たけちゃん活動・生活日誌
住所
長野県
出身
長野県
ハンドル名
たけちゃんさん
ブログタイトル
たけちゃん活動・生活日誌
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/take123ht
ブログ紹介文
長野県議会議員竹内久幸の日常活動等の日誌です。
自由文
-
参加カテゴリ

政治ブログ / 政治家(都道府県)

更新頻度(1年)

127回 / 259日(平均3.4回/週)

ブログ村参加:2008/10/28

※ランキングに参加するとカテゴリ順位・ポイントが表示されます。

今日 09/16 09/15 09/14 09/13 09/12 09/11 全参加数

たけちゃんさんのブログ記事

1件〜30件

  • 吉田きみお候補にご支援をお願いします。

    9月15日(日)投開票の日程で現在開催されている長野市議会議員選挙で、私は友人である吉田きみお候補を応援しています。私は告示後の9日の朝には長野市役所前、10日の朝には県庁前での街宣【写真】に参加しました。参加した時の反応は悪くはありませんが、他の選挙と比較し、県庁前では、吉田さんの勤め先であった国の合同庁舎に向かう皆さんが握手を求めて来るなど、前例と違う光景がありました。とは言え、吉田きみお候補は、投票日2ヵ月前に立候補を表明した新人であり、定数に対し13人が落選する激戦の状況下で、まだ当確ラインに達していないと私は思っています。吉田きみおさんは市政に出して頂けば、これまでの経験を思う存分発揮できる方であると私は信じており、厳しい状況に皆様のご支援をお願い致します。吉田きみお候補にご支援をお願いします。

  • 長野市議選が告示

    9月8日、15日投開票の長野市議会議員選挙が告示されました。39人の定数に対し52人が立候補。13人定員オーバーの大激戦となりました。そして、今回の市議選は現職・新人入り乱れての激戦であり、有利な現職は安定している以外、新人候補の実力は地域性のある候補以外は未知数であり、当落を予想することは出来ません。社民党では、布目ゆきお公認候補と、私の後継者として県議に当選した池田前市議の後継として立候補した吉田きみお無所属推薦候補お二人の当選を目指していますが、私は二人当選のため新人である吉田きみお氏当選のため全力を尽くしています。8日告示日に行なわれた、吉田候補の出発式では、私からは、立候補表明が遅れたため大変厳しい状況だが、これまで出来ることはして来た。しかし、まだ出遅れは取り戻していない。この危機感を共有し、残され...長野市議選が告示

  • 警察要望等に関する現地調査を実施

    9月4日の午後は、朝陽地区内の長野中央警察署等への要望事項に関する現地調査を行ないました。この現地調査は、私が県議を引退する折り、朝陽地区内の要望を県や警察等に繋げる議員がいなくなることから、「県議を辞めても、引き続き要望を受け入れ、従来通り取組んで欲しい」との、私が地区内各区の要請を受け入れたため行なったものです。朝陽地区内には8つの区がありますが、寄せられた要望は交通安全対策等長野中央警察署関係が11件、県道の補修等長野建設事務所関係が4件で、4つの区から要望が寄せられました。この内、長野建設事務所要望事項については、事前の打ち合わせの結果、対応して頂くことになったため、この日は、午後1時半から4時半頃まで、地元区の役員の皆さんのご案内により中央警察署の現地調査のみを行ないました。現地調査では、寄せられた信...警察要望等に関する現地調査を実施

  • 信濃美術館「触れる美術作品」と「映像作品」制作に寄付を!

    現在、長野県信濃美術館本館は令和3年度開館を目指し、現在建替え工事を行っています。新しい県立美術館には、無料で作品を鑑賞することができる「屋根のある公園」ゾーン等に展示するコンテンツとして、触れる美術作品と映像作品を新たに制作し、開館時に展示することになっています。誰もがあらゆる感覚を使って美術を楽しむとともに、普段美術に関心のない方にも興味をもってもらい、アートが身近に感じられる場所へ皆さんと一緒に育て行くことが信濃美術館の目的の一つでもあります。そのため、「新美術館みんなのアートプロジェクト」として、この委託制作に必要な費用を調達するため、クラウドファンディング型の寄付募集を行なっています。目標金額は2000万円で、募集期間は令和元年8月2日から令和2年3月31日までですが、私も県議中にこの取組みに熱意を燃...信濃美術館「触れる美術作品」と「映像作品」制作に寄付を!

  • 吉田きみお決起集会を開催

    8月20日(火)の午後6時から、9月15日投開票の長野市議会議員選挙に挑戦する吉田きみお氏の決起集会が開催され出席しました。吉田きみお氏(56歳・高田在住)は、先の県議選で私の後継者として当選させて頂いた池田清県議の、市議の後継として自治労重点候補として決意をして頂きました。吉田喜美夫さんは、私の古くからの友人であり、私は、市議時代から大変なご支援を頂いた方です。また、最近では、昨年、国の種子法廃止に対する対応として、本県として種子や県民の食の安全を守るため、吉田さんから県独自の「条例制定」の提案を受け、今年6月県議会で可決された「長野県主要農作物及び伝統野菜等の種子に関する条例案」について、県との話し合い等により、知事に提案を決断させた経緯があります。このことは一つの例ですが、最近の国政や県政、市政において、...吉田きみお決起集会を開催

  • 県獣医師の確保について

    近頃、県のホームページを見ていると、県の来年度職員採用で現在不足している獣医師職員の職員採用選考考査の募集が9月3日までの日程で行なわれていました。本県でも獣医師の不足は深刻であり、私は県議引退のため最後となる今年2月定例県議会で、「獣医師の確保対策」として、処遇改善等を求めて来ました。その意味で今回募集に当たり、処遇改善や募集要件を改めていただき実行していることに敬意を表するとともに、成果があがり一日も早く獣医師の定数を満たすことを期待します。なお、今回の獣医師募集に当たって県が示している処遇改善の主な内容は、下記の通りです。「前年度に引き続き受験年齢の上限を事実上59歳までとし撤廃するとともに、本年度は年3~4回の選考を実施する予定で、その他給与・勤務条件等の改善(検討を含む)を行うとともに、獣医系大学への...県獣医師の確保について

  • 夏野菜の収穫が終わりつつあります。

    最近の我が家の家庭菜園は、キュウリやトマト、ズッキーニ、オクラ、エダマメ、ピーマン、夕顔、ネギ、シソは収穫出来ていますが、この時期に美味しいナスは病気で思う様に収穫出来ていませんし、インゲンやパプリカは収穫時期を終えてしいました。また、トマトやズッキーニ、エダマメも、もうじき収穫時期を終えようとしています。キュウリは、これまで収穫して来た棚は限界になりつつありますが、秋取りとして植えた苗に花がつき始め、今後に期待しています。今年の我が家の家庭菜園は、7月から8月中の猛暑で作業をするのが大変で、おっくうになり、草だけが伸び、その光景を見て、やる気喪失となり、畑は草だらけになってしまいました。そんな中、例年盆前に収穫が終わっていた夕顔が、前半不調でしたが、このところなり始め成長して来ており、後4本は確実に収穫できる...夏野菜の収穫が終わりつつあります。

  • 県の公共交通の新たな対策への調査開始を歓迎

    8月16日の信濃毎日新聞の朝刊に「県、既存バス路線の調査開始広域運行維持へ支援の在り方検討へ」との見出しで、次の記事がありました。県は、市町村の境界を越えて広域的に運行する公共バス路線の維持に向け、既存路線の利用者数や収支などの調査に乗り出した。本年度は飯田下伊那、木曽、中野飯山の3広域圏の路線と、県内発着の高速・特急路線を調査。3年ほどかけて県内全10広域圏に対象を広げ、支援の在り方を検討する。県交通政策課によると、本年度は県が国と折半して赤字補填(ほてん)しているバス2社の6路線と、市町村が運行をバス会社に委託している約30路線について調べる。赤字幅が比較的大きいが、高齢者や学生らの需要が根強い生活路線を中心に現状を把握する。高速・特急バスは、バス4社が長野・松本両市と県内他都市をつなぐ5路線を対象とする。...県の公共交通の新たな対策への調査開始を歓迎

  • 終戦記念日 平和の鐘

    8月15日は第74回目となる終戦記念日。吉田地区にある善敬寺で、正午から社民党長野総支部が毎年、住職さんと一緒に行なっている平和の鐘を突きました。私は、戦争の犠牲となって斃れ、傷つき、苦しめられた国内外のすべての人々に、心から哀悼の誠を捧げるとともに、遺族の皆さまにお見舞い申し上げ、恒久平和への祈りをささげながら、3回続けて鐘を突きました。悲惨な戦争体験による深い傷は、74年を経てもなお消えることはありません。わたしたちは、大戦の反省から得た「政府の行為によつて再び戦争の惨禍が起こることのないやうにする」決意と、「全世界の国民が、ひとしく恐怖と欠乏から免れ、平和のうちに生存する権利を有する」ことを前文に謳う平和憲法の意義と価値をあらためて胸に刻むことが問われていると思います。【写真の鐘を突いているのは、長野市議...終戦記念日平和の鐘

  • 避暑地へ

    8月9日は、「山の日」を前にして、避暑地を求め松本から安房トンネルを経て、奥飛騨にある新穂高ロープウェイで西穂高口駅展望台に行きました。西穂高口駅展望台の標高は2156メートルで、天候にもめぐまれすぐ近くに穂高岳、槍ヶ岳、焼岳等の雄大な景色を見ることが出来ました。また、気温は20度でしたが、空気がさわやかで大変涼しく感じました。この日は、近くの福地温泉に宿泊し、翌日は富山県氷見で魚を食べ帰路に付きました。避暑地へ

  • 顧問とは?

    私が4月末で県議を引退してから、8月1日行なわれた長野市東北部水害対策問題懇話会の総会で、現職中に行なってきた会長や代表の、ほぼ全ての役職を退任することが出来ました。ただ、これまで県議の肩書きのため就任していた県や市の各種会議の役員は自動的に案内もなくなり嬉しい限りですが、地区や地域では、そう簡単に退任できないのが現実です。その理由は、「私が、会の目的に対し長い間、貢献して来たので、生き証人としてこれからも見守って欲しい」という理由が多いのですが、中には永久顧問として残って欲しいという会もありました。東北部水害対策問題懇話会の総会が終わった時点で、私の退任した各種団体の役職や今後の主な役職等は、以下の通りとなっています。私が役を務め、退任した団体や現時点での各種団体の役職n市東北地区道路対策委員会(顧問を当面継...顧問とは?

  • 石渡区の自主防災会訓練に参加

    8月4日(日)の朝6時からは、私の住む石渡自主防災会の主催による地震を想定した防災訓練に参加しました。参加者は点呼によると、各常会が定めた集合場所に集まった参加者が321人、石渡の社会体育館での訓練に参加した方が197人とのことですが、熊本地震や全国的に相次ぐ地震や豪雨災害など年々度重なる災害が続いていることから、地域の防災意識が高まって来ていると、昨年の訓練に続き感じました。訓練では、3班に別れて、AED使用訓練、簡易タンカや三角巾の作成など応急処置訓練、市消防局の火災煙体験車による体験が行われ、例年行っている訓練以上に参加者は熱心に訓練していたと思います。ただ、訓練終了後の市消防局の総評で、「いざと言うときのために、家庭で非常食を用意している人は手を挙げて下さい」との問いに、数人しか手が挙がらなかったため、...石渡区の自主防災会訓練に参加

  • 長野市東北部水害対策問題懇話会の会長を退任

    8月1日(木)の午後は、長野市東北部水害対策問題懇話会の総会が開催され出席しました。この会は、水害に苦しんで来た朝陽地区の石渡・南堀・北堀、古里地区の富竹・金箱・下駒沢、柳原地区の小島・中俣・布野の9区で構成され、平成4年7月に設立され、今年で設立28年目を迎えます。今回の総会には、県や市の担当者も含め57が出席しました。私は、冒頭の会長挨拶で、私ごと、この4月に県議を引退し現職でなくなったため、先に行なわれた正副会長会で3年に1度の今総会での役員改選をもって、勝山市議に交代することが了解されました。この会の設立総会に私も参加していますが、水害を抜本的に解消するためには、利害が異なる上下流の壁を乗り越え、どうすれば解決できるか力を合わせて取組むべきとの先輩達の熱い思いから設立されたものであり、そのためには、「水...長野市東北部水害対策問題懇話会の会長を退任

  • 社民党長野総支部代表を退任しました。

    7月30日、社民党長野総支部の定期大会が開催され、6月15日に開催された同県連大会で代表を退任したのに続き、総支部の代表も退任しました。同代表とも退任したのは、私がかねてから希望していたことですが、県連代表は9年、総支部代表は20年務めて来ましたが、これ以上、私が代表を務めていれば、新たに組織に責任を負う人材が生まれないと思ってきたからです。長野総支部の大会では、新たな代表に池田清県議、幹事長に布目ゆきお市議を選出しましたが、当面する市議選に全力を尽くして頂くとともに、党組織の若返り存続など当面する課題を乗り越えて欲しいと願いました。また、私はこんども、県連に引き続き長野総支部の顧問となりました。私は、退任挨拶で、これまで20年間以上代表を務めて来たと思うが、その間、様々な問題があったかと思うが、党員や支援団体...社民党長野総支部代表を退任しました。

  • 梅雨は明けましたが、我が家の家庭菜園は晴れません。

    先日、長野も梅雨明け宣言が行なわれましたが、今度は毎日30度以上の猛暑日が続き、とても1時間以上家庭菜園で作業が出来ないため、2日に1度、早朝か夕方に行き収穫や手入れ作業をしています。長かった梅雨期間中は菜園がぬかったり、野菜の病気が多く発生したりと大変苦労し、今年の野菜づくりへの意欲を失いましたが、梅雨明け後も気温が高くなった分、草だけが伸びている気がして、悪戦苦闘しています。今年の我が家の菜園は、キュウリやエンドウマメ、トマト、玉ネギ、ジャガイモ等は好調だったものの、オクラ、ナス、ズッキーニ、夕顔等は病気になったと思われ不作です。それでも、先日は栽培を依頼されていた方に計4本の夕顔を届けることが出来ました。ただ、例年、三重や埼玉で生活している長女や次男に野菜を送っているのですが、今年は、バランスのとった野菜...梅雨は明けましたが、我が家の家庭菜園は晴れません。

  • 布目ゆきお長野市議の事務所開き

    7月28日の午前10時から、布目ゆきお長野市議(61歳)の5期目に向けた後援会事務所開きが行なわれ、私も出席しました。布目氏は決意表明の中で、人口減少・超高齢少子社会が本格化する中で、安心できるセーフティネットの実現、人生100年時代を見据えた健康寿命延伸策の充実、子育て支援先進都市の実現、市民の足を守り利便性の高い公共交通優先のまちづくり、減災、災害に強いまちづくり支援の拡充など、5つの重点的に取組むテーマを掲げ、市民みんなが幸せを実感できるまちづくりにしっかり取り組んでいきたいと抱負と決意を述べました。長野市議選は、9月15日投開票の日程で行なわれますが、今のところ、定数39人に対し、現職29人、元職2人、新人13人の計44人が出馬の意向を示しており、混戦・激戦の様相となっています。なお、社民党では布目氏の...布目ゆきお長野市議の事務所開き

  • 「土用の丑の日」を前にウナギの蒲焼き一切れ

    7月27日の今年の「土用の丑の日」を前に26日、同居する長男夫婦からウナギの蒲焼き一切れの差し入れがあり、我が家の家庭菜園で収穫したトマトやナスとパフリカ、韓国唐辛子味噌炒め、キュウリの辛子漬け等と一緒に食べました。また、ウナギは、うなぎ登りで値段が上がっているため、長男夫婦から貴重な一切れを頂いたことに感謝するとともに、付いてきたうなぎのタレを使い、丸なすとウナギのタレを炒めた「なすとウナギたれ炒め」を食べましたが、とても美味しく頂きました。「土用の丑の日はウナギを食べよう」は江戸時代からあると言われ、「『う』のつくものを食べると夏バテしない」という言い伝えがあったなど諸説ありますが、最も有名なものは江戸時代の発明家・平賀源内が、うなぎ屋の広告PR案として考えたと言われています。「土用の丑の日」にウナギを食べ...「土用の丑の日」を前にウナギの蒲焼き一切れ

  • 朝陽商工振興会のボーリング大会で3位

    7月25日(木)の夜は、朝陽商工振興会主催の親睦ボーリング大会が開催され出席しました。この大会は毎年開催されていて、私の後援会では団体戦に何チームか参加して頂いていますが、ここ数年2チームが8人が参加しています。団体戦には、12チームが参加しましたが、結果は、私が所属しプレーした「たけちゃんチームA」が、私が足を引っ張り残念ながら3位でしたが、「たけちゃんチームB」が優勝し4連覇を果たしました。議員は引退しましたが、私は朝陽商工振興会の顧問であるため、大会を盛上げるためにも、引き続きチームを作り参加していきたいと思っています。それにしてもプレーしたのは、1年ぶりで疲れました。朝陽商工振興会のボーリング大会で3位

  • 長野市東北地区道路問題対策委員会の総会

    7月23日(火)の午後3時から、長沼公民館において、長野市東北地区道路問題対策委員会の総会が開催され顧問として出席しました。私は来賓挨拶で、この会は平成6年に長野市民病院が整備されるおり関連道路整備が遅れていることから当時呼びかけ結成し、その後、市からの呼びかけもあり、長野オリンピック前に決定された都市計画道路「東外環状線」が関連道路に位置付けられなかったことから、危機感を感じ五輪後のこの地区の将来の発展のため、他の幹線道路整備を推進するため、平成9年に構成地区を広域化し現在の「東北地区道路問題対策委員会」としました。この過程では、地区が要望する提案型の幹線道路整備を行うために整備手法も含めた専門委員会による検討と報告書の提出を長野市長へ行いましたが、その時の座長を私が務めました。これらの取組みにより、「東外環...長野市東北地区道路問題対策委員会の総会

  • 第25回参議院議員通常選挙の結果についての社民党の声明

    第25回参議院議員通常選挙の結果について(声明)2019年7月22日社会民主党昨日、アベ政治の暴走を止め、改憲発議を阻止するきわめて重要な第25回参議院議員通常選挙が投開票されました。社民党は、比例代表で公認4名、選挙区で公認3名を擁立し、「憲法を活かす政治」で「支えあう社会」をめざすとして、ソーシャルビジョンの実現を力強く訴え、「3議席以上・得票率2%以上」の獲得をめざして総力をあげました。しかし、当選は比例代表の1名にとどまり、又市征治党首の議席を引き継ぐことはできたものの、大変厳しい結果となりました。選挙期間中、あたたかいご支持・ご声援をお寄せくださり、社民党の政策や主張に期待され、貴重な票を投じてくださったみなさんに、心から感謝とお礼を申し上げます。今回の参院選は、社民党にとって、国政政党として存続でき...第25回参議院議員通常選挙の結果についての社民党の声明

  • 社民党勝利のための政談演説会を開催

    7月18日(木)の夜は、現在行なわれている参議院議員選挙の投票日を3日後に迫る中、長野市内において、社民党勝利のための1区政談演説会が開催され出席しました。この会では、社民党県連中川代表や中野市・下高井郡区選出の小林県議、長野選挙区羽田候補の代理として出席した望月県議等が演説を行ないましたが、長野選挙区では最後まで余談を許さない接戦であり、改憲勢力に参議院で3分の2以上の議席を許さず、安倍首相を退陣に追い込み政治の流れを変えるため羽田候補の勝利を何としても勝ち取ること。比例代表選挙では、今回の参議院選で社民党が2%以上の得票率を得なければ政党要件を無くすことから、何としても政党要件を維持するために、県内の重点候補である自治労出身の吉田ただとも候補や社民党への支援拡大を最後まで全力を尽くすことが確認されたと思いま...社民党勝利のための政談演説会を開催

  • 羽田雄一郞候補の朝陽地区個人演説会を開催

    参議院議員選挙も終盤戦に入りました。そして私の地元の朝陽地区で、7月14日、市民と野党の統一候補として社民党も推薦した羽田雄一郞候補の個人演説会が開催され、多くの私の後援会の皆様はじめ100名以上の皆様に参加頂きました。私からは、連休中にも係わらず参加頂いたことに感謝を申し上げた上で、実は羽田さんと私とは昔からご縁があり、私は武石村出身ですが、羽田雄一郞さんのお父さんが、なぜか松茸の時期になると「手打ちそば」を食べに泊りがけで年に1度は来ていました。そして、私の母は「そば打ち名人」と言われていましたが、羽田さんの後援会である「千曲会」の新年会が元旦に開催されるのに、毎年「そば打ち」を頼まれ、「こんなこと大変だ、大変だと」愚痴をこぼしながら、そばを打っていた光景を覚えています。後に、私が母に「そばの打ち方を教えて...羽田雄一郞候補の朝陽地区個人演説会を開催

  • この季節の我が家の食卓

    家庭菜園の夏野菜が採れるこの季節、我が家の食卓は家庭菜園で採れた野菜づくしで、取り立て野菜を美味しく頂いています。新ジャガを使った料理では、肉ジャガ、ポテトサラダ、天ぷらや素揚げ、ズッキーニの炒め物やキュウリやサラダ菜、玉ネギ、トマト等を入れたサラダ、キュウリやカブを昆布味で漬けた浅漬け、ナスを韓国唐辛子で辛みを付けた味噌炒め、エンドウマメの素揚げとゴマ和え等々です。この内、孫達はポテトサラダやキュウリ、トマト、エンドウマメの素揚げ等が大好きで、美味しいと言って、あっと言う間に終わってしまいます。先日、私は晩酌しましたが、その時、妻が用意してくれたつまみは、キュウリやカブを昆布味で漬けた浅漬けとエンドウマメのゴマ和え、家庭菜園で採れた青じそやネギを入れた湯豆腐でしたが、このつまみが我が家の家庭菜園で収穫した野菜...この季節の我が家の食卓

  • 家庭菜園の草取りが大変です。

    7月中旬を迎えようとしていますが、今年も異常気象で、冷夏が続いています。我が家の家庭菜園にとって、一定の雨が降ることは良いのですが、晴天の日が少ないため、野菜の生長が遅かったり、病気になったりと、例年と違う表情が出ており、何となくやる気をなくしています。そんな中、草だけは成長し続け、草取りが追いつかない状況となっていて、さらに、うんざりしている昨今です。今年の我が家の家庭菜園は、そんな状態ですが、それでも、最近の収穫はキュウリやサラダ菜は好調ですが、ナスやズッキーニは不作です。最近は、エンドウマメやカブ、トマト等が収穫できる様になりましたが、今後、ジャガイモやエダマメ、夕顔の収穫等に期待したいと思います。家庭菜園の草取りが大変です。

  • 第25回参議院議員通常選挙の公示にあたっての社民党の声明

    第25回参議院議員通常選挙の公示にあたっての社民党の声明2019年7月4日社会民主党本日、第25回参議院選挙が公示され、18日間の闘いがいよいよスタートしました。今回の選挙は、平和と暮らしを破壊するアベ政治の暴走をストップさせる選挙です。そして、自公とその補完勢力を3分の2割れに追い込み、平和憲法の改悪を阻止する選挙です。社民党はそうしたたたかいの先頭に立ち、国会の中で国政政党としてがんばりつづけることができるよう、全力でたたかいます。安倍首相は、憲法改正を争点の一つに掲げました。憲法は、権力者をしばるものであり、政府には、憲法を尊重し、擁護する義務があります。しかし、安倍政権は、共謀罪や特定秘密保護法、「戦争法」等の違憲立法や、辺野古新基地建設、イージス・アショアやオスプレイ配備の強行など、憲法をないがしろに...第25回参議院議員通常選挙の公示にあたっての社民党の声明

  • またまた根曲がり竹を頂きました。

    この季節、長野県の北信地方では、「根曲がり竹」をサバの水煮缶と玉子や豆腐等を入れた「竹の子汁」にして食べるのが、欠かせない食文化となっています。今年は、5月7日に新潟県に旅行した帰り道、新井の道の駅で見つけ食して以降、5月24日に信濃町の友人が「今年は雪解けが遅れているので、まだ取りに行けないが、手に入れることが出来たので、持参した」として頂いただきましたが、それ以後6月中旬まで届きませんでした。しかし、それ以降は、隣りの方や家庭菜園仲間、友人等々から頻繁に頂く様になり、私が皮むきをして、妻が料理を作る分業で、美味しく頂きました。特に我が家では、同居する長男夫婦と孫達も、この「竹の子汁」が大好きですし、私も妻もベンピぎみなため、届く度に歓迎しています。こんな中、先に頂いたのが今年最後の「根曲がり竹」と思い覚悟し...またまた根曲がり竹を頂きました。

  • 参院選・社民党比例代表候補予定者、吉田ただとも氏の決起集会

    6月26日の午後6時から、長野市内の社会文化会館において、7月4日告示、21日投開票が決まった参議院議員選挙に向け、社民党比例代表候補予定者であり、県連合として重点候補としている吉田ただとも氏(前党首)を迎え、決起集会を行いました。決意表明で吉田氏からは、今回の参議院選について社民党が公約した、安心できる年金制度の確立や国民生活を守るための社会保障の充実、不公正税制の抜本的見直しと格差社会是正のためにも消費税率値上げ据え置き、憲法改正でなく生活に活かすため、この参議院選は、参議院で改憲勢力3分の2の議席を許さず、何としても安倍政権を退陣に追い込むための選挙にしましょう!等々を力強く訴えました。比例代表選挙は衆議院選挙と違い、党名または党公認で立候補している候補者への個人名で投票すること社民党を応援していただいた...参院選・社民党比例代表候補予定者、吉田ただとも氏の決起集会

  • 安倍首相と麻生副首相に読ませたい本

    最近、県議の時に取組んで来た県職員や外郭団体職員等の労働条件や雇用を守る取組みについて、冊子にまとめる作業をはじめたことを報告しました。この作業は、まずは資料集めと整理で、私の田中県政時代までは更新した今も公開している私の「たけちゃん情報」http://www.ne.jp/asahi/nagano/21/のホームページ、また、村井知事後ブログでの更新に転換した「たけちゃん活動・生活日誌」https://blog.goo.ne.jp/take123htのブログに書かれている20間の活動をチェックし、その中から関係する記事をワープロ画面にコピーすることから始まります。20間のチェックは大変な作業で、一日2~3年間が進めば良い方で、まだ、時間を要しそうです。そんな中、今でも通用する以上に、是非今こそ読んで欲しい記事を...安倍首相と麻生副首相に読ませたい本

  • 家庭菜園の野菜が採れはじめました。

    このところ雨にもめぐまれ、家庭菜園の野菜の収穫が出来る様になりました。収穫しているのは、キュウリ、ズッキーニ、サラダ菜、ナス、ニラ、二十日大根等ですが、ただ二十日大根は、もう収穫時期を終わります。採れた野菜は、サラダや浅漬け、ニラせんべい、ニラの卵とじにして、同居する長男家庭と分け合って美味しくいただいています。また、先日、カブの間引きした葉っぱをオシタシにしていただきました。ただ、今年の家庭菜園では、ズッキーニが重い病気にかかっている様で成長が悪く、ネットで調べると、油虫等を介在する「モザイク病」の様で、対策も少ないため、今年の収穫は期待できないのが残念でなりません。今後は、この病気が他の周辺の野菜に転移しないための対策や、現在我が家の庭で種から育てている第段目のエダマメを移植するための畑の準備をしたいと思っ...家庭菜園の野菜が採れはじめました。

  • 私の近況と今後の活動

    私が4月29日に県議を引退して以降も、現職時の役職から地区の各種団体の総会や行事などがあり、また、私の慰労会等をして頂き結構多忙な日々が続きました。でも、後に「顧問」という役職について述べるつもりですが、地区の各種団体の総会では、役員選出で引き続き顧問となるなど、今後年間を通じた日程では、まだまだ行事に出なければならないことが多いと思います。そのな中、6月15日行なわれた社民党県連合の大会で、代表を退任して以降、先週は三つの飲み会がありましたが、来週からは日程に余裕が出て来て、ようやく「引退効果」が出て来たのかとホットしています。その理由は、社民党行事へ出席する機会が減ることや、国政で何か問題があれば新聞社から県内政党の受け止めについて、見解を求められることがなくなったからです。ようやく、自分の時間を持てる様に...私の近況と今後の活動