searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE
ブログタイトル
ろー・ふぁーむ・かるぴお
ブログURL
https://plaza.rakuten.co.jp/pridegreen/
ブログ紹介文
カープとサンフレ,家庭菜園をこよなく愛する男のブログ。名前通り,法律の話も少しだけ出てきます。
更新頻度(1年)

332回 / 365日(平均6.4回/週)

ブログ村参加:2007/03/12

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、pridegreenさんをフォローしませんか?

ハンドル名
pridegreenさん
ブログタイトル
ろー・ふぁーむ・かるぴお
更新頻度
332回 / 365日(平均6.4回/週)
フォロー
ろー・ふぁーむ・かるぴお

pridegreenさんの新着記事

1件〜30件

  • これ以上時計の針は戻せない。

    昨日は新聞休刊日だったこともあってプレス的にはめぼしい動きはなかったが,今日はさすがに各プレス動き出して,カープの醜態に対する総括をせざるを得ない状況に追い込まれているようだ。もちろん中国新聞を筆頭に

  • 騙されるに値する相手だったかい?

    今日明日と試合がないこともあって,なんとも気が抜けたというかなんというかというところなのだが,さすがに昨日の試合を受けた後のカープファンの論調は,現状を擁護する向きは減っているようだ。いや,端的にバカ

  • ろくなもんじゃねえ。

    私は長渕のファンでもないしましてや信者でもないが,カープの現状はまさにこの標題がぴったりだろう。それ以外に何を言うことがあるか。 敢えてひとことで総括するならば,これこそまさにバカオカバカワダ体制の

  • 負けなきゃいいってもんじゃねえんだよ。

    この5連敗の内容たるや全く悲惨のひと言であるし,逆に普通にやっていたら全部勝っていてもおかしくないのは見え見えなのであって,よほどのアンポンタンのカープファン以外はそのことに気がついている(と,思われ

  • 何連敗したら辞任してくれるかな?バカオカくん。

    7回裏,代打堂林を見る森下の目は,間違いなく怒っていた。いや,怒りというより透徹した鋭さがあった。よりによって堂林?ふざけんなという思いが去来していたに違いない。そして最後,本当に残り滓代打のポンスケ

  • おまえこそ消えてなくなってしまえ。

    昨日書いたとおり,今日は一日外出していて映像を見る機会がなかった。正確に言えば,DAZNを見るチャンスはあったのだが,どうせろくな結果にならないだろうと思っていたので見もしなかった。結果的に,私の判断は正

  • 情けねえのはてめえらだよ。

    昨日も書いたところだが,昨日の試合の九里亜蓮,決して内容がよくなかったことは確かだが,その理由もあの極悪主審橘高のでたらめなストライクゾーンに翻弄されたからと言うところもあった。そのあたりをまっとうな

  • もはや笑うしかない。

    確かに九里の出来は悪かった。しかし,あの極悪アンパイア橘高のでたらめなストライクゾーンに翻弄され,見逃しの三振を何度もかすめ取られながらだから,5回4失点という結果をあまり責める気にはならない。むしろ,

  • あまりにもはらたつからきょうはみじかめ。

    試合終了後しばらくの間は,怒りと諦念が入り交じっているような感じだった。ただ,その後気分がすっきりとするような出来事があったから,それをほじくり返すような気にならない。気分がよいのを自分で落とすような

  • だから時計の針を戻すなと言うのに。

    野球というスポーツは,そうそう一人だけの力で勝つことは難しい。しかし,一人の力だけで負けることは,実に容易い。だからこそ野球賭博がらみの八百長が歴史的になりたってきたところがある。今日の試合,サッカー

  • 観戦日誌:とにかく時計の針を戻してはいけない。

    今日は観戦の予定などなかったのだが,急遽チケットがいただけることになって観戦の段と相成ったのである。もちろん結果が結果だから満足しているし,珍しくスタジアムでふんぞり返って観戦していたものである。

  • 店主謹白 本日休業

    なんとも,気合が乗らない。昨日の試合はある意味爽快な試合ではあったが,あんまり褒められた内容ではないことも確かなのであって,なんか気が抜けたのも事実なのである。まあ,勝てば官軍だから胸張ってよいのだが

  • 奨成と栗林だね,今日は。

    まあいろいろと言いたいことは山ほどあるけれども,取り敢えずはこういう試合を勝ちきったというところに昨年との違いを見出したいと思う。ヒーローインタヴューに呼ばれたのこそ菊池だが,今日の大ヒーローが奨成で

  • 今日は昂也が報われた。

    本当に,よかったと思う。先のバンテリンドームナゴヤではチームが勝ったという形でしか達成感が得られなかっただろうけれども,今日は自らの白星という形で結実した。手術とリハビリの間の苦労は筆舌に尽くし難いも

  • やっぱりこんなチーム解体しちまえ。

    1-2だから惜しかったなどと抜かしている向きは私に言わせたら斬首ものだ。相手が菅野だろうが何だろうが,2連敗,借金1という状況下では石にかじりついてでもも勝ちに行かねばならなかったのに,それを怠ったどころ

  • こんなチーム解体してしまえ。

    もう,言葉がない。こんな試合負けてるようじゃ話にもならない。もうカープの今シーズンは終わったといっていい。いや,佐々岡と河田にぶち壊されたというべきだ。 さしもの厚顔無恥な当局もこれ以上田中を守れな

  • もうしらけきって言葉がない。

    試合内容については,言葉がない。昨日から何の反省もないふざけた試合をやって何の反省もないのである。もう哀しくても流す涙もない。腹が立つけど怒りの感情すら浮かばない。 まずはこれについて触れなければな

  • こんな野球しか出来ないチームを擁護する向きなどくたばっちまえ。

    全くもって話にならない。今日は以上。こんな試合のどこを擁護できるか。1点差だったから惜しかった?まだそんな寝言言うか。 今日の敗因は,点取れなかったヘボ打線にあることはいうまでもないし,長野さん以外

  • 午後11時のモノローグ その119

    現状のカープに対して言いたいことは,正直山ほどある。ただ,それを書こうとすると,これまで書いたこと,特にバンテリンドームナゴヤでの3連戦の際に書いたことに収斂されるような気がする。何を書いても,結局リ

  • 続・時計の針を,戻してはいけない。

    今日も外出時間が長くて,最初の方など某電気量販店のテレビで見ていたくらいだったのであるが,やっぱり現状を変えたふりして中途半端なことしたらいかんという典型であるような気がしていた。そして問題の6回の表

  • やっぱり時計の針を戻すつもりか。

    私は今日は最初の方だけ文字列でチェックできたのだが,あとは全く見聞きできなかったので,後付けの結果しか見ていない。なので,それを見て呆れるしかなかったのであるが,文字列を追う限り,見ていたら怒り心頭に

  • 時計の針を,戻してはいけない。

    もう読む価値なしといっていいコラムである中国新聞の「球炎」であるが,チームの現状を組織としてどう捉えているのかという俯瞰のために役立つので,一応毎日失笑交じりで目を通しているところだ。で,昨日の惨敗を

  • 目を醒ませ,佐々岡,河田,そしてカープファン。

    てゆーかね,これだけの無内容な試合見せられてなお現状に固執するかい?おかしいよ。3試合連続完封負けという結果をもってして,なお現状を変えようとするモチベイションに繋がらないなら,生きてるのやめた方がい

  • おい河田,てめえの責任だからな。

    確かに今日の森下は良くなかった。しかし,少々不出来でもそれなりにまとめるだけの能力を持っているピッチャーである。現に立ち上がりに破綻はなかったし,問題の2回も,あの佐藤に出した四球は主審の嶋田の忖度に

  • いったい何が大事なんだろうか。

    ここまでの試合を見せられたら,正直今日などいくら森下を擁しようが困難な試合になるのが分かりきっていたから。中止でもよかったかなという気がする。問題は次に森下をどこで使うかというところであるが,来週の今

  • 何のために,何を信じて,歯を食いしばり,働いて......

    ここまで全チームと総当たり15試合,8勝6敗1分けという数字は,決して悪くはない。今の時期の結果としては上出来と言えるのだが,こと内容となると,非常に残念だ。全部勝てたとまでいうつもりはないが,切り替えた

  • こんな負け方はあり得ない。

    敗北という結果は,ある程度仕方がない。それほど今日の今村は内容がよかったし,それに反比例して野村の不出来さは目を覆うほどだったからであるが,だからといってこの負け方はない。あまりにも悲惨極まりない負け

  • 今は負けられない戦いなんだよ。

    今日は最初の方は文字列でしか追うことが出来ず,その後も映像では少ししか見ることが出来なかった。なのであまり見てきたようなことは言えないのだが,どちらにしてもぐだぐだな内容だったことは間違いない。これで

  • 観戦日誌;褒めたいけれども成果薄し。

    寒かった。本当に,寒かった。ただでさえ気温が下がっていたようなのであるが,それに輪をかけたのは強風。せっかくだからと思って一杯だけ飲んだビールが徒となって,まあ冷えること冷えること。途中一杯だけホット

  • こんな試合をよしとするファンは消えてなくなれ。

    絶対に,この敗北は受け入れることは出来ない。屈辱以上の何物でもない。一部自称カープファンのあほうどもが強硬に推す田中と松山のせいで,そして佐々岡の選手差配のまずさのせいで負けた。要するに今のカープが勝

カテゴリー一覧
商用