searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

くわさんのプロフィール

住所
葵区
出身
葵区

自由文未設定

ブログタイトル
7/2旅人
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/tabibitoalp
ブログ紹介文
山と旅が好きです。その他日々の出来事書いていきます、 あっ猫達や動物達の事も
更新頻度(1年)

40回 / 365日(平均0.8回/週)

ブログ村参加:2011/07/13

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、くわさんの読者になりませんか?

ハンドル名
くわさん
ブログタイトル
7/2旅人
更新頻度
40回 / 365日(平均0.8回/週)
読者になる
7/2旅人

くわさんの新着記事

1件〜30件

  • 橋の下

    静岡県で橋といえば、島田の蓬莱橋だ。ギネス認定。数々の映画のロケの舞台になった。僕は長尾川の近くに住んでいる。お散歩は川沿いにぷらぷらと歩く、ある日お散歩してたら「くわちゃん、俺だよ小学生の時同級生だった池田だよ覚えてる?」ごめんね全然覚えてない「懐かしいねえ、ほら〇〇がさあ、あれしてこれして。」全然覚えてない・・・・・僕の顔、僕は覚えやすいたちなのか?それは兎も角、今日も長尾川にお散歩。川沿いにある池田君の会社はシャッターが閉まっていた。コロナかな?なんか嫌な気分・・・・・・・・・・・・・・・・・今は昔おふくろは激怒していた。なにをしてなにを怒られたのかは忘れたがまだ小学校に入る前の事だった。僕はなにか言い訳をして、母はますます怒った。母の目が細くなり、暗い影が・・・・・・・・・・・・「タカユキ、あんたは本当...橋の下

  • 再会

    さて今回の山旅はまあ相変わらずの安倍峠へそこで、久しぶり。四年前に出逢った家族と再会。あの時は、女の子youちゃんをおぶって、三人仲良くキャンプしていた。お父さんと焚き火の傍らで少しお酒を飲んだ、山の後輩の後輩で在ることが解り、山の話で盛り上がった。今回youちゃんはちゃんと自分で歩いて、弟の面倒を見ていた。そう、四人家族になっていたのだ。^ー^お互い元気そうで、めでたしめでたしなのだ。さて安倍峠までの林道は少しは直したかな?あらま!全然変わらず、これでは台風シーズンでますます荒れそうだ。_| ̄|○安倍峠の特等席は再会の家族に、ゆっくり楽しんで!と。譲り僕は安倍峠から少し先でテントを張った。さて、飯炊きだ。翌朝、快晴である。少しは睡眠不足を解消出来るかなと山に来たけど。思いの外熱く・・・まだまだ夏だね。でも嬉し...再会

  • 今は昔バカ山とチンネ左稜線を登っていた。稜線と名前が下についているが、素晴らしい岩峰である。トップで攀じる、凄まじい高度感、喉がヒリヒリ乾く。僅かな岩の割れ目に薄いハーケンを打つ。コンコンコンっとハンマーでハーケンの頭を叩く。よーし入った。今度はハンマーを振り上げ強く叩くカーン、カーン、キンキンビーンっと鳴く。よく効いたハーケンは歌うのだ。バカ山「お、今のは効いたな。落っこちてもそこで止まるぜ。」セコンドのバカ山の声が響いた。「こんな所で落ちないよ~。」落ちてたまるか!と、また一歩這い上がる。そんな思い出のチンネで遺体が見つかった。そして50m下、白骨死体を発見!う~ん呼ばれたかな?私を見つけて。と言っていたのかも・・・・・・・・・・・・※27日午前、北アルプス・剱岳で男性の遺体が見つかり、警察は行方不明になっ...謎

  • 三ツ頭、権現岳、編笠山

    8/4.52020さて前回から続き曇りがちな天気と思ったが、晴れ間もおおく結構熱い。水はあと500mlしかない行動時間は6時間を過ぎバテバテだ。なんとか三ツ頭に到着。ここから降ろかと思ったが。青年小屋まで頑張ることにした。権現岳にはいったん下り前衛峰がある、なかなか鋭い山だ。やっと頂上岩壁が見えてきた。最後の登り。権現岳のチョキだあ!やれやれ、ヨレヨレで到着。権現小屋と権現岳。権現小屋は今季休業。怪峰赤岳!東のギボシ、西のギボシ、あとピーク二つ。ぜいぜい・・・艶々の牡鹿綺麗だった。到着。。。。広いテント場に一張だけガラガラだ。利用料金600円、中途半端な値段。夕方までに自分を含め6張りになった。僕テントは黄色のやつ^ー^疲れているのでビールを飲むのに随分時間がかかった。テントに入りスコッチを舐める。次に日、天気...三ツ頭、権現岳、編笠山

  • 古道 十二山尾根

    8/452020今は昔ではなく、大昔の話富士山の女神・木花開耶姫と八ヶ岳の男神・大山祇神の背比べの争いが勃発した。木花咲耶姫「あたしのほうが高いに決まってる。」大山祇神「高いのはわしのほうじゃ。」どちらも譲らない、いつまでも言い争いは続く。見かねた阿弥陀如来は手打ちの盃を労する事となった。水は高いとこから低い方へ流れる。長い樋を八ヶ岳と富士山のてっぺんに架けて水を流した。すると、水は木花咲耶姫の頭にぶっかかった!阿弥陀如来「ということは、八ヶ岳のほうが高い、八ヶ岳、やつがたけえ!ほほ」大山祇神は得意満面、ほほhと笑う。背比べに負けた悔しさと、阿弥陀如来のオヤジギャグに怒った、木花咲耶姫が上段二段回し蹴りを放った。八ヶ岳大山祇神の頭は破壊され、凸凹の今の姿になったそうな。恐るべし木花咲耶姫・・・・・・・・さて今回...古道十二山尾根

  • 縁、その二

    ある夏の日、僕は南アルプスの北沢峠にいた。山登りを初めて通い初めたのは、安倍奥の山々そして南アルプスだ。何度も通ううちにどうしても空白部分が出来る。安倍奥だと二王山~見月山。南アルプスは蝙蝠岳と仙塩尾根(通称、馬鹿尾根)が残った。仙塩尾根は仙丈岳、三峰岳の間が未踏で、北から大仙丈岳、伊那荒倉岳、横川岳などを連ねている。今回、仙丈岳を登りそこから仙塩尾根に縦走にきたのだ。北沢峠付近に何台もパトカー、機動隊の車両、なにやら他にもたくさん車が駐車していた。大きな遭難事故でもあったのかしらん?登山道に入ると異変が、あのペラペラの結束テープの赤いやつが道の両側に張ってある、なんですか?これ。なんか植生の保護か?テント泊の4日分の荷物で結構キツイ、地面を見ながらグハ~グハ~登る。一息ついて登山道を見上げると、テープは道の両...縁、その二

  • 縁 その一

    皇室とは縁があるようだ。そうか、くわちゃん、やっぱし高貴な血が流れてるんだ。なんか品があるというか所作に雅をかんじるっていうか、ちょっと違うなと思ってたんだ。・・・・そう、そうかな、いやいやそうではない。私いたって平民、長屋の与太郎のような愚かで卑しいものでございます。縁があるというのは、たんに現天皇陛下様と二度遭っているのだ、それも参観に行ったとかじゃなく、偶然、たまたま。仕事を転職した時、退職時と入社までにタイムラグが出来た。時は三月、まるまる一ヶ月。これからあまり長い休みは取れないと、通勤用に買った自転車で旅に出た。山登りのテントや寝袋を荷台に乗せて。西へ・・・・・・・・・・・・・・・まだ冬型の気圧配置が残り遠州の空っ風に悩まされながら、西へ西へ。愛知県を過ぎ、三重県に着いた。そうだな、修学旅行以来、京都...縁その一

  • 遭難なのか?

    高校生ら8人ヘリで救助、登山中に遭難札幌市登山道がササに覆われていたため日没までに下山できず、救助を呼んだということです。https://news.cube-soft.jp/article/3751546これって、遭難なのかね?午後4時に救助要請したとか、これは引率したリーダーの計画準備不足でしょ。遭難なのか?

  • サンコウチョウは何処?

    7/212020さてルーティングな梶原山、一本松公園へ。今回は、サンコウチョウの姿を確認しようと双眼鏡を持ってきた。林道を歩いていると、月日星ホイホイホイが聞こえた。双眼鏡を振り回し、森を覗くが・・・・・・・・・・・・葉っぱや枝が多くてわかんない_| ̄|○でも、同じ場所で聞こえた此処に営巣しているようだ。サンコウチョウは渡り鳥、毎年ここで子作りしてくれるといいのだが^ー^これが目印の蜂蜜箱。地形図では、梶原山と一本松公園の中間あたり瀬名六丁目に破線が伸びている、その尾根を回り込んだ沢の手前にサンコウチョウはいます。静かに見守りましょう。サンコウチョウはあります。。。。おしまいなのだm(__)mサンコウチョウは何処?

  • 赤まむし??

    7/192020前回、土砂降りになってしまい、行けなかった道白山に行ってきた。上の写真はミヤマカワトンボ。道端にヘビがいた。つついても動かない。ペンペン叩いたら、いきなり体を縮め尻尾をぷるぷる震わせ臨戦態勢に。「お、やんのか!おおお」ごめんなさい~赤マムシかと思ったら、ヤマカガシだった。危機一髪。林道のどん詰まりから稜線へガスで真っ白。南北を反対に勘違いした、コンパスを出して軌道修正。季節がら草いきれが。笹がうるさいが、道型はしっかりある。道白山、祠などは一切無し。道白山とは道白堂のことだと思うのだが。則沢登山道に昔から石碑があるのだ。さて、降って道白堂手前にこんな案内が??これは、初めて見たよ。ガラガラの浮石だらけ、とても不安定な登りだった。おしまいなのだm(__)m赤まむし??

  • 高草山 満観峰

    7/162020散れば咲き散れば咲きして百日紅加賀千代女満観峰を花沢の里を起点に登ったことがない。花沢の里Pから、満観峰だけではちょっと短いので高草山回りで行ってきた。高草山山頂から、西に三角点がある。戦没者の慰霊碑もある。でっかい錨(#゚Д゚)高草山から満観峰へ途中にあった大ベラ山??満観峰に到着。空はドヨ~ん。花沢の里へ降るとオニユリが咲いていた。駐車場に到着。天気は晴れマークだったが、どんより雲の多い天気だった。おしまいなのだm(__)m高草山満観峰

  • 朝風にぱくりぱくと蓮開く

    7/132020朝風にぱくりぱくと蓮開く正岡子規麻機は蓮の花の開花時期だ。で、行ってきた。雨がまた降っている。だいぶ蕾が膨らんでいる。葉っぱの水滴が素敵。なんか、照れくさくてえへ!としている蓮の花。蓮は咲くときにポンと音がするそうな。ポンとは聞こえないけど、動画貼っておきます。動画はムジドリ様からお借りしましたm(__)m朝風にぱくりぱくと蓮開く

  • 雨やまず

    7/112020連日雨が続きます。鬱々としたニュースが続き、体でも動かさないと・・・雨は断続的に降っている、すぐに帰れる川合山に行ってきた。クリーニング店で撥水加工をしてくれると聞いて、早速お試し。今回はどの程度効くのかも試したかった。小雨程度では、気にならなかったけど土砂降りで、効き目なし_| ̄|○そふとばんくの事か・・・・林道に降りて、みつけた石碑。右静岡道左江尻道とある。街道だったのか。近くにこの店があったら行ってみたい気がする。雨は降ったりやんだり、土砂降ったり。約3時間の散歩はおしまいなのだ。m(__)m雨やまず

  • 雨が空を捨てる日は

    なんか、空が明るく、雨が上がった気がする。YAMAPの地図を見ていたら、道白山を見つけた。道白堂は知っているけど、山のほうは?で則沢から行ってみた。しかし登り始めたら、ポツリポツリ。いったい、いつになったら雨が上がるのだろう。道白山の登山口に着いたら、また雨が強くなってきた。道白堂、対岸の滝、こんなに水量があるのは初めて見た。道白堂。兎も角、登山口までは歩いてみた。雨は強くなるばかり。朴の木の実、おなかの薬。樹皮も厚朴といって腹痛,下痢,吐き気のくすり。大きな木の木陰で、お結びを頬張る。雨粒がお結びに当り、食べてるそばからボロボロと崩れる。手のひらを広げて、半お茶漬け状のお結びをすすり食べた。頭の中で、こんなメロディが聞こえた。「雨が空を捨てる日は・・・・・・・・・・忘れた昔が戸を叩く。」なんかお酒飲みたくなっ...雨が空を捨てる日は

  • 梶原山のサンコウチョウ

    サンコウチョウ(1)夏鳥・さえずり(埼玉県)-JapaneseParadiseFlycatcher-WildBird-野鳥動画図鑑一本松公園から西へ二本目の林道を歩いていた時、サンコウチョウの鳴き声を聞いた。この辺りは何度も訪れているが、ビックリ(゚д゚)ハッ!県の鳥サンコウチョウ、月日星ホイホイホイと綺麗な声で囀る。野鳥図鑑様からお借りしましたm(__)m。7/72020梶原山のサンコウチョウ

  • 雨のやみ間に

    日曜日、雨は10時頃までは雨が持ちそうだ。で、一本松に行ってきた。増水中、長尾川・・・梅雨の時期はでんでんむし。お、スリムになった。よく伸びるね^ー^イグチみっけ美味しいんだけど、虫にすぐ食べられる。一本松のピークを踏んで。足早に家へ帰る。あ~あ早く梅雨明けないかな。おしまいなのだm(__)m。7/52020雨のやみ間に

  • 砲声が轟く

    さて今回の山旅はヒルがいない山をちょっと調べた。花崗岩の山、火山はヒルがいないそうな。身近な花崗岩の山は無いので、火山。富士山はちょっと予定があるので、愛鷹連峰に行くことにした。山神社に車を駐めて、大沢を詰める。最後はガラガラの詰め。登りきれば、割石峠に到着。須津川からは、急傾斜だ。ここからは海が見える。伊豆も見えちゃう。お、五本指。おそらくハクビシンかな?呼子岳に到着。大岳、真冬に登った。今回は地形図に載っているピークでは黒岳が登ったことがない。黒岳を行って来いだと、ちと短かすぎるので、グルっと周回した。鋸、呼子岳、位牌岳かな?越前岳に到着。意外と狭いね。土がだいぶ流されて、三角点が倒れそうだ。黒岳へ向かう。道は雨水だろうか、抉れて深い。ちょっと急登を超えると、黒岳山頂だ。広くて静か・・・・・・・・・さーっと...砲声が轟く

  • ヒルなんて大嫌いだ。

    さて前回の続きさ~ツエルトに入って、うまか豆たべ~よじゃなくて、固形燃料ストーブセットの登場だ。隙間があるので、うまか豆を入れたのだ。これで130g、五回ほどお湯が沸かせる。いつも持っていくガスストーブセットが330g200g軽くなった。固形燃料を焚く台、13gだ。華奢しに見えて五徳いや三徳もしっかりしている。カップケーキを焼くケースを少しちょん切って、風防に。7.8分で沸きまする。翌朝、ヒルのやられた僕は戦意喪失。十枚まで縦走するつもりだったが、十枚山こそヒルの宝庫。大人しく帰ることにする。トイレはガギがかかっていて使えない。帰りは久しぶりに安倍の大滝に寄ってみるか。あーあ此処も抉れているね。雨が降ったから、水量が多く迫力満点!^ー^吊橋をもう一つ渡れば県道に着く。あれ、また違和感が・・・・・・・・・・・うん...ヒルなんて大嫌いだ。

  • ヒルは嫌いだ

    さて今回の山旅は天気予報はコロコロ変わり、さっぱりわからん。六郎木に車を駐めて、徒歩で梅ヶ島温泉へ。いつも歩く林道は通行止め。どんな様子か行ってみよう。工事の方々いたら、引き返し登山道へ。ありゃ雨が降ってきた幸先悪いね。おお、派手に崩れてますね。これは大変だ!此処もダメだ。コンクリートの地面がゴッソリもっていかれてる。ゴジラでも歩いたのか・・・・・・・安倍の大滝への下山口此処から先は落石はあるものの崩れは少ない。雨やまないなあ、焚き火は無理かな?安倍峠への道はそれほど荒れていない。ツエルトを張って、水汲み。なんか違和感、右足だ。ん、あれ、靴下を脱いだら。ウヒャー!!ヒルだあ。こりゃ、焚き火どころじゃないね。ツエルトで大人しくビールでも飲むベエ。続きまする・・・・・・・6/23.242020ヒルは嫌いだ

  • 山小屋で焚き火

    無性に焚き火をしたくなった。で、例のヤカン小屋に行ってきた。お、いきなり、お骨。かなり大きな骨だ。伐採中とあるが何処だかわからない?地蔵堂は新しく屋根ができたよ!ヌタ場というか小さな沼だね。夏山だね。お、ガスが晴れる。晴れた、夏空だ!下十枚山、これを超えれば。あとは降ります。下十枚山もお団子が新しい。肝心のヤカン小屋への道は・・・❌行くだけ行って、ダメならツエルトでも張るべえ。ボケた確かに沢沿いは荒れている。昨年の台風19号はデカかったからね、草木からの登山道もダメらしい。でも、ヤカン小屋は無事でした。沢の水を汲んでビールを冷やす。そして焚き火だ。随分遅くまで、焚き火をいじり飲みすぎた。翌朝、晴れ。暑くなりそう。でも、山は12°c寒い位だ。下十枚山手前、南アルプスがずらりと・・・これはなんの実?帰りにお地蔵様に...山小屋で焚き火

  • 紅葉苺

    梅雨間近、テントの試し張りに行ってきた。浅間原の登山道へ向かう道すがら、紅葉苺がいっぱい。つまみながら歩く。コアジサイもたくさん咲いている。お休み処の岩。お弁当を広げる、お米をギュウギュウ詰めてきたので、半分食べたらお腹いっぱい。あとは晩ごはんだな^ー^どうしようかな、浅間原でテント張りますか?ありゃ~ガスってきたね。湯ノ岳まで登りますか。途中にある止まり場に良い平場。山窩考で書いたけど此処に小屋掛けがあった。ほんとに良いところだね。湯ノ岳に到着。テントを張って。さあ、ビールビール。ガスって寒くなったので、テントで続きを・・・・・・・次の日の朝、太陽が出た。テントを乾かしてのんびり行きますか。第二真富士山に寄って。林道に降りる。ん大村五郎さん。なんか聞いたことがあるような?そうかこの千丈平の標柱の製作者は¥¥・...紅葉苺

  • 突先山 沢コース

    最近、沢コースが登る方が増えたので行ってきました。詳細はYAMAPで。6/52020突先山沢コース

  • とかげ お腹ピクピク まだ寒いよ!

    とかげお腹ピクピクまだ寒いよ~!とかげお腹ピクピクまだ寒いよ!

  • 来年のお楽しみ

    近所の林道に歩荷中、見つけた道標。どん詰まりは、こんな感じ。ちょっと今の時期は、無理。来年の冬に行ってみよう。^ー^5/252020来年のお楽しみ

  • 行ったり来たり

    ガキンチョが、家の前を、全速力自転車で行ったり来たり。すぐそこにある、スポーツ広場でも、正義をかざした大人に怒られて、立ち入りが出来ない。よ~し、行ったり来たりしていいよ。思いっきり、ペダルを踏みなさい。もう、なんか、目から汗がでる・・・・・・・今宵は満月だあ!行ったり来たり

  • 隣の芝生は青い

    さて今回の山旅は・・・・・天気が悪くなるというので、長い散歩に出かけた。近所の桜トンネル。あれ、土手の道を舗装したね。歩きやすいけど、ススキや雑草が生えた砂利道のほうが・・・・フラフラと東に歩いていたら、こんな所に蜂蜜工場。お、なんか張ってある。美味しいハチミツありマッスル。すげえ。ハチミツで筋肉出来るんだ。(゚д゚)ハッ!でっかい、シャクナゲの木。船越コースも行ってないね、あるいてみようか。斎場があるのは覚えていたけど。こんな広い道が出来たんだね。どんどん、昔の道とは離れていく。害獣駆除の人がいたので道を尋ねると。入り口を教えてくれた。この看板は降ってくると解る、新しい道からは解りません。途中確認したかった三角点を発見!さて、帰りますか。道を詰めていくと、ひょっこり出た。日本平ホテルの庭だ。広いね~始めてきた...隣の芝生は青い

  • 今年のタケノコ

    さて今回の山旅は・・・・・未踏の杉尾山に行ってまいりました。ヤマセミの湯から・・・タケノコ煮ているね。ヤギのさっちゃんがジェラートを・・・・どっちが、さっちゃん。松浦武四郎、興味あるんだよね。ハイキングコース入口に到着。すぐ上にオジジがいて、タケノコを掘っていた。今年はどうですか?と尋ねると。今年は出る年だと答えてくれた。今年は出るんだって^ー^登山道、途中から富士山。山頂ってあそこ、いえいえまだ先でした。山頂で~す。昔は展望台があって、例の渡り鳥の観察をここでしていたようだ。と、っとと下山。お楽しみだった、蕎麦だけど、かけ650円高えよ。温いし、あんまし美味くない。_| ̄|○で、ちょっとノリノリのやませみに見送られ。今回の山旅は終わりだ。杉尾山の登山道はえらく日当たりが良い。此処は真冬の陽だまりハイクむけだね...今年のタケノコ

  • かはづ

    瀬を速み落ち激たぎちたる白浪にかはづ鳴くなり朝夕あさよひごとに長尾川はカジカガエルいて、今の季節鳴き始める。此処に越してきた時より随分少なくなった気がする。清流で鳴くカジカガエルカジカガエルの鳴き声を聞きながら、いつもの梶原山へ・・・・・・梶原山手前、せっかく整備してくれて、いいお休み処だったのロープが。なんかとらぶるでもあったのかな。みのがすな!小4さやのベンチも無くなっていた寂しいね。梶原山、満開。芝桜、満開!今日は足をのばして、渡り山まで、あ~腹減ったー。今日はいかがです。渡ってますか?おしまいm(__)m。4/62020かはづ

  • バイケイソウの道。

    さて今回の山旅は・・・前年度、骨折、再骨折それからなんと、八ヶ月ぶりのお泊りである。安倍東山稜を北へ。富士山は北風が強そうだ。駒引峠。富士見岳から龍爪。真富士。しかし、今年はバイケイソウが多い。毎年、ウルイと間違えて毒にあたる。なにゆえヒメシャラは木肌が冷たいのだ。爪が後ろにもあってイノシシだね。なんか紫色の葉っぱがいっぱい。これなんだろうね??お団子標識がリニューアル。第二真富士山は真正面に富士山が見える、こっちのほうが真富士らしい。今日はツエルトだ。夕日だ、ガクンと寒くなってきた。さあ、ツエルトに入って、いつもやつだ。朝日、夕日と変わんないじゃん!バテ気味なので平野に降りる。真富士山から湯ノ岳へ向かうと平野に降りる道に引き込まれやすい。真っ直ぐ行ったほうが明確だもんね。湯ノ岳は左へ降る。今回始めてこの道を使...バイケイソウの道。

  • 5÷2 この食べ物は何?

    菜種梅雨でしょうか、雨がしとしと降っています。さて今回の山旅は・・・近くの山、一本松ですが大内からの登山道が霊山寺を経由して続いています。ある日、一本松の大きな東屋にこんな写真が。霊山寺では餌付けして手のひらで小鳥がお食事するらしい。これは、行ってみなければ。今日は天気予報では、晴れマークついていたのだが、小雨まじり。これ以上はくずれないだろうと、霊山寺に行ってまいりました。カキツバタと思ったらダッチアイリスだそうな。霊山寺、今の所、雨は止んでいる。桜が見えるね。食べ頃は過ぎて棘が。霊山寺からの道は、皆様がお手入れしているらしく花でいっぱい。食事台もたくさんある。僕が持ってきたのはピーナッツ。鳥君たちにごちそうするのだ。^ー^いたいた、ヤマガラ君だ。しかし、ひまわりの種がたくさんあって、あちこち食事台もある、な...5÷2この食べ物は何?

カテゴリー一覧
商用