searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール PROFILE
ブログタイトル
ろー・ふぁーむ・かるぴお
ブログURL
https://plaza.rakuten.co.jp/pridegreen/
ブログ紹介文
カープとサンフレ,家庭菜園をこよなく愛する男のブログ。名前通り,法律の話も少しだけ出てきます。
更新頻度(1年)

322回 / 365日(平均6.2回/週)

ブログ村参加:2007/03/12

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、pridegreenさんの読者になりませんか?

ハンドル名
pridegreenさん
ブログタイトル
ろー・ふぁーむ・かるぴお
更新頻度
322回 / 365日(平均6.2回/週)
読者になる
ろー・ふぁーむ・かるぴお

pridegreenさんの新着記事

1件〜30件

  • 改めて開幕オーダーを考察する その1

    昨日はふらっと開幕オーダーについて書いてみたが,そうするとやっぱり論点はいろいろあるんじゃないかと思うに至った。幸いに開幕本番まではまだ日にちもあるので,これについてじっくりと書いてみたいと思う。今日

  • さあ開幕の光が見えた。

    昨日記したとおり,NPBは今日6月19日開幕へ向けて動き出す旨発表した。ようやく,2020年ペナントレースが始まることとなる。となると,当然開幕へ向けて戦うべき態勢を取らなければならない。もちろんこれから練習試

  • いざたたかひがはじまらむや。

    残された非常事態宣言もどうやら明日解除の発表がありそうな気配なのであって,いろいろと世の中が動き出すことになると思われる。ひょっとしたらこれを目途に広島から日本を揺るがす大事件が起こるかもしれないのだ

  • かなしかるべきしょかのよぞらよ

    皐月も下旬に突入して,昼間は完全に夏モードになってきてはいるものの,なんとなくむなしささえ感じられるところである。それもやっぱり,あの忌まわしきJinmping=Shinzo Virusのせいでプロ野球も開幕せずJリーグ

  • ひかりさすあしたこそなおあらまほし

    二言目にはやれ三密回避だの自粛だのというプチ独裁者どもによる虚しきスローガンが流れていた今日このごろであるが,ようやく一筋の灯りが見えてきた。 広島においては先に緊急事態宣言が解除されたところであっ

  • 外国人選手の光と影(SANFRECCE VER.;後編)

    今日も書こうと思えばネタには困らないようだが,敢えて緩く昨日の続きを書きたい。 さて,サンフレッチェが1回目の降格となった2003年の元日,ファンへのお年玉はセザール・サンパイオ獲得の報だった。正直,こ

  • 外国人選手の光と影(SANFRECCE VER.;前編)

    今日は午後からいろいろとネタになりそうな話が舞い込んできたのだが,よくよく考えたら今日でなくても良さそうなので,やめる。なので,ひさびさに緩く語ってみたい。以前カープの外国人選手について語ったが,その

  • なほうらめしくかぜぞふきなむ

    このところ目に入ってくるニュースと言えば,河井克行案里夫妻の疑獄かイベントごとの中止かというのが定番なのであって,なんとも気が滅入る。前者はどうでもいいとして,後者は見るたびに気分が下がる。まったくも

  • しらじらとねむれねあさはあけぬれど

    隙あらば睡魔が訪れてと書いたのはつい最近のような気がするが,それをあざ笑うかのように昨晩は横になっても全く眠れなかった。ようやく朝が明けてから数時間ばかし眠ったのであるが,そんな日の一日は,普段にもま

  • やはりさんみつこひしかるべし

    今日は日曜日と言うことで,とあるスーパーに買い出しに行ったのだが,驚いたことに営業開始直後にはこれまで見たことのないような長蛇の列ができていた。いや,先週も同じスーパーに同時刻に行ったのだが,やっぱり

  • いえにいるばかりでしこうもさだまらず

    決して調子が悪いわけではなさそうだが,なんとなくけだるい。このところ,家にいる日はそんな状況が続いている。さらにいえば,そんな日の午後は隙あらば睡魔が訪れるのである。事実今日もそうだった。正直,体調に

  • ほんとうに,BBM社なんてくたばっちまえ。

    今朝パラパラとWEBを流し読みしていたら,ベースボール・マガジン社(以下「BBM社」と略す)から「広島東洋カープ70年史」というムック本が来る5月18日に発売されるというのを見た。 現時点ではあくまでも表紙とW

  • さんみつよりもあんみつよろし。

    くだらない自粛マニアどもの跳梁跋扈に辟易しつつある今日このごろ,何を書こうかと思慮巡らしていたところ,結局浮かばなかった。と,いうわけで,実にくだらない連歌もどきから書き始めていくこととしたい。そもそ

  • とにかく,打って打って打ちまくれ。

    昨日も書いたとおり,果たしてペナントレースがいつ開幕できるかは極めて不透明である。開幕したとして,従来通りのホームアンドアウェイで行えるかどうかもまた微妙である。少なくとも,開幕当初は市民球場での試合

  • 球界の復興へ向けて。

    今日NPBは,今シーズンのオールスターゲーム,フレッシュオールスターゲームの中止を発表した。これはやむを得まい。何と言っても通常の興行が消化できるかどうかの瀬戸際に追い詰められているのだ。オールスターブ

  • 雨混じりの「母の日」の夜に呟く。

    今日は「母の日」,であるが,私にはもう現世に母はいない。母が此の世を去ってからこの5月で丸6年,いわゆる七回忌の年に当たるのだが,残念ながら忌まわしきJinmping=Shinzo Virusのせいで帰省もかなわない状況で

  • 今こそ脈略なくものを喰らう話をしよう。

    私はもう広島に住むこと25年を越しているし,いうまでもなく独身であったときも長かったので,ずいぶん外食のお世話になっている。もちろん家庭を持った今はそうそう毎日毎日外食というわけにはいかないのだが,やっ

  • 今こそ補強の準備をしよう。

    ここしばらくくだらないこととか昔話とかを書いたりしているので,まともにカープの現在地について語るのはひと月ぶりくらいかもしれないが,まあ思い立ったので書いてみたい。 さて,カープは全く勝てなくなって

  • やっぱり,莫迦に莫迦足しゃ莫迦ばかり。

    しつこいようだがそう歌ったのは植木等翁であって,さらにこの世の中は真っ暗闇,莫迦とあほうの絡み合いと歌ったのは鶴田浩二翁である。それは,今のように世の中が真っ暗闇になったときに,よく当てはまるというか

  • Urlaubsnacht Syndrom

    俗に「サザエさん症候群」と言われるようであるが,何とも休日の夜というのはけだるい。まして連休の最終日となればなおさらである。ましてこの6日間,どこにも出かけなかったにせよ実に有意義な日々を過ごしていた

  • 外国人「助っ人」の光と影;補遺

    先日の記事の続きと言うことで,個々の外国人選手に光を当ててみたい。ただし,活躍した選手の銘々伝なんて誰にでも書けるので,ちょっと脇道に逸れた私小説的分類をしてみたい。 私にとっての赤ヘルの「助っ人」

  • 立夏のひとりごと

    暦の上ではもう夏にはいったこどもの日の今日,というより皐月五月を期して一気に夏日が続いている今日このごろ。四月下旬まで朝晩冷え込む日があったのを考えると,気温の変動が激しすぎると言わざるを得ない。こう

  • みどりの日の思索,と言いたいところではあるが

    くだらない仕事から離れること3日を過ぎ,朝も頭の働きは順調で午後もゆっくりと本を読んで思索を巡らしていたときに,無粋な電話のおかげで2時間以上時を無駄にしてしまったみどりの日。おかげで,頭の中はさっぱり

  • 憲法記念日の思索その2:若干の補遺

    さて,今日は昼間から柄にもないことを書き連ねたが,あの雑文に至るまでも結構いろいろな思索があった。もちろんまとめたときにある程度は切り落としたのだが,このまま一年捨て置くには惜しいので,補遺として少し

  • 憲法記念日の思索その1:本当に国家緊急権条項は必要か。

    5月3日を期して何か一文ものそうかと思うこと数日,紆余曲折のすえここに着地点を見出すことにした。結構最初考えていたところからはずれているのだが,まあ,私の場合,よくあることである。 標題に踏み込む前に

  • 外国人「助っ人」の光と影

    カープ球団史に残る外国人選手の先駆けは銭村健四,平山智の両氏を筆頭とする日系人選手なのであるが,いわゆる「助っ人外国人」のはじめは1972年のソイロ・ベルサイエス,トニー・ゴンザレスの両選手である。それか

  • 夏日となったメーデーの夜に呟く。

    メーデーといっても私は組合員でも活動家でもないし,ましてインターナショナルを高らかに歌うような趣味もないので,要するにどうでもいいのだが,しかし急に暑くなった。昨日ももちろんそこそこ暑かったのだが,つ

  • 明日伸びるために今縮まんとす。

    標題の文言は確か城山三郎「男子の本懐」で見たような気がする(が,別の文献かもしれぬ)のだが,要するに浜口雄幸首相と井上準之助蔵相が旧平価金解禁を実行する際の国会演説に用いられたものと記憶している(違っ

  • 今こそ敢えて「小早川毅彦」を論ずる。

    1431試合出場,1093安打171本塁打626打点,生涯打率.273。これがスワローズ在籍時を含めた小早川毅彦のレコードである。1000本以上ヒットを打っている(ちなみにカープ在籍時の安打数はジャスト1000本)のであるから

  • いまだからこそ緩くカープの話をしよう。

    ほんとうに,忌まわしきJinmping=Shinzo Virusのせいで,世情はギスギスとした話題ばかりとなっている。これはこと野球の話になっても同じなのであって,とにかく正論と正論のぶつかり合いが多いのであって,全くや

カテゴリー一覧
商用