住所
品川区
出身
堺市堺区
ハンドル名
ふぞろいな合格答案さん
ブログタイトル
ふぞろいな合格答案~診断士2次試験過去問分析決定版!
ブログURL
http://fuzoroina.com/
ブログ紹介文
診断士2次試験過去問分析決定版である「ふぞろいな合格答案」の公式HPです。
自由文
解答が発表されない、中小企業診断士2次試験。 そうすると、合格への道を探るには、 受験された方の生の再現答案を分析するしかありません! 再現答案の中から、合格への道を見つけられるはずです。
更新頻度(1年)

83回 / 2139日(平均0.3回/週)

ブログ村参加:2013/04/10

ふぞろいな合格答案さんの人気ランキング

?
  • IN
  • OUT
  • PV
今日 02/15 02/14 02/13 02/12 02/11 02/10 全参加数
総合ランキング(IN) 1951 2083 2052 2060 2098 1987 1967 948945サイト
INポイント 180 150 190 190 180 160 160 1210/週
OUTポイント 330 440 510 600 510 250 390 3030/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
資格ブログ 5 5 5 5 5 5 5 8393サイト
中小企業診断士試験 4 4 4 4 4 4 4 383サイト
今日 02/15 02/14 02/13 02/12 02/11 02/10 全参加数
総合ランキング(OUT) 4162 4375 4342 4430 4576 4594 4239 948945サイト
INポイント 180 150 190 190 180 160 160 1210/週
OUTポイント 330 440 510 600 510 250 390 3030/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
資格ブログ 8 9 9 9 10 13 12 8393サイト
中小企業診断士試験 5 5 5 5 6 6 5 383サイト
今日 02/15 02/14 02/13 02/12 02/11 02/10 全参加数
総合ランキング(PV) 0 0 0 0 0 0 0 948945サイト
INポイント 180 150 190 190 180 160 160 1210/週
OUTポイント 330 440 510 600 510 250 390 3030/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
資格ブログ 0 0 0 0 0 0 0 8393サイト
中小企業診断士試験 0 0 0 0 0 0 0 383サイト

ふぞろいな合格答案さんのブログ記事

?
  • 自己紹介+勉強方法について少し いとー編

    皆様、こんにちは。そうでない人は初めまして! ふぞ12事務局長いとーです(・ω・)/ −−−−−−ここまでテンプレ−−−−−− 私もカッコいいキャッチフレーズをつけたいんですが、何せ一次は多年度・二次はストレートの中途半端な立ち位置なので、どう名乗るか迷います。 一次試験は二度と受けたくない★二次試験ストレート応援ナビゲーター、あたりでしょうか。 というわけで、事務局長の自己紹介! 属性 職業:窓際事務職 家族:31歳独身貴族 受験回数:一次3回、二次1回 得意科目:一次は大体苦手、強いて挙げるなら二次事例Ⅰ・Ⅱ。 勉強方法:TAC通学+タキプロ勉強会 目指した理由:ライフプランに迷って資格取得を目指す。 ……おわかりいただけただろうか。比較的、自分の時間とお金が自由に使えるタイプの受験生です。この時点で、「参考にならねーっ!!」となった受験生もいるかと思います。スミマセン。 現実はどうだったかというと、予備校にお金をつぎ込んで、めいっぱい時間を使っても白い目で見る身内はいないので、正直ダレました。勿論、そんな人間は少数派だと思いますが、私はモチベーションの維持に苦労しました。特に勉強し始めた当初は20代だったので、まぁ1年くらい駄目でもいいか、みたいな甘えが確実にあり、結果として1年目、2年目は、1次も合格ならず……。モチベーションの維持等、メンタル面のケアは結構重要な要素だと思います。 よかった勉強法 ・一次は、同友館の「過去問完全マスター」をひたすら周回する!科目によりますが、特に「運営管理」には有効ではないかと思います。具体的なやり方については、次回の記事でもう少し詳しく触れたいと思います。 ・二次は、オフラインの勉強会に参加する!勉強会が開かれている地域に在住でないと難しいですが、過去問を解いて色々な人と考え方を話し合うと「解答フレーズ」の引き出しは確実に増えます。私はタキプロの勉強会にお世話になってました。東京・大阪近辺に在住の方にはオススメです。 受験生に一言 頑張ってください!!

  • 自己紹介! やまちゃん編

    はじめまして、事例Ⅲ分析チーム(大阪チーム)のやまちゃんです! 最近、事例Ⅲメンバーから孫扱いをされているような気がする20代です。 ふぞろいブログには、企画枠で書かせてもらうことになりました☆彡 少しでも皆様のお役に立てたらと思います。よろしくお願いします~。 〇属性 職業:会社員(製造業の経営企画部門)家族:独身(実家暮らし~('ω')v) 1次得意科目:運営管理、企業経営理論1次苦手科目:経済学・経済政策、経営法務 2次得意科目:事例Ⅱ2次苦手科目:事例Ⅳ ※この自信は得点開示後に消滅します。(得点開示で事例Ⅱが一番低く、事例Ⅳが一番高得点という事実が発覚) よかった勉強方法:過去問を解くときに、勉強会やふぞろいを使ったこと。合格答案と自分の答案の差を考えながら、自分の解答に足りない部分や第三者から見て、自分の解答がどのように見えるのかなどを知ることができました。失敗した勉強方法:先に事例Ⅰ~Ⅲの対策を初めて、事例Ⅳ対策を一次試験が終わってから始めたこと。地獄を見ました~。一次試験の財務会計のノリで事例Ⅳに臨むと大変なことになります。 模試受けたほうが良い?:Yes!!!理由メリット①試験本番みたいな環境で受けることで、試験時間の使い方や4事例連続で受けることによる疲労などが体験できる。→本番の予行練習になる。メリット②添削付き!自分の解答に何が足りなかったのかを添削を通して知ることができる。受けた予備校TAC(2次実力チェック模試、2次公開模試)、AAS2次模試です。個人的には、TAC+どこかで計2回は受けることをお勧めします。理由は、①TACは人数が多いので、自分の立ち位置を知ることが出来るから。②+どこかは、他の予備校の模試を受けることで予備校には少なからずどこも解き方に特徴があることを知っておいた方がいいと思うからの2点です。 1次保険受験について:受けるべき(3科目くらいで) 理由由その年の2次試験に落ちたときのリスク回避になるからです。ただ、保険受験が2次試験の勉強に悪影響を及ぼすなら保険受験はしなくてもいいと思います。個人的なオススメは、2・3科目だけ保険受験する!です。理由は、勉強の負担が7科目より少なく、次年度も使えるからです。私自身、1

  • 自己紹介!たっつん編

    はじめまして。事例Ⅲ分析チーム(大阪メンバー)のたっつんです。 一次1回目敗退2回目合格、二次1回目敗退2回目合格の七転八倒タイプです。 〇属性 職業:会社員(IT営業) 家族:妻1人、子ども3人 チャレンジしようとしたきっかけ:受験勉強開始時の2016年当時の仕事が、とにかくつまらなかった!前職のコンサルの仕事がとても楽しかったので、自分に合ってるだろうと思って。 1次得意科目:運営管理、情報システム、法務(←高得点は取れませんが、好き) 1次苦手科目:中小企業経営政策 2次得意科目:事例Ⅲ、Ⅳ 2次苦手科目:事例Ⅱ 〇よかった勉強法 平日は仕事が終わっても家に帰らず毎日勉強(習慣づけないと継続できず、とても試験範囲カバーできない) 〇失敗した勉強方法 他資格受験。一部重複するけどムダが多い。診断士試験に合格するためだけであれば不必要だと思う。(問題集の活用はアリだと思う。あくまで他資格の受験、合格という意味で) 〇リフレッシュ方法 たまーに家族でピクニック(近くの公園とか競馬場とか) 〇模試受けたほうが良い? YES 理由は? 本番を疑似体験できるので。一次の場合は、法務、経済、運営、中小は法律改正や統計情報などの情報もアップデートできるので特におすすめ。経営、情報も時勢に合わせた問題があって盲点チェックにいいかも。 二次の場合は、題意を正しく捉えられていれば、試験結果は気にしなくていいと思う。 〇1次保険受験について 受けた方がよいと思います。 理由は? 保険受験=二次敗退経験あり、として、二次の敗因が一次にある可能性があるためです。それは知識なのか、読解力なのか、判断力なのか、それ以外なのかはわかりませんが。自分の場合、保険受験で知識、読解力、判断力をアップできたと思ったので。 〇受験生へ一言 この記事を書いていて、勉強を開始したとき、2人目の子ども(長男)が生まれた直後だったのを思い出しました。彼ももう3歳です。そうこうしているうちに下の子が生まれ、彼女も1歳。環境はみなさんそれぞれ違うと思いますが、受験中にも変化があると思います。それでも自分を含むみなさんが、独占業務のない「中小企業診断士」に惹かれた何かがあって、受験することを決めたと思います。

  • 自己紹介!かずま編

    はじめまして。再現答案チーム・事例Ⅰ分析チームの「かずま」です! 各種団体の勉強会も知らず、予備校にも通わず、自習室を借りて一人孤独に受験していました… 毎日、22時ぐらいまで働きつつ、隙間時間でなんとかストレート合格できたので、ポイントを絞った勉強法などを伝えることができればと思います! 〇属性 職業:シンクタンク IT部門 家族:実は、今年中に妻ができる予定です。 〇チャレンジしたきっかけ ①就職4年目になり仕事も慣れ、何か仕事とは別の目標を持ちたかったから、②会社がなくても生きていけるようなスキルを身につけたかったからです。 〇得意科目と苦手科目 1次得意科目:経済 1次苦手科目:経営法務 2次得意科目:特になし 2次苦手科目:事例Ⅳ 〇よかった勉強方法 ふぞろいな合格答案10年データブックを活用しました!この本には事例別の「10年まとめ表」というページがあり、ここでは、年度毎のキーワードがまとめられています。ここでのキーワードや切り口を「暗記」しその切り口を使えるようにすることで、安定した解答が作成できるようになったと思います。 〇失敗した勉強方法 勉強開始当初、家で勉強していたことです。「勉強→眠くなる→ベッド」を繰り返していました。最終的には有料自習室を借りて勉強しました。月4度までの利用で8000円と高額でしたが、集中して勉強することができました。 〇模試受けたほうが良い? YES!! 理由は?(Yesは受けた予備校):TAC 一度は摸試を受けて、1日の流れを疑似体験することは重要だと思います。丸一日頭を使うと疲弊します。そのような疲弊した脳みそで事例Ⅳを解くということは一度経験してみないとわからないと思います。苦行です。 ただし、個人的な意見ですが、ストレート独学性等、時間が限られている受験生は1度の受験のみで十分かと思います。 〇受験生へ一言 自分は合格してわずか数か月ですが、合格しなければ知らなかったであろう、いろんな世界の存在を知りました! また、たくさんの素晴らしい人たちに出会うこともできました。合格してから数か月でこのように感じるので、今後はもっとたくさんの世界を知れるのだと思います。1年前は自分がブログを書くなんて思ってもいませんでした 笑

  • 自己紹介!かわとも編

    はじめまして!事例Ⅰ分析チームの、かわともです! 育児中につき時短勤務中の35歳、1児の母です。2月から診断士の勉強をスタートし、ストイックなガリ勉スタイルでストレート合格しました。Ipadなどのデジタル機器を活用してスマートに勉強する仲間が多い中、私は完全に紙ベースのアナログ派でした。 受験勉強中の息抜きは、予備校ランチ、COOKPADサーフィン、勉強後の晩酌と、食い意地の張ったヤツです。TAC新宿校、渋谷校の周辺のランチ事情は多少詳しいので、興味のある読者の方はこっそり質問してください(^^) ガリ勉でアナログ派ならではの、受験生の皆さんに役立つ情報を発信できればいいなと思っております。 1年間、よろしくお願いいたします! 〇属性 職業:小売。食品ECの業務フローまわりを担当。 家族:夫と4歳の娘。自分自身は2人姉妹の次女で、姉は弁理士。 勉強方法:TAC通学 受験回数:1次、2次ともに1回 勉強を始めた時期:受験年の2月中旬。 今から本腰を入れても遅くありません!ストレート合格できますよ! 1次得意科目:経済学・経済政策 1次苦手科目:経営法務 2次得意科目:事例Ⅱ 2次苦手科目:事例Ⅰ、Ⅲ 〇よかった勉強方法 1次試験:TACのトレーニングにピンク色のペンで解答を書き込み、暗記用赤シートで隠しながら何度も何度も解き、パーフェクトレベルまで仕上げました。 2次試験:事例Ⅰ~Ⅲは、過去問11年分を1.5回転して『ふぞろい』で採点。事例Ⅳは、『事例Ⅳの全知識・全ノウハウ』を用いて出題分野別のタテ解きを行いました。特に第1問の経営分析に多大な効果を発揮しました。 〇失敗した勉強方法 経営法務の克服法がいまだにわかりません…。他のふぞメンに聞いてみたいな。 〇模試受けたほうが良い? できれば受けたほうがいいと思います。TACに通学していたため、模試はパックの中に含まれていました。実際に受けてみて、タイムマネジメント、昼休みの栄養補給ペース、表紙を外すなどのルーティーンを一通り試すことができるため、有意義だと感じました。

  • 自己紹介! ぁっ編

    はじめまして事例Ⅲ分析チームのぁっです! おととしの10月、この勉強をやりきることができるのかという不安の中で資格取得に向けての勉強を始めましたが、なんとか自分の趣味を継続しつつ1年で合格することができました。そんな経験から得られたことを少しでも皆さんに伝えることができたらと思います。1年間よろしくお願いします! 今回は記念すべき初回のブログ投稿ということで、自己紹介をさせていただきます。 〇属性 職業:IT系 エンジニア 家族:独身 1次得意科目:情報、法務 1次苦手科目:なし 2次得意科目:しいていうなら事例Ⅰ 2次苦手科目:事例Ⅳ よかった勉強方法:素振り とにかく過去問と解くことに専念しました。(詳しくはまたブログで書きます!) 失敗した勉強方法:まとめノートの作成 一長一短はあると思いますが、過去問重視で学習していたので、まとめるのに時間がかかりすぎました。 模試受けたほうが良い?:Yes 理由は?(Yesは受けた予備校):1次 LEC,TAC 2次 TAC 1次:4月、5月あたりに模試を受験することをお勧めします。2日で7科目の経験ができるというのもありますが、模試の結果を振り返ることであとどのくらい勉強すればよいのかと目途をつけることができます。 2次:新しい問題に80分で取り組める機会はそうありません。80分の中での時間のマネジメントを意識するようになった、これに尽きると思います。 1次保険受験について:必要ない 理由は?:選択と集中(経験ないのでなんとも言えませんが、自分なら2次に集中します) 〇受験生へ一言 試験はまださき、見えないゴールを目指して今から走り続けるのは大変なことだと思います。われわれふぞろいメンバーも1年前は同じ思いでした。このブログでメンバーが経験したことやノウハウを披露していってくれると思います!ブログを読んでモチベーションを上げて、がんばってください!

  • 自己紹介!おかじ編

    はじめまして! 世界どこでも勉強できる♪ストレート合格ナビゲーターのおかじです。 去年は読者としてふぞろいブログを読んでいたので、こうしてブログを書いているのが不思議な気持ちです。 多忙な中で、貴重な時間を割いて読んでくださっている皆様へ1%でも合格に近づけ、勉強頑張ろう!、と思える記事をお届け出来るように頑張ります! 〇属性 年齢: 31歳 〇勉強期間: 11ヶ月(2018.1.10~12.16) 〇勉強方法: TAC通信 〇家族: 妻と、1歳の子供1人(認可保育園に入れませんでした!きびし〜) 受験生の間、毎日急速に成長する我が子との時間と試験勉強時間の天秤で辛いところがありましたが、その分ストレート合格して翌年は子供との時間を取る!、というモチベーションにはなったと思います。 〇職業: 製造業のマーケティング ふつーの会社員です。 私は仕事柄海外出張が多く、一次試験の勉強期間 202日中、55日、二次試験の勉強期間75日中、31日が海外でした。 日本にいても平日は夜9時前後に帰宅する日々の上、0歳児もおり正直、これで受かれるのか、と悶々とする日々でした。 その不安に突き動かされ、どうすれば効率的に、机に向かわずとも、合格に近付けるかを日々考えていました。 私の経験をお伝えすることで何か皆様のお役に立てれば、と考えています!一年間どうぞ宜しくお願いします! 明日は、大阪の兄貴、ぁっの登場です。

  • 自己紹介!シュホンニ編

    皆様はじめまして。 キャッチフレーズをつくる風習があるので、正直に、自分のことで精一杯だよ!利己主義な多年度合格ナビゲーターと、名乗ることにしました。シュホンニと申します。 早速ですが、ふぞろいのような受験生支援団体の人間にどんなイメージをお持ちでしょうか。自分も受験生時代はよくお世話になったものの、正直、心の中ではこんな風に思っていました。「受験生支援なんてよくできるな~。世の中には物好きな人もいるもんだ・・。」基本的に本業の傍ら無償で活動している訳ですから、さぞ高尚な精神の持ち主で自己実現欲求が満たされ社会貢献に生きがいを感じるハイクラスな人々の集まりなんだろう。そんな風に思っていました。 私の場合は、会社員を辞める実力が欲しくてこの資格に取り組んだ部分もありましたので、受験生を支援してる余裕なんてない、早く診断士としての仕事を受注して、最初は低単価でもいいから確実に仕事をこなし、取引先の信頼を得ながら一歩一歩前進し、着実に自分の市場価値を高めていくんだ。そんな気持ちが先行していました。受験生支援に携わる意志なんて1ミリもなかったのです。自分の人生を考えるだけで精一杯だったのです。 ・・・2018年の暮れ。ふぞろい執筆のスケジュールを凝視し、タスクの整理や先代からの引継ぎにせっせと取り組む自分がいました。何なら年末年始に帰省先でノートPCを開き、地方特有の穏やかな時間の流れに逆らう自分の姿に多少のナルシシズムすら感じていたかもしれません。 あれ、何でこうなったんだっけ?年が明けて冷静になったころに思いました。理由は恐らく2つです。①受験生の方々に有益な情報を納期までにお届けし信頼を獲得する。これ自体、診断士として取引先(今は受験生の皆様)の信頼を獲得するプロセスそのものだと思い直したから②合格直後から活動できるから(4月まで待ってられない) 私は自分本位で物事を考える極めて利己的な人間なのですが、やると決めた以上皆様の役に立つ情報を確実に発信していきたいと思います。他のメンバーと根本は異なるような気もしますが、結果やることは一緒です。こんなメンバーもいると思っていただければ幸いです。

  • 自己紹介!☆はる☆編

    みなさま、いつもふぞろいブログをお読み頂き誠にありがとうございます。 そして、はじめまして! コツコツやればいつかきっと花開く!独学多年度合格ナビゲーターの☆はる☆と申します。 これから1年間のお付き合いになりますが、宜しくお願い致します。 因みに上記自画像イラストは6月に発刊を予定している最新版の「ふぞろい12」用にイラストレーターさんに描いて頂いたものです。(実物よりだいぶ若い感じですが・・・) 実は我々ふぞ12メンバーは、既に昨年12月末には皆様より頂いた再現答案を元に鋭意執筆活動をスタートしております。(年末年始はキーワード分析で殆ど終わったというメンバーも・・・) このふぞろいブログでは、そんな執筆裏話もちょいちょい挟んでいきたいと思います。 なお今回に関しては、例にならって簡単に自己紹介から始めさせてもらえばと思いますが、実は僕はこのふぞろいとは別に「タキプロ」という受験者支援団体にも所属しており、先日タキプロのブログにて僕の合格体験記を掲載頂きました。 タキプロブログも読んでいる方にとっては、内容が重複する事で貴重なお時間を頂くのも申し訳ないので、もしご興味がある方がいらっしゃいましたらそちらをお読み下さい。 (決してこちらでブログを書く手間を省きたい訳ではありません(^_^;)) ということで、今日はタキプロの合格体験記とは少し違った切り口で自己紹介をさせて頂きます。 まず僕の属性は、40代男性独学多年度になります。これを「40代男性」と「独学多年度」に分解してお話しさせて頂きます。 最初に「40代男性」に関してですが、協会が発表している平成30年度の中小企業診断士2次筆記試験の統計資料を確認すると、 という感じで、受験生の中でも申込者としては多い部類に入るんですよね。 でも、このふぞろいを含め、ブログやセミナー等で情報を発信する側の人間は、20代や30代が多いような気がしませんか? (偏見だと思いますが、少なくとも僕はそんな気がしておりました。) 救心のTVCFじゃないですが、40代は責任世代とも呼ばれ、会社では中間管理職として上司と部下に挟まれ、家庭では住宅ローンの返済と家族サービスに追われ、20代・30代のように勉強時間なんて割けないよ~って思った事ありません?

  • 自己紹介!ぞの編

    ふぞろいブログをご覧の皆様、はじめまして。 勉強って楽しいね☆ストレート合格ナビゲーター ぞのです。 「勉強って楽しい?( ゚Д゚)ハァ?」 と思われた皆さん、安心してください。私もそう思っていた人でした。 机に座って勉強したのはもうかれこれ10年以上前、大学受験まで遡ります。なんで勉強しなかったのか。簡単です・・・。 「する必要がなかった」 これにつきます。仕事内容にもよると思いますが、私の仕事はやりながら覚えていけばよいことがほとんどで、かつ良くも悪くも結局コミュ力さえあれば大抵のことはうまくいってしまいます。 できないならできる人に聞けばいいし、それでもできなければお願いすればいい。組織として成果を出すのが重要であるので、それでなんとなくうまくいっていました。上司としては使いやすかったのでしょう、評価も悪くないし、このまま順調にそこそこまで出世していければいいかな、なんて考えていました。ただある時気付いたんです。 「俺もう20代終わるやん。自分に何ができるだっけ?この働き方いつまでできるんだっけ?」 当たり前のことなのですが、驚きました。 「若いうちは自己投資!」「人生100年時代!」「AIで仕事が失われる!」 こういった踊り文句には気づいていましたが、ただどこか他人事に思えてならず、別に「なんとかなるでしょ」って常に思っていました。 「でもそれでいいんだっけ?」「自分はそれで満足なのか?」 そう考えたとき、本屋に行っていました。そしてTACのスピテキを買って読んでみました。 「面白い!!!」「正解した!やった!」 子供みたいですが、本当にこう思いました。知らないことがあって、努力してわかるようになる。当たり前のことが自分にとっては新鮮でした。 そして今、合格してブログを書いています。仲間とふぞろいの執筆活動もしています。診断士のいろんな活動にチャレンジしようとしています。実は今月転職もしました。あと今は別の資格の勉強もしています。 診断士受験というのは私にとって、単なる資格取得ではなく、「スイッチ」でした。人生をより充実した方向へ向かわせてくれるスイッチなんだと思います。

  • 自己紹介!けい編

    はじめましてー! 無理せずマイペースでいこう!多年度合格ナビゲーター けい と申します。 突然ですが、自分は文章を書くのがとっても苦手、でも、「今年は苦手なことにチャレンジしよう」と心に決めました。拙い記事も多いと思いますが1年間どうぞよろしくお願いします。 というわけで、けいってどんな人か知ってもらうため、今回は簡単な自己紹介。 属性 年齢:37歳家庭:妻と二人暮らし職種:システムエンジニアを中心に色々勉強方法:1次は独学、2次は受験校を利用したり、勉強会に参加したり、独学だったり勉強期間:2年と10か月(2016年1月ごろから)得意(1次):経済、財務会計、経営情報システム苦手(1次):経営法務得意(2次):特になし苦手(2次):事例3 受験歴 診断士試験の勉強は2016年の1月ごろスタート、この年は基本的に独学でした。2016年の1次試験は7科目受験で合格、ところが2次試験は・・・体調を崩して受けられませんでした。無念・・・(このときのことは、またおいおい) さて2017年、この年は2次試験に向けて受験予備校に通い始めました。1次試験は7科目保険受験で合格、2次試験は・・・239点。無念・・・(このときのことも、またおいおい) そして2018年、この年は2次試験に向けては、受験予備校時代の仲間との勉強会とあとは基本的に独学でした。っていっても2018年は転職活動したり、地震があったり(大阪北部民です)体調崩したり(またです)であんまり勉強できない1年でした。1次試験は1科目(中小)のみ受け合格、2次試験は・・・合格。 という受験歴です。まとめると 1次試験 2次試験 2016年 合格(491点) 2017年 合格(547点) AACAで不合格(239点) 2018年 1科目受験合格 合格 となるのですが、あれ?2017年、点数おかしくない??って思われる方がいるかと思います。1次試験ハイスコアだけど、2次試験が惜しい感じです。1次と2次のペース配分が上手く調整できていれば合格していたかもしれませんね・・・ そんなこんなで受験生期間は失敗したこと、上手くいった(と思ってるだけかも)ことがいっぱいありました。そんなこと中心に、これからブログで発信し、何かお役に立てればいいなぁと思っています。

  • 自己紹介! もってぃ編

    みなさん、おはこんばんにちは! ふぞろいブログを読んでくださってありがとうございます。 初めまして。ふぞろい12メンバーの 直感に身を任せた筋トレ人! 独学ストレート合格ナビゲーターもってぃです。 これから、1年間よろしくお願いします! では、自己紹介。 普段は製造業で技術職なのですが… ふぞろいでは、切り口・レイヤー、苦手。感じたままに与件文と設問に従って解答を下書きなく書くのが得意という、ロジック20%、フィーリング80%のふぞメンでも特殊枠しています。 そんなわけで、ブログ班の切り込み隊長(自称)をしています。 こんな私ですが、無事に合格できました。 ですが、決してロジックやレイヤー分けがいらないってわけじゃないです。 他のメンバーと話をすると、やはり、レイヤーの切り分け、分析力、ロジック、どれをとっても敵いません。というか、先日、ようやくレイヤーについて話をして、頭を悩ましたわけです。 そうです、苦手なんです。レイヤーとか。時間がなかったというのも理由のひとつですが…。 とは言え、それなりには勉強しました。今までの人生で一番勉強しました。 そんな体験をお伝えして、少しでも似た境遇の方のお手伝いができれば! と思い! これから1年体験談やその時期に何をしていたかを赤裸々にお伝えします! ☆閑話休題☆ さて、中小企業診断士を受験しようと考えたきっかけですが、私は労働組合活動をしていて、活動をしていると社長と直接話をする機会が多くあります。ま~、初めは社長の言っていることの10%も理解できませんでした。 月日は流れ、それなりの役職になって、ふと思ったわけです。 このままじゃダメだ…と そこで、社長と対等に話すことができるスキルを身に着け、提案に納得性をもってもらうため、勉強をしようと一念発起しました! そしてビジネス関係の資格を1年間かけて取得しようと考えたのが、2017年の4月、簿記3級→ビジネスマネージャー検定→ビジネス与信管理2級→ビジネス実務法務2級→簿記2級と続けざまに受験しました。(簿記2級は落としましたが…) しかし、受験すればするほど、もっとビジネス関係の資格の最高峰が必要なのではと、考えるようになり、診断士の受験を決意しました。

  • 自己紹介!ほっしー編

    はじめまして事例Ⅰ分析チーム、企画チームのほっしーです! 1次試験は、科目合格で突破を目指すも、難化科目と遭遇。数年掛けてしまいました。方針転換し全科目で2次の切符を手に入れ、2次2回目で合格となりました。ほんの少し前まで受験生でしたので、今、ブログを書いていることが不思議な感覚でもあります。 解答プロセスの定着がとても重要な2次試験、今後のブログで少しでも、皆さんのお役に立てればと思っております。 中小企業診断士を目指した切っ掛けは、転職活動で気付いた「強み」がない自分からの脱却でした。 子供がまだ小さいころに、配属されていた部署が遠い地に集約されることになり、単身赴任となりました。都内には、戻れる部署はなくなり、生活拠点のある千葉で家族と暮らす為には転職が必要となりました。転職活動で感じたことは、自分の「強み」と言えることがない!!ということでした。仕事のスキルはあるものの、それ以外の分野の強みを持ち合わせていないことが、浮き彫りとなりました。幸い、今までの人との繋がりから転職でき、家族と暮らすことが出来るようにはなりましたが、自分の強みを作る必要性を感じつつ悶々と過ごしていました。 模索する中で、どんな仕事、どんな会社にも必要とされる知識を持つ中小企業診断士の魅力に惹かれ、取得する過程で得られる知識が自分の「強み」になる!と考え、目指すことを決意しました。 情報収集を進める中、セミナーに参加する中で、「人と人との繋がり」を大事にしている先輩方の活動が、自分の中での中小企業診断士の魅力をさらに膨らませていくことになります。合格後の現在、周りの優秀な方々から多くの刺激を受け、その魅力が更に膨らみ続けています。魅力を捉え、活用していく術をこれからの活動を通して体得していくことが、今後の課題です。 〇属性 職業:会社員 技術職 設計 図面をひたすら描いています。 家族:妻、小学5年の息子と、中学1年の娘 遊びに出かける頻度が少ない期間が長く続いていました。 今年は名誉挽回しなくてはと意気込んでいます。 1次得意科目:運営管理 1次苦手科目:経営法務 2次得意科目:事例Ⅲ 2次苦手科目:事例Ⅳ 〇よかった勉強方法

  • 自己紹介!ブルーオーシャン編

    みなさん、はじめまして! 無類のコーヒー好き♪、1次・2次各2回でフィニッシュ、ブルーオーシャンです!コーヒー大好きで勉強の合間によくカフェに通いながら勉強していました(笑) 1~2年目は予備校通学、3年目は独学と予備校と独学を経験しました。 トータル3年の歳月を費やした経験を活かして記事を書いていければと思います。 〇職業 職業は、不動産関係です。 企業が所有する不動産の売買仲介する仕事をしています。 中小企業診断士は同じ業界でもなじみがある資格ではないですが、仕事上扱う不動産は企業が所有しているものが多く、大概の場合は、その不動産を売却すると財務的にどのようなインパクトがあるのか、簡単に言うと売却益がでるのか損をしてしまうのかということが売却の判断に大きく影響します。 業務に携わりながら、中小企業診断士で学習した内容を思い出しながら仕事をしています。 〇家族 妻と子供と1月に2歳になったばかりの娘がいます。 中小企業診断士の勉強は平日はもちろん土日まで勉強時間に割く必要がありますが、たまに妻には小言を言われながら(笑)、極力子供の世話をしつつ、勉強時間を確保しました。 夜は、その日の疲れもあるため、朝早めに起きて勉強していましたね。 〇良かった勉強方法 予備校と独学を経験した自分としてよかった勉強方法を挙げてみます。 よかった勉強方法としては、ふぞろいな合格答案10年データブックの活用です。合格した昨年(平成30年度)は、独学で臨んだのですが、ふぞろいシリーズに参考書を絞って勉強していました。 10年データブックは、昨年7月10日に出版されました。各事例10年分の過去問のふぞろい流で分析された本書は、2次試験に頻出のキーワードを効率よく習得することが出来大変重宝しました。 〇失敗した勉強方法 予備校時代は、通っていた1社の予備校の模範解答を参考にしていたため自分が演習して作成した解答と模範解答の方向性が違っていたりするとはたして自分の解答はあっているのか間違っているのかが分からなくなり、路頭に迷いがちになった時が多々ありました。予備校の解答が良くないのではなく、よりどころを絞っていたことが原因だと思います。

  • 自己紹介 シュンです。

    みなさんはじめましてこんにちはー 飛ばない豚はなんとやら◆ストレート合格サポーターのシュンです。 一応ブログのリーダーみたいなことやっています。 これから1年間、ふぞろいな合格答案12はもちろん、 本ブログを通して皆様に少しでも興味を持っていただける 情報を提供していきたいなー、と思っています。 あまり肩に力入れても仕方なので気軽にいきますね。 去年まで私もそうでしたが、診断士の合格者ってすごい人たちなんだろうなーって思っていました。 でも実際は全く普通のそのへんにいる人間です。 特に私は基本的には特技もたいした自慢話もありません。 気楽にビスケットでもかじりながら読んでください。 スタートは各ふぞろい12のブログメンバーの自己紹介をUPしていきます。 いろんなメンバーがいるので自分と似た属性のメンバー見つけて、 彼ら彼女らがどんな感じで勉強して合格をたぐり寄せたんだろうか、と見てもらえたら面白いかもしれません。 ということで私について。 年齢:33歳 家庭:妻と0歳と3歳のちびっこの4人家族 職業:不動産関連 勉強方法:予備校(TAC)通学、毎日少しでもコツコツと 勉強期間:ちょうど1年(10月から) 得意(1次):運営管理、経済学、中小企業経営政策 得意/苦手事例(2次):事例Ⅳ/事例Ⅰ キャッチフレーズからわかる通りジブリが大好きでございまして、 ちょいちょいそれをからめた記事をUPさせていただくかもしれません。 ジブリ好きはお楽しみに。 今回は最初なので飛ばない豚はなんとやら、このキャッチフレーズの由来について失礼します。 息子と一緒にこの映画見ていたら、 「僕豚さんになる!」と息子がテンション高めに言ったので あ、オレもなろう、と拝借した。それだけです。運命を感じますね。。。 ただこのキャッチフレーズ、意外と的を得ているところもありまして。 2017年9月頃、私はまさにこの診断士試験への挑戦を悩んでいました。 私否定することやできない理由を考えるのってすごい得意なんです。 ・仕事忙しいし ・遊びたい盛りの3歳児いるし ・しかも2月で2人目生まれる予定あるし ・予備校代も結構かかるし ・そもそもオレには無理だよ ・遊びたい 要は、「飛ばない豚」=「ただの豚」で居続ける理由を一生懸命あげて足踏みしてたんです。

  • ふぞろいな合格答案 エピソード12 ブログスタート!

    皆様、はじめまして。ふぞろいな合格答案12プロジェクト(以下、ふぞ12)事務局長いとーです(・ω・)/ −−−−−−ここまでテンプレ−−−−−− 和ませ担当のメンバーは別にいるので、今日は事務局長らしく真面目な話を……。 まずは、ふぞ12メンバーにバトンを繋いでくださった出版社様含め過去のプロジェクトメンバーの先輩方そして、何より再現答案を提供してくださった238名の皆さんに深く感謝いたします。ありがとうございました!再現答案なくしてふぞろいなしです。マジで。 「ふぞろいな合格答案」は二次試験向けの参考書なのでこの時期にこのブログにまで目を通してくれる受験生は、二次試験に対してよい意味で意識が高い方々ではないかと想像します。 そうした皆さんにとっては耳タコ目タコかもしれませんが、ふぞ12スタートの記事としてここで少し「ふぞろいな合格答案」とは何ぞやという話をさせていただきたいと思います。 「ふぞろいな合格答案」は実際に二次試験を受験した受験生の再現答案をふぞろい流の手法で分析し、検証した結果をまとめた参考書です。今、まさに分析している最中ですが、合格答案同士似通った部分もあれば、そうでない部分もあり一口に「合格答案」といっても、その中身は結構多様性があります。 私はふぞろいの最も重要な役割は「可能性の提供」だと感じています。合格者の多くが答案に使用したフレーズはわかりやすい例ですがそれ以外にも、不確実な中、合格にひとつでも繋がる可能性をできるだけ多く受験生に提供していきたい。 今日からふぞ12メンバーによるブログが始まります。メンバーは合格答案のように「ふぞろい」です。 会社で仕事をしながら、立派に子育てもして、試験もパスするスーパーマンみたいなメンバーから私のように、独身貴族の特権(時間と金)を使い倒したような比較的ゆるいメンバーもいます。もちろん、スーパーマンにはスーパーマンの苦悩があるし、私もちゃらんぽらんなりに色々考えて勉強してきました。 「ふぞろい」は可能性の数です。受験生の皆さんもそれぞれ色んなバックグラウンドを持っていると思います。「ふぞろい」の中から、自分にあった可能性を見つけてください。受験生の皆さんがひとりでも多く合格を勝ち取れるよう、私たちも「ふぞろい」な記事で応援していきます。

  • 【最終回】1年間ありがとう!オクムー編【フィナーレ】

    読者の皆様とふぞろい11の仲間達に感謝!!! おっとっと、感情が高ぶってついつい結論を漏らしてしまいました。結論先出しスタイルですね。 気を取り直して、全国のふぞろいブログ読者の皆様、こんにちは! ふぞろい11事務局長のオクムーです。 とうとう「この日」がやって来ました。 約1ヶ月に渡りお届けしたふぞろい11プロジェクト全メンバーによる「1年間ありがとう」シリーズも今日で最終回となります。 つまり、「ふぞろい11ブログ最後の日」です。 ちょうど1年前の2月1日、ふぞろい11ブログが産声をあげました。 当時の投稿をご覧ください。 この異様なテンションの高さとスベり倒し具合を見ても、まともなコンディションでないことが窺えますね(苦笑)未だにこの記事がWeb上で見られると思うと夜も安眠できません。 あの時は、試験合格の勢いそのままガムシャラに突き進んでいたのだな~と感慨深いです(遠い目) 前置きが長くなりましたが、それでは、1年間ありがとう!オクムー編!最後までお付き合いください。 ▼受験生におすすめの勉強法 色々な人がすでに言っていると思いますが、2つのポイントについて取り上げます。 ① 勉強時間を十分に確保すること ② アウトプット(問題を解く)重視の勉強をすること ①は説明不要でしょう。 ②については、1次2次共通でとにかく問題を解くことに多くの時間を費やすことです。 テキストを読む時間やノートに内容をまとめる時間を無駄とは言いませんが、時間効率は低いと思います。 とにかく問題を解いて、間違える→解説を理解して改善する(1次)、間違える→合格者の答案と比較して問題点を改善する(2次)、このプロセスが大きくあなたを成長させるでしょう! 1次は暗記科目についても同じです!暗記するというのは、何度も思い出そうとして確認することです!テキストを読むことではありませんよ! 問題を解いて失敗を繰り返しながら覚えましょう。 ▼なぜ診断士を目指したか とにかく現状を打破したかったから。これに尽きます。 詳しくはふぞろいな合格答案エピソード11の9ページをご覧ください。 ▼診断士をとって良かったか 10点満点で評価すると、10点です! この資格を取ってから、日々の生活が劇的に変わりました。

  • 一年間ありがとう!けいくん。編

    ブログをご覧のみなさん、はじめまして。 受験生メンバーのけいくん。です。 ふぞろい11の活動では、ほんの少しだけ参加させて頂いた身ですが、ブログリレーとして最初で最後の登場となります。 【一次、二次試験の攻略のために大事なこと】 一次試験 ・試験の直前3か月は、過去問中心のアウトプットをみっちりと行うこと。 ・可能なら会場での直前模試を受け、実際の疲労感を体感しておくこと。 二次試験 ・あと数点が足らず、二次試験に落ちてしまった立場ですので、言葉に重みは無いですが、ずばり、「自分を変えること」に尽きるのではないでしょうか。 【受験生におすすめの勉強法、アプリ、アイテムなど】 ・会社と自宅の間に、3ヶ所は勉強できるカフェ等を開拓しておくこと。 気分展開が図れます。 【これから目指す人へのアドバイス(エール)】 ・この試験の受験を通して良かったこととして、 ①相手の話を傾聴する姿勢になる、②相手や物事を慮るようになる、③思い込みの排除を意識するようになる、④多面的に考えるクセが付く、⑤敗者の気持ちがわかるようになる、などがあります。 これらは、特に二次試験において必要とされる考え方にも当てはまるところがありますが、日常のビジネス経験では致命的な失敗をしない限りなかなか自分では気づくことが出来ないことではないでしょうか… 最後に、受験生支援のブログの書き手さんには、今後も自分が書きたいことよりも、受験生が何を求めているかを慮った内容での投稿を期待しております。 明日は、卓越したリーダシップでふぞろい11を率いてくれた事務局長オクムーの登場です。 ------------------------------------------ 合格ナビゲーターの更新の励みになっています! ぽちっとワンクリック、ご協力をお願いします!! ↓↓↓ 他の中小企業診断士関連ブログをチェック! にほんブログ村

  • 一年間ありがとう!たーる編

    ふぞろい11のやると決めたら猪突猛進で!0.5年生合格ナビゲーターたーるです。 ついにこのときがやってきました。今回のブログを最後にふぞろい11のタスクはすべて完了となります。嬉しいような悲しいような…でも満足感は一入(ひとしお)、本当にありがとうございました!! 『ふぞろいPJについて』 振り返れば、途中何度か心が折れそうになったこともありました(;´Д`)

  • 一年間ありがとう!まりぃ編

    みなさん、こんにちは いつもふぞろいブログを読んでくださり、ありがとうございます。 諦めないことがコツ!多年度生ナビゲーターまりぃです。 私の自己紹介は<こちら>です。 いよいよ最後の投稿となりました。 皆様、当ブログに一年間お付き合い下さり、本当にありがとうございました。 今後、ふぞろい12チームをどうぞよろしくお願い申し上げます。 ではさっそくいつものとおりさっと本題に入り、 アンケートに回答していこうと思います。 ●二次試験の攻略のために大事なこと 実際の合格答案を収集して分析し、受かる答案(どこまで書ければ合格できるか) をイメージすること。 与件文・設問文を素直に読み、寄り添うこと。(自分の考えは求められていません!) 自分なりの与件分・設問分の整理方法を定めること。 解答が、採点者に伝わる文章になっているか確認すること。 事例Ⅳの計算問題に慣れるよう、できれば毎日取り組むこと。 ●診断士を取って良かったか(10点満点) 10点満点で良かったです! 理由は大きく以下の3つです。 ①今までとは全く違った属性の方々と数多く出会うことができ とても刺激を受けたこと。 ②もっともっと色々学びたい!と勉強することに 貪欲になれたこと。(色々計画中です) ③ふぞろいPJに参加できたこと。 ●もし受験生に戻れるならどうするか ①事前に合格答案の分析など、2次試験に関する情報収集を 徹底して行う。(私はリサーチ不足で失敗しましたので) ②財務会計の内容をもっと理解できるように勉強時間を割く。 (簿記2級は受けておいても良かったかなと思っています。 財務会計の知識は、試験ではもちろんのこと実務補習や実務で必要でした。) ●これから目指す人へのアドバイス(エール) 中小企業診断士試験は難易度の高い試験です。 ですが、決して手の届かない資格ではないと思います。 諦めない限り、コツコツ努力を積み重ねれば合格出来ます! それぞれ自分にあったペースで頑張って下さい。 ●合格後1年間に経験したこと(実務補習、執筆etc...) 実務補習15日間コース(3社) 実務従事(1社) ふぞろいな合格答案PJへの参加 某予備校の添削講師・H30 試験模範解答作成 補助金審査 協会事業の運営事務局 公的機関の小冊子の執筆 など ●ふぞろいを一年間経験してどうだったか?

  • 一年間ありがとう!まーくん編

    みなさん、こんにちは! 若さと行動力で勝負!独学ストレート合格ナビゲーターまーくんです この何とも代わり映えのしないご挨拶もいよいよ最終回となりました。 さて、一年の締めくくりとして私もアンケートに答えていきます。 一次試験の攻略のために大事なこと これはとにかく、勉強時間です。 一次試験は知識を問われる試験です。そのため、圧倒的に知識が必要とされます。 そんなもの、試験に受かってからだって、ネットで調べればわかるじゃないか、と思い、一次試験の存在に疑問を抱く方もいるかもしれません。 しかし、知識として身についているものをネットで検索することと、わからないことを調べてみることでは、その結果、そして精度はまったく異なります。 一次試験は合格後の診断士活動で必要な知識の取っ掛かりをつける機会です。 運よくここを最低限の勉強で通り抜けても後々、どこかで苦戦することが考えられます。 一気に勉強しておきましょう。また、一次試験の記事でも書いておりましたが、基本は問題を解きまくる、アウトプット重視です。 二次試験の攻略のために大事なこと これはとにかく、勉強時間です。(さっきと同じ) コピペしたわけではなく、やはり時間が大事、と思っています。 ただ、二次試験は一次試験と違い、事例企業への助言が求められます。 どちらかというと、知識というよりは、典型的な助言のテクニック、診断士として最低限、これぐらいの助言は言えてほしいというレベルを問われていると思います。 過去問を解きまくる、ふぞろいで定量的に自分の答案を評価する、といったことは既にご紹介しておりますが、点数が伸び悩んでいる、という方、自分の思う助言に固執してはいないでしょうか。 二次試験は会心の一撃となる助言を求めているのではなく、最低限の助言を求めています。診断士業界としての標準レベル、ともいえるかもしれません。一度、ふぞろいの解答集をみて、その「標準」というものを探ってみてはいかがでしょうか。 その「標準」を知ったうえで、解いた事例数が実力に直結すると思いますので、やはり勉強時間が大事です。 診断士に合格して、仕事や生活にどう影響したか 実はあまり変わりませんでした。(笑) 私は会計士資格も持っており、会計士の協会での活動にも顔を出していました。

  • 一年間ありがとう!りえぞ編

    受験生の皆様、ふぞろいな合格応援ブログを読んでくださってありがとうございます。あなたのペースでいいんだよ♪粘り勝ち多年度生合格ナビゲーターりえぞです。いよいよ今回で最後のブログです。他メンバー同様、テーマに沿った形で書いていきます。一年間、お付き合いをありがとうございました。 ■診断士に合格して、仕事や生活にどう影響したか 私の場合はまだ診断士登録に至っていないこともあり、診断士合格にまつわる直接的な影響は限定的でした。逆に間接的な影響は多くあり、診断士勉強に一区切りがついたおかげで、新しい領域の勉強に手を広げたり、ライフイベントの転機を迎えることができました。私は今年、NLP(神経言語プログラミング)プラクティショナー認定と、PHPビジネスコーチ中級認定を取得しました。新任のラインマネージャーとしてコーチングやコミュニケーションは課題認識が強かったので、会社から学びの機会をもらったことはとてもありがたいことでしたが、一方でこれら学びの中で課される宿題も多く、診断士勉強との両立は難しかっただろうと、今振り返って感じています。また、この度第一子を授かり、産休まであと2か月弱となりましたが、もし今年も受験生を続けていたとしたら、どれだけ家族のことに目が向いたかわかりません。決してサンクコストに囚われて受験生を長く続けていたわけではありませんが、長い受験生生活に区切りがついたことは本当に良かったと思っています。 診断士合格後に仕事や生活に大きな転機が来るかは本人次第であり、合格後の活動に関するビジョンを明確に持ち、ビジョン実現のためにどれだけ行動するかによると感じています。皆さんには是非、受験勉強の息抜きとして、合格後の活動に関するビジョンを持つために様々な情報収集などをされることをお勧めします。 ■診断士を取って良かったか(10点満点)

  • 一年間ありがとう!よっしー編

    皆さま、初めまして。よっしーと申します。 ふぞろいセミナーでは事例Ⅳについてお話しさせていただいたこともあります(^^♪ 私は税理士として事務所の経営をしながら診断士の勉強をしてました。 今回は、他士業の方でも中小企業診断士を受ける意味があるのか、迷われている方にも参考になると思いますので是非最後までお読みいただければ嬉しいです。 なぜ診断士を取得したのか 税理士として働いていると、経営者の方とお話しする機会が多くあります。 経営者と話していて、会計や税務のことならなんでも答えられるのですが、経営や人に関するお悩みも多く、これらのことに知識がを深めたい。そんな思いで、本屋に行ったときに偶然診断士の資格の本を読んだことから、「自分に足りないスキルはこれだ!」と思い、これをきっかけに目指すようになりました。 診断士試験の勉強について ・一次試験の攻略のために大事なこと 一次試験はとにかく複数受験をお勧めします。これは地雷科目を避けるためであり、どんなに頑張って一科目に絞って勉強しても、その科目が地雷だったら一年を棒に振ることになります。 複数科目の勉強の方法ですが、ある程度知識がついてきたらあとはいかに問題を高回転させるかになるので、私の場合はスピテキのアプリで通勤時間中に勉強しておりました。 ・二次試験の攻略のために大事なこと 初年度の方はまず、ふぞろいを買いましょうw。二次試験とはどういうものか、合格者はどのように問題を解いているのか、ふぞろいを読めばこれらが分かります。 二年目以降の方は、ぜひ他の受験生と交流して、与件文の読み方、メモの取り方を聞いてきましょう。新たな発見があるかもしれません。実際に私も、二年目に受験仲間のメモの取り方をパクって、自分の解答プロセスに取り込みました。これは自分が合格したうえで大きな要因だと思っています。 ・受験生におすすめの勉強法、アプリ、アイテムなど 私は中小企業診断士の勉強をする時は喫茶店で行うことが多かったです。もちろん予備校の自習室で勉強することもありましたが、あの静寂の中で勉強するのは息が詰まることがあり(^-^

  • 一年間ありがとう!とよでぃ編

    ブログをご覧のみなさま、こんにちは! 全身全霊!受験生の応援部員!2年生合格ナビゲーター とよでぃです。 遂に! 私が書くブログも最後です! 遂に私のふぞろいプロジェクトもこれにて終了です! 今の率直な気持ちを申し上げますと、 「やっと終わりだー!うぇーい!」 って感じです。 これがですね、名残惜しいとか、寂しいとかいう感覚は皆無なんですよ。 「え、何、とよでぃってドライ?酷い」って思った方もいらっしゃるかもしれません。 何故なのかなと考えてみると、 ふぞろいプロジェクトに声を掛けて頂いた際に、「やりたい!」と思っていたことは全部やったので、バーンアウトではないですけど「もういいかな」という感じなのかなと思います。ちなみにやりたかったことは以下です。 ・分析チームリーダー ・再現答案(80分間のドキュメントを書く) ・受験対策セミナーでの講師役 ・ふぞろい初の仙台セミナー企画運営×2 ・ブログ投稿 ・受験経験、ノウハウ、自分の考えをとにかく発信…etc 個人的にはもう 「やり切ったわ!もういいわ!」 って感じなんです。 自分は社会人になってから、仕事のこと、将来のことで相当悩みを抱えて生きてきて、それを打開するために中小企業診断士試験を受験しました。何かしら武器と言うか、切り札と言うか、そういったものを得たかったのだと思います。この中小企業診断士取得を目指される方は、今ある現状を何とか変えるために努力を重ねている方が多いような気がします。かつての自分のような。自分と同じ境遇にあって努力している方を、応援したい!何かしらの役に立ちたい!といった想いだけで、1年間活動してきました。特に私は2次筆記試験で1度不合格になった経験もあり、その失敗経験も活かして、自分だから伝えられることを想いのままに伝えてきました。「1人の合格者のリアルを伝えること」そのことが受験生の方へ何かしらの気づきを与えられたらいいな、と思って活動を全うしてきました。今思うと、大学時代にやっていた応援部と同じようなことをやっていたのかもしれません。 気持ちだけでやってました。 プロジェクト期間中、受験生の方から、 「お金をもらっていないのによく出来ますね」と言われることがありました。 逆に、お金が発生するのであれば、ここまでやらなかったと思います。

  • 1年間ありがとう!mcky編

    みなさん、お疲れ様です。カバチたれんとやるだけじゃけえ!ストレート合格ナビゲーター mcky(まっきー)です。 いよいよ、筆をとるのも本日が最後となりました。 1年間お付き合いいただき、本当にありがとうございました。 なるべく、隙間時間で読め、かつ有用なことを書くことを心がけてはいましたが、1ミリでも皆様のためになったのであれば、幸いでございます。 本日はアンケートにお答えし、筆を置くこととします。 ①なぜ診断士を目指したか ワシは、そもそも経営コンサルタントになるために、この資格を取得しました。 前職では、製造業で営業や経営企画の仕事をしておりましたが、「ワシのやりたいことって、こういうことだっけ?」と考え直し、自分の人生を見つめ直した結果です。 経営コンサルタントという意味では、別にMBAでもいいし、独占業務ではないためそもそも資格は要らないだろと言われるかもしれませんが、 MBAは横文字で気取ってて、何だかドラスティックなスキームという意味ではハレーションなイシューだと思い、ライセンスをゲットするのにアグリーできなかったんです。 また、何の経験も後ろ盾もない若造を、どこの社長も信用するわけがないので、ある程度信頼を勝ち取るために資格を取りました。 ②診断士に合格して、仕事や生活にどう影響したか 2018年の6月に広島に戻り、実際に独立し、駆け出しではありますが、広島で経営コンサルサントをやっています。 なのでワシにとっては、この資格は自分の夢をかなえてくれる魔法の資格です。 ③合格後1年間に経験したこと もの補助や持続化補助金等の計画書作成、事業承継や信用保証協会等の案件、また本やコラムの執筆等をさせていただきました。同時に自己投資もそれなりにやっております。 まだまだやれることはあるはずなので、今年もどんどん仕事を獲得したいと思っています。 学んだことを実践し、軌道修正し、また学びを得て実践し、といったPDCAを回しながら何とか生きていってます。課題は山ほどありますが。 ④これから目指す人へのアドバイス(エール) 人によって、中小企業診断士の資格を取る目的は様々です。 顧客から信用を得るためであったり、希望する部署へ異動するためだったり、転職するためだったり、まさに十人十色です。

  • 一年間ありがとう!ゆうちゃん編

    みなさんこんにちは😃 ストイックなあなたを強力サポート🤝超速ストレート合格ナビゲータゆうちゃんです。 これまで25回にわたってお送りしてきましたブログも遂に今日で最期の投稿になってしまいました。 僕が短期間でストレート合格するためにやったことで、言葉で受験生にお伝えできることは全てお伝えしたつもりです。 下にバックナンバーのリンクを貼っておきます。 診断士になる意義は明確か ストレート合格する勉強時間管理・勉強法‼️ 一次試験までのハードスケジュールをこなすには 残酷な真実 ストイック講座① ストイックな勉強方法 ストイック講座② ストイックな勉強生活 ストイック講座③ 一次受験前の二次対策~戦略編~ ストイック講座④ 一次受験前の二次対策~実践編その1~ ストイック講座⑤ 一次受験前の二次対策~実践編その2~ ストイック講座⑥ 一次受験前の二次対策~実践編その3~ 一次試験直前に会社を休むべきか 一次試験3週間前にやるべきこと 一次試験まであと5日でやるべきこと 二次試験に受かる覚悟はあるか ストイックな計画・目標設定 ストイックな息抜き 私の二次試験解法プロセス前編 私の二次試験解法プロセス後編 ストイックの極め 終わりは始まり 二次試験を受けた貴方に花束を 診断士人生の選択肢 診断士になって知る自らの価値 いよいよ本日合格発表 どうしたらストレート合格できるかと訊かれたら 診断士としての一年を振り返る では、本題に移って順次質問にお答えします。 ・一次試験の攻略のために大事なこと ・二次試験の攻略のために大事なこと ・受験生におすすめの勉強法、アプリ、アイテムなど ・なぜ診断士を目指したか ・合格後1年間に経験したこと(実務補習、執筆etc...) →ブログに書いてるので省略します。 ・診断士に合格して、仕事や生活にどう影響したか →仕事にはほぼ影響していません。インフラのエンジニアで直接的に使う知識もないためです。ロジカルな考え方や説明はできるようになったと思います。ただ、周りの目は少し変わりました。仕事と直接関係のない資格に挑むような人はいないので。 生活は全て変わりました。診断士の直接と関係ないものも含めて、現在のほぼプライベートの予定は診断士になってからのものがほとんどを占めています。

  • 一年間ありがとう!そうちゃん編

    みなさん、はじめまして!そうちゃんと申します。 昨日のおぎちゃんと同じく、私も受験生メンバーとしてふぞろい11に参加していました。 おぎちゃんの記事にあった豆腐メンタルの克服は・・・たぶん出来てないと思います 笑 しかし、そんな私でもなんとか今年の2次試験に合格することができました! ブログ初登場で緊張していますが、みんなと同じくお題に答えていきますので、最後まで読んで頂けると嬉しいです。 ▼二次試験の攻略のために大事なこと 自分の頭で考え続けることだと思います。 二次試験の学習の方向性は各予備校や合格者によって様々です。 だからこそ、「ふぞろいな合格答案」が生まれるわけです。 その中で、どれがより合格に近いのか。 二次試験の本質は何なのか。 どういう解答に高得点がつくのか。 更に言うと、自分にとって何がベストなのか。 過去問題と合格答案の分析を通じ、それらを徹底的に考え続けることです。 その過程を通じてしか、本試験のゆさぶりにも動じない、自分に最適化されたスタイルは身につかないのではないでしょうか。 予備校の講師や先輩合格者のアドバイスを咀嚼して取り入れることは大事です。 しかし、判断まで人任せにしていては、本試験の対応力で遅れを取ってしまうかもしれません。 ▼もし受験生に戻れるならどうするか 私は受験生を3年間味わい尽くしたので、もう戻りたくない!というのが本音です 笑 ただ、本試験のプレッシャーを除けば、悪くない3年間だったのでは、とも思うんですよね。 なにせ、受験勉強やふぞろい11での活動を通じて、自分の人生を豊かにしてくれる多くの出会いがありましたから。 勉強面でもけっこう充実していたと思いますが、1つやり直すなら、1年目の年明けくらいから2次試験の勉強に取り組むことですね。 ▼これから目指す人へのアドバイス(エール) 私はまだ合格の通知をもらったばかりで、中小企業診断士の世界をほとんど知りません。 ですから、私から送るエールは、 勉強を楽しんでください! です。 ふぞろい11メンバーを見ていても、勉強方法やポイントは十人十色です。 合格するための勉強方法に決まりきったものはありません。 全て自分で考え、判断し、決断していくことが必要です。 それはつまり、自由ということです。

  • 一年間ありがとう!おぎ編

    初めまして、こんにちは!おぎです!先日のなかじーの紹介のとおり受験生メンバーとしてふぞろい11に参加しました。今回ブログリレーで初めてブログを書かせてもらいます。短い間ですがどうぞよろしくお願いします。 ▼一次試験の攻略のために大事なこと ①勉強時間捻出方法と自分の科目ごとの実力を把握して早めに目標得点の戦略を立てる。②インプットよりアウトプットの量を増やす。 ③出題頻度に合わせて過去問を解く。 ただ、経営法務は近年難化傾向にあるので模試を複数受けて過去問以外の論点を増やすなど対応が必要かもしれません。 ▼受験生におすすめの勉強法、アプリ、アイテムなど 主に1次試験の科目の記憶方法ですが、インプット後すぐではなく1時間後か翌日にチェック問題を解くなどがお勧めです。個人的には、程よく(5~6割)忘れたころに思い出すのが一番記憶に定着するような気がします。 また、消しゴムは消しやすいものを使いましょう。マークシートにせよ二次試験答案用紙にせよ破れる心配がない、消し心地が軽いものがお勧めです。また、一字分を消す消しゴムもあるので二次試験での消しゴム使用頻度が高い人にお勧めです。 ▼これから目指す人へのアドバイス(エール) 人生百年時代と言われる昨今、AIや外国人労働者など雇用環境の変化も踏まえて、自分の目指すキャリアの方向性をよく考えたうえで金や労力をつぎ込みましょう!キャリアにおいて複数の選択肢を持つことが大事になってくる時代なので中小企業診断士の多様な人脈はあなたのキャリアを切り開くカギになると思います!! と偉そうなこと書きましたが、私も今回の二次試験不合格後、キャリアプラン含めた人生計画を練り直しているところなので自戒も込めて書いています(笑) また、取得に当たっての注意点として、勉強や仕事・家庭との優先順位が大事になると思います。特に、家庭を顧みず受験が終わったら家族サービスの時間を取ると家族を説得していると、受験生時代より多忙になり家族サービスが実現できず家族仲にひびが入るということもあるそうです。受験生時代から周囲の理解を得ておくことや優先順位づけの習慣がとても重要かと思います。 ▼今年合格した人に向けたメッセージ

  • 一年間ありがとう!なかじー編

    こんにちは! 好きな言葉はコスパ☆独学ストレート合格ナビゲーターのなかじーです。 自己紹介はこちら★ 最後のブログになりました!! 私は独学だったのでなんのセオリーもなく、極めてちゃらんぽらんな記事ばっかりでしたが…それでも「あのブログ読みましたよ」なんて言っていただくことがあり、とても嬉しかったです。読んでいただいた皆様、本当にありがとうございました。 私も他のメンバーと同様に、お題に答えていきます。 ▼診断士に合格して、仕事や生活にどう影響したか 「SE」だった肩書きが、「本業はITコンサルタント、副業でライター・中小企業診断士・コーチ」へと…えっ、同じ人?ってくらい自己紹介の内容が変わりました。 ▼なぜ診断士を目指したか ・本業(SE)で上流工程を担当したかったから。 ・育休明けでマミートラック(出世とは一線を画した、子育てママ向けのゆるめのキャリアのこと)に乗りたくなかったから。 ▼診断士を取って良かったか(10点満点) 10点。もともと合格後には何も期待してなかったけど、今まで取った資格の中で得るものが多かったです。とくに他の資格では得難いと思うものといえば下記の3つでしょう。 ・尊敬・信頼できる仲間や先輩が本当にたくさんできたこと ・子供の頃からやりたかった物書き活動ができたこと ・診断士の資格と1年間の診断士活動の結果、SEからコンサルタントへのキャリアチェンジを達成できたこと マズローの五段階欲求でいうと、「所属と愛の欲求」と「承認欲求」、そして「自己実現欲求」まで診断士の資格とそれから派生する活動によって、かなり満たせてしまった形です。 ▼もし受験生に戻れるならどうするか 受験生には戻りたくない。戻っても同じスタイルで同じ勉強をする。笑 しいていうなら、前回の記事で書いたように、合格した後に色んなコミュニティに入りすぎないようにします。(1年目は忙し過ぎた) ▼これから目指す人へのアドバイス(エール) この資格は、受かったあとがほんとに面白いです。 同じ診断士としてお会いできる日を楽しみにしています。 ふぞろい12のメンバーがこれから執筆、ブログ、セミナーなどの活動をしていきますので、どうぞ皆様のリソースとしてたくさん吸収してくださいね。 ▼合格後1年間に経験したこと(実務補習、執筆etc...) ・ふぞろいの執筆・セミナー主催・ブログ

  • 一年間ありがとう!ちーたー編

    今回が私の最後のブログです・・・って連日書かれているのを見て、いい加減「知らねーよ!」となってる皆様、こんばんは。 「配られたカードで勝負するっきゃないのさ」ストレート合格ナビゲーターのちーたーです。 ただ、断続的とはいえ1年間ブログを書き続けてきて、それがもう最後となるとそれなりに感慨みたいなものも芽生えてくるのです。ご容赦ください。 私がふぞろいの活動で一番楽しんでいたのは、実はこのブログだったりします。ブログはふぞろいの中で最も自由なメディアなので、書きたいことが書けてとても楽しかった。反面、「チラシの裏にでも書いとけよ」という、やや自己耽溺が強い内容も多かったかもしれません。「書くべきこと」よりも「書きたいこと」を書いてしまっていた部分もあります。社会人としてあるまじきことです。申し訳ない。しかし、そんなお目汚しも今回が最後です。 さて、最後の投稿にはテーマがいくつか設けられておりまして、その中から5つ選んで書いていくことになっております。5つ・・・中々の分量です。ブログリーダーかずさは最後まで追撃の手を緩めないようですね。まったりゆっくり、人を締め付けてきます笑 さて、冗談?はこのくらいにして、最後のブログ、そろそろまいりましょうか。 テーマ① なぜ診断士を目指したか これは私の自己紹介をご覧頂いた方が早いですね。 AIによって会計業界の仕事がなくなるという不安から、 新たな付加価値を付けるべく、診断士を目指しました。 ここで、こぼれ話を1つ。 診断士はよく、AIに代替されにくい資格だと言われています。 それを実務補修の時に担当して頂いた先生にお話ししたところ、 「当たり前でしょ。個々人がやってることがバラバラなんだから、(全体としては)代替されようがない。」という身も蓋もない答えが返ってきました笑。 そうか、そういうカラクリがあったのか・・・まぁ、それだけ応用が利く資格だということで。 テーマ② 診断士に合格して、仕事や生活にどう影響したか まずは、仕事への影響から。 仕事については、非常に効率化されました。これは運営管理を学んだことが大きいです。 会計事務所の業務は基本的にルーティンワークであることから、仕事の組み立てがしやすく、運営管理の考え方、ツールが非常に役に立ちます。