chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

cancel
歌詞のようなブログ(商標登録第6332108)/夏井くわみ https://lyricsworld111.jp/

私が書いた歌詞のようなフレーズのどこかがあなたのこころにふれますように。なお私の作品は評価を期待するものではないこと、解釈を特定するものではないことをご了承ください。

夏井くわみ
フォロー
住所
未設定
出身
未設定
ブログ村参加

2022/01/11

arrow_drop_down
  • 遊糸(あそぶいと)

    ■遊糸(あそぶいと)季節のゆびさきに ふたりひるがえる光の輪くるり日の指す方向に そっと振り返るささやく輪ふわりもう思い出の顔をする変わったよ 変わったよ 届かぬ世界へただ見上げているよわたしには今もきれいな 遊糸(あそぶいと)があなたにはただの蜘蛛の巣になったなんとなくあなたと そっぽ向いている逃げる輪ちらり愛と言ったら 嘘ついてるようねこちらこそ こちらこそ 悲しい世界へただ話しかけてるよこころをゆ...

  • ただの紙切れをプレミアムチケットにするのは僕たちだ

    ■ただの紙切れをプレミアムチケットにするのは僕たちだ演歌歌手だって ロックが好きさ心の弦が全部切れても 僕はがなる歌が下手だって がんばっている夢にすがるこんな姿が 演歌だろう僕のまわりじゃまた小競り合いが始まるドラムが床をころがるような毎日営業をはしごする これこそロックさ熱放出することを 忘れたら身近なひとまで遠ざけるただの紙切れをプレミアムチケットにするのは僕たちだ誰もがみんな 絵筆を持って...

  • YESing

    ■YESing倒れてはじめて 起きあがれる涙のさきに YES YES YES YESingこの惑星(ほし)を きらめかせるのはそうさ僕らさ YES YES YES YESing転んでおぼえる 痛みからきっと僕らはわかることがあるんだかなしみってやつはツケモノ石さ 重さが 人生のうまみ 引き出す Go Go YES YES YESingもう楽しんじゃえ 迷っちゃっていいんだ 誰かと手を取れば世界がダンスしはじめるよ YESing遅すぎる時なんてものはないよ こころをは...

  • Ant Song

    ■Ant Song いい人のレッテルのもとにダメになる素質がある俺はまだ青二才 B級でいい 亜流のどこが悪い 見分けもつかずに列を作る 変わり映えない日々 だからこそ そこにドラマがあるんだ俺はまだ物わかりよくないぜ 君だってそうだろう誰かが優劣決めても そんなのに左右されないAnt Song アリはアリでいい 愛の中では誰もがちっぽけAnt Song アリはアリでいいなんか似たりよったりのアリでもAnt Song Ant Song 仮の姿に...

  • 恋にご執心

    ■恋にご執心サイフォンかサキソフォンかこの僕を呼んでいるのは男の曲がり角行くとりわけくたびれたスーツすりこむシェーブ・ローション朝がくると妙にまた老いぼれる正論よりもささる古いダーツ・バータイをゆるめ 時にさけぶ偏屈なりの黒ビールそういえば 人脈もガラリと変わった まるでチャツネのないカレーはカレーじゃないなんてすべてにうるさい君というスパイスが足りないまんじりともせずに 人生の会議はつづく「歌詞...

  • 星図鑑

    ■星図鑑僕らの星はきっとまだ生まれてないたおした自転車の車輪まわせば 銀河(ミルキーウェイ)それは図鑑にはない地図や辞書にもないだけど見失うより 僕はきみ見つけるだろうさよならなんて そうかんたんすぎて言えない燃えつきても かがやきはInfinity僕らは暗闇にいるだから光が見えるふれるきみの髪は流星のようにながれる出会い続けよう 違う空ふたり旅をしていてもそうReach each otherひとは宇宙のかけら抱きしめてい...

  • レストラン・シンジケート

    ■レストラン・シンジケート美食家の行き着くところは三つ星の名店ではない立ち飲みワインとありあわせ弾む会話があればいい路地にひっそり宝石のような飯にありつく誰にも会わないそんなところグルメはモグリもいいところそうだ きみのその食いっぷりだ僕が惚れているのは気っぷのいい女とどこへでも出かけてゆくご馳走はおしゃれでも 流行りでもないレストラン・シンジケート食べることはとても大事さひととしての在り方が問わ...

  • 人類初

    ■人類初Rise In Your Eyes あなたの目に朝陽がのぼるそのことだけ祈ってるFly In Your Sky 電車の窓そのかたちに毎日はこばれてもすれちがうためにあるような日々見つけて そこにわたしもいる人類初 愛したひとは人類初 無抵抗になって人類初 武器を捨てることが出来るの日射しの会話に手を伸べて心のまぶたに映るものが 私たちを目覚めさせるLive Your Story 自分を生きるのかなしいメモならばやぶいては書きかえてTouch Y...

  • ティ―カップをもう一客

    ■ティ―カップをもう一客イヤーカフ ツイードかれた口紅 ミントの雨あなたはカフェを出る 私は行かなかった それがさよならよ だってあなたがいけないわ 私を愛した 私はいつものようにアールグレイをのむ私の日々は まだ織りあがらない美しい布を交換するひととのかかわり そうありたいわ たぶん出会いを別れにおきかえただけしずかな あきらめが人生においては大事ね記憶に一瞬 のこれば 一生よ誰といても ふたりは...

  • Sac a Depeches

    ■Sac a Depechesサントノレ通りにはない光は身近にあるわ変わらずにいてくれる人がそばにいれば きっとAh なつかしい未来は古い 友だち忘れてもなおも ただひとつおぼえている声それはあなたであり 又はわたしであること Ah 今があるそのことを 日々に感謝したいの月日が経ったからこそ こうしてまた立ち話してる こころはAh 誇らしく いつまでもこの物語を守るの約束過ぎても やっと間に合ったそれでもあなたは 遅刻...

  • サリーヤ

    ■サリーヤ愛されなさい 男のまえで すがお見せたらArabic Blueに 浮かぶよサテンピンクの月麗しを麗しを奏でましょうサリーヤ サリーヤ 男の手をそっと取ってサリーヤ サリーヤ麗しを麗しを奏でましょうやさしくなさい 男はやがておまえにおちる花びら身を投げる 回廊影がしなだれる麗しを麗しを奏でましょうサリーヤ サリーヤ朝 瑞祥(ずいしょう)がとどく サリーヤ サリーヤ 麗しを麗しを奏でましょう天に祈りが届くころ...

  • RUBY

    ■RUBYウップン晴らしのように小競り合いひらめいて あとはどちからが口火をきるだけなのに気持ちなんてものはワイパーのむこう沈黙の隠れ蓑(みの)でふたり隔てながらもう愛のためにはさよならしか言葉がないくせにRUBY RUBY RUBY フロントグラスに大粒の雨つぶ 赤信号宿してまるで世界じゅうが RUBY RUBY RUBY叩きつけるEmergencyしらばくれる頬に したたる おわりのRUBY聞かれたくないことは言うはずもない同じところをまわ...

  • 恋文

    ■恋文ああ愛してます そう手紙をむすびさよならと書かぬ 最後のこれは恋文ですあなた待たせた月日(とき)わたしも長く待った ことわりではなかったそれはいとしさゆえの女ってわかりづらいの髪まで冷えても 指が 不自然に息づいてじきに逢魔が時思い当たる場所に ふたりはかがみ置くたて書きの便せんは雨これは恋文ですかなしみがまた咲く どんな花よりも二度と来ぬ季節の声をたどりふたり泣くあなたおもうためだけに 借り...

  • November

    ■Novemberしずかなことが欲しくなる指でまぜるモルトNovember 君のピアスの裏に涙がつたう落ち葉は さびしいとき落ち葉なの君が外したリングキャビネット November 何も言わないことがやさしさのように思えてくるNovember November 君がわかるその手 その目 November折れそなタバコでふざけた君は薔薇で...女神で...November 運がよくてもわるくてもわかれた孤独が 愛おしさを笠を着る君の台詞がまわる枯葉のキャラセルN...

  • 45度

    ■45度作詞 Tommy Shaw作曲 Tommy Shaw日本語詞 夏井くわみ君の唇のうごきで気持ちは伝わったよ離れゆくマリーナから僕はまた海へ行く金貨を撒く 光がむこうで導いてくれるからラダー手繰り 波の鏡に漕ぎだしてゆきたい風上に真っ直ぐには 進めない まるで人生ひとりでいてもみんなが乗り合わせてる愚かな男とわらえ夢をたどってゆくよ生きることに寄り添えばかなしみもよろこびもすべてを乗せて 旅は終わらないSail On Sai...

  • 思い出びいき

    ■思い出びいき 青森発の夜行フェリー着くころに欠航知った 函館はみぞれ遠ざかるものだけが なぜか近くて凍る低い空 あのひとうらんださよならきっとあれでよかったそう思わなきゃ 身の置きどころもない それでも時には 検索ワードがむねに急上昇するばかやろうなの私 今もあのひとの思い出びいき気づかせないこんな私知られたくないルージュをともせば 想いはしずむよだって切ない 今は家族 私呼ぶのは夜は見も知らぬ 女...

  • ラブ・レター

    ■ラブ・レター遺影の女から ことづてよあなたに告白よ手紙の代どく マスター お願いどうとでも読める I Love Youそこのあたり あなただけは わかってほしいのこれまで愛した男たちいろいろいたけれど世話の焼けるあなたのことがいつもどこかひっかかっていた言いっこなしよあのさよなら理由はわすれたひとの胸にはいつもさみしがりやが住んでて愛さずにいられないだれかのことをみんなスタイルがあったからそれぞれ楽しんだ...

  • パスワード

    ■パスワードあのときの 走りをわすれないベイエリア零時に メットをかえしたときにながれてく この髪にやさしくキスして ひき寄せた あなたのバイカー・ジャケットわたしたちが ただの他人にもどるあの日 特別じゃないことを特別にするのは わたしたちだと知った使ってるパスワードのなかであなたは今も生きつづけているの誕生日 あなたは更新するただの数字の 組み合わせなのに記憶に意味を持たせるのは ひとの美学な...

  • 送春歌

    ■送春歌翠(みどり)したたる頃 僕らは春にいたオールを漕ぐたびに 水面が織り返す何も思わずただ こころをかさね合いひとつのうたを 歌ったあんな日々僕らは変わらない 見られ方がそう 変わっただけのこと そう笑ったあいつは光になり またみんな呼び寄せた しごとのせいにした 不義理を詫びるおとなになるな 男になれ 褪せた色紙のあいつの言葉に 今も惚れるよ届かぬから先にゆけるのだと 弓のように 張りつめて あ...

  • 熾火(おきび)

    ■燠火(おきび)かなしみはとても燃えやすいからわたしはそれを暖炉に投げ入れるはやく灰になることを願って思い出という薪(まき)をそっとくべるあなたはかねてからそう言っていた自分に言い含めるように言っていた くるしむひとほど燃える火は大きいあの日わたしのなかであなたは死にました燠火(おきび)は私を凍えさえ想うしかないあなたをあたためるかなしみの手紙はとても長いわたしは読んでひとおもいに捨てるはずみで生まれ ...

  • 最後の札はかりそめの色

    ■最後の札はかりそめの色作曲:Vince Melamed作詞:Andrea Farber歌:Phoebe Snow日本語詞:夏井くわみ時計を巻きつけ ポーカーフェイスあなたはいつものように帰ってゆくの切り札は躱(かわ)される ためにあると知らずにあそぶ 哀しいゲームねピースはそろっても完全にならないつじつま合わせのかりそめを二人幸せと呼んだだけねブランデーにゆびを浸したあとテーブルにそっと 書くさよなら あなたマッチで火を点けて蒼く燃え...

  • コインランドリー

    ■コインランドリーそして十年 あなたとくらした三年をささいなことでふとした拍子に思い出すとき忘れるために ついやした僕の十年はまたもや帳消しにされて振り出しさあなたになぜか すべて 僕はわかられて別れるときも それがとてもつらかったよコインランドリーがまわる どこかで昔の音がするやまほど僕の洗濯はまだ終わらない つぶれかけてる 雑貨店のすみに光るアクセサリーあなたに似合うとおもうからトリートメント...

  • ポニー・テール

    ■ポ二-・テールあいかわらずなのね あなたに声かけるわたしとよく来てた カフェにいるなんて彼女にとり入って 親しくなったことあなただけ知らない この三人もようもう嫌われなさいよ それまであそぶのねこのポニー・テールにまた あなたはふりむくからといぎきするような こんな想いだってきれいになるわたしを はじめて知るでしょういじわるしたくなる 彼が出来たのってテーブルごしのあなた 妬かせて見つめたいもう...

  • モールス信号

    ■モールス信号北風のこだまがあたりをふるわす立体駐車場で 車を待ってるこんなとこであなたと出くわすなんて あなたは彼女連れ こっちはひとり 車がおりてくるのがやけに遅いあなたとつきあってる 頃に人前で内緒の話をする時は まばたきの モールス信号で 会話したっけ ※今さらあなたにそんなのやられても 困るわ 微笑みうつむく私もう逃げない もう隠れもしない でもあなたとの別れは変えられない 涙だって 後悔だって...

  • 点かないライター

    ■点かないライター話しかけているよこの点かないライターきみがわすれたもの手にふれてみるんだひとことを云えずにあのとき煙草何本けむりにしたさよならにながれたお願いだ 火よつかないでくれ苦しむだけの火よこの胸でもう二度とゆらめくな過去を燻(くゆ)らす ことにないようにきみと別れてから煙草が不味くなったひとは孤島みたいでも海の底つながってるねふいのやるせなさの手持ち無沙汰の場所に落としぬしの不明なこころどん...

  • 叫びは汝の祈りなり

    ■叫びは汝の祈りなり永遠プレビューばかり見てるようでも見えないものを手にしてるかも日々のひつぎを担ぎながらお前はからだを売るそれも立派なしごとだ俺はお前に神を見ることがある叫びは汝の祈りなり救いは汝の悟りなりようやく探した先にあったはずの愛がリンク切れでもナイフより澄んだ光はあきらめに宿ると知らずに欲しがるこころ客待ちのタクシーの行列のよう叫びは汝の祈りなり救いは汝の悟りなりお前といたなら今頃バカ...

  • 愛の唄をおしえてよ

    ■愛の唄をおしえてよ誰もわからない こころの行方さえ誰が知るだろう なにもわからない完全なことは 言葉に出来なくて昔を知りすぎれば 今を知らない愛の唄をおしえてよ 唄い方は知っている愛の唄をおしえてよ 歌もいくつか知っているただ本当の愛を知らないだけ求めても なおも 傷つき交わしても こころは 踏まれもうなにもないのに 与えるしかないそれがあなたなら わたしなら 二人なら最後に残ったものを 信じ...

  • 日本海は来なかった

    ■日本海は来なかったダイヤのみだれに 運転見合わせ表示が並ぶ 駅の構内ここまで来たのに 足止めくらうあたりはしずむ 心もおれるあなたは来ない わたしも来ないならば日本海がここにやって来いああ やくそくがちぎれとぶいくら呼べど叫べどやっぱりふたりに 日本海は来なかったシャトルバスに乗り 近くの宿に着くベッドに投げた 電話のサブスク陽気なナンバー 場違い過ぎてそれでも化粧 なぜかなおしてるあなたは来ない ...

  • マンデー・レイニー・キャッツ・クラブ

    ■マンデー・レイニー・キャツツ・クラブこころをどこかで おとした恋はなくしもの ラインストーンつめに 雨がふる月曜日あなたと別れてうかない毎日 月曜日一週間は一日でいい仔猫ちゃん わたしの仔猫ちゃん傘さしても 瞳までずぶ濡れ誘われたら 誰にでもついてゆきそうな踊るマンデー・レイニー・キャツツ・クラブ手招くマンデー・レイニー・キャツツ・クラブ 脱げそうなダンシングシューズOh Oh Ohあなたじゃなけりゃ ...

  • クリスマスは12月25日だけじゃない

    ■クリスマスは12月25日だけじゃないこころなしか遅あしで歩いてる季節はずれの雪が降る当事者だけが知らずにあの時バラの影がむねにひろがっていった浮足だっていたねはしゃいでた笑顔たちしずかになった心忘れて 引っ越しして12月 25日では ないけれど今日はなんだか クリスマスの気分だよきみと行ったコンサートのグッズどこかにしまいすぎててふいに出てきた スノードームさかさまにすると 1989年家族が寝静まっているか...

  • Wind Boy

    ■Wind Boyこの街はひろすぎるひとりになれるせまさがないにぎわいはかるすぎる通行人のように悲しみよ通りすぎてひきずる足音僕は自分に近すぎる上京したての頃は空などないと思ってたこの街の見えぬ場所にも大切な メッセージがある今では遠くなったきみはいちばん愛しい人よ風たちが会話している夢だけが僕の命綱だ言いたいことありすぎて結局何も言えない世界がからっぽになるきみとさよならしただけなのに恋愛なんてメンドー...

  • それでも日は昇る

    ■それでも日は昇る あなたは愛をなくしたあとの 身の置きどころのないむなしさに泣いている世界が終わってしまったようにあなたは膝を抱いて肩ゆらし泣いている消えない傷なら 覚えていればいいいつかいとおしくなるからそれでも日は昇る 誰にでも日は昇る どんなひとにも いかなるときにも日は昇るあなたは 一日が 耐え難く 長くて同じように かんじるかもしれないあなたは孤独を守るけどもう何もかんがえずすこし眠った...

  • オール・ジャム・フォー・オンリー・ワン

    ■オール・ジャム・フォー・オンリー・ワンお金をねだる あの少年が今のあなたに 一瞬ダブるTonightきれいでざんこくで 手に負えないわ今夜もべッドに沈ませる わたしを剣幕でいわくつき男に そう 理由(わけ)あり女 いいでしょオール・ジャム・フォー・オンリー・ワン華々しく愛して 何度もそう 派手に別れて来たけど どっちにしたって どう転んでも あなたが オンリー・ワン何度恋しても いいじゃない同じ人をおもうな...

  • 櫻の火、そのような

    ■櫻の火、そのようなほとけを彫るように義足を作る供養に花を添えるそのようにまたひとひら あなたの声が 覆う冬の辺りただ枯れて痩せるだけのさくらの火を宿す返礼 わたしがここに生きてること返礼 ただただ 何も言わず 詫びること不意に手榴弾を日常におとす鵺(ぬえ)の谺(こだま)が今でも響く言葉に 尽くせぬ想い 誰にもまだ告げまい半衿ひとつ色あせるそんなあなたを映す返礼 在り難きものは有り難い返礼 ただただ ...

  • コッカー・スパニエル

    ■コッカー・スパニエル打出の小槌(こづち)などありゃしないきみのキレイゴトもほんのタワゴトうちら今日の 米を研(と)いでいる日々に凸する戦闘員いいお客様にされやしないタダ乗りなんてさせやしない受け身の寝技だけなんて 冗談じゃねえ出来上がっちゃつまんね なりそこない 出来損ない さいこーいつもクエスト中 ゲームなんてしねえ未来みえなくていい不幸もアガる要素なの きみは飼い主じゃない 僕は誰にも タダ乗りさ...

  • ウィンナー・ワルツ

    ■ウインナー・ワルツ巨大な くらげ雲の下で 僕らはなんどもわかれを惜しんでいたあの時 写メで撮った 一枚はぼくのTシャツにプリントされたもう知ったこっちゃないよねつむじ曲がりはお互いさまでももう行かなきゃ 目の前の信号をわたらなきゃね弁解なんてしないよ クリップのように僕らの日々を かろうじて留めていたのはさよならでしかなかった遊泳禁止区域まで泳いだよねあれはきらめいたという記憶ちぐはぐな想いが膨ら...

  • 狂気をみせろ

    ■狂気をみせろきっとどんづまり だけどおれたちは死ぬ価値なんて これっぽっちもないよかんじることさえ 忘れて生きたらながした涙に傷つくこともないただ抱き合っていても 死んだ気になるひとりでいるほうがよっぽどマシさだれもがまともでいられるはずないこの街のほうが狂ってるとわらえ酔いどれ天使は 憂き目にあうだけただ生きているだけじゃ 致命傷だねこの世の冷たさに 目覚めてゆくけど傷口からあふれる血はあたたか...

  • 昔馴染み

    ■昔馴染み昔馴染みの女には気をつけろほどよく冷淡で愛嬌もある昔馴染みの女には気をつけろ容赦なく過去への洗礼もするもう一度抱きたくなるほど 私 いい女になれたかしらおまえは云う月日のせいじゃなく私たちが変わったのよ 昔馴染みの女には気をつけろ油断させてふいに当てつけをする昔馴染みの女には気をつけろわけ知りのナイフがふと目を覚ますあなたも私も来なかった 約束は行違い 聞き違いたった今入れ違い すれ違い私...

  • サマにならない朝

    ■サマにならない朝僕のこの孤独が動画で撮れたら再生回数 僕的には最高位だろう色んなところから手が伸びてきて肉と欲と現実に僕はサンドイッチにされるサマにならない朝 消滅しそうな世界をパクついてる気がするサマにならない朝 さえない自分に欠席届け出したくなる僕を仲間はずれにしてるのは一番僕だったわらえる 気づいた ゆるくスタートサマにならない朝から 結果はともかくこわごわ愛したら愛した事実だけは残るそれ...

  • 夜明けなんて来なくていいとおもうの

    ■夜明けなんて来なくていいとおもうの消え残るネオンはネックレス似てる駅前名残惜しい喧噪をまとうのつきまとわないで予感なんて夜明けなんて来なくてもべつにいいとおもうの朝のひかりは清純そうな悪魔すべてをむごたらしく晒すから 暗闇がかくしてくれるものわりとあるとおもうの夜明けなんて来なくていいとおもうの朝が来て見えるのはわかれの気配ばかりよ寝てない夜じゅうはしゃいでいたひとりの花火は宇宙よりまぶしい夜明...

  • It Sounds Good

    ■It Sounds Good星座のカード まき散らしてぼくは きみの 白磁の手の中 魔法にかかった 振りもいいねそっち こっち どっちに行きたい幸せまでの Meanwhileみんな途中経過 It Sounds Good そう思えば Good GoodnessIt Sounds Good 悪運に嫌われようIt Sounds Good 変えてゆける今がある思いっきり笑って 鼻を鳴らそう La La La瞳のリューズ 逆さに巻いて文字盤の上でそっと踊ろう不幸の端役でいたいよね世界とダンスしたらIt ...

  • 金色堂

    ■金色堂 やがて煌々と僕らを照らすのは身を潜めてた闇の声だ身体の中でたおれこむ塔は指先までもくずれおちるきみの横顔を照らすように僕は最後のマッチを擦(す)る僕らがもし死んでも SNSの喪垢は永遠に漂流するだろうありもしないものを 愛などと呼んでいた僕らはやがて炎にゆらめく 金色堂もうじき虚構からひきずり出される僕らは日々の確信犯だ動機や目的もなくてただ 靴音が来るのを待っている病んだ瞳 弾き飛ばされて...

  • 残り日

    ■残り日空の銀彩さえうすれゆく千丈寺湖ながれるもやに行方知らずの僕らの心ボートのうえでまた見失う滅びは美しさというようにおしよせる木々は枯れ落ちるおぼえていないほど夢中だった君よそのことももう忘れよう本当のことはなにひとつもなかった それでいいだろう 行くなら 行けよかなしみは捨ててゆけ 僕に捨ててゆけ君のかなしみは 僕が引きとるから未練なら捨ててゆけ 僕に捨ててゆけ軽く軽くもう ふたりおわりにしよ...

  • さよならはロマンス

    ■さよならはロマンスさよならいわせて 何度もさよなら僕らはわかれるつもりでいたけど涙こぼれるのは熱い胸のしるしくちづけは愛をまだ求めているさよなら ほほえみあうさよなら ロマンスだねさよならにさよならいおう ドアをあけてさよならいわせて 何度もさよならかなしい決断の寸前だったよはじめてきみを見たよそして気づいたのさ傷つきすべてを失くさぬ方法をさよなら かぎを二度とさよなら あずけないよこのぬくもり以...

  • 砂の男

    ■砂の男ポケットで折れてた最後の一本苦笑いでひねり捨てる煙草の箱白タキシードに ほどくボウタイ僕のエナメル靴が めりこんでサンセットおまえの肌 乱反射して 何も見えない そこから砂漠We Have No Sense To Say Good-Bye手のひら長い髪 さらさら逃げる まぶしすぎる世界で俺は嫉妬している おまえはさらに美しくなるチャ・チャ・チャいつしかまぎれてた男の黒い靴 俺のまえで抱かれろよ 狂うおまえを見たいしめし合...

  • Nile Bride

    ■Nile Brideこの髪に 胸に星を眠らせてあなたをまた呼びつづけてるBoy,It’s me バーガーインでお待ちかねなのなんなのさ 遅刻し過ぎよ Boyあなたに会えないさびしさを愛して来たけどもうそろそろいいでしょわたしを解禁するわ Nile Bride Nile Bride Nile Brideおごってあげるわよ マスタードにチリソースの夜 あなたにはあいさつのキスを Um Fantastic night Moonless nightUm We will marry it’s Okay孤独よね 横たわって...

  • バラにかくして

    ■バラにかくして バラにかくして あなたとのことがまだ素肌にのこるわ ついさっきのことバラにかくして 会えば会うたびにもうすぐさまあなたに 会いたくなるのよしあわせにむせる想い なぜか泣けてくるのよかなしみも好きになるわ すぐ不幸になりそうたちこめる秘密ひきずるのよ バラにかくして きれいなこころでまた想いはぐぐむの これからもずっとバラにかくして ささやきをかわすけど電話じゃせつない じかに聞きたい...

  • 逆風のなかのランナー

    ■逆風のなかのランナーゴールできみを待ちはしない僕たちはいつだって互いに競いあい走っているなりふり構わずにさあ行け挫(くじ)けても夢あればこころはつぎに向ってゆくよ第一走者であり アンカーでもある僕らは自分をはじめたばかり記録を越える何かをもぎ取るその時 初めて僕らはそこで出会うだろう未来を席巻するだろう 逆風の中のランナー生ぬるい思いはすてろ 僕たちを越えるのはいつだって僕たち以外にいないみんな仲...

  • 太陽のある場所

    ■太陽のある場所Ceek To Ceek 踊りましょういのちの時間はみじかいHand In Hand 手を取りあい数千年ものダンスを今日のわたしの化粧と衣装はティルディスレイ風あなたはアトゥム・ラー役墓でデートしてクラブミュージック茶目っけなくっちゃ ダメご機嫌斜めじゃ いやこんな神殿で退屈してたら雨のむこうに太陽をみるの同じ夢をみる お互いの瞳に光るわたしたちは太陽なのよ夜空(そら)横切る流星手鏡でその気にさせる毒をもら...

  • 推定無罪

    ■推定無罪推定120歳の女が言うあの男を愛するとまた生まれてゆくとわたしはまるで零才児のように昨日に戻る 過去にさかのぼるとネイリストにあずけた手が小刻みにふとふるえている男と会う不幸を愛していたわたし罪作りだったわ奪ったつもりが奪われてた推定無罪よ Love Forever Timeつかの間 そう 乗り合わせただけだわ次の相手が来るまでの ふたりだから恋人でいましょうよみせびらかして派手にキスしてみんなに見せつけた...

  • コネチカット・バード

    ■コネチカット・バードこころがうそつきなのは今にはじまったことじゃないわ真実がひとつになったときふたりはさよならをくちにしたSNSのDMで愛をかわすように終わってきてしまったのだわわたしたちは行ってしまった行ってしまったコネチカット・バード この胸に降りて来て さえずっておくれコネチカット・バード あなたが見えないものを見えるようには私は歌えない出会わなければよかった 愛さなければよかったなんてどうしたら...

  • カタツムリに恋したナメクジ

    ■カタツムリに恋したナメクジ僕はナメクジ 本業はにんげんスーツとマスクで仕事しているある日君がカタツムリに見えてから僕はヌルヌルとときめいている夏の陽ざしが細くなる頃アイスフロート片手に君に急接近するよ当たり障りのない会話に君は塩対応 僕はどんどん小さくなる 君にウジウジとときめいてる僕たちはなんて似て非なるもの四柱推命で調べたら うまく行く予定恋のマイルストーンの貯め方わかんない男は煮え切らないナメ...

  • Innocent Snow

    ■Innocent Snowあなたは来なかった列車はレールを滑り出したわかれは床にちらばった真珠のネックレス雪はチュールながし時の運河をそっと分けてく母国語を話せる場所にもう二度とかえれないCabin Suite うずくまってる女のベッドは過去流しっぱなしのシャワー見つめる心許ない ペチコート鎮痛剤でも消せない失くせない記憶がある麻薬代わりに吸う 指にしろいけむりつまむ人生は待つことあきらめて次に行くだけよ乗客はおりる駅...

  • Radio Stripper

    ■Radio Stripper胸の周波数 ひねれば きこえるMusic緋色のドア押せば 地下のクラブにFlappersリベラリストに スパイにジャーナリストたち戦火を逃げ抜いてみんなここに隠れている空襲警報 プロペラ機のごう音をグラスにかざして 麗しのラジオ・ナイト 吐息で縁取ればレディ あなたの耳はアンモナイトの形Diga Diga Doo Diga Diga Doo 真夜中のTripper 踊ろうよ Radio Stripper意気揚々の彼女は オレンジの髪過去が疼(うず)...

  • バラの化石

    ■バラの化石作詞: Serge Gainsbourg 作曲: Franck Langolff 歌:Vannesa Paradisあなたの舌のピアスが わたしを求めて ぶら下がるからピアスの穴を開けてあげる 差し込む光あつめて 壊れるあなたこれもテロね段ボールママは片付け下手 パパはもぐりの中絶医よわたし過ちの子あなたはバラの化石にされるわたしが生きるための美しい死よ待つことを知る あきらめと違う行き方好きって言わなくていい 愛のかたまりをぶつけて...

  • カンカン帽

    ■カンカン帽 カンカン帽 ゆびで回してはバーボンの空きビンにかけてるカンカン帽 いい女ぶるたびいつも雲行きが怪しくなるカンカン帽 低気圧警報案の定あなたとそう 別れたカンカン帽 雨が降るのなら雨に濡れて 行こうじゃないのさ豪徳寺に用事がないから 電車降りてみた逆転の発想が 自習室なのカンカン帽 こころは天晴れ カンカン あなたとわたし雨女と雨男のジンクスをやぶってみせるカンカンカンカン帽 傷ついたこと...

  • 女になるなよ

    ■女になるなよ似合わぬルージュで 女になるなよ吸えないタバコも さまにはならないこどものくせして 女になるなよ男はいらない ふざけた台詞さ美しいだけの 女になるなよ男に抱かれて さびしい目をしたもの欲しそうな 女になるなよひどい化粧だな 泣いてるみたいだ光があるうちは 影などまとうな女になるなよ 女になるなよ女になるなよ きみは少女のままがいい背伸びもいいけど 女になるなよ女の世界も 甘くはないだろかま...

  • Villa Fegotto

    ■Villa Fegottoサフラン色のゆうべに君はピアスおとす僕は僕でわけもなくおどけてみせている Canaed a L'orange avec gratin de pommes a la dauphinoisehaやたらと長い前菜の名前に僕はフレンチがさらに嫌いになるVilla Fegotto 男は前だけととのえて匿し事をうしろにのこすわ 君のまばたき Villa Fegotto 誰に言われるまでもなく僕は失恋しかけているミュゲのトワレがゆれるよ君が振り向くたび神の庭の厄介事(やっかい)は逆カ...

  • Jannah

    ■Jannah鎖骨のあたりなんだか 熱い風が抜けてくじんと耳が鳴るけれど ピアスに込めた 秘め事よ完ぺきなことは まだ話さないAh 謎めかせながら夜を誘いましょうAh 女の庭で男は迷う それが恋よふたりはあわせ鏡よ 運命さえ信じてる想いは 遥かに 旅してゆくのそっとかわすこの心をふたりのものにするまなざしから ほら Jannahふたり花びらの底で 手をつなぎ見つめあえば祈りに浮かんでいくわ ほら向こうに 空中宮殿...

  • 斑鳩(いかるが)

    ■斑鳩(いかるが)ここのあたり落ち着くのよバスは小さく煙りのこした看板通りに 歩いてゆけば境内が見えてくる古(いにしえ)から伝わる二人の秘めた恋も古(いにしえ)から伝わる茜さす昼に おちて 紫あなたのシャツの襟をなおして あの鳥ねああそうね うなづきかえすさようなら さようなら分かってたように 今都わすれの花が散る仕事のこと家族のことそれぞれふたり大事だけれど写メには撮らない 時間にはいつもいい風が吹い...

  • 別生活

    ■別生活猫が聞き耳たててる私たちのはなしをそっとあー悪い話それともあまい囁き5分圏内に住み一線ギリで越えないのふたりは謎めく別生活好きな男は1人でいい 気分で寄ったあなたの部屋あー出ていった彼女 別にいいのにね雑然としたもののなかにたいせつなものはきっとあるふたりのあしもとに猫が来る 「歌詞のようなブログ」 シャン...

  • 君がいるThere

    ■君がいるThere 僕がいい男でいられたのは君の前にいる時だけだった 僕が優男でいられたのも君がそばにいる時だけだった愛しいと思わせる才能があった君からフェードアウト 現在僕は意気消沈中抱く気もないのに 女といて飲む気もないのに パブにいて読む気もないのに 新書買う誰か僕の代わりをやってくれ それもこれもまだ僕の心に 君がいるThereノック症候群 君が僕のドアをまたノックする日どこか待つこの失恋の大きな...

  • 風色(かぜいろ)

    ■風色(かぜいろ)ソーダのぬけたスコッチ昨夜ふたり何を話したのだろう用件はそう みじかく切った電話 きみとはさっき別れたペイ・パー・ビュー見ているように夏にきらめいたプールには水もない車を乗って きみは出ていったそんな意志の強いとこも 好きだったけど思い出に 吹かれている二人 もう 風色(かぜいろ)さ愛してないと言えば言うほど愛している証拠みたいで嫌だねまた会おうねと言うほど浅くはないし 突き放せもし...

  • 墓地にて

    ■墓地にて作曲:Diane Warren作詞:Diane Warren歌:Laura Pausini週末は墓地に行くそれが きまり花をたむけ かえるそれが いやし思い出のないひとと語らうみたいにひとり墓地にいる世界がどんなにかがやいてもわたしには完全な暗闇がある人生はいくつかの待合室待っているものが来ないと知ってても胸の亀裂にこそ光は射すのだとわたしは知ってゆく世界がどれだけはなしかけてもわたしには完璧な沈黙があるちいさな産院をおとず...

  • あのときから

    ■あのときから思い出にしまってた 微笑みをとり出そう忘れていたこころが そっとよみがえるよ若き日のあやまちを 一緒に許しあおうあの日別れなければこうして会わなかった言わないで きみが今僕はとても聞こえるよ 愛するため 孤独な夜があってよかったむねの針が動き出すよ あのときからふたり若い枯葉のようにあてもなくまわってたそのあとを知らぬままだれかと暮らしていたさよなら告げるためにくちびるはなかったよ...

  • Cat Tailでおてまねき

    ■Cat TailでおてまねきWant Muscles マウンテンゴリラ聞きしに勝る悪いやつWant Muscles わたしがおひとつあなたのお相手してあげる 運命の向こうを張るぜタッグマッチ待ったなしだよ 色じかけなんてしないのよわたし一本取ります どらどらどらどら お仕置きよその尻尾つかまえちゃうよWant Muscles 読心術つかいあなたの急所めった打ちWant Muscles テッペンオトコも私のヒールで踏んづける名刺と肩書き、ルックス年収な...

  • 半魚人

    ■半魚人一緒にエレベーターに乗り込んだらみんなに一勢にジロジロと見られた他のひとたちからすれば僕たちはデリヘルと客そんなふうに見えただろう渋谷の夜空に うっすら貼りつく星座ひとりずつ降りてゆく 僕たちだけ残し君のヘア・カラーが抜けかけててさっきから口喧嘩ばかりしてて半魚人 人間になりきれてない系の キーホルダーみたいキモいを連発するきみはフツーにキモい半人前でまさか泣いてたのさっきからケータイで ...

  • いなほせ鳥

    ■いなほせ鳥別れて2年 涙は5年一生不意にするような片手にあまる想いがあってわたしは胸を抱くのですあなたのいない 季節が来ていたこんちくしょう ちがう男のうでのなかでもこころはあなたに寄せてゆくささやきかける 男の肌をぬけわたしはなおさら あなたへ 飛ぶ いなほせ鳥いろんな色と いろんなかざりに染まるたびごと あなた求める逆風(かぜ)がつよいほど 高く飛べるといくたび堕ちるちぎれ空上京したては 羽が折れて...

  • あわれあわれと泣くおんな

    ■あわれあわれと泣くおんないつからか私 あなたから見えない片方の頬だけで泣きます死角になる場所で 気づかれないしぐさであなたを想っては泣きます手折られた花の 物言わぬ ゆうぐれ誰が知ろう 花の気持ちをああ愛(かな)しい愛(かな)しいと言うようにあわれあわれと泣くおんな思い出はいつも 不親切 綺麗に忘れさせてくれないと泣きます 庭の草を引く さびしさの余りにあせたルージュの色が泣きますしまい忘れた 風鈴...

  • Good Heart Break

    ■Good Heart Break用事がなくても電話しあえた以前(まえ)とは違うあなたなんでしょもう切るわよすぐにつかまる相手からひとは電話するあの時も あなたの電話 沈黙が横たわったこの悲しみがどよめくまたも 不用意なあなたに間違い電話のようにこころは過ぎるただひとつ確かよ Good Heart BreakGood To Me,Good To Youやっと忘れたのブロックリストに入れてもいつのまにか取り出しているあんな想いがさかさまに居すわるからこの電...

  • たそがれ

    ■たそがれ絞る紅が あたり染めて ひときわ明るいあのたそがれ胸に降りる なごむ想い 雲のかたちに消えるように今日は初日 そして楽日 今日に生きて 今日に死んでこの一日 一生なら 今日の悲しみも終わるあすの朝日 呼ぶための つかの間の憩いよ たそがれは木々をわたる さえずりたち 君に映るよう 僕はねがう咲く理由を 知らないから 花々は きっと美しい咲くものが いのちならば 今日のよろこび祀(まつ)れ...

  • クッソ!

    ■クッソ!放られた球をバットの芯で捉(とら)えられるようになるにも時間がかかる長打狙いの君よ つなぎの名人もいいぜ ぼくがピッチャーならどう君を打ち取ろうかと思案してる場面運命ってやつにボコられてタコニュウドウになる前に試合までひたすら練習だクッソ オモシロいなにかになれるようクッソ ガムシャラにやってやり抜いてクッソ なりふり構わぬ一途さでクッソ BIGな一発をお返ししたいクッソ イケて なくて 上等...

  • Tobaccoのにおいのする香水つけて

    ■Tobaccoのにおいのする香水つけて忘れる自由をあげるあなたは私を断る自由をあげる愛さなくていい別れる自由をあげるあわれむしぐさで悲しむ自由をあげるせいぜいさげすむのねTobaccoの匂いのする香水つけて帰って来たのに妬いてもくれないね他の男と遊んだようにもしそれが本当でもあなたが怒らないのがわかるからTobaccoのにおいのする香水つけてるの 俺をヤワな男だと きみは思っている今度だけきみを許すだけど二度目はない...

  • 僕たちは二度とこない雲

    ■僕たちは二度とこない雲わたしを振る度胸もないの?きみがそう言い放ったとき潮風が凪いでしんとするよこんな想いは一生ない兄貴に借りた伊太利車で黄色い声あげてたきみもネイルをみつめきれいになったふつうの女じゃつまらないよ夏のサンダルの熱さ まだ胸にのこるけど Wow Wow降りてくる サンセットの緞帳(どんちょう)なぜだろう 気持ちだけが離れてくOh Daring 僕たちは二度とこない雲さよならの意味を知ってるの?きみ...

  • Smoke(That’s the way we love)

    ■Smoke (That’s the way we love) Smoke 吸うでもないタバコを一本置いてSmoke それが合図お互い席を立つけむりがただよいもつれあいからみあうようにあいつと愛しあったものさすべては見せなかった Smoke ゆきずりの夜の何番目かちょっと用を足すみたいにさThat’s the way we love Smoke 声を立てない俺たちの愛し方Smoke 他人を演じて沈黙を 守るためけむりは消えてくしがらみなど必要なかった誰かに聞かれたら知らない...

  • きみの病名

    ■きみの病名僕は手当をするだろう 傷むだれかがいる限り僕は手当をするだろう 出来ることがなくても誰もが見捨てたものを 僕は拾う置き捨てられたものを きみは笑うか縋(すが)るものをなくしてもひとは縋(すが)るひとはひとを見失ってもひとを探すカルテにきみの病名はない 僕は手当をするだろう 僕は手当てするだろう きみを 僕は手当をするだろう 打つ手をすべて失くしても 僕は手当てをするだろう 傍(そば)にいる...

  • お知らせ

    いつも訪問して下さる読者の皆様へ。いつもこのブログを応援してくださる皆様にあらためて感謝致します。ブログをさらに充実させてこうと思っている昨今ですが、皆様に私からお知らせしたいことがございます。私事で大変恐縮なのですが、今月末あるいは来月中旬から、私の健康上の理由から約4か月の予定で入院をすることが決定しました。新緑の頃にブログ複帰出来ればと考えております。入院するまでのあいだは、出来る限り、楽し...

  • 僕たちは会わずに恋していた

    ■僕たちは会わずに恋してた ツェッペリンのギターは鳴り続ける僕らの叫びはシナモンロールに巻かれるグラスににがい気泡があがる電話の向こうきみは壊れるそこのソファーはエンプティ壁の絵画は少し傾いて僕らはアンリアリティーいつだって僕らは他人のそら似で半開きの心は閲覧用の夜にいた Nughty 反目しあった夏の Peeping Room僕たちは会わずに恋をしていた ヌードとメキシカン・ジャンピング・ビーンとジャンジャンブレア N...

  • ジンバブエ・トリック

    ■ジンバブエ・トリックやけつく町はひき潮はてなくつづく坂をきみの日傘だけが消えてゆく世界の果てこの男の窓を切り取りこのかなしみのすべてとこの愛しさが混ざる思わせぶりな靴音(くつ)を投げ捨てたい今もきみに嫉妬している僕は死ぬまで許さないだろうこの失望はそれだけで充分でしあわせですらあるきみが去ったあと 野良猫が一匹横切ったリップペンシル一本できみは心決めたね真実はまことしやかな嘘をつくのよとわらった ...

  • 黎明(れいめい)

    ■黎明(れいめい)つまらなくなったわわたし自身のことよだから笑うんですあのときの電話であなたは泣いてたけれどわたし行かなかったわたしが行っても 結局あなたは家族を棄て切れなかったわ大事なはなしはシラフのときに言うものよ終わりだろうと はじまりだろうとあれからわたしはもっとひとりになったわたしが男なら「はやく目を覚ませ」と そうあなたをなぐった恋する火照りに正直になるときには気をつけたほうがいいだけど...

  • 朝からムーン

    ■朝からムーン ルージュから 女は生まれるかがみを抜ければ はためく海絶望する若さのかたちに あなたとのことが美しすぎるからThrough The Mirror Of Our Moon Shineガウンの袖 のぼる朝日が あなた手招く もっとお入りなさい この胸に Um Ha Um朝と夜が呼び交わす世界へThrough The Mirror Of Our Moon Shine 朝からムーン うまれる前出会っていたの憶えているでしょう 私の声男時間と女時間つかの間出会っても 忘却...

  • 雨のワインディング・ロード

    ■雨のワインディング・ロードこれ以上ないぐらいメットのまま そう二人はキスした雨に途切れそうなふるえる桟橋見つめていた声が聞こえないよこんなに近くにいて君がわからないまなざしは遠い潮騒がむこうでうずくまるたとえもしふたりが今さよならを言ってもきみをもう愛してないって意味じゃない湘南平 大観山 千鳥町 横切るワインディング・ロード心変わり責めないそれぞれ移ろう雲の色さあのはじまりのように終わっていけない...

  • oo-kuh-LAY-lee

    ■oo-kuh-LAY-lee耳抜きをするようにあの蒼い夏がこぼれる僕たちはなみがしらにしがみつく板切れさあれはサマーホリデーだっけ 最終日だったよきみに振られた 電話ごしの声でわかるひとつだけきみに言える海が恋しくなっただけさあのBeach Houseには僕らはもう戻れない それでも時おり そっと胸に亜熱帯の風が吹いていかないか悲しいこと数えたなら きっと波の数ほどだれもが変わってゆく上手くはならない楽器 ウクレレ弾くよ...

  • マーマレイド・リヴァー

    ■マーマレイド・リヴァー作詞 Tommy Shaw作曲 Tommy Shaw日本語詞 夏井くわみ澱(よど)みなきマーマレイド・リヴァー時は過ぎ 人は流れてもかわらないマーマレイド・リヴァーきよらかさ湛(たた)えて誘う日のマーマレイド・リヴァー漕ぎ手のないボートひとつ浮かんでいるマーマレイド・リヴァー想いはただよういいわけに真実(まこと)を装いに本心(こころ)を忘れてきたこともある笑顔になみだをうそに本音をかくしてきたこともあ...

  • Particular Baby

    ■Particular Baby巧妙なインチキも嗅ぎ分けられるようになった僕の口のほうがウソをつくようになったからだ好かれようとして嫌悪されるひとに君にはなってほしくないんだよ ねぇカッコうらぶれる系の,,,君もそうなの?(つまんなくね?)愛してるって言えるぐらいなら愛してるって程度の愛さぼくは愛してるって言えないよだって君は Particular BabyI Hate Youも愛の言葉だと言ったら君がわらったからだじゅうに響きわたる管楽器...

  • 送春歌

    ■送春歌翠(みどり)したたる頃 僕らは春にいたオールを漕ぐたびに 水面が織り返す何も思わずただ こころをかさね合いひとつのうたを 歌っていた漕艇部(そうていぶ)僕らは変わらない 他のひとたちからの みられ方が変わっただけのこと そう笑ったあいつは水面の光 またみんな呼び寄せた フェミレスで寄せ書きした色紙あせてもおとなになるな 男になれあいつの言葉に 今も惚れる 僕らの春届かぬから先にゆけるのだと 弓の...

  • The truth is empty

    ■The Truth Is Empty淡いまなざし くれるけど きみは僕を見ていない車捨て 歩くコールタール・ロードフルスピードで夢は轢かれた手をのばしても埋め合えないものがふたりこんなにあるよ 寂しいじゃないかきみはもう見知らぬ女 知ってたよあいつとのことは そうだろThe Truth Is Empty忘れていいよ ふたり風にぬける失くしてもいいのさ なにも感じない拾われた猫のように かみつけよ 感情がほしいきみだけがいなくなる こ...

  • 音源

    ■デモテープこのカセットテープ音源はパパが若いころひと晩かけて編集してママに渡したものイヤホンで聞いているんだ私ママが好きそうな曲ばかりオン・パレードにしてジンと響く歌をとおしてママ口説いてたのねなんか奥ゆかしいロマンティック目に浮かぶ 音楽という名のラブレターそして今 わたしがここにいる不思議ママとパパは高校からの知り合いだったと聞いたけれども何度も破局をくり返しては復活したのがスゴイ偉いね感謝...

  • りんごちゃん

    ■りんごちゃんくたばっちゃいなよわたしの魅力にあなたの身のためさ見つめるだけならわたしはだれかにかじられちゃうよ たとえばりんごがしゃべれたらわたしがりんごのかたちだったらほうら ほらね白雪姫 それとも 魔女のしわざあなたのつくえにおいて帰るひんやり匂わせる想いはそうさ りんごちゃんだよ 合鍵のあまさあなたの留守を 不意にたずねたけどこの1DK清潔すぎてひょうしぬけさきれいな果実に手を伸ばすようにりんご...

  • おとうと

    ■おとうと姉さん これから自分のことだけ姉さん かんがえしあわせになれよそんな生意気言っちゃって おとうと あなたにむねがじんとするおとうと こんなに大きくなっておめでとう あいにく雨だけど今日晴れて式を挙げるのね姉さん ともばたらきで忙しい姉さん 両親(おや)に代わって面倒みた合格点をあげるわねおとうと いいお嫁さん見つけたねおとうと さびしいきもちもあるけどやくそくよ どんなことあってもどこにい...

  • 赤と青

    ■赤と青波の両手に Oh Atlantic 抱かれにゆくのさ俺のこころを あやすような 大きなその愛海よ運べ 長くさすらうあてない日々を海よ運べ どこにも帰り着かないものをそして帆をたたむ日が来た今俺はすべてのことに感謝しているこの世界は 俺とおまえのために在るというような しあわせ赤と青が つかの間に 出会う地平線Sun Rise & Sun Set 永遠に 海に恋をする海よ流せ 無垢な想い消えゆくものを海よ流せ 笑うしか出...

  • おいでよ バタフライ天国

    ■おいでよ バタフライ天国男は蝶だ このきれいな羽根にも気づかない 女たちよ心で見ろ男は花だ かぐわしい花びらを見落とした 女たちよふれてみろよ蝶も花も女のことだと思っているのだろうが装ってるだけ 飾ってるだけ女はその気でいるだけわきあがる幾億もの蝶たちがおれの胸をやぶると音を立てるあの世から見たら みんな生きてるオバケだ羽根をもがれて墓場で眠る男よ よみがえれ Dancing on the ceilingおいでよ お...

  • waltz

    ■Waltz冬枯れた街に ひとり毎年旅芸人が 来ていた面白くない 余興にさえぼくは見入ってわらってた店の欠けたネオン文字が 僕の闇を照らすそんな歌がしみた風が舞いあがる 足の悪いぼくは長く歩かなかった踊ってごらん そう言う男のまねをして ぼくも Waltz凍る空を おしあげて裸木は枝をさしのべる水の輪くぐり鳥も消え旅芸人のすがたももういない紙切れのような 夢見るさびれたストア雪雲がよこぎる風の子をしたがえ ...

  • 汐留トラジディー

    ■汐留トラジディー3年前の わかれをおもうあなたと私だけ のこされてまたしても こういう流れねみんなに気を使わせちゃったわね汐留エリア ここもひさしぶり私? そうよ 見ての通りだわスコッチ なんて今は飲んでるし駄目な時は駄目に転ぶ そういうものよ汐留トラジディー かわいた笑いだけがグラスの底に残る汐留トラジディー こうしてまた会えてもないものばかりが あるある 同士ね 私たち昔は欲しいものだらけで今...

  • 愛灼(あら)たか

    ■愛灼(あら)たか私には一年はない一日があるだけ私には一生はない一日があるだけ日付も暦もない一日があるだけ私にあるのは今日 一日一日不幸と言ったら不幸になるそれでも幸せと言えば幸せにもなる愛灼(あら)たか 愛灼(あら)たかかがみの中の月は痩せても私にはあしたなどない一日があるだけ私にはなんにもない一日があるだけ泣くような 笑うような一日があるだけ私にあるのは いま 一日一日ままにならない ひととひととが織...

  • こしゃくな野郎

    ■こしゃくな野郎冷淡な男に憧(あこが)れ何人かのこころを殺し人聞きのわるい 噂だけを星くずに変えた 札つき瞳には砂けむり舞って胸は錆びたGas Stationあれから女抱いてもそうさ誰も女ではなかった一流の殺し屋は人を殺さない一流の殺し屋は人を殺さないだけどまたしても俺はお前に殺されたAh 銃も持たずに 今も心をぶち抜くお前は こしゃくな野郎絹糸で指を切るようにこんな場所でまた出くわすお前が生きるか 俺が死ぬかその...

  • 今別あたり、車中から

    ■今別あたり、車中からサイドシートに ころがしたままのレジ袋 駐車した車出すのよいっそ不幸に 溺れたかったなにも不幸と感じぬほど あなたと そう 別れたら すべてが終わる気がしていたのに見失って見える道がある今別あたり、車中からカップコーヒー あたたかいわあなたとはもう終わったけれどべつにわたしが死ぬわけじゃない頬にとまる雪は冬ボタルよついさっきまで かなしみに浮かれてさえいたわたしがいたわ生きる...

  • 菩薩(ぼさつ)

    ■菩薩(ぼさつ) もちろん悟りもひらいちゃいない信心なんかも持ってはいない功徳のひとつも積んではいないだけどその瞳(め)に菩薩が棲んでる誰にお仕えしても 何に姿変えようとも 私 あなたを慕う女です お前はそう言うけれどPlease Stay 俺を踏み台に使ってくれPlease Stay おまえはいつか神となるだろさめやらぬ思い 荒ぶる黒髪がつたえる ああ菩薩(ぼさつ)気づかぬ罪なら数えきれない痛みでおぼえた 世界の裏が...

  • あなたにも歌ってほしい

    ■あなたにも歌ってほしい今ではわかる 逢わないでよかったひとなどひとりもいないいろんなことが あるけれどきっと誰もが生かされている※かなしみのない人生はないよろこびしかない人生もない生きる それは歌 あなたにも歌ってほしいI'll get the light わたしたちにあるものがある ※乗り越えようとは しなくていい痛みもともにみちづれにして愛に姿は ないけれど愛がちからを与えてくれるつよくなろうなどと しなくても...

  • 思い出びいき

    ■思い出びいき 青森発の夜行フェリー着くころに欠航知った函館はみぞれ遠ざかるものだけがとても近くて凍る低い空あのひとうらんださよならきっとあれでよかったあの頃携帯があったらふたり別れられなかった死にたかった かじかむ場面へ今も ふっと 戻る 風の向こうばかやろうなの私 あのひとは今も思い出びいき気づかさせないこんな私知られたくないルージュをともせば想いはしずむよだって切ない 今は家族 私呼ぶのは夜は見も知...

arrow_drop_down

ブログリーダー」を活用して、夏井くわみさんをフォローしませんか?

ハンドル名
夏井くわみさん
ブログタイトル
歌詞のようなブログ(商標登録第6332108)/夏井くわみ
フォロー
歌詞のようなブログ(商標登録第6332108)/夏井くわみ

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用