searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

サントーシーさんのプロフィール

住所
インド
出身
上越市

前世は南インドのタミルナードゥ州、コインバトール生まれです。 そして・・来世はカニャークマリに転生します。(アガスティアの予言) インドで人生を全うするために、今を生きています。

ブログタイトル
カレーなる日々
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/suntosi2005/
ブログ紹介文
2009年7月よりインド・ニューデリー在住。インドでの日々を中心に語りながら、日常を記していきます。
更新頻度(1年)

364回 / 365日(平均7.0回/週)

ブログ村参加:2010/09/03

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、サントーシーさんをフォローしませんか?

ハンドル名
サントーシーさん
ブログタイトル
カレーなる日々
更新頻度
364回 / 365日(平均7.0回/週)
フォロー
カレーなる日々

サントーシーさんの新着記事

1件〜30件

  • 【インド映画】 ~パパ~

    2016年の作品、タイトルは「パパ」。タルナ・カナグワルが監督で主演。<ストーリー>5歳の頃を思い出し父親(ヴィカス・シュリヴァスタブ)が自分にどれだけの愛を持って育ててくれたか語る女性(タルナ・カナグワル)。現在25歳の彼女は父親から離れ自立しているが、成長の過程で父親とぶつかったり、叱られた事を回顧しながら、語っていく。監督で主演と言う事は、自身の思い出なのか?フィクションなのか?だから何?と言う感じ・・・。【インド映画】~パパ~

  • カレーリーフ。

    カレーリーフ、カレーの葉である。インド原産であるが、実は北インド料理にはあまり使われていない。南インドのカレーを作ろうとデリー市内の店を探したところ、入手に苦労した事は昨年のブログで書いた通りである。さて、日本ではどうであろうか?デパ地下のお洒落な店を片っ端から探したがなかった。聞いた事もないハーブはあったと言うのに・・・。デパ地下がダメなら輸入食材屋・・・と思い、ダメ元で行ってみた池袋のハラルフードの店がこちら。場所もそうだが、ビルの4階で中の様子が全く見えないし滅茶苦茶入りにくい。怖い、正直にそう思った。まぁ昼間だし・・・と勇気を振り絞って行ってみた。店内にはパキスタン人と思われる男性がいて「こんにちは。」と、挨拶してきたので「アッサラームアライクム」とイスラム式に答えた。ウルドゥー語で書かれた食材が多かっ...カレーリーフ。

  • 明星チャルメラ(まぜそば)。

    日本には安くて美味しい物がたくさんある。スーパーに行った時、目に留まったのがこれっ。パッケージからして絶対に美味しい!と思った。明星チャルメラもやしが超絶うまいまぜそばニンニクしょうゆ味5食パック460g×6個原材料:油揚げめん(小麦粉(国内製造)、植物油脂、食塩)、スープ(糖類、食塩、香味調味料、しょうゆ、貝...明星食品ファースト・インプレッション・イズ・ラスト・インプレッション!第一印象が全てである、笑。(物も人もね。)調味料は2点、左側は具材のもやしを電子レンジで温めた後にかける。そして湯がいた麺にかけるスープ。美味しいもやしもインドではてにはいらないし、日本に来たらまず食べたい物の一つである。本来はもやしのみ用意すればいいらしいが、ひき肉と併せてみた。湯がいた麺に調味料を入れて、別に炒めておいたもやし...明星チャルメラ(まぜそば)。

  • コロナ抗体検査を受けてみた。

    私はインドでコロナに感染した。PCR検査の結果が「陽性」であったので間違いがない。インドの検査なので・・・若干の疑いはあるが(笑)。感染したと言う事は体内に抗体ができているはずだ。と言うわけで、確認の為に検査を受けてみる事にした。東亜産業抗体検査キット日本製東亜産業自分でできる検査キットもあるが、私はこう言う物の精度を信用していないので、ネット検索で検査を実施している医療機関を調べ、費用の安い所へ行ってみた。JR山手線の神田駅から近い三井タワークリニックである。検査は保険が利かないので実費で4400円。このような誓約書に記入する。血液検査で結果は郵送である。で、結果は「(+)陽性」だった。数値だが1以上なら抗体あり。医師によると32.6は充分に抗体ができていると言う事だそうだ。ひと安心である。普通の人よりは感染...コロナ抗体検査を受けてみた。

  • 日清カップヌードル「火鍋」

    日清のカップヌードル「世界の~」シリーズは上手い。以前、トムヤムクン・ヌードルを食べた時、感動していた。で、店頭で見かけた時・・・こ・これはっ!!と思った。インドのスパイスは、♪数々あれど、数あれど、さては南京玉すだれ・・・である、良く解らないが、山椒は見かけない。山椒は美味しい。「麻辣」とは・・・舌がヒリヒリするような唐辛子の辛さである「辣味」、花椒の舌が痺れるような辛さである「麻味」の二種類の異なった「辛さ」により構成される。これよっ、これっ。麻婆豆腐も唐辛子だけではダメで、山椒のしびれるような味わいがないとダメ。3分間・・・待つのであった。赤~い、どんなに辛いのかと思ったら・・・・私の味覚はインド人並みになっているので、それほどでもないかな。つまり赤い色ほど辛くはない。残ったスープを見て思ったのは(誰でも...日清カップヌードル「火鍋」

  • ハーゲンダッツ(抹茶クロッカン)

    ハーゲンダッツはインドにもあるけれど一般的ではない。超高級品である。それにこんなに種類ないし。たぶんデリーの空港内の店舗が最初だったのではないかと思う。だから帰国する前に空港で食べた記憶がある。デリー市内にも店舗があったと記憶しているが、ここ数年は見ていない。外国人が行くようなスーパーで、時折見かけるくらいである。で、第2段は抹茶クロッカンである。抹茶ブームがあったが、インドで抹茶はお目にかかれないので抹茶はありがたい。あのスタバでもインドのメニューには抹茶はない。抹茶だと思って注文したらモカだった・・・なんて事もあった。MACHA・・・MOCHA・・・そっくりだ。笑。この、コーティグ、抹茶チョコレート、これもいいのだが、何と言ってもクロッカン・クッキーのサクサクっ感が最高にたまらない・・・。(粒々にみえとるや...ハーゲンダッツ(抹茶クロッカン)

  • 【インド映画】 ~ジャンサ~

    2017年の作品、タイトルはヒンディー語で「幻影」。<ストーリー>車に乗った男4人が女性を誘拐し監禁する。夜になり、外で物音がするたびに男たちは怯えて外に出て周囲を確認する。犬であったり、風であったり、何かが倒れた音であったり・・。何回目かに女性の前に見知らぬ男が現れる。女性は驚く。物音がして4人が女性の元に戻ると何かの気配がして、4人は外に出る。するとそのすきに女性は車を奪って逃走する。女性は見知らぬ男に縛られている縄をほどかせ、誘拐犯が落とした車の鍵を拾って逃走したのだった。そう上手く車の鍵が落ちて、それを見つけて、拾えるとは、思えないのだけど・・・。女性が逃げてしまった事で4人は監禁場所に戻るが、現れた見知らぬ男の姿に驚いて一目散に逃げる。見知らぬ男もその後を追って逃げる。と・・・監禁場所で亡霊が笑う。誘...【インド映画】~ジャンサ~

  • 池袋のラーメン屋「ヌードル・ヴォイス」

    池袋はよく歩いて行くのだがついでに立ち寄った店。評判も良かったし。昼時だったけどこのご時世だからか、待たずに入店できた。住所:東京都豊島区西池袋1-3-5青井ビル第11F,電話:03-6384-7979最寄駅:JR山手線池袋駅<食したメニュー>濃厚ホタテそば900円<店内の雰囲気>カウンター9席、4人×4席男性が二人てきぱきと働いている。ラーメン屋らしからぬアメリカンな感じのお洒落な雰囲気。<感想と評価>白濁したスープは見た目から濃厚そうだが、飲んでみるとそうでもなかった。鶏豚白湯に魚介乾物にホタテ貝柱のトリプルスープと言う事だが、どれも個性を発揮しておらず、まとまってはいるが、これっ!だと言う特徴がない。真ん中にチャーシュー、メンマとトッピングにかいわれ、海苔。ここまでは普通だが、チャーシューの左側には玉ねぎ...池袋のラーメン屋「ヌードル・ヴォイス」

  • 【インド映画】 ~ディーピカ・ア・ランプ~

    2016年の作品、タイトルはヒンディー語で「灯り」。主人公の女性の名前でもある。<ストーリー>アカシュ(アカシュ・カプール)と妻ディーピカ(カシャヴィ・カンチャン)は離婚を考えている。アカシュはディーピカに時折かかってくる電話で浮気を疑っている。ディーピカも、疑われている事には気づいており、仲睦まじかった頃をディーピカは思い出し歩みよるが疑惑は深まるばかりだった。ある日、アカシュが帰宅しチャイムを鳴らすがディーピカは、迎えに出てこない。合鍵で中に入り室内を探すとディーピカは床に倒れてこときれていた。そこに電話がかかって来る。主治医と言う表示にアカシュは電話に出る。ディーピカは自分が病に侵された事で結婚生活が続かないと知っており、それをアカシュに隠していたのだった。自分が病気だと知った時にそれを家族に話すかどうか...【インド映画】~ディーピカ・ア・ランプ~

  • ブラジルのチョコレート。

    大きな特徴のあるものから微妙な差の物まであった。包み紙の色から想像できる物もあるけど、いかんせんポルトガル語が判らない・・・・。この黄色い包み紙はマンゴーだった。これはストロベリー。包み紙の色で判断できた。これはココと書いてあったがココナッツだった。まぁこんなところで・・・・。、再確認したのはコーヒーとチョコレートは合う。明治ザ・チョコレートブラジルカカオ7050g×10箱原材料:カカオマス(国内製造)、砂糖、ココアバター/乳化剤、(一部に乳成分・大豆を含む)明治ブラジルのチョコレート。

  • ブラジルのコーヒーとチョコレート。

    インド駐在からブラジル駐在になった知人と日本で会った。インドで非常にお世話になった方で、お互いの一時帰国のタイミングが合ったので日本で再会となったわけだ。その時にお土産に頂いた物を紹介したい。まずブラジルと言えば!コーヒーである。年間で200~300万トンも生産されており、世界のコーヒー豆生産量の約3分の1がブラジル産である。インドでも最近はコーヒー豆を買えるようになってきたけれど、やはり本場のコーヒーは違うと思う。私は酸味の強い物は好まず、マイルドな物が好きである。そうお願いしておいたのだが、本当に癖がなく飲みやすい。酸味は全く感じられず、際立った苦味もなく香りもまろやか、本当に飲みやすくて美味しいのだ。最高ですッ!!で、チョコレートであるが・・・・コーヒーとチョコレートは抜群の相性と言う事は解ったが、ブラジ...ブラジルのコーヒーとチョコレート。

  • 【インド映画】 ~ガール・イン・レッド~

    2016年の作品、タイトルは「赤い服の女」。アビシェーク・チャッタルジーの小説「グッティ(よじれ)」に基づいている。ある作家とゴミ回収人と謎の女性の3人の物語。<ストーリー>作家の家にゴミ回収人がやって来る。男は回収したゴミをあさるため、その家の秘密を知っていた。作家は回収人を観察する。インドではその地区を担当するゴミ回収人(カースト)がおり、一軒当たり一か月50~100Rs(約160円)程度で回収する。基本的には毎朝、家に回収に来る。ゴミの中から換金できる物を分別するため、プライバシーをも知る事になる。階段ですれ違う女性が大金を渡し麻薬を買っていたのを見て、作家は回収人からマリファナを買い家に招き入れ、煙草を回し飲みしながら秘密を聞き出す。作家はサプナと言う名前の女性を探していた。作家が回収人に石膏で造られた...【インド映画】~ガール・イン・レッド~

  • 【インド映画】 ~シヤ~

    2017年の作品、タイトルは主人公の女性の名前。シヤの人生に焦点を当て、約20年毎に3つの場面をつなぎ合わせている。ただ、これと言って特別な女性の人生でもなくだから何?と言う感じは否めない。<ストーリー>1984年、インドの叙事詩「ラーマーヤナ」を舞台で演じる子供達。恐らくシーター役の女の子がシヤのようだ。1996年、母親と電話で話すシヤ。結婚したばかりの様子だが、夫と口論となる。「ラーマーヤナ」の舞台の場面が挿入される。2016年、映像電話で会話するシヤとその息子。周囲の風景をシヤが映して見せると、家に帰ると話す息子。1984年にシヤが5歳くらい(子役)だったとして、1996年の若々しいシヤが27歳、2016年には47歳であるが、どう見ても20年経ったとは感じられず・・・同じシヤに見えてしまった。【インド映画】~シヤ~

  • 今日のカレー(No.159) ~ヴェジ・ハーブ・サーガ~(御徒町)【再々訪問】

    ここのオーナー家族とはインド移住当時からの付き合いである。日本へ帰国する際に(秘密にいているのだが)デリー在住の姉達に知れてしまうと・・・厄介だ。面倒くさい、笑。お土産(しかも大して重要で事でない物)をハンドキャリーさせられてしまう、笑。で・・・今回も・・・弟想いの姉の頼みを聞いて持って行ったわけである。お礼に、笑、何でも食べさせてもらえるのだが。オーナーの看板息子。住所:東京都台東区上野5-22-1東鈴ビルB1電話:03(5818)4154最寄駅:JR山手線等御徒町駅<食したメニュー>ビンディ・マサラ1450円、チャパティ1枚350円、ワダ2個980円、アールー・ボンダ2個980円、マンゴー・ラッシー500円<店内の雰囲気>店内に山積みのマンゴーはグジャラート産で、12個入り4500円。コロナ禍において対面席...今日のカレー(No.159)~ヴェジ・ハーブ・サーガ~(御徒町)【再々訪問】

  • 【インド映画】 ~パンチャーリ~

    2018年の短編映画、タイトルは主人公の女性の名前。短編と言っても50分ほどあるのだが・・・。酷い・・・このアマゾンプライムの日本語訳が・・・最初はヒンディー語の直訳っぽかったので、日本語が少しわかるインド人の翻訳かと思った。でもヒンディー語すら聞き取れていない所もあり、日本語がカタコトすぎる訳の所も多かった。日本語字幕がないよりあった方がいいのか???それにしても・・・アマゾンがこれでいいのか?<ストーリー>ハリヤンヴィと言う村で5人兄弟が悪だくみをしている。シーンは変わって荒野を車が走っている。後部座席に男女、助手席に男性。と、突然、運転手が狙撃されてしまう。助手席の男が車を止めて運転手を車外に引きずり出す。恐怖におののく女性パンチャリ。運転手はまだ息がある。助手席にいた男の元に悪だくみをしていた兄弟が駆け...【インド映画】~パンチャーリ~

  • ハーゲンダッツ(クワトロ・フォルマッジ)

    私の20年来の友人にNがいる。元同僚である。彼女には棺桶に入れて欲しいスイーツと言うのがあり、(通称:棺桶スイーツ)どこそこの和菓子であったり、どこそこの洋菓子であったりする。その中に最近めでたくランクインしたのがこのアイスクリーム。ハーゲンダッツのクワトロ・フォルマッジである。何を隠そう(隠してはいないが・・・)私はピザでは、マルゲリータの次にクワトロ・フォルマッジが好きである。チーズの旨さもさることながら、何と言ってもハチミツ。チーズの塩味とハチミツの甘さ、この組み合わせを考えた人は、すっごいなぁ、天才だなぁと思う。クワトロ・フォルマッジは、イタリア語で4つのチーズと言う意味。モッツアレラ、ゴーダ、ゴルゴンゾーラ、パルミジャーノの4つ。+ハチミツ。このアイスではカマンベール、ゴルゴンゾーラ、ゴーダ、クリーム...ハーゲンダッツ(クワトロ・フォルマッジ)

  • 【インド映画】 ~フォトグラフ・あなたが私を見つけた日~

    2019年の作品、タイトルは「写真」。邦題のサブタイトルが、あなたが私を見つけた日である。インドの観光地では観光客相手に、記念撮影をしてプリントしてくれる人々がいる。まぁ日本にもいるが。かっこよく言えばストリート・フォトグラファーらしい。<ストーリー>マハラシュトラ州の州都ムンバイ、ラフィ(ナワズッディーン・シディーキ)が)インド門で観光客相手に写真を撮っている。一方、ミローニ(サンニャ・マルホトラ)は家族と買い物した帰り道、インド門でラフィに写真撮影はどうか?と声をかけられるが、撮影の後、姉に呼ばれ支払いをせずに去ってしまう。ラフィは父親の借金返済のためにムンバイに出稼ぎに来ており、稼ぎの全部を送金する。祖母には結婚相手が見つかったと嘘をつきミローニ(イスラム教徒の名前ヌーリーと偽り)の写真を送る。喜んだ祖母...【インド映画】~フォトグラフ・あなたが私を見つけた日~

  • 【インド映画】 ~マッキー~

    2012年のテルグ語映画だがタイトルはヒンディー語で「蝿」。テルグ語の現代は「エーガ」。蝿の敵討ちである。<ストーリー>ある夜、女の子が眠りについた父親にお話しを聞かせてほしいとせがむ。その様子が蝿のように煩かったため、父親は蝿の話をする事にする。「むか~し、むかしある街に一匹の蝿が住んでいた。蝿と一緒に悪い男も住んでいた。」「男の名前はなんて言うの?」「スディープだ。」場面は変わってスディープ(スディープ)が射撃の練習をしている。すると隣のレンジで美女が練習を始める。スディープは美女に近づき、身体を密着して教え始める。(この美女が商売相手の妻であった。)スディープが商談をまとめるため上手くたらし込んだのだった。スディープは自分の魅力にひれ伏さない女性はいないと豪語する。またまた場面は変わる。ある夜、ビンドゥ(...【インド映画】~マッキー~

  • 非常事態宣言下で・・・・。

    日本では「非常事態宣言」なるものが発令されており、東京では飲食店は営業時間が短縮になったり、アルコールが提供できなかったりして大打撃を受けている。先日、友人と待ち合わせたのだが早く到着してしまったため、(私は待つのが嫌いなので、相手を待たせないよう早く行く。)ブラブラしようと思ったらショッピングセンターが閉まっていた、街もいつもより人出はかなり少ない。政府の指示に従わず抜け駆けで営業している飲食店もあるが、どうするか・・・。顧客側も飲みたい人もいるわけで・・・。私は飲めなければ飲まなくても良い人なので問題ないのだが、どうしても飲みたいと言う友人のために、現地で見つける事にした。場所は池袋、事前リサーチでサンシャイン側をぶらついたが、大っぴらに「飲めます」と掲げている店は見当たらなかった。待ち合わせは西口。ロマン...非常事態宣言下で・・・・。

  • 【インド映画】 ~聖なる呼吸:ヨガのルーツに出会う旅~

    2011年のドイツとインドの合作、ヨーガの起源に興味を持ったドイツ人監督が南インドを訪れ、近代ヨガの父と呼ばれるT・クリシュナマチャリアの軌跡をたどったドキュメンタリー。原作のタイトルは「BreathofGods」サブタイトルは、「AJourneytothaOriginsModernYoga」。ヨーガの師(グル)はたくさんいるのだが、初めて聞いた名前・・・。ティルマライ・クリシュナマチャリヤ(1888~1989年)。現代ハタ・ヨーガをベースに西洋式体操を取り入れてアレンジした。共感する師の言葉を見つけた。「人がヨーガに合わせるのではなく、ヨーガを人に合わせること。」インド人には珍しい考え方だ。私が今までに出会ったインド人の先生(普通にクラスを指導する人)は、一概に自分のやり方の生徒を合わせようとしたり、みな同じ...【インド映画】~聖なる呼吸:ヨガのルーツに出会う旅~

  • 【インド映画】 ~スタンリーのお弁当箱~

    2013年の作品。ムンバイのホーリー・ファミリー・スクールに通う4年生の少年スタンリーとクラスメイト対ヴァルマ先生の対決を中心に描いたストーリーだが、その裏に児童労働があった事も見逃してはならない。食い意地のはった教師役で出演しているアルマール・グプテ監督のデビュー作。自然な表情を撮るために子供達に映画の撮影と知らせず、1年半に渡りワークショップとして週一回子供達を集めて編集した作品。オープニングに5分近いアニメーションがあるにだが、私的には早く本編を開始して欲しかった。<ストーリー>スタンリー(パルソー)が校門を入って来てイエス・キリストと聖母マリア像に手を合わせるシーンから始まる。スタンリーの顔は晴れて汚れている事を先生に注意される。彼はお弁当を持ってくる事が出来ず、昼食時にはクラスを抜け出し水を飲んで空腹...【インド映画】~スタンリーのお弁当箱~

  • スーパームーンで皆既月食。

    星空ガイド2021旭,藤井誠文堂新光社5月26日の夜は皆既月食。満月が地球の影に完全に隠されて、赤黒く見える。これは2018年1月31日以来である。また、今日の満月は今年最も地球に近い「スーパームーン」でもある。地球から最も遠い位置である12月19日の満月に比べて、直径が14%大きく、30%くらい明るく見えるそうだ。18時半にベランダから覗いたのだが月の位置が確認できなかったので、20時前に外に出て見えそうな高い場所を求めていどうしたら、みんな考える事は同じのようで橋の上には人だかりが、笑。東の空を見上げたが曇っており月は見えなかった。30分ほど粘ったのだが、残念ながら月の端も確認できなかった。あとでTVでも見ようかな。2021年大判カレンダー月齢月の満ち欠けカレンダー(誠文堂新光社カレンダー)天文ガイド編集...スーパームーンで皆既月食。

  • 【インド映画】 ~ラクシュミー女神転聖~

    2016年の作品、原作のタイトルは「ウォリヤー・サヴィトリ」。サヴィトリはインド神話における太陽神の1人であり、ラクシュミーはヴィシュヌ神の妻で美と富と豊穣と幸運を司る女神。だから別物なのであるが・・・日本ではサヴィトリは知られておらず、ラクシュミの方が有名だから、このタイトルにしたのだろうけれど、劇中でもヒロインの名前はサヴィトリである。なんだかなぁ・・・。舞台はブルーシティとも呼ばれるラジャスタン州ジョドプルと、ラスベガスである。<ストーリー>舞台はジョドプル、サヴィトリ10歳の誕生日、男手一つで娘を育て上げた父親タークル(アディティヤ・ラージ・カプール)はサヴィトリとマーケットへ買い物に行くが、目を離したすきに悪人に襲われそうになる。サヴィトリは居合わせた僧侶(ティム・マン)に助けられた事から、武術の道を...【インド映画】~ラクシュミー女神転聖~

  • 【インド映画】 ~マッスル 踊る稲妻~

    2015年のタミル語映画、原作のタイトルは「Ⅰ」。劇中で主演の2人が宣伝する女性用の香水の名前である。邦題は「マッスル・踊る稲妻」、何でもかんでも踊るは止めて欲しい。主演はヴィクラムとエイミー・ジャクソン。エイミーはイギリス出身、2010年にタミル語映画で主演し評価を得て、他にテルグ語、カンナダ語映画にも出演している。2018年にはラジニ様主演の「ロボット2.0」でも共演している。監督は同じシャンカル。最初の方で「ロボット2.0(2018年)」の宣伝シーンが入り、笑ってしまった・・・。すると至る所に・・・監督が同じだから。純粋なラブストーリーかと思いきや、醜い姿に変えられた男が、自分を陥れた人々に復讐すると言う話が絡んでいる。<ストーリー>結婚式の花嫁の控室に醜い姿の男が侵入し花嫁を襲い、気絶した花嫁を連れ出し...【インド映画】~マッスル踊る稲妻~

  • 【インド映画】 ~マサラ・チャイ~

    2017年の作品、タイトルは「マサラ・チャイ」。ミルクと砂糖で煮詰めた紅茶にスパイスを入れて煮詰めた、インドの国民的飲料の事。冒頭で「チャイ屋の出世頭はナレンドラ・モディである。」とのナレーションがあるのだが、モディの政治戦略の一部なのか?5人のチャイ屋にスポットを当てたドキュメンタリーである。インドの首相モディはチャイ屋の倅であったと言われているが、同情票を得る為の政治戦略であると語るインド人もおり、いい所の坊っちゃんだがチャイ屋のバイトをした事もあるのか?ハッキリしない。ちなみに私ヒンドゥー至上主義は反対である。監督はマルコ・ヒュルサーと言うドイツ人。インド映画にしたけど、ドイツ映画か??<ストーリー>5人のチャイ屋の生活や仕事だけでなく、家族、思想などにも踏み込んで、5つの場面を混ぜながら進めて行く。1人...【インド映画】~マサラ・チャイ~

  • 今日の機内食(JL030便)

    機内食は特別食を指定している。理由は普通の人より早く来るから、そして美味しいからである。コロナ禍でこの日は通常食が一種類で選べなかったので。指定できた事が心苦しかった。しかし、初めのドリンクサービスより食事が先に来てしまったため、ビールしか飲めなかった。泣。おつまみももらえず・・・。言えばもらえたんだろうけど。これが特別食のシーフードミールである。事前にJALのHPから、指定できたのでしたのだけれどありがたかった。左上から時計回りにパン、チョコレート・ケーキ、スモーク・サーモン、チャナ豆のサラダ、蒸した魚とジャガイモと野菜、グリーン・サラダ。海のないデリーに住んでいると魚介類はほとんど食べられない。(正確に言えば経済的に余裕のある人以外は。)だから選べる時には必ず食べる事にしている。メイン・ディッシュも暖かく味...今日の機内食(JL030便)

  • 【インド映画】 ~カランク~

    2019年の作品、タイトルはヒンディー語で「恥」。デリーから羽田行きのJALの機内上映で観た。ヒンディー語映画は2本あったのだがもう1本も歴史物「タナジ」であった。なぜ娯楽作品ではないこの作品が選ばれたのか?大手プロダクションだからか?キャスティングは豪華で、若手のワルン・ダワン、アーリヤ・バット、ソナクシ・シンハ、アディッティヤ・ロイ・カプールに往年のスター、サンジェイ・ダットにマドゥーリ・デクシット。舞台は1945年以前の独立前のパキスタンのラホール近くにあるハスナバードと言う町。インドのマディア・プラデッシュ州のグワリオール城でロケをしていたので(下手に知っていたため)、位置的に錯誤してしまったのだが、パキスタンのラホール近くからインド領のアムリトサルへ逃げると言うストーリーだった<ストーリー>サティヤ(...【インド映画】~カランク~

  • 隔離7日目(5月16日)

    隔離6泊7日の最終日である。朝7時半に抗原検査の検体を取る。これね。この結果が「陰性」であれば仮釈放となり、残りの8日間は、自分で予約したホテルや自宅などで自主隔離に入る。この間は基本的には部屋から出ないのであるが、生活必需品や食料の買い出しに近所へ行く事は可能である。公共の交通機関である電車、バス、タクシーなどを利用せず徒歩圏内であれば移動可能。自転車や自家用車(遠出可能)もOKである。抗原検査の検体を提出した後、朝食である。あれっ?最終日だから内容が変わったの?パッと見は機内食である。でも朝食なのでこの位でいい。パンも美味しかったし、ヨーグルトもあったし。この後、せっかくなのでデリー空港のJALカウンターでもらった防護服を着てみた。なんかホテルの部屋なのでガウンみたいだけど。昼食はいつもの内容で届いた。天ぷ...隔離7日目(5月16日)

  • 隔離6日目(5月15日)

    ついに・・・もう一つ寝れば仮釈放である。まぁその前に抗原検査があるのであるが、インドでのPCR検査が陰性の後、羽田到着日の抗原検査が陰性、3日後も陰性である。6日目に逆転して陽性になる確率は、どれくらいあるのだろうか?デザートはフルーツ・ヨーグルトだったが、朝はこれで十分。朝食を待つ間にコーヒーを飲む習慣までできていた。朝食が8時半、昼食が13時、夕食が19時半だと、朝と昼の間隔が短いのでお腹は空かない。部屋から一歩も出ないので身体を動かすにしても限界がある。摂取カロリーに比べて消費していないのだ。どうしても揚げ物や油を使った料理が多くなるので、そのせいもあってお腹が空かない。とは言っても・・・ご飯を1区画残す程度であるが、これは新潟県人として、非常に心苦しかった。「米粒には八十八の苦労が重なっている。」「残し...隔離6日目(5月15日)

  • 隔離5日目(5月14日)

    隔離5日目ともなればもうベテランである。あと2泊3日を乗り切れば強制隔離は終わり、8日間の自主隔離場所に移動する事になる。食事も自分で作らなければならなくなるし(笑)、監禁生活は独房どころか天国である。さて朝食。朝からがっつり。結論から言うとパン食だったのは、2回だけだった。個人的にはフルーツだけでもOKだけど、まぁそう言うわけにもいかないだろうから文句はない。サラダの量に対してドレッシングの量が多い(15ml)ので、基本的には使用せず、他の味の濃いおかずと一緒に食べた。それでも喉が渇くので水分は大目に取った。私は備え付けのお茶セットの他、インドから持参した飲料、差し入れてもらった物を飲む事が出来たのだが、事前に情報がなかった人はきつかったかも。左上のデザートはロールケーキがよく出たのだが、ちゃんと下にソースが...隔離5日目(5月14日)

カテゴリー一覧
商用