searchカテゴリー選択
chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
自然の摂理研究会
フォロー
住所
未設定
出身
未設定
ブログ村参加

2012/09/08

1件〜100件

  • 粘菌の「cAMP産出リズム→レセプターを介した相互同期」

    単細胞アメーバの一種である「細胞性粘菌」は、餌がある限りは2分割を繰り返して増殖を続ける。しかし飢餓状態になると分割を停止し、1000個から10万個程度のアメーバが凝集する。次第にナメクジ状の移動体(slug)と呼ばれる形状となり、動物のように移動を開始する。その後、

  • 生命に於いて物理法則は原子に関する統計に基づくものであり、近似的なものにすぎない

    生物の体は物理学や化学的法則では示しえないが、統計的にある一定の運動をする性質を持っているという。生命を考える上で重要な視点です。「生命とは何か」シュレディンガー著 岩波文庫 より以下引用******************************************************************

  • 生命にとってなぜ水が必要なのか。水の通り道をつくるアクアポリン

    水にはDNAが転写される謎も挙げられていますが、生命にとってなぜ水が必要なのか。どのように水を体内に運んでいるのか。

  • 微生物のコミュ二ケーションを読み解き、人類との共生の新たなフェーズを拓く

    「コミュ二ケーションする微生物たち その「言語」を読み解き、人類との共生の新たなフェーズを拓く(リンク)」------------------------------------------------------------------前略「集団」として微生物を捉える

  • 気象情報「以外」で天気を読む方法について。動植物の変化と天気は本当に関係している!?

    農作物を育てるうえで、大切になってくるのが気象予測。気象庁等のデータから予測する方法もありますが、身近な動植物の動きから見ることも可能とのこと。一例を紹介します。

  • 生物は「突然変異」 と 「自然選択」 により進化して来たというのは事実か?(後天的遺伝では)

    現在の教科書では生物の進化は進化論(生物は「突然変異」 と 「自然選択」 により進化したという理論です)で記述されています。そのような中で「生物進化論の未解決問題(その5)自然淘汰で「情報」と「理論」が作り出されるか」を提起した記事がありましたので転載します

  • もっとも原始的な藻類・灰色類は暗所でも光合成していた!

    リンクより*** これまでの研究で分かっていたこと約30億年前に、地球上にシアノバクテリアが出現し、水を分解し酸素を発生させる光合成を始めました。このシアノバクテリアを含む光合成生物が発生する酸素により、大気中の酸素濃度が上昇し、私たちのような酸素を呼吸す

  • 「ウイルスに適応するための遺伝子も」ヒトゲノムの“残りの8%”の解読の可能性とは

    以下転載(リンク::::::::::::::::::::::::::::::::::ヒトの生命の設計図ともいわれる遺伝情報「ヒトゲノム」。2003年の国際プロジェクトによって解読の完了が宣言されたものの、解読できない部分が約8%残っていた。【映像】ヒトゲノムの

  • 種子(タネ)の多様性を守り続ける、草の根ネットワーク

    日本の9割以上の種子(タネ)は、その土地で収穫されたものではなく、種苗メーカーの手によって品種改良された1代限りの種子が広まっている。その土地に根差した農作物が世の中から無くなってしまうこと、そして、改良された品種による人体への影響が分からないことなどには

  • 人間からフェロモンは出ていない?

    モテる女性や男性からはよくフェロモンが出ているなんて言われていますが、ヒトからはフェロモンが出ていない可能性が高いことが分かりました。 そもそもフェロモンって何なのか?ヒトから出ていない根拠は何なのか?について迫っていきたいと思います。

  • 水は電磁波でDNA情報が転写される。だから人間の身体の75%が水であり、生命の周波数が解明できれば治療にも応用できる?

    母なる水には、まだまだ解明できていない、しきれないほどの可能性を秘めているのかもしれません。

  • 足の指が先祖返りする確率はどの程度か? ~人類の奇形児の発生率~

    「人類は足の指が先祖返りして樹に登れなくなったサル」と言われていますが、それらは「集団発生したのか?」。あるいは「個体発生なのか?」。この事実を追求するために、先祖返りとはどの程度の確率で起こる事象なのか?を追求してみました。 先祖返りは、人類でも起きる

  • 人間の肺の中から、新たな細胞が発見される

    「ヒトゲノム」の完全解読に成功という発表があったばかりだが、まだまだ人体には不思議と謎が隠されているようだ。 繊細な通路が枝分かれする人間の肺で、これまで知られていなかった細胞が見つかった。その細胞は、肺の機能を維持するうえで大切な役割をはたしており、喫

  • 共通祖先とは何か?進化とは何か。

    人類はサルから進化したと俗に言われるが、人類は、現在の様なオランウータンやチンパンジーから直接進化したのではない。正確には、人類とオランウータンの共通祖先がおり、そこから分岐して各々が進化したということである。では共通祖先とは何だろうか?具体的には、外圧

  • キノコは「菌糸ネットワークを流れる電気信号」で会話をしている

    菌類は「菌糸ネットワークを流れる電気信号」で会話をしており、その「言語」は人類の言葉とよく似ているとのことです。ナゾロジー リンク より、以下転載。-----------------------------------------------------------------キノコは「菌糸ネットワークを流れる電気信号」

  • 人間は血液のリズムに支配されているという事実

    これまで人体に於ける『波動』という単語を聞けば、スピリチュアルなイメージを持ってしまう人も多かったように思います。しかし近年、科学的にも人間の体内では常に「ナノスケールの振動」が起きていることが確認されており、血液のリズムそのものが思考や行動と直結してい

  • 生命の定義をも揺るがす代謝の「ありえない反応」、相次ぐ報告は生命の起源解明の鍵か

    以下転載(リンク)::::::::::::::::::::::::::::::::::細胞が先か代謝が先か、化学反応はどの時点から生命と呼ばれるのか米国カリフォルニア州のモノ湖は、炭酸塩とリンを豊富に含む塩湖である。初期の地球にはこうした湖がたくさんあり

  • 微生物とエレクトロニクスとマインドフルネス・・・「生物も非生物も、 すべての物質は究極的には電磁気的な現象である」-2

    ~前回の続きです~■ものセラ リンク 微生物とエレクトロニクスとマインドフルネス リンク より抜粋、引用。ーーー●微生物エレクトロニクスのマインドフルネスMindfulness of Microbial Electronics私たちのように酸素の豊富な大気圏で生まれた人間は、目に見える生物

  • 微生物とエレクトロニクスとマインドフルネス・・・「生物も非生物も、 すべての物質は究極的には電磁気的な現象である」-1

    ■ものセラ リンク 微生物とエレクトロニクスとマインドフルネス リンク より抜粋、引用です。~引用開始~●金属を呼吸するバクテリアロバート・ベッカー博士は「生物も非生物も、すべての物質は究極的には電磁気的な現象である」と言います。また「生命の基準は、組織

  • 電磁波共振によるエネルギー受信機能から観る光合成の機能2・・・電気エネルギーで生物素材を合成

    光合成は太陽から送信された電磁波(光)の波動エネルギーを、空間を超えて受信し、それをATP等の化学物質蓄積し、生体内のエネルギー必要個所に移送して、糖類の合成を含む生命維持に使用するというシステム。光合成の2段階目は、は光エネルギーを使って、光化学系II(水を

  • スミルノフ物理学~まとめ①

    宇宙空間中にある限り、物理法則も生命誕生も必ずどこかでつながっているはず・・・それを実証しているのが「スミルノフ物理学」ということで、これまで下記の記事を書いてきました。それを一旦まとめてみます。【スミルノフ物理学】①物理学(宇宙論)と生物学(生命の誕生

  • 海から5500種を超える未知のウイルスが発見される

    まだまだウィルスの世界は未知に満ちているようだ。分からない事が多すぎる中、齧った程度で都合よく応用するには人類はまだまだ未熟なのではないだろうか?リンク「カラパイア」さんより転載です。

  • 身体の大きい動物ほど寿命が長い理由

    リンクより***身体が大きい動物ほど、沢山食べる必要がある。生きていくために多くのエネルギーを使うからだ。このエネルギー量を代謝量と呼ぶ。身体の大きい動物ほど代謝量は大きいが、体重が10倍重いから代謝量も10倍になるのではなく、約5~6倍にしかならない。つまり

  • 「腸内細菌が接合によって遺伝情報を共有し合っている」との研究結果

    以下転載(リンク)::::::::::::::::<細胞同士が接続して遺伝情報をやり取りする「接合」によって、腸内細菌がビタミンB12を吸収する能力を共有しあっている>腸内細菌はビタミンB12を必要とし、これがなければほとんどの種類の細胞が機能しない。このほど、

  • 電磁波共振によるエネルギー受信機能から観る光合成の機能1・・・水分解で電気エネルギーへ変換

    光合成は太陽から送信された電磁波(光)の波動エネルギーを、空間を超えて受信し、それをATP等の化学物質蓄積し、生体内のエネルギー必要個所に移送して、糖類の合成を含む生命維持に使用するというシステム。光合成は大きく2段階に分かれる。まず、一段階目は光エネルギー

  • 「葉緑体が光合成を行う」は固定観念。そうでは無く「アンテナ色素タンパク質複合体」が光合成を行っている

    学校教育もあって、我々は「葉緑体が無いと光合成できない」と固定観念のように思いがちであるが、実はそうでも無いらしい。

  • 重力と免疫機能の関係-動物は陸に上がり重力に適応したー

    生物の身体は重力環境化に最適化されており、無重力状態では免疫機能の低下など身体の機能に異常が発生します。重力が細胞レベルで利用される仕組みを解明することで、海から陸に上がった生物がどのように重力に適応してきたか、その年代、系統が明らかになるかもしれません

  • スミルノフ物理学⑧~シリカ(正四面体構造)と「祈り」や「信仰心」とのつながりを検証

    これまでは非科学的とされてしまっているもので、古来から今に至るまで続いているものとして、「祈り」や「信仰心」などはその最たるものだろう。>正四面体構造の左手系シリカが地球上の生命体の鋳型であるならば、その高度生命体である人類はエーテル繊維を媒介する存在で

  • 色から読み解く植物の多様性 ~光合成ができるのは葉っぱだけじゃない~

    植物の光合成は一般的に「葉っぱ」でできると考えられていますが、根や茎、トマトの実も光合成ができる。要因は「葉緑体が分化」(=白かったところが緑に変わる)ことで、光合成ができるようになるという説です。この説には「色素体」という植物特有の細胞小器官が関わって

  • 人の去った廃村から「チョウが姿を消している」

    人も生態系の一部なんですね。以下、(リンク)より転載********************************■人が消えたことでチョウもいなくなっている?

  • 人間の共感現象を科学的に考える・・・電磁波受送信の基礎

    相手との共感による深い充足や、以心伝心など何かを感じて相手の気持ちが解る、こころの琴線に触れる、相手の気配を感じる、オーラを感じる・見るなど、人間として普遍的に存在する感覚がある。しかし、人間の感覚に比べて極めて粗雑な近代科学を信仰するようになって以降は

  • ヒトの色覚と動物の色覚

    転載します光と色の話 第二部第14回 ヒトの色覚と動物の色覚|CCS:シーシーエス株式会社 (ccs-inc.co.jp)___________________私達は、この世に生まれてからずっと身の周りの色に囲まれて生活してきていますので、色が見えて当たり前という日常感覚で毎

  • 生物は気候変動に対応して進化できるのでは?

    A-PLATリンクより引用-----------------------------------------------------------------1. 気候変動に対する生物の反応生物は、それぞれの生息・生育環境での暮らしに適した性質をもっています。雪が降る季節には体色を茶色から白に変えて敵から見つかりにくくなるウサギ

  • 重さ2%の脳が20%のエネルギーを消費している

    一日中頭を使うと疲れる、お腹が空くことは誰もが経験していると思うが、脳はかなりのエネルギーを消費する。「生命の内と外」永田和弘著 新潮選書 より引用**************************************************************** 細胞のなかの膜で囲われた構造体、オルガネ

  • 電磁波や放射線などの波動をエネルギーに変換するメラニン

    シミなどの原因であるメラニン。実は、植物における葉緑体のような働きをして、人類の光合成を起こしているのでは?と言われています。>メラニンは、太陽光から生化学的エネルギーを作り出す機能を持っている(リンク)今回は、メラニンが太陽光(電磁波)を受けたときにどの

  • スミルノフ物理学⑦~正四面体構造の左手系シリカが地球上の生命体の鋳型

    343068>しかし最近、有機化学的手法を無機化合物のオルトケイ酸の合成に応用することで、不安定なオルトケイ酸を合成、結晶化させて、構造を解析した研究が発表された。この構造は、4本の腕にそれぞれOHが付いたもので、水にも溶け、単体で正四面体も形成できる。で紹介して

  • 丹田が生命の根本といえる

    「腑に落ちる」「腹を割って話す」「腹に据えかねる」「腹におさめる」こうした言葉が代表的であるが、古来より日本では物事を腹(丹田)で考え、捉えてきた。それでは、なぜ「丹田」が重要視されてきたのだろうか。

  • ヒトの細胞数は60兆個ではなかった?

    これまで指示られてきた人の細胞数は60兆個という定説は実は間違いだった。

  • 脳内でドーパミンやGABAを生む「黒質」には、太陽光からエネルギーを生むメラニンが多く含まれている

    >日焼けのもとになるメラニンは、太陽光から生化学的エネルギーを作り出す機能を持っている(375469)にある通り、人類も植物の光合成のように、メラニンを通じて太陽光のエネルギーを生化学的エネルギーに変換している可能性が見えてきた。また、放射性真菌と呼ばれるいくつ

  • 感動で鳥肌が立つ理由/皮膚は感情を持っている!?感覚器官と皮膚がつながっている!?

    音楽など聞いて感動したときに、鳥肌が立つ人と立たない人がいます。その違いとはなんでしょうか?それは感覚器官と皮膚が繋がっているのかの違いかもしれません。感覚器官が繋がっているのは脳という認識を転換する必要なのかもしれません。後天的に皮膚と感覚器官を繋いで

  • 損傷した神経細胞を修復する方法 研究者らが発見

    表題はスプートニクの記事。リンク―――――――――――――――――――――――――――――パーキンソン病などの神経変性疾患で損傷を受けた神経細胞を修復する方法を、米イリノイ大学の研究者らが発見した。それはペプチドを神経細胞に作用させるというもの。医療系ニ

  • 人は見たものより「触った」ものを信頼する

    正確な情報を得るために「まず触って確かめる」は、人類史の長い歴史の中で塗り重ねられてきた情報把握の機能であり、視覚や聴覚情報よりも信頼するものなのだろう。

  • 母親からしか遺伝しないミトコンドリアDNA

    これまで両親から半分ずつ受け継ぐものだと思っていたDNAが実は母親からしか受け継がれない「ミトコンドリアDNA」なるものが存在しているという。

  • 光エネルギーを受信し化学エネルギーに変える機能の進化

    光エネルギーを受信し化学エネルギーに変える生物パーツは、概ね古い順に並べると、1. ソマチットなどの、水溶性珪素や珪素を含むリン酸鉱錯体を推定されている分子。2. 紅色細菌・紅色硫黄細菌に含まれる青緑色色素で、バクテリオクロロフィルと呼ばれている。マグネシウム

  • スミルノフ物理学⑥~生命体(DNA)はS極系エーテルエネルギーを取り込んでいる。

    近代栄養学では、カロリー計算が使われているが、以下に紹介されている通り、私たちのからだを維持することが全くできていないという現状にある。【参考】375144 「エネルギーは食料からしか得られない」とする、近代栄養学の誤り>例えば、大人一人が必要とするカロリーは一

  • 日焼けのもとになるメラニンは、太陽光から生化学的エネルギーを作り出す機能を持っている

    日焼けやシミのもとになるメラニン。どちらかと言えば嫌われ役だが、実は太陽光から生化学的エネルギーを作り出す機能を持っているという。もしかしたら、人間も光合成と似た方法で太陽光から、生きるためのエネルギーを獲得する仕組みがあるのかもしれない。

  • 離乳という現象を捉え直す

    離乳次期は赤ちゃんの栄養的自立時期と≒であると考えられていたが、それは当たり前ではなく、「母親が次の子を妊娠する時期」に一致することが主である。僕たちは、離乳という現象を捉えなおす必要があると思う。

  • 同期回路(同調回路)が基礎

    哺乳類の連携行動を可能にしているその基礎に、親和機能(本能)の発達と追従本能→真似充足本能がある。そして、親和機能や追従本能のさらその土台に、個体間交信の同期(同調)機能があると考えられる。例えば胎内保育の哺乳類においては母親の胎内で母親の心臓の鼓動と胎

  • あらゆる病を癒す「光の医学」

    光はやはり、人体に多大な影響を与えています。『あらゆる病を癒す「光の医学」。光のエネルギーと健康の関係性。私たちに大きな影響を与えていたものは光の波長だった!』リンクから紹介します。

  • 皮膚感覚と脳との関係

    以下転載(リンク)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・要旨理化学研究所(理研)脳科学総合研究センター行動神経生理学研究チームの村山正宜チームリーダーらの国際共同研究グループ※は、皮膚感覚を知覚する脳の神経回路メカニズムを解

  • 生体内原子転換による核エネルギーによって哺乳類・鳥類は恒温化した

    スミルノフ物理学派の佐野千遥氏は次のように指摘している。「現代西洋医学は、人体が一日に必要とするエネルギー量を食事から摂取する2300~2500kcalだけと考えているが、人間の体は例えば室温6℃の中で体温を36℃に保つ為だけでも57500~62500kcalが必要。このエネルギーは

  • 皮膚はすべての感覚機能も持ち合わせているマルチパーパスな感覚器官

    光波・電磁波(視覚)、音波(聴覚)、分子の固有振動(味覚・嗅覚)、圧力(触覚)上記のとおり皮膚はあらゆる波動(波長、振動)を感知している。脳の過去記憶と、皮膚情報を照らし合わせ、判断もするし未来予測も行う。メス発の性の挑発、一体化充足のために皮膚を露出し

  • 水は典型的な極性分子→水素結合を形成する

    リンクより引用させていただきました。***水分子の構造水は典型的な極性分子→水素結合を形成する; 水については誰もがよく知っており、また、水分子の構造についても理科の本に詳しく記述されていますので、いまさら触れる必要はないと思いますが、話しの順序として簡単

  • 私たちの細胞が傷ついても自然治癒するカラクリ

    以下(リンク)引用-------------●分子の性質が細胞の活動を促す脂質分子が水中で安定な膜構造を形成する仕組みを見てみよう。水の分子(H2O)は、酸素原子に水素原子2個が結合し、「く」の字形に折れ曲がっている。3つの原子がなす角度は、すべての水分子に共通であり、104

  • 全生物の生命活動を支える「ATP合成酵素」は、水を通じて無限にエネルギーを生み出すモーターになっている

    世界には、10万人以上の「不食」の人がいると言います。彼らは、食べ物ではなく、光からエネルギーを得ていると言います。>生物は「シータ波」を通じて宇宙の電磁的エネルギーを享受している(リンク)では、光のエネルギーでどのように生命活動を維持しているのでしょうか

  • 生物の自然電磁波エネルギー受信は、体内アンテナ回路内のコンデンサが主役となって実現する

    生物の自然電磁波エネルギー受信は、①電磁波エネルギーの受信によって活力が出る。②臓器ごとに固有振動数があり、その周波数の電磁波を臓器に当てると病気が治る。③非科学的と言われているが、実際は治療効果がある、鍼灸や気功やヨーガの応用などの伝統医療はすべて、乱

  • 生物は特定の周波数に同期(エネルギーの授受)だけでなく、特定の周波数で死滅する

    生物は特定の周波数に同期(エネルギーの授受)だけでなく、特定の周波数で死滅する記事。ただ下記の記事の対象は、寄生虫やウイルスだけであるが・・___________________________________________強健ラボ(リンク)体内の寄生虫やウィルスを駆除、周波数発信装置とは?体内

  • 「エネルギーは食料からしか得られない」とする、近代栄養学の誤り

    オランウータンは飢餓の危機を授乳期間の延長と性収束(密着充足)による活力上昇で克服した種である。しかし、ここで問題になるのは栄養不足の危機の中で、どのようにしてエネルギーと栄養を生み出したかである。もちろん生体にはある程度飢餓に対する耐性は備わっている。

  • 太陽エネルギーが細胞呼吸(生命活動)を支える

    光が弱いところでは植物は食べるもの(蓄えられた炭水化物)がなくなって生きていくことができなくなる。人の細胞でも光合成に近い反応が起こっているのではという説もあるが、この仕組みがカロリー補給を行っているのかもしれない。「植物の体の中では何が起こっているのか

  • 摩訶不思議な「金属で呼吸する細菌」

    リンクより引用***●摩訶不思議な「金属で呼吸する細菌」、実は量子レベルの操作を行っていたと判明・空気のない場所でも金属に電子を吐きだして呼吸している細菌が発見された・細菌は電子の放出効率を上げるために、電子のスピン方向を統一していた・仕組みを解明するこ

  • 不食人間とはオートファジーが超活発なニュータイプか!? 科学ライターが解説!

    リンク以下引用-------------------------■サイエンスライターがオートファジーと不食人間の謎に迫る!

  • 腸での水の吸収と水の拡散

    毎日2Lは水を飲みましょう、とよく聞きます。水を吸収する仕組みについて調べてみました。

  • 人の運は食にあり。パフォーマンスを上げる「少食と咀嚼」のすすめ

    不食や断食は訓練が必要ですが、「咀嚼」は誰でもできる。食べながら味や触感などを想像する「食べる瞑想」から、食を通じて人間の能力を最大限に引き上げられるようです。

  • 長老の木は森を支える遺伝子を供給していると判明!

    森にとって古木は、異なる環境に適応する遺伝子を撒き散らしてくれる、貴重な存在のようです。nazology リンクより、以下転載。-----------------------------------------------------------------長老の木は森を支える遺伝子を供給していると判明!古木は森全体を支える「

  • 「ただの海水で、病気が治っては儲からない」

    ルネ カントン Rene Quinton 1866-1925 を皆さんは彼をご存じだろうか、、、、彼は1907年、初めてのクリニックをオープンしてから、血液の濃度まで薄めた海水を病人に輸血し、1910年までにフランス国内で約70ものクリニックを開け、50万人以上の命を救った。

  • 不安やうつは腸の状態と関係あり、腸内バクテリアが変われば行動も変わる

    リンクより***「子どもを怒鳴りつけて叱ることは素行不良やうつ病を引き起こす」という研究結果や「うつ予防にはオリーブオイルがいい」といった研究結果まで、うつや不安に関する研究は多岐にわたりますが、現在では「腸内バクテリアが精神の不安に結びついている」とい

  • 死は、生物にとってけっして不幸な結末ではなく、種が繁栄を誇るために必要な、積極的な意味をもっている

    進化の過程で植物は寿命を短くする方が種が生き残る上で有利だという戦略をとってきている。そうすると、人類の寿命が延びているのは本当に正しい方向なのか疑問が沸いてくる。

  • 「家畜化」は脳を縮小化している

    ウィーン大学(UVienna・墺)らの研究で、ネコの脳は、過去1万年の家畜化の過程で脳が小さくなっていることが判明しました。人に飼われる安全な環境により、常に危険がつきまとう野生下と比べ、集中力や頭を使わなくなっているようです。。

  • 遺伝子の突然変異は常にランダムではない

    この研究成果も含め、獲得形質の遺伝などランダムな突然変異だけでは説明できない事実・事象が様々あることを踏まえると、ダーウィンの進化論は絶対ではないことがいえる。

  • 人間の血液と植物の血液

    リンクより引用千利休以来の四百年以上の伝統を背負っている茶道の家元 千玄室は「私の血は緑の血である」と本に書いていたが、今回は「緑の血」について語りたいと思う。

  • イネが「バカ」になる原因物質-ジベレリン

    トマトなどの着果改善、種なしブドウ、三つ葉・セロリなどの生育促進など現在、農業分野で広く応用されているホルモン剤「ジベレリン」は実は、稲の病気「馬鹿苗病」から発見されたものだった。

  • 「クラス進化論」という、論理整合性に立脚した新しい生物進化論4

    リンクより3のつづき***クラス進化論の結論 すでにクラス進化論の原理を示した。すると、どのような結論が得られるか?

  • 「クラス進化論」という、論理整合性に立脚した新しい生物進化論3

    リンクより2のつづき***旧種の中心と新種の中心 こう考えると、進化とは何かということへの認識も、従来の説とは異なったものになる。 進化とは、「旧種 → 新種」というふうに、一つの種が質的に変化することではない。むしろ、「旧種 → 旧種 + 新種」という

  • 「クラス進化論」という、論理整合性に立脚した新しい生物進化論2

    リンクより1のつづき***クラス進化論の原理 以上が、クラス進化論の基礎である。この基礎に立つと、進化は、次のような原理で説明される。

  • 「クラス進化論」という、論理整合性に立脚した新しい生物進化論

    リンク より、転載*** クラス進化論では、遺伝子レベルで物事を考える。まずは最初に、「遺伝子と個体」という関係に着目する。この関係を、次の表で示す。(この表を「行列表」と呼ぶ。)

  • ヒトの腸の中には14万種、100兆~1000兆ものウィルスが生息しているということが判明。

     ヒトの腸の中には14万種、100兆~1000兆ものウィルスが生息しているということが判明。尚、このうち半分ほどはいままで知られてなかった新種とのこと。これらのウィルスはヒトが生存する上で必要不可欠な機能を支えているものも多いとみられる。ヒトの機能を解き明かす上で

  • 「何も食べないこと」が体力回復になる「明確な理由」

    リンクより----------------------------●「イライラ」「わがまま」が増えてきたら、体力が衰えている証拠最近、イライラして我慢できないとか、周りからわがままになったと言われるとか、精神状態の変化に薄々気づいてきているという方。これも、老け込みが深刻化した人に

  • オーラで病気も感情も分かる?

    目では見えない「気」。でも人はそれを感じとってはいる。どんな影響を与え合っているのか?***************************■病気も感情も分かる? オーラで人体を診断=ロシア科学者リンクより引用(引用開始)人を見た目で判断してはいけないが

  • 獲得形質を遺伝する「エピジェネティクス」の化学的な仕組み

    DNAには遺伝情報が含まれている ということは知られているが、DNAの「すべて」が遺伝に関わっているわけではない。遺伝にまつわるDNAは全体のごく一部であり、またDNAの塩基配列だけが生物の形質を決定するわけでもない。DNAには、実際に生物のからだを作る部分と、生物のか

  • 冬場の野菜が美味しくなる理由~“凍る”を克服する植物の機能

    凍てつくような冷え込みが続く季節。この時期は寒締めほうれん草など、野菜が甘さを増し味が乗っている。凍るということは細胞は壊れるはずなのに、壊れるどころかむしろ味は良くなる。これは糖度やアミノ酸の濃度が高くなる理由からだが、ではなぜ糖度が高いと凍らないのか

  • 知能進化は「目的」ではなく、「手段」である。

    実現塾では、人類の祖先と考えられるテナガザル系(ゴリラ、オラウータン、チンパンジーなど)にまで追求が進んできましたが、またまた一段と「知能とは?」が深まった。彼らは相当に知能進化がみられるのだが、それらは、【「目的」ではなく、「手段」である】というのであ

  • 太陽と月の引力が動植物の行動に影響を与えている

    太陽や月の引力が生物の行動に影響を与えているとする研究がなされている。

  • 7歳からオオカミに育てられた男、人間界に戻ったことを後悔! 「動物の方が優しい」

    以下リンクより引用***7歳の時から12年間もオオカミに育てられた後で人間社会に戻された男、マルコス・ロドリゲスさん。現在72歳の彼はとっくに人間社会に溶け込んでいるかと思いきや、今でも、スペインの山奥で蛇やシカを追いかけていた「オオカミ少年」だった頃の生活に

  • 種子は江戸期の雄雌説を経て固定種の時代を迎えた

    種子の雄雌説は否定されたが、その考えは現実に有用な手法として後の固定種への時代へと続いていった。

  • やはり太陽と月は動植物に影響を与えていると判明! 月の満ち欠けは人体に関係…東洋医学は正しかった!?

    リンクより*** 太陽と月の引力が動植物の行動に影響を与えていることが判明した。科学ニュース「Phys.org」(1月4日付)が報じている。

  • 植物の種子や個体にも雌・雄の区別がある

    後に科学的には植物の雌雄説は否定されたようだが、種子の特性を見る上で、雌雄説で捉えた方が実践に使えるという見方もできる。伝統野菜をつくった人々「種子屋」の近代史 農文協 阿部希望著*****************************************************************江戸時代の

  • 植物の種子は隣が何者か知っている

    リンクより引用**********解析を進めると、さらに興味深いこともわかってきました。一緒に播種された同種の種子間の発芽日のずれ(発芽の同期程度)を調べたところ、他種に遭遇した遺伝的に近い種子同士は、他種に遭遇していない場合に比べてより同期して発芽して

  • 土の力=土中環境について

    土の話でし。 森の豊かな土が1cmになる時間は100年と聞いて、とても貴重なもの。守らなければならないものと思っていました。しかし、これは一部の話で事実でないようです。高田宏臣著 「土中環境」 から抜粋します。

  • 心臓でも重要な役割を担っているグリア細胞

    以下、新発見のネクサス・グリア細胞が心臓機能に重要な役割を果たしていることが判明リンク(大紀元)より転載。-------------------------------------------------科学者たちは、これまで脳や脊髄にしか存在しないと考えられていた、ある特殊な細胞を心臓の組織に発見しま

  • 「毛」は生命の維持どころか環境問題につながっていた

    毛は身近な存在ではあるが、細胞の毛という視点で深く考えたことはあまりない。その視点に着目することで、生命の維持・環境問題まで繋がってくるらしい。リンク**********私たちは、実に多くの生き物や自然、それらが作り出す環境に依存して生きている。そして、

  • キノコは救世主?菌の地球史に迫る!

    以下抜粋====================キノコはライフスタイルから、おおざっぱに二つの仲間に分けられる。「腐生菌」と「菌根菌」だ。前回の「菌根菌」に続いて、今回は「腐生菌」の中で、特に木材を分解する「腐朽菌」にまつわるお話。■もしも世界にキノコが

  • 骨形成にはケイ素が必要

    骨の形成にはカルシウムという固定観念を持っていましたが、重要なのはケイ素とのことです。以下、リンクより引用*******アメリカのカーライルは、1970年代に、ケイ素が骨形成にどう関わっているのかの実験を行なっています。

  • 赤ちゃんの腸内細菌は「お母さんからの贈り物」

    腸内細菌研究者の間では「腸内細菌は母から子への贈り物」ともいわれているそうです。赤ちゃんは、どの様にしてお母さんの腸内細菌を受け継ぐのでしょうか?

  • 「見えない」ものをどれだけ掴めるか?は、自然界の理

    サルたちが、注視から欠乏の同一視に至る過程。そこでは見えないものをどれだけ掴もうとして、掴めたかが生命線になりますが、その「見えないものを感じ取る力」は、「全体から部分へ」と成り立っている自然界が生み出したものでもあるのです!

  • 先人たちが自然を緻密に注視することで、その理の中にコンパニオンプランツを見つけ出した

    自然を緻密に注視し、その理が見えたとき、私たち人間が恵みを受ける作物が育ち、守られる方法を見つけ出した先人たちはには頭が上がらない。

  • 黄金比って何?「人間に刻まれた美的感覚」

    ビジネスの場で活躍する「名刺」ですが、もし、その形が正方形だとしたら、どう感じますか?「違和感を覚える」「なんだかしっくりこない」という意見の人がほとんどでしょう。このような感覚になるのは、単に今までの名刺の形に慣れているからだけではありません。名刺の形

  • 腸内細菌の活動が腸と脳をつなぐ神経回路に影響を及ぼして腸の運動を制御している

    腸と脳は、密接にかかわっており、第2の脳といわれる腸も脳とは、個別に行動に影響を与えることがあるという。疲れたときや、ストレスを感じたときに甘いものを欲するのは、その一種である。以下リンクより人間の行動や思考は脳からの命令によるものと考えられていますが、イ

  • 自然に学ぶ: 建築とエンジニアリングのバイオミミクリー

    リンクより抜粋しますデザインや生命科学の世界において、現在最も重要なコンバージェンス (融合・収束) は、百万年以上も存在し続けてきた「イノベーション」によるものだ。

  • 微生物は地球のそうじやさん

    びせいぶつってなに?リンクより引用ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー地球のさまざまな場所で、微生物はゴミを分解し、他の生物が生きていくのに必要な環境を整えてくれています。地球には、さまざまな生物が生きています。すべての生物

  • 葉緑体が緑色である理由が解明される! 光合成には最適な色の光があると判明

    昔、「多くの植物の葉が緑色をしているのは、光合成にとって不要な緑色の光を反射しているから」と教えてもらった。しかし最近の研究の結果「海に住む光合成生物もそれぞれの環境に最も強く降り注ぐ光を避けた光で光合成をしていたのです。」事が解かったそうです。その理由(

ブログリーダー」を活用して、自然の摂理研究会さんをフォローしませんか?

ハンドル名
自然の摂理研究会さん
ブログタイトル
生命の原理・自然の摂理
フォロー
生命の原理・自然の摂理

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用