プロフィールPROFILE

トシコロさんのプロフィール

住所
世田谷区
出身
長野市

 まずはブログをご覧ください。コメントやメールもお待ちしています。

ブログタイトル
トシコロのブログ
ブログURL
https://ameblo.jp/toshikoro1956/
ブログ紹介文
小学生向け随筆、体験小説など。
更新頻度(1年)

255回 / 365日(平均4.9回/週)

ブログ村参加:2009/06/17

トシコロさんのプロフィール
読者になる

トシコロさんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 11/16 11/15 11/14 11/13 11/12 11/11 全参加数
総合ランキング(IN) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 978,159サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 10 0 0 0 0 0 10/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
小説ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 12,019サイト
ノンフィクション(小説) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 245サイト
エッセイ・随筆 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 737サイト
今日 11/16 11/15 11/14 11/13 11/12 11/11 全参加数
総合ランキング(OUT) 78,743位 79,699位 79,775位 66,829位 66,775位 66,692位 66,822位 978,159サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 10 0 0 0 0 0 10/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
小説ブログ 546位 541位 534位 406位 408位 409位 417位 12,019サイト
ノンフィクション(小説) 13位 16位 16位 13位 13位 13位 12位 245サイト
エッセイ・随筆 50位 51位 51位 35位 39位 40位 41位 737サイト
今日 11/16 11/15 11/14 11/13 11/12 11/11 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 978,159サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 10 0 0 0 0 0 10/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
小説ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 12,019サイト
ノンフィクション(小説) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 245サイト
エッセイ・随筆 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 737サイト

新機能の「ブログリーダー」を活用して、トシコロさんの読者になりませんか?

ハンドル名
トシコロさん
ブログタイトル
トシコロのブログ
更新頻度
255回 / 365日(平均4.9回/週)
読者になる
トシコロのブログ

トシコロさんの新着記事

1件〜30件

  • 番組の紹介・内容に懸念はありますが

         17日(日曜)午前9時から45分間。NHK教育テレビ「日曜美術館」。   そこで熊本県のハンセン氏病療養所の「菊池恵楓園」の美術愛好家たちの絵や工芸…

  • もう一つの唯脳主義=感性主義の恐怖

        唯脳主義は「我、考える故に我有り」だけではない。「感じたまま」も脳の働きには違いないから、それももう一つの唯脳になる。ただし、それについて語った大哲学…

  • 共感と愛

      この二つを混同している人は世界的に非常に多いようである。特に、結婚関係で。「相手の優しさ・素晴らしさを好きになりましたから、結婚します」という芸能人のイン…

  • 三鷹天文台にて

    天体望遠鏡アインシュタイン記念台遠方銀河団太陽望遠鏡前

  • デカルト以降の戦争や精神病、差別

        自分の頭脳に根拠を持てば、一人一人の脳は違うから、他人と付き合えない。そのような人たちばかりが集合して国家を作れば、王制だろうが、共和制だろうが、他国…

  • 今の自分の気持ちが判ってきた事と、デカルト以降の神信仰の問題

        僕の話が1980年前後の見聞に偏っているのも理由があったようだ。当時の僕が直面していたも問題だが、島田療育園の事は別格にしても、例えば、児童福祉への無…

  • 福祉リプレイ

        昨日(6日)の朝日新聞の朝刊の第一面に、令和新選組の木村議員の「避難所トイレのバリアフリー」について取り上げていた。確かに、ただでさえそのようなトイレ…

  • 感受性がそれらの基礎ですが

        介護士・保育士・ボランティア活動・身障運動・恋愛。少なくとも、それらの基礎は感受性・共感力だと今の僕は気が付きつつある。確かに、それらは相手の声や気持…

  • 資本論や徴用工の問題も

        マルクス著「資本論」には繰り返し、資本家の労働者の経済搾取の問題が書いてあるが、理由については単に資本主義経済構造のせいとしか述べられていない。19世…

  • 唯脳主義の限界に気が付いて

        まず、僕自身が良くなる。過去の僕の落ち込み、人生停滞、ケンカなどは、全て、限りあるはずの脳への信仰みたいなものに気が付いたから。頭でっかちになると、誰…

  • 「静夜思」の日中解釈の違い

      「静夜思」の日中解釈の違い. 文芸誌投稿文 秋と言えば、名月を連想する人も多いでしょう。現行暦9月は中秋の名月、10月は栗名月とも言われています。それゆえ…

  • 唯脳主義・信仰・戦争

        デカルト思想が西洋を支配した後、本当に信仰心も変わったかもしれない。19世紀に生きたマルクスが「人が神を作った」と述べているが、理性をフィルターに神と…

  • 先駆者ゆえの苦難

        歴史を見れば、いくらでもいる。世界的に有名なのはガリレオだろう。言うまでもない。地動説を唱えたが、古くからある天動説でも火星や木星の動きは十分説明され…

  • デカルトの補足

        マルクスを「500年に一度の傑物」と評した哲学者がいたようだが、僕が近代の歴史の流れを見た限りでは、むしろ、デカルトだと思う。彼は本当に思想は勿論、社…

  • 僕もデカルトと対決していたようです

      唯脳主義のルーツをたどると、ルネ・デカルト(1596年から1650年)にさかのぼるからです。デカルトは「コギト・エルゴ・スム」というラテン語を述べましたね…

  • 唯脳主義からの卒業

        「日本の歴史・上巻(網野善彦著・岩波新書)」の「縄文時代の身障者・病人介護」の所をこの秋に読み返し、遺伝子力の働き・連帯だと推察し、それで僕の世界観は…

  • 遺伝子活性化・それを阻害したもの・日本の公立学校問題

        70年代後半、短期間ながらも僕も入り、色々な活動場を持っていた福祉団体。例えば、そこに住んでいないのに、高島平団地の一角に行き、子供会を毎週したり、島…

  • 実録小説第9章の説明

       うずもれた感はあるとは言え、水上勉氏も登場させなければならないと思い、「小町天使」の章の前にさかのぼり、書いてみた。書いている内に悩みが生じた。最後の方…

  • 友人とは何ぞや

        僕が島田療育園から退いて少しした時の、入っていた福祉会。部外者の、親が倒れて生活介護を求めてS氏が会に介護者を頼みこむ。僕と、弁護士志望の法学部学生の…

  • 島田を訪問したお陰で、僕は聴障問題も知る事ができました

         聴障を持つK氏の島田への反応が他の人たちと大きく違っていたので、非常に時間を掛けて理由を考えていった結果、恐らくは聴障者たちも気が付いていないだろう…

  • 聴障を持つK氏の島田療育園訪問と、世間の非常に強い聴障差別

        一緒に島田に行った人の中に、先天性聴障を持つK氏がいた。彼は頭が良く、1977年当時は大学生。今でもそうかもしれないが、当時は聴障を持つ大学生は稀だっ…

  • 「伊藤まつさん」のブログの補足

         先ほどは書き忘れましたが、「顔の差別」の問題は1990年以降の子供向け文に時々書いています。ハンセン氏病差別の原因は諸説があり、対立していますし、子…

  • 伊藤まつさんなりのハンセン氏病差別と、僕との関わり合い

          あえて、表題の後ろから書きます。その前に、伊藤まつさんとは、1908年東京都八王子出身のハンセン氏病元患者です。1977年、某福祉会で僕も行った東…

  • 戦前の公立学校も軍国ファシズムの一因でした

         「70年代の学校を巡る抗争と...」のブログで書いた通り、日本の地方都市のかなりの地域コミニティは明治期以降の公立学校と国家神道を通した国家共同体作…

  • 70年代の学校を巡る紛争と、島田療育園や在宅介護

        小説を書くため、花田春兆氏の考え方を見る材料になると見て、1982年に刊行された「ときには逆考してみても(花田春兆著・ポプラ社)」を読んでいる。その中…

  • 佐久市の児童関係にあてたもの

     佐久のみなさんへ.  台風19号の大雨の洪水で、佐久の人たちも大変ですね。この手紙がつくころも、川の近くはあぶないままでしょうから、みなさんも気を付けて下さ…

  • かつては僕も愛の区別がつかなかったから、島田療育園の歪みも書けるわけです

         数ヶ月前に例の小説で書いた通り、島田療育園では、小林博士以下のアガペーと親子愛の混同がひどく、それが成人後の園生たちへの対応の問題に深い影を落として…

  • 共生根拠を求めて

        思えば、若い時からの僕も、某福祉会や身障会の多くの旧友たちも、共生根拠を求めてキャンプや子供会をしたり、島田療育園や(ハンセン氏病関係の)多磨全生園に…

  • 縄文時代などの結婚や恋愛は

          物証や記録がないから断言はできないが、本当に遺伝子力がフルに発揮されていたのならば、非常に大らかな恋愛関係や、結婚形態だったと推察できるわけです。…

  • 70年代の首都圏のボランティア・身障運動の挫折の一番の理由は

        共生根拠が当時はなかった事だろう。僕も遺伝子の事を考えている内に、やっと気が付いたが。確かに、70年代、僕が出会った多くの身障運動家やボランティアたち…

カテゴリー一覧
商用