住所
品川区
出身
堺市堺区
ハンドル名
ふぞろいな合格答案さん
ブログタイトル
ふぞろいな合格答案~診断士2次試験過去問分析決定版!
ブログURL
http://fuzoroina.com/
ブログ紹介文
診断士2次試験過去問分析決定版である「ふぞろいな合格答案」の公式HPです。
自由文
解答が発表されない、中小企業診断士2次試験。 そうすると、合格への道を探るには、 受験された方の生の再現答案を分析するしかありません! 再現答案の中から、合格への道を見つけられるはずです。
更新頻度(1年)

58回 / 2114日(平均0.2回/週)

ブログ村参加:2013/04/10

ふぞろいな合格答案さんの人気ランキング

?
  • IN
  • OUT
  • PV
今日 01/21 01/20 01/19 01/18 01/17 01/16 全参加数
総合ランキング(IN) 2905 2817 2898 2756 2606 2655 2434 946439サイト
INポイント 0 160 110 90 140 30 170 700/週
OUTポイント 0 410 390 290 250 260 380 1980/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
資格ブログ 8 8 8 7 7 7 7 8341サイト
中小企業診断士試験 6 6 6 5 5 5 5 383サイト
今日 01/21 01/20 01/19 01/18 01/17 01/16 全参加数
総合ランキング(OUT) 5634 5426 5562 5631 5247 4995 4974 946439サイト
INポイント 0 160 110 90 140 30 170 700/週
OUTポイント 0 410 390 290 250 260 380 1980/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
資格ブログ 14 15 16 17 16 15 15 8341サイト
中小企業診断士試験 6 6 6 6 6 6 6 383サイト
今日 01/21 01/20 01/19 01/18 01/17 01/16 全参加数
総合ランキング(PV) 0 0 0 0 0 0 0 946439サイト
INポイント 0 160 110 90 140 30 170 700/週
OUTポイント 0 410 390 290 250 260 380 1980/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
資格ブログ 0 0 0 0 0 0 0 8341サイト
中小企業診断士試験 0 0 0 0 0 0 0 383サイト

ふぞろいな合格答案さんのブログ記事

?
  • 一年間ありがとう!ゆうちゃん編

    みなさんこんにちは😃 ストイックなあなたを強力サポート🤝超速ストレート合格ナビゲータゆうちゃんです。 これまで25回にわたってお送りしてきましたブログも遂に今日で最期の投稿になってしまいました。 僕が短期間でストレート合格するためにやったことで、言葉で受験生にお伝えできることは全てお伝えしたつもりです。 下にバックナンバーのリンクを貼っておきます。 診断士になる意義は明確か ストレート合格する勉強時間管理・勉強法‼️ 一次試験までのハードスケジュールをこなすには 残酷な真実 ストイック講座① ストイックな勉強方法 ストイック講座② ストイックな勉強生活 ストイック講座③ 一次受験前の二次対策~戦略編~ ストイック講座④ 一次受験前の二次対策~実践編その1~ ストイック講座⑤ 一次受験前の二次対策~実践編その2~ ストイック講座⑥ 一次受験前の二次対策~実践編その3~ 一次試験直前に会社を休むべきか 一次試験3週間前にやるべきこと 一次試験まであと5日でやるべきこと 二次試験に受かる覚悟はあるか ストイックな計画・目標設定 ストイックな息抜き 私の二次試験解法プロセス前編 私の二次試験解法プロセス後編 ストイックの極め 終わりは始まり 二次試験を受けた貴方に花束を 診断士人生の選択肢 診断士になって知る自らの価値 いよいよ本日合格発表 どうしたらストレート合格できるかと訊かれたら 診断士としての一年を振り返る では、本題に移って順次質問にお答えします。 ・一次試験の攻略のために大事なこと ・二次試験の攻略のために大事なこと ・受験生におすすめの勉強法、アプリ、アイテムなど ・なぜ診断士を目指したか ・合格後1年間に経験したこと(実務補習、執筆etc...) →ブログに書いてるので省略します。 ・診断士に合格して、仕事や生活にどう影響したか →仕事にはほぼ影響していません。インフラのエンジニアで直接的に使う知識もないためです。ロジカルな考え方や説明はできるようになったと思います。ただ、周りの目は少し変わりました。仕事と直接関係のない資格に挑むような人はいないので。 生活は全て変わりました。診断士の直接と関係ないものも含めて、現在のほぼプライベートの予定は診断士になってからのものがほとんどを占めています。

  • 一年間ありがとう!そうちゃん編

    みなさん、はじめまして!そうちゃんと申します。 昨日のおぎちゃんと同じく、私も受験生メンバーとしてふぞろい11に参加していました。 おぎちゃんの記事にあった豆腐メンタルの克服は・・・たぶん出来てないと思います 笑 しかし、そんな私でもなんとか今年の2次試験に合格することができました! ブログ初登場で緊張していますが、みんなと同じくお題に答えていきますので、最後まで読んで頂けると嬉しいです。 ▼二次試験の攻略のために大事なこと 自分の頭で考え続けることだと思います。 二次試験の学習の方向性は各予備校や合格者によって様々です。 だからこそ、「ふぞろいな合格答案」が生まれるわけです。 その中で、どれがより合格に近いのか。 二次試験の本質は何なのか。 どういう解答に高得点がつくのか。 更に言うと、自分にとって何がベストなのか。 過去問題と合格答案の分析を通じ、それらを徹底的に考え続けることです。 その過程を通じてしか、本試験のゆさぶりにも動じない、自分に最適化されたスタイルは身につかないのではないでしょうか。 予備校の講師や先輩合格者のアドバイスを咀嚼して取り入れることは大事です。 しかし、判断まで人任せにしていては、本試験の対応力で遅れを取ってしまうかもしれません。 ▼もし受験生に戻れるならどうするか 私は受験生を3年間味わい尽くしたので、もう戻りたくない!というのが本音です 笑 ただ、本試験のプレッシャーを除けば、悪くない3年間だったのでは、とも思うんですよね。 なにせ、受験勉強やふぞろい11での活動を通じて、自分の人生を豊かにしてくれる多くの出会いがありましたから。 勉強面でもけっこう充実していたと思いますが、1つやり直すなら、1年目の年明けくらいから2次試験の勉強に取り組むことですね。 ▼これから目指す人へのアドバイス(エール) 私はまだ合格の通知をもらったばかりで、中小企業診断士の世界をほとんど知りません。 ですから、私から送るエールは、 勉強を楽しんでください! です。 ふぞろい11メンバーを見ていても、勉強方法やポイントは十人十色です。 合格するための勉強方法に決まりきったものはありません。 全て自分で考え、判断し、決断していくことが必要です。 それはつまり、自由ということです。

  • 一年間ありがとう!おぎ編

    初めまして、こんにちは!おぎです!先日のなかじーの紹介のとおり受験生メンバーとしてふぞろい11に参加しました。今回ブログリレーで初めてブログを書かせてもらいます。短い間ですがどうぞよろしくお願いします。 ▼一次試験の攻略のために大事なこと ①勉強時間捻出方法と自分の科目ごとの実力を把握して早めに目標得点の戦略を立てる。②インプットよりアウトプットの量を増やす。 ③出題頻度に合わせて過去問を解く。 ただ、経営法務は近年難化傾向にあるので模試を複数受けて過去問以外の論点を増やすなど対応が必要かもしれません。 ▼受験生におすすめの勉強法、アプリ、アイテムなど 主に1次試験の科目の記憶方法ですが、インプット後すぐではなく1時間後か翌日にチェック問題を解くなどがお勧めです。個人的には、程よく(5~6割)忘れたころに思い出すのが一番記憶に定着するような気がします。 また、消しゴムは消しやすいものを使いましょう。マークシートにせよ二次試験答案用紙にせよ破れる心配がない、消し心地が軽いものがお勧めです。また、一字分を消す消しゴムもあるので二次試験での消しゴム使用頻度が高い人にお勧めです。 ▼これから目指す人へのアドバイス(エール) 人生百年時代と言われる昨今、AIや外国人労働者など雇用環境の変化も踏まえて、自分の目指すキャリアの方向性をよく考えたうえで金や労力をつぎ込みましょう!キャリアにおいて複数の選択肢を持つことが大事になってくる時代なので中小企業診断士の多様な人脈はあなたのキャリアを切り開くカギになると思います!! と偉そうなこと書きましたが、私も今回の二次試験不合格後、キャリアプラン含めた人生計画を練り直しているところなので自戒も込めて書いています(笑) また、取得に当たっての注意点として、勉強や仕事・家庭との優先順位が大事になると思います。特に、家庭を顧みず受験が終わったら家族サービスの時間を取ると家族を説得していると、受験生時代より多忙になり家族サービスが実現できず家族仲にひびが入るということもあるそうです。受験生時代から周囲の理解を得ておくことや優先順位づけの習慣がとても重要かと思います。 ▼今年合格した人に向けたメッセージ

  • 一年間ありがとう!なかじー編

    こんにちは! 好きな言葉はコスパ☆独学ストレート合格ナビゲーターのなかじーです。 自己紹介はこちら★ 最後のブログになりました!! 私は独学だったのでなんのセオリーもなく、極めてちゃらんぽらんな記事ばっかりでしたが…それでも「あのブログ読みましたよ」なんて言っていただくことがあり、とても嬉しかったです。読んでいただいた皆様、本当にありがとうございました。 私も他のメンバーと同様に、お題に答えていきます。 ▼診断士に合格して、仕事や生活にどう影響したか 「SE」だった肩書きが、「本業はITコンサルタント、副業でライター・中小企業診断士・コーチ」へと…えっ、同じ人?ってくらい自己紹介の内容が変わりました。 ▼なぜ診断士を目指したか ・本業(SE)で上流工程を担当したかったから。 ・育休明けでマミートラック(出世とは一線を画した、子育てママ向けのゆるめのキャリアのこと)に乗りたくなかったから。 ▼診断士を取って良かったか(10点満点) 10点。もともと合格後には何も期待してなかったけど、今まで取った資格の中で得るものが多かったです。とくに他の資格では得難いと思うものといえば下記の3つでしょう。 ・尊敬・信頼できる仲間や先輩が本当にたくさんできたこと ・子供の頃からやりたかった物書き活動ができたこと ・診断士の資格と1年間の診断士活動の結果、SEからコンサルタントへのキャリアチェンジを達成できたこと マズローの五段階欲求でいうと、「所属と愛の欲求」と「承認欲求」、そして「自己実現欲求」まで診断士の資格とそれから派生する活動によって、かなり満たせてしまった形です。 ▼もし受験生に戻れるならどうするか 受験生には戻りたくない。戻っても同じスタイルで同じ勉強をする。笑 しいていうなら、前回の記事で書いたように、合格した後に色んなコミュニティに入りすぎないようにします。(1年目は忙し過ぎた) ▼これから目指す人へのアドバイス(エール) この資格は、受かったあとがほんとに面白いです。 同じ診断士としてお会いできる日を楽しみにしています。 ふぞろい12のメンバーがこれから執筆、ブログ、セミナーなどの活動をしていきますので、どうぞ皆様のリソースとしてたくさん吸収してくださいね。 ▼合格後1年間に経験したこと(実務補習、執筆etc...) ・ふぞろいの執筆・セミナー主催・ブログ

  • 一年間ありがとう!ちーたー編

    今回が私の最後のブログです・・・って連日書かれているのを見て、いい加減「知らねーよ!」となってる皆様、こんばんは。 「配られたカードで勝負するっきゃないのさ」ストレート合格ナビゲーターのちーたーです。 ただ、断続的とはいえ1年間ブログを書き続けてきて、それがもう最後となるとそれなりに感慨みたいなものも芽生えてくるのです。ご容赦ください。 私がふぞろいの活動で一番楽しんでいたのは、実はこのブログだったりします。ブログはふぞろいの中で最も自由なメディアなので、書きたいことが書けてとても楽しかった。反面、「チラシの裏にでも書いとけよ」という、やや自己耽溺が強い内容も多かったかもしれません。「書くべきこと」よりも「書きたいこと」を書いてしまっていた部分もあります。社会人としてあるまじきことです。申し訳ない。しかし、そんなお目汚しも今回が最後です。 さて、最後の投稿にはテーマがいくつか設けられておりまして、その中から5つ選んで書いていくことになっております。5つ・・・中々の分量です。ブログリーダーかずさは最後まで追撃の手を緩めないようですね。まったりゆっくり、人を締め付けてきます笑 さて、冗談?はこのくらいにして、最後のブログ、そろそろまいりましょうか。 テーマ① なぜ診断士を目指したか これは私の自己紹介をご覧頂いた方が早いですね。 AIによって会計業界の仕事がなくなるという不安から、 新たな付加価値を付けるべく、診断士を目指しました。 ここで、こぼれ話を1つ。 診断士はよく、AIに代替されにくい資格だと言われています。 それを実務補修の時に担当して頂いた先生にお話ししたところ、 「当たり前でしょ。個々人がやってることがバラバラなんだから、(全体としては)代替されようがない。」という身も蓋もない答えが返ってきました笑。 そうか、そういうカラクリがあったのか・・・まぁ、それだけ応用が利く資格だということで。 テーマ② 診断士に合格して、仕事や生活にどう影響したか まずは、仕事への影響から。 仕事については、非常に効率化されました。これは運営管理を学んだことが大きいです。 会計事務所の業務は基本的にルーティンワークであることから、仕事の組み立てがしやすく、運営管理の考え方、ツールが非常に役に立ちます。

  • 一年間ありがとう!シンゴ編

    中小企業診断士試験の受験生支援活動を一年間行ってきた総まとめをお伝えします。

  • 一年間ありがとう!のり編

    ふぞろいブログをご覧の皆様はじめまして!はじめてブログを投稿させていただきます。 のりと申します。 セミナーでは裏方でしたが、覚えてくださっている方がいらっしゃればとても嬉しいです! 私はIT企業のシステムエンジニアをしていて、独学ストレートで合格しました。 「診断士を目指した理由」「おすすめの勉強法」「これから目指す人へのアドバイス」などをお伝します。 是非最後までお付き合いください。 なぜ診断士を目指したか 視野を広げたかったからです。 仕事はIT企業のシステムエンジニアでした。営業・設計(要件定義・基本設計)・開発・導入・保守と多様な経験を積みましたが、自分の志向と照らし合わせると、さらなら成長には「システム目線」に加え「経営者目線」が不可欠と考えていました。ITは1科目にすぎないこの資格はまさにうってつけでした。 受験生におすすめの勉強法 勉強仲間を作ることです。 ポイントは診断士を目指していなくてもよいということ。 世の中にはさまざまな理由で自己投資のために勉強している方がいます。資格試験のほかにも、投資の勉強をしている人、仕事関連の勉強をしている人…etc 診断士試験の勉強仲間が身近にいない、でもアプリや勉強会はしっくりこない、、という方は仲の良い人に声をかけて一緒に何かを勉強してみてください! 自分の場合は税理士を目指している友人と勉強することが多かったですが、ペースメーカーとしてとても有益でした。ほかにも、休憩時間のランチのときにふと税効果会計について一歩踏み込んだことを聞ける、といった嬉しいことも。 今年合格した人に向けてメッセージ 資格の活用方法は多種多様です。皆さん広がりを感じられている最中だと思います。ぜひ一つ一つの出会いを大切に、自分に合った診断士ライフを見つけてください。 どのような位置づけで活用するのか?(本業・自己啓発・副業・複業)だけを考えても色々ですが、ほかにも専門分野を掛け合わせると可能性は無限大です!! これからめざす人へのアドバイス(エール) 取得後にこれだけ色々な経験ができる資格はないと感じています。これから目指す方は合格後をワクワク妄想してみてください。 そんな充実した合格後の生活をつかみ取るには、「自己分析」と「対策」が大事です。

  • 一年間ありがとう!ちょく編

    ふぞろいブログ読者の皆さま、はじめまして!ちょくと申します! 東京セミナーにお越し頂いた事のある方はお会いしているかもしれません。 色黒でヒゲ短髪、東南アジアの売人顔と言えばピンと来る、そう、アイツです。 私はブログを執筆していなかった為、最初で最後の投稿となりますが、どうぞ最後までお付き合い下さい。 なぜ診断士を目指したか ①本業で、中小企業の社長にシステム的な見地からだけでなく経営面からも提案をしたい! →本業はヒアリングから要件定義、開発、導入後サポートまで何でもやるSEです。※社員10名の零細IT企業のため人がおらず。。 ②自社で新規事業を立ち上げたい! →今の会社はエンジニアの派遣が主な収益源ですが、今後社員が高齢化してくるであろう事が目に見えており、他にも収益の柱となり得る事業を立ち上げる必要性を感じているため、診断士のマーケティングや財務などの知識が活きると考えていました。 ③将来的に独立する!かも! →近いうちにとは考えていませんが、将来、自分のやりたい事が会社で実現できなさそうであったり、どうしても一国一城の主になりたいという欲求が強まった時には独立する事もあるかもしれません。その際に、診断士を取得しておくことで経営的な知識ももちろん活きると思いますが、診断士活動を地道にでも続けていれば、周りで独立している診断士や経営に携わっている方を参考にしたり、相談できるような人脈を築いておく事は非常に有効だと考えていました。 二次試験の攻略のために大事なこと とにかく【ふぞろいな合格答案11】【ふぞろいな合格答案 10年データブック】【ふぞろいな合格答案12(今年6月頃発売予定)】を購入すること、それ以外にありません!! ・・・というのは冗談で、いや冗談抜きにもちろん購入した方が良いとは思います(笑) とにかく一にも二にも自分の解答を分析して失点パターンの傾向を知る事だと思います。 どうしても人間、思考のクセというのはなかなか抜けないもので、同じようなミスを繰り返します。

  • 一年間ありがとう!まっすー編

    ブログをご覧のみなさま こんにちは 事例Ⅱリーダーのまっすーです。 私が最も敬愛するメンバーの一人、だいまつからのバトンを受けて本日私の投稿となります。なお、昨日のだいまつの投稿でかなーーり高いハードルを設けられていますが、いつも通りのテンションで書いていきたいと思います。 ふぞろい11メンバーのラストブログリレーも今日から事例Ⅱチームの登場になります。本日から5日間、事例Ⅱメンバーの投稿が続きます。ふぞろい11内では悪ノリの元凶、もとい、明るさの源である事例Ⅱチームの楽しい投稿を5日間、ぜひぜひご覧ください!! さて、ついに私の投稿も最終回になってしまいました。最初はかずさに、「どうしてものお願い」をされ渋々始めたブログでしたが、改めて最後となってしまうと寂しさや感慨深さが出てきます。今回は他のメンバー同様アンケート項目に回答することで皆さんへの最後のメッセージ送りたいと思います。 一次・二次試験の攻略のために大事なこと 一次・二次試験に合格するために必要なこと、テクニック論とか知識とか方法論とかは書きません。私は独学で勉強していて、かつ、勉強時間も少ない方で、診断士試験に勉強にすごく時間かけた方々に比べて大層なことは言えないので、それ以外の面で一つだけ伝えたいことがあります。 それは「結局、勉強は自分自身で行う」ということです。テキスト読む・講義を聴く等々、まずは知識や人のやり方というのを教わりますが、その上でいかに自分自身の中にそれを取り込めるか、自分なりにカスタマイズできるのか・整理していくのか、ということがどんな勉強でも一番大事です。講義などを聞くとわかった気になりがちですが、ほとんどのものはきちんと理解出来てません。 人に教わったことを、如何に整理してインプットし・如何にアウトプットしていくか、そのための自習の時間、自分での勉強方法を構築し実践するが重要です。その点を意識して取り組んで見てください。 なぜ中小企業診断士を目指したか

  • 一年間ありがとう!だいまつ編

    みなさん、おはこんばんにちはだいまつです。 私は普段一発合格道場というサイトでブログを書いており、ふぞろいブログの執筆はなんと半年振り! 今日は私から受験生の皆さんへのラストメッセージをお届けします! (結構重要な情報もあるので見逃さないでください!) ・一次試験の攻略のために大事なこと ①兎にも角にも勉強時間を確保すること 「知識」を問われる一次試験では、インプットにかける時間を如何に確保するかが、まずは重要になります。 ②テキスト・問題集は1つに絞ること スケベ心は禁物です。「薄く広く」ではなく「1つを深く」と心得よ、です。 ③過去問は正答率が4割以上の問題(ABC問題)優先 効率的に合格するために絶対に押さえておきたいポイントです。詳しくはコチラの記事をご覧ください。 ・二次試験の攻略のために大事なこと ①試験の本質を早い段階でつかむこと 診断士の二次試験は、「設問文」で問われたことに、「与件文」から導きだされる、「出題者」が意図する解答を書く、試験です。個人の考え・アイデアは一切求められていません(言い切ります)。 得点開示結果から二次試験の本質に迫ったコチラ(事例Ⅰ、事例Ⅱ、事例Ⅲ)の記事を参考にしてください。 ・診断士に合格して、仕事や生活にどう影響したか ①仕事 企業活動において特に重要なマーケティング(事例Ⅱ)、オペレーション(事例Ⅲ)、組織・人事(事例Ⅰ)、財務(事例Ⅳ)の4つの切り口から物事を考えるようになりました。 診断士の二次試験はこの4つの切り口をテーマに構成されています。合格後に二次試験は「本当によくできている」と改めて感心させられました。 ②生活 睡眠時間が大幅に減りました。ふぞろい、一発合格道場、タキプロ、実務補習、実務従事、研究会等々によって、受験生時代よりも忙しくなりました。もちろん、だからといって、後悔はしていませんが。 ・診断士を取って良かったか(10点満点) 【8点】 仕事と家庭と診断士活動をバランスさせることが難しく、家庭にしわを寄せてしまった部分がありました。そのため2点減点の8点です。私が家庭との調和を図るのが「下手くそ」ということが原因です(能力不足)。独身だったら10点満点ですね。ただ、だからと言って「独身になりたい」ということではありませんので悪しからず! ・もし受験生に戻れるならどうするか ①一次試験

  • 一年間ありがとう!たくじ編

    みなさん、こんにちは! 「やるときゃやれば何とかなる!」大和の国の2年生合格ナビゲーターたくじです。(たくじの自己紹介はこちら) さあ、いよいよラスト投稿です。 ラストですが、いつも通りいきます。年明けから早くも2週間、早いものですね。毎年、毎年また年末に戻れたらなと思いますね笑。なんといっても、テニスです!錦織圭です!今シーズンの開幕戦で優勝しました。しかも、ツアーで優勝するのは2年11か月ぶりですし、シーズン開幕戦で優勝するのも初めてなのです。今シーズンの活躍に期待が高まりますね。来週からは全豪オープンが開催されます。応援せずにはいられませんね! それでは、本題に入ります。最終回は他のメンバーと同様、各テーマに対する私の感想・意見を述べるものです。 1.来年度以降に合格を目指す人に向けたメッセージ ○二次試験の攻略のために大事なこと 二次試験は一次試験より必要な知識の範囲が狭くポイントさえ掴むことができれば少ない時間で得点力を高めることができると個人的に考えています。 以下、私が考えるポイントです。 ・各事例の傾向を理解すること―事例毎にテーマがありますよね、各事例のテーマ・定番の設問を理解しましょう ・設問要求に従うこと―設問要求から外れた解答をしてしまうと、一気に得点はダウンします、何を問われているかを常に意識しましょう ・事例Ⅳで取れる問題を確実に取ること(事故を起こさないこと)―事例Ⅳでは取れる問題を確実に取るようにしましょう満点は必要ありません、Aランクは確保できます。 ○受験生におすすめの勉強法、アプリ、アイテムなど ・スキマ時間活用 これは主に1次試験対策です。1次試験では単純な知識問題が多く出題されます。知識問題は知っているか知らないかで決まるので、知識量・正確性を高める必要があります。そのために、繰り返し何度も問題を解くようにしましょう。スキマ時間を活用して、知識問題を得点源にしましょう。 ・設問解釈練習

  • 一年間ありがとう!さっきー編

    こんにちは ノリで合格してみたらええやん!独学ストレート合格ナビゲーターのさっきーです(^^)/ この記事を書いている今日は平成最後の大晦日、12月31日です。2018年はふぞろいでスタートした1年、ふぞろい12への代替わりとともにふぞろいで締めたいと思い、タイプしています。 ・ふぞろいを一年間経験してどうだったか? 診断協会の受験者内訳が示す通り、本当に様々なバックグラウンドを持つ受験生、診断士の方とお会いすることができました。一つの組織で社会人をやっているだけではありえなかった出会いは非常に新鮮で強烈なものでした。 受験生支援というものは基本的に、当年度の合格者が一年間やって代替わりする団体がほとんどです。ふぞろいは新たなメンバーを迎えたところですが、他の団体ではこれから募集というところもあります。今年度合格された方はぜひ取り組んでみてはいかがでしょう? 診断士一年目というスタートアップ期を我が物にし、診断士として今後の展開をにらむなら、受験生支援は必ずよい機会になるはずです! ・なぜ診断士を目指したか ・診断士に合格して、仕事や生活にどう影響したか 先日、若輩者のさっきーは27歳になりました。今の職場に新卒で入って約5年。ペーペーの若造からそれなりの年齢になってきたところです。 診断士を目指したきっかけは、社会人として何年かやってきたものの、このままでは全部が中途半端な人間になってしまう、20代という年齢でできることはないか?と考える中で出会ったのが診断士試験でした。 ふぞろいを中心にこの1年の診断士活動を通じて感じたこととしては、「あれ、自分はもっと〝遊んで"もいいんじゃないか?」と思えたことにあります。診断士試験合格者のメイン層は30代半ばあたりでしょうか。診断士を取得し、みなさんイキイキと様々な活動にいそしんでいる姿を見るにつけ、まだその年齢までには時間のあるさっきーには、そう思えてきてしまったのです。 そして「遊ぼう」と思ったさっきーは今、公認会計士の勉強をスタートさせています。

  • 一年間ありがとう!-ひらたす編

    新年、あけましておめでとうございます!! 最後にして初登場のふぞろい大阪チーム自称マイルド系関西人のひらたすです。 りえぽんに引き続き、私も受験生活を振り返ってみたいと思います。ちなみに、ひらたすは 合格に3年半ほどかかってしまい(あまり勉強をしていない期間もありましたが)受験勉強はあまりマイルドではありませんでした。それでもなお勉強をして合格できてよかったと断言することができます!! 今回はその理由を中心に書かせていただきます。ちなみに私は受験勉強中に転職→メーカー勤務企業内診断士(未登録) というふぞメンです。 【勉強を始めたきっかけと受験勉強】 当初は社会人としてある程度の経験を積んだ30半ばごろの受験を考えていたのですが、そのとき会社に診断士を持っている方がいて「興味があるならすぐにでも始めたほうがいい!」と勧められたことが発端です。社会人生活も一旦落ち着いていたこともあり、20代後半から勉強を始めることになりました。 最初は数年かけてある程度他のこと(主に遊び)をしながらちょっとずつしようと考えていたのですがいざ勉強を始めると、受験校で出会ったストイックメンバーの影響を受け気が付けば空いた時間は極力勉強に回し、1年間勉強に打ち込みました。結果としては、ふぞろいのコラムでも書かせていただいたのですが、一次試験の情報だけがなかなか受からない情報地獄に陥り、2度連続情報だけ不合格となり何度もあきらめようと思いました。しかしそれでも周りの応援もあり、粘り続け合格を勝ち取ることができました。 【時間をかけてもよかったと思える理由】 1.転職活動に活かせた。 私が診断士の資格勉強を活かせたのはまず転職活動があります。活動中に数社の面接を受けたときに、まだ情報が残っていましたが一次試験7科目中6科目を合格済だということをアピールすると面接官の反応が良い場合が多く、働きながらでも時間を作りながら努力できる人だとアピールには十分役立ったと考えています。さらに、社会人最初の配属が経理系だったため経理だけでなく経営の観点からも会社を考えることができますということを合わせてアピールすることができました。資格のことを少しでも知っている方がいれば+αの強みには十分に成りえます。 2.診断士を通じて受ける心地良い刺激。 これは私がMだというわけではありません 笑

  • 一年間ありがとう!りえぽん編

    こんにちは! 大阪メンバーりえぽんです 私はブログメンバーではなかったので、最初で最後のブログです! 文章書くの慣れてませんが、、、 想いを込めてかくので読んでいただけたら嬉しいです(^ω^) 【ふぞろいを1年間経験してどうだったか】 楽しかった! そして、周りのメンバーにたくさん助けてもらった! (特に大阪メンバー、企画チームメンバー。東京メンバーもみんなありがとう!) わからないことはわからないと早めに言ったほうがいいと学んだ笑 このプロジェクトのおかげで、自分の1年間が濃くなりました(=゚ω゚)ノ 大好きなふぞろい11のメンバー、秋島先生、セミナーに参加してくれた受験生のみなさん、そしてふぞろい11に誘ってくれたふぞろい10の先輩に、感謝の気持ちでいっぱいです 【なぜ診断士を目指したか】 私は大学を卒業してから、プロ野球のチアリーダーになりました しかし自分の努力不足・実力不足が原因で、競争の世界で埋もれてしまい、自分のことが嫌になって、自信ゼロになってしまい、とてもつらい時期がありました でもそんなとき、「もう1度何かに挑戦したい!勉強はけっこう好き!何か難しめの資格試験に合格できたら、もう一度自信を取り戻せるかもしれない!」と思い、診断士試験に挑戦することにしました 【合格後1年間に経験したこと。(実務補修&執筆等)】 私が診断士関係で参加したのは、 ・実務補修5日間コース(2月) ・ふぞろいの活動 ・診断士のつながりのマラソン大会や飲み会 盛り盛りフルコース食べつくして満腹!(そして胃もたれ笑)というような、たくさん活動的にいろいろなことに挑戦したメンバーに比べると、かなりあっさりな定食食べただけ、みたいな診断士生活だったと思います(=゚ω゚)ノ というか私はパソコンのスキルがめちゃくちゃ低いので、ふぞろいでは一緒のチームのメンバーに作業を多く負担してもらったり、操作を教えてもらったりと、かなり助けてもらいました! ほんとにありがとう! 今後りえぽんで役に立てることあったら飛んでいくので!! 言ってください! &nbsp

  • 一年間ありがとう!まき編

    皆さん、明けましておめでとうございます。 本番勝負!2週間追込み☆多年度生合格ナビゲーターまきです!! とうとう私が投稿する最後のブログになってしまいました。1年間ありがとうございました。 皆さんは、年末年始ゆっくり過ごせましたでしょうか? 私は、年末出張で北海道に行ってきました。最高気温はマイナス5度、雪が積もっており、外を5分歩くと顔・耳が痛くなりました。とにかく真冬日のようでとても寒かったです。 東京に戻ってくると、そこまでの寒さではなく、まるで春になったかのように?とても暖かく感じました。 このように違う環境に身を置くことは、今後の物事に対する捉え方・考え方に大きな影響を与えます。 この一年は、私にとってこれまでの人生の中でも特別でした。激動の年だった一年を振り返ると・・・・・↓↓↓↓ 【診断士をとって良かったか(10点満点)】 私は、診断士をとってよかったと思っています。10点満点で表すとしたらもちろん10点です!!(配点は以下のとおり) ●時間の使い方が変わりました。(4点)→特に一次試験は、隙間時間を有効に使うことができるので、時間の使い方を見直すことができました。また、これまでいかに時間を無駄にしていたかということに気づけたのでその点については、今後の人生に大きな変化をもたらすと思っています。 ●人脈が広がりました。(4点)→ふぞろいメンバー、実務補習の先生、実務補習メンバー、他の診断士の方々と知り合いになることができました。いろいろな人がいらっしゃいますが、、、優秀な方のお話しを聞くことができ、刺激を受け、また新たな目標ができました。そして、仕事のお話もいただきました。 ●自分に自信がつきました。(1点)→小さな成功体験を重ねることが自分に自信をつけることに繋がります。継続的に努力し目標を達成した経験から、「何か困難なことがあっても、診断士受験がうまくいったのだから今回も乗り越えることができる」とこれまで以上に自分を信じてあげることができるようになりました。

  • ふぞろい11、ラストリレー始まります!

    皆さま、新年あけましておめでとうございます! 「え、たくじの次が何故にこのおばちゃん!?」と驚かれた方も多いであろう、 まったりゆっくり独学派★多年度生合格ナビゲーターのかずさ です。 おばちゃんがこのタイミングで更新する理由。 それは、私達「ふぞろい11」メンバーも、ついにこのブログを旅立つ時が来たからです…!!! 無事に1年間に渡りにゃんこ画像をお届けし続ける事が出来ました。 最終回は旅立ち風なとらにゃんこさんです。 一番ふざけた更新が多かったわたくしですが、実はブログ班のリーダーだったのですwww なので、今日から月末までの更新についてご紹介させて下さいね。 さて、来月からブログを「ふぞろい12」のメンバーにお渡しするのですが、その前に普段ブログを書いていなかったメンバーも含め、「ふぞろい11」メンバー全員に登場してもらいアンケートについて回答してもらいます。 【アンケート項目】 ・一次試験の攻略のために大事なこと ・二次試験の攻略のために大事なこと ・受験生におすすめの勉強法、アプリ、アイテムなど ・診断士に合格して、仕事や生活にどう影響したか ・なぜ診断士を目指したか ・診断士を取って良かったか(10点満点) ・もし受験生に戻れるならどうするか ・これから目指す人へのアドバイス(エール) ・合格後1年間に経験したこと(実務補習、執筆etc...) ・ふぞろいを一年間経験してどうだったか? ⇒上記から5つ以上の項目について回答してもらいます! もし、「〇〇さんに××の項目について聞いてみたい!」といったリクエストがありましたら、遠慮なくコメント欄にご要望下さいね^^ さて、ルール説明が終わったところで、私もアンケートに答えてみようと思います! ・一次試験の攻略のために大事なこと 継続学習。この一言につきると思います! アラフォー世代は加齢のせいか、思えた先から忘れていくのです…(笑) ・二次試験の攻略のために大事なこと 戦略。時間をかけるより、質の高い勉強を。その為には、ぜひ「ふぞろい」をご活用下さい! とCMを入れてみる^^ あとはこちらの記事でも書いたように、確実に得点源となる事例Ⅳ攻略は重要だと考えています。 ・受験生におすすめの勉強法、アプリ、アイテムなど

  • たくじの実務補習と合格後の選択肢

    みなさん、こんにちは! 「やるときゃやれば何とかなる!」大和の国の2年生合格ナビゲーターたくじです。(たくじの自己紹介はこちら) 新年あけましておめでとうございます。2019年がスタートしましたね。年末年始はゆっくり過ごすことができましたか?今年の目標を決めることもできたでしょうか? 年明けから早速、スポーツイベントが行われましたね。ニューイヤー駅伝、箱根駅伝、テニスのブリスベン国際、大学ラグビー、高校サッカーと様々な大会が開催されましたね。アスリートが競技しているのを観ると、自分も頑張ろうと思います。やはり、スポーツで結果を出すには継続的な努力が必要です。そして、その成果を短い競技時間の中で出さなければならないプレッシャーの中で戦っているアスリートに敬意を表します。今年も継続的に取り組んでいきたいですね。最後は自分との戦いになると思います! それでは、今回は前回の続きで「たくじの実務補習と合格後の選択肢」について書きます。ふぞろい11メンバーでお送りするブログもあともう少しです。最後までよろしくお願いします。 1.たくじの実務補習 私は、5日間コースで3回受講しました。合格後の2月、7月、9月に受講しました。 受講間隔としては、ちょうどよいぐらいだと感じました。間隔が空きすぎると前回の実務補習で学んだ内容を生かせないことがあるため、間隔は空けすぎない方がいいかなと個人的には思います。実務補習の間にインプットを行い、次の実務補習で生かすというような意識で取り組みました。 ○1回目 ・業種:飲食業(高価格帯商品) ・従業員数:20人 ・財務状況:良(財務について特段指摘する点はありませんでした) ・指導教官のタイプ:トップダウン型 1回目の実務補習で(他のメンバーも1回目の方が多数)何もわからない状態でした。指導教官はなかなかストイックな方らしく、企業診断のイロハを一から叩き込んでいただけました。この経験が今後の企業診断の基礎になりました。社長への報告の時は非常に緊張しました。 ○2回目 ・業種:印刷業 ・従業員数:8人 ・財務状況:良(特に安全性・流動性は○、課題は収益性・効率性) ・指導教官のタイプ:ボトムアップ型

  • 実務補習のメリット・デメリットについて

    みなさん、お疲れ様です。カバチたれんとやるだけじゃけえ!ストレート合格ナビゲーター mcky(まっきー)です。 新年あけましておめでとうございます。とうの昔に2019年にはなっておりますが、改めて初春の慶びを申し上げます。 さて、本日お話ししたいのは、実務補習のメリット・デメリットについてです。 実務補習とは?みたいな内容については他のメンバーが説明してくれていると思いますので、ワシからは実務補習を受けた場合の具体的なメリット・デメリットをお伝えしたいと思います。 メリット ①企業診断の型が身につく まずは何と言ってもこれですね。どのようにコンサルティングを進めるのか、どういうアウトプットを提出するのか、その型が身につきます。 具体的には、事前準備⇒ヒアリング⇒SWOT分析⇒クロスSWOT分析⇒課題抽出⇒施策立案⇒各施策の深堀⇒プレゼン みたいな流れです。これを同じ班の各メンバーと協力しながらやっていきます。 診断士として基本的なコンサルティングの型を知ることは大きなメリットと言えます。 ②指導員の先生のノウハウを教えてもらえる あらかじめ断っておきますが、必ずしもそうではないパターンもあります。 指導員の先生が色々教えてくれて勉強になるパターンもありますが、ワシの場合は、いい言い方をすれば、ほとんど実習生の自主性に委ねられてました。 1番最後に文章を校正してもらってくらいですね。なので、あまり指導してもらったり、ノウハウを得たという認識はなかったですが、多分一般的には先生ごとの保有するスキルやノウハウを学べるのではないかと思います。 ③多種多様なバックグラウンドを持ったメンバーと知り合える これもあらかじめ断っておきますが、必ずしもそうではないパターンもあります。 1班あたり大体5~6人で編成されるのですが、そのメンバーと5日間とはいえ、1つの目標に向かって協力します。 当然関係性は深まりますし、一生の付き合いになることも多いです。 色んなメンバーということは、必ずしもそうならないこともあるとは思いますが、ワシの場合は幸いにして全員がいいメンバーだったおかげで、今でも繋がりがあります。 また、メンバーから仕事の紹介をしてもらったというケースもあるようです。 デメリット

  • 診断士1年目で一番大事なのはタスクマネジメント

    あけおめです! 好きな言葉はコスパ☆独学ストレート合格ナビゲーターのなかじーです。 自己紹介はこちら★ まずは、受験生の方向けにちょっとだけ宣伝を。 中小企業診断士・診断士受験生のための雑誌「企業診断」をご存知でしょうか? 現在発売中の1月号から、ふぞろいな合格ゼミ2019の連載がスタートしています。一次試験編はふぞろい10メンバーの4名が、そして二次試験編はふぞろい11メンバー4名が登場し、自身の受験経験やふぞろいの分析ナレッジを活かして、試験攻略に関する情報をお届けしていきます。4ページとライトな文字数なので、受験の息抜きにも最適かと。 amazonはもちろん、リアル店舗では大型書店の診断士受験コーナーに並んでいることが多いのですので、ぜひ書店で見かけた方はお手にとってみてくださいね。 さて、以上は受験生の方に向けた内容になっていますが、 以下は2018年度の試験合格者にあてたメッセージです。 さて、これから始まる合格してからの1年間、合格者のみなさまにぜひ大切に、そして確実にやってほしいことがひとつあります。それは「タスクマネジメント」です。 私の1年間の経験からして、1年目はここがほんっとーに最重要です。 合格すると、いろんなお誘いがきます。 研究会、プロコン、受験生支援団体、実務従事、協会の部活動… 「とりあえず入ってみようかな」とか「何事も経験だから…」と受けてみるのも手です。 でも、ちょっと待ってください!! 何かのコミュニティに入ろうか迷った時、5つの質問を自分に問うてください! ①本当にあなたはそのコミュニティに入りたいですか? ②そのコミュニティに貢献したいという意欲・意思はありますか? ③どれくらいそのコミュニティでのタスクが自分に発生するか想定できてますか? ④そのための自分の余力は今だけでなく、今後においてもありますか? ⑤そこでのタスクを心からやりたいと思いますか? この5つに自信を持ってYes!と言えるようになってから、そのコミュニティに入ることをお勧めします。 この質問には、なかじーの自戒がふんだんに込められています。 私も「1年目に色々と幅を広げて頑張ろう!」とスタートダッシュを切った結果、 現在ざっと7つくらいのコミュニティに参加しています。 が、実際フルコミットできている(積極的に関与している)コミュニティは2つ、

  • 今年が始まる

    みなさん、こんにちは! 若さと行動力で勝負!独学ストレート合格ナビゲーターまーくんです。 新年あけましておめでとうございます。 タイトル通り、いよいよ今年が始まりますね! 前回のブログ「今年も終わり」にて今年の目標を立てると書いた、まーくんですが、 今年の目標は立てているのですが、ここでは語り切れないことで、、、 非常に歯切れが悪いのですが、目標とそれに向けての活動は実は年内から進めており、 年を越したからと言ってその目標には変わりはないという状況です。 そして、形になっていない状況ですので、あまり言葉にしたくない、という状況があります。 散々と書いておいて、何もお伝えできていない状況ですが、 皆さんは今年の目標を立てることはできましたか? 去年から引き続き、という目標でもかまいませんし、せっかく年を越したので、 新たな目標をもってもよいと思います。 特に診断士試験に合格された方は診断士1年目という節目の年となります。 既に診断士としての活動を始める方もいるかもしれません。 今年をどんな一年にするか、三が日最終日の今日、考えてみてはいかがでしょうか。 さて、中身のない記事の次は、好きな言葉はコスパ☆独学ストレート合格ナビゲーター なかじーの濃密な記事が待っております! 是非、ご期待ください!

  • 診断士としての一年を振り返る〜チョモランマを目指して〜

    あけましておめでとうございます😃 ストイックなあなたを強力サポート🤝ゆうちゃんです。 前回お伝えしたとおり、この時期のブログ公開を機に一年を振り返ります。 僕の周りには天空レベルの方も多いので、私がチョモランマ級(昨日のオクムーのブログ談)かどうかはわかりませんが、自分なりにできる限り活躍の機会を求めたつもりです。 全ての始まりは昨年12月下旬 ふぞろいPJに参加したのち、元日に中国の西安に一人旅に向かったところから激動の一年が始まりました。 【1月】 ふぞろい執筆。 中小企業政策研究会に入会。 恩師が主催する受験生勉強会のサポーターに就任。 【2~3月】 実務補習15日コース 仕事×ふぞろい執筆×実務補習で、年明けからこの時期まで碌な睡眠をとれない日々をすごす。 【4月】 会社の人事異動で課のメンバーが2人減って8人に。 「あれっ、仕事は減らないのに?」 セクションリーダーに抜擢、部下が2人付く。海外担当兼務になる。 東京診断士協会に入会、2つの研究会に入会。 インタビュー&執筆ノウハウを学ぶ取材の学校に入会。 ふぞろいは販促スタート。主にチラシづくりとチラシ配りに活躍 笑 【5月】 ゴールデンウィークはフィリピンのルソン島の世界遺産を見に一人バイクで周遊する。 途中の山道でコケて斜面の縁に倒れこんで負傷。落ちたら命は無かった。 実務補習の先生の紹介で年収3千万円を目指すコンサル塾に入塾。 【6月】 会社全体から若手有志を選抜するPJに応募、診断士をアピールするも落選。 危機に直面した中小企業を救う実践的スキルを得るべく事業再生のコンサル塾に入塾。 【7月】 昇格し肩書が付く。 SingaporeのMarina Bay Sandsで開催された世界最大級のシンポジウムの説明員 兼 調査員として初の海外出張。 知人の社長へのインタビュー記事の執筆。 【8月】 診断士受験生向けネット記事の執筆。 お盆にインドのコルカタとバラナシを一人旅。途中で腹を壊して嘔吐を繰り返し、乗った列車ではインド人集団に襲撃されて予約した寝台が占拠される。 部下が産休に入り、課のメンバーがまた1人減る。その後、他の課が炎上して課のメンバーが召集され、課長と新人を除く主要プレーヤーが4人に。あれ?1年前と比べて半分になってる… 【9月】

  • 今年1年を良い年にするためのアドバイス!

    皆様、明けましておめでとうございます!旧年中は、ふぞろいな合格答案ブログをご利用いただき誠にありがとうございました!また、今年もよろしくお願い申し上げます。 ふぞろい11事務局長のオクムーです。どうでもいい情報ですが、実は今日誕生日を迎えました。誕生日の日にドンピシャでブログ投稿が重なるというこれは偶然なのでしょうか。ブログリーダーかずさの策なのでしょうか。真相はいかに・・・。 【1年間はあっという間に過ぎる】 ふぞろいな合格答案エピソード11プロジェクトメンバーによるブログ更新もあと僅かとなりました。 当ブログも来月2月からは、新たなふぞろい12プロジェクトメンバーに引き継がれます。1年間、ご愛読いただき誠にありがとうございました。 さて、新たな2019年がスタートしましたね。オクムーは、去年1年間がすごく短く感じました。というか、毎年、1年間のスピード感が加速している気がします。 人間は、年齢を重ね10年、20年、30年と生まれてからの年月が経過するにつれて、人生の長さと比べ、1年間という時間の長さが相対的に小さくなっていくため、1年間が毎年より短く感じるようになっていくそうです。 つまり感覚的に言えば、早く感じた2018年より、さらに早く2019年の年末は到来します! まだ1月だし寒いから・・・まずは様子を見とこう。2月から本気出す!!という風に数年前のオクムーみたいな事を言っていると、あっというまに年末が到来しますので、最大限の注意を払ってください。繰り返す!最大限の注意を払ってください。 昨日のとよでぃの投稿にもありましたが、今年がどんな1年になるかは、あなたの意思と行動に全て委ねられています。ぜひ、振り返った時に素晴らしい1年だったと言えるように頑張りましょう!オクムーも頑張ります! 【全ての原動力は、「目的」への高いモチベーション】 そうは言っても、なかなか行動を継続することは難しいですよね。オクムーもどうしても甘えが起きてサボるということがよくあります。 例えば診断士試験で言えば約1,000時間以上を勉強に費やす行動力を維持しなくてはなりません。 それを維持するのに欠かせないのは、ゴールとなる「目的」へのモチベーションでしょう。「目標」ではなく、「目的」です。

  • 「中小企業診断士取得で人生変わったか」

    ブログをご覧のみなさま、こんにちは! 全身全霊!受験生の応援部員!2年生合格ナビゲーター とよでぃです。 2018年も今年で最後ですね。 私は今、マレーシアのクアラルンプールに来ています。 毎年年末年始は野郎2人で海外飲んだくれの旅をしています。 今回はクアラルンプール、ペナン島、マラッカ、シンガポールを巡ります。 状況から申しますと…尋常じゃなく、暑いです。蒸します。 顔の毛穴が暑さによってMAXで開いているのか分かりませんが、ひたすらジワジワと汗が噴き出ています。こんな気候なので、まあまあビールが進む進む。 旅行数日にして既に顔は浮腫んでいます。デブまっしぐらです。 とまあ、年末年始は毎年海外で酒を飲みながら、1年を振り返ってます。 今日のテーマとしては2018年の振り返りも含めまして、 「中小企業診断士取得で人生変わったか」というテーマで書いていこうと思います。 巷では「中小企業診断士を取得して、人生変わった!」という話、 結構聞いたことある人いるんじゃないでしょうか。 実際私もそう思っている方の人間で、 中小業診断士試験合格をきっかけに、MRという営業職から本社財務部へ異動し、仙台在住だったのが今では東京在住になっています。今年、2018年は私にとって今までにないくらい激動の1年でした。 (異動だけで「人生変わった」は大げさな印象を持たれる方もいらっしゃると思いますが、MRはずっとMRというケースが多いのです。) 「中小企業診断士を取得して、人生変わったとも思っている」と話をしていた時に、ふぞろい11のあるメンバーに言われた言葉あります。 某メンバー「資格によって人生は変わらない。とよでぃが本社財務部へ異動できたのは、とよでぃ自身に元々現状を打破したいという強い意志があり、実力が備わっていたことが影響しているものであって、資格によるものではないでしょ。」 詳細の言葉は少し異なるかもしれませんが、ニュアンスは違っていないと思います。

  • (号外)今年度、中小企業診断士試験を合格された皆さまへ

    皆さま、年の瀬でお忙しい最中と思いますが如何お過ごしでしょうか? まったりゆっくり独学派★多年度生合格ナビゲーターのかずさ です。 本日の更新は、独立診断士として大活躍中、かつこの「ふぞろいブログ」のサーバ管理をされているふぞろいPJの大先輩「ロンドンさん」こと村上さんからのメッセージをお届けしますね。 にゃんこさんも思わず聞き耳を立ててしまう、診断士活動に向けてのお役立ち情報ですよ! ===================== 中小企業診断士試験合格の皆様おめでとうございます。 ふぞろいOBの村上知也といいます。 中小企業診断士の交流の場として以下のFacebookグループを運営しています。 参加ご希望の方は、Facebookから以下のグループにアクセスして、FBグループへの入会を申請ください。 中小企業診断士のFacebookグループ ◯入会の要件等 中小企業診断士資格保有者のグループです。受験生の方は承認していません。 ただし、2次筆記試験合格以降の方は承認しています。(実務補習をうけていなくても) (入会申請時の質問で資格保有にYESの場合は承認してます) また、当グループに登録された方は、最初に自己紹介をお願いします!! ===================== 村上さんが書かれているように交流の場である事は勿論なのですが(なんと、登録者数は2,000人を超えます!)、診断士活動あたって有益な情報なども拡散される場でもあるので、今年に合格された方はぜひ登録をご検討下さい。 勿論、私も登録しております^^ さて、明日の更新ですが、 「全身全霊!受験生の応援部員!2年生合格ナビゲーター とよでぃ」 です。 大人の事情(笑)により、私からとよでぃを紹介するのは今回がラストになります。 毎回の無茶ぶりにも関わらず、いつも爽やかに切り返し続けてくれてありがとう! 私達のふぞろいPJもエンドに近づきつつありますが、終わっても飲みに行こうね (=゚ω゚)ノ それでは、明日のとよでぃの更新をお楽しみに!!!

  • ささやかだけれど、役に立つ1年

    ブログをご覧の皆様、こんにちは。 「配られたカードで勝負するっきゃないのさ」ストレート合格ナビゲーターのちーたーです。 今日からお休み、という方も多いのではないでしょうか。 皆様、1年間お疲れ様でした。 前回のまっすーの投稿にもあった通り、今回は特に再現答案のお願いは致しません。 あれは皆様のご厚意の賜物ですから、頂ければ非常にありがたい、ということです。 今回はこの場をお借りして、自分の1年の振り返りをしようと思います。 そんなの最終回でやれよ、という話なんですが、やはり1年の終わりというこのタイミングがちょうどいいなと。 そう、これが世に言う私物化、公私混同というやつです。 正直、もう書くこともないですしね笑 皆様の今年1年はどんな1年でしたでしょうか・・・って、勉強漬けに決まってますよね。失礼しました。 そんな皆さんの今年1年を漢字にするとしたら「学」とかになるのでしょうか。 合格された方であれば「合」かもしれませんね。 では、自分の合格してからの1年はどんな漢字になるかな・・・なんて普段は考えないのですが、今年はふと思い浮かんだので、ここで書いてみようと思います。 「人」 これに尽きます。 本当にいいご縁に恵まれました感謝してます的な話ができればいいのですが、そういうことでもないです笑 いや、勿論そういう側面もあるんですけど、「本当に色んな人がいるんだな」ということを改めて知った1年だったなーと。 いい年してこいつ何言っているんだという冷たい視線、ありがとうございます。(わりに好物です) 私は小さな会計事務所に所属しているので、本当に新しい人に会う機会が少ないのです。 今持っている名刺のストックがなくなったら、名前の上に中小企業診断士って載せようかと思ってるんですが、全然名刺が減りません。果たして診断士を名乗れるのはいつになることやら・・・。 そんな中、診断士関連で色々な人と出会って、少しは視野が広がったというか、思考が60度くらい変わったかなと。名刺もそれなりに減ったし。まだかなり残ってるけど。

  • 再現答案提出の〆切りは12月31日!!

    ブログをご覧のみなさま こんにちは 事例Ⅱリーダーのまっすーです。 もう年の瀬ですが、我々ふぞろい11メンバーの活動もまもなく終了になります。昨日のさっきーの投稿にありました通りふぞろい12がキックオフし、『ふぞろいな合格答案12』の執筆活動がスタートしました。そのため、メンバーも新たな代へバトンタッチとなります。 そう振り返ると、「あっという間の1年間」でした。しかし、きちんと思い返すといろいろ有りすぎる、濃すぎる「ながーい1年間」でした(笑)。 ふぞろい10メンバーからの引継ぎ、怒涛の執筆・MTGの嵐、執筆と同時並行で苦しんだ実務補習、校正・出版イベント、気合の入りすぎたセミナー準備、半分旅行の仙台セミナー、こちらまで緊張する試験応援、12への引継ぎ準備、、、、、とまあ、この辺の感想は来月の最終回で述べろとかずさから(命令)話しがあったので、その時に記します。 さて、今回はタイトルの通り、「再現答案の募集」についてです。 冒頭からお話している通り、ふぞろい12の執筆が始まりました。少しだけ内情を言うと、ふぞろい12の答案分析は現時点で提出いただいた再現答案にて開始しています。同時並行で再現答案を集めていて、12月31日の〆切り後に、追加分の再現答案の分析を行っていきます。なので、当然まだまだ再現答案を募集中です!! (ちなみに、今年の再現答案募集は私が主担当で行っていて、募集フォームなども私が作成しています。十分な数が集まらないと私の立場が、、、ご協力を、、、) 散々ヘッダー・フッターに出てきていて、見飽きた方もいらっしゃると思いますが、改めてメリットを。 ①提出された全員の方(合格・不合格問わず):本に名前が載ります!本のご協力者ページに、『お名前(ニックネーム可)・ブログなどのURL』を掲載いたします 。 大事なことなので、もう一度言います。本に名前が載ります!!! 本に名前が載るという経験は多くの方が無いでしょうし、折角受験された中小企業診断士試験。その証を何かしらの形で世に残せる良い機会だと思います。是非再現答案を提出しましょう。 ②残念ながら今年合格されなかった方:再現答案へ個別のアドバイスを行います。ふぞろい12メンバーより、ご提供いただいた再現答案のフィードバックシートを送りいたします。(※A~D評価の返信をいただいた方に限ります)

  • 15日間コースという少年漫画

    こんにちは ノリで合格してみたらええやん!独学ストレート合格ナビゲーターのさっきーです(^^)/ さっきーがふぞろい11として本ブログを投稿するのも残りわずかとなりました。 つい先日、『ふぞろいな合格答案12』のプロジェクトがスタートし、新たな船出を迎えました。ふぞろい11メンバーも残り数回の本ブログを最後として引退し、2019年はふぞろい12メンバーが率いていくことになります。個性豊かなメンバーにご期待くださいね! さてさて、申込が開始したということもあり、実務補習関連の記事が増えてきましたがみなさん申込みは済みましたでしょうか??今回は、命知らずにも実務補習15日間コースに申し込んでしまった方向けに書いていきたいと思います。 某週刊誌に例えますと、15日間コースはすなわち、「友情!・努力!・勝利!」でございます。なんだか体育会系な感じですね。しかし、それだけマッチョな気持ちでやらないとやっていけないものなんです。 「友情」 15日間コース、間の期間を入れると1ヶ月半程度を共に過ごすにすぎないのですが、本当に濃密な時間を過ごすことになります。友達にならないといけないというわけではないのですが、連携は非常に大事です。さっきーはふぞろい大阪チームリーダーのだいまつと同じ班で、また他のメンバーにも恵まれたこともあり、スムーズでした(それでも佳境のときはピリピリしましたけどね笑)。中には自分の意見ばっかりで他のメンバーの意見を聞かないメンバーがいたり、衝突が激しくて難航する班もあります。「運次第」というところもありますが、リーダーシップとフォロワーシップを忘れないようにしましょう。 また、班員それぞれご家庭なり私生活をもっているので、研修日以外で報告書の調整をするときは気づかいをした方がよいでしょう。例えばskypeをするなら24時まで、Facebookのメッセンジャーでやりとりする場合も読み逃しを避けるため、投稿時間を限定する、などです。 「努力」 自分の努力次第でクオリティはいかようにもなります。サラリーマンの場合、平日は働きながら診断報告書を書き上げるというのは並大抵ではなく、大変です(わりと地獄です)。 しかし、卑しい話ですが、受講手数料として約15万円も投資するわけです。入金の時点であなたはこの実務補習のNPV&gt

  • 実務補習について

    みなさん、こんにちは いつもふぞろいブログを読んでくださり、ありがとうございます。 諦めないことがコツ!多年度生ナビゲーターまりぃです。 私の自己紹介は<こちら>です。 12月25日合格発表後まもなく、実務補習の申し込みも スタートしましたよね。 もう申し込みはされましたか? 今日は実務補習についてお話ししようと思います。 私は2月実施分の15日間コースに参加しました。 実務補習の流れとしては、各5日間で1社、計3社の診断報告書を作成します。 スケジュールは指導員の先生によって異なりますが、 私のチームでは、1日目でチームメンバの顔合わせと経営者へのヒアリング、 2日目、3日目、4日目で診断報告書を作成し、5日目に企業を訪問し経営者 に対してプレゼンテーションを行い診断報告書を提出するというのを 3回行いました。 2日目と3日目は間が空いていますが、その期間はグループ内でお互いに 連絡をとりながら協力して報告書を作成します。 つまり、1社につき5日参加すれば良い実習ではなく、 実質約9日かけて診断報告書を作成する実習なのです。 なので、年齢や属性の全く異なるメンバーと かなり密度の濃い約1か月半を過ごします。 私は6人のチームでした。 最初はお互いに少しぎこちなかったですが、 基本的に皆社会経験があり、同じ勉強をしてきたので 共通言語も多くコミュニケーションも取りやすかったです。 また、少しでも実務補習先企業のお役に立ちたいという 一つの目標に向かって皆で進むという 仕事とはまた違った学生時代の部活のような連帯感が だんだんと出てきて楽しかったです。 このメンバーとは属性も年齢も全くバラバラですが、 補習終了後もちょくちょく飲み会など交流があります。 作成する診断報告書の中身は、チームの人数や 実務補習先の課題に合わせますが、基本的には下記の章 に分けて1人が1つの章を担当します。 ・経営戦略 ・営業・マーケティング ・生産管理(小売りは店舗運営管理) ・財務・会計 ・人事労務 ・経営情報システム・環境 等 私はこの中で、あまり得意ではなかった財務会計担当になったら どうしようと思い、前もって復習をしました。 ですので、今の間に苦手だった分野の本を前もって読んだりして 知識を補っておくことをお勧めします。

  • 合格発表日

    中小企業診断士試験の2次試験の合格発表日に、合格者・不合格者に向けたメッセージを送ります。