searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

やびしとらびしさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
とらびし秘宝館
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/torabishi
ブログ紹介文
爆笑おバカSSてんこもり!
更新頻度(1年)

集計中

ブログ村参加:2008/08/29

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、やびしとらびしさんの読者になりませんか?

ハンドル名
やびしとらびしさん
ブログタイトル
とらびし秘宝館
更新頻度
集計中
読者になる
とらびし秘宝館

やびしとらびしさんの新着記事

1件〜30件

  • ノープロブレム盆踊り

    家が近づいてきたら、もう孫たちのにぎやかな声が聞こえてきます。長女家族も帰ってきとるな。う~ん香ばしいこの香り、わが家のお盆定番、BBQの真っ最中のようです。庭に入ると芝生の上のコンロを囲んで家族全員大集合、みんな日に焼けて白い歯が眩しくこぼれ、ばあさんも元気そうじゃ。どれどれ、ワシもひとつ。「ジージ」末の孫娘のミリが最初に気がつきました。ヒエエエ!長女の悲鳴に視線の先を見た家族一同、ワシの姿に蒼然。腰を抜かしたばあさんは芝生に倒れたまま空に向かって南無阿弥陀仏。そりゃまあそうでしょう。病気を患って数年前に死んだはずのじいさんがひょっこり戻ってきたのですから。「お、お盆だから戻ってきたのか?」「それともお墓参りの催促に?」「じょ、成仏しなはれ~!」まったくどいつもこいつも。「縁起でもない。ワシゃ死んどらん。ワシ...ノープロブレム盆踊り

  • ボクのカノジョは美少女アイドル

    はっきり言ってボクは面食い。女子って顔がカワイイのがいちばん。エロビデオでも顔最優先、スタイルとかパーツとか二の次だし。今人気の美少女アイドルグループだったらダントツでまゆゆ。嗚呼カノジョがミカじゃなくてまゆゆだったらなあ。と、そんなことばっかり考えてたら、「あ先輩?オレ、タカシっす。LINEつながりでデキたんすよオレ、カノジョ。で、そのカノジョの友達って娘が先輩の写真見て気に入ったっつうんすよネ。その娘、えっとアイドルグループのまゆゆ似で・・・」後輩のタカシがいきなりそんな連絡してきて。「またまたあ。まゆゆクラスがそんじゅそこらにいるはず・・・」タカシが待受の写真をボクの目の前に。ゲゲッ。二人ともすっげ~美少女。てか、タカシが指さした娘、まゆゆまんまじゃん!「会いません?この娘。・・・あ、スンマセン、先輩、カ...ボクのカノジョは美少女アイドル

  • 霊が見える人、見えない人

    夏休み恒例、怪奇現象スペシャルの収録現場。左右ゲスト席で、科学評論家の私と霊能力者K氏は開始早々睨み合っていた。「はっきり申し上げよう。霊なんてものは存在しない。根拠などどこにもない。非科学的だよ、まったく」私の挑発にのK氏の禿頭に血管が浮かんだ。「じゃあアンタ、心霊写真や心霊動画、そのすべてがトリックだと言うのか?」「トリックばかりじゃない。ハレーションや多重露出、撮影ミスによるものも多い。それをあんたらが心霊現象に祭り上げてるんだ」「この罰当たりめっ」火花を散らす私たちを司会者がとりなした。「まあまあ、バトルはのちほど。さて今週はなんと、呪いの幽霊掛け軸を実際にスタジオでご覧いただきましょう!」不気味な音楽とともに照明が落とされる。中央に青いスポット、スルスルと掛け軸がスタジオ中央に降りてきた。「持ち主のT...霊が見える人、見えない人

  • 幽霊トンネル

    「先輩、知ってます?この道、出るらしいですよ」助手席の小林が携帯を弄りながらボソリと言う。空調メンテの会社に勤め、隣県にもまたがったエリアを任されて、今夜みたいに仕事帰りが夜中になることもしばしばだ。ここは国道とはいえ幹線道路から外れた山道で、対向車とすれ違うことも滅多にない。出る、という噂は私も聞いたことがある。首のない赤ん坊を抱いた狂女が車を追いかけたとか、トンネルを抜けた途端生首が目の前に落ちてきたとか。だが今この状況でそんな会話はご免だ。「ホントらしいっすよ。この道、出るっての」小林が重ねて言う。私はため息ひとつ。「なあ小林、その手の話ってタダの噂なんだ。誰に聞いても誰かから聞いた話なのさ。尾ひれがついてひとり歩きしているだけ」車がトンネルへ吸い込まれ、車内もトンネル内の照明でオレンジ色に染まった。「ほ...幽霊トンネル

  • おじいちゃんのスマホ

    スマホの呼び出し音。お祖父ちゃんからだ。「お、タカシか?スマン、スマン。スマホいじってたら、どこがどうなったやら・・・掛けちまった」「え~爺ちゃん、また間違いかよ」ボクは思わず苦笑する。スマホってあるんだよね、操作してたらミスって電話掛けちゃうっての。それが毎度毎度なのだ、お祖父ちゃんの場合。「いやだからスマン、スマン。まあええ。タカシ、栄養のあるもん、ちゃんと食うとるか?」「心配ないって。生活費かかんないように自炊してんだぜ、ここんとこ」「えらいのうタカシは。で、盆には帰ってこれんのか?」「無理かなあ。卒論の準備もあるし、バイトも入れてるし」帰りたくても帰れないよ、お祖父ちゃん。「大変じゃのう。暑いから無理するんじゃないぞ。宅配で野菜でも送ってやろうか?今年はスイカが豊作でのう」そうか。去年の夏も暑くてスイカ...おじいちゃんのスマホ

  • 宅配便

    「宅配便で~す」アパートのドアを開くと、宅配の男が立っていた。青いキャップに青の制服が目印の大手の宅配業者だ。頼んでないぞ、何も。「こちらサインお願いします」言われるままに受け取り、リビングで中身を確認する。出てきたのは、ロボットの手。人間とほぼ同じ大きさの機械仕掛けの右手である。なんだ、こりゃ?「宅配便で~す」翌日もまた荷物が届いた。今度は腕が入っていた。手と組み合わせるとピタリと合った。パーツを組み立てていくとロボットができるって寸法か?でも頼んでないぞ、こういうの。宅配業者の男に問いただすが、確かにボク宛に送られた物だと言う。宅配は毎日届いた。足先、膝、胴体・・・。それぞれの部品はピタリと接合し、ロボットが組み立てられていく・・・リビングの隅に立つロボットはついに頭を残すだけになった。ところが翌日、宅配は...宅配便

  • うらめしや

    酒場で知り合った男はビルメンテナンスの会社に勤めているとかの、細身の穏やかな男だった。ひとしきり話した後、彼が妙なことを尋ねた。「幽霊って信じます?」ボクは信じないと告げた。「じゃ宇宙人は?」ボクは首を振った。仮に存在したとして、わざわざ地球くんだりに訪れる理由がないと説明した。男は笑みを浮かべたまま、ブランデーを啜った。「見たんですか?幽霊を?それとも宇宙人?」男はゆっくりと頷いた。「両方・・・」男は話し始めた。三年前の夏、豪雨の中、仕事先に向かう途中で宇宙人を轢いてしまった。銀色の宇宙服、頭でっかち、黒い大きな瞳、いかにも宇宙人ってヤツを。面倒なことに巻き込まれるのは厭だったし、大雨の車外に出るのも億劫で、轢き逃げしてしまった。数日の間、宇宙人の死体発見のニュースがないか気にかけたが、結局報道されることはな...うらめしや

  • I君のニオイ

    生まれつきニオイに敏感なせいで損ばかりしている。嗅ぎ分けることさえできれば、ニオイの判定士になったり香水の調香師になったり、使いみちもあるのだが。残念、ボクの場合、ただニオイに過敏なだけなのだ。人ごと、場所ごとに特有のニオイが人一倍鼻を刺激し、耐えがたいほどにクサイと感じてしまう、ただそれだけ。他の感覚と比べて嗅覚の救いは、ずっと同じニオイにさらされていると鈍感になっていく点だ。クサイ相手と同席し避けられない場合、ボクはひたすら鼻が麻痺するのを待ち続けることになる。ただI君は違った。彼のニオイが和らぐことはなかった。中学2年生の夏休み明けに転校してきたI君は社交的で、すぐにクラスの皆に打ち解けたが、ボクだけは無理だった。I君が近くに来ただけで、鼻は曲がり、目に沁みた。一体全体、この刺激臭は何なんだ?ニキビの脂の...I君のニオイ

  • ロボットの幽霊

    幽霊ロボお?(笑)ロボットなんてそもそも機械のカタマリでしょ、バケて出るはずないじゃん、そう思うよね、みんな。でもさ、粗末に扱われたカサがバケて『からかさオバケ』になるんなら、ロボットがバケて出ても不思議じゃない、ソレに気づいた時には遅かった。去年、ひとり暮らしを始めたボクのために両親が買ってくれたのは、中古品のお手伝いさんロボ。お年頃のボクがヘンな気を起こさないようにと、わざわざオバはん仕立てにしてあった。小太り体型を地味な服に包んで、割烹着。同級生でひとり暮らししている連中は、メイドコスチュームの美少女ロボなんかと同居してるってのに。早く壊れちまえと思っていたら、今年になってホントにガタが来はじめた。ある日の食事時、ふとロボットの顔を見ると、片目は上を向き、もう一方の目は下を向いている。しかも口をポカンと開...ロボットの幽霊

  • キングスマン・ザ・シークレット・サービス

    最近、すっかりお話作りから遠のいておりますです。覗いてくださった方、ゴメンチャイな。このまま消えてしまいそうな気すらしてきて、いやそんならツナギに・・・というわけで、映画の一言二言感想を書きなぐることにしました。では、第1弾!キックアスの監督マシューボーンによる新作、キングスマン・ザ・シークレット・サービスで~す。★★★★★いやはやこの映画、スパイ映画フェチ野郎にはたまりましぇ~ん!なんつっても往年の007映画を筆頭とするスパイ映画ブームの頃のケレン味たっぷりなんだもん。上司役のマイケル・ケインって60年代スパイブームの頃に007スタッフ総動員のシリアス路線ハリー・パーマーを演じていた人だし。主人公指南役コリン・ファースの役名もハリー、しかも同じ黒縁眼鏡っ。この眼鏡スパイ、オースティン・パワーズもパクってました...キングスマン・ザ・シークレット・サービス

カテゴリー一覧
商用