searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

ごまめさんのプロフィール

住所
岸和田市
出身
北区

自由文未設定

ブログタイトル
ごまめ〜の〜いちょかみ
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/momomeiai
ブログ紹介文
趣味(落語)の話を中心に、ごまめになってもいちょかみで幅広くお届け
更新頻度(1年)

484回 / 365日(平均9.3回/週)

ブログ村参加:2009/12/20

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、ごまめさんの読者になりませんか?

ハンドル名
ごまめさん
ブログタイトル
ごまめ〜の〜いちょかみ
更新頻度
484回 / 365日(平均9.3回/週)
読者になる
ごまめ〜の〜いちょかみ

ごまめさんの新着記事

1件〜30件

  • ラーメンまこと屋・岸和田三田店~2020.09.22

    ラーメンまこと屋・岸和田三田店うどん屋探して10分ほど車でウロウロするが、あれば満車ばかり、連休最終日で、皆さんお外でお昼を・・・・。仕方がなしに、家に一番近いラーメン屋さんへ、「誠・ラーメンまこと屋」さんへ、入ると牛じゃんラーメンとかで、赤く辛そうなのが並んでいる。“背脂醤油ラーメン”そこで、一番あっさり目のを選ぶ。まあ、背脂が浮いているが、食べるとそれほどでもなく、旨い。昨晩は私のリクエストでカレーライスでしたし。この頃、少しこってりしたものも食べたくなって、油ものもちらほら。たまの、ラーメンも美味しいもんでおますな。倍盛(チャーシュー・12枚)半沢の影響ここまで、凄いですね「倍盛」。TVが終わればブームが去ると、9月4日~10月31日までの期間限定。商売上手ですな。ラーメンまこと屋・岸和田三田店大きな駐車...ラーメンまこと屋・岸和田三田店~2020.09.22

  • いつも心に音楽が流れていた~柳田邦男

    いつも心に音楽が流れていた柳田邦男平凡社☆☆☆ノンフィクション作家の柳田邦男さんのエッセイ本。それも、日常傍にある音楽について。一番の驚きは、この本と並行して読んでいる今お気に入りの作家、星野道夫さんが「心を耕してくれる永遠の人」とP81~89迄に紹介されている。この赤い糸につながっているという感覚・・・・・・・・「同じ時間が流れている」ではないか。柳田さんが愛聴の曲としてあげられているのが、・バッハの無伴奏チェロ組曲・チャイコフスキーの交響曲第4番・チャイコフスキーのピアノ三重奏曲Op50・マーラーの交響曲第5番・ラニマニノフのピアノ協奏曲、第2番、第3番・モーツアルトのレクイエム二短調・シューベルトの歌曲集「冬の旅」・ブラームスのピアノ三重奏曲第1番・ショスタコーヴィッチの交響曲第5番・カザルスの「鳥の歌」...いつも心に音楽が流れていた~柳田邦男

  • ごまめ自家製うどん・121~2020.09.21

    ごまめ自家製うどん・121~2020.09.21一人前残っていたのですが、独りで食べるのは悪いぐらいの旨さなんで、嫁さんと半分ずつ、分け分けしながらいただきました。ごまめ自家製うどん・121~2020.09.21肉のお出汁でいただく、肉うどん。ちょっと甘めながら、コクもあって美味しい。肉なんば、とは違って、やはり肉うどん独自のお出汁へのこだわり欲しいですな。極上肉うどん・亀城庵のセットお肉が旨い。極上のオリーブ牛の旨味と柔らかさともに抜群。お肉の美味さが際立っている。極上肉うどん秘伝書・亀城庵〆に、卵かけごはんに残った煮汁をかけたらと・・・。後でこの、秘伝書が出てきたので、できず残念。ごまめ自家製うどん・121~2020.09.21

  • ブックカバー処・本の装ひ堂

    わたしの“本の装ひ堂”さんのブックカバー”注文していた、“本の装ひ堂”さんのブックカバー”がようやく着きました。ネットで柄を選んだのですが、既に製作済ではなく、注文してから作ってくださったみたいで、それはそれで嬉しいものです。柄は沢山あるのですが、sold-outになっているのも多く、良い柄を見つけたら,即注文せんとあきませんな。嫁さんの“本の装ひ堂”さんのブックカバーこちらは、嫁さんが選んだブックカバー。お誕生日のプレゼントは、これで堪忍してもらいました。でも、届いたのを見て、結構気に入った見たいです。めでたし、めでたし。ブックカバー処・本の装ひ堂読まないときは、くるりと巻けるマジックテープがついていて、本を大切にしようとする気持ちが伝わってきます。“ブックカバー処・本の装ひ堂”sasarindou3@yah...ブックカバー処・本の装ひ堂

  • ごまめ自家製うどん・120~2020.09.20

    ごまめ自家製うどん・120~2020.09.20“肉うどん+たこ焼き”邪道も邪道、昨日焼き過ぎたたこ焼きが冷蔵庫にあったので、肉うどんの傍に載せる,家うどんの気軽さの良さですか。でも、うどん専門店での本格的なうどん、食べたいですな。ごまめ自家製うどん・120~2020.09.20

  • ミナを着て旅に出よう~皆川明

    ミナを着て旅に出よう(文春文庫)皆川明文藝春秋☆☆☆☆独自のファッションブランド「ミナペルホネン」を手掛ける皆川明さん。ファッション界に身をおいていた私にとっては懐かしいような本。ものづくりに対するこだわり、商業的にならず、自分の好きなスタイルを見つけて、それをとことん追求する。「在庫があるからセールをする。せっかくつくったものを三か月もしないうちに、すぐに安くする。矛盾や違和感を感じながら、商習慣の一言で片付けしまっていた。」しないものづくり、在庫を出ないようなものづくり、もう一度20歳代に戻れるなら、原点に戻って一生つき進めたい課題ですな。課題と言っているうちは駄目でしょうな、信念としなければ・・・・。ミナを着て旅に出よう~皆川明

  • 第187回・和泉ワンコイン寄席~2020.09.19

    第187回・和泉ワンコイン寄席~2020.09.19第187回・和泉ワンコイン寄席2020年9月19日(土)午後2:30開演和泉シティプラザ3階一、露の棗・・・・・・・・・・・「」二、笑福亭達瓶・・・・・・・「」三、笑福亭伯枝・・・・・・・「」第187回・和泉ワンコイン寄席~2020.09.19

  • ON THE BOOKS・大阪文化芸術創造センター~2020.09.18

    ONTHEBOOKS・大阪府立江之子島文化芸術創造センターONTHEBOOKSアートブック、写真集、デザイン、ファッション等のビジュアルブック。マンガ、音楽、映画などのカルチャー本。結構、持っていない分野で、好みを言いながらお薦めを出して頂く。奥の気になる雑貨のコーナーウェストポーチとトートバックは気になったんですが・・・。ONTHEBOOKS・大阪文化芸術創造センター~2020.09.18

  • 丸亀製麺・OPA~2020.09.18

    丸亀製麺・OPA~2020.09.18病院と友達に会って終わったのが、4時過ぎ昼ごはん抜きだったので、心斎橋の「うどん匠」、「とうがらしや」、足を伸ばして「川福・本店」まで行ったのですが、五時か六時からしか夜の部は営業せず、仕方がなしにOPAの「丸亀製麺」さんへ。“おろしうどん(冷)”“肉うどん”を注文すると、「今、肉ないんです」、“おろしの冷や”を注文すると、「すだちが無いんですが」、いいよと返事して“おろしうどん”をもらう。コロナ禍で、従業員もメニューもダイエットして営業かと・・・・平日なのか夕方なのか、いたってソ―シアルディスタンスの店内でおました。良く冷えた、コシのあるうどん食べたいですな・・・・・。ソ―シアルディスタンスの店内丸亀製麺・OPA~2020.09.18

  • 7月分

    ごまめ自家製うどん・119~2020.09.17“千とせ・肉うどん”、の生麺、それもアルミ鍋付き。手抜きも手抜きの昼うどん。生麺って頼りないですな、それからすると普段頻繁に食べてる“冷凍うどん”いかに優れもんかようわかりますな。“千とせ・肉うどん”7月分

  • 夏の入り口、模様の出口~川上未映子

    夏の入り口、模様の出口川上未映子新潮社☆☆エッセイ好きの私が、エッセイなら何でも良いのではないと解った一冊。日常生活からのいろんなことに感じたことが書かれているんですが、いたって、哲学的、精神的、神秘的、で馴染めない感覚。川上未映子さん、小説の「乳と卵」、エッセイの「そら頭はでかいです、世界がすこんと入ります」の二冊しかまだ読んでないのには、それなりの理由、あまり相性が良くないんでしょうな。夏の入り口、模様の出口~川上未映子

  • ごまめ自家製うどん・118 in 宝塚~2020.09.16

    ごまめ自家製うどん・118in宝塚~2020.09.16今日は宝塚の実家で“ごまめ庵”OPEN。わあわあ言いながら楽しい時間を、お喋りと食事に夢中で、写真に取るのを忘れて、慌てて残りのでかろうじて並べての一枚。それだけ、自家製手打ちにも食べることが主体になって、余裕がでてきたことですか・・・自己弁護。手打ちうどん⑦小麦粉・・日清製粉(金魚)、1㎏塩水470ℊ=塩66ℊ+水404ℊ塩分度14.0%加水率47%寝かし1+1+8̟+1=11時間茹で時間21分加水を少なくして、コシを作りながら、切る際に細めに。今回宝塚の実家の昼ごはんに合わせるために、前日に途中まで練りを、当日の朝は最後の練りと麺切のみ・・・まずは、成功。そして茹で時間も、少し長めの21分であげる。(もちろん、二回目もさら湯で)結果、コシのある細めのう...ごまめ自家製うどん・118in宝塚~2020.09.16

  • ごまめ自家製うどん・117~2020.09.15

    ごまめ自家製うどん・117~2020.09.15生うどんの手軽なきつねうどんにわかめを、安易過ぎるおうどんですが、うどん好きでどんな形でもうどんが食べたいとお許しを・・・・。ごまめ自家製うどん・117~2020.09.15

  • 短歌

    落語好きのごまめの短歌。女房にしてくんなまし透きとおる高尾のからだ紺に染まりし短歌

  • 文豪たちの憂鬱語録

    文豪たちの憂鬱語録昭彦,豊岡秀和システム☆☆☆気の重くなる本である。文豪たちの心の闇を映し出す言葉の数々。人間の本質を極める為には、自らを奈落の底に落とし込めないと、小説は絵空事となって、何の価値も伴わないと考えるのか・・・。太宰治、石川啄木、夏目漱石、芥川龍之介、島崎藤村、坂口安吾、宮沢賢治、谷川潤一郎、佐藤春夫、有島武夫郎、の10名。文豪たちの憂鬱語録

  • ごまめ自家製うどん116~2020.09.14

    ごまめ自家製うどん116~2020.09.14“きざみうどん・野菜煮びたし入り”今日は、スタンダードに“きざみうどん”を・・・。昨晩の茄子とししとうの煮びたしを添えて、久しぶりにめんつゆ主体の濃いめのお出汁で、いただく。冷凍でも、うどんはやはり美味しいですな。ごまめ自家製うどん116~2020.09.14

  • 洗礼ダイアリー~文月悠光

    洗礼ダイアリー文月悠光ポプラ社☆☆☆まさに文学少女、平成生まれの詩人が、この文明社会では生きづらく、それでいて言葉を大事に生きすすむ。普通の少女とは違う視点から物事をみる、女子はこうあるべき、詩人はこうあるべき、恋人がいなくても、セックスしなくても、詩は書ける。世間様が考える詩人という枠を打ち破る、アルバイトに逃げるのではなくあくまで、言葉に携わりながら生活をする。履歴書などの仕事欄って大事ですよね、文筆家、エッセイスト、と書き込めた時点で、それなりの自信の表れかと・・・。言葉を愛する、文月悠光さんの詩集、読んでみようかと・・・。洗礼ダイアリー~文月悠光

  • ごまめ自家製そば・115~2020.09.13

    “和風黄そば”“ラーメン風もやし黄そば”改め、“焼豚もやし和風ラーメン”息子が帰って来てて、お父さん今中華麺での“黄そば”にはまってるし、結構イケるでと、昼ごはんに作る。私は今回は、本来の“黄そば”の名をを目指して、わかめとお揚げの具で、和風に。息子には、食べて美味しかった実績のある、“もやし黄そば”を。(美味しいものしか出したくないという、料理人の保険ですな)結果、“焼豚もやし黄そば”が85点、“きざみわかめ黄そば”は70点。“焼豚もやし黄そば”のおいしいのは、もやしと和出汁の相性が良いので、具材優先で、麺は二番手で、結果としては、ラーメンと判定。具材優先でいうと、“きざみわかめそば”は、、かろうじて“そば”ですか?もやしのあるとき、ないとき。中華めんのあるとき、ないとき。で、作る料理、変わってきますな。ごまめ自家製そば・115~2020.09.13

  • ごまめ自家製蕎麦・114~2020.09.12

    ごまめ自家製蕎麦・114~2020.09.12九州の“下曽根・きくや”さんの冷凍もりそばいつも年末にお取り寄せしている、“きくや”さんから10割の冷凍蕎麦が。下曽根へ行って注文してくれた息子が、このために家に帰って来て、茹で役を・・・。細くて美味い蕎麦。一人前ずつ茹でましょうと、そこで父親の特権で、最初の一人前を。でも、次がお母さん、その次が娘、そして最後が息子。でも、蕎麦に関しては、残り福か・・・最初は失敗。だんだん、慣れて、茹で時間、湯きりに、水洗い、と秒単位でこなれて旨くなる。まあ、茹で上がるたびに、ちょっとずつ皆でつまんで、味見はしましたが。そば湯お出汁が美味しいと、そば湯も愉しいですね。こだわりの“冷凍蕎麦”こだわりの上手な作り方たっぷりの湯を沸騰させ、そっと茹でます。ごまめ自家製蕎麦・114~2020.09.12

  • すーちゃんの恋~益田ミリ

    すーちゃんの恋益田ミリ幻冬舎☆☆☆すーちゃんは、カフェの店長を辞めて、保育園で調理師として働きはじめた。子ども相手に、自分の心が写し出され、素直な気持ちに・・・・。でも、一番の課題は、37歳、丁度娘と同じ歳。恋について、人生について、母について、大いに悩むすーちゃん。本人がいちばん悩み考えてること・・・これからは娘にも言葉選んで接しなければでおます。すーちゃんの恋~益田ミリ

  • どうしても嫌いな人~益田ミリ

    どうしても嫌いな人すーちゃんの決心(幻冬舎文庫)益田ミリ幻冬舎☆☆すーちゃんシリーズ、これもまた、職場での馬の合わない人に、自分の心まで乱される、相手も嫌いだが、そんなことにキズつく自分に自己嫌悪する。上に立つもの、好かれたいという気持ち、どこかで昇華しなければ毎日過ごすことはできませんな・・。それも、含めて仕事ですな。どうしても嫌いな人~益田ミリ

  • ごまめ自家製そば・113~2020.09.11

    ごまめ自家製そば・113~2020.09.11“焼豚海鮮もやし黄そば”昨日の“黄そば”があまりにも美味しかったので、早速復習を・・・。嫁さんに食べて貰おうと、そこは昨日よりもバージョンアップ、ホタテとメンマが入り、もやしは更に増量、それなりに上手くできましたな・・・・・・・その証拠に嫁さん完食でおます。「あっさりしていて、食べやすい」と、言葉少なめながら、合格点。胃腸の疲れた時のめん類のレパートリー、一つできましたな。唯、和風ラーメンと呼んでいいのか、具だくさんそばと呼んでいいのか、お出汁優先か、麺優先かで所属の分類に悩むところです。ラーメンかそばか悩むところで、次回はきつねわかめを載せてそばであるか真価を問いたいものです。ごまめ自家製そば・113~2020.09.11

  • すーちゃん~益田ミリ

    すーちゃん(幻冬舎文庫ま10-2)益田ミリ幻冬舎☆☆益田ミリさんの初期の作品か・・・。最近のつぶやき、ためいき、に比べると仕事での人間関係の悩み一辺倒で、こちらまで気が重くなる。でも、前に読んだ、「さん家シリーズ」は、あらためてお薦めです。すーちゃん~益田ミリ

  • 沢村さん家はもう犬を飼わない~益田ミリ

    沢村さん家はもう犬を飼わない益田ミリ文藝春秋☆☆☆☆益田ミリさんの「沢村家シリーズ」、二冊目。三人とも、玄関口で振り返ってよそ見をするんですが、人につけられているかの用心ですか・・・実は可愛がっていて死んでしまった柴犬のチビの犬小屋のあった場所を見てしまうんです。「沢村さん家はもう犬を飼わない」・・・我が家のmomoも17歳、そうなればと思うと、辛いですな。沢村さん家はもう犬を飼わない~益田ミリ

  • ごまめ自家製そば・112~2020.09.10

    ごまめ自家製そば・112~2020.09.10“焼豚もやし黄そば”生まれて初めて“黄そば”を食べる。焼豚が残っていたのでラーメンでもと思いきや、スープのしつこいのは嫌なので、外でたまに見る“黄そば”に・・・まあ、おうどん屋で見るのでお出汁は和風で、麺が中華そばと想像の中で作る。白出汁に、醤油味も必要とめんつゆを少し落として色と醤油の香りを。もやしと焼豚、ぴったりかんかんで美味しい。油っこさがなく、具材優先ならこれもありかと、また食べたい麺食、一つできましたで・・・・・・。ごまめ自家製そば・112~2020.09.10

  • 沢村さん家のこんな毎日~益田ミリ

    沢村さん家のこんな毎日平均年令60歳益田ミリ文藝春秋☆☆☆☆あまり本を読まない嫁さんが、このまえ私が勧めた益田ミリさんの「今日の人生」がおもしろかったというので、図書館でマンガ本を五冊借りる・・・その中の「沢村さんんち」シリーズ。沢村さんが70歳、奥さんが69歳、娘のヒトミさんが40歳。よく似た年恰好で、娘が未だ独身も一緒・・・凄く、近くに感じ、「そうそう」、とうなずくことも多い、等身大マンガでおます。沢村さん家のこんな毎日~益田ミリ

  • ごまめ自家製うどん・111~2020.09.09

    ごまめ自家製うどん・111~2020.09.09昨日外で食べてあれだけ天ぷら拒否していたのに、朝近くのスーパーへ行って、お惣菜コーナーでふらふらとナスの天ぷらを買ってしまう。“茄子の天ぷらうどん”あっさり目のお出汁に、少なめのわかめを入れたおうどんを。天ぷらのパリッとした衣ではなく、このふやけた衣も独自の美味しさです。天麩羅、天婦羅、天ぷら、各々ニュアンスは微妙に違うようでおますな。ごまめ自家製うどん・111~2020.09.09

  • しあわせしりとり~益田ミリ

    しあわせしりとり益田ミリミシマ社☆☆☆日常の小さな幸せを、小粒ながら連打。自転車に初めて乗れた日、1㎏すぐにダイエットできたこと、縁日でのとうもろこし、大人になってから綿あめを食べる、新幹線での隣が空席、特になんにもない日、函館のイカ、旅の土産に悩み楽しむ、ひとりカラオケ、カン違い。カン違いさえ、幸せにしてしまう、幸せって自分にある。毎日の日々の生活に幸せを見いだす・・これって大事ですよね。ああ、お題になっている“しあわせしりとり”のしりとり、とは。この本の編集者が各エッセイのタイトルをしりとりとして繋げることに成功したと・・・まさにこだわり、自己満足、自己の幸せ。最初からだと、“しりとり散歩”→“ほんと。全部が夢みたい”→“1キロダイエット”→“トウモロコシの記憶”→“クイズ「アタック25」を見ていたら”→“...しあわせしりとり~益田ミリ

  • 本町製麺所・天、ルクア〜2020.09.08

    本町製麺所・天、ルクア〜2020.09.08グランフロント大阪で、特許庁主催の、ノーベル賞受賞者吉野彰さんの講演があって、その前に昼ごはんと思って、本町製麺所が目に入ったので、行くと、うどんよりも、天ぷらメインのお店に・・・・。“炙り鴨の白葱ぶっかけ”これにも、天ぷらがどっさりと、サービスのつもりらしいが、うどん喰いには、多分の量、口の中が油まみれになって、辛い。葱も衣は食べず、舞茸も半分残す・・もったいない。もう少し、うどん中心のお店探し、しても良かったのではと、後悔。本町製麺所・天、ルクア〜2020.09.08

  • 知財のミカタ ~ 巡回特許庁 in KANSAI ~2020.09.08

    知財のミカタ~巡回特許庁inKANSAI~2020.09.08今日は、吉野彰さんの講演を聞きに大阪へ・・・・・。新たな知的な刺激がもらえれば・・・・・・。「リチウムイオン電池が拓く未来社会」・・吉野彰ノーベル賞の表彰式で30分で語られた生い立ちと業績紹介を基本に、今後、2025年の大阪万博以降に訪れる本格的未来社会について講演される。正直言って、リチウムイオン電池が私たちの生活に浸透していることはわかるが、どれほど凄いかは理解できてないので、本日の講演も内容にそれほど興味がわかず、テレビで吉野さんユーモア人と拝見したのだが、やはり学者さんで、淡々と一時間が過ぎてしまった。充電と放電・・・・むつかしいですな。知財のミカタ~巡回特許庁inKANSAI~2020年9月8日(火)午後1:30グランフロント大阪・ナレッジ...知財のミカタ~巡回特許庁inKANSAI~2020.09.08

カテゴリー一覧
商用