3D京都
住所
愛知県
出身
愛知県
ハンドル名
京一朗さん
ブログタイトル
3D京都
ブログURL
https://3dkyoto.blog.fc2.com/
ブログ紹介文
いにしえの京都を3DCGで再現します。随想、短歌も詠みます。お公家さんの記事も書きます。
自由文
-
更新頻度(1年)

79回 / 365日(平均1.5回/週)

ブログ村参加:2012/02/01

京一朗さんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 08/22 08/21 08/20 08/19 08/18 08/17 全参加数
総合ランキング(IN) 5,422位 5,237位 5,107位 5,155位 5,195位 5,363位 5,227位 969,601サイト
INポイント 40 60 60 80 70 60 60 430/週
OUTポイント 0 10 10 30 20 20 10 100/週
PVポイント 1,270 2,130 2,620 2,060 2,040 2,780 3,040 15,940/週
ポエムブログ 11位 9位 9位 9位 9位 9位 9位 5,872サイト
短歌 3位 3位 3位 3位 3位 3位 3位 376サイト
今日 08/22 08/21 08/20 08/19 08/18 08/17 全参加数
総合ランキング(OUT) 39,470位 38,532位 38,678位 35,719位 36,791位 39,583位 41,220位 969,601サイト
INポイント 40 60 60 80 70 60 60 430/週
OUTポイント 0 10 10 30 20 20 10 100/週
PVポイント 1,270 2,130 2,620 2,060 2,040 2,780 3,040 15,940/週
ポエムブログ 88位 85位 85位 71位 77位 84位 95位 5,872サイト
短歌 9位 9位 9位 9位 9位 9位 9位 376サイト
今日 08/22 08/21 08/20 08/19 08/18 08/17 全参加数
総合ランキング(PV) 1,955位 1,902位 1,887位 1,893位 1,878位 1,813位 1,825位 969,601サイト
INポイント 40 60 60 80 70 60 60 430/週
OUTポイント 0 10 10 30 20 20 10 100/週
PVポイント 1,270 2,130 2,620 2,060 2,040 2,780 3,040 15,940/週
ポエムブログ 1位 1位 1位 1位 1位 1位 1位 5,872サイト
短歌 1位 1位 1位 1位 1位 1位 1位 376サイト

京一朗さんのブログ記事

  • 結月ゆかりちゃん登場!

    皆さんこんにちは、今、京都御所の3D動画の第二弾を製作中です。YouTubeに動画をアップするのは久し振りなので、改めてYouTubeの3D動画系の作品を色々とチェックしてみました。で、思ったのは意外と再生数が少ないんですよね。たとえば地方自治体が作ったPR作品ではお城の復元とかが多いのですが再生数を見ると多くても5万、10万越えはあるのかな?というレベルです。作品は流石にプロが作ったものが主流なので素晴らしい出来...

  • タクシー

    タクシーと言えば映画のカーアクションやドラマのワンシーンとして出てきたりする。現実の社会では、タクシードライバーはひたすら運転席に座ってタクシー乗り場で客を待っている。今はガソリンスタンドもセルフが主になってきたけど少し前は店員たちが立って客が給油に寄るのを誘っていた。ドライバーが立ち話しているタクシーに乗車したいだろうか? 店員が椅子に座っているガソリンスタンドに寄りたいと思うだろうか? 少なく...

  • YouTubeに「京都御所3D案内 Vol.1 飛翔」をアップしました。

    皆さんこんにちは。三日遅れの暑中お見舞い申し上げます。京都御所の動画第一弾がようやくできあがりましたのでアップします。御所にはどんなBGMがいいかなぁ、とか、いろいろ思案の末の労作?です 笑。今回は空からの俯瞰をメインにした動画です。動画の終盤の方にちょっとしたサプライズも揃えましたので少し期待してください。動画は取り敢えず3本ほど作る予定です。まだまだ動画編集に慣れていないのでお見苦しい所もある...

  • 今、京都御所の3D動画を製作中です。

    今朝、テレビを視ながら、そうだった今日6日は広島に原爆が落とされた日だった・・・、すっかり忘れていました。もう、あの日から74年目を迎えるのですねぇ、ただただ、亡くなった方のご冥福を祈るばかりです。今、世界の軍事状況は、核による破壊から、電磁パルス攻撃やレールガン、レーザー兵器、あるいは宇宙空間の軍事衛星からの地上への攻撃など次の段階へと移りつつます。今は生活インフラの多くを電気に頼っています。それ...

  • 京都御所 ― 御殿の中から外を見てみよう。

    前記事では、京都御所第一期3Dプロジェクトの完了に伴って外観を東西南北、空から、斜めから、といろんな角度から俯瞰した3DCGをアップしましたが、本記事では今度は「京都御所 ― 御殿の中から外を見てみよう」と題して、普段、御所の建物は外からしか見学できませんが、だったら3DCGを駆使して「中から外を見みよう、どんな風景が待っているだろうか」と興味もあってチャレンジすることにしました。きっと御殿の上から御所の...

  • 京都御所第一期3Dプロジェクトが完了、紫宸殿から飛香舎まで渡り廊下で繋がりました!

    本題に入る前に一言。何気にトータル記事数を見ましたら400記事になってました。途中、サボったりしましたが何とか400を超えることができました。読者の方のコメントや励まし、応援を頂いたからこそ続けてくることが出来たと感謝しております。ブログの人気ページランキングを見ますと、いつも上位に位置している記事を見かけます。きっと、その記事を評価する方々が順位が下がらないよう、いつもクリックして頂いているからだと思...

  • アインシュタインが愛した京都御所-長橋局内観編

    冒頭に書かずにはおれないので書きます。昨日、一人の放火犯によって、京都アニメーションのスタッフの方33名がお亡くなりになり、今も36名の重軽傷の方が病院で治療を受けておられます。火傷はとても痛ましく人に寄っては後々まで後遺症になって苦しむ場合も多いと聞きます。火傷から直ってもペンを握れない人も出てくるかもしれない。若い女性も多く、顔に火傷の後が残ったら可哀そうの一言です。昨日はNHKの取材の直前で、主要...

  • 御所の天井を比べてみました。

    なかなか京都御所から抜けられません。このままではニッチな世界をひたすら突き進んでしまう・・・。などと多少は思いますが、「思えば遠くへ来たもんだ」というのが心境です 笑。後、二か月もあれば動画も含め御所の「第一期3D制作」が終えるかな、です。本日は、長橋局の内部を中心に3DCGが出来上がりましたのでアップしようと思いましたが、悪い癖で天井の事とか書き出して、それで一記事に纏まりそうなので3DCGは次...

  • アインシュタインが愛した京都御所-参内殿廻り外観

    先日、BSで江戸時代の絵師・若冲の特集をやっていて、特に「動植綵絵」のその精緻な美しさに感嘆しきり。その集中力もすごいなぁ、と思って、つい自分も影響を受けて夜明けの5時まで3Dを作ってしまいました。また、いつもの如く妻から大目玉を喰らい、「自分は意思が弱いなぁ」といつもの如く反省・・・。妻に必ず12時には寝ます! と、まぁ、何度言ったことか・・・。若冲視なければよかった、凡人には刺激が強すぎるよ、と、...

  • アインシュタインが「これまで見た建築物の中で一番美しい」と讃えた京都御所 弐-参内殿内部

    引き続き本編では参内殿の内部についてご紹介します。引用させて頂いた障壁画及び解説文は、宮内庁協力・毎日新聞社刊の「皇室の至宝 御物 障屏・調度Ⅲ」です。同書に載っている参内殿の障壁画は全体の一部のみですので、室内イメージの作り込み上、襖絵等について本来の位置から別の向きに設置しているものもあります。ですので、正確な室内ではなく、あくまで3D用に変更を加えました。ただ、それ以外については出来るだけ本物...

  • アインシュタインが「これまで見た建築物の中で一番美しい」と讃えた京都御所 壱-参内殿外観

    皆さん、あのアインシュタイン博士が京都御所のことを「これまで見た建築物の中で一番美しい」と日記の中で書き残しているのをご存じですか? 御所の事を調べていたら偶然、知った挿話です。アインシュタイン博士。アインシュタイン博士といえば誰もが知ってる(物理的理論は別)相対性理論で世界的に有名な方ですよね。ノーベル物理学賞も受賞し、天才、人類の叡智とまで言われた御仁です。その方が京都御所を一番美しいと讃えた、...

  • 自宅朝食無用論

    やっぱり御所の参内殿と長橋局、奏者所も3Dで作ることにしました。今、参内殿の屋根が出来上がったところ、あっ、車寄せの唐屋根はまだです。作り始めて分ったのですが、参内殿って色んな意味で特徴があるというか背伸びしている御殿だなぁ、と思いました。何処が?と書きたいところですが、次回に御殿が完成したら話しますね。さて、御殿が出来上がるまでの暫し、暴論、奇論、極論の類になってしまいますが、タイトル通り「朝食...

  • 戦前まで残っていた京都御所の大台所廻りの3Dにチャレンジ! 第一期完結編

    大台所廻りの建物ですが、今回、賄い部屋(商人溜まり)が完成しました。後は清涼殿へ繋がる渡り廊下、帝の御常御殿から後宮の皇后御殿まで繋がる渡り廊等を作って第一期分の3D完成としたいと思ってます。そこで今後の京都御所に係る3D作りですけど、当初案になかった、ちょうど大台所廻り建物群の北隣にある参内殿も作った方がいいかな、と思い直してます。この参内殿のエリアは3Dの建物もない空地になっていて第一期3D工事の...

  • 近況など

    書き出しが近況報告でなく、あらぬ方向へ書いていってしまいました。最後の方で書きましたので、最後まで読んで頂けると嬉しいです。最近、「老後2000万円」問題が論議を呼んでいます。年金だけでは足りず世帯(夫婦)当り2000万円の老後資金がないと安心した老後の生活が保障されない、というのがその論調です。別の統計に寄りますと還暦(60才)を迎えた人の四人に一人は貯蓄が100万未満だそうです。その一方で出生率は1.4人と減り続...

  • ミラノ発オンラインマガジン「SirK online magazine」の6月号のご案内です。

    先回、ミラノ発オンラインマガジン「SirK online magazine」の5月号で、”THE CURIOUS HISTORY OF FUTON  布団 (Second Part)の好奇心をそそる歴史)”と題して、日本の布団の歴史について執筆、出稿されたサバットリ・ラウラ(SABATTOLI   Laura)さんの同布団の歴史についての続編が同じく「SirK online magazine」の6月号に掲載されました。同マガジンはPDF形式で33~40頁にかけラウラさんの記事が載っています。...

  • 実は京都御所は江戸城より豪華だった! 後編

    ちょっと間が空きました。すみません。前編に引き続き記事タイトルの実は~に迫っていくわけですが、そのまえにお見せしたい御所の古写真とか色々ありまして幾つか紹介します。ネット初公開?のも含まれるかもですよ。ちなみに、前回記事以来、戦前まで残っていた御所の建物の屋根について情報を得るため宮内庁公文書館へ行って参った次第ですが、頂いた情報・「京都御所屋根之圖明治十三年七月改正」以外にも予め同公文書館の目録...

  • 実は京都御所は江戸城より豪華だった! 前編

    24日、皇居の本丸北に位置する宮内庁の公文書館へ行ってきました。同館は宮内庁書陵部に属し明治以後の宮内省・宮内府・宮内庁が作成又は取得し,同館に移管された特定歴史公文書等を所蔵している所です。同じ書陵部には明治以前の代々皇室に伝わってきたものを中核とする古典籍・古文書類を所蔵している図書寮があります。どちらも同じ書陵部の建物の中にあります。以前、数度、図書寮の方へは行ったことがありますが公文書館の方...

  • 読者の方から情報を頂きました!

    情報を下さった方ありがとうございます。とても有益な情報です。さっそく、前記事の屋根の記述について間違いがわかりこの場で訂正させて頂きます。宣秋門側の切手番所。切手番所の屋根ですが、前記事では「入母屋の屋根は明治以後に改造に伴って付け足され、下の庇の方が創建当初からあった寄棟屋根」というふうに書きましたが、それは間違いでした。頂いた情報の古写真から、最初から写真で見るような入母屋屋根に庇が付くもので...

  • どなたか教えてください!

    本記事では「賄い部屋」を作る予定で準備を進めていますが、今、屋根の形状をどうしたらよいか思案に暮れています。どんな箇所? と聞かれれば一口では言い表せません・・・。日本建築にとって屋根の占めるウェイトはとても大きいものがあると思います。その屋根について分からない点が多く自分の不甲斐なさを情けなく思っているところです。最初に一言、お願いさせて頂きますと、近代以前の日本建築に詳しい方教えてください!と...

  • 戦前まで残っていた京都御所の大台所廻りの3Dにチャレンジ! 武家溜まり間

    「溜まり場」と「溜まり間」とどう違うのだろう? そんな軽い疑問から始まった武家溜まり間(正確には溜まり之間)の3Dが完成しました。溜まり場、というと何となく良いイメージがありません。○○の溜まり場になっている、最近だと”半グレ”の集団がたむろしている場とか、という感じ。語源を調べると「仲間がいつも寄り集まる一定の場所」とか「なすべき物事が処理されず、しだいに増えていったりとどこおったりしたままである」と...

  • 戦前まで残っていた京都御所の大台所廻りの3Dにチャレンジ! 武家玄関&休息所

    大台所廻りの一つ、武家玄関及び式台、休息所が完成しました。武家玄関・式台及び休息所位置図(出典:京都御所 完-大正3年/日本皇道會編)上記周辺詳細図。赤く囲ったところが該当する建物です。この武家玄関・式台は御所に伺候する幕府方のトップ・禁裏附武家の出入りする所です。禁裏附は役料千石、公家の摂家よりも威張っていたといいます。ここから奥・東に向けて幕府武家方の口向役人、即ち金勘定から日々の暮らしの用向き、...

  • 鋭意、京都御所の武家玄関と休息所の3Dを製作中です。

    シリーズ、戦前まで残っていた京都御所の大台所廻りの3Dにチャレンジ!ーですが、現在、武家玄関と休息所、場合によっては式台も含め3D製作中です。もう何日かかかりそうなので取り急ぎ途中ですが報告します。3Dという性質上、どうしても日数を要する場合もありますので、お知らせだけで恐縮ですがご容赦を。なお、完成後の正式な記事アップ時は本お知らせ記事は抹消します。お目こぼしと言っては何ですが富士山の写真を二枚ほど...

  • ミラノ発オンラインマガジンに3D京都のCGが載りました

    ついに「3D京都」がグローバルデビューしました!などと”小っ恥ずかしい”こと書いてしまいましたが、実はイタリアのミラノで発行されている「SirK online magazine」というオンラインマガジンの5月号に小生の作りました3D作品のCG画像が二枚掲載されました。正確には、サバットリ・ラウラ(SABATTOLI   Laura)さんというイタリア人の女性学者の方が同マガジンに寄稿されました日本の「布団」について書かれた記事のなか...

  • ありがとう平成、ようこそ令和

    本日、2019年5月1日、平成から新しい元号「令和」に改元されました。先の帝の上皇様による譲位を受け新天皇が同じく本日、即位されます。崩御に伴う践祚ではないので重苦しい雰囲気もなく、まるで新年を迎えるような喜びと躍動が湧きたちます。今上陛下は第百二十六代目の天皇にあたられます。本年は皇紀で言うならば2679年になります。心より新天皇の御即位をお祝い申し上げます。どうか令和の時代が上皇様も退位の儀で言われたよ...

  • 戦前まで残っていた京都御所の大台所廻りの3Dにチャレンジ! 清所編

    前回の御台所に引き続き東に隣接する清所の3Dが完成しました。清所は囲炉裏があって魚を焼いたり身体を温めたり、食膳の用意・盛り付け、食事などする場所で現代で言うなら社員食堂。台所では大釜五つを使って沢山のご飯を炊き御所のみんなのお腹を満たしました。当時、御所での給食はとても有難いものでした。安月給の人が多かったから・・・です。念のため位置図を載せます。 御所の3D作成計画図。右が南にあたります。...

  • 戦前まで残っていた京都御所の大台所廻りの3Dにチャレンジ! 御台所編

    皆さんこんにちは、御所の大台所(御台所)の3Dが完成しましたのでCG画像を幾つかアップします。タイトルが今回は「戦前まで残っていた京都御所の大台所廻りの3Dにチャレンジ!」と、”大台所”が”大台所廻り」”に変わっています。これは台所単体ではなく付属する清所や武家玄関、賄い部屋、そして渡り廊下等を合わせて再現する方が御所の構成美が引き立つと思いそうすることにしました。やはり御所の美しさは各殿舎を繋ぐ渡り廊下...

  • 戦前まで残っていた京都御所の大台所再現にチャレンジ! 愚痴編

    ※ 書きながらどこかで読んだ記事だなぁ、と思ったら、2月11日の記事「御所の台所を見てみたい」とのコメントにお応えします-翻刻・安政御造営図志の紹介」と内容が特に前半被ってます。それでも、大台所の古写真を見たい一念でアレコレ調べました。なので愚痴が重なるかと思いますが読んで頂けると嬉しいです。こんにちは、今回は読者の方の「京都御所の大台所を見てみたい」とのご要望に応えるため同御所の大台所の再現にチャレン...

  • 京都御所のことを書きながら色々思ったこと 後半

    後半では何から書こうかと逡巡してますが、御所の平面図・間取りにいつてもう少し触れてみたいと思います。また横道に逸れるといけないので出来るだけ簡潔に書きますね 笑。御所の帝が住まわれる常御殿の西側、少し奥まった所に「鍵番囲炉裏間」という板敷きの大きな部屋があります。赤く囲ってます。 図を見て頂くと中央あたり、常御殿そして御三間の下にあります。わかりますか?ココ、鍵番の詰所あるいは囲炉裏間としては...

  • 京都御所のことを書きながら色々思ったこと 前半

    ブログを始めて6年と少し経ちました。今まで使った写真や図は5700枚。結構ありますが、それでもfc2の無料ブログ上でのデータ使用量は全体の10%ほどです。自分は大判サイズの図を載せることが多いのですがそれでも10%。計算上だと100%使いきるには後50年はかかります。そのころはもう生きていません。そういう意味で言うとfc2は太っ腹だなと思います。沢山、写真を載せたい人にはお勧めですよ 笑。さて、今回はタイトルでも...

  • 『令和』萬歳!!

    本日、午前11時30分に新元号『令和』が菅官房長官より発表されました。初めてその名を聞いた時、「あぁ、いい響きだなぁ」と思ったのが第一印象でした。五月一日より、皇太子殿下の御即位と共に新しい令和の時代が始まります。とても喜ばしく慶賀にたえません。「令和」には人々が美しく心を寄せ合う中で新たな時代を切り開いていくという思いが込められているとのことです。典拠は奈良時代に完成した日本に現存する最古の歌集「万...