chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

cancel
鈴木の既読スキップ https://gameandbooknadonado.hatenablog.com/

なつかしのゲームから最新ゲームまで紹介していきます。人生のベストゲームは『ゼノギアス』。『バディミッションBOND』と『シェンムー』も大好きです。時々読んだ本の感想も投稿します。ぜひ気軽に見ていってください!

鈴木
フォロー
住所
未設定
出身
未設定
ブログ村参加

2022/04/23

1件〜100件

  • アニメ『シェンムー』第12話感想 エレベーターづくしの黄天楼

    敵味方関係なくとにかくエレベーターに乗りまくる 春アニメ『シェンムー・ジ・アニメーション』第12話が配信された。 ここでは原作ゲームを最新作『シェンムーⅢ』まで全てクリア済みの自分から見た、アニメ版の感想を語っていこうと思う。 第11話の感想はこちら。 gameandbooknadonado.hatenablog.com ウォンとジョイの決意 冒頭でウォンは涼を助ける理由として、そうすることで自分が変われるかもしれないからだと語った。 前回レンが涼に協力してくれている訳についても、同じ説明がされていた。 香港で暮らす上でいろいろなことを諦めざるを得なかった彼らの目には、掟破りな涼はただの常識知…

  • 『ドラゴンズドグマ ダークアリズン』おとぼけ覚者のプレイ日記 その2

    ドタバタ冒険活劇 その2 Switch版『ドラゴンズドグマ ダークアリズン』プレイ日記その2をお届けしたい。 前回の記事はこちら。 gameandbooknadonado.hatenablog.com 進行度としては竜征クエストの『霊廟に響く呪詛』をクリアしたところである。 いや~、面白い。 セールで990円(現在は4063円)という驚きの低価格で買ったことが申し訳ないほど、楽しませてもらっている。 Xbox One/Steamではまだセール中なので、プレイ環境が揃っている人はぜひチェックしてみてもらいたい。 さて、この「おとぼけ覚者のプレイ日記」では初見プレイの感想をネタバレありでつづってい…

  • アニメ『シェンムー』第11話を見た感想 旅は道連れ in 九龍

    愛すべき友が増えていく 春アニメ『シェンムー・ジ・アニメーション』第11話が配信された。 ここでは原作ゲームを最新作『シェンムーⅢ』まで全てクリア済みの自分から見た、アニメ版の感想を語っていこうと思う。 第10話の感想はこちら。 gameandbooknadonado.hatenablog.com レンがめちゃめちゃいいヤツに 好感度があがる一方 ようやく見つけ出した朱元達を斗牛にさらわれてしまった涼。 黄天会の根城である黄天楼に連れて行かれたと知り、潜入するため危険な地下闘技場でのバトルに身を投じる。 闘技場に向かうにあたり、涼はレンに対して、危険だからこれ以上は付いて来なくていいと告げる。…

  • 『ドラゴンズドグマ ダークアリズン』おとぼけ覚者のプレイ日記 その1

    ドタバタ珍道中の幕開け 現在『ドラゴンズドグマ ダークアリズン』をプレイしているが、進行度でいうと竜征クエストを請け負い、それをサブクエと同時進行で進めている段階である。 先日、続編である『ドラゴンズドグマ2』の制作が発表され、現在各ハードでは10周年記念として本作『ドラゴンズドグマ ダークアリズン』のセールが行われている。 自分はSwitchのセールで購入し、その際に紹介記事も書いている。 苦労したキャラメイクについても大いに語っているのでよければ読んでみてほしい。 gameandbooknadonado.hatenablog.com 初見プレイで、攻略などは見ていないため、あらゆる面で効率…

  • 『ドラゴンズドグマ2』製作中!10周年ファンミーティング感想

    10年待ってたファンも!期待の続編 6月17日朝7:00より『ドラゴンズドグマ10周年ファンミーティング』がYoutubeのCapcomChannelにて配信された。 『ドラゴンズドグマ』ディレクターの伊津野英昭氏を中心とした開発者座談会のような内容となっており、同シリーズがどんなコンセプトで作られたのかなどが語られた。 ファン以外も楽しめる番組だという触れ込みがあったため、『ドラゴンズドグマ ダークアリズン』の序盤をプレイしている段階の自分でもついていける内容だろうと思って視聴した。 元々ゲームに限らずエンタメ作品の制作裏話には興味があるので、その意味でも期待していた。 ネタバレなしにホッと…

  • アニメ『シェンムー』第10話を見た感想 九龍城を駆け抜けろ!

    九龍城という響きだけでワクワクする 春アニメ『シェンムー・ジ・アニメーション』第10話が配信された。 ここでは原作ゲームを最新作『シェンムーⅢ』まで全てクリア済みの自分から見た、アニメ版の感想を語っていこうと思う。 第9話の感想はこちら。 gameandbooknadonado.hatenablog.com 九龍城がわりと近場 文武廟を後にして朱元達の手がかりを知るレンの元に向かった涼。 2人は九龍にいる情報屋のヤンの店を尋ねる。 ゲームでは涼はバスに乗って九龍城へと向かい、まったく新たなステージとして九龍編が始まる。 だがどうやらアニメでは九龍はそこまで離れてはいないようだ。 手錠の鍵開けも…

  • Xbox & Bethesda Games Showcase注目タイトル『Pentiment』中世ドイツの画家となり、殺人事件の謎を追え

    主人公は修道院で働く画家 6月13日早朝、Xbox & Bethesda Games Showcaseが配信された。 『ペルソナ』シリーズの移植や、小島監督が新作を制作中だとのアナウンス、そして『Starfield』の詳細が明かされるなど話題に事欠かない発表会であった。 その中でも自分が注目したのは『Pentiment』である。 どうやらペンティメント、と読むようだ。 中世ドイツの修道院で画家として働く主人公が、殺人事件の調査に乗り出すという珍しい設定のアドベンチャーゲームである。 特にビジュアルが特徴的で、作品世界は2Dのイラストで表現されており、そのタッチは主人公が描いている中世の写本その…

  • ゲーム『バディミッションBOND』ドラマCDは”聴くバディミ2”!4人の活躍がもっと見たいプレイヤーへのベストアンサー

    その手があったか!ドラマCDという選択肢 『バディミッションBOND』(任天堂/Switch/2021年)は稀に見るほど完成度の高いストーリーが描かれた傑作アドベンチャーゲームである。 少年マンガを思わせる熱い展開の連続、そして緻密に張り巡らされた伏線が鮮やかに回収されていく様に、言葉もなく見入ったプレイヤーは多いことだろう。 以前、『バディミッションBOND』がプレイヤーの支持を受けている理由を自分なりにまとめたのがこの記事である。 よければ読んでみてもらいたい。 gameandbooknadonado.hatenablog.com 迎えたエンディング、そしてバディエピソードとサイドエピソー…

  • 来てほしい!「Summer Game Fest」で期待しているゲームの発表

    ゲーム業界の夏祭り! 「Summer Game Fest」が日本時間6月10日3:00(早朝)より幕を開ける。 このイベントがどういうものか簡単に言うと、毎年6月に行われる世界的なゲームの発表会であり、E3と同時期に開催されている。 今年はE3が中止となったため、実質この「Summer Game Fest」が最も注目すべきゲームイベントとなったと言えるだろう。 日本からでもthegameawardsの公式youtubeから配信を視聴することができるが、リアルタイムで見るのはなかなか厳しい時間帯だ。 自分もおとなしく寝て、明朝を楽しみにするつもりだ。 しかしただ眠ってしまうのももったいない。 そ…

  • アニメ『シェンムー』第9話を見た感想 まちがいだらけの茶碗陣

    一度はやってみたい茶碗陣 春アニメ『シェンムー・ジ・アニメーション』第9話が配信された。 ここでは原作ゲームを最新作『シェンムーⅢ』まで全てクリア済みの自分から見た、アニメ版の感想を語っていこうと思う。 第8話の感想はこちら。 gameandbooknadonado.hatenablog.com 涼のサイフが初登場 教わったばかりの茶碗陣を街中でさっそく試してみる涼。 待ち続けたあと、なにも起こらなかったことにがっかりし、ため息をついて店主にこう告げる。 「すみません、お勘定を」 まず、なにか注文していたのだということに驚いた。 茶碗は空のようだったからお茶を4杯頼んだというわけでもなさそうだ…

  • State of Play 6.3.2022『ストリートファイター6』のワールドツアーが面白そう!

    アドベンチャー?ひょっとしてRPG? 本日6月3日朝7:00より、『State of Play 6.3.2022』が配信された。 『State of Play』とはPlayStationのゲームに関する発表を行う配信番組である。 今回の『State of Play』は『バイオハザード4』のリメイクを始めとして『ファイナルファンタジー16』の新映像など盛りだくさんの内容であった。 その中でも自分が注目したのは『ストリートファイター6』の発表である。 とはいっても、自分は格闘ゲームプレイヤーというわけではない。 トレーラーの中で紹介された「ワールドツアー」というモードが大変気になったのである。 ワ…

  • Switchセールで990円!『ドラゴンズドグマ ダークアリズン』で全力キャラクリエイトに挑め

    ほぼキャラクリのことしか語っていない 『ドラゴンズドグマ』シリーズ10周年を記念して、現在Switch版の『ドラゴンズドグマ ダークアリズン』DL版が990円セールを行っている。 本作のオリジナル版はPS3とXbox360で発売された『ドラゴンズドグマ』である。 追加要素を加えて発売されたのが『ダークアリズン』であり、現在PS4/Switch/X box one/Steamで遊ぶことができる。 今回はそのうちSwitch版のみのセールとなる。 『ドラゴンズドグマ』は良作との評判を聞いていたので、ずっとこのゲームをプレイしてみたいと思っていたのだが、プレイ環境が整っていないと思いこんでおり、ネッ…

  • アニメ『シェンムー』第8話を見た感想 99年早いんだよ!

    やたら映る急須 春アニメ『シェンムー・ジ・アニメーション』第8話が配信された。 ここでは原作ゲームを最新作『シェンムーⅢ』まで全てクリア済みの自分から見た、アニメ版の感想を語っていこうと思う。 第7話の感想はこちら。 gameandbooknadonado.hatenablog.com 99年どこから出てきた? 今回、ジョイと芳梅の口から「99年早い」という言葉が出てきたが、これは原作ゲームにはない言い回しである。 これまでのアニメの中にも登場していない。 シェンムーの生みの親、鈴木裕氏の代表作の1つ『バーチャファイター』のアキラというキャラクターの決め台詞に「10年早いんだよ」というものがあ…

  • アニメ『シェンムー』第7話を見た感想 恋しい「右だ」「左だ」

    フロントをすり抜ける方法を紹介したい 春アニメ『シェンムー・ジ・アニメーション』第7話が配信された。 ここでは原作ゲームを最新作『シェンムーⅢ』まで全てクリア済みの自分から見た、アニメ版の感想を語っていこうと思う。 第6話の感想はこちら。 gameandbooknadonado.hatenablog.com 第7話では桃李少老師こと紅秀瑛に認められようとする涼が、4つの武徳を知るために武術家を探し出そうとする。 宿代を払わない涼 方来旅社に戻った涼は、主人に宿代を払うように言われて途方に暮れる。 ゲームではバッグを奪われた際に所持金もすべて取られたという設定で、涼は一文無しになるのだが、アニメ…

  • アニメ『シェンムー』第6話を見た感想 みんな大好き強キャラ老人

    中国といえば、やはり思い浮かべるのはこれである 春アニメ『シェンムー・ジ・アニメーション』第6話が配信された。 ここでは原作ゲームを最新作『シェンムーⅢ』まで全てクリア済みの自分から見た、アニメ版の感想を語っていこうと思う。 第5話の感想はこちら。 gameandbooknadonado.hatenablog.com 第6話ではついに香港へたどり着いた涼が、陳大人から紹介された桃李少老師の居所を探すために奔走する。 イベントも初登場のキャラクターも盛りだくさんな回である。 広東語を話す涼 ジョイのセリフから、涼の使う中国語は広東語だということが明らかになる。 よく見れば涼が手に持っている緑色の…

  • 人面魚育成ゲーム『シーマン』とコラボ!チルドコーヒー「マウントレーニア」を買ってきた

    突然のコラボに驚きと喜びを隠せない 伝説の人面魚育成ゲーム『シーマン』とチルドコーヒー「マウントレーニア」が奇跡のコラボレーションを果たしている。 対象商品は、5月9日から発売されている「マウントレーニア カフェラッテ エスプレッソ ~深い癒やし水景パッケージ~」である。 商品パッケージについているQRコードを読み取ることで、キャンペーンページへ飛ぶ。 カメラを起動し商品ラベルの写真を読み取ると、美しい水の中の光景をARで見ることができるようになっている。 シーマンはランダムで出現し、全4種類のセリフを話してくれる。 間違えずに買おう 「マウントレーニア」には商品バリエーションが数種類あるため…

  • 任天堂配信「Indie World 2022.5.11」個人的注目作『Card Shark』イカサマでトランプゲームに勝ちまくれ

    悪い貴族を相手に鮮やかにイカサマを仕掛けよう 5月11日23:00より「Indie World 2022.5.11」が任天堂公式チャンネルから配信された。 今後Switchで配信・発売予定のインディーゲームを紹介する番組であり、続報から新発表のものまで数多くの作品が紹介された。 その中でも自分が一番注目したのは『Card Shark』(販売元:Devolver Digtal)である。 本作は18世紀のフランスを舞台としたアドベンチャーゲームである。 プレイヤーは貴族たちを相手に、カードゲームに勝つためにありとあらゆるイカサマを駆使して戦う。 まずこの設定だけで個人的には興味津々である。 自分は…

  • アニメ『シェンムー』第5話を見た感想 横須賀の愛すべき友たち

    涼のリュックサックは第1話で空手大会に行く際にも登場している 春アニメ『シェンムー・ジ・アニメーション』第5話が配信された。 ここでは原作ゲームを最新作『シェンムーⅢ』まで全てクリア済みの自分から見た、アニメ版の感想を語っていこうと思う。 第4話の感想はこちら。 gameandbooknadonado.hatenablog.com 第5話では貴章との勝負から香港への旅立ちまでが一気に描かれており、オリジナル要素もふんだんに盛り込まれ、スピーディーかつダイナミックに物語が展開する。 大活躍する麻衣とゴロー、そしてマーク 3人の奮闘は完全にアニメオリジナル展開である。 彼らが一体どうするつもりなの…

  • 今すぐ食べたい!?印象深い「ゲーム飯」3選

    美味しそうでも、その反対でも印象に残るゲーム飯 名作ゲームの中には、食事シーンが登場するものや、自分で料理を作って食べることができるものも多い。 自分はそういった場面に出くわすと、その世界でどんなものが食べられているのか興味津々でメニューをチェックしてしまう。 架空の食品が出てくるのも面白いが、特に現実に存在する料理が出てくるとうれしくなる。 作品にリアリティが増し、世界観がつかみやすくなるうえ、それを食べているキャラクターたちにも親しみを感じるようになってくるからだ。 また、アイテムを作るクラフト要素のあるゲームは多いが、それが料理となると途端に楽しげな雰囲気が出てくるように感じる。 選択肢…

  • アニメ『シェンムー』第4話を見た感想 おまちかねフォークリフト

    世界中のファン待望のフォークリフト回 春アニメ『シェンムー・ジ・アニメーション』第4話が配信された。 父宛の手紙にその名が書かれていた陳大人に出会い、手紙の差出人・朱元達が香港にいると知った涼。 父と朱元達とを結ぶ重要なアイテムである石で出来た2枚の鏡のうち、龍鏡は藍帝が持ち去った。 残りの1枚である鳳凰鏡を見つけ出した涼は、父の足跡を追って香港に渡ることを決意する。 第3話の感想はこちら。 gameandbooknadonado.hatenablog.com 第4話では、香港への旅費を稼ぐために港で働き始める涼が描かれる。 ・無事だった豚の貯金箱 香港行きの資金が足りない涼に、兄弟子の福さん…

  • PS4『シェンムーⅠ&Ⅱ』が70%OFF!1,316円で横須賀と中国を駆け巡ろう!

    十分元がとれる、断言したい セガのゲームのGWセールがいよいよ始まった。セール期間は4月27日(水)~5月11(水)となっている。 好評配信中のアニメ『シェンムー・ジ・アニメーション』の原作ゲーム、PS4ソフト『シェンムーⅠ&Ⅱ』もセール対象作品となっており、PlayStation Storeにて定価4,389円のところを70%OFFの1,316円で購入できる。 ・『シェンムーⅠ&Ⅱ』とは 『シェンムーⅠ&Ⅱ』は元々ドリームキャストで発売された『シェンムー 一章 横須賀』とその続編である『シェンムーⅡ』を1本にまとめたソフトである。 父の仇である藍帝を追って、主人公の涼が長い旅に出る物語である…

  • アニメ『シェンムー』第3話を見た感想 まばたきする間に第8倉庫潜入

    おばちゃんに足を向けては寝られない 春アニメ『シェンムー・ジ・アニメーション』第3話が配信された。 殺人の濡れ衣を着せられ殺害された父の潔白を証明するため、独自に調査をはじめた涼。 その手がかりとなる父宛に届いた中国語の手紙を読める人物を訪ねて商店街の一軒の店を訪れる。 ・たばこ屋のおばちゃん、ありがとうございます 手紙に書かれていた電話番号に、涼は商店街のたばこ屋にある公衆電話から連絡する。 不審に思われ電話を切られてしまうが、様子を見ていたたばこ屋の店番のおばちゃんから、104に問い合わせれば電話番号から住所を調べることができるという助言を受ける。 ゲームと同様、アニメでも高齢者が活躍する…

  • Switchオンライン加入者なら無料!『バディミッションBOND』でGWは熱く過ごそう!

    『バディミ』で過ごすGW、考えるだけで最高である 任天堂公式よりNintendo Switch Online加入者向けのサービス、「いっせいトライアル」の対象作品が『バディミッションBOND』となることが発表された。 「いっせいトライアル」とは期間中に対象タイトルが遊び放題となるサービスであり、今回はGW中、4月28日(木)12:00~5月5日(木・祝)までの一週間に行われる。 ・いちファンとしての喜び この発表を聞いた時に、まず「これで『バディミ』をプレイする人が増える!」という単純な喜びが胸にこみ上げてきた。 本作は自分にとって2021年発売のゲームの中で一番の傑作であり、このブログでも何…

  • 『ルナティックドーン 前途への道標』初心者向けおすすめ攻略法・その2

    レアアイテムを独り占め! PCゲーム『ルナティックドーン 前途への道標 Passage of The Book』(アートディンク/1997年)はWindows95用に発売されたRPGである。 現在、Steamで1,650円で販売されており、今からプレイすることも可能な作品となっている。 前回に引き続き「初心者向けおすすめ攻略法・その2」と題して、自分のプレイスタイルについて語ると共に、このシリーズの魅力についても紹介していけたらと考えている。 『ルナティックドーン』がどういったゲームであるかは、前回の記事で説明しているので、そちらをぜひ参照してもらいたい。 gameandbooknadonad…

  • アニメ『シェンムー』第2話を見た感想 気分はまるでドブ板同窓会

    謎の手紙を読める人を探すシーンは原作ファンなら見逃せない 春アニメ『シェンムー・ジ・アニメーション』第2話が配信された。 第1話では父が過去の因縁で殺害され、涼がその真相を知るため独自に調査に乗り出そうと決意するまでが描かれていた。 第2話では、父宛てに届いた中国語で書かれたとおぼしき手紙について調べ始める。 ・『シェンムー3』のキャラクターが登場 中国の少女シェンファ視点のシーンには、『シェンムー3』のキャラクターが登場した。 あいさつをした大柄な男性、シェンファに話しかけた青年、そして昔語りの葉(ヨウ)ばあさん、子どもたち。 彼らはみな『3』で涼が出会うことになる人々である。 アニメでは『…

  • ゲーム『十三機兵防衛圏』プレイヤーはなぜ「焼きそばパン」のことしか話さないのか?

    サブリミナル焼きそばパン いよいよ4月14日(木)に発売される『十三機兵防衛圏』(Switch/アトラス)。 元々はPS4で2019年に出たゲームであり、Switch版はその移植作となる。 ・高評価アドベンチャー 本作はPS4版発売当初からネット上の口コミや、ゲームメディアでのレビューなどでそのシナリオの面白さが評判になっていた。 様々なゲームの授賞式でもこのタイトルの名が挙がっていたので、それをきっかけに本作を知った人もいるだろう。 その高評価を受けて、今回Switch版が出るのをきっかけに『十三機兵防衛圏』の世界に触れてみようかと検討している人も多いと思われる。 ・ネタバレ厳禁 だが、購入…

  • ゲーム『シェンムー』の世界へようこそ!初心者向けおすすめガイド

    生活感のある横須賀、ハラハラドキドキの中国が描かれる 4月7日よりアニメ『シェンムー・ジ・アニメーション』の配信が始まった。 アニメを視聴した人の中には、元々『シェンムー』というタイトルだけは知っていた人や、春アニメのひとつとして『シェンムー・ジ・アニメーション』をなんとなくチェックしてみたというアニメファンの人もいるだろう。 今回はそんなシェンムー未プレイで原作に興味を持った人に向けて、シリーズの魅力を紹介していきたい。 ・生活感のかたまり、『シェンムー』 ゲーム『シェンムー』の歴史は1999年にドリームキャストで出た『シェンムー 一章 横須賀』から始まる。 最新作は2019年に出た『シェン…

  • アニメ『シェンムー』第1話を3回見た感想 ふとん屋の絶大なるインパクト

    ふとん屋の存在感が大きかった第1話 4月7日より春アニメ『シェンムー・ジ・アニメーション』の配信が始まった。 原作は1999年から続くゲームシリーズ『シェンムー』であり、高校生の芭月涼が父の死の謎を追って地元である横須賀を旅立ち、中国を旅する長い物語が描かれている。 自分はアニメの制作が発表されてから今日まで、配信を指折り数えて待っていた。早速続けざまに3回視聴したので、その感想を語っていきたい。 ・事件の前が描かれるアニメオリジナル要素 ゲームは冒頭から父が殺されるシーンが描かれていたが、アニメでは事件前の平和な光景を見ることができた。 芭月家が勢揃いし、涼を囲んで和やかなやりとりが交わされ…

  • 『ルナティックドーン 前途への道標』初心者向けおすすめ攻略法・その1

    こういうでモニターで遊んだ 『ルナティックドーン 前途への道標 Passage of The Book(以下、前途への道標)』は1997年にアートディンクから発売されたPCゲームである。 シリーズ作品でもある『ルナティックドーン』の中でも「前途シリーズ」と呼ばれる連作の第2作目にあたる。 第1作目の『ルナティックドーン 開かれた前途 The Book of Futures』もプレイ済みだが、ここではよりやりこんだ『前途への道標』の初心者向けおすすめ攻略法について語っていきたい。 あくまでも自分の中で最適化された攻略法のため、おそらくもっと効率的なやり方はいくらでもあるだろう。参考程度に読んでも…

  • 『ゼルダの伝説ブレスオブザワイルド』そのとき自分は、たしかにリンクになったのだ

    そこに山があるから登るのだ 『ゼルダの伝説ブレスオブザワイルド(以下、ブレワイ)』(任天堂/Switch/2017年)は、もはや説明不要の名作である。 発売して5年経つ今でも日々新たなプレイヤーを生み出し続けている。 ブレワイをプレイした人たちにとって、このゲームで一番心に残った場面はどこだっただろう。 回生の祠を出て、ハイラルの大地が目前に広がっていた瞬間だろうか。 それともパラセールを手に入れて初めて滑空した瞬間だろうか。 バトル好きの人なら、ライネルを倒した瞬間かもしれない。 だが自分にとって一番の瞬間、それはどことも知らない山に登って、朝日が昇るのを見た時であった。 自分のプレイはとに…

  • 『ファイアーエムブレム 風花雪月』ティーカップ&茶葉が発売。自宅で目指せ「PERFECT TEA TIME」!

    キャラと仲良くなるとどんどんお茶会が豪華になっていく 『ファイアーエムブレム 風花雪月』(任天堂/Switch/2019年)に登場するティーカップ&茶葉の予約販売がスタートした。 なお、現在4/5(火)の時点では公式HPでは「在庫なし」になってしまったようで、 この記事は参考までに読んでいただき、いつか発表されるかもしれない再販のアナウンスを待ってほしい。 ・セットは2種類 2種類のセットが用意されており、1つ目はゲーム中のお茶会に登場するティーカップ&ソーサー1客とオリジナルブレンド茶葉がセットになったもので、パッケージにはベレト(男主人公)が描かれている。 2つ目はキャラクターたちが好む茶…

  • 『星のカービィディスカバリー体験版』疲れた大人も癒やされる任天堂の「おもてなし」

    インパクト絶大な車ほおばりヘンケイ 3月25日に発売された『星のカービィ ディスカバリー』(任天堂/Switch)。 キュートなピンク色のキャラクター・カービィを操作して3Dマップを進んでいくアクションゲームである。 自分はこれまでカービィ作品に触れたことはなかったのだが、今作の目玉システムである「ほおばりヘンケイ」のビジュアルに衝撃を受け、ずっと本作が気になっていた。 このたび体験版が配信されていたので、早速プレイしてみることにした。 ・かんたん操作でサクサク進む 操作はシンプルで、左スティックでの移動と、Aボタンでのジャンプ、そしてBボタンでの攻撃。これだけでマップを進んでいくことができる…

  • PSゲームサブスク「PS Plus Premium」で遊べたら嬉しい初代PSタイトル3選

    思い出のクラシックゲームを振り返る機会でもある 長い間噂されてきたプレイステーションのゲームサブスクが6月よりついに開始される。 従来のPS PlusのサービスとPS Nowが統合された内容になるようだが、金額に応じてプランは3つに分かれるようだ。 個人的に最も気になったのは、最上級プランである「PlayStation Plus Premium」である。 なぜなら、このプランでは初代PlayStation、PS2、PS3、PSPのタイトルが最大240本も遊べるとの発表があったからである。 気の早い自分は、どのタイトルが遊べるのか考え始めている。 4つのハードで240本ということは、均等に割り振…

  • 初代『ライフイズストレンジ』が愛され続ける理由を考えてみる

    主人公マックスが愛用するレトロなポラロイドカメラ 『ライフイズストレンジ』(スクウェア・エニックス/PS4/PS3/iOS/Android/2016年)はアメリカの高校を舞台に、時間を巻き戻す超能力を手に入れた少女マックスと親友のクロエが女子学生の失踪事件を追うアドベンチャーゲームである。 『ライフイズストレンジ』シリーズの初代にあたり、現在もリマスター版である『ライフイズストレンジ リマスターコレクション』の開発が進められているなど根強い人気を持つ作品となっている。 ではなぜ本作はここまで愛され続けているのだろうか。その理由を考えてみた。 以下の3点を『ライフイズストレンジ』のキーポイントと…

  • ゲームセンターCXで紹介!ゲーム『ICO』不朽の名作、その魅力とは

    有名なキャッチコピー「この人の手を離さない。僕の魂ごと離してしまう気がするから。」 3月24日放送のフジテレビONEにて放送中の『ゲームセンターCX』で名作ゲーム『ICO』がプレイされる。 よゐこの有野晋哉氏がゲームに挑戦するバラエティ番組であり、その最終回で『ICO』が取り上げられるということだ。 『ICO』を始めとする『ワンダと巨像』『人喰いの大鷲トリコ』などのゲームクリエイター上田文人氏の作品に思い入れのある自分としては、大変嬉しいニュースである。 今回は自分が思う『ICO』の魅力について紹介していきたいと思う。 ・どんなゲームか 『ICO』(SCEI(現SIE)/PS2/2001年)は…

  • スクエニ新作実写ミステリ『春ゆきてレトロチカ』への期待を語る

    犯人はあなただ!ができるゲーム 2月10日のニンテンドーダイレクトにて発表された、5月12日発売予定の実写ミステリアドベンチャーゲーム『春ゆきてレトロチカ』(スクウェア・エニックス/Switch/PS4/PS5/PC)。 本作は自分がニンダイの中で最も興味を惹かれたゲームであり、今では2022年発売予定のソフトの中で一番楽しみな作品となっている。 今回はそんな『春ゆきてレトロチカ』への期待について語っていきたいと思う。 まずなにより、実写のゲームが発表されたということに驚いた人たちも多いだろう。自分もその映像のインパクトに度肝を抜かれた一人である。実写のゲームにはめったにお目にかからない上、今…

  • 【読書】BSジャパン/若林正恭:編『ご本、出しときますね?』読了。小説家たちの爆笑本音トーク!

    小説家たちのおもしろトークが炸裂する この本はBSジャパンで放送された番組、『文筆系トークバラエティ ご本、出しときますね?』を書籍化したものである。元となる放送内容は、オードリーの若林正恭氏が司会を務め、小説家2名を招いて行われるトークバラエティであったようだ。そんな面白そうな番組があるならぜひ見てみたかった。 とはいえ、この本では小説家が話したトーク内容が(おそらく)そっくりそのまま載っているため、放送を見逃した自分にもそのライブ感を味わうことができた。 ・若林氏のファンになりそう 登場する小説家2人は元々若林氏と知り合いであったり、互いが顔見知りであったり、知り合いの知り合いだったりと、…

  • 『刀剣乱舞無双 体験版』プレイ感想。これがあの有名な「とうらぶ」!

    長い人気を誇るコンテンツ 現在絶賛販売中の『刀剣乱舞無双』(Switch/PC/DMM GAMES)。 その体験版をプレイしてみたのでその感想を話していきたい。 なお、原作『刀剣乱舞-ONLINE-』を始めとする各種メディアミックスには全く触れたことがなく、紅白歌合戦やミュージックステーションに出演したのを見かけたくらいである。 だが、Twitterで「新刀剣男士」がトレンド入りしているのをよく見かけるので、根強い人気を誇る作品であるのだなと常日頃から思っていた。 そのため、『刀剣乱舞無双』については発表時から関心があり、情報が公開されるたびにチェックもしていた。システムについては概ね把握でき…

  • 知られざるフロムゲー!ゲーム『Déraciné(デラシネ)』を紹介したい

    プレイヤーは人には見えない妖精になる ぜひとも知ってほしい作品がある。 それは『Déraciné(デラシネ)』(2018年ソニー・インタラクティブエンタテインメント/PS4)という隠れた名作だ。 株式会社フロム・ソフトウェアの宮崎英高氏がディレクターを務めたこのゲームは、同社が制作している大人気の『エルデンリング』や『DARK SOULS』シリーズのような高難易度のアクションゲームではない。アクション要素は一切ない、PSVR専用の一人称視点の3Dアドベンチャーゲームである。 物語の舞台となる寄宿舎学校は19世紀ヴィクトリア朝イギリスの洋館を彷彿とさせる建物であり、穏やかな秋の日差しに包まれた、…

  • ゲーム『シェンムー』シリーズファンがアニメ版への期待を語る

    物語のはじまりの舞台は横須賀 伝説のゲーム『シェンムー』がアニメ『Shenmue the Animation』になって帰ってきた。 4/7(木)より配信スタートし、全13話で構成される。対象の動画サービスについては詳細は公式サイトや公式Twitterを参照してもらいたいが、契約無しで見られるサイトとしてはニコニコチャンネルなどが挙げられるだろう。 『Shenmue the Animation』はシェンムーシリーズ3作品の内、1作目『シェンムー 一章 横須賀』と2作目の『シェンムーⅡ』のストーリーを元に作られている。 主人公である芭月涼(はづき・りょう)が殺された父の仇を追って中国へと旅立ち、様…

  • 『Pokémon LEGENDS アルセウス』に登場するイモモチについて調べてみた

    美味しそうなイモモチは北海道産 『Pokémon LEGENDS アルセウス』(任天堂/Switch)、現在の進行状況は3つ目のエリアに行ったところである。 作中でどんなポケモンよりも自分の心を捉えて離さないもの、それは「イモモチ」である。 本作ではイベントの節目節目に主人公とラベン博士、ショウもしくはテルの3人で食堂イモヅル亭に向かい食卓を囲むシーンが登場するが、必ずラベン博士が注文するのが「イモモチ3人前」となっている。卓上には山盛りのイモモチ、野菜の煮物らしきもの、そして白米と思われるどんぶりが並べられる。 また、このイモモチはイモヅル亭の看板メニューであるようで、主人公の属するギンガ団…

  • ゲーム『バディミッションBOND』はなぜこんなに人気があるのか?

    主人公は正義感にあふれたルーク・ウィリアムズ警部補 昨日のファミ通・電撃ゲームアワード2021授賞式にて、『バディミッションBOND』(任天堂/Switch)は4部門にノミネートされ、その中でアドベンチャー部門最優秀賞を受賞した。 また、同作は昨年10月に行われた日本ゲーム大賞2021で優秀賞も受賞している。 どちらの賞も一般投票を行ったのち、選考委員会によって受賞作が決定する方式を取り入れている。一定数の票を集めることの出来る本作は高いユーザー支持を得ているゲームであると言えよう。 だが、これらの受賞結果を見たゲームプレイヤーの中に、『バディミッションBOND(以下、『バディミ』)』というタ…

  • 祝アドベンチャー部門受賞!こんな人におすすめ!ゲーム『バディミッションBOND』

    警部補ルーク・ウィリアムズ率いるチームBONDの大活躍を描く 本日授賞式が執り行われたファミ通・電撃ゲームアワード2021。 そのアドベンチャー部門を受賞した『バディミッションBOND』。今回初めてこのタイトルを耳にしたという人も多いだろう。 『バディミッションBOND』は、2021年1月29日に発売された、開発元:コーエーテクモ、販売元:任天堂のSwitch専用アドベンチャーゲームである。 現在、0章~1章まで約3時間ほどプレイでき、本編に引き継ぎ可能な体験版が配信されているため、ちょっとでも興味のある人は是非ダウンロードしてもらいたい。 さて、この『バディミッションBOND(以下、『バディ…

  • ファミ通・電撃ゲームアワード2021『バディミッションBOND』は受賞なるか?

    特にシナリオ章を獲ってほしい 明日3月12日に発表を控えているファミ通・電撃ゲームアワード2021。 自分が2021年のベストゲームだと思っている『バディミッションBOND』(任天堂/Switch)は何らかの賞を受賞できるのか、過去の受賞作品もふまえて、考えてみた。 まず、『バディミッションBOND(以下、『バディミ』)』がノミネートされている部門を挙げてみる。 ・シナリオ部門 ・ボイスアクター部門→浪川大輔氏(チェズレイ役としてのノミネート) ・アドベンチャー部門 ・ルーキー部門 以上の4つの部門である。 どの部門でも『バディミ』に受賞してほしいが、個人的に特にこれを獲ってほしいという賞を挙…

  • 『ヴァルキリープロファイル』シリーズが帰ってくる!『ヴァルキリーエリュシオン』発表への期待

    女神ヴァルキュリアとなって戦士たちの魂を集めるゲーム 昨日のState of Playで一番嬉しい発表だったのは、『ヴァルキリーエリュシオン』。 初代の『ヴァルキリープロファイル』、続編の『ヴァルキリープロファイル2 シルメリア』もプレイしている。『ヴァルキリープロファイル 咎を背負う者』は未プレイ。 一番気になるのはエインフェリアがどうやって登場するのか。トレイラーを見ると、ヴァルキリーが一人で敵と戦っていて、ジャンルもアクションRPGに変わったということだし、過去作のようにエインフェリアと一緒に戦うことは無いのかもしれないと思えた。だが、もしかすると味方AIとして一緒に戦ってくれるようなこ…

ブログリーダー」を活用して、鈴木さんをフォローしませんか?

ハンドル名
鈴木さん
ブログタイトル
鈴木の既読スキップ
フォロー
鈴木の既読スキップ

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用