searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

Mr.Hさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
勝利を呼び込む風になれ
ブログURL
http://seibu-lions.everymonth-traveler.com/
ブログ紹介文
埼玉西武ライオンズを応援するブログ はっきり言ってライオンズびいきです
更新頻度(1年)

33回 / 365日(平均0.6回/週)

ブログ村参加:2016/02/04

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、Mr.Hさんの読者になりませんか?

ハンドル名
Mr.Hさん
ブログタイトル
勝利を呼び込む風になれ
更新頻度
33回 / 365日(平均0.6回/週)
読者になる
勝利を呼び込む風になれ

Mr.Hさんの新着記事

1件〜30件

  • 【オリックス戦第5戦】松本航が好投するも継投失敗で逆転負け

    2020年7月4日 オリックス戦 勝てたと言えば勝てた試合を引き分けで終えたライオンズの次の試合、今季の2回の先発で全く結果が出ていないかった松本航が先発した。これまでの2試合とは真逆の内容で、5回に

  • 【オリックス戦第4戦】ニール先生がリードを許すも源田の同点打で試合は引き分け

    2020年7月3日 オリックス戦 ニールの先発試合。絶対に落とせない試合であった。前日の試合で打撃陣の調子が上がる兆しが見られたが、この試合ではセンター金子に代わって川越がスタメンで起用された。 ニー

  • 【オリックス戦第3戦】いろいろなことが起きた試合で山賊打線が本格的にお目覚め

    2020年7月2日 オリックス戦 いきなりのスパンジーのエラーに始まり、いろいろなことが起きた試合であった。 先制されたライオンズは3回に追いつくと、5回に勝ち越し。6回に追加点を奪うが、7回に中村の

  • 【オリックス戦第2戦】2安打の完封負けで連勝はストップ

    2020年7月1日 オリックス戦 オリックス第2戦、エース候補の今井が苦しんでいる。今シーズン初登板と同様、ランナーを出してホームランを打たれて崩れた。 5回までは四球こそ与えたもののノーヒットピッチ

  • 6連戦の初戦で鉄壁リリーフ陣が1点差を守り切る

    2020年6月30日 オリックス戦 新たな同一カード6連戦が始まった。オリックスをホームに迎えた6連戦の先発は高橋光成。辻監督は不満いっぱいだった初登板とは変わり、立ち上がりこそボール先行だったものの

  • 最後はサヨナラゲーム!3連勝で6連戦を締める

    2020年6月28日 ソフトバンク戦 長かった同一カード6連戦がようやく終わった。 最後は森のサヨナラ打で決めた勝利で3日連続の逆転勝利。4勝2敗で宿敵ソフトバンクに勝ち越して6連戦を終えた。 先発與

  • 山川が決勝弾!連日の逆転弾でライオンズが連勝

    2020年6月27日 ソフトバンク戦 木村の劇的な逆転満塁弾で連敗を止めたライオンズは、この試合でもソフトバンクの岩嵜に連日の逆転弾を浴びせて試合を決めた。 この試合の立役者は4番山川。2点ビハインド

  • 木村の起死回生の逆転満塁ホームランで逆転勝利

    2020年6月26日 ソフトバンク戦 開幕投手ニールが2回目の先発となったこの試合、チームを救ったのは木村のバットであった。1点ビハインドの8回裏、ソフトバンク勝ちパターンの岩嵜に対して満塁のチャンス

  • あわやノーヒットノーランの敗戦

    2020年6月25日 ソフトバンク戦 1勝1敗で迎えた6連戦の3戦目。6人目のローテーション投手入りをつかんだ本田が今季初先発となった。 その本田は立ち上がりからコントロールが悪く、投球のほとんどが逆

  • 山賊打線が4戦目でようやくお目覚め

    2020年6月23日 ソフトバンク戦 開幕カードを負け越して迎えた同一カード6連戦の初戦。最初の6連戦は宿敵ソフトバンクが相手であった。 開幕カードでは山賊打線が眠ったままであったが、この試合でようや

  • 投打が全くかみ合わずに完敗の3戦目

    2020年6月21日 日本ハム戦 1勝1敗で迎えた開幕カードの3戦目。ライオンズはプロ初登板初先発の與座がマウンドに上がった。 本塁打2本を打たれて3点を失ったものの、6回3失点は初登板初先発としては

  • 投手陣の踏ん張りに打線が応えられず2020年初黒星

    2020年6月20日 日本ハム戦 開幕カードの2戦目。先発松本が6回1/3を2失点でまとめたものの、打線が外崎の本塁打による1点に抑えられ、ライオンズは2戦目で今年の初黒星を喫した。 踏ん張った投手陣

  • 2020年シーズンのプロ野球開幕!ライオンズは開幕戦完封勝利

    プロ野球開幕 待ちに待ったプロ野球が無観客で開幕した。ライオンズの開幕戦の相手は日本ハム。ニール対有原のエース対決で2020年のペナントレースの幕が開けた。 山賊打線らしくない勝ち方でも貴重な開幕白星

  • いよいよプロ野球開幕! 開幕戦オーダーは?

    遅れたプロ野球開幕 3月20日開幕予定だったプロ野球が、新型コロナウイルスの影響で3ヶ月遅れて6月19日に開幕する。球春到来ではなく、球夏到来というところだろうか。 オープン戦首位、練習試合首位で終え

  • 松坂本拠地凱旋でオープン戦最終戦を勝利で飾る

    オープン戦 ヤクルト戦 オープン戦最終戦は、ライオンズが逆転で勝利を収めた。 先発はアンダースローの與座。4イニング4被安打1失点で先発の役目を果たした。増田が1イニングを無失点で繋ぐと、松坂大輔がメ

  • 投打が噛み合って本拠地でのオープン戦初戦を勝利

    オープン戦 ヤクルト戦 ライオンズは本拠地に帰ってきて初めてのオープン戦。ここまでのオープン戦で打たれまくっていた先発の本田は、背水の先発となった。 その本田は、ランナーこそ許すものの3回までは無失点

  • ほぼ収穫のない試合内容で楽天に惨敗

    オープン戦 楽天戦 先発の高橋光成が2回無失点で好投したものの、続く投手陣が打たれて9失点。 一方のライオンズ打線は6安打で2点を奪うのが精一杯。 オープン戦ゆえ、何かしらの収穫があればよかったのであ

  • 金子は今年こそ1番でいけるのか?

    練習試合からオープン戦になっても好調 1番金子が当たっている。 オープン戦が始まる前の練習試合でもヒットを量産していた金子が、オープン戦2試合でも5安打を放ち、打撃好調である。 絶対的1番打者の秋山が

  • ライオンズのオープン戦初戦は投手陣の奮闘で勝利

    オープン戦初戦 前日雨で中止になり、オープン戦初戦がずれ込んだ3月1日のライオンズは、投手陣の奮闘で3-1でDeNAに勝利を収めた。 打線は初回に金子、源田の連打であっという間に先制すると、森の内野ゴ

  • ドラフト2位の浜屋将太がよさそうだ

    対外試合初登板 2月23日ロッテ戦で3番手で登板した浜屋がいいピッチングをみせた。 セカンド外崎のエラーで先頭打者を出塁させたものの、その後の3人をピシャリ。とにかくコントロールがよく、内角外角、直球

  • 練習試合でライオンズがロッテに連勝

    2月23日 千葉ロッテ戦 ロッテとの練習試合2連戦の2戦目。ライオンズが逆転勝利で2連勝を収めた。 松本、増田、ギャレット、浜屋、森脇、野田、佐野のリレーで失点は増田の3失点のみ。 先制はライオンズ。

  • ライオンズの2020年シーズンの対外試合が始まる

    2月2日 千葉ロッテ戦 2020年の野球シーズンが始まった。この試合がライオンズの今年初めての対外試合となった。 先発ノリンから十亀、榎田、田村とつないで3失点。 一方の打線は、相手のエラーや押し出し

  • 投手10人ながら遅い継投で崖っぷちに立たされたライオンズ

    10月11日 ソフトバンク戦 たった3戦でライオンズが崖っぷちに追い込まれた。 先発十亀が前日の今井と同様に序盤から失点を重ねた。一方の打線は千賀の前に沈黙。 千賀を8回まで投げさせてしまい、結局完封

  • 今井の乱調でソフトバンクに1勝リードを許す

    10月10日 ソフトバンク戦 初戦を落として対戦成績がタイになった大事な2戦目であったが、今井は昨年のクライマックスシリーズの借りを返すことはできなかった。 立ち上がりから失点を繰り返し、3イニングで

  • CS初戦を平井と平良の継投で落とす

    10月9日 ソフトバンク戦 クライマックスシリーズのファイナルステージが開幕した。 11連勝したニールで何としても勝利を挙げたかったライオンズであったが、ニールが1点差を保って降板した後にリリーフ陣が

  • ついに並んだ!ゲーム差ゼロ

    8月31日 ソフトバンク戦 栗山の球団安打新記録が出た試合を勝利で飾り、ソフトバンクに連勝。ついにゲーム差ゼロ。栗山の言葉を借りれば、ようやくスタートラインである。 先発の高橋光成が初めての二桁勝利。

  • 森の3試合連発となった値千金の勝ち越し本塁打

    8月30日 ソフトバンク戦 天王山の初戦を取った。毎年のように8月の3連戦でソフトバンクに3タテを喰らっているライオンズであるが、今年は一味違う。3試合連発となる森の20号本塁打でライオンズを勝ちに導

  • 表の攻撃で森がサヨナラホームランを放つ

    8月28日 日本ハム戦 乱打戦に森が終止符を打った。 ナイター設備がない釧路での試合、森の大きな飛球に日本ハムの西川は打球を見失った。その打球はバックスクリーン右へ飛び込む一発。 雨が降り雲に覆われた

  • 2エラーの中村がサヨナラの一打で取り返す

    8月24日 楽天戦 10勝目を懸けた高橋光成が先発。ランナーを出しながらも、3つの併殺を奪い粘りの投球を見せた。6回1/3を投げて2失点で勝ち投手の権利を持って降板した。しかし、8回に平井が追いつかれ

  • 森の渾身の3球三振

    8月23日 楽天戦 相変わらず不甲斐ない投球の今井が5回途中にリードしている場面で降板となった。しかし、リリーフ陣が踏ん張りリードを保ち、ライオンズが楽天との3連戦の初戦を勝利で飾った。 前回の試合で

カテゴリー一覧
商用