searchカテゴリー選択
chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

HR社労士事務所さんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

HR社労士事務所は大分市を中心に経理・人事労務担当者の採用・教育及び事業所の労務管理に関するサービスを行う社会保険労務士事務所です。

ブログタイトル
社労士試験ポイント解説ブログ
ブログURL
https://hrsharoushi.muragon.com/
ブログ紹介文
社会保険労務士試験の中で試験科目ごとに出題頻度の高い論点を解説したブログです。
ブログ村参加
2021/12/05
本日のランキング(IN)
フォロー

HR社労士事務所さんの新着記事

1件〜100件

  • 社労士試験ポイント解説 労働安全衛生法

    危険物及び有害物に関する規制について 今回は危険物及び有害物に関する規制のうち、製造等禁止物質及び製造許可物質について解説します。 (1)製造等禁止物質とは 製造等禁止物質とは労働者に重度の健康障害を生ずる物質で、政令で定めるものをいいます。製造等禁止物質はその危険性から原...

  • 社労士試験ポイント解説 労働基準法

    解雇に関する規程について 今回は解雇に関する規程について解説します。 (1)解雇とは 解雇とは、企業が従業員に合意なく、一方的な意思表示によって労働契約を解除することをいいます。解雇には大きく分けて懲戒解雇、整理解雇、普通解雇の3種類があります。 ①懲戒解雇 懲戒解雇は、事...

  • 社労士試験ポイント解説 社会保険一般常識

    確定給付企業年金について 今回は確定給付企業年金法における確定給付企業年金について解説します。 (1)企業年金とは 企業年金とは、企業が従業員の退職後の生活を保障するために支給する私的年金を指します。公的年金とは異なり、企業年金は、企業が福利厚生の一環として設ける任意の年金...

  • 社労士試験ポイント解説 厚生年金保険法

    特別支給の老齢厚生年金について (1)特別支給の老齢厚生年金とは 厚生年金は65歳に達したことにより受け取ることのできる「老齢厚生年金」、障害状態になったことにより受け取ることのできる「障害厚生年金」、被保険者の死亡により遺族が受け取ることのできる「遺族厚生年金」があります...

  • 社労士試験ポイント解説 勉強方法コラム

    資格を取得することについて 今回は資格を取得することに対する私なりの考えについてお話します。 (1)資格の勉強をはじめたきっかけ 私が資格の勉強を始めたのは、大学を卒業後、就職して社会人になってからでした。きっかけは新卒で入社した会社で仕事がうまく行かず自信を失っていた中、...

  • 社労士試験ポイント解説 国民年金法

    年金の併給調整について (1)年金の併給調整とは 現在の年金制度では1人1年金が原則とされています。 したがって、2つ以上の年金を受けることができることになった場合には、いずれか1つの年金を選択して受けることになり、他方の年金は支給停止となります。 これを「併給調整」といい...

  • 社労士試験ポイント解説 健康保険法

    標準報酬月額について 本日は標準報酬月額について解説します。 (1)標準報酬月額とは 健康保険料や厚生年金保険料を計算しやすくするために報酬月額の区分(等級)ごとに設定されている金額のことです。健康保険法では1等級(5.8万円)〜50等級(139万円)まで定められています。...

  • 社労士試験ポイント解説 労務管理一般常識

    最低賃金法について 本日は最低賃金法について解説します。 (1)最低賃金とは 最低賃金とは、最低賃金法により国が定める賃金の最低額をいいます。具体的には「地域別最低賃金」と「特定最低賃金」の2種類があります。 ①地域別最低賃金 地域別最低賃金は、都道府県ごとに設定される最低...

  • 社労士試験ポイント解説 労働保険徴収法

    労働保険料の計算 本日は労働保険料の計算について解説します。 (1)労働保険料とは 労働保険料とは、労災保険料と雇用保険料の総称です。 労災保険料は事業主が全額負担し、雇用保険料は事業主と労働者がそれぞれ負担します。(労働者負担分は毎月の給料から天引きされます)労働保険料は...

  • 社労士試験ポイント解説 勉強方法コラム

    インプット時期に気をつけること 今回はインプット時期に気をつけることについてお話します。 ここでいうインプット時期とはテキスト学習の時期のことをいいます。以前、コラムの中でテキストについて、問題集を解く前に一通り学習した後は、問題集で間違えた箇所を復習する辞書代わりに使うこ...

  • 社労士試験ポイント解説 雇用保険法

    基本手当の受給要件について 本日は雇用保険法の基本手当の受給要件について解説します。 (1)基本手当とは 基本手当とは、一般被保険者が離職し失業状態にあるときに、求職期間中の生活の安定を図るために支給されるものです。 (2)基本手当の受給要件 ①受給要件 基本手当は、雇用保...

  • 社労士試験ポイント解説 労働者災害補償保険法

    休業給付基礎日額について 本日は労災保険法の休業給付基礎日額について解説します。 (1)休業給付基礎日額とは 休業補償給付等の支給額の算定の基礎となる金額をいいます。原則としては労働基準法の平均賃金に相当する給付基礎日額(直近3ヶ月間の給与の平均日額)を用います。 (2)ス...

  • 社労士試験ポイント解説 労働安全衛生法

    特定機械等について (1)特定機械等とは 特定機械等とは、特に危険な作業等を必要とする以下の機械等をいいます。 ①特別特定機械…第1種圧力容器、ボイラー ②設置式機械…クレーン、デリック、エレベーター、建設用リフト ③移動式機械…移動式ボイラー、移動式クレーン、ゴンドラ (...

  • 社労士試験ポイント解説 労働基準法

    労働条件の明示について 本日は労働条件の明示について解説します。 (1)労働条件の明示 労働条件には、必ず定めて明示しなければならない「絶対的記載事項」と、定めは自由ですが、定めた場合は明示しなければならない「相対的明示事項」があります。 ①絶対的記載事項 ・労働契約の期間...

  • 社労士試験ポイント解説 社会保険一般常識

    船員保険の保険給付について 今回は船員保険法の保険給付について解説します。 (1)保険給付の種類 ①療養の給付 ②傷病手当金 ③休業手当金 ④出産育児一時金・出産手当金 ⑤行方不明手当金 (2)傷病手当金の支給期間 支給開始日から通算3年間(健康保険は通算1年6ヶ月) (3...

  • 社労士試験ポイント解説 厚生年金保険法

    厚生年金保険法の届出について 今回は厚生年金保険法の届出について解説します。 (1)事業主が行う届出(一部抜粋) ①新規適用事業所の届出…(一般事業主)5日以内(船舶所有者)10日以内 ②被保険者資格取得届…(一般事業主)5日以内(船舶所有者)10日以内 ③被保険者資格喪失...

  • 社労士試験ポイント解説 勉強方法コラム

    問題集を解く際に気をつけること 今回は社労士試験受験生が問題集を解く際に気をつけることについてお話します。 私が問題集を解く際に個人的に気をつけていたことは以下の3点です。 ①出題頻度の高い項目の問題から優先的に解く ②すべての科目の問題をまんべんなく解く ③間違えた問題の...

  • 社労士試験ポイント解説 国民年金法

    第3号被保険者期間に関する特例 本日は国民年金法の第3号被保険者期間に関する特例について解説します。 (1)第3号被保険者とは 国民年金法の第3号被保険者とは、第2号被保険者(サラリーマンや公務員等)の配偶者で20歳以上60歳未満のものをいいます。第3号被保険者期間は保険料...

  • 社労士試験ポイント解説 健康保険法

    被扶養者について 本日は健康保険法の被扶養者について解説します。 (1)被扶養者とは 健康保険法の被扶養者とは、被保険者に扶養されている親族で一定の要件を満たすものをいいます。この被扶養者に該当すれば、健康保険法における保険給付を受けることができます。また、保険料は被保険者...

  • 社労士試験ポイント解説 労務管理一般常識

    社会保険労務士法の懲戒について 本日は社会保険労務士法の懲戒について解説します。 (1)懲戒の種類 社会保険労務士に対する懲戒は次の3種類です。①〜③の順に処分が重くなります。 ①戒告…厳重注意 ②業務停止…1年以内の業務停止 ③失格…社会保険労務士の資格を失わせる処分 (...

  • 社労士試験ポイント解説 労働保険徴収法

    保険関係の一括について 本日は保険関係の一括について解説します。 (1)保険関係の単位 労働保険は原則として同一企業内であっても本店、支店、工場、事務所のように、1つの経営組織として独立性を持った経営体(事業)ごとに処理する必要があります。 (2)保険関係の一括 労働保険は...

  • 社労士試験ポイント解説 雇用保険法

    被保険者及び事業主に関する届出 本日は被保険者及び事業主に関する届出について解説します。 (1)被保険者に関する届出  ①雇用保険被保険者資格取得届 ②雇用保険被保険者資格喪失届 ③雇用保険被保険者転勤届 ④雇用保険被保険者休業・所定労働時間短縮開始時賃金証明書 ⑤個人番号...

  • 社労士試験ポイント解説 労働者災害補償保険法

    給付基礎日額について 本日は労働者災害補償保険法の給付基礎日額について解説します。 (1)給付基礎日額とは 給付基礎日額とは労災保険の補償給付の基礎となる金額のことです。給付基礎日額は労働基準法12条の平均賃金に相当する金額とされています。原則は労災事故発生以前3ヶ月間の賃...

  • 社労士試験ポイント解説 勉強方法コラム

    連休期間中に気をつけることについて 今回は社労士試験受験生が連休期間中に気をつけることについてお話します。 社労士試験受験生の中には既に年末年始の連休期間にはいった方も多いかと思います。業種にもよりますが、だいたい5日〜6日程度のお休みがあるところが多いかと思います。 普段...

  • 社労士試験ポイント解説 労働安全衛生法

    統括安全衛生責任者と店社安全衛生管理者 本日は統括安全衛生責任者と店社安全衛生管理者について解説します。 (1)統括安全衛生責任者とは 統括安全衛生責任者とは、建設業及び造船業の事業者(特定元方事業者)が、自社の労働者と下請会社の労働者等が混在する一定規模の作業場所において...

  • 社労士試験ポイント解説 労働基準法

    有期労働契約の期間について 今回は労働基準法の有期雇用契約期間について解説します。 労働契約の期間は、正社員などの期間の定めがないものと、契約社員などの期間の定めがあるものがあります。 民法上は、期間の定めがある労働契約では、労働者が途中で労働契約を解除して辞めることはでき...

  • 社労士試験ポイント解説 勉強方法コラム

    勉強を継続させるコツについて 今回はタイトルにもある勉強を継続させるコツについてお話します。 私が意識していたことは「1日の勉強時間の最低ノルマを必ず達成する」 ということです。 私はサラリーマンをしながら受験勉強をしていたのですが、1日の最低 勉強ノルマを出社前の1時間と...

  • 社労士試験ポイント解説 社会保険一般常識

    児童手当の月額について 今回は児童手当法における児童手当の月額について解説します。 児童手当とは、住所地のある市町村から中学校修了前の児童を養育する父母等 に支給される手当をいいます。児童手当を受給するには、住所地の市町村長に 申請し認定を受けなければなりません。 児童手当...

  • 社労士試験ポイント解説 厚生年金保険法

    標準報酬月額等級について 今回は厚生年金保険法の標準報酬月額について解説します。 厚生年金保険では、健康保険と同様に被保険者の保険料は標準報酬月額に よって算定されます。標準報酬月額とは被保険者が事業主から受ける毎月 の給料などの報酬の月額を区切りのよい幅で区分した金額のこ...

  • 社労士試験ポイント解説 国民年金法

    第1号被保険者及び第3号被保険者の届出について 今回は第1号被保険者及び第3号被保険者の届出について解説します。 国民年金法の第1号被保険者及び第3号被保険者は、被保険者資格の取得や 喪失等があった場合は届出が必要です。具体的には以下の通りです。 (1)届出が必要な事項  ...

  • 社労士試験ポイント解説 健康保険法

    任意継続被保険者について 今回は健康保険法の任意継続被保険者について解説します。 任意継続被保険者制度とは、被保険者が退職等により被保険者資格を喪失した 後であっても、一定の要件の基に任意で被保険者を継続できる制度です。 任意継続被保険者になるには以下の要件を満たす必要があ...

  • 社労士試験ポイント解説 勉強方法コラム

    インプットとアウトプットの比率 今回は私が受験生時代に意識していたことについてお話します。 タイトルにあるインプットとアウトプットの比率ですが、分かりやすく 言うと、テキストと問題集のどちらにどれくらいの学習時間を費やすか ということです。 個人的にはテキスト3割、問題集7...

  • 社労士試験ポイント解説 労務管理一般常識

    就業規則による労働契約の内容の変更 今回は労働契約法の就業規則による労働契約の内容の変更について解説します。 労働契約法では、使用者は労働者と合意することなく、就業規則を変更すること により、労働者にとって不利益に労働契約を変更することはできません。 例外として、次の条件を...

  • 社労士試験ポイント解説 労働保険徴収法

    労働保険徴収法における事業の分類について 本日は労働保険徴収法における事業の分類について解説します。 労働保険(労災保険及び雇用保険)の適用を受ける事業には、次の3つの 分類の仕方があります。 (1)強制適用事業と任意適用事業 原則として、労働者を1人でも雇用している事業は...

  • 社労士試験ポイント解説 雇用保険法

    雇用保険の適用除外について 今回は雇用保険の適用除外について解説します。 前回の雇用保険法の解説で、雇用保険の適用事業所をまとめました。 原則、雇用保険が適用される事業所に雇用される労働者は、雇用保険の 被保険者になりますが、次に掲げるものは被保険者にはなりません。 (雇用...

  • 社労士試験ポイント解説 労働者災害補償保険法

    通勤途中の逸脱・中断について 今回は通勤途中の逸脱・中断について解説します。 労災保険は労働者の業務中及び通勤途中のケガや病気等を補償する保険です。 ただし、通勤途中に経路の逸脱又は中断があった場合、それ以後は通勤とは みなされず補償の対象外となります。 ここで言う逸脱とは...

  • 社労士試験ポイント解説 労働安全衛生法

    衛生管理者と産業医の専属要件・専任要件 今回は衛生管理者と産業医の専属要件・専任要件について解説します。 衛生管理者とは事業場の衛生全般の管理をする責任者のことで、産業医とは 企業等において労働者の健康管理等を行う医師のことをいいます。いずれも 常時50人以上の労働者を雇用...

  • 社労士試験ポイント解説 勉強方法コラム

    スキマ時間の活用について 今回は私が行っていたスキマ時間の活用法ついてお話します。 資格試験の勉強をされている社会人の方の中には、お仕事が忙しくて まとまった時間を確保することができない方も多いのではないでしょうか。 そのような方に私が行っていたスキマ時間の活用法をご紹介し...

  • 社労士試験ポイント解説 労働基準法

    労働基準法の適用除外 今回は労働基準法の適用除外について解説します。 労働基準法は労働者保護を目的として作られた法律ですが、一部の労働者には その全部又は一部が適用除外となっています。具体的には以下のとおりです。 (全部が適用除外となる者) ①同居の親族のみを使用する事業で...

  • 社労士試験ポイント解説 社会保険に関する一般常識

    介護保険法の事業者及び施設について 今回は介護保険法の事業者及び施設について解説します。 介護保険サービス事業者や介護保険施設には、都道府県知事又は市町村長の指定又は許可を 必要とするものがあります。具体的には以下のとおりです。 ここでは「誰の」(市町村長or都道府県知事)...

  • 社労士試験ポイント解説 厚生年金保険法

    被保険者の種類 今回は被保険者の種類について解説します。 厚生年金の被保険者は次の4つに区分されます。 ①当然被保険者…適用事業所に使用される70歳未満の者 ②任意適用被保険者…適用事業所以外の事業所に使用される70歳未満の者 ③高齢任意加入被保険者…70歳以上で任意加入し...

  • 社労士試験ポイント解説 国民年金法①

    被保険者の資格について 今回は国民年金の被保険者資格について解説します。 国民年金は、すべての人に共通の基礎年金を支給することから、 20歳以上60歳未満で日本国内に住所のある人は原則としてすべて 被保険者となります。被保険者は第1号、第2号、第3号に区分されます。 第1号...

  • 社労士試験ポイント解説 健康保険法①

    健康保険の適用事業所について 今回は雇用保険の適用事業所について解説します。 労働者が健康保険に加入するためには、健康保険の適用事業所に 雇用されていることが必要です。適用事業所には「強制適用事業所」 と「任意適用事業所」の2つがあります。 強制適用事業所とは次のいずれかに...

ブログリーダー」を活用して、HR社労士事務所さんをフォローしませんか?

ハンドル名
HR社労士事務所さん
ブログタイトル
社労士試験ポイント解説ブログ
フォロー
社労士試験ポイント解説ブログ
カテゴリー一覧
商用