searchカテゴリー選択
chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

隅の老人さんのプロフィール

住所
木更津市
出身
台東区

読了後の本のデータをタイトル別、又は著者別にトップページから検索できます。

ブログタイトル
隅の老人のミステリー読書雑感
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/suminoroujin
ブログ紹介文
2009年6月、ミステリー読書1000冊を読破。 2000冊に向かって続行中。
更新頻度(1年)

48回 / 365日(平均0.9回/週)

ブログ村参加:2009/05/24

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、隅の老人さんをフォローしませんか?

ハンドル名
隅の老人さん
ブログタイトル
隅の老人のミステリー読書雑感
更新頻度
48回 / 365日(平均0.9回/週)
フォロー
隅の老人のミステリー読書雑感

隅の老人さんの新着記事

1件〜30件

  • 2050.隣はシリアルキラー

    <!--短編集国内作品--><!--見出しタイトル部分は、3列を結合-->隣はシリアルキラー<!--最初の列は9行を結合して、表紙写真を挿入 -->読了日2021/06/13著者中山七里出版社集英社形態単行本ページ数278発行日2020/09/30ISBN978-4-08-771723-5上の著者名をクリックすると、今まで読んだ著者の作品一覧へ移動します。<!--本文の書式--><!--ドロップキャップ-->津中央病院のNドクターになんて言い訳しようかと考えている。彼女は僕の通院事情を考えてのことか、紹介状を書いて、行きつけの病院で治療を継続させようとしているのだが、僕は行きつけの病院のYドクターから他の病院で治療を続けるよう紹介状をもらっているのだった。どういうことかと言えば、そもそもは、眩暈を生じたことで行...2050.隣はシリアルキラー

  • 2049.ツイン・ソウル 行動心理捜査官 楯岡絵麻

    <!--短編集国内作品--><!--見出しタイトル部分は、3列を結合-->ツイン・ソウル行動心理捜査官楯岡絵麻<!--最初の列は9行を結合して、表紙写真を挿入 -->読了日2021/05/25著者佐藤青南出版社宝島社形態文庫ページ数313発行日2020/03/26ISBN978-4-299-00246-0上の著者名をクリックすると、今まで読んだ著者の作品一覧へ移動します。<!--本文の書式--><!--ドロップキャップ-->の蔵書の中では本書が最新刊だが、一年前の発行だから多分この後の巻が出ているかもしれない。後で調べてみよう、と言っても僕がすぐに買えるわけではないが・・・・。二度もテレビドラマとなった人気作だから、本も売れているのだろう、本書は第7巻となる。この手の警察小説のシリーズを続けて読むのは、内藤了氏...2049.ツイン・ソウル行動心理捜査官楯岡絵麻

  • 2048.教場

    <!--短編集国内作品--><!--見出しタイトル部分は、3列を結合-->教場<!--最初の列は9行を結合して、表紙写真を挿入 -->読了日2021/05/22著者長岡弘樹出版社小学館形態単行本ページ数324発行日2015/12/13ISBN978-4-09-406240-3上の著者名をクリックすると、今まで読んだ著者の作品一覧へ移動します。<!--本文の書式--><!--ドロップキャップ-->末の紹介文によれば単行本が2013年6月に刊行されたというから、僕も多分その頃にこの作品が評判になったことを知ったのだろう。著者がその前に短編作品『傍聞き』によって、日本推理作家協会賞の短編部門を受賞したことももちろん知っており、読んでもいたから、この作品も読もうと思っていた。だが、例のごとく僕の単なる気まぐれから、大分...2048.教場

  • 2047.セブンス・サイン 行動心理捜査官・楯岡絵麻

    <!--長編国内作品--><!--見出しタイトル部分3列を結合-->セブンス・サイン行動心理学捜査官楯岡絵麻<!--1列目は9行を結合して表紙写真を挿入-->読了日2021/05/19著者佐藤青南出版社宝島社形態文庫ページ数313発行日2018/11/12ISBN978-4-8002-9000-7上の著者名をクリックすると、今まで読んだ著者の作品一覧へ移動します。<!--本文書式--><!--ドロップキャップ-->昨日から左半身に麻痺がおこって、左足がうまく運べなくなった。思ったように足が上がらなく、意識して足を持ち上げないとなんでもないところで躓いてしまうのだ。麻痺はどうやら足ばかりでなく手にも及んでいて、字が書けなくなっていることにも気づいた。医学に素人の僕が考えても分かるわけではないが、運動能力や機能は脳...2047.セブンス・サイン行動心理捜査官・楯岡絵麻

  • 2046.石の猿

    <!--長編2巻組海外作品--><!--見出しタイトル部分2列を結合-->石の猿Title(STONEMONKEY)<!--1行目は表紙写真のため2列を結合-->読了日2021/05/17著  者JefferyDeaver訳  者池田真紀子出版社文藝春秋形  態文庫2巻組ページ数413/387発行日2007/11/10ISBN978-4-16-770557-2/770558-9上の著者名をクリックすると、今まで読んだ著者の作品一覧へ移動します。<!--本文書式--><!--ドロップキャップ-->作『エンプティ・チェア』を読んだのは、2017年9月末だから、おおよそ4年ぶりのリンカーン・ライムシリーズだ。現在2018年刊行の『カッティング・エッジ』で、14作を数えるシリーズだが、僕は本作でようやく5作目だ。国内の...2046.石の猿

  • 2045.祝祭と予感

    <!--短編集国内作品--><!--見出しタイトル部分は、3列を結合-->祝祭と予感<!--最初の列は9行を結合して、表紙写真を挿入 -->読了日2021/05/09著者恩田陸出版社幻冬舎形態単行本ページ数186発行日2019/10/01ISBN978-4-344-04390-7上の著者名をクリックすると、今まで読んだ著者の作品一覧へ移動します。<!--本文の書式--><!--ドロップキャップ-->昨日(5/7)、木更津市立図書館に『半七捕物帳(四)』と『合唱岬洋介の帰還』、『ビブリア古書堂の事件手帖~扉子と空白の時~』の3冊を返却の為に訪れた際、以前、恩田陸氏の『蜜蜂と遠雷』の続編だか番外編だかが出たというニュースがあったことを思い出して、本書を借りてきた。館内でパラパラとページを捲っていたら、ページ数も少な...2045.祝祭と予感

  • 2044.ヴィジュアル・クリフ 行動心理学捜査官 楯岡絵麻

    <!--長編国内作品--><!--見出しタイトル部分3列を結合-->ヴィジュアル・クリフ行動心理学捜査官楯岡絵麻<!--1列目は9行を結合して表紙写真を挿入-->読了日2020/05/26著者佐藤青南出版社宝島社形態文庫ページ数342発行日2016/04/20ISBN978-4-8002-5455-9上の著者名をクリックすると、今まで読んだ著者の作品一覧へ移動します。<!--本文書式--><!--ドロップキャップ-->7巻まで持っているから、割合早く読めるのは嬉しいが、早く読み終わるのは淋しい気もする。と言うことで何度も間に他の本を読んで、出来るだけ読み終えるのを後らそうとしなくたって、僕の本を読む速度は日増しに遅くなっているから、ただでさえ日時が掛かっている。それでもブログに投稿するのはもっと時間がかかってい...2044.ヴィジュアル・クリフ行動心理学捜査官楯岡絵麻

  • 2043.ビブリア古書堂の事件手帖Ⅱ 扉子と空白の時

    <!--短編集国内作品--><!--見出しタイトル部分は、3列を結合-->ビブリア古書堂の事件手帖Ⅱ扉子と空白の時<!--最初の列は9行を結合して、表紙写真を挿入 -->読了日2021/05/06著者三上延出版社KADOKAWA形態文庫ページ数281発行日2020/07/22ISBN978-4-04-913083-6上の著者名をクリックすると、今まで読んだ著者の作品一覧へ移動します。<!--本文の書式--><!--ドロップキャップ-->リーズの第2シーズンと言う意味なのか、タイトルがビブリア古書堂の事件手帖Ⅱとなっている。前巻の『ビブリア古書堂の事件手帖扇子と不思議な客たち』の所では、そのⅡがなかったから、いろいろ書いたが、今回はその第二シリーズだということが分かった。扇子とはビブリア古書堂の店主栞子さんと五浦...2043.ビブリア古書堂の事件手帖Ⅱ扉子と空白の時

  • 2042.ニャン氏の童心

    <!--短編集国内作品--><!--見出しタイトル部分は、3列を結合-->ニャン氏の童心<!--最初の列は9行を結合して、表紙写真を挿入 -->読了日2021/05/04著者松尾由美出版社東京創元社形態文庫ページ数264発行日2017/02/24ISBN978-4-488-43908-8上の著者名をクリックすると、今まで読んだ著者の作品一覧へ移動します。<!--本文の書式--><!--ドロップキャップ-->盆休みが明けて僕の仕事(メール便の配達業)が、再び始まった。休み明けの仕事は結構たくさんあって、その仕分けや読み込みに、時間がかかった。仕事がたくさんあるのは大いに歓迎するところだが、だんだん体力も衰えて、自分が考えているよりずっとスタミナの消費速度は上がっているようで、目に見えて疲れがたまってくようだ。少し...2042.ニャン氏の童心

  • 2041.マツリカ・マジョルカ

    <!--短編集国内作品--><!--見出しタイトル部分は、3列を結合-->マツリカ・マジョルカ<!--最初の列は9行を結合して、表紙写真を挿入 -->読了日2021/05/02著者相沢沙呼出版社KADOKAWA形態文庫ページ数250発行日yyyy/mm/ddISBN978-4-04-110115-5上の著者名をクリックすると、今まで読んだ著者の作品一覧へ移動します。<!--本文の書式--><!--ドロップキャップ-->昨日から右足の第4趾と第5趾の付け根あたりが腫れて痛い。何だろうと思ったが、もしかしたら痛風の症状か?普通、痛風は親指の付け根に尿酸がたまって発症するのだが、僕はその痛風持ちなのだ。しかし、薬指と小指の付け根が晴れるのは初めてだ。夜になると増々痛みはひどくなって、普段でさえ寝つきが芳しくないのに、...2041.マツリカ・マジョルカ

  • 2040.マツリカ・マトリョシカ

    <!--長編国内作品--><!--見出しタイトル部分3列を結合-->マツリカ・マトリョシカ<!--1列目は9行を結合して表紙写真を挿入-->読了日2021/04/18著者相沢沙呼出版社KADOKAWA形態文庫ページ数396発行日2020/03/25ISBN978-4-04-109003-9上の著者名をクリックすると、今まで読んだ著者の作品一覧へ移動します。<!--本文書式--><!--ドロップキャップ-->ログに投稿する前に10冊ばかり読んでしまった上、記録をしたノートの整理が追い付かず、前後が入り乱れてどれが先だか後だか分からなくなって、めちゃくちゃだ。4月13日にノートを整理しようとしたら、そんなことで全く嫌になった。1週間ほど前から、歩くと眩暈がして、少しふらつくようになった。ネットで調べたら脳の病気かも...2040.マツリカ・マトリョシカ

  • 2039.半七捕物帳(四)

    <!--短編集国内作品--><!--見出しタイトル部分は、3列を結合-->半七捕物帳(四)<!--最初の列は9行を結合して、表紙写真を挿入 -->読了日2021/04/28著者岡本綺堂出版社光文社形態文庫ページ数447発行日2001/12/20ISBN978-4-334-73244-5上の著者名をクリックすると、今まで読んだ著者の作品一覧へ移動します。<!--本文の書式--><!--ドロップキャップ-->作の三巻目を読んだのが2018年の6月だから、随分と時間がたった。別に確たる理由など何もないのだが、頭のどこかで幅広くいろいろなミステリーを楽しもう、と言う気があって、時間を掛けてシリーズ作品を読もうとしているのかもしれない。この読書記録を始めて20年も過ぎて、齢80も超えてからは、情熱を持って読むという気持ち...2039.半七捕物帳(四)

  • 2038.刀と傘

    <!--短編集国内作品--><!--見出しタイトル部分は、3列を結合-->刀と傘<!--最初の列は9行を結合して、表紙写真を挿入 -->読了日2021/04/21著者伊吹亜門出版社東京創元社形態単行本ページ数285発行日2017/06/30ISBN978-4-488-01793-4上の著者名をクリックすると、今まで読んだ著者の作品一覧へ移動します。<!--本文の書式--><!--ドロップキャップ-->京創元社のメールマガジンで何度も目にしているうち、このタイトルも読んでみるか、と言うような気にさせられた。メールマガジンの役割なんてそれ以外にはないだろう。だが、僕にとって東京創元社のメールマガジンは、見ているだけでも楽しい。大分昔の事だが、ミステリーに目覚めた頃に、東京創元社にはずいぶンとお世話になった。メールマ...2038.刀と傘

  • 2037.眠れる美女

    <!--長編国内作品--><!--見出しタイトル部分3列を結合-->眠れる美女<!--1列目は9行を結合して表紙写真を挿入-->読了日2021/04/09著者秋吉理香子出版社小学館形態単行本ページ数246発行日2020/10/15ISBN978-4-09-386595-1上の著者名をクリックすると、今まで読んだ著者の作品一覧へ移動します。<!--本文書式--><!--ドロップキャップ-->こで本書の事を知ったのか覚えていないが、何かの折に何度かこのタイトルを見て、読んでみようかと言う気になっていた。それに木更津市立図書館に蔵書があり、しかも貸出可となっていたことも読む気にさせた要因だ。そんなことから即座に図書館に行って借りたはいいが、この作品には前編があることを知って、先にその前編と言える『ジゼル』を先に読むこ...2037.眠れる美女

  • 2036.Y駅発深夜バス

    <!--短編集国内作品--><!--見出しタイトル部分は、3列を結合-->Y駅発深夜バス<!--最初の列は9行を結合して、表紙写真を挿入 -->読了日2021/04/07著者青木知己出版社東京創元社形態単行本ページ数285発行日2017/06/30ISBN978-4-488-01793-4上の著者名をクリックすると、今まで読んだ著者の作品一覧へ移動します。<!--本文の書式--><!--ドロップキャップ-->度もここに書いてきたことだが、僕はタイトルだけで作品を評価してしまうことがある。そしてそれがたまたま僕の好みに合う作品で、面白く読めることがある。まあ、偶然の産物なのだが、僕はそうした現象を信じて、と言うよりあまりあてにはならない自分のそんな能力を信じて、これと思わせるタイトルは、出来るだけ読むことにしてい...2036.Y駅発深夜バス

  • 2035.准教授・高槻彰良の推察 生者は語り、死者は踊る

    <!--短編集国内作品--><!--見出しタイトル部分は、3列を結合-->准教授・高槻彰良の推察生者は語り、死者は踊る<!--最初の列は9行を結合して、表紙写真を挿入 -->読了日2021/04/05著者澤村御影出版社KADOKAWA形態文庫ページ数267発行日2020/11/25ISBN978-4-04-109265-1上の著者名をクリックすると、今まで読んだ著者の作品一覧へ移動します。<!--本文の書式--><!--ドロップキャップ-->槻彰良准教授の民俗学講義は他学部の学生が訪れるほどの人気講座で、特別興味を持っているわけでもない僕をも魅了してやまない。こんな講義が聴ける大学生活は楽しいだろうと想像して、出来ることなら今からでも青和大学に入学したいとさえ思わせる。このシリーズは今のところ本書第5巻が最新刊...2035.准教授・高槻彰良の推察生者は語り、死者は踊る

  • 2034.ジゼル

    <!--長編国内作品--><!--見出しタイトル部分3列を結合-->ジゼル<!--1列目は9行を結合して表紙写真を挿入-->読了日2021/04/03著者秋吉理香子出版社小学館形態単行本ページ数341発行日2017/10/01ISBN978-4-09-180479-4上の著者名をクリックすると、今まで読んだ著者の作品一覧へ移動します。<!--本文書式--><!--ドロップキャップ-->日前(3月末の頃)、僕は木更津市立図書館で、秋吉理香子氏の『眠れる美女』を借りてきた。NETの画面その他で何度かタイトルを目にして、読もうと思った本なのだが、Anazonの解説で本書『ジゼル』の続編だ。ということを知り、『眠れる美女』は読まずに、一旦返却して代わりに本書『ジゼル』を借りてきたというわけだ。どちらもクラシック・バレー...2034.ジゼル

  • 2033.悪いものが、来ませんように

    <!--長編国内作品--><!--見出しタイトル部分3列を結合-->悪いものが、来ませんように<!--1列目は9行を結合して表紙写真を挿入-->読了日2021/04/01著者芦沢央出版社KADOKAWA形態文庫ページ数299発行日2016/08/25ISBN978-4-04-104442-1上の著者名をクリックすると、今まで読んだ著者の作品一覧へ移動します。<!--本文書式--><!--ドロップキャップ-->沢央と言う作家を知ったのは、本書ではなく他のタイトルだったと思うが、残念なことに覚えていない。僕の記憶は日増しに衰えていくようだ。老人性の健忘症か?そんなことを考えると誠に淋しい限りだが、歳をとることと記憶力は一説には無関係だともいわれている。しかし現に僕の実体験では、若い頃には今のように頻繁に物忘れを起こ...2033.悪いものが、来ませんように

  • 2032.古書カフェすみれ屋と悩める書店員

    <!--短編集国内作品-->nayamerus<!--見出しタイトル部分は、3列を結合-->古書カフェすみれ屋と悩める書店員<!--最初の列は9行を結合して、表紙写真を挿入 -->読了日2021/03/30著者里見蘭出版社大和書房形態文庫ページ数299発行日2017/03/15ISBN978-4-479-30644-3上の著者名をクリックすると、今まで読んだ著者の作品一覧へ移動します。<!--本文の書式--><!--ドロップキャップ-->津市のBOOKOFFで100円の文庫棚から本書を見つけ、買って帰宅してからシリーズ2作目であることを知った。そういうことはBOOKOFFで贖う場合は珍しいことではない。出来ればシリーズ作品は発行順に読むことが良いには違いないが、こういう店ではシリーズ最新巻あるいは新しい巻が並ん...2032.古書カフェすみれ屋と悩める書店員

  • 2031.教室がひとりになるまで

    <!--長編国内作品--><!--見出しタイトル部分3列を結合-->教室がひとりになるまで<!--1列目は9行を結合して表紙写真を挿入-->読了日2021/03/28著者朝倉秋成出版社KADOKAWA形態単行本ページ数284発行日2019/03/01ISBN978-4-04-107766-5上の著者名をクリックすると、今まで読んだ著者の作品一覧へ移動します。<!--本文書式--><!--ドロップキャップ-->にこれといった目的もないのに、時々同じタイトルを見にするうち、だんだんと気になってくることがある。本書もそんなうちの1冊だ。タイトルの教室と言う文字から、青春小説かとも思ったが、ミステリーらしいから読んでみようか!と言う気になって、木更津市立図書館で借りてきた。3月26日の事である。ついその前まで緊急事態宣...2031.教室がひとりになるまで

  • 2030.チャイナ橙の謎

    <!--長編海外作品--><!--見出しタイトル部分-->チャイナ橙の謎THECHINIESORANGEMYSTERY読了日2021/02/26著者エラリイ・クイーンElleryQueen訳者井上勇出版社東京創元社形態文庫ページ数364発行日1960/01/01ISBN978-04-488-10412-2上の著者名をクリックすると、今まで読んだ著者の作品一覧へ移動します。<!--本文書式--><!--ドロップキャップ-->い時からの憧れであったエラリイ・クイーン氏の、国名シリーズの1篇だ。その憧れだった割に僕はまだ今までに、たった3冊しか読み終わってない。いつもの言い訳をすれば、やはり、いろいろと面白い新刊ミステリーが泉のごとくに湧いてくるように、出現するからだ。ミステリファンを自認するからには、やはりクラシッ...2030.チャイナ橙の謎

  • 2029.虚栄の肖像

    <!--短編集国内作品--><!--見出しタイトル部分は、3列を結合-->虚栄の肖像<!--最初の列は9行を結合して、表紙写真を挿入 -->読了日2021/02/18著者北森鴻出版社文藝春秋形態単行本ページ数245発行日2008/09/30ISBN978-4-16-327320-4上の著者名をクリックすると、今まで読んだ著者の作品一覧へ移動します。<!--本文の書式--><!--ドロップキャップ-->8歳という若さでこの世を去った、北森鴻氏はその若さながらたくさんのミステリー作品を残している。僕はこの読書記録を始めた頃は、ミステリーファンだとは言うものの、結構長いこと活字離れをおこしていた(いや、業務上の参考書類しか読んでなかった)から、ミステリー関連の知識も乏しく、特にその時代デビューした作家諸氏の事情にも疎...2029.虚栄の肖像

  • 2028.准教授・高槻彰良の推察4 そして異界の扉がひらく

    <!--短編集国内作品--><!--見出しタイトル部分は、3列を結合-->准教授・高槻彰良の推察4そして異界の扉が開く<!--最初の列は9行を結合して、表紙写真を挿入 -->読了日2021/02/16著者澤村御影出版社KADOKAWA形態文庫ページ数317発行日2020/05/25ISBN978-4-04-109264-4上の著者名をクリックすると、今まで読んだ著者の作品一覧へ移動します。<!--本文の書式--><!--ドロップキャップ-->昨日から昨日にかけて、いや実を言えばもう少し前からの事だ。心優しいヤフオク出品者に大分迷惑をかけてしまった。僕は時々新刊のミステリーや名作ミステリーを捜して、ヤフオクを眺めることがあり、今回は多くのファンが認めている宝島社の「このミステリーがすごい!」大賞受賞作の『元彼の遺...2028.准教授・高槻彰良の推察4そして異界の扉がひらく

  • 2027.夜の床屋

    <!--短編集国内作品--><!--見出しタイトル部分は、3列を結合-->夜の床屋<!--最初の列は9行を結合して、表紙写真を挿入 -->読了日2021/02/10著者沢村浩輔出版社東京創元社形態文庫ページ数309発行日2014/06/17ISBN978-4-488-43711-4上の著者名をクリックすると、今まで読んだ著者の作品一覧へ移動します。<!--本文の書式--><!--ドロップキャップ-->めてこのタイトルを見た時から気になっていた。それがどれくらい前だったかは忘れたが、発行日からはもう7年も前だと分かり、改めて月日の過ぎる速さを実感する。昨日から関東地方を猛烈と言って良いほどの雨が襲っており、我が木更津地方にも珍しく大雨警報が発せられたほどだ。僕の居住地は元は山間地であったところで、海が見えるほどの...2027.夜の床屋

  • 2016.MASK東京駅おもてうら交番 堀北恵平

    <!--長編国内作品--><!--見出しタイトル部分3列を結合-->MASK東京駅おもてうら交番・堀北恵平<!--1列目は9行を結合して表紙写真を挿入-->読了日2021/02/07著者内藤了出版社KADOKAWA形態文庫ページ数306発行日2019/02/25ISBN978-4-04-107784-9上の著者名をクリックすると、今まで読んだ著者の作品一覧へ移動します。<!--本文書式--><!--ドロップキャップ-->れっぽいのが僕の―短所?長所どっちだろう?―まあ、長所としておこうか。猟奇犯罪捜査班藤堂比奈子シリーズで、すっかり著者のファンになってしまったから、他の作品も読んでみようと、本書はその2冊目だ。1冊目はシリーズの番外編ともいうべき作品だったから、純粋にシリーズ外作品はこれが初めてか。だが、買って...2016.MASK東京駅おもてうら交番堀北恵平

  • 2025.准教授・高槻彰良の推測 呪いと岩井の語りごと

    <!--短編集国内作品--><!--見出しタイトル部分は、3列を結合-->教授・高槻彰良の推察3呪いと祝いの語りごと<!--最初の列は9行を結合して、表紙写真を挿入 -->読了日2021/02/03著者澤村御影出版社KADOKAWA形態文庫ページ数285発行日2019/11/25ISBN978-4-04-108733-6上の著者名をクリックすると、今まで読んだ著者の作品一覧へ移動します。<!--本文の書式--><!--ドロップキャップ-->リーズ第3作となった。今刊行されているすべてを持っているから、落ち着いてゆっくりと味わえる、と思っていたら、早くも第6作が出た。嬉しいと思う反面なかなか僕の思うようには世の中は進まないものだと感じている。いやいやそうではないか、新刊が出ることは良いことなのだが、それが古書店に...2025.准教授・高槻彰良の推測呪いと岩井の語りごと

  • 2024.歌舞伎座の怪紳士

    <!--長編国内作品--><!--見出しタイトル部分3列を結合-->歌舞伎座の怪紳士<!--1列目は9行を結合して表紙写真を挿入-->読了日2021/01/18著者近藤史恵出版社徳間書店形態単行本ページ数271発行日2020/01/31ISBN978-4-19-865008-7上の著者名をクリックすると、今まで読んだ著者の作品一覧へ移動します。<!--本文書式--><!--ドロップキャップ-->イトルから既読のシリーズ作品と勘違いをして、読み始めてから違いに気付くということも、今までに何度か経験している。今回もそんなことの一つだ。著者が歌舞伎フリークともいえるほどの、歌舞伎ファンであり、作家デビューの前から歌舞伎見物に通っていたことが知られている。そんな中から生まれたのが名探偵今泉文吾シリーズのうち、梨園の事件...2024.歌舞伎座の怪紳士

  • 2023.帝都探偵 謎解け乙女

    <!--短編集国内作品--><!--見出しタイトル部分は、3列を結合-->帝都探偵謎解け乙女<!--最初の列は9行を結合して、表紙写真を挿入 -->読了日2021/01/30著者伽古屋圭市出版社宝島社形態文庫ページ数349発行日2013/12/19ISBN978-4-8002-2080-6上の著者名をクリックすると、今まで読んだ著者の作品一覧へ移動します。<!--本文の書式--><!--ドロップキャップ-->回予告しておいた話。少し前にハードディスクに保存してある映画「ミッション8ミニッツ」を見た。パナソニックのブルーレイレコーダの具合が芳しくなく、数か月の間動かなかったのが、何もしないのに急に治って、動くようになったのに1週間ほど前にまた動かなくなった。まあ、機械の事はそれくらいにして、運よく見られた映画の話...2023.帝都探偵謎解け乙女

  • 2022.銀鈴探偵社 静おばあちゃんと要介護探偵2

    <!--短編集国内作品-->pt;">/<!--見出しタイトル部分は、3列を結合-->銀鈴探偵社静おばあちゃんと要介護探偵<!--最初の列は9行を結合して、表紙写真を挿入 -->読了日2021/01/10著者中山七里出版社文藝春秋形態単行本ページ数299発行日2020/10/10ISBN978-4-16-391271-4上の著者名をクリックすると、今まで読んだ著者の作品一覧へ移動します。<!--本文の書式--><!--ドロップキャップ-->にとって唯一の娯楽とも言えた映画鑑賞(はるか昔の事だが…)、すなわち映画館へ足を運ぶということが途絶えたのはいつ頃の事だろう?随分と時間が経っているだろう。<br/>貧しい家庭だったにもかかわらず、映画館の入場料に不自由を感じた思いは、多分無かったのだろうが、記憶に残っている...2022.銀鈴探偵社静おばあちゃんと要介護探偵2

  • 2021.准教授・高槻彰良の推察2 怪異は狭間に宿る

    <!--短編集国内作品--><!--見出しタイトル部分は、3列を結合-->准教授・高槻彰良の推察2怪異は狭間に宿る<!--最初の列は9行を結合して、表紙写真を挿入 -->読了日2021/01/02著者澤村御影出版社KADOKAWA形態文庫ページ数285発行日2016/05/25ISBN978-4-04-108152-5上の著者名をクリックすると、今まで読んだ著者の作品一覧へ移動します。<!--本文の書式--><!--ドロップキャップ-->的障碍者の息子が入所しているケアホームCOCOは、千葉県富津市湊に存在する。以前は割と数多くというほどではないが、たまにこのブログに関連記事を記述していた。僕が役員をしていたせいもある。今は全くそうした役柄から離れているため、あまり書くこともなくなった。だが、コロナ以前は年に何...2021.准教授・高槻彰良の推察2怪異は狭間に宿る

カテゴリー一覧
商用