searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

A-changさんのプロフィール

住所
渋谷区
出身
西東京市

北海道から沖縄まで、全都道府県のローカルフード(B級ご当地グルメ)を食べ歩きます。時々ローカルチェーン店やローカルインスタント食、ローカルドリンクも紹介します。目標は3000ネタ。どうか応援よろしくお願いします。

ブログタイトル
「全国イイ味ハマル味」
ブログURL
https://e-aji.blog.jp/
ブログ紹介文
全国のローカルフードを求めて旅するお話です。こんな旅の楽しさが解ってもらえたら嬉しいです。
更新頻度(1年)

104回 / 365日(平均2.0回/週)

ブログ村参加:2009/06/11

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、A-changさんをフォローしませんか?

ハンドル名
A-changさん
ブログタイトル
「全国イイ味ハマル味」
更新頻度
104回 / 365日(平均2.0回/週)
フォロー
「全国イイ味ハマル味」

A-changさんの新着記事

1件〜30件

  • 小浜温泉「エタリの塩辛」

    今回の旅、13日目。前日の夕方に「小浜海産」という土産店に寄ったのですが、閉店時刻18時ギリギリだったのでシャッターを閉めている最中でした。あぶない、あぶない。なんとかお目当ての「エタリの塩辛」(865円)を入手することができましたね。このあと、「ほっともっ

  • 小浜温泉「蒸し釜料理」

    前回チラッと予告したとおり、「蒸し釜料理」用の食材を入手するため「新鮮工房 大門 マリーナ本店」というスーパーに行ってきました。購入したのは、インド産の「無頭エビ」(15尾 430円)・地元小浜産の謎の巻き貝「ミナ」(270g 256円)・県内のスーパーでよく見掛け

  • 小浜温泉「小浜ちゃんぽん」その2

    この日の宿泊地となる小浜温泉に到着しました。小浜温泉のローカルフードの代表格といえば、やはり「小浜ちゃんぽん」ですね。すでに紹介済みではありますが、13年も前のことなので改めていただいてみようと思います。誰が決めたのかは知りませんが、「小浜ちゃんぽん」

  • 雲仙温泉「湯せんぺい」

    雲仙を代表する銘菓のひとつに、「湯せんぺい」というものがあります。「べい」ではなく「ぺい」と表記するのですが、「煎餅のことを九州地方の方言で“せんぺい”ということがあるから(※1)」「米粉ではなく小麦粉で作られているから」「長崎中華街で月餅の餅を“ぺい”

  • 雲仙温泉「地獄蒸し温泉たまご」

    雲仙地獄巡りの話の続きです。お糸地獄と呼ばれるところに着きました。不倫をしたあげく夫を殺してしまった、お糸という女性が処刑されたところなんだとか。……怖いよ~。家庭を乱すと地獄に落ちるぞ……という戒めを込めて、お糸地獄と名付けられたそうです。そんな場

  • 雲仙温泉「雲仙ハヤシ」

    標高約700mのところにある雲仙温泉に着きました。地面から吹き出す蒸気によって視界が悪くなることがあるため、清七地獄(約30ヶ所の地熱地帯から成る雲仙地獄のひとつ)の周辺は駐停車禁止となっています。雲仙地獄巡りをする前に腹ごしらえをしておきます。9時から営業

  • 島原「長崎の昆布巻」

    今回の旅、12日目。前日に「西有家ショッピングセンター クレア」で買っておいた「昆布巻」(432円)を、朝食としてホテルの部屋でいただきました。平成23年に設立された長崎かんぼこ王国では、「昆布マキオ」という名のゆるキャラにもなっています。ハッキリとした販売

  • 南島原「南蛮コロッケ」

    谷水棚田から西望公園へ移動しました。長崎市にある平和祈念像の作者、北村西望の生家でもある西望記念館(※)は、あれっ……閉まってますね。どうやら休館日だったようです。ちゃんと調べたはずなんだけどなぁ……。その代わりにといっては何ですが、先ほど訪れた原城

  • 南島原「カレーちゃんぽん」

    道の駅 みずなし本陣ふかえからクルマを20kmほど走らせ、原城跡にやってきました。寛永14年(1637年)に起こった、島原の乱(島原・天草一揆)の主戦場となったところです。天草四郎が率いる一揆軍は廃城となっていた原城を修復して立てこもり、「具雑煮」のルーツ(諸説あ

  • 南島原「島原手延べそうめん(ちゃんぽんそうめん)」

    水無川に架かる橋の上から、雲仙岳(20を超える山々で構成された火山)のシンボルともいえる平成新山を眺めてみました。かつてはその奥にある普賢岳が最高峰だったのですが、平成2年から7年に掛けての火山活動によってこの山が最高峰となったんですね。記憶にある方も多いか

  • 島原「チェリー豆」その2

    浜の川湧水から3kmほどクルマを走らせたところにある、「藤田チェリー豆総本店(元祖 豆貞)」にやってきました。前々回に紹介したのは「藤田屋本家」の「チェリー豆」(上の画像)でしたが、今回は「藤田チェリー豆総本店」の「ラッキーチェリー豆」です。ヤヤコシイで

  • 島原「かんざらし」

    古くから「水の都」と呼ばれる島原には湧水地が60ヶ所以上もあり、島原湧水群として名水百選にも選定されています。その湧水を使って作られる昔からのスイーツに、「かんざらし」というものがあります。ハチミツや砂糖が貴重だった時代では、大切なお客さんをもてなすも

  • 島原「チェリー豆」その1

    武家屋敷街を散策したあと、島原城の近くにある「藤田屋本家」という老舗菓子店に行きました。お目当ては島原銘菓の「チェリー豆」です。……が、開店時刻を過ぎているのにまだ開いてませんね。しばらく待ってみたのですが、開く気配すらありません。ホテルから1kmくらい

  • 島原「豆腐かまぼこ」

    今回の旅、11日目。全国には豆腐を混ぜた魚の練りものが、チラホラと見られます。このブログではこれまでに、秋田県の「豆富かすてら」・宮城県の「おとうふかまぼこ」・鳥取県の「とうふちくわ」・香川県の「海老ちくわ」といったものを紹介してきました。ここ長崎県の

  • 島原「一口餃子&スーパイコー」他

    湧水庭園 四明荘を見学したあと一旦ホテルに戻り、空が暗くなるのを待ちました。開店時刻の18時になったので、ホテルのすぐ近くにある「雲龍亭」という中華料理店に行きました。長崎市にある有名店「雲龍亭」の暖簾分けだそうです。お目当ては雲龍亭名物の「一口餃子

  • 島原「六兵衛」

    島原城から600mほどのところにある、昭和47年創業の「六兵衛」というお店にやってきました。お目当ては、「ろくべえ」という名の郷土料理です。なんだかヤヤコシイですね。寛政4年(1792年)に起こった島原大変(大地震による眉山の崩壊)で、大量の土砂が島原の城下町を

  • 島原「金太洋 つぶオレンジみかん&つぶ甘夏みかん」

    「城の茶屋」で「雲仙ハム串」をいただいたあと、隣接(というか同じ建物)する「島原城本丸売店」を物色しました。すると、こんなものが目に飛び込んできました。「カステラサイダー」……ではなく、「つぶオレンジみかん」と「つぶ甘夏みかん」という、昔でいうところ

  • 島原「雲仙ハム」

    島原城を見学する前に、堀の外を一周してきました。画像は御用御清水(左上/城主の屋敷があった三の丸の用水)・時鐘楼(右上)・森岳酒蔵(左下)となっております。島原城の天守は破風の無いシンプルな造りですが、5重5階のどっしりとした立派な構えで、それを囲む櫓

  • 島原「具雑煮」

    島原市の中心部に戻ってきました。まずは武家屋敷街へ。道の真ん中に湧水を引いた水路が通るという、独特な景観が約400mも続いています。驚いたことに、ここってクルマが通れるんですね。多分、許可されたクルマのみだと思いますけど。水路に脱輪することもあるんだろうなぁ

  • 島原「イギリス」

    前回、「江戸屋 島原店」というスーパーで入手した、「納豆味噌」というものを紹介しました。もう1つ買ってきたものがあるので、ホテルの部屋でいただいてみました。ここ長崎県の島原地方や、熊本県の天草地方などに古くから伝わる、「イギリス」という郷土食です。イギ

  • 島原「納豆味噌(城なっとう)」

    諫早市から島原市の中心部に向かう途中、島原鉄道の大三東駅に寄りました。「日本一海に近い駅」というと、愛媛県の下灘駅や新潟県の青海川駅などが知られていますが、ここもそのひとつなんですね。この時は潮が引いていたので、海に近い感は弱めでしたけど。そこから4km

  • 諫早「楽焼うなぎ」

    クルマを26kmほど走らせ、長崎市から諫早市へ移動。まずは眼鏡橋を見学してきました。大洪水により何度も橋を流されてきた、本明川に架けられた2連アーチ型の石橋です。天保10年(1839年)に完成して以来、流失することは1度もなかったそうです。昭和33年に国の重要文化

  • 長崎市「細麺皿うどん」その3(とり皿うどん)

    長崎市の中心部まで戻ってきました。画像は安政2年(1855年)にオランダから贈呈された、スンビン号(観光丸)という日本初の蒸気船を復元したもので、新・観光丸という遊覧船です。こんな風に書くと、何だかヤヤコシくなりますね。長崎市での最後の食事を摂るため、「翠

  • 長崎市「ちゃんぽん天」

    今回の旅、9日目。長崎市の最南部に位置する、野母町まで行ってみました。長崎市中心部から30kmほどのところにあります。まずは東シナ海を一望することができる権現山展望公園へ。遠くには世界遺産の構成資産となっている、軍艦島(端島)を望むこともできます。約5km離れて

  • 長崎市「塩サバおにぎり」他

    ホントかどうかは分かりませんが、11年ほど前にケンミンSHOWで、「長崎市に住む長崎県民は、お酒を呑んだあとおにぎりでシメる」「定番のおにぎりは塩サバ」みたいなのをやっていました。その時に紹介されていた「かにや 本店」が、さっきまで居た「はくしか 銅座店」の

  • 長崎市「長崎おでん」

    出島(出島和蘭商館跡)を見学したあと、オランダ坂を歩いてきました。大浦東山手居留地に住む「オランダさん(西洋人)」が往来していた石畳の坂道で、重要伝統的建造物群保存地区に選定されています。明治元年に建てられたとされる東山手十二番館(画像上と左下)は、

  • 長崎市「ヒカド&パスティ」

    出島(出島和蘭商館跡)での話の続きです。出島の見学も楽しみにしていたのですが、実はここへ来た理由はもう1つあるんです。もちろんそれは、食べものなんですけどね。長崎に在留する外国人と日本人の親交の場として明治36年(1903年)に建てられた、旧長崎内外クラブの

  • 長崎市「浦上そぼろ&牛かん」

    長崎市最大の繁華街、浜町アーケード内にある浜屋百貨店にやってきました。ここでちょっと買物をしていきます。慶応2年(1866年)創業の「吉宗」といえば、ドンブリに入った大きな「茶碗蒸し」と「蒸し寿司」が有名な食事処ですが、地下1階にその「吉宗」の惣菜部があり

  • 長崎市「シースクリーム」

    今回の旅、8日目。昨日に引き続き、この日も長崎市中心部を歩き廻るだけだったので、レンタカーは使いませんでした。ホントに勿体ないですね。まずはホテルの近くにある、聖フィリッポ教会・日本二十六人殉教記念碑・日本二十六聖人記念館へ。豊臣秀吉の命令によって、26人

  • 長崎市「長崎のクジラ料理 その2」他

    新地中華街電停から石橋電停へ移動。グラバースカイロードという無料の斜行エレベーターに乗り、グラバー園の第2ゲートへ向かいます。……が、今回はグラバー園には入りません。というのも、世界遺産の構成資産となっている旧グラバー住宅が、現在改修工事中(令和3年12月に

カテゴリー一覧
商用