searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

まちけんさんのプロフィール

住所
港区
出身
港区

港区まち創り研究会の講演会の案内、港区の様々なイベント情報、世界の街のまちあるき情報などの記事をお伝えします。

ブログタイトル
港区まち創り研究会
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/machikenminato
ブログ紹介文
港区のまち創りを考える研究会のブログです。港区のまち創り情報や海外のまち創りの情報をお伝えします
更新頻度(1年)

203回 / 365日(平均3.9回/週)

ブログ村参加:2011/09/12

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、まちけんさんの読者になりませんか?

ハンドル名
まちけんさん
ブログタイトル
港区まち創り研究会
更新頻度
203回 / 365日(平均3.9回/週)
読者になる
港区まち創り研究会

まちけんさんの新着記事

1件〜30件

  • 港区コロナ感染者数急増!

    また暗い話題で恐縮です。港区コロナ感染者数は先週776人と急増しています。先々週に比べて409人と比べて倍近くに増えています。20歳代から50歳代で86.4%を占めており、20代、30代、40代の増加が顕著ですが、70歳代以上の感染者数も増加しています。家庭内感染が増えているのでしょうか。このままでは爆発的増加になります。70歳以上の方は致死率が高いので、できるだけ外出は避けましょう。しばらく我慢ですね。港区コロナ感染者数急増!

  • まちを画廊に来て見展

    白金地区で2月から「まちを画廊に来て見展」が開催されます。地域の方々の応募の作品が地域のお店や小学校などに展示されます。面白い企画ですね。「みなとっぷ」メンバーKさんの情報でそのポスターができたそうです。ポスターです。まちを画廊に来て見展

  • 港区コロナ感染者数の男女別年齢別構成

    港区の公式ホームページに新型コロナウイルス感染者数の男女別年齢別構成が示されている。総感染者数は4200名のうち20代、30代、40代、50代の合計が3613名で何と86%を占めている。20代、30代などの若い人は無症状の感染者も多く存在すると考えられ、感染者数はこの数字の2倍、3倍いるのではと推定される。夜の会食などの感染が疑われる。20代は友人同士、30代から50代は仕事がらみの会食・会合などの感染が想像される。男女別では62%が男性、38%が女性である。40歳以降女性の比率が少なくなっている。女性の方が用心深いのと仕事からみの人との接触が少ないのでは想像される。70代の感染者は5%以下で少なくなっている。また、感染すると致死率が高いので。不要不急の外出を避けていることがわかる。これらのことから20代~50...港区コロナ感染者数の男女別年齢別構成

  • 高輪地区CCクラブ定例会と幹事会が開催されました

    1月8日、高輪地区CCクラブ定例会と幹事会が開催されました。協働推進課の説明ではゆかしの杜とHUG高輪の区民協働スペースのWIFIの設置は3月末ごろとのこと。WIFIが設置されるとZOOM会議などがやりやすくなります。区民センターの工事で、2階のカフェスペースが使えなくなる期間は今年の12月から来年2月末までの3ヶ月間です。2月末ごろからワクチン接種ができるようになり、高齢者は優先的に接種できるとのこと。幹事会では、今後の高輪地区CCクラブのあり方が議論になりました。ともかく、2月末まではカフェ、講演会は中止となりました。3月中に会員が集まる会合をゆかしの杜区民協働スペースで行うことになりました。その会合で今後の方向性をある程度みつけることができるのではないかと思います。高輪地区CCクラブ定例会と幹事会が開催されました

  • 233万PVを突破しました!

    ブログ開設から3560日目で233万PVを突破しました!現在までの総アクセス数は2330605PV、総訪問者数は704039人です。昨日のアクセス数は682PV、訪問者数は302人、週間アクセス数は3150PV、週間訪問者数は1850人です。ご高覧ありがとうございます。これからも港区、まちづくり情報をお伝えしていきます。233万PVを突破しました!

  • 港区の新型コロナウイルス感染者数

    新型コロナウイルス感染者数は年末から年始にかけて急増しています。いよいよ緊急事態宣言が発令されます。私も後期高齢者なので、ほとんど自宅で過ごしています。今後どうなるのでしょうか?不安ですね。港区内の新型コロナウイルス感染者数も年末・年始に急増しています。一週間で400人を超えています。若い方を中心に感染が広がっているようです。港区の新型コロナウイルス感染者数

  • ECO都市環境計画研究所の新年ご挨拶会にZOOMで出席しました

    ECO都市環境計画研究所の新年ご挨拶会にZOOMで私も参加しました。パソコンとpoplnaladdin2とミラーリングができ、大画面での参加ができました。パソコンと机の高さの調整がイマイチで、顔の視線がやや見上げる感じになってしまいました。ZOOMの参加の仕方も工夫が必要です。所員それぞれのコメントはしっかりしていましたが、それに対し、うまく乗せる人が必要です。それぞれのコメントの後、皆発言しないので、やや盛り上がらない感があります。といって、あまり議論があると、時間がなくなってしまいます。ZOOMでの会議の進め方テクニックが求められます。ECO都市環境計画研究所の新年ご挨拶会にZOOMで出席しました

  • 親戚の新春顔合わせもZOOMで!

    恒例の親戚の新春顔合わせもZOOMで行った!親戚の4家族も皆70代、80代の高齢者ばかりなので、コロナ禍もあり、今年はZOOMでの顔合わせになった。4家族の子どもも含めると10を超える家族となる。みなさんの顔を久しぶりに見て、それぞれ近況報告。結構盛り上がった。これからの親戚の集まりもZOOMになるだろう。親戚の新春顔合わせもZOOMで!

  • 地域活動が活発な港区にするために

    地域活動が活発な港区にするために、いくつかの提言地域活動を10年以上経験した私から気が付いたことをいくつか提言したい。・チャレンジコミュニティ大学人材の活用港区のチャレンジコミュニティ大学の創立は大成功だったと思う。優秀な人材、グループが地域で大活躍している。私がお会いした仲間たちも本当に優秀で、地域のことを真剣に考えている。しかし、まだ、その活躍の場が限られている。もっと活躍の場を広げてほしい。例えば顧問、アドバイザーなどとして、行政の一端を担うことはできないだろうか。・チャレンジコミュニティ大学の拡張今、チャレンジコミュニティ大学は60歳以上に限定されている。30代、40代、50代の方でも地域に関心を持っていて、地域活動に参加したいという意欲がある方がおられる。そんな方でも入れるようチャレンジコミュニティ大...地域活動が活発な港区にするために

  • トヨタ自動車がスマートシティ「ウーブン・シティ」を計画

    いよいよ、日本でもスマートシティの実験がスタートするようだ。トヨタ自動車は自動運転の車が走る都市の実現を目指している。日本でも新しい時代に対応したまちづくりが始まろうとしている。日本経済新聞の記事から転載する。トヨタ自動車の豊田章男社長は6日、静岡県で建設を計画するスマートシティー「ウーブン・シティ」について、2021年2月に着工すると明らかにした。高齢者や発明家など約360人が居住するという。豊田氏は同日開催の20年4~9月期の決算発表会見に登壇し、「富士山にちなみ、2月23日に着工するスケジュールで進んでいる」と述べた。さらに当初の居住人数は360人程度になるとし、「高齢者や子育て世代といった社会課題を抱えた人と発明家が一緒に住み、社会課題に向けた発明をタイムリーに起こしたい」と狙いを語った。スマートシティ...トヨタ自動車がスマートシティ「ウーブン・シティ」を計画

  • ギャラリー高輪AOより新年のご挨拶

    みなさま、明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。ギャラリー高輪AO今年も展覧会開催の予定はいくつかありますが、コロナ禍が拡大しつつある中、慎重に検討しています。安心して開催できるまで時間がかかりそうですね。できるだけの努力をするつもりです。ギャラリー高輪AOより新年のご挨拶

  • コロナ禍の1年を振りかえって

    コロナ禍の1年、私個人として振り返って見る。当初2020年は、上皇陛下ご夫妻も高輪に来られ、海外旅行も計画し、オリンピックも開催されるなど忙しい1年になると予想していたが、すべてコロナ禍で旅行、イベント等が中止になり、結果的には静かなマイペースで過ごした1年であった。ギャラリーの開催もコロナ感染の恐れからあまり思い切ってできなかったが、開催された展覧会はどれも楽しいものであった。それ以外の携わっていた仕事も自ら退いて、何かに追われることがなく、ゆったりした気分で過ごした。町会など、いろいろ関わっていた地域活動もほとんどできない状態になった。78歳になるので、静かにマイペースで毎日を過ごすのが当たり前といえば当たり前である。今、はまっているのが、NHKのオンデマンドで「コズミックフロント」のシリーズを見ることであ...コロナ禍の1年を振りかえって

  • コロナ禍の1年、考えることその4

    地域活動のこれから地域活動の目的は地域の人との交流を活発にすることで、地域住民の結束を高めることである。コロナ禍の中、そのためのお祭り、イベント、集まりがすべてできなくなった。ZOOMでの会議など細々行っているが、参加される方はごく限られている。地域で熱心に活動されていた方々は、どうすればよいのか戸惑いを隠せない。町会活動もイベントの開催ができなくなり、役員会を数回行う程度である。高輪CCクラブのコミュニティカフェも地域活性化のための面白い試みであったが、コーヒーの提供ができなくなり、ほとんど開催されていない。展示会なども開催が控えられている。港区のように、転入、転出が多いところでは永く住み続ける方が少なくなっている。地域の交流、結束はこれからも求められる。新しい地域活動のありかたを考えていかねばならないだろう...コロナ禍の1年、考えることその4

  • コロナ禍の1年、考えることその3

    コロナ禍の1年、大きく変わる生活、消費動向コロナ禍では、不用、不急の外出を控える、人となるべき接触しないことが求められている。まず、旅行ができなくなった。個人的には、予定していた海外旅行はキャンセルした。国内旅行も家族だけで1泊、近場に行っただけである。社会全体として、海外との往来がほとんどなくなった。確かに旅行業界、外国人をあてにした商売は厳しい。外食、会合、宴会、パーティなどが激減した。個人的には年末、年始多かった忘年会、新年会はほとんどなくなった。外食もほとんどしなくなった。一般的に会社の接待交際費はどうなっているのだろう。飲食店などは今後も明るい見通しは見えない。野球、サッカー、イベントなど人を集めることもかなり制限を受ける。なにかイベントがあってもでかける気がしない。人と接触するのは家族といつもの仲間...コロナ禍の1年、考えることその3

  • コロナ禍の1年、考えることその2

    コロナ禍の1年、大きく変わったのは働き方であろう。テレワークの急速な普及である。今まで働くということは会社に行くことであった。会社にいる時間イコール、働いている時間である。コロナ禍でテレワークをする会社が一挙に増えた。50%以上の時間がテレワークという会社もざらである。会議はZOOMで。満員電車に乗って、遅れず定時に会社に行き、帰りは会社の仲間と盛り場で飲むという典型的なサラリーマンの生活形態が崩れた。テレワークでは、上司の指示がしにくい。何が会社に貢献する働き方なのか評価が難しい。ZOOMの会議は上下関係がなく、同列で発言できる。日本の会社という今までのパラダイムが崩れて、新しい価値感での組織に変化しようとしている。同時に、オフィススペースも変わりつつある。テレワークにより、都心部に広いオフィススペースを確保...コロナ禍の1年、考えることその2

  • コロナ禍の1年、考えることその1

    コロナ禍の1年があっという間に、過ぎようとする。大きな節目となる年である。政治、社会、生活がいろいろ変わろうとしている。私もコロナ禍の1年を振り返って、考えてみる。まず思うことは世界的感染症のパンデミックの対応である。尾身先生など専門家は以前からこのパンデミックが起こる危険性を警告していた。WHOはそれを防ぐ機関であるはずなのに、何もできなかった。何のためのWHOなのか?各国政府(日本もそうであるが)はパンデミックを起こることを予想し、その対策を事前に検討しておくことが必然である。日本でも全く対策、体制が整っていなかった。思い付きだけのその場、その場の対応に終始した。こういう時はこう処理するなど事前に体制やストーリーができていて、その体制、ストーリーに沿って対応すればバタバタすることはなかったはずだ。それをする...コロナ禍の1年、考えることその1

  • 家庭でクリスマス!

    外で飲み会ができない時代なので、12月24日は家庭でクリスマス!シャンパン、ワインで乾杯。チキンを食べる。スマートウォッチもクリスマスムードアンパンマン、しまじろうもクリスマス大画面にサンタ登場クリスマスケーキクリスマスケーキ本物のサンタ登場で孫もびっくりプレゼントをサンタからもらってごきげん大画面でメリークリスマス家庭でクリスマス!

  • 仙洞仮御所周辺の清掃

    12月23日、今年最後の仙洞仮御所周辺の清掃に参加しました。この日は上皇陛下のお誕生日です。緑を育む会の方々は高松中学校のアジサイロードにあじさいの苗を植えていました。高輪総合支所の職員、周辺町会の方々、民生委員、高輪子ども中高生プラザの職員、子どもたち、緑を育む会の方々、宮内庁の佐藤さんなど大勢の方々が清掃に参加しました。来年も清掃活動を続けるとのことでした。メンバーが集まってあいさつ道路の清掃を行っています上皇陛下の誕生日を祝って拍手仙洞仮御所周辺の清掃

  • ECO都市環境計画研究所の創立当時のパンフ

    ECO都市環境計画研究所は今期で50期を迎える。創立当時のパンプがでてきたので掲載する。理念として「やすらぎのある」人間生活実現のため、豊かな生活環境づくり、人間、技術、自然との調和を目指すということが書かれている。抽象的な表現ではあるが、ECO都市環境計画研究所らしいと言える。ECO都市環境計画研究所の創立当時のパンフ

  • 拡張整備された三田台公園

    三田4丁目にある三田台公園は着々整備が進められている。縄文時代の住居跡を再現した模型があるユニークな三田台公園は、東側を広い運動場を整備し、ボール投げ、サッカー遊びができるようになっている。今年の11月ごろからさらに北側の部分を拡張整備し、梅の木を植えて散策できるようになった。総面積はまだ6000㎡程度であるが、高輪地区では立派な公園である。梅の花が咲く季節が楽しみである。公園全体配置図縄文時代の住居跡を復元した模型があるボールなげ、サッカーが楽しめる運動場整備拡張された散策路拡張整備された三田台公園

  • 232万PVを突破しました!

    ブログ開設から3538日目で232万PVを突破しました!現在までの総アクセス数は2320229PV、総訪問者数は698046人です。昨日のアクセスは501PV、訪問者数は259人です。一週間のアクセス数は3493PV、訪問者数は1893人です。ご高覧ありがとうございます。これからもまちづくり情報、港区情報をお伝えします。232万PVを突破しました!

  • コロナ禍の生活

    コロナ感染拡大はなかなか収束しませんね。コロナ禍に負けないよう、自分なりに対応する生活の過ごし方に努めている。きちんとした生活習慣を保つ、身体をできるだけ動かす、好奇心を持つこと、家族以外の人と接する時はソーシャルディスタンスなど十分注意すること、よく手を洗うことなどを心掛けている。朝は6時半~7時ごろ起床。家の前の道路の清掃をする。ゴミを出す。居間の掃除かたづけ。プロジェクタの映像に合わせてラジオ体操。静かなジャズをかけながら朝食。朝食は自分で用意する。皿洗い、食洗機をかける。コーヒーを飲みながら一休み。メールチェック。ネットを見る。昼は地域の会合などに参加。家にいる時は、プロジェクタの大画面を鑑賞。今はまっているのは、NHKオンデマンドの教養番組。宇宙の仕組み、地球の歴史、生命の発生、進化、人類の歴史、古代...コロナ禍の生活

  • フリーセル15000勝!

    フリーセル15000勝達成!負けたのは10。勝率99.9334%。10000勝を超えてからはレベル上級のみに挑戦。レベル512.ゴールドグランドマスター23。フリーセル15000勝!

  • 仙洞仮御所周辺清掃

    12月9日、第6回目の仙洞仮御所周辺清掃を行いました。回を追うごとに参加者は増えています。今回、高輪地区総合支所職員、高輪一丁目アパート自治会、松ヶ丘会、高輪一丁目君友会、高輪台町会など周辺町会、高輪子ども中高生プラザ職員利用者、みどりを守る会メンバー、民生委員の方々、白金幼稚園のメンバー、うかい区議会議員など多数の方が参加し、ほうきなど用意した道具が足りなくなるほどでした。あっという間に、道路や中学校内アジサイロードの枯葉はなくなりきれいになりました。掃除を終わった後は、爽快な気分になります。みなさま、お疲れ様でした。次回は12月23日15時、上皇陛下の誕生日が最後の清掃です。佐藤課長ごあいさつ清掃の様子清掃の様子仙洞仮御所周辺清掃

  • 港区高輪地区総合支所等大規模改修工事説明会に参加しました

    11月29日、港区高輪地区総合支所等大規模改修工事説明会に参加しました。驚いたことに、250人収容の区民ホールに参加者はわずか5人程度、がらがらです。説明者側は港区職員、設計事務所、工事関係者など壇上に20人位はいたでしょうか。区民が利用する施設も多くあるのに、区民の関心が薄いですね。あるいは、事前の広報に問題があるのか。この施設、建設してから25年経つそうです。2021年、まるまる1年かけて改修工事を行うそうです。私が質問したのは次の3点です。工事期間中、エレベータは止まらないのか?5階広場は緑化できないのか?5階広場の利用の仕方はどうなるのか?回答は原則エレベータは止まらないそうですが、一時的に停電することがあるそうです。5階広場は、改修後も植栽などは一切ないそうです。松ヶ丘会の周辺の方から要望があったのに...港区高輪地区総合支所等大規模改修工事説明会に参加しました

  • 「地域の潤滑油」の最終会議に出席しました

    高輪地区の町会・自治会サポート事業である「地域の潤滑油」の最終会議に出席しました。受講生と自治会・町会の意見交換をする会議でした。受講生、自治会・町会関係者など40名近くが参加していたでしょうか。コロナ禍で密を避けるために、白金台区民協働スペースと高輪区民協働スペースの2会場をZOOMで結びました。企画はよかったのですが、音声の調子が悪く調整にかなり時間がとられていました。これから区民協働スペース同士を連絡する会議も考えられるので、WIFIなど会場を繋ぐ設備、システムの整備が求められます。各会場2グループ、全部で4グループに分け意見交換しました。受講生は働き盛りの30代から50代の方で、男性、女性ともしっかり発言しており、頼もしく感じました。特に、印象に残った意見では小さな町会・自治会のわくを超えて自由に参加し...「地域の潤滑油」の最終会議に出席しました

  • 231万PVを突破しました!

    ブログ開設から3519日目で231万PVを突破しました!現在までの総アクセス数は2310473PV、総訪問者数は692687人です。昨日のアクセス数は552PV、訪問者数は317人、週間アクセス数は3958PV、週間訪問者数は2095人です。ご高覧ありがとうございます。これからも港区情報、まちづくり情報をお伝えします。231万PVを突破しました!

  • 「海の上を走る列車」の跡 高輪ゲートウェイ駅の再開発工事で出土

    うかい雅彦、玉木まこと港区議会議員からの情報提供です。11月22日東京新聞に掲載された記事によると、1872(明治5)年の国内初の鉄道開業時、東京湾の浅瀬に線路を敷設するため造られた「高輪築堤ちくてい」の遺構が、東京都港区の再開発現場から出土した。かつて「列車が海の上を走る」と東京名所に数えられたが、一帯の埋め立てで姿を消していた。遺構は断続的に約1.3キロメートルにわたり確認。保存状態も良好で、開業時の鉄道の様子や土木技術を知る貴重な手掛かりになりそうだ。(梅野光春)https://www.tokyo-np.co.jp/article/69843高輪ゲートウエイ駅周辺の再開発地区の中にあるので、貴重な歴史的資源を保全しながら開発を進めてほしい。「海の上を走る列車」の跡高輪ゲートウェイ駅の再開発工事で出土

  • 松ヶ丘会役員会が開催されました

    11月27日、18時30分から松ヶ丘会役員会が開催されました。議題は前期の会計報告、今後の予定などです。前期の会計報告は、個人会員の会費は徴収しませんでしたが、行事がほとんどないため経費も少なく、港区の助成金もあるため、今年度は何とか乗り切れそうです。水や米など備蓄の防災用品は購入する予定です。今後の予定では、コロナ禍が拡大しつつあるため、年末パトロールなどは様子を見ることになりました。来年度も同様で高松桜まつりも様子見になりました。なかなかイベントは難しいですね。メールなどの連絡も議題になりました。松ヶ丘会役員会が開催されました

  • 港区のコロナ感染者数は過去最高に

    11月16日から22日までのコロナ感染者数は231人と過去最高になりました。ここ2週間急増しています。家庭内感染、職場感染も増えています。お互い気を付けるしかないようです。港区のコロナ感染者数は過去最高に

カテゴリー一覧
商用