searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

自然の摂理研究会さんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
生命の原理・自然の摂理
ブログURL
http://blog.livedoor.jp/gensenkeijiban-seimei/
ブログ紹介文
現代が自然の摂理に則った社会になるには?分析と追求をしています。
更新頻度(1年)

103回 / 365日(平均2.0回/週)

ブログ村参加:2012/09/08

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、自然の摂理研究会さんの読者になりませんか?

ハンドル名
自然の摂理研究会さん
ブログタイトル
生命の原理・自然の摂理
更新頻度
103回 / 365日(平均2.0回/週)
読者になる
生命の原理・自然の摂理

自然の摂理研究会さんの新着記事

1件〜30件

  • 地球内生命の基本分子は左右どちらかに偏っている。その理由は宇宙に由来がある可能性

    生命原理は、必ず理由が存在している。引用元:リンクーーーーーーーーーーーーーーー 地球上にある生命体はすべて右利きあるいは左利きの分子からできている。庭にいるカタツムリをじっくり観察してみればあることに気づくだろう。その貝殻の渦巻の方向はほとんど同じな

  • 生物を危険から守る「闘争・逃走反応」は、骨から放出される物質が引き起こしていた

    ヒトを含む脊椎動物は、突然の恐怖や差し迫る危険に直面すると、身体に「急性ストレス反応」が起きる。瞳孔は拡大し、周囲の音は聞こえなくなる。鼓動は一気に速まり、血圧が上がって呼吸が激しくなるだろう。すべては筋肉にエネルギーを送って危機的状況に対応できるように

  • 生物を危険から守る「闘争・逃走反応」は、骨から放出される物質が引き起こしていた

    ヒトを含む脊椎動物は、突然の恐怖や差し迫る危険に直面すると、身体に「急性ストレス反応」が起きる。瞳孔は拡大し、周囲の音は聞こえなくなる。鼓動は一気に速まり、血圧が上がって呼吸が激しくなるだろう。すべては筋肉にエネルギーを送って危機的状況に対応できるように

  • 海は既存の常識より二酸化炭素を2倍も吸収している

    海が二酸化炭素を吸収している!?引用元:カラパイアリンクーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー海は毎年数十億メートルトンという膨大な量の二酸化炭素を吸収することで、大気中のCO2を調整する大切な役割

  • 細胞内のミトコンドリア 活力の源、不調は万病に通ず

    「ミトコンドリアは細胞の中を動き回り分裂や融合を繰り返している。」最近はミトコンドリアの機能が低下すると様々な病気を起こすことが判明し、医療との関わりが深まってきたという。日本経済新聞リンクより、以下転載。-------------------------------------------

  • やっぱ植物すごいわ。樹木の持つ驚くべき7つの能力

    植物は動物のように自ら移動することができない。声を上げることも、手を振ることもできない植物が、なぜ今日まで生きながらえているのか? 他の生物が交わす意外なコミュニケーションから、驚きの殺傷力を持つ木、自殺する木など、樹木には驚嘆せずにはいられない驚くべき

  • 細胞の老化プロセスを止める分子が特定される

    老化について調べる研究者にとって、主要な研究テーマの1つが「テロメア」だ。これは染色体の末端にあるキャップのようなもので、その長さは老化に関係していると考えられている。 ならば、テロメアが短くなることを防げば、細胞の老化やそれに起因する病気をも防ぐことがで

  • ウイルスという「内なる他者」との共生

    生き物とウイルスの歴史は長く、RNAの組み換えにより変化を受け入れ進化したり、唐突に宿主を死に至らしめるような攻撃的なものがあるらしい。以下(リンク)■外部から葉緑体を取り込んで一生を送る、不思議なウミウシ本編は、「エリシア・クロロティカ」という植物と

  • 赤ちゃんはなぜ何でもなめたがる?

    「チョイ悪菌」が赤ちゃんを健やかな“人間”にしていく―。藤田紘一郎「腸内細菌のチカラ」より引用---------------------------生まれたばかりのパンダの赤ちゃんは、土をなめ、お母さんのウンチをなめます。そうしないとパンダになれないからです。パンダは生まれつき好物

  • 腸内で作られた神経伝達物質が脳をコントロールしている

    神経伝達物質である「セロトニン」は、95%が腸で作られているそうですが、腸で作られたセロトニンは直接脳に送られる訳ではない。・腸内のセロトニン濃度の情報が、腸と脳をつなぐ神経(迷走神経)に伝達されて、脳の働きに影響を与えている。・脳内でもセロトニンは作られる

  • 海底を800m掘ったら、そこに生物がいた

    リンクマダガスカルの南東数百マイル先の海面は、アホウドリや漁船が長い静寂を破るくらいで、多くの生物を目にすることはない場所です。しかしその海底には、海洋下部地殻が露出している海嶺が広がっています。アトランティス海台と呼ばれている同地点を掘削したところ、海

  • ガンの新「常識」 - 生命の根源体

    ■ガンの新「常識」 - 生命の根源体(リンクより):::以下転載:::ガンとは、「身体全体の免疫力の低下に伴い、代謝能力が落ちて排出できなくなった毒素が局所に溜まった状態」です。ありとあらゆるものに存在する、「生命の根源体」(超微小生命体/ソマチッドとも呼ばれ

  • 呼吸をコントールする

    自律神経系、内分泌ホルモン系、免疫系のなかで自分でコントロールできるのは、唯一呼吸だけ。丹田呼吸法で、心、体のバランスを整える。リンク================================■丹田呼吸法とは 呼吸は自律神経系でコントロールされていま

  • ウォーキングシューズで人生が変わる

    私たちは、日々の生活の中で、自分の歩き方や足の形、そして靴選びにどれだけの注意を払っているだろう。二足歩行を選択した人類は、ほかの動物に比べて明らかに多大な負荷が足にかかっている。その負荷は、長年のうちに足を変形させてしまうほどの大きさなのだ。本書によれ

  • 人間には、死亡した後に機能し始める遺伝子がある~その意味~

    「indeep」さんより抜粋ですリンク報じられたのは、昨年のことでしたが、私はつい最近知りました。「人間には、死亡した後に機能し始める遺伝子がある」リンク簡単にいえば、「人が生きている間はずっと休眠しているが、死んだ後にだけ機能し始め、数時間後、数日後にも機能

  • 脳と体はどのように繋がっているか?~丹田(下腹部)に源がある~

    脳が指令を出して体が動く」というのは、一面の事実ではあると思いますが、全てではありません。むしろ「どうする?」を決断して動く本質的な部分は、頭よりも「丹田(下腹部)」で「腑に落ちたかどうか?」によって決まるのではないでしょうか?これは、生物進化史上、腔腸

  • 生物学的に女性は男性より強いことを証明する調査結果が

    今世界中コロナウイルスの影響を受けている。その死亡立率を調べてみたら、男性の方が高い。コロナウイルスは男性への攻撃が強いなのかとはじめに思っていましたが、実はコロナウイルスだけではなく、多くの感染症は男性の死亡率が比較的に高い。同じ人間で、同じ環境で育

  • 落葉樹は森林生態系の持続という大きな役割を担っている!

    秋も深まってくると、葉を黄色や朱色に染め、やがて風に舞いながら葉を散らす木。落葉樹とは、低温や乾燥が続くなど生育に適さない期間になるとすべての葉を落として休眠に入り、生育期になると再び葉を出す樹木のことです。春に芽吹き、夏には葉を茂らせて緑陰をもたらし、

  • イースター島の古代住民は、DNAに「南米の痕跡」が一切なかった

    イースター島の新たな謎だ。古代の住民の遺骨の遺伝子を分析したところ、南アメリカの住民との接触の痕跡は見つからなかった。以下リンク〇これらの人々は、いったいどこからやってきたのだろうか?イースター島は、現地語でラパ・ヌイという。ラパ・ヌイの古代の人々のDNAを

  • 我々の体内に存在するウイルス

    これまでは、人の体の中には、ヘルペスウイルスなどの限られたウイルスを除けば、ウイルスはほとんど存在しないと見なされてきた。ところが、メタゲノム解析が人体にも応用 されるようになり、ヴァイロームと呼ばれるウイルス集団が発見され、健康な人の腸内に膨大な数のウイ

  • 授乳とおしゃぶりの重要性 ~日本で鼻呼吸が習慣化しない理由

    鼻呼吸は、風邪ウイルスを撃退するなど重要な生体機能を担っている。にもかかわらず、無意識のうちに口呼吸をしている人が多い。これには、離乳や「おしゃぶり」離れの時期が早まっていることが影響しているそうです。以下、ひだまりデンタルクリニックHPより。***

  • 動けない植物たちは病原菌とこう戦う!

    病原菌を撃退する「あの手」「この手」■植物は、どうやって病原菌に勝つ?この冬もインフルエンザが猛威を振るいましたが、ヒトが細菌やウイルスによる感染を受けた場合には、白血球や抗体などの体の免疫機構が私たちの体を守ってくれます。風邪の時に黄色い鼻水や痰

  • 人間だけが特別な老化と死亡率を持つ

    1月13日のサイエンスに、とても興味深い記事が出ていました。寿命が長いことで知られるイチョウですが、そのイチョウの木の遺伝子と細胞構造を徹底的に調査した初の研究によって、「イチョウの木は老化ではほぼ死なない可能性」が示されたというものです。人間などの生体には

  • 私たちの身体は自分自身はたったの10%、残りの90%は他の微生物で出来ていました!⇒【生命体は、個的な存在ではなく、集団=共生で存在している】

    リンク私たちの身体は自分自身はたったの10%、残りの90%は他の微生物で出来ていました!⇒【生命体は、個的な存在ではなく、集団=共生で存在しているから引用します。>人類も、圧倒的に簡単で合理的、経費が掛からない方法、つまり得意な専門家の微生物に仕事を依頼し、

  • ウイルスや細菌感染に対応する人体の「3つの防御壁」

    人体は「3つの防御壁」によって、外部に存在するウイルスや細菌の感染による発病を防いでいる。①皮膚や粘膜による物理的な防御★防御できずに体内に侵入された場合、 ↓②自然免疫による排除★自然免疫での防御で限界がある場合、 ↓③獲得免疫による排除★それでも排除

  • 哺乳類の遺伝的多様性を保全するには、オスが移動できるような環境 にすることが重要

    オスが動くことが集団の持続には重要なようです。つまり母系?外圧を探索する。未知に飛び込む。枠を超えて新たな関係を築く。人間の活力再生も同じ構造なのかもしれません。-------------------動くオスが遺伝子の多様性を守るリンク■要旨  一般に、遺

  • ウイルスは細胞の中で生きている

    細菌をはじめとするすべての生物の基本構造は「細胞」であり、細胞は膜の内側に細胞の設計図(遺伝情報)である核酸(DNA)やタンパク質合成装置(酵素)などを備え、栄養さえあれば独力で二つに分裂し増殖する事ができる。一方ウイルスは、遺伝情報を持つ核酸(DNAまたはRNA

  • 多細胞生物だけががんになる理由

    なぜ多細胞生物はがんになるのでしょうか。(リンク)・・・・・ 以下引用 ・・・・・単細胞生物である細菌は、1匹が分裂して2匹になる。基本的には、ずっとその繰り返しだ。もちろん環境が悪化すれば、細菌だって死ぬことはあるだろう。でも、とくにそういうことがなけれ

  • 水の液体構造は2種類あることを世界に先駆けて東大が証明

    ありふれた既知の対象が、実は未知なるものだった。近年そんな発見が増えてきて驚いています。見てきたことや聞いたこと、今まで覚えた全部デタラメだったら面白い!そんなことがあるんです。今回はまさかの『水』の未知です。リンク⇒水は「ふつう」じゃない。液体の水の構

  • ウサギの食糞。なぜ赤ちゃんウサギは親の糞を食べるのか

    コアラなどの動物は食糞することで知られていますが、ウサギも同様に食糞の習慣を持っています。この場合も親の糞を食べることで腸内細菌を育みますが、生まれたばかりの赤ちゃんは腸内環境が整うまでは腸がほぼ無菌のため、細菌への抵抗が低く、死の危険が付きまとうそうで

カテゴリー一覧
商用