searchカテゴリー選択
chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

寅次郎@愛知さんのプロフィール

住所
愛知県
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
航空機がある風景
ブログURL
http://krmtora.blog136.fc2.com/
ブログ紹介文
地元セントレアの他、全国の空港で撮ったスナップもアップしております
ブログ村参加
2011/03/05
本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、寅次郎@愛知さんをフォローしませんか?

ハンドル名
寅次郎@愛知さん
ブログタイトル
航空機がある風景
フォロー
航空機がある風景

寅次郎@愛知さんの新着記事

1件〜30件

  • 冬の光

    出雲の冬は天気が変わりやすい地元の人がそう呟いていた空の8割が雲に覆われていても割れ目があるから油断できないグラスエリアに広がる光に視線がいった...

  • 神在月

    ホテルもレンタカーも、そして航空機も満席の神在月羽田便のほとんどにB767がアサインされているRWY25で出発するため東側にタキシングするシーン神々しい辺りに大社がある...

  • 撤収の合図

    出発準備を進めていたスタアラ機は最後までここにいてくれたわずか一時間強の間に変化する情景を楽しめた爆音を響かせて各社の新千歳行きが出発していくそろそろ撤収の時間だ...

  • そびえる進入灯

    進入灯と言えば広島を思い出すが、ここも外せないこの日も朝もや越しの太陽が灯をシルエットにしていた超広角ズームレンズを装着して待ち受けフレーミング期待通りにフレームに入ってくるのが気持ちいいNikon Z6 14-30/4...

  • RWY16ステージ

    これまでにも同じ構図で何度も撮影した場所圧縮効果で旭川市内まで写し止めるだけではない光と影をも圧縮するのだ今回は機体に薄い光が当たっていたNikon Z7Ⅱ Z70-200×2.0...

  • 原点・70-200mm

    この趣味をはじめて買ったのは初代手振れ補正付きの70-200nn/2.8レンズでここまで絵が変わるのかと驚いたまだまだ現役で使用しているが、ミラーレス用の70-200mm/2.8を手に入れた140mm角でシャッタースピードは1/8、ブレる自信があった...

  • 2021・地面見納め

    日中ポツポツ降っていたのは雨陽が落ちたころに雪に変わった翌朝には積雪になったらしい来年までこの芝はお預けだ2021/11/23 JL556...

  • 旭川大通り2

    次の便のためにのんびりとロケハンそれだけでも2時間くらいはあっという間に過ぎてしまうその間、頭上のトラフィックはノーマークであることが多い新たな楽しみを覚えるとさらに時間が足りなくなった...

  • 旭川大通り

    インチョンやアンカレッジに向かう大型機が頻繁に行き交う4発のB747などは珍しくもない、3発のMDも現れるトラフィックが少ないなどと嘆いている場合ではない随分撮り逃しているに違いない...

  • 2021晩秋

    11月初旬の絵日に一枚アップしている間に季節が進んでしまったようだ二十四節季を意識すると精々2週間毎に絵を選ぶ必要があるそろそろ晩秋も終わりだ...

  • 雲予報

    この日の予報は曇りのち晴これはこれでゾクゾクする情景だ詳しく見れば雲は北から南に流れている雲予報の通りになった様子を記録しておこう...

  • 満月の日

    欠けた状態で月が出でる浮島に行こうか悩んだが、天空橋HICityに向かった背後の激焼けを勿体ないと思いながら月の出を待つようやく月が見えたとき、千歳行きのA350が上がった...

  • 落ち葉のバランス

    日増しに落葉が増えて枝が寂しいここまで散ってしまうと少々遅かった感じもする主役は霧と地面の落葉AIR DOはなんとかエンジンまでを撮りこめた...

  • 植えられた樹々

    カラマツは材木のために先人が植えたものだと聞いた綺麗な区画が浮き彫りになっていることからそれが伺える今でも伐採された後には苗木が植えられて数十年の循環が続いている機窓からは地上とは違った迫力が楽しめる...

  • 迫力のタクシー

    まるで最終便のような雰囲気まだ17時前のJL556の出発シーン目の前をB767の巨体が結構なスピードで進むこの雲は間違いなくあった方がよかった雲だ...

  • 大雪に熱望

    数年前に雲一つない青空の下、カラマツが輝いた毎年同じものを撮りたくて訪れているわけではないもっと衝撃的な情景を目にしたいと思うからだしかし・・・・そんな都合のいい話はなかった...

  • 白樺と光

    白樺の樹、見ると気になる被写体だこれまでも千歳などでも活用したしかし、大概は晴天の日光を利用すればこんな天気でも活用できる...

  • 南風にさまよう

    早朝から10ノットの南風エアドゥに続いてJALもRWY16で進入することが分かった若干の黄葉と暗雲、そして稜線が整っているこれを決めているときは風景だけを見てフレーミングしているのだ...

  • 霧中の落葉

    初日は24mmで撮影した樹最終日は135mmまで攻めていたもちろん主役は落ち葉芝のグリーンが落ち葉を引き立ててくれている...

  • 落ち葉

    この時期グリーンポートの端に色づく樹がある鮮やかなので遠目にもよくわかるしかし、傍へ行ってみると重なり合う落ち葉に魅せられたトワイライトタイムなのでマイライトを持ち込んでみた...

  • 航空機がある風景 2022カレンダー

    今年も残すところ40日余り、2022年のカレンダーが完成しました。収録した作品は、旭川、中部、出雲他で、この一年間に感動しながらシャッターを押した作品達。サイズは見開きA3サイズ(写真:A4+暦:A4)で、暦の部分はメモを書き込める実用型です。品名   :航空機がある風景 2022カレンダーサイズ  :見開きA3 リング式枚数   :13枚(表紙含む)価格   :¥2,600(送料、税込み)   2部:¥4,800 ...

  • カラマツの輝

    11月初旬、カラマツが一斉に黄葉するそれに光が差し込むと実に鮮やかに見える山が見えることよりもカラマツに光が射すことの方が重要だ快晴の空を期待しがちだが、こんな空も悪くない...

  • 湿潤な夕

    日没後に出発したJL556対面には雲海がソフトに漂うグリーンポートの樹を利用して構図を整えたここでは機首だけを切り取ったほうが感じがいい...

  • 北の15:30

    11月の15:30と言えばもう日没まじか赤い光が山を照らし樹々も染めるそんな時間に降りてくるのは羽田からのJL555有名な「セブンスターの木」をアクセントに待ち受けた...

  • トワイライトゾーン

    陽が沈んだ後も刻々と美しい空が展開され続ける露出も刻々と変化するので分刻みで設定を繰り返した夕陽の芯と管制塔を合わせて立ち位置を固定ここに飛び込んでくれと祈った相手はスカイマークだった...

  • ダウンサイズHND

    平時であれば大型の機材が投入されるだろう羽田便この日はB737がやってきたが、時にE70などもHND便だったりする西の空に雲がないので順光で日没を見送る構想構想通り、いい光が機体を染め上げてくれた...

  • 白亜のターミナル

    ターミナルビルが塗り替えられたばかりなのか眩い白さだった空港駐車場でそれを絡めようとするも撃沈20ノット越えの南風、軽く上がると思い込んでいたB767の離陸を白亜のターミナルと絡めるべく選んだのは定番の上床公園...

  • 赤蕎麦

    ロケハンの道中、一角だけ鮮やかな畑に遭遇高度が低いはずの着陸機でさえかなり高いこの日2本目のB767がえびの高原側からアプローチ数日後、畑が見ごろとTVで報じられていたらしい...

  • 鹿児島の島々

    鹿児島空港は奄美などへの玄関口でもある小型の機体が結構な頻度で往来茂る森と霧島連山、そして小型機がこの地らしい森から飛び出してくるのを待ち受けた...

  • 爽快・茶畑

    鹿児島と言えば桜島がシンボリック空港周辺は茶畑が多いので、このようなシーンがあちこちで撮れる茶畑と雲を睨みながらフレーミングB767を贅沢な使い方をしてしまった...

カテゴリー一覧
商用