chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

cancel
寅次郎@愛知
フォロー
住所
愛知県
出身
未設定
ブログ村参加

2011/03/05

1件〜100件

arrow_drop_down
  • 燃える森

    森が一斉に燃えている山火事のことではないそこへJL555が斜陽を浴びながら降りてきた去年もこの便で燃えたのは私だ...

  • MDの記憶

    ウルトラホーク1号のα号のようなMD当時はセントレアから青森へも飛んでいたジャンボはホノルルへこんな組み合わせが日常だった...

  • 賑わいの記憶

    北陸新幹線開業前の絵B767が当たり前のように飛来していた富山時間が経つと撮っておいて良かったと思えるものが出てくるだから今日も果敢に撮影しよう...

  • 虹と紅葉

    変りやすい天気なので奇跡が起こるファイナルアプローチに入ろうかというときに虹が出はじめた「虹よ消えるな」と念いながらその時を迎えた虹も雨柱も雷雲も、みな美しい...

  • 茂みの奥

    落ち葉と紅葉に惚れて試行錯誤青空も重要なので縦構図に設定中途半端な結果だが現場での思い入れは深かった来年は更に磨きをかけたい2022/10/27 JL552...

  • 夏回想

    つい数か月前とは信じがたい光景日本国内と言っても広いここで会った人たちとは旭川でも遭遇した悲壮な絵が続いたので夏を回想...

  • 日没のあとで

    日没後、西の空にいい形の雲が停滞していたこれを絡めようと逆光の構想に決める刻々と雲の色が変わり続けそろそろエンディングというときにJL556が現れた...

  • 県政150年

    久しぶりに見るブルーインパルス予行の天気は快晴超広角レンズ一本勝負で向かったのは名古屋城この地に越して20余年、初めて足を踏み入れた...

  • 紅葉にフォーカス

    曇天の南風、二重苦の日10分前に着いた便は30秒の差で光が絡まずリベンジでこの便に集中するも光の気配はないこうなればWBやフォーカスで創作...

  • 紅葉アンカー

    空港周辺の紅葉は完全に終了と思っていたら、入り口に一本だけ残っていたRWY16で出発するというのでここでスタンバイマイライトでライトアップだ...

  • ビート

    美瑛の街には「ビート運搬専用車」と記したダンプが走り回っているビート?これから糖を作るらしいそんな秋の一角を切り取った...

  • 斜陽の魅力

    特徴あるオプタテシケ山斜陽が当たると山の凹凸が克明に浮かび上がるその前を降りて来るJAL機体にも斜陽が当たって美しかった...

  • 夜明の出発

    富山の始発は前夜からのステイ機日の出と共に羽田に向かうスケジュールだ立山らしい力強い稜線がシルエットで更に際立っているそこへシルエットのB737が静かに上がってきた...

  • 航空機がある風景 2023カレンダー

    今年も残すところ40日余り、2023年のカレンダーが完成しました。収録した作品は、旭川、釧路、神戸他で、この一年間に感動しながらシャッターを押した作品達。サイズは見開きA3サイズ(写真:A4+暦:A4)で、暦の部分はメモを書き込める実用型です。リンク先にサンプルがありますので、是非ご覧ください。お申込みはこちらからお願いします...

  • 離陸中止

    羽田へ向かうJL556滑走路手前でシステムトラブルが発覚一旦スポットへ戻る姿がこれ3時間以上遅れて羽田へ向かった...

  • レトロな一角

    光が無い苦悩の日レトロな一角に目がとまったピクチャーコントロールでセピア調をチョイス往年の雰囲気に仕上げてみた...

  • 冬、麓に向かう

    雲に覆われている間冬が山を下っている秋と冬の境目を背景に羽田へ向かう767なかなかいいところに飛び込んできてくれた2022/11/2 JL554...

  • 冬の到来

    銀杏の散りは去年よりもずいぶん早かったそして前夜には吹雪いて寂しい情景が広がっているそこへ降りてきたのがロコンジェット黄色いペイントがモノクロの世界に際立つ...

  • 味ある影

    カラマツとプラスαを探して右往左往緑の畑が気に入ったしかし、雲の影が目の前を覆い始める正にその時に限って・・・ギリギリセーフの一枚2022/11/2 JL551...

  • 航空機がある風景2023カレンダー もうすぐ

    現在この案で試作中ですので、確認ができ次第販売の告知をさせていただきます。...

  • 苦悩の始まり

    天気予報は当たらないので雨予報でも撮影に出ている大気の状態が不安定と言われれば絶好のチャンスしかし・・・ぼんやりとした天気が続きことになったその始まりの絵...

  • 超望遠とトリミング

    空気が冬モードになって揺らぎが少ない400mmに×2のテレコンを装着して800mmそして更に思い切ったトリミング次回は更にクオリティーを上げてみたい2022/11/2 JL555...

  • 2022ワンチャンス

    旭岳とカラマツを絡めた代表的なショット昼便であるJL553、この後ゴーアラウンドすることになるのだしかし・・・残念ながらRWY16へ唯一捉えられた秋の一枚2022/11/2...

  • 割れ始める雲

    5分前に一旦この場所を離れた光が落ちている場所が彼方に見えたからだったしかし、ここに光が射しはじめているのに気が付いてリターン近景の畑を忘れてはいけない2022/10/30 JL555...

  • 森の中

    森の中で離陸シーンを撮影した機は上空を旋回してくる羽田に向かう見上げれば森も秋色自分でも機影が解らなかったぜ...

  • シンメトリーの力

    午前中に北側からアプローチする便オプタテシケ山などを絡めるには機体の右側に立つ必要があるしかし光線の具合からシンメトリーな場所に立ってみた進入灯を一列に並べるには半歩刻みの調整が必要だ2022/10/28 JL551...

  • 雨天の日没

    カッパが必要な強い雨ストロボをレジ袋に入れて置いた雨粒を表現するには少々オーバーな光量がいい翌日はカッパやハットを干していた...

  • 曇天の日没

    暗雲に覆われた夕刻稜線近くに焼けた空が残っているこれを活かしつつマイライトを置くことにしたしっくりこない・・・・・ つづく...

  • 鮮やかだった道端

    次の便はRWY16で発つという色付いた枝は空港のすぐ横にもあったダンプが行き交う道道からの眺めもう少し上に飛び込んで欲しかった一枚...

  • HD81霧中

    空港北側は快晴、南側は霧という極端なコンディションHD81は南側から進入するという霧の中から音だけが聞こえてくるその瞬間を捕らえた一枚、そしてその動画を...

  • 秋の緑

    色付いた枝を探して車を進める畑が緑に輝いている一角で止まる青・赤・緑の帯で構図を固めたこんな構図では畑はぼかした方が美しい...

  • ミラーレスで創作

    ニコンのカメラならピクチャーコントロールという機能があるモノクロやセピアはもちろんのこと、メルヘンチックな仕上げまでミラーレスカメラならファインダーの中でその効果が見えるストロボを葉に当ててさらに創作してみた...

  • 赤い果実

    真っ赤なナナカマドの果実苦みがあって食するものではないらしいしかし冬になると鳥が好んで食べるとかその実を前にロコンジェットが羽田へ向かった...

  • 秋は足下に

    紅葉はピークを過ぎていた目を離した隙に・・・しかし、それでもいい雰囲気を醸し出してるそれは足下の落ち葉だった2022/10/27 JL551...

  • 2023年カレンダー

    今年もカレンダーを制作中です後日案内しますのでよろしくお願いします...

  • Ready for Winter

    雲の合間に見える雪山麓に向かって降りてくる冬の姿街では除雪車が整備されていたそろそろカラマツも見頃だ2022/10/30 JL555...

  • 遥かなるVIPーSPOT

    移転してしまったVIP-SPOT最近は間近で見ることができなくなった今年は機内からこんな風景を見ることができた新築されたVIPターミナルを絡めて...

  • 蒼い空の日

    初めて遭遇した空の日のAKJ制限エリアに立ち入れるというま新しい建屋とコンクリートと蒼い空が印象的セントレアからのB737が統一感ある絵に一役買ってくれている...

  • 地霧に浮かぶ

    次々と最終便がスポットインする時間地霧に浮かび上がるターミナルに悶絶よくぞこの瞬間に二機が居てくれたものだ右往左往して照明の当たる場所を変えて捌き続けた...

  • Establish localizer

    旭川空港へ進入するシーンいつもファインダー越しに興奮する瞬間だここから先は計器で誘導されて降りてくるらしいうまく電波に乗れれば...

  • Goodnight!

    旭川空港を発った最終便JL558空港上空を旋回して羽田に向かう星の合間を縫っていく一気に静けさに包まれた...

  • 初秋回想

    北海道の秋は短いつい先日撮影したはずの光景はもうない木の裏側で試行錯誤していたら蜘蛛の巣に捕らわれてしまったなんとか脱出して撮った一枚だ...

  • 最終便霧中

    遅れていたHD88に続くJL558肉眼でJLを見ながらファインダーはHDを追っていたプッシュバックし終わったころにファインダーをJLに向ける数枚撮ったところでHDがローリング、こんな時間に忙しい夜だった...

  • 霧の予感

    夕方便であるJL556が日没後に出発するようになった日没直前には焼けていた雲も黒くトーンダウンそれでも山沿いには怪しげな雲が漂っているその雲が夜には劇的な情景を展開してくれる...

  • 熱烈T3

    順光の西日を期待してT3にあがったここの展望デッキからは西側の雲の様子がうかがいにくい期待せずに待っていたら強い光が管制塔に注ぎ始めたそこへ飛び込んできたのはスタアラのANA,、劇的な夕景だった...

  • 雨上がり小路

    何度も頼ってきた一本木雨上がりの小路がしっとりとうねっている小路に木が被らぬよう立ち位置を微調整いつもの一枚のようで新たな気配りが入っている...

  • 農地区画整理

    大規模に農地の区画整理工事が行われている重機で掘り起こした土で殺風景な状態しかし、時にそれは迫力ある表情に変わるときがある光の当たり方で溶岩の様相だった...

  • 初冠雪

    ニュースで報じられた冠雪ゴツゴツした山肌から雪の浅さが伺えるその様子に絡むのはパーンパッドで転回するJL552道道脇のフェンスをクリアーしての撮影...

  • 霧を浮かばせる

    空港の照明でかすかに見えた霧三脚もしっとりと濡れているこの日、紅葉、虹よりも感動した情景翌朝は街中が霧に覆われていた...

  • 月光南中

    満月を前に、ランウェイの正面に月があった程よい雲に覆われて月夜が美しいこれを背景にランディングライトショーを撮影することにした「未知との遭遇」を思い出すワクワクする一瞬なのだ...

  • 雨雲迫る

    夕刻、西側から雨雲が流れてきた雲に阻まれながらも太陽も顔を出しているしかしちょっと光に力がなかった薄っすらとレインボー...

  • 逆光一発勝負

    逆光下で紅葉を引き立たせようとストロボを持ち出したチャージの周期からも撮れるのは一枚だけ離陸機も思い通りに飛び込んできたしかし・・・ここではレフ板が良かったはず...

  • ヒコーキ写真テクニック2023

    8ページにわたり旭川空港での作品を掲載いただきました。 NikonZシリーズで撮影した旭川空港 DxORureRawで現像した旭川空港で、季節毎に編集されています是非手に取ってご覧くださるようお願いいたします。お求めはこちらから...

  • 月光と地霧

    月夜に程よい雲が広がっているそこへ地霧が漂はじめたのだISO12800まで上げてもこのトーンASA400のザラザラ世代でもこれくらいまでダイヤルを回せるようになった...

  • 新栄の丘公園

    観光地として紹介されている新栄の丘公園ここで昼の2便を違う構想で待ち構えていた、風は少々南風先行するJALはRWY16へ行ってしまったしかし、Doは期待に応えてくれるものだ...

  • 北の地霧

    着陸機を撮って空港へ戻るとなんとなくフォギーな感じよく見ると地霧が流れてきているではないか機体の露出が飛んでしまっても構わないこんなときは雰囲気を大切にしたい...

  • ナナカマド

    ナナカマドの赤い実逆光下でそれを引き出すためにストロボを持ち出した光の当て方を試行錯誤している間にJL556が出てきてしまった今日はこれくらいにしといたる...

  • 2022年冠雪

    つい先月まで半袖で出かけていた旭川雪のことなど予感することもなかったしかし、暦は正直北風の割合も増えてきた...

  • 夏回想

    陽炎に悩まされた夏はとうの昔大型機が帰ってきて賑やかだった季節が進むとダウンサイズされる便もでてきたそろそろ初冠雪の便りが流れているはずだ...

  • 迷える350

    明るい内に南側から進入する機に搭乗並走する機はいつまでも窓枠カツカツのところを飛行して撮れずじまい最後のチャンスはDラン上幸いにもA350が居た...

  • 続・地霧

    視程を奪う霧とは違う地霧地上の様子がうっすら浮かび上がるのがいい着陸したB767が迫ってくるにつれて劇的にランウェイから離脱しようとするこの瞬間、最高だった...

  • 上川は黄金色

    田んぼが広がる上川郡田植えの季節は水鏡が広がるそして収穫を前に黄金色の風景が広がっていた9月らしい彩の情景...

  • 右頬の演出

    伊丹から出発して左旋回中の那覇行きA350主翼や右頬に西日が射している薄っすらとした雲が控えめでいいそしてエンジンが輝いているのがいいぞ...

  • 台風一過の太陽柱

    静岡県下で大雨になった翌日朝も昼もすかっと視程が抜けている訳ではなかった夕刻になってもフツーに暮れていく嫌な予感すら覚えたしかし、やはり台風一過はミラクルだった...

  • 初秋と晩夏

    日中は半袖で汗をかき朝夕は上着を羽織る季節空も季節が2層になっていたJL556が陽の高い内に出発するのもあとわずか...

  • 畝と光

    この畑、太陽側からみればべたっとした表情だった角度を徐々に変えていくと畝の影が見えてくるこのラインの配し方を試行錯誤すること10分朝一番の羽田便が到着...

  • 木陰

    グリーンポートにある名木たち季節感も表現してくれる樹々だこの日は残暑の日差しを受けた木陰にフォーカスRWY34に向かう機を待ち受けた...

  • ANA、また来年

    セントレア便、この夏はずいぶんお世話になった秋らしい情景の中を降りてきたNH3259/30でいったん運航終了また来年、飛んでほしい...

  • 地霧

    真っ暗な外周道路で最終のB767を待っていた雨上がりの夜だったので星を絡めて先行機を撮影いよいよ本番というときに地霧が到来ランディングライトが目の前の情景を一変させた2022/9/27...

  • 秋・日没の後

    HD87が降りてくる時間にはもう陽が落ちている光がある内に撮れるのはもう来年のことだろう刻々と暗くなるのに合わせてISO感度を上げて待つノイズ除去ソフトを利用して現像した...

  • 高床トラック

    北海道開発局や自衛隊に使われている車キャブが高くてとてもかっこいいのだここで活躍している除雪車もこの通り乗り込むだけでも一苦労しそうだ...

  • 足元の彩

    晴天が続くも日増しに視程は低下グリーンポートでこじんまりとロケハン色づき始めた枝もあったが足元に鮮やかな赤を発見バリアングルモニターの出番だ...

  • 続・丘の向こうは山

    丘越しに十勝を絡めながら機影を追っていた背後の山は変化が激しい機体の姿勢もあっという間に変化する次々と捌いかないとあっという間にショーは終わる...

  • 月光に映える

    この進入灯には随分助けられてきたこの日は月光を背後にフレームが映えていた超高級キャメラのISO感度を25600まで巻き上げたしかしf4では1/20しか切れない...

  • 丘の向こうは山

    有名観光地「セブンスターの木」から撮影坂道を下って丘と山を圧縮する構想偏光フィルタを装着して山の表情を引き出す進入してきたのはJL555、いいところでバンクをかけてくれる...

  • 満月を前に

    満月を数日後に控えていた夜月明りを期待してかしわ園に立った以前に撮った雪山の夜景を思い出したからだ十勝がシルエットに、美瑛が月明りで浮かび上がった...

  • 眩しい畑

    遠目にも黄緑に輝いている畑があったそれはひと月前に麦が刈り取られて何もなくなっていた畑あっという間に新たな装いに変身とても回転が速いのだ...

  • 続・雲が欲しい朝

    安定した快晴が続いていた昨日の絵と同様、一本木をかすめる影を狙う立ち位置を後退させて畑を多く取り込んだやはり雲があった方がいい...

  • 雲が欲しい朝

    狙いはロコンジェットではないパッチワークの丘を少々取り込むものの狙いは違うお気に入りの一本木をかすめる影だ雲があった方がしっくり来た朝だった...

  • 3つの光

    ここの進入灯は回転しているのが特徴その光が機体に向いたときが狙いだったそしてランディングライトが空港の法面を照らしたとき更に月の灯を絡めることができた...

  • 油断と緊張感

    久しぶりに持ち出したNikon Z6現場へ行ってみたら電池残が2目盛しかない夕刻に残しておこうと日中は緊張感を持って一発撮りこんな油断が増えてきた、ヤヴァイぜ...

  • 写真講座開催(川崎)

    開催日 2022/10/22(土) 10:00-11:30場所 JR川崎駅近くの会議室定員 約15名会費 ¥3,300講師 車川浩司内容 遠征の予習としてお役に立てる内容を解説します ①風向きと撮影場所の選び方 ②現場力と構図 ③撮影機材etc内容は変更する場合がありますのでご了承くださいお申込み順に受付させていただき、ご入金方法を連絡させていただきますご入金が確認できましたらお申込み完了ですキャン...

  • 窮屈な現場

    セントレアから乗ってきた折り返し便を撮る旭岳が絡みそうな場所に立ってはみたしかし・・・間抜けな構図画面の下方にある障害物を避けた結果だ(涙)...

  • 残照の美

    陽が落ちてからのランディング一息ついて振り返ると管制塔がいい色に染まってたスポットインするHD87を待ち受ける機体もいい感じに浮かび上がっているではないか...

  • 雲を読みながら

    タクシーウェイの正面から出発機を狙う当然真正面に寄った絵も撮っているしかし、雲の様子を伺いながら引きで撮るのが本命機体をぐっと右下に寄せて雲を主題にしてみた...

  • The RWY16

    十勝連峰がくっきりと見えた日風は南から吹いていた搭乗機はRWY16から出発これぞAKJのRWY16だ...

  • 無心の構図

    たまには機体メインの絵を撮ってみるもちろん背景には目当ての山があったしかし、それが絡むなど都合のいい話はないこれくらい引き付ければオートAFは信用できる...

  • 嵐の気配

    大気の状態が不安定というこんな日は油断できない神々しい雲と光を相手に構想を変え続けていたこの後、光が射して虹が出ることになる...

  • 緑の十勝

    十勝の色を思い出すと黒か白緑の十勝は記憶には薄い乗っていてもあっという間のファイナルアプローチ撮っているとなお短い...

  • 青空の構想

    丘の向こうの青空風を感じる情景を想定した残念ながらどろどろの雲また来年だ...

  • 雲レフ

    離陸して空港上空を旋回する雲の中から出てきたときの瞬間を狙う旋回しているのこれを読むのは結構難関雲レフで白く輝く期待を捉えられた...

  • 夏の噴煙

    ごつごつとした夏の十勝そこから上がる噴煙は当然ワンポイント離陸機を待つので、この辺りだと思って脚を据えたもう少し引っ張てくれたら・・・よくあることだ...

  • エアドゥ高らかに

    空港の高台を見上げる低い場所ここに出てくるだろうと予想した場所予想よりも少し遅かったが、雲を忘れずに取り込めた空の大きさを強調できた一枚だ...

  • 美白の夕

    夜のとばりが下りようとしている時間空港の照明がエプロン明るく照らしていた更にトーイングカーの作業灯が機首を美白にしているプッシュバックが始まって僅かな時間の情景だ...

  • 旭川とLCF

    旭川行きNH325に搭乗、RWY36での出発、A3から進入左側の席からはこのように見える初めての構図かもしれない...

  • 写真講座再開

    ...

  • ターミナル七色

    太陽の位置がまだ高いので虹は小さめターミナル付近の地上までくっきりスポットイン直前のJL555を追い続ける最後は望遠レンズで虹を強調...

  • B767と虹

    ゆったりとタッチダウンしたJL555アーチの真下に到達するまで「はよ!」と独り言ようやく「よっしゃ」と呟けた瞬間なんとか間に合ってくれた...

  • じれるアプローチ

    旭川市内上空を経て北側から進入するJL555このとき、既に虹が出現していたまるでホバリングしているような呑気に進入この絵からは光が射しているいるゾーンがいかに狭いか解る...

  • 秋の風

    視程抜群の日、山々もクリアーだったこんな日は迷わず山を絡めるのが定石しかし、この空も捨てがたい広角レンズ一本で挑んだ...

1件〜100件

arrow_drop_down

ブログリーダー」を活用して、寅次郎@愛知さんをフォローしませんか?

ハンドル名
寅次郎@愛知さん
ブログタイトル
航空機がある風景
フォロー
航空機がある風景

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用