人との間に子供がいる...

  • 夢幻の旅:第十三話

     俺の腕の中で震える良美に目をやり、次いで食器棚に視線を移すと、揺れる食器棚の中に置いてある皿がガチャガチャ音を立てて上下に振動している。「ちょっと……なんなのよ、これ……」「どう...

  • 夢幻の旅:第十二話

     まるでシャワーのように道路に降り注ぐ光。 その光のシャワーを浴びながら良美に蛍のことをどう話そうか思い巡らせていると、すんなりと良美が受け入れてくれるのではないかという都合の良い...

  • Gimme Gimme Shock Treatment 其の6

    「うぅっ……」 ヘンタイロスは絶句した! なんと、自身が切り分けたネタとアヘイジが切り分けたネタの味が違うのだ! 驚きのあまり声が出ないヘンタイロスを見て、アヘイジはニヤリと笑って...

  • 夢幻の旅:第十一話

     翌朝、目を覚まして出社したものの、どうやって蛍のことを話そうか頭がいっぱいで仕事が手につかない。大事な話だし繊細な事柄なので、良美を怒らせないよう慎重に事を進ませたい。 昼休みに...

  • 丸神の滝で涼んできました

     日本一暑くなる街の近くに住んでるためか、夏が嫌いである。だいたい、天気予報で関東最高気温を記録した街を見ると、毎日のように熊谷市だ。「あついぞ! 熊谷!」などと街おこしに利用して...

  • 夢幻の旅:第十話

     昨日に続いての自分で自分に送信しているメールに驚き、メールを確認すると、やっぱりタイトルも本文もない。 なぜこんなメールが着信するのか考えていると、キッチンから良美が話しかけてき...

  • 夢幻の旅:第九話

     あの水晶のチョーカーは今でも身に付けている。良美の手前、名前を彫ったタグは取ってしまったが、俺が気に入って作ったんだし毎朝身に付けることが習慣化してしまっていた。 右手で涙を拭い...

  • 夢幻の旅:第八話

     ――お父さん? なに言ってるんだ、この娘は……。 突然の事で頭が混乱して言葉が出てこない。あたりまえだ、俺に子供はいないんだから。 もしかしたら、この娘は頭がおかしいのかもしれな...

  • 夢幻の旅:第七話

     蛍は女性誌を一冊抱えてニコニコ微笑みながら、顔を向けただけの俺を見つめている。 一瞬ドキリとし、抱きしめてしまいたい衝動に駆られるものの、なぜか同時に罪悪感が沸き起こり、一歩踏み...

  • Gimme Gimme Shock Treatment 其の5

     白目を剥き痙攣するヘンタイロスの頭からは、薄っすらと煙さえ立ち上っている。アヘイジは全身を痙攣させるヘンタイロスを満足そうに眺めると、寿司怒雷武のスイッチを切った。「ポォゥッ! ...

  • 夢幻の旅:第六話

     付録を付けるのはスタッフに任せるとして、カートに置いた雑誌を出してしまおう。今日の商品入荷量では、雑誌に付録を付けてからだと開店時間を過ぎても雑誌が出ない。女性誌は付録付き商品が...

  • 夢幻の旅:第五話

     翌朝、目を覚ましてダイニングへい向うと、良美が作る朝食の匂いが漂ってくる。「おはよう」「おはよう。あなた、新聞取ってきて。いま手が離せないの」 良美に言われ、門のところまで新聞を...

  • Bastards Can’t Dance

    お前は凡人 俺は破壊者毎日の暮らしに満足して幸せを感じるお前 毎日の生活に疲れて絶望を感じる俺の違いさお前が自分探しの旅をしてるのは 変わらない毎日に飽きてきたからだけど考えてみろ...

  • 夢幻の旅:第四話

     風呂から出た後、スマホはダイニングテーブルの上に置いたままだったし、当然パソコンも使ってない。それに、自分で自分のメールアドレスに空メールを送信する理由などないだろう。 左手に持...

  • 夢幻の旅:第三話

     二十秒ほどで勢いよくお湯から頭を出し、体が温まったところで風呂を出てダイニングへ向かうと食欲をそそる匂いが漂ってくる。キッチンにある冷蔵庫を開けて缶ビールを一本取り出し、テレビを...

  • 夢幻の旅:第二話

     帰宅ラッシュの国道から灯りが全くない山道へ入り、細く曲がりくねった峠をひとつ超えて自宅がある街に入る。早く気持ちを切り替えなければならないのに、俺は車を走らせながら初めて蛍と出...

  • 夢幻の旅:第一話

     人の一生はあまりにも短い。これまでの人生を振り返れば走馬灯のように過去が甦り、幻だったかのように消えていく。過ぎ去りし日々に後悔があろうと変えることはできず、悔いなき人生を全うし...

  • Gimme Gimme Shock Treatment 其の4

     ヘンタイロスがワグカッチの風呂屋でのスペクタクルな体験を思い出して一人エキサイトしていると、アヘイジが屋台の下からなにやら取り出し、埃を払っている。見れば、それは硬そうなバネの塊...

  • Gimme Gimme Shock Treatment 其の3

     ヘンタイロスとザーメインの前に出されたのは、先ほどと同じコハダの寿司である。なぜ同じネタの寿司を握ったのか真意を量りかねて食べずにいると、アヘイジの声が聞こえてきた。「兄さん、そ...

  • Gimme Gimme Shock Treatment 其の2

    「うぅっ……」 アヘイジが握った寿司を口に入れた瞬間、ヘンタイロスの後頭部に鈍器で強打されたかのような衝撃が走った! 全神経が勝手に口に集中し、寿司を食べることが止められない。吟味...

  • Gimme Gimme Shock Treatment 其の1

     レストランを出たザーメインとヘンタイロスは、通りを歩きながら先ほどの料理について話していた。大陸料理の華やかさに魅了されたヘンタイロスは、盛り付けの優美を褒めるものの、隣を歩いて...

  • Autographic:あとがき

     「犬をいじめると狼が来るぞ!」 子供の頃、犬に追いかけられて石を投げつけながら家に帰ると、小鹿野町出身の祖母に決まって「狼が来るぞ」と怒られた。 昔は犬が放し飼いにされていて、野...

  • Autographic 第三十話:自然

     翌朝、目を覚まして朝食を食べ終え、父さんと和幸を見送り小鹿野のおじさんの家に行くため着替えを用意しはじめたものの、今度は何日泊まっていいのか分からない。一階に降りて洗濯している母...

  • Autographic 第二十九話:希望

     採血が終わり、看護師さんが廊下のベンチに座っていた母さんを呼びに行く。僕がドアを見ていると母さんが入ってきて、榛沢先生が看護師さんが出した椅子に座るよう言う。母さんがバッグを持っ...

カテゴリー一覧
商用