searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

まぐぴさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
生き物ウォッチングが好き
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/tinnunculus
ブログ紹介文
野鳥、獣、虫、クジラ・イルカ、その他身近な生き物等の観察日記です。
更新頻度(1年)

365回 / 365日(平均7.0回/週)

ブログ村参加:2009/01/07

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、まぐぴさんの読者になりませんか?

ハンドル名
まぐぴさん
ブログタイトル
生き物ウォッチングが好き
更新頻度
365回 / 365日(平均7.0回/週)
読者になる
生き物ウォッチングが好き

まぐぴさんの新着記事

1件〜30件

  • ホバリングセミクイドリ

    昨日は渡去の夏鳥の都市公園通過は8月から始まるという記事を書いた、それもあって今朝の通勤都市公園散策は気合を入れて鳥影探し.......(#^.^#)。すると尾が長めのシルエット、おぉ!、サンコウチョウ通過か?、やや期待したが正体はヒヨドリだった。この時期のヒヨドリと言ったらセミクイドリ、が、今季は以下に書いたように一番はムクドリ、その次はスズメでまだヒヨドリのセミ食いを見ていない。・今季のセミクイドリはムクドリ多し(2020.08.03)そもそもこの夏は、ヒヨドリの個体数が少ないような気もする。そんなことを思いつつ足を止めて観察すると、来た!、来た!、ヒヨドリのセミ食い、今季初観察........\(^o^)/。その個体以外にも、別の場所でもセミ食いヒヨドリを観察。2羽目のセミ食いヒヨドリをじっくり観察すると...ホバリングセミクイドリ

  • 渡去の夏鳥の都市公園通過は8月から始まる

    ほぼ毎日書いている生き物ウォッチングが好きのblog、昨年の今日はこんな記事を書きましたという通知メールが来る。数日前は、「2019仙台MF)観察史上最速の渡去の夏鳥」という記事を書いていたというメールが来た。また昨日の夕方の犬の散歩時、コムクドリの小さな群れを観察、近くで繁殖もしているところがあるようだが夏鳥が動き出したと思われる。過去の通勤&昼休み散策の都市公園、少ないものの渡去の夏鳥の記事を書いたはず。以下に、3シーズン分拾ってみた。■2019■・2019仙台MF)観察史上最速の渡去の夏鳥(2019-08-02):ムシクイ類・渡去の夏鳥2番目はワタリコムクドリ(2019-08-27):コムクドリとムシクイ類■2018■・シルエットヤマシギ(2018-08-13)・18仙台MF)渡去の夏鳥、トップバッターは...渡去の夏鳥の都市公園通過は8月から始まる

  • 6ヶ月選手の白雀が旅立った模様

    通勤都市公園散策、以下に書いたよう昨年秋~冬に部分白化のスズメを観察した。・都市公園のスズメも結構漂鳥?(2019.12.16)記事に書いたように最初は10月、その後出逢えなくなり約2ヶ月ぶりに再会した。その後は以下に書いたよう、結構な頻度で出逢え6ヶ月が経った。・6ヶ月選手の白雀(2020.06.17)もしや繁殖するのでは?、とやや期待したがその形跡は確認できず。昨季秋に初認ということは、昨季生まれの個体?、だとしたら1年では繁殖しないのかな?。その白雀、「7/06(月)」を最後に出逢えていない。約7ヶ月余り楽しませてくれたが、いよいよどこかへ旅立ったよう。貼ったのは、最後に出逢った日の写真。MF(マイフィールド)散策記録更新6ヶ月選手の白雀が旅立った模様

  • '20仙台MF)ツクツクボウシ初鳴

    今朝の通勤都市公園、昨日梅雨明け宣言が出たがいまいちの曇り空、気温もこの時期にしてはやや低目。散策を開始時点ではセミの鳴き声は聞こえず、が、そのうちの雲の隙間からお日様が顔を出すと少しずつ鳴き出した。先週書いた記事、【続】セミが鳴き出すのは気温と日光らしいにずばり当てはまる。気温はやや低目でも、日光を浴びて体が暖まってきて鳴き出したのだと思う。散策を続けるとミンミンゼミ&ニイニイゼミの蝉時雨になって来た、いよいよ夏本番、いや、蝉本番がやって来た。主に午後から鳴き出すアブラゼミは、一声が若干聞こえたのみ。本日の話題はツクツクボウシ、先週土曜、犬と一緒に散策に行った公園で初鳴を観察したので、そろそろだと思っていた的中!.......\(^o^)/。散策中盤、公園南側で当地初のツクツクボウシの鳴き声を微かに聞き、急行...'20仙台MF)ツクツクボウシ初鳴

  • 宮城県南)シギ・チドリ3種、7羽

    今季のシギ・チドリ類の秋の渡りの初認は、以下に書いた7月下旬。・仙台近郊)シギ・チドリの渡り解禁(2020-07-24)一昨日の金曜日は、【続】シギ・チドリ類が来る田んぼって?に書いたようにバードリサーチのフライデー・ナイトWebセミナーは「シギ・チドリ特集!」を視聴した。まだまだ渡りは早いとは思ったが、潮汐もまずまずだし、話題的には旬なので県南の干潟へシギ・チドリ類を観察に行ってみた。一番引き少しづつ満ちてくる頃が一番見易い、それを狙って行ったつもりが一番引いている時間帯に着いてしまったらしい。どっかぁんと干潟が出ていた、それはそれでいいか......(#^.^#)。さてシギ・チドリは?、干潟が出ている割には鳥影なし、探すことしばらく、磯っぽい環境にチュウシャクシギ発見!、この秋初............\(...宮城県南)シギ・チドリ3種、7羽

  • 犬と生き物ウォッチング.....(*´▽`*)

    本日は犬用ドライブボックスというのを買ったので、トイプードルを助手席に乗せて出かけてみた。そもそも狭いところが好きらしいがクレートには絶対入らず、ボックスなら大人しく座っていてくれるかとヒヤヒヤしたが、心配ご無用、ちゃんと座っていてくれた.......(#^.^#)。まずは彼に楽しんでもらうためホームセンターのドッグランで遊ばせた、お相手の犬もいて思う存分走り回った。次は私の番、お彼岸のはヒガンバナの聖地になる川原へ一緒に行ってみた。おぉ!、おぉ!、咲いているピンクの、これはヒガンバナじゃなくナツズイセンだよね。今季は異常気象で咲き始めたところがあるらしいが、やっぱりここはまだだった。対岸?、中州?からホオアカの鳴き声がした、姿もみたいな、写真も撮りたいなと思ったが、同行者の犬はうまく動いてくれなかった.......犬と生き物ウォッチング.....(*´▽`*)

  • 【続】セミが鳴き出すのは気温と日光らしい

    昨日書いた、セミが鳴き出すのは気温と日光らしいの続き。今季の通勤都市公園散策のニイニイゼミ、ミンミンゼミ、アブラゼミの初鳴は、3種共に「7/27」だった。が、競争心をもっている動物季節観測(仙台管区気象台)には全敗.......(+_+)。敗因はテレワークで散策激減であるのは明白だが、気温と日照時間がよかったからではないのか?。以下に、気象台の初鳴記録と気温と日照時間を拾ってみた。■ニイニイゼミ初鳴:6月28日(日)/最高気温:26.6℃/日照時間合計:2.4h■アブラゼミ初鳴:7月20日(月)/最高気温:25.8℃/日照時間合計:1.4h■ミンミンゼミ初鳴:7月22日(水)/最高気温:29.9℃/日照時間合計:5.8h何れの日も私の散策はなし、また昨日の記事に書いた条件の「23度を超え」と「日照時間あり」は全...【続】セミが鳴き出すのは気温と日光らしい

  • セミが鳴き出すのは気温と日光らしい

    今季の通勤都市公園散策のセミの観察は、以下に書いた通り「7/27」にニイニイゼミ、ミンミンゼミ、アブラゼミの3種の初鳴を聞いた。・'20仙台MF)ニイニイ・ミンミン初鳴、アブラゼミ一鳴き(2020-07-27)・夏蝉の初鳴コンプリート(2020.07.27)ミンミンゼミ、アブラゼミはそこそこ平年並みだったが、ニイニイゼミは冷夏の年を除き最遅だった。当地セミの夏鳴、セミ歳時記で公開している、鳴き出すのはたぶん夏日の日数が関係しているのではと思い、上中下旬単位でその延べ日数もまとめている。が、が、今のところ夏日の延べ日数で早いか遅いかは言えない。セミの鳴き出しと気温の関係、誰か研究してネットで公開していないか?、いろいろ検索してみたがこれといったのがない。検索サイトに同じような質問があり、答えているのがあったがいま...セミが鳴き出すのは気温と日光らしい

  • ムクドリがミンミンゼミを給餌

    今朝の通勤都市公園散策、昨日の大雨も止み曇り蝉時雨爆発と思ったが、湿度は高いものの気温が低いためか鳴き声聞こえず。が、羽化したセミがいっぱいるらしく、あちこちからアブラゼミの一声鳴きが聞こえた。一声鳴きが聞こえるなら幹に止まる姿は見つけられるはず、探すことしばらく止まっているアブラゼミを発見!。次は昨日、一昨日に引き続き、スズメがセミを捕食している姿を観察。昨日、一昨日はミンミンゼミだったが今朝はアブラゼミ、時間に余裕があったので、足を止めて観察すると、ブンブン振り回し、翅を外し動体だけにして飲み込んでいた。だから翅だけ落ちているのか、翅は食べない模様。次はムクドリが、ミンミンゼミをくわえているのを観察。くわえていたのは成鳥、隣には若鳥がいて餌をねだっている。給餌するのかな?、またまた足を止めて観察すると与えよ...ムクドリがミンミンゼミを給餌

  • ソウゲンガラスまたの名をアメボソガラス

    昨日の通勤散策は、以下に書いたように一気にセミの初鳴を観察!。毎日毎日雨模様でグズグズの梅雨空だったが、夏を感じ若干だが梅雨明けを感じた。・'20仙台MF)ニイニイ・ミンミン初鳴、アブラゼミ一鳴きが、梅雨明けはまだで、夕方から小雨、今朝は本降りの雨になった。やや肌寒いが湿度が高いので蒸す、昨日のセミ、若干鳴いていてもよさげに思ったが全然聞こえず。気温を確認すると20度そこそこ、たぶん、鳴き出す気温は20度を軽く超えている必要性があるんだろうな。それでもセミを探すと、昨日同様、またまたスズメがミンミンゼミを捕食している場面を観察。他の話題も探すと、散策終了間際、公園中央に芝生にソウゲンガラスことハシブトガラスが2羽いるのを発見!。当地のハシボソガラスについては、以前、以下のような記事を書いた。・ハシボソガラスが都...ソウゲンガラスまたの名をアメボソガラス

  • '20仙台MF)ニイニイ・ミンミン初鳴、アブラゼミ一鳴き

    今朝の通勤都市公園、朝出掛ける前の天気予報が曇りだったが、散策を開始するとやや晴れ間が見えて来た。先日、以下の記事を書いたが、ようやく初鳴が聞かれるかもと期待。・少蝉の仙台に戻った?(2020-07-22)耳を澄ましながら散策をすると、アブラゼミの一鳴きがあちこちから聞こえてきた。アブラゼミがよく鳴くのは、確か午後だったような気がする。それでも期待し探すと、飛んだ姿を発見!、今季初アブラゼミの一鳴きと姿を観察!。その後もセミの姿を探すと、貼った写真のようにスズメがミンミンゼミを捕食している場面を観察。ミンミンゼミの捕食については、先日、以下の記事を書いた。・鳴き出す前に受難のミンミンゼミ?(2020.07.17)今朝も初鳴は聞かれず、捕食された姿で終わりかな?。そう思っていると、散策終盤、ミンミンゼミとニイニイ...'20仙台MF)ニイニイ・ミンミン初鳴、アブラゼミ一鳴き

  • もう晩夏みたいなセミの鳴き声

    昨日、オオミズアオがいっぱいに書いたよう山形へ、1泊して犬の散歩で鎮守の森の神社に行ってみた。昨日よりセミの脱け殻は増えている、着々と羽化しているのは間違いない。昨日の仙台は雨模様で梅雨寒だったが、山形は蒸し暑かった。今日は更に暑くなり、日差しも若干出て着々と夏の近づいていると感じた。少蝉は仙台だけで、山形はそこそこにいるんじゃないのか?、と、と思ったがさもあらず、ミンミンゼミ、アブラゼミ、ニイニイゼミと聞こえるものの数が極々僅か。更に更にミンミンゼミは、晩夏に聞かれる元気ないテンポがかなりゆっくりのスノリーミンミンゼミ。やっぱり山形のセミも今季はおかしい、こんな夏はこれまであっただろうか?。極僅かではあるが鳴き声が聞こえたからに姿をみたい、複数鳴いているミンミンゼミを探すが個体数が少ないから見つからず。セミの...もう晩夏みたいなセミの鳴き声

  • オオミズアオがいっぱい

    連休後半は実家山形市へ、毎年この時期の仙台はやませの影響で肌寒、山形は晴れて暑いが梅雨空だった。犬も連れての旅のため、PAで休憩&トイレ&散歩タイム。夏のPAと言えば昆虫採集、散歩させながら探すと、おぉ!、おぉ!、あっちにもこっちにも夜の貴婦人、オオミズアオが止まっていた、これだけの数を1度に見たのは初めてかも……(≧∀≦)ノ。美しい蛾だよね、手掴みはしなかったが……(^^;。実家山形市に到着後、犬の散歩で鎮守の森の神社にいってみたが、山形も今季は少蝉、ニイニイゼミ、ミンミンゼミ、アブラゼミの鳴き声を聞いたものの数える程度、脱け殻も僅か。いったい、今季の蝉、どうしちゃったのか?。オオミズアオがいっぱい

  • 仙台近郊)シギ・チドリの渡り解禁

    本日も3時起きして山奥のブナ鳥に逢いに行こうと思い目覚ましで起きた、夜明けの珈琲も入れて飲んだ、が、が、やっぱりいまいち足裏が痛い、ということでやっぱり断念した..........(一一)。二度寝してゆっくり起きた後、バードリサーチにシギ・チドリの渡りが始まったと載っていたので、仙台近郊の干潟へ出掛けてみた。前述したように足の具合がよくないんで、全く歩かず車窓から干潟を観察できる場所。出掛ける前に潮汐よさげを確認した、予想通りどっかんと干潟が開いている、が、が、まだ早いのか?、シギ・チドリの鳥影なし。窓にスコープをセットし、遠い遠い対岸まで探すと、いた!、いた!、メダイチドリ、それからトウネン、が、が、すげー遠い。が、証拠写真ということで、スマスコで撮ってみた、貼ったのはそのメダイチドリ、なんとかわかるよね。更...仙台近郊)シギ・チドリの渡り解禁

  • '20仙台)ニイニイゼミ初認・ヒグラシ初鳴

    今日は梅雨の晴れ間、3時起きして山奥のブナ鳥に逢いに行こうと思ったが、何故か朝起きると足首付近にかなりな痛み、まともに歩けず断念。やや足首?、足裏に違和感があったが、それが悪化したらしい。湿布を貼って寝直した後、いくらかよくなったのでセミ観察に出かけてみた。今季、在住の仙台でのニイニイゼミに初鳴観察は里山で「07月11日(土)」、我が家近くでは昨日、犬の散歩に行った林で複数聞いた。そのニイニイゼミ、あっちこっちで鳴き、脱け殻もちらほら、う~ん、いまいまニイニイゼミの季節になった模様、やっとなったという感じ......(#^.^#)。鳴き声多数なら姿を見なきゃ、探すことしばらく貼ったような保護色のニイニイゼミを発見!・撮影!。手掴みも!、とそっと手を伸ばしたが、触った瞬間するりと逃げられてしまった。他のセミはヒグ...'20仙台)ニイニイゼミ初認・ヒグラシ初鳴

  • 少蝉の仙台に戻った?

    3月下旬まではほぼウィークデー毎朝散策していた都市公園、COVID-19が起因でフルテレワークになり6月からようやくフルが解除された。が、その後は働き方改革という意味合いもあり、週2日程度はテレワーク、そのため通勤都市公園散策が激減。いつの年なら4月下旬から5月上旬まで渡りの夏鳥に連日出逢える、今季は残念ながらそれも観察できず。6月になってからは通勤散策は8日、いつもの年なら20日を超えるが半分にも満たない。7月の今月は通勤散策は8日、テレワークより出勤がやや多い。いつもより通勤散策は少ないためか?、今季はぐずついた長雨の影響か?、通勤都市公園で蝉の鳴き声は皆無。ここ数日、脱け殻はちらほら見かけるようにはなったものの。平年よるはかなり少ない。ぐずついた長雨の影響か?、散策日数が少ないからか?、比較のため仙台管区...少蝉の仙台に戻った?

  • 梅雨に咲く露草

    今朝の通勤都市公園、「7/6(月)」以降出逢っていない通称白雀を重点的に探した。最初に出逢ったのは昨年10月中、その後2ヶ月出逢えなかったがその後再会、それ以降はそこそこに出逢えるようになった。が、ここ2週間は出逢えておらず。散策の最初と、最後は時間いっぱい探すが今朝は出逢えず。たぶん昨季生まれの若鳥だと思われる、ついに移動してしまったのか?。時期が時期だけに他の鳥影薄し、久しぶりにモズの鳴き声らしきが聞こえた、繁殖地から帰還かと思ったがしっかり確認には至らず。そろそろ多くの鳥たち、ほぼ繁殖が終わり動き出してもいい頃だとは思うが。今朝、他に目に付いたのは貼ったツユクサ、今季初認。以前は梅雨草かと思っていたが、露草と書くそう。命名の由来は朝露を受けて咲いた花が昼にはしぼんでしまうことからだとか、昼も咲いているよう...梅雨に咲く露草

  • オオムラサキの乱舞の季節になっていた

    この土日は隣県へ遠出、行く前はグズグズな空模様で肌寒だったが、帰って来たら暑さがやってきていた、梅雨明け?と思ったが、それはまだ若干先のようだが。週末遠出して出来なかった所用のため本日は休暇を取った、昼前にそれを済まし午後は低山へ行ってみた。時期が時期だけに、時間が時間だけに鳥の鳴き声はほとんどなし。そろそろオオムラサキが飛び交う季節のはず、毎度のオオムラサキの聖地に行ってみたら、ピンポン!、たくさん乱舞していた..................\(^o^)/\(^o^)/。が、が、全然止まらず、止まったっぽいな、と思ったら梢の全然見えないところ.............( ̄▽ ̄;)。しばらく粘り、よっし!、止まった!、ミラーレスで撮ってみたら、え?、翅の裏しか見えないじゃん.......(-_-;)、ま、証...オオムラサキの乱舞の季節になっていた

  • 甲虫の季節到来

    昨日は福島県南部の犬と一緒に泊まれる宿に宿泊、思う存分ドッグランで犬と遊んだ……(≧∀≦)ノ。今日は日光~会津の宿場、大内宿を観光し帰って来た。犬を同乗させての旅、いつもより頻繁に道の駅、散歩と排泄をさせるために、道の駅、コンビニ、サービスエリアで休憩した。休憩したからにはちょっとの時間でも散策、クワガタ、カブトムシ、カミキリ、ゾウムシなども見つけた。貼ったのはその中のミヤマクワガタ、小型タイプだったが嬉しかった。ぐずぐずの梅雨空が長かったが、いよいよ甲虫の季節が来た予感。甲虫の季節到来

  • ヒグラシの蝉時雨

    本日は親戚筋のイベントで肌寒&霧雨の仙台から郡山市へ、郡山も霧雨であったが気温は高めであちこちでニイニイゼミの蝉時雨が聞かれた。今日は羽鳥湖近く泊、宿へ向かう途中ヒグラシの蝉時雨。在住の仙台ではさっぱりだが、いるとこにはいるのねぇ。ニイニイゼミ、ヒグラシも姿を探して見たが見つからず、貼ったようにヒグラシの脱け殻は見つけた……\(^-^)/(=^ェ^=)。ヒグラシの蝉時雨

  • 少蝉でヒヨドリの子育てに影響?

    昨日の記事に書いたよう仙台は毎日毎日雨、今日の天気予報は曇り、更に傘マークもない、久しぶりに降らないかな、と思ったら家を出る頃からほんのちょっと霧雨........(一一)。通勤都市公園散策時は運よく霧雨も止んだ、こりゃラッキーと歩き出すとピィーピィーとヒヨドリの鳴き声が聞こえて来た。もしや巣立ちっ子?、姿を探すと2羽の鳥影を発見!。が、観察すると巣立ちっ子ではなく成鳥、更にその鳴き声は求愛ディスプレイだったよう。そろそろ巣立ちっ子がいてもいいのにな、ヒヨドリの繁殖期って遅め、それも長めのような気がするが。もしや今季は低温&日照不足の影響で?少蝉だから、ヒヨドリの子育ても遅めなのか?。参考まで、過去に書いた記事を検索してみた。・ぼさヒヨは巣立ちっ子?、夏バテっ子?(2019-08-19)・少蝉でセミクイドリも目...少蝉でヒヨドリの子育てに影響?

  • ヤマユリの季節になったがセミ鳴かず

    梅雨真っ只中だから致し方ないとは思うものの、仙台は毎日毎日雨、7月になって降らない日がなかったような気がする。気象庁のサイトで降水量を確認すると、7月になってなかったのは1日のみ、更に詳しく確認すると1mmに満たなかったが降った日だった模様、ということは7月に降らなかった日はなかったということになる。そんなわけで今週のテレワークの日、まともに犬の散歩に行けず。今日はタイミングよく、散歩の時間に雨があがりそこそこ散歩ができた。林がある公園の行くと甘い香りが、視線を向けると貼ったようなヤマユリが咲き始めていた、夏だ!、夏の花が咲いてきた...........\(^o^)/。が、が、夏の虫、セミは全く鳴かず。雨の日が多いのと、ここんとこの低温の影響で羽化を足踏みしているのだと思う。夕方の天気予報によると、最高気温が2...ヤマユリの季節になったがセミ鳴かず

  • 四羽烏はファミリー?

    今朝の通勤、家を出る頃は運よく雨が止み傘なしで地下鉄駅へ向かえた。通勤都市公園もギリギリ傘なしで散策できるかなと期待をしたが、やっぱり梅雨真っただ中、電車を降りると小雨が降りだし傘片手となった。7月も中旬だが、通勤都市公園では未だにセミの初鳴は聞いておらず。まだ若干早いもののそろそろちらほら聞かれてもいい頃のはず。羽化はしたものの、気温が低いから鳴き出さないのかとも思ったが、今朝も脱け殻を注意して探してみたが先日の1個以外は見つからず、ということは羽化も遅めなのだと思う。今朝まず耳に付いたのはムクドリのヒナの鳴き声、桜の樹洞から聞こえたので今まさに子育て中と思われる。たぶん時期的に2度目の子育てと思われるが、遅め?、1度目は失敗しリトライ中のカップルの可能性も無きにしも非ず。次に目についたのは、昨日も以下で話題...四羽烏はファミリー?

  • ハシボソガラスが都市鳥になったのは昨今?

    本日はテレワークの日、朝起きると雨模様、雨模様でもいつもなら傘を差して都市公園散策に行くが、この時期の病、気象病を発病し?、2度寝してしまった......(;O;)....出社日なら気合いを入れて起きて通勤し、通勤都市公園散策もするのだが.........(^^;。雨が小降りか止んだら犬の散歩兼散策に行こうと思ったが、本降り止まずでそれもなし、結局、今日は1歩も外へでず.......( ̄▽ ̄;)。そんなわけで今日は、昨日の通勤都市公園散策で撮ったハシボソガラスの話題。以前は街中では滅多に見かけなかったが、ここ最近、以下にも書いたように通勤散策の都市公園や仙台駅周辺でよく見かけるようになった。・マチブトガラスにマチボソガラスが割り込んできた(2018.04.09)・ほんとハシボソガラスが街で見かけるようになった(...ハシボソガラスが都市鳥になったのは昨今?

  • '20仙台MF)シジュウカラ繁殖第2ステージ?

    今朝の通勤都市公園は天気予報は曇りだったはずなのに霧雨、梅雨真っ只中の予報は当てにならないということか。降水確率は1mm以上の雨が基準らしいので、霧雨は降ったことにならない可能性もありかな。さて散策、そろそろセミの鳴き声が聞かれてもいい頃だと思うが、鳥もセミのシーンシーン。セミの鳴き声が未だ聞かれないのは気温が低目だから?、日照時間が少ないから?、はたまたまだ時期が早いからな?、全部当てはまるような気もしないでもない。鳥たちは、先日以下に書いたシジュウカラ、ムクドリ、スズメの若鳥が移動を始めたので静かになったと思われる。・シジュウカラっ子がひ鳥立ち?(2020-06-17)巣立ちっ子たちがひ鳥立し、更にいなくなったということはそろそろそれぞれ繁殖第2ステージ?、それもそろそろ巣立つ頃かも。シジュウカラの2番子に...'20仙台MF)シジュウカラ繁殖第2ステージ?

  • 里山の獣

    本日も今にも振り出しような梅雨空、そんなわけもあって昨日の【続】ハクとセグロセキレイの共存関係は?に引き続き毎度の里山に行ってみた。昨日は着いて車窓からしばらく観察した後昼過ぎに雨が降ってきたが、今日は向かう途中から雨、更に着いたら、しっかり雨模様........(;O;)。本降りの雨では車窓からも雨粒で見辛い、が、早々の引き上げるのも悔しい。そのうちに上がるかも、しばらく車窓から外を眺めていた。1時間弱粘っているとピィクィーと聞こえてきた、姿を探すと昨日と同じ遠くの木に里鷹が止まっているのを発見!。せっかくだから写真も撮るか、傘片手に若干近づいてみると畦道に獣影を発見!。いつもは田畑に農作業の方々がいるが、今日は本降りというのもあり人影なし。おぉ!、もしや未知のイノシシか?、農家さんには申し訳ないがだったら嬉...里山の獣

  • 【続】ハクとセグロセキレイの共存関係は?

    本日は午前中所用があり、それが済んでから毎度の里山に行ってみた。ここの里山、セキレイ類はセグロセキレイ、キセキレイ、そしてハクセキレイの3種がいる。中でも幅を効かせているのはセグロセキレイ、次はキセキレイ、一番肩身が狭いのがハクセキレイに見える、今日はセグロとキセキレイの2種を観察。セグロセキレイとハクセキレイの共存について、以前、以下のような記事を書いた。・ハクとセグロセキレイの共存関係は?(2012-07-19)・セグセキとハクセキ共存する公園(2015-11-08)棲息域はハクセキレイがダントツでどこにでもいる、以前よりセグロセキレイが駆逐されたのかと思っていたが、上記記事に書いた通りセグロのほうが力は強いらしい。最近、頻繁にお世話になっているバードリサーチのニュースレターの人気コーナー「生態図鑑」を見て...【続】ハクとセグロセキレイの共存関係は?

  • アリクイガラス?

    今朝の通勤都市公園、蒸し蒸しだが雨はなし。例年この時期になると蚊の攻撃を受けるが、今季はそれほどでもない。体質が変わって蚊に刺されにくくなった?、それとも蒸し暑いとは感じるが実はまだそれほどでもない?、たぶん、後者だろうなぁ。昨日の夕方は、犬の散歩で樹液にカナブンうじゃうじゃ、が、セミはと書いたように樹液にカナブンがうじゃうじゃを観察した。当地も例年シラカシから樹液が出てカナブンが集まる、今季はまだ見かけていない。鳥影も少ないしということで、セミの脱け殻と樹液にカナブン探しをした。まずはセミの脱け殻、僅かに地面には抜け出たっぽい穴があるものの見つからず。樹液にカナブンは、そもそも樹液が出ているシラカシがない、これからなんだろうか?、いつのも木は出なくなったのか?。シラカシの樹液を探していると、1羽のハシブトガラ...アリクイガラス?

  • 生活史が載った図鑑が欲しい

    以下に書いたように、ここ最近、バードリサーチニュースの分類と形態を大変に参考にしてもらっている。・【備忘録】バードリサーチニュースの分類と形態その1ほぼ全部を参考にしているが、中でも貼ったような生活史の繁殖システムの部分を特に。常用している「フィールドガイド日本の野鳥」、これにそれも載ってたらなぁと思っている。そんな中、「フィールド図鑑日本の野鳥第2版」が発行されなかなかよさげという情報を目にした。ぱっと見、生活史が載っているように見える、幼鳥情報も載っているようだし、久しぶりに新しい図鑑を買ってみようと思った。ネットで注文し数日、届いたという連絡が来たので引き取りに行き、ワクワクして開いてみた。結果は生活史は繁殖システムではなく、見られる時期だった、よく確認すべきだったと反省、これなら「日本の鳥550山野・水...生活史が載った図鑑が欲しい

  • 昨晩は部屋でアオバズク、今朝はコムクドリ

    昨日はテレワーク、それにフレックスタイム制を利用し早上がりし山形市の実家へ行った。雨模様だったが、夜は一時上がったので鎮守の森のアオバズクに逢いに行ってみた。結果は鳴き声も、音を立てずに飛ぶ鳥影も全く観察できず。が、が、ニイニイゼミの初鳴を観察!.....\(^o^)/、夜なのでもしや羽化も見られるか探してみたが見つからず。その後、2階の自分の部屋でドラマを見ていたら、外からホッホウとアオバズクの鳴き声が聞こえてきた.........\(^o^)/。そういえば、父親がそんな鳴き声がたまに聞こえるって言ってたっけ。慌ててTVを消し窓を開けてみたが、生憎外は雨、それが強くなり雨音ばかりで鳴き声聞こえず。明方は土砂降りの雨音で目が覚めた、ほんと凄い大雨だった。ゆっくり起きて、窓の外を見るとお隣さんのアンテナに鳥影が数...昨晩は部屋でアオバズク、今朝はコムクドリ

カテゴリー一覧
商用