生命の原理・自然の摂理
住所
出身
ハンドル名
自然の摂理研究会さん
ブログタイトル
生命の原理・自然の摂理
ブログURL
http://blog.livedoor.jp/gensenkeijiban-seimei/
ブログ紹介文
現代が自然の摂理に則った社会になるには?分析と追求をしています。
自由文
-
更新頻度(1年)

81回 / 353日(平均1.6回/週)

ブログ村参加:2012/09/08

自然の摂理研究会さんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 08/22 08/21 08/20 08/19 08/18 08/17 全参加数
総合ランキング(IN) 10,232位 10,473位 11,372位 11,212位 11,571位 12,011位 11,895位 969,559サイト
INポイント 2 38 26 30 30 34 28 188/週
OUTポイント 2 38 28 32 30 34 26 190/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
科学ブログ 14位 16位 17位 17位 18位 19位 18位 2,230サイト
自然科学 3位 3位 3位 3位 3位 4位 4位 286サイト
哲学・思想ブログ 270位 278位 294位 289位 307位 312位 310位 12,855サイト
人間・いのち 3位 3位 3位 3位 3位 3位 3位 350サイト
今日 08/22 08/21 08/20 08/19 08/18 08/17 全参加数
総合ランキング(OUT) 27,651位 28,914位 30,609位 30,465位 31,135位 31,882位 31,639位 969,559サイト
INポイント 2 38 26 30 30 34 28 188/週
OUTポイント 2 38 28 32 30 34 26 190/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
科学ブログ 20位 21位 26位 23位 24位 22位 22位 2,230サイト
自然科学 4位 4位 4位 5位 5位 5位 6位 286サイト
哲学・思想ブログ 441位 456位 481位 482位 510位 540位 530位 12,855サイト
人間・いのち 6位 6位 6位 6位 5位 5位 5位 350サイト
今日 08/22 08/21 08/20 08/19 08/18 08/17 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 969,559サイト
INポイント 2 38 26 30 30 34 28 188/週
OUTポイント 2 38 28 32 30 34 26 190/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
科学ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 2,230サイト
自然科学 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 286サイト
哲学・思想ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 12,855サイト
人間・いのち 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 350サイト

自然の摂理研究会さんのブログ記事

  • 世界の地下鉄網は「同じ形」

    下記,リンクより引用***************************世界各都市の地下鉄網の形を分析したところ、それぞれ異なった歴史や地理的条件を持つにもかかわらず「同じ構造」になっていることがわかった。粘菌の成長パターンが実際の都市構造に似ているとい

  • 群れるメリットが「社会」をつくる

    以下リンク ハチやアリには社会があると言われる。巣の仲間が協力し、様々な仕事を分担する。  エサの調達係や幼虫のベッドを整えたり体をきれいにするサービス部門、巣を守る防衛部隊、中にはキノコを栽培する農業担当やアブラムシなどを家畜として飼育する係がいる場合

  • 脳の性分化は遺伝子ではなく、雄性ホルモンの有無により決定される?

    生物はオスメス分化により飛躍的に進化してきた。男女の違い、役割を考えるときには生物のオスメス分化にまで遡りその原理を追求する必要がある。ところで気になるのは最近の性同一性障害の事例など。これは体(機能)と心(脳)が分裂しているのか、どのように理解したらい

  • エアコンの設定を巡る競争が激化? 室温がパフォーマンスに及ぼす影響は、性別により異なるという研究結果

    エアコンの設定を巡る競争が激化? 室温がパフォーマンスに及ぼす影響は、性別により異なるという研究結果リンクより転載。------------------------------------------------------------------部屋の温度によって社員や学生のパフォーマンスは影響を受けるが、性別によって

  • 生き物と生き物じゃないもののあいだ 細胞膜、生き物、生命

    リンク より引用します。****■細胞膜とは?遺伝子によって各パーツ、装置が設計され、遺伝子によって設計された酵素によってその正常性が維持されている細胞だが、そもそも、境界が無ければ中身が外界と混じり合い一つの構造として成立しえない。細胞膜は「ここから、

  • 細胞内共生は、非常にすぐれた『進化の原動力』である

    【ゾウリムシで細胞内共生の仕組みを解明する!】リンク>ミドリゾウリムシは、淡水中に生息する真核細胞からなる単細胞生物です。消化、排泄、生殖を行い、分裂を繰り返しますが、体内に淡水性単細胞緑藻類のクロレラを「共生」させるため緑色に見えます。この細胞内共生は

  • 私たちのなかのからだにある強威力ホルモン~女性ホルモンと男性ホルモン~

    男性ホルモンと女性ホルモン。男性だけにあるわけでもなく女性だけにあるわけでもない。ホルモン強さも一緒なわけではない。ということを知っていましたか???以下引用:リンク--------------男性ホルモン&女性ホルモンのはたらき男性ホルモンは男性を男性

  • 土に触れる生活が心身の健康につながる。抗ストレスの妙薬は「土壌」にあった:研究結果

    土壌に生息する細菌に、抗炎症や免疫調節、ストレス耐性などの性質がある──。そんな研究結果を、米国の研究チームが発表した。アレルギーやメンタルヘルス障害の原因のひとつとして、わたしたちが泥や土に触れる生活から離れたことも影響していると示唆されている。現代社

  • 根同士の接触と菌糸による「つながり」~植物たちの驚異のネットワーク

    森林の樹木は「根」同士が触れ合うことで、意思を持った情報のやり取りし、それによって森林の樹木はネットワークを形成しているそうです。地に根を下ろして動かない植物は、一見受け身で無反応のように見えますが、地に根を下ろすことによって、動物とは異なる方法で活発な

  • 人の自殺に生物学的な意味はあるか?

    日本では若者の無気力・活量低下が問題になっています。その最終行き先が自殺だと思うのですが、それを生物的に考えたい。引用先→リンク-------------------------------------------------------------------仮説1)人だけが自由意志を持っているので、人しか自殺しないの

  • 胎児の不思議~夫婦は遺伝的には別個体だが、胎児を通じて生物学的につながっている

    胎児の血球を使って、生前に胎児の機能を見ることを目的に始まった遺伝子分析ですが、この分析手法が発達し、これまで知られていなかった様々な事実が明らかになっています。○母親の血流の中には、胎児のDNAの断片が存在してる。母親の血流の中には、妊娠の直後から、胎児の

  • 植物は自分のDNAを分解して栄養にしていた!

    植物に必要な三大栄養素の一つであるリンを、植物自ら己のDNAを分解することで補っていることが明らかとなりました。地に根を張り、栄養を吸収する植物は、不足する養分を補うため、己に蓄積されているエネルギーを再利用する機能を発達させています。そろそろ人類も社会のせ

  • 音の聞き分けが優れたコオロギは人間と似た構造の耳を持っていた

    なんとコオロギは人間と似た構造の耳を持っていたことを北大グループが解明。「動物は種を問わず、音の周波数の細かい識別のためには振動を液体の流れに変換する過程が必要なのかもしれない」と研究グループ。 サイエンスポータルリンクより、以下転載。-------------------

  • 女性の体は、弱い精子をブロックする驚くほど洗練された方法を持っていた

    リンク<米コーネル大学の研究によって、子宮から卵管へとつながる狭窄が、運動性の高い精子を選抜する役割を担っていることが明らかとなった>ヒトをはじめとする哺乳動物は、わずか1個の卵子に対し、一回の射精で6000万から1億の精子を放出するが、精子が卵子と出会うため

  • 弱者の戦略~弱肉強食の自然界に適応する生物

    自然界に適応する生物はたくましい。以下 長周新聞リンクより自然界は弱肉強食である。強いものだけが生き残り、弱いものは滅びていく。しかし実際には、強いものばかりが生き残っているかというと、そうでもない。静岡大学大学院農学研究科教授で農学博士の著者によれば、

  • ガンや生活習慣病予防にも効果的と言われる『オートファジー』とは?

    東京農業大学の大隈教授が発表しノーベル医学賞を受賞したオートファジー(AutoPhagy)。世界的な大発見として話題となった。オートファジーとは何か?『Auto』は自ら 『 Phagy』は食べるという意味を持ち別名 『自食作用』とも呼ばれている。*********************リンク●自

  • 最強の恐竜が滅び「弱者」が生き残った理由

    かつて地球上の全生物の頂点に立っていた恐竜。その恐竜が滅んだ理由は一般的に「隕石の衝突」だとされるが、生物学者の稲垣栄洋氏によれば、「そもそも、生物史においては強者が滅び、弱者が生き残るということが繰り返されてきた」という。以下(リンク)より「弱者こそが

  • 女性の体は、弱い精子をブロックする驚くほど洗練された方法を持っていた

    種の存続の為には少しでも強い精子を受け入れる必要があり、女性の体内にはその機能が備わっているらしい。リンクより引用します。****************************<米コーネル大学の研究によって、子宮から卵管へとつながる狭窄が、運動性の高い

  • 植物の「知性」考

    「知性は問題を解決する能力である」>食養の道(リンクから紹介します  ===脳がないなら知性はないのか?植物は、動物とは異なる方法で栄養を摂取し繁殖し世界に広がっていけるように進化してきた。さらに外敵から攻撃に対処するためにモジュール構造の身体を作り上げて

  • 日本の桜のほとんどが「クローン」だって知ってる?

    本中のソメイヨシノが一斉に開花するのには、理由がありましたリンクより引用です。***********************************■日本にあるソメイヨシノはすべてクローン私たちが目にする桜の大半は「ソメイヨシノ」という品種です。このソメ

  • 外部刺激によって胚細胞内のリン酸化の変化の詳細が解明

    圧に対して細胞レベルではどの様な対応をしているのか?DNA・遺伝子もすべてアミノ酸で構成されているので、外圧は細胞内のアミノ酸の変化を導くと考えられる。「力学刺激によって胚細胞内のリン酸化の変化の詳細が明らかに」との研究発表が有りましたので転載します。力によ

  • 『弱者の戦略』 著・稲垣栄洋

    リンクより引用・・・・・・・・・・・・引用開始・・・・・・・・・・・・・・・・・自然界は弱肉強食である。強いものだけが生き残り、弱いものは滅びていく。しかし実際には、強いものばかりが生き残っているかというと、そうでもない。静岡大学大学院農学研究科教授で農

  • 宇宙波動エネルギーと共鳴して生命エネルギーがつくられる

    宇宙(氣)エネルギーがソマチッドを媒介に血球細胞を作り出していると森下敬一博士は説く。では宇宙(気)エネルギーとはなにか?それは生命にどのように伝わるのか?リンクより引用********************* 現代医学を一言でいえば、物体医学である。

  • 宇宙波動エネルギーと共鳴して生命が形づくられる2

    引き続き リンクからの引用です。******************* 「波動」が生命を生み出す。それを証明したのがラウターヴァッサーである。著書「ウォーター・サウンド・イメージ」で水と音が分かれば宇宙全てが判るとしている。1951年、ドイツで生まれ、哲学、

  • 生命の根源は水と波動? 特定の周波数が細胞を目覚めさせる。

    生命の根源は「水と波動」なのかもしれない。波動といっても、電波、光、音、(熱も)など色々ありますが、それは私たちの感覚器官がそう感じるからそう分類しているのであって、共通するのは周波数によって特性が変わると言うことです。水は、受けた音波の周波数によって様

  • 発展途上国から米国に移住すると、病気を発症しやすくなる理由

    腸内細菌叢(マイクロバイオーム、腸内フローラともいう)がヒトの健康に多大な影響を及ぼしていることが、近年の研究で明らかになってきています。様々な腸内細菌が多くの代謝物を作りだすことでヒトの健康が維持され、逆に腸内細菌の種類が減り、作り出される代謝物が減る

  • ワタリガラスの生活能力

     鳥類の知能は、低いと言われていますが身近の存在であるカラスの生活能力は他の動物に比べても高いものがあるようです。下記引用知能が高く社会生活能力がある生物といえば人間とその遠い親戚である霊長類だろう。逆に、鳥といえば、「鳥頭」(記憶力が弱い人のこと。鶏は

  • NATURE FIX 自然が最高の脳をつくる

    森や海など自然豊かな環境に行くと、気分が上向き、体調も良くなる。体感的には納得しやすい話だ。では、科学的にはどれほどのことが明らかになっているのだろう? 環境・健康・科学などについての記事を執筆する米国のジャーナリストが、自然と脳、自然と健康に関する研究

  • 食べ物と腸と脳の関連性

    日本や世界や宇宙の動向 リンク より(前略)食生活が脳に影響を与えているということを軽視している人が多いようです。様々な研究から脳と腸には深い繋がりがあることが解明されています。この関係は腸脳基軸とも呼ばれています。最近は、塩分の多い食事が脳にどのように

  • DNAをリンの貯蔵庫としても利用する植物の生存戦略

    DNAは遺伝情報を記録し次世代へ引き継ぐ重要な機能を担っていますが、植物は大切な栄養素であるリンが不足すると、細胞小器官内にあるDNAを分解してリンを補います。細胞内共生という戦略をとっても、すべてのDNAを核に集約するのではなく、異なる役割を担わせることで、適応