プロフィールPROFILE

ふぞろいな合格答案さんのプロフィール

住所
品川区
出身
堺区

解答が発表されない、中小企業診断士2次試験。 そうすると、合格への道を探るには、 受験された方の生の再現答案を分析するしかありません! 再現答案の中から、合格への道を見つけられるはずです。

ブログタイトル
ふぞろいな合格答案~診断士2次試験過去問分析決定版!
ブログURL
http://fuzoroina.com/
ブログ紹介文
診断士2次試験過去問分析決定版である「ふぞろいな合格答案」の公式HPです。
更新頻度(1年)

363回 / 365日(平均7.0回/週)

ブログ村参加:2013/04/10

ふぞろいな合格答案さんのプロフィール
読者になる

ふぞろいな合格答案さんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 12/05 12/04 12/03 12/02 12/01 11/30 全参加数
総合ランキング(IN) 2,167位 2,114位 2,172位 2,180位 2,139位 2,196位 2,226位 979,879サイト
INポイント 0 170 200 150 180 140 150 990/週
OUTポイント 40 1,480 1,550 990 1,250 760 720 6,790/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
資格ブログ 8位 6位 7位 7位 7位 7位 7位 8,581サイト
中小企業診断士試験 5位 5位 5位 5位 5位 5位 5位 399サイト
今日 12/05 12/04 12/03 12/02 12/01 11/30 全参加数
総合ランキング(OUT) 1,625位 1,579位 1,745位 1,884位 1,845位 1,923位 1,968位 979,879サイト
INポイント 0 170 200 150 180 140 150 990/週
OUTポイント 40 1,480 1,550 990 1,250 760 720 6,790/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
資格ブログ 6位 6位 6位 5位 5位 5位 6位 8,581サイト
中小企業診断士試験 4位 4位 4位 4位 4位 4位 4位 399サイト
今日 12/05 12/04 12/03 12/02 12/01 11/30 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 979,879サイト
INポイント 0 170 200 150 180 140 150 990/週
OUTポイント 40 1,480 1,550 990 1,250 760 720 6,790/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
資格ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 8,581サイト
中小企業診断士試験 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 399サイト

新機能の「ブログリーダー」を活用して、ふぞろいな合格答案さんの読者になりませんか?

ハンドル名
ふぞろいな合格答案さん
ブログタイトル
ふぞろいな合格答案~診断士2次試験過去問分析決定版!
更新頻度
363回 / 365日(平均7.0回/週)
読者になる
ふぞろいな合格答案~診断士2次試験過去問分析決定版!

ふぞろいな合格答案さんの新着記事

1件〜30件

  • ブックマークとCtrl+F5

    皆さん、体を動かしていますか? 直感に身を任せた筋トレ人! 独学ストレート合格ナビゲーターもってぃです。 明日はついに合格発表の日となりました。結果にやきもきする夜は今日で終わりです。 とにかく、合格発表のリンク先はスマホやPCにおさえておき、時間になればすぐさま確認できるようにしましょう。 ところで、合格番号のならびは縦ではなく、横です。気を付けましょう。(今年はどうかわかりませんが…) 私も去年は縦順であると勘違いし、気付くまでショックを受けましたが、落ち着いてみてみると横順であることに気付きました。 意外と気付きにくく、実は合格仲間も同じ勘違いをしていた人もいました。 さて、嬉しさをかみしめた後は、口述試験の準備を始めましょう。口述試験は2次筆記試験の中から問題が出てきますが、意外と忘れている事もあります。自分の解答を読み返してみたり、予想問答集を集めて、自分なりの解答を作ってみたり、やることは思ったよりも多くあり、時間は案外ありません。 しかし、過剰に恐れることはありません。自分がこれぞ、と思う解答を順序付けて明朗に話をすればOKです。頭の中で反芻しているだけでは、いざという時に声が出せません。数回は自分で声に出すと、本番でも大きな声が出るはずです。口述試験対策セミナーにも積極的に参加して、声に出しましょう。その時に仲間を見つけるのも良いと思います。 では、今日はゆっくりと過ごし、明日に備えましょう。 次回はけいの出番です!

  • 二日後には合格発表 その前に

    みなさん、こんにちは。 継続は力なり!ほっしーです。 2次試験を受けた方にとっては、あと2日で合格発表!!! もうまもなくですよね。 心の準備はいかがですか? 昨年の合格発表の日、それは忘れもしない・・・ 10時の発表と同時に勤務先での会議が始まり、結果確認ができない状況でした。 会議の内容は、メモはするものの頭に残らずただただ、合格発表が気になっていました。 会議が終わり、こっそりと合格発表の画面を確認・・・ ・・・・ 数字の羅列に目を細めて・・・ 有った!! でも記憶違いかも・・・ 受験票を鞄から取りだし確認。合ってる!! そこから、感情が高ぶっていくのがよくわかりました。 口述セミナーへの申し込みをしたいけど、その手が震える感じで。 だからという訳ではありませんが、各支援団体の口述セミナー申し込みのページは、ブックマークしておきましょう。もちろん、ふぞろいの口述セミナーも。 12月8日(日)東京の口述セミナー申し込みはこちら。 12月14日(土)大阪の口述セミナー申し込みはこちら。 合格発表前の口述準備は 合格してから口述対策と考えている方が多いと思いますが、事前準備で、各事例を読んでおくことをお薦めします。 手元になくても、公開されていますので、隙間時間に。 一般社団法人 中小企業診断協会 過去問のページを参照ください。 再現答案の提供で験担ぎ 合格発表前に、再現答案を作ったのに、ふぞろいへの再現答案の提供がまだの方、発表前にぜひ提供を。再現答案の提供はこちら! というのも、提供頂いた時期に関わらず、合格率が協会発表より高いんです。 意識の高い人に、合格の女神が微笑むのかもしれませんね。 明日は、大阪から、もってぃです。

  • 得意分野を伸ばす+異分野の習熟

    みなさん こんにちは!ブルーオーシャンです。 いよいよ、2次ペーパー試験の合格発表まであと3日となりました。私も昨年は半ば諦めモードでしたが、会社に受験を宣言していた手前、結果報告の必要もあり、上司や同僚に囲まれながら会社のPCで合格発表を確認しました。自分の受験番号は無いと思っていたため、番号を見つけたときは、逆にあまり驚きもなく後からじわじわと嬉しさとほっとした感覚が生まれたのを覚えています。 ところで、みなさんの得意分野はなんですか? それぞれの仕事における業種や職種において強みとなる専門分野がおありなのではないかと思います。 私の場合、大学を卒業してからずっと不動産業界の営業のポジションです。 法人相手に取引をすることもあります。取引金額が大きかったりすると、財務的なインパクトも大きかったりします。 企業の本社移転などの案件ではワンフロアが大きなオフィスへの移転を促すことで部門をまたいだコミュニケーションを活性化を狙うなど組織への影響を絡めて顧客に提案することが多いです。 1次の科目で言うと『財務・会計』や『企業経営理論』の分野が関係しそうです。 製造業であれば『運営管理』、IT業界であれば言わずもがなですが『経営情報システム』など、業種によって関わりが強い分野があると思います。職種でいえば、経理部なら『財務』、法務部ならその名の通り『経営法務』がそうでしょう。企業を診断する人がとる資格なので当然と言えば当然ですが、なんらかの科目の分野が関係しています。 2次試験で企業は、『強みを機会に活かす』ことを成長のセオリーとして学びましたが、それは私たち個人レベルでも言えることなのではないかと思います。 診断士の勉強をされた方は、ご自身の得意分野を深掘りしながらプラス1科目、他の分野の知識を伸ばしていくことが大事なのではないでしょうか。 私が属する不動産業界では、ITを使って取引を効率的に行う試みが行われています。ただ業界を見るとアナログな部分がまだまだ多い気がします。世の中の変化についていくためには、ITに習熟し、抵抗なく受け入れていける状態になることが必要なのではないかと思います。いわゆる『情報』の分野ですね。 『イノベーター』にはならずとも『アーリーアダプター』になる意識は大事だと思っています。それも需要者ではなく供給者として。

  • 副業としての診断士

    皆様、こんにちは。そうでない人は、はじめまして!ふぞ12事務局長いとーです(・ω・)/ −−−−−−ここまでテンプレ−−−−−− いよいよ年の瀬、12月!私のまわりもめっきり忙しくなり、バタバタしていた中で準備ばっちりのシュンに順番を交代してもらいました。 大人の余裕、あるじゃん! いとーは生き急いでいるのでブログの準備もいつもギリギリです。 さて、前置きはこの辺にして今日は診断士として副業していくことについて書きたいと思います。 いとーが携わった活動は主に以下の3種類です。 診断士のお仕事①(受験生支援) 診断士のお仕事②(地域支援) 診断士のお仕事③(もの補助申請支援) どれも、片手間でできるという仕事ではありません。それなりに時間をとります。特に、もの補助申請支援は謝金につながるものの時間も頭も使います。(余談ですが、頑張って書いて申請書を通せないと 本当に虚無虚無しい気持ちになります…) 企業内でやっていくとなると本業とリソースをどう振り分けていくかを考える必要があります。仕事に命かけてるとかでない限りは考えるべきは本業・診断士活動・余暇の3種類です。 やってみてひしひしと感じたのは、普通にしんどい! ということです。時間もそうだし、体力もそうです。私は転職して、新しい仕事を始めましたが新しい仕事を覚えるのと診断士の活動を並行して行うのはだいぶ大変でした。 使える時間も体力も有限です。副業でもバリバリ活躍する診断士はいますが私の場合は新しい仕事が楽しかったので最近は診断士活動のウェイトは減らすようにしています。 自分にとって何が一番大切かを考えて必要な時に必要な決断するのも大事なことだと思います。身体を壊してしまっては意味がないですからね! さ~て、明日のふぞろいは~?ブルーオーシャンです!彼もまた余裕たっぷりの落ち着いたいい大人なんですよね。明日もサービスサービス♪(σ・ω・)σ

  • 「人間力」

    息子がクリスマスプレゼントにマリオカートが欲しい、と言ってました。ゲームは子供とも一緒に遊べるからその選択はうれしいのですが一つ不安があります。それは僕がまぁまぁ大人げない部分がある所。 むきになって僕が勝って息子泣く。容易に想像できる未来です。ゲーセンのマリオカートで同じことをして以来対戦相手として息子は妻を指名し続けてます。 大人の余裕、どこかに売ってないですか? どーも、飛ばない豚は何とやら☆ストレート合格サポーターシュンです。 ちょっといとーと順番変更してました。 再現答案、提出して頂けましたか?? ちょっと前まで益明塾というコンサルタント育成塾にお世話になっていました。 コンサルの手法とかプレゼンのノウハウといったテクニック・スキル向上ではなく、コンサルタントとしての在り方、心構え、考え方等を言語化して教えてくれ、進むべき道を示してくれる、そんな塾でした。 そこで得た内容を少し紹介します。 コンサルタントの「能力」のひとつに「人間力」があってそれを更に分解。 人間力 = 人格 × 人間的魅力(個性とか特徴とか) 人格 = 性格 + 考え方 + マナー 性格は天性的なもの(変えられない)だけど考え方やマナーは後天的なものだから変えられる。そこを高めていけば人格が高まる。人格が高まれば人間的魅力との掛け算の数字が高まり、結果人間力が大きく向上しまっせ。そんな内容でした。 これを学んでから特に「考え方」について考察することが増えました。日々新しい価値観、概念に自分の中を書き換えていく。 その一つとして出合って気に入っているのが選択理論。・変えられるのは自分(自身の選択)・自分が変われば相手との関係が変わる・相手との関係が変われば相手にも良い影響が与えられるかもしれない ずっと同じ環境にいる(例えば同じ会社)と考え方や価値観が同質化しかたまり、それを変える、ということに抵抗が強くなります。 僕も診断士チャレンジする前はまさにそんな感じでした。上司のいうことがただ正しい、みたいな… それが怖くて勉強始めたってのもあり、そういう意味でも良い塾に巡り合えたなって強く思っています。

  • 断捨離、頑張っています

    皆さん、こんにちは。勉強は楽して、楽しく、マイペースがモットーのゆかです。 今日で11月も終わり、明日から2019年の最終月を迎えます。忘年会やクリスマスなど、仕事もプライベートも忙しくなる時期ですが、健康に気を付けて、楽しく笑顔で残りの2019年を駆け抜けたいですね! さて、そんな師走のメインイベントの1つといえば、『大掃除』です。1年の汚れを落とし、きれいな状態で新しい年を迎えたい。とはいえ、仕事納めが終われば、速やかにお正月休みモードに移りたい私。例年、10月ころからちまちまと週末にプチ大掃除をします。 今年はそのプチ大掃除にあわせて、いわゆる断捨離に取り組んでおります。物をたくさん買うほうではないと自認しておりますが、今の家に住み始めて、数年。なんだかんだと物が増えているようで、収納スペースが手狭になってきたからです。 別に今の状態でも日常生活に支障はないため、なかなか重い腰が上がらないことも多いのですが、必要なものと不要なものを分け、今後も整頓された状態を保つための仕組みつくりをしていくことで、住環境だけでなく、心もすっきりと整っていくのを実感しています。 また、職場の課題解決の定番『5S』は、プライベートでも快適な環境を作り出し、維持するためのヒントになるな、と思いました。最近はめっきり試験勉強で学んだ知識を使う機会がなくなり、知識の錆びつきが気になる今日この頃。学びを生かし、実践することを来年の目標とします。 明日はいとーが担当です。お楽しみに!

  • 診断士受験生あるある

    みなさん、こんにちわ。大阪チームのぁっです。 2次筆記試験合格発表まであとわずか、こんな時期ですが今日は診断士の受験生あるあるをやりたいと思います。 ①不要なテキストを持ち歩き、いつもかばんはパンパン これはみなさんに経験があると思います。休みの日に受験予備校の自習室を利用するとき、めっちゃ勉強したろうと思っていろんな教科のテキストや問題集をもっていくのですが、だいたい1科目で1日が終わってしまいます。 2次試験においては、ふぞろいのみでいいはずが、事例Ⅳ特訓もするかもと思ってそのテキストを持参するも夕方にはへとへとでこっちに手を出すことはなかったです。 ②1次の知識を使いたがる いまだに何かにつけて会話の中で1次の知識を放り込んでしまいます。もともと知識の定着を図るために会話の中で1次知識を入れるようになったのですが、いまだにそれが抜けません。 自分的によく使う用語は、経験曲線、ECRS、規模の経済といったあたりでしょうか。 実家に帰った時、本を読みながら食事をしていたら(受験中なら当たり前ですよね?)、母親にご飯食べるか本読むかどっちかにしなさいと注意を受けたので、ECRSのCをやってるねんと答えておきました。 ③説明を求められたとき、「理由は、①~」と切り出す 非常に簡潔に回答でき、実用性の高いあるあると認識しています。私、めんどくさいやつになっていませんでしょうか?不安です。 ④2次試験の解答で、自信があるときは字がきれい。逆にないときは雑。 受験仲間にずっと指摘されていました。自信があるときは字がきれいになると。こちらは認識していませんでしたが、自信のないときはエイヤッ!って解答を書いていたので、字が汚くなっているのは認識していました。 ⑤話に因果を求める これもあるあるやと思います。私の周りでも、「因果飛んでるで」というのはよく聞きます。 大阪人で診断士、これほどめんどくさい存在はないと私は思います。 理由は、①話に因果とオチを求めてくるから。 中途半端なオチで本日は締めたいと思います。 明日はゆかの登場です。お楽しみに~

  • 合格発表日から口述試験まで

    みなさん、こんにちは 世界どこでも勉強できる♪ストレート合格ナビゲーター おかじです。 二次筆記試験後から如何お過ごしですか?しっかりとリフレッシュできましたでしょうか?いよいよ来週は合格発表日。試験当日から常に頭のどこかにはあったと思います。 私は合格発表のその日、 有給休暇で偶然会社を休んでいたので家にいました。解答振り返りをする中で、各予備校の模範解答と自分自身の解答に乖離がある箇所が多く、こりゃだめだろうと思っていました。とはいえ、落ちたと決まった訳でもなく、なんだかもやもやした気分のまま、合格発表を迎えました。 落ちているだろうと思っていても、合否を確認しないと気持ちが切り替えられない。 そんな一心で合格発表日の朝10時、協会HPにアクセスしました。 まずは合格率の確認。「合格率18.8%、うわ…、前年より下がっている…」 そして、いよいよ受験番号の確認。"ctrl+F"で簡単に受験番号を検索できますが、ここはあえて1番から順番に探しに行きます。途中、9番くらい合格受験番号が飛んでいる箇所がちょくちょくあり、「あぁ、やっぱり厳しい試験なんだなぁ」とネガティブ思考が最高潮に。番号は上の空になり、自分の受験番号を通過してしまい、一番最後へ。「おっと、いけない」と、自分の番号の辺りに戻ると、なんと自分の番号が目の前にあるではないか!「おい、まじかよっ!」と言いつつ思わず、3度見しました。それでも、まだなんだか信じられず、口述試験の受験票が届いてようやく本当に受かったのだと実感したことを今もよく覚えています。 前回のブログで書いた通り、受かっているか、落ちているかは本当にわかりません。 だからこそ、落ちていると思ってもぜひ合格発表当日に合否確認はしてください。 なぜなら、合格発表の1週間後には口述試験があるからです。 合格していたら、今までのリフレッシュモードから一瞬で頭と心を入れ替えて、口述試験対策を必死に行わなくてはいけません。 多くの方が筆記試験後に一旦受験勉強から離れていたと思います。そうなると、自分自身が思っている以上にびっくりするくらい、力が落ちています。 と、なると一刻も早く本来の力を取り戻さなくてはならず、試験対策を始めなくてはならないのです。

  • 少数派を意識する

    こんにちは。自分のことで精一杯だよ!利己主義な多年度合格ナビゲーターシュホンニと申します。 二次試験から1カ月が経過しましたね。いかがお過ごしでしょうか。 私にとっても、もう1年と1カ月。体感では2~3年前くらい、大分昔の出来事のような気もします。 あの頃は、多数派に寄り添うことが合格のポイントであると悟り、ふぞろいやグループワークの活用に努めていました。 多くの受験生が回答するであろう要素を外さないように、とにかく受験生の総意から離れないように、回答作成を心掛けていました。 尖らず、目立たず、主張せず、採点者が読みたい文章だけ置いてくる。没個性が求められた1年です。 これはこれで、診断士に必須の能力ではあります。主観を排し、客観で分析する。 一方、必須能力ゆえ、これだけでは何ら差別化要素にならないとも言えます。 平成31年4月1日時点で、約27,000人の診断士が登録されているようですが、彼らとの共通言語を得たに過ぎません。 よって、ここからは、少数派を意識するステージに移行すると考えます。 如何にして尖り、目立ち、主張するか。試験前とは逆ですね。 多くの方が、「本業」に加えて「診断士」という2軸目を確立した状態かと思います。 2軸の専門性を追及するか、新たに3軸目、4軸目を求めるか。自身の希少性を如何にして高めるか。 そんなことを考えながらこの1年が過ぎていきました。 いずれにしても、楽しいです。 2週間後、皆様がよい結果を得られることを、心よりお祈りしております。 明日は、世界どこでも勉強できる♪ストレート合格ナビゲーターおかじの登場です。

  • 口述試験のリアル

    皆さん、いつもふぞろいブログをお読み頂き誠にありがとうございます。 コツコツやればいつかきっと花開く!独学多年度合格ナビゲーターの☆はる☆です。 この時期のブログでは、どこの試験サークルでも「再現答案を作成しよう」「モヤモヤ期の過ごし方」「口述試験はこうだった」というネタばかりですよね。 そんな僕も例に漏れず、今回は自分の口述試験が昨年どうだったかを書こうかと考えていますが、皆さんの参考になるよう出来るだけリアルに思い出しながら書こうと思います。 2次筆記試験に合格後、中小企業診断士協会から送られてきた「平成30年度中小企業診断士第2次口述試験のお知らせ(口述試験受験票)」と書かれたDMには次のような記載がされていました。 1、あなたの口述試験の開始予定時間 平成30年12月16日(日) 午前11時12分(予定) ※上記開始予定時間の30分前までに受付を済ませて下さい。 2、口述試験会場 立教大学 池袋キャンパス 5号館 3階 東京都豊島区西池袋3-34-1 ※会場への問い合わせおよび会場下見は厳禁です。 3、口述試験の班番号 第08班 これを見て、「11時12分ってやけに細切れでやっているんだな~」とか、朝からずっと口述試験をしていると質問内容がSNS等で受験生に流れてしまうので、試験官も午後は質問方法を変えて難しくなるなんて話を聞いていたもので、「11時の回だとまだ素直な質問なのかな~」なんて考えたりしていました。 さらにDMには注意事項として以下のような記載がされています。 ≪口述試験受験上の注意事項≫ 口述試験は、中小企業の診断及び助言に関する能力について、筆記試験の事例などをもとに、複数の口述面接員により、受験者個人ごとに面接の方法で行います。 1、当日持参するもの 口述試験受験票(口述試験のお知らせ) 2、口述試験の予定時間・受付 (1)口述試験時間は、一人当たり約10分の予定です。 (2)必ず、試験開始予定時間の30分前までに集合し、受付を済ませてください。 開始予定時刻遅刻した場合は受験を認められません。 (3)受付終了後は、口述試験が始まるまで、所定の場所で静かにお待ちください。

  • つれづれなるままに②

    ふぞろいブログをご覧の皆様、おはようございます、こんにちは。ぞのです。 前回に引き続き、合格発表までのこの期間、ボヤっとした、どうでもいいような話に、ほんの少し経営のエッセンスを入れてお送りします。 * * ライブって最高に楽しい 大好きなアーティストが目の前で歌ってくれて、その場にいるファンと一緒に楽しめる。あの空気感というのは、その場でしか生まれず、その場でしか感じ取れないものでしょう。アリーナもいいのですが、私は小さめのハコが好きです。 そう、音楽っていいですよね。人間が今の姿で生活し始めてから、ずっと愛されてきたものの一つが音楽だと思います。昨今は主要な供給の形やフォーマットが変わってきました。 ラジオ→テープ→CD→ダウンロード→ストリーミング→ライブ 今はもうCDが売れず、サブスクリプションで消費する時代になりました。膨大な音楽のデータベースと個人の趣味に合わせて、AIがリコメンドしてくれ、新しい音楽との出会いも与えてくれます。 それでも、大好きなアーティストの生歌に勝るものはありません。あの生の体験に物凄く価値があります。ファンはそれにお金を払い、もっと好きになるんです。 でも、毎月行くわけには行きません。だからアプリやインスタで定期的にオフショットを投稿して、ときにはインスタライブやストーリーズ、SHOWROOMにも現れて生に近い形でコミュニケーションを図ります。忘れないでね、と。 まさしく、事例Ⅱの『関係性マーケティング』というやつです。顧客とのタッチポイントを増やして、フリークエンシーを上げ、熱を貯め、ライブで爆発させる。そうやってチャーン(解約率)を減らして、LTV(Life Time Value:顧客生涯価値)を上げているんだと思います。 H29 事例Ⅱの寝具屋も同じ。寝具は購買間隔が長く、関係が切れやすい。だから間隔の短い日用品を取り扱い始めました。同じですよね。 * * 忘年会のプランニングをしています プランニングする上で重要なことは・「目的」をブラさないこと・組織を整備し、誰が、いつまでに、何を、どのレベルのアウトプットで、というプロジェクト管理を徹底する事・メインコンテンツである、クイズをちゃんと作りこむこと・本番までに、仮説→検証を1サイクルは回すこと・オペレーション上のリスク要因を洗い出し、潰しこむこと

  • 心配性の方への今の時期の口述試験対策

    ふぞろいブログをお読みいただきありがとうございます。無理せずマイペースでいこう!多年度合格ナビゲーターのけいです。 二次試験から5週間、段々と合格発表が近づいてきました。かなりそわそわしている時期ではないでしょうか?私も昨年、一昨年と、この時期が一番そわそわしていました。 二次筆記試験を合格すると 『口述試験を受験する資格を得た方』として受験番号が診断協会webページに掲載、各地区の合格発表掲示場所に掲示され、簡易書留郵便で口述試験の通知が送られてきます。 よく、口述試験はほとんど通るし、対策は筆記試験の結果がわかってからで大丈夫!と言われたりしますが、私のような心配性の方向けに、一人でできる今の時期ぐらいにちょうど良い口述試験対策を今日はお伝えしようと思います。 いきなりなのですが、精神衛生上、試験のことはまだ考えたくない方はこれから書くことは無理にしなくて大丈夫です。ゆっくり休んでお過ごしください。結果発表からでも対策は十分に間に合います。 また、下記の方法を実施していると試験中には気が付かなかったポイント等が出てきて落ち込むこともあるかもしれません、ですが、そういうもの(普通は80分では処理できない作りこまれた与件文の情報量の為)なのでお気になさらずに。 というわけで、精神的に問題なく、今の時期、口述の対策がちょっと心配な方、且つ受験校の口述セミナー等に参加できない方(ちょっとニッチです)へのおススメ対策です。 一番定番なのは各事例の与件文を繰り返し読むということなのですが、余裕があれば是非、与件文を朗読して、ICレコーダや、スマートフォンのボイスメモ等の機能を使い録音してみてください。そして、その音声を聞きながら、与件文の内容をイメージしてみる (できれば具体的に)という対策です。 そして、これを繰り返し、まるっと与件文を頭の中に叩き込んでしまいましょう。また、録音しておくと、与件文を持ち歩いてなくても隙間時間に聞くこともできますし、便利ですよ。 なんだ、つらつらと文章を読んだのにそれだけか、という感じですが、これで今の時期は十分です。

  • それでも強みに悩んでる人へ

    皆さん、体を動かしていますか?直感に身を任せた筋トレ人! 独学ストレート合格ナビゲーターもってぃです。 再現答案書いてますか?口述試験受付のURLはブックマークしてますか? この話は耳にタコができるくらい見て、聞いているので、これだけにします。 今回もほっしーからの要望に応えようと思います。先生と呼ばれましたので、その話をしましょう。 先生と言われると思いつくのが、やはり学校や塾の方でしょう。中国で日本の先生の意味は老師、すなわち師、という意味らしいです。 さて、診断士の登録をしたとしましょう。厳しい1次試験、2次試験、実務補習または実務従事を乗り越えて、名刺に「中小企業診断士」と刻みました。喜びもひとしおです。その名刺を持って、経営者の元へ伺います。先生と言われるかもしれません。その時、経営者とどの様に接すればいいのでしょうか。先生とは教える人です。今まで蓄えた知識を伝えきって、教えれば経営は改善するはずです。一度目は感心してくれました。しかし、二度目はずれを感じました。この時に過ちを犯していたのです。経営者が求めていたものと違っていたのです。価値ある提供ができていませんでした。 先生失格です。 求めている物を提供するためには、経営者が求めていること、困っていること、目線を合わせることが大事で、自分にとって価値あるものが人によって価値が異なることを思い知りました。私は先生とは教えるのと同時に導く人であると考えています。合格後、皆さんは私と同じ失敗をしないでくださいね。 閑話休題 本日、何を伝えようかと考えたのですが、前回は自分の強み(特長)について話しました。先日、シュンもストレングスファインダーに触れていましたね。似たようなやつで、私はVIA-ISというものをやりました。第一位は後程お伝えします。 強みについてですが、先日良い経験をしたので、少しお話したいと思います。 今回はやや長めです。ご注意を。 直近の研究会で自己紹介プレゼンをしました。その後、他のメンバーから、もってぃはこんなことをしてはどうか? こんな話を聴きたい。というプレゼンをするという機会がありました。

  • いろんな機会・・・

    みなさん、こんにちは。 継続は力なり!多年度生合格ナビゲーターのほっしーです。 中小企業診断士になって、今までなかったことを経験する機会が多いと感じる今日この頃。 そこで、いままでの機会の一部を、紹介したいと思います。 合格後に実務補習や、実務従事で実務ポイントを得ると中小企業診断士としてようやく登録できます。といっても、先輩方がたくさんいる世界です。 登録したばかりですと、まずは学ぶ機会に参加しつつ、スキルを上げたり、人脈を増やしたりしていくことになります。 各都道府県には、中小企業診断士協会や、診断協会があります。 ほっしーが入った協会だと、その年の新入会員のグループを作り、テーマを決めて研究して、発表するという取り組みがあります。 協会に入ると、研究会に参加したり、イベントに参加したり、いろんな活動の情報が入りやすくなります。 その研究で、何ヵ所かの企業に訪問して・・・ と言えば堅苦しくなるので、実際のところは、テーマに沿った企業(お店)が集積している地域を訪ねて、あとは、突撃!! 事前にアポが取れているところもあれば、当日メンバーと相談してここに行こう!となる場合もあります。 お店に伺い事情を話すと、皆さん快く見学させてくれたり、製造過程を説明してくださったり。 ありがたいことです。 とある糀屋さんでは、突撃にもかかわらず、米から糀を作る工程、それから味噌を作る工程など、昔ながらの製法で生産されている工程を説明いただきました。きゅうりにその味噌を付けて試食させていただき、美味しく頂きました。話を聞けば聞くほど、経験してきたからこそ語れる昔から残っているノウハウの多さに驚かされました。そこにこだわりが詰まっており、他社との差別化の源泉でもあると感じました。 同じ業種の経営者ですと、似た考え方を持っているのかなと思いきや、こだわりがあり、それぞれ差別化しようと取り組んでいることに気付きます。だからこそ、同じ業種が集積する地域でもそれぞれ違いがあり、高め合っているのだと感じました。 中小企業診断士の存在を知っている経営者は、商工会議所との繋がりがある方ですかね。 大半の方は、初めて存在を知る方です。 どのような活動をするのかなど、逆に質問攻めにあうことも。

  • 今後の夢を思い描く

    こんにちは!!ブルーオーシャンです。 先日は、ふぞろい12の執筆メンバーと集まって飲み会をしました。 家族でも、同級生でも、同僚でもないですが、気の置けないかけがえのない仲間です。 なぜかふぞろい12のメンバーといるとホッとします。 共に本の執筆という活動をしてきた中で、育まれた連帯意識と友情みたいなものだと思いますが 診断士の勉強をしたというある意味共通認識を持っているからかお互い自然体でいられます。 共通認識を持ちながら個性を持ったメンバーが互いに刺激しあうことで日々の活力に繋がっています。 いわゆるサークルのようなサードプレイス的な場と仲間がいるってかなりいいですよね。 さて、2次試験から約1ヶ月が経過した今日この頃、合格発表まで悶々としている頃かと思います。 勉強についてはしばしの休息期間ともいうべき今、中小企業診断士を何故取ろうと思ったのかを考えてみてはいかがでしょうか? 自分のやりたいこと、ワクワクすることを思い描いてみてください。 今の自分の環境における制約を理由にやりたいことを我慢してたらもったいないですね。 合格できたら何をしたいか、仮に残念な結果になったとしても診断士を取ろうと思った目的が明確なら来年度も勉強へのモチベーションもキープできると思います。 勉強に夢中になってくると、いつの間にか資格を取ることが目的になりがちです。 また、勉強を再開した際に迷わないようにするためにも比較的落ち着いている今の時期に想いを存分に巡らしましょう! 中小企業診断士の受験を考えるような志の高い人たちが日本を、世界を動かしていくと信じています。 大きく出ましたが本日はこんなところで。 明日は、ほっしーがお送りします。

  • 自分の資質(強みの元について)

    少し前にシュホンニが書いていたストアカ。実は数年前に僕も使ったことがあります。教室名は「1日でできるようになるバク転教室」 妻に、週末友達が遊びに来るからどっか行ってて。と言われたのが発端で、それを受ける決め手はバク転出来たら格好良くね?って思ったから。要は暇だったってわけです。結果、見事にその日にバク転成功しました。でも一緒に受けてたヒトは仕上がってなかったのでまぁみんなが出来るようになるわけではないようです。先生の教え方が上手なのか僕の資質がぱねーのか。 まぁ今やれって言われてももう怖くてできないですけどね。 どーも飛ばない豚は何とやら☆ストレート合格サポーターシュンです。 再現答案、ご提出いただけましたか?? 時に、皆さんは自身の特徴的な資質(強みの元)はなんだか把握されてますか? 2次試験の事例を解いていると、企業の色々な強み・資源を見つけますよね。社長の人脈、お母さんの裁縫スキル、顧客第一主義目線、技術屋に特化した集団、士気の高い社員 等々 これらに目を付けて社長に「強み・武器」であることを認識してもらい、次なる一手を社長に踏み出してもらう。それが診断士の仕事の一つです。 この、強みを生かすって方法、企業に限った話ではなく、ぼくら一人一人にも当てはめられる発想です。 しかし自分の才能、強みというのはなかなか把握できてないのが現実。 小学生なら足が速いとか、背が高いとか、勉強できるとか、結構強み弱みってわかりやすかったですが大人ってそんな単純な話じゃないですよね。 特に自分ってなると、謙虚な心がこんなの全然強みじゃないよ、みんなもっているよ、と強みを見つけにくくしてくれます。 ということで自分の強みなんてものは基本的に気付けていない。 しかし、この世には自分の才能(強みの元)を分析してくれるナイスなツールが存在するんです。 ご存知ですか?ストレングスファインダー 端的にいうと全部で34個ある資質から特に高い5つをピックアップしてくれる、そんなツールです。 んでもともと高い資質をもっと伸ばして、よりよい人生送ろうぜってのがこのツールの趣旨になります。

  • 診断士のお仕事③

    皆様、こんにちは。そうでない人は、はじめまして!ふぞ12事務局長いとーです(・ω・)/ −−−−−−ここまでテンプレ−−−−−− 先日、ふぞろい12のメンバーで飲み会をしてきました。診断士に関係あったりなかったりなかったりの話をたくさんしたんですが本当に価値観いろいろでふぞろいっていいなぁと思ったりしました。 さて、前置きはこの辺にして今日はいとーが診断士になってから経験した仕事その3です。 3つ目は、ものづくり補助金略してもの補助の申請書作成支援です。 前回、前々回と紹介した活動はボランティアでしたがもの補助支援に関しては謝金をいただきました。もの補助に限らず、補助金支援については謝金がある場合がほとんどかと思います。 採択か不採択か結果がはっきりしていること支援企業に対して補助金の受給というメリットが与えられるわかりやすさから診断士1年目の実績作りにはいい活動だと思います。 さて、これらの補助金支援のお仕事はどうやって得られるかというと私は診断士向けの書き物講座を受講した際に、講座主催者からあっせんを受けました。 その他にも様々なルートがあるようですが、そのほとんどが人からの紹介です。各地域の診断士協会には、補助金支援をメインにした研究会もあるのでそういった研究会に所属して機会を得るというのもひとつの手です。 診断士向けの講座や研究会・勉強会は多くあるので上手に使って仕事のとっかかりを探しましょう! さ~て、明日のふぞろいは~?シュンが自分の強みを探しに行きます!明日もサービスサービス♪(σ・ω・)σ

  • 試験に合格して変わったこと

    皆さん、こんにちは。勉強は楽して、楽しく、マイペースがモットーのゆかです。 2次試験も終わったこの時期、どんな話題を書こうか悩んだのですが、私が診断士試験に合格して変わったことを少しご紹介することにしました。 診断士試験を受験する方は、中小企業支援をするために必要な知識を身に着けたい、独立コンサルタントになりたいといった熱意をもった方が多いように思います。しかし、私が試験を受験しようと思ったのは、資格を持っていたら転職の機会などに有利だろうな、という漠然とした思いからでした。 ですので、試験に合格した時も、うれしくは思ったものの、特に資格を活用して何かしようとか、これで何かが変わるとは、これっぽっちも考えませんでした。 しかし、意外なことに資格取得によって、この1年いろいろな変化がありました。 まず、1つはひょんなきっかけでふぞろいの執筆に参加することになり、プライベートでの生活が大きく変わりました。独学で試験勉強をしていた私にとって、診断士関係のつながりができることは想定外で、意欲の高い、『ふぞろい』な個性的なメンバーと知り合えたことは非常に貴重な機会となりました。 また、仕事の面でも、資格取得によりボーナスが支給されたり、資格を生かせるのではということで異動のオファーを得られたりということがありました。勤務する会社には資格取得を推奨するような制度がなかったため、こんなことがあるとはまったく考えてもいませんでした。 何の気なしに受験した診断士試験ですが、結果的には充実した2019年を過ごすカギになったと実感しています。今年受験をした方は今後の変化を楽しみにしていてください。きっと、何かワクワクする変化があるのではないかと思います。 明日はいとーの登場です。お楽しみに!

  • なぜスーパーは野菜売り場からはじまるのか。

    こんにちわ!!大阪チームのぁっです。 私が診断士の勉強を始める前に、予備校の講座説明会を聞きに行きました。そのときに講師が、「診断士の勉強をすると、なぜスーパーは野菜売り場からはじまるのかわかる」ということをおっしゃっていました。当時の私はそのことをずっと疑問に思っていたので、その謎を解くということも診断士の勉強を続けるモチベーションになりました。 で、診断士の試験に合格して1年、その謎はいまだ解けていません。なぜか。それはスーパーの野菜売り場問題について真剣に考えてこなかったからです。 今日はこの謎に、真正面からぶつかりたいと思います。 多くのスーパーでは、まず入り口に野菜が陳列され、肉、魚(または魚、肉)と商品が陳列されています。これが仮に肉からはじまっていたらどうなるのか? 肉と野菜の違いから考えてみます。 まず、陳列するときの温度が違います。肉が冷蔵なのに対して、野菜は常温です。常温で陳列できる野菜は店外にも陳列できますが、肉の場合、出入口付近に陳列すれば温度管理に気を使わなくてはなりません。 こういった理由から肉や魚は店の奥に置いておくほうが都合がよいというのが考えられそうです。しかしこれは診断士の勉強をしていなくても出てきそうな答えですね。もう少し考えてみましょう。 肉と野菜の違いで最も大きいのが見栄えではないでしょうか。野菜は種類も多く色合いも様々です。対して肉は牛豚鶏と種類も限られ、色合いに限ってはほぼ同一色とみなせます。 私の近所のスーパーでは、この野菜の色合いを使って入り口付近に派手に野菜をアイランド陳列しています。 こうすることで買い物客の目を引き店舗内に誘導しているということが考えられます。仮にこのアイランド陳列を肉でやったとしたら?う~ん、怪しい雰囲気のお店に変わってしまいます。少しは診断士っぽくなってきました。 そして最後に自身の経験から。私はスーパーに入るとまず野菜売り場をスルーし肉売場に直行します。もちろんこの時、どの野菜がありどのくらいの値段で売られているかチェックしています。そして肉を物色しその日の晩御飯を決めてから野菜売り場に戻り、肉にあった野菜を購入します。

  • 財務会計のおすすめ本

    みなさん、こんにちは 世界どこでも勉強できる♪ストレート合格ナビゲーター おかじです。 今日は、最強読んで良かったなという本の紹介です。 私の本職はマーケティングなので、財務会計や事例Ⅳは試験突破のために、ひたすら理論を頭に詰め込みました。 でも、ふと思うとその理論が「何のために?」「どう役立つのか?」は良く分からない訳です。 せっかく理論は覚えたのにと思う中で、下の本と出会いました。 E3%81%96%E3%81%A3%E3%81%8F%E3%82%8A%E5%88%86%E3%81%8B%E3%82%8B%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%8A%E3%83%B3%E3%82%B9-%E7%B5%8C%E5%96%B6%E3%82%BB%E3%83%B3%E3%82%B9%E3%82%92%E7%A3%A8%E3%81%8F%E3%81%9F%E3%82%81%E3%81%AE%E8%B2%A1%E5%8B%99-%E5%85%89%E6%96%87%E7%A4%BE%E6%96%B0%E6%9B%B8-%E7%9F%B3%E9%87%8E-%E9%9B%84%E4%B8%80/dp/4334033970 ざっくり分かるファイナンス 経営センスを磨くための財務 例えば、 ・「CAPM、MM理論、WACCって何だっけ?実際どう役立つんだっけ!?」 ・「負債より株主資本コストの方が高いのは何でだっけ?でも、負債コストはPLに表れるけど、株主資本のコストはどこに現れるんだっけ!?」 ・「キャッシュフロー計算の際に、なぜ運転資金の増加分を支払う必要があるものと認識するんだっけ?」 ・「事業価値計算の計算式がFCF(期待収益率-毎年の成長率)になる理由って何でだっけ?」 などなど理論を知ると湧いてくる疑問の答えが書かれています。 ※ぱっと答えが出てきた人、お見事です!しっかり自分のものになってますね! 試験が終わったこの時期、活きた知識に転換するには良い機会だと思います。 ご興味があれば、読んでみてください。 Kindle Unlimitedに入っている方は読み放題本に入ってますよ! 明日は大阪からぁっがお届けします。

  • プロに学ぶ

    こんにちは。自分のことで精一杯だよ!利己主義な多年度合格ナビゲーターシュホンニと申します。 最近、何かに取り憑かれたかのように勉強しています。 昨今は学び方の選択肢も多様になっていて、webを探す度に今まで知らなかったサービスを発見するように思います。 私が最近活用しているのは、「教えたい人」と「学びたい人」を繋ぐプラットフォームサービスです。 特定のスキルを持った個人が講座を企画し、そのスキルを学びたい個人が受講料を払って話を聴く、そんな「場」を提供するサービスです。 先日、仕事でデータベースの知識が必要になり、その道のプロだと仰る方の講座を受けに千葉まで出向いてきました。 講座といっても、講師に対して数十名も参加者がいるようなセミナー形式ではありません。 その方のご自宅に伺い、マンツーマンで指導してもらうような形式でした。 講師は60歳を過ぎ定年退職されていて、退職後のご自身の楽しみとしてこのような活動に取り組んでいるように見受けられました。 私からすると、システムエンジニアとして数十年のキャリアを持つ方のノウハウを、体系的に(講師が纏めてくれてるので) 僅か数千円で獲得できるメリットがあります。 一方、講師側は、自身が培ってきた経験を、退職後の時間で意欲ある若者に伝えていくことができます。 何より、 「若い方と話している時間が楽しい」 こう仰っていたのが印象的でした。 なぜこの講座を受けたのか、どんな仕事をしているのか、そのような話を通じて、 ビジネスの動向や最新のテクノロジーに触れることができる。それが楽しいんだと。 かくして講師と私のニーズは完全なマッチングを果たし、有意義な時間を過ごすことができました。 良いサービスだと思います。 ちなみに、webサイトはこちらです。 明日は、世界どこでも勉強できる♪ストレート合格ナビゲーターおかじの登場です。

  • 得点開示請求の準備をしよう。

    皆さん、いつもふぞろいブログをお読み頂き誠にありがとうございます。 コツコツやればいつかきっと花開く!独学多年度合格ナビゲーターの☆はる☆です。 2次試験を受けられてから3週間以上が経ちましたが、再現答案を作成し、受験予備校の解答速報や報告会にも参加し、その結果で一喜一憂するのにも疲れて来た頃かと思います。 こうなったら果報は寝て待てとばかり、これまでやれなかった事やをやりながらとにかく合格発表を待つ日々が続いている方もいらっしゃるかと思います。 十人十色。いろいろな過ごし方があると思いますが、この時期にしかできない事や今後の事を考えて今から出来る事等を積極的に進めていく事をお薦めします(でないと、合格後は本当に忙しいですし、残念だった場合も令和2年の試験に向けた戦いが既に始まっていますので)。 今日はそんな今から出来る事の1つとして『得点開示請求』に関してお話ししたいと思います。 保有個人情報開示請求請求書(得点開示含む) まずは皆さん、中小企業診断士2次試験における得点開示請求ってご存知ですよね? 今でこそ当たり前のようになってますが、つい4年程前までは、そんな事が出来るなんて知られてなかったようなんですよね。 「得点開示請求」という革新的な方法を開拓したのは、弁護士でもある岡崎さんという方が司法試験では成績が開示されてのに中小企業診断士では開示されていない事に疑問を感じて申請を出したことがきっかけだと言われてます。 ※その詳細は、一発合格道場さんのこちらのブログにて公開。 ※また、具体的な得点開示請求の方法は協会のサイトに掲載されています。少しわかりづらいですがこちらをクリックすると表示されるWordがその方法と申請書になっています。 岡崎さんのお陰で、これまでABCDでしか評価が分からなかった2次試験の結果が、得点開示請求を出すことで〇〇点という具体的な点数までわかるようになったんですね。

  • つれづれなるままに~マーケティングとかモチベーションの話~

    ふぞろいブログをご覧の皆様、おはようございます、こんにちは。ぞのです。 最近銭湯にハマっています ランニング後に大きな風呂に入るというのは、いいですね。 そうそう、銭湯って入浴料金が都道府県単位?で統一されているんですよね(いつかの2次試験の過去問でもあったような…)。現在、東京だと470円です。 価格を変えられない中で売上を伸ばす上で何が重要になってくるか。商圏内の人の多さというのがまずありますが、人は急には増えないので、いかに「また行きたくなる」銭湯にするか=リピーターを増やすかというのも大事そうです。私の行っている銭湯はまだ現金商売だったので、メール会員やリアルのポイントカードを作りでもしないと、顧客との接点を持ち続けることができません。そのうち、〇〇ペイが入って顧客の利用状況を捕捉できるようになれば効果的なマーケティング活動ができるのかもしれません。でもペイの手数料取られるし、キャッシュの回転期間的にもよくない。一長一短ありそうです。 * * この前友人と話していて、その通りだな、と思ったことがあります。 『客観的に見れば考えてもしょうがないことを、全然気にしなくていいことを、どうしても気になって悩んで時間ばかりが過ぎる』という悩みに対して、 「気にしすぎじゃない?」というアドバイスが良くない、ということ。 気にしたくないし、考えたくないのですが、どうしても気になるし、考えてしまう。そんな心理状況の人が求めているのは主にこの2パターンだと思っています。1.とにかく悩んでいて聞いてほしい2.解決策を出してほしい 「気にしすぎじゃない?」というアドバイスは、1に対しては的外れ。ケンカになりかねません。2に対しては一定効果があるかもしれませんが、そもそも相手への共感がないというのが良くないと思います。まずは共感。その上で、問題点(=気になる)に対して、要因を分解してブレークダウンして絞り込まなければ、効果的な改善策にはならないはず。おそらくいろんな複雑な要因が絡み合って、気になっているんです。それをバサッと切って、「気にしすぎである」と結論付けるのはナンセンスだな、と思うわけです。

  • この時期の過ごしかた(けい編)

    ふぞろいブログをお読みいただきありがとうございます。無理せずマイペースでいこう!多年度合格ナビゲーターのけいです。 気持ちの切り替えって得意なほうですか?私はとても苦手です、特にネガティブなことはくよくよと引きずってしまいがちなタイプなんですよねぇ。試験も終わり、再現答案も作った後は、精神衛生上、試験のことはシャットアウト!したかったのですがやっぱり気になる性分でして… というわけで、今日は、昨年私がこの時期、こんな感じに過ごしていたというお話です。 大体の人は二次試験を受けて出来なかったなぁと思う方が多いと思います。私もできなかったなぁと思いました。再現答案は作りましたが、いろんな学校の模範解答を集めたり、説明会に出たり、採点サービスに申し込んだりするのは精神衛生上辛くなりそうだったので、やめときました。 となると、これまでの勉強していた時間がポッカリと空いてしまい、中ぶらりん状態に。趣味に打ち込みたかったところではあったのですが、趣味の野球観戦はシーズンオフに入ってしまっており…(ちなみに大阪では珍しい大洋ホエールズ時代からの横浜ファンです)。じゃあ運動でも、と言っても生粋の運動音痴…。あっ、私事ですが家族サービス…というか妻との結婚式が迫っていたのでため込んでいた式の準備はせっせとこなしていました。しかし、それでもまだ時間があったのです。 そこで、勉強の習慣を完全に止めてしまうのも勿体ないと思い、この時期は「読書の秋」として本を読んでいました。診断士関連の本はいろいろ複雑な思いになるので一旦避け、自分の強みというか、これまで仕事等でやってきたことのうち、あえて基本書・入門書を改めて読んで過ごしました。基本書・入門書にしておいたのは、何事も基本が大切ということと、一度読んでいるので負荷が少ないからです。 ここからはかなり細かい話になり読み流していただいていいのですが、私はもともとシステム関連の仕事をしていたのでこんな本を読んでいました。 『マスタリングTCP/IP入門編』→インターネット、ネットワークの理解が深まります。 『暗号技術入門 秘密の国のアリス』→ネット等で使われている暗号技術の入門書です。 『Windows10上級リファレンス』→Windows10のディープな設定等がわかります。

  • 口述試験体験談

    皆さん、体を動かしていますか?直感に身を任せた筋トレ人! 独学ストレート合格ナビゲーターもってぃです。 前回、イラストを入れることができませんでした自分では文章を書いた後にゆっくり書こうと思っていたのですが…、うっかりです。 ほっしーに整理整頓は任せて! というフリをもらったので、少しだけ私の近況を…。 診断士になって、周りの先輩、同期に聞かれること もってぃ(あなたの)の得意分野(強み)ってなに? …… 困りますね。 たとえば、経理をしている人は財務関係。 生産管理をしている人は運営管理。 SEの人は情報関係 などなど、などなど。 聞くわけです。 ところが、もってぃは「製造業」の「技術職」。 さぁ、困った。 製造業はいいとして、技術職…。 専門的過ぎて、応用きかへんやん! そうなるわけです。 後から聞くと、技術職の診断士は少数派のようです。だからといって、くじけるわけにもいきません。胸を張って「これ」といえるものを言いたいものです。 そこで、 自己分析を始めたのが夏前です。自分の好きな事ってなんだろう。 そして、考えた結果、行きついたのが、「整理」でした。診断士でも5Sがキーワード、企業にとっても必要、事務所・現場でも必要。そして、私は整理整頓が得意。という考えから、思い立って、整理収納の資格取得に向けて先日まで突き進んだわけです。ぼちぼちハードなスケジュールでしたが、無事に企業内と家庭の整理収納をできるスキルを身に付けることができました。これにより、診断士×整理収納×スポーツ(筋トレ)という、自己を確立することができました。 実際に取得してから、何を強みにして活動をしたらいいか迷う時が来るかもしれません。その時こそ、自己SWOTをおこなってみてはいかがでしょうか。 閑話休題、と言うか、本題 合格発表まで一か月を切りました。次に向けて動いている人もちらほらいるみたいです。次とは、そう口述試験です。 口述試験対策をどうしたらいいか。自分の解答をまとめていたり、与件文をまとめてみたり。99%受かる試験とは言え、不安は付きまとうものです。 文字で問われている時は何度も読み返すことができますが、口頭だと、一回質問されて、解答しなければなりません。これはプレッシャーです。

  • 2次試験合格発表後は・・・

    みなさん、こんにちは。 継続は力なり!多年度生合格ナビゲーターのほっしーです。 2次試験合格発表まで、もう1ヶ月を切りましたね。ということは、本当に自由な期間もあと1ヶ月を切ったということになります。 合格すると・・・ 今回は、合格してからのことをお伝えしたいと思います。 合格すると、待ったなしで口述試験の準備を口述試験までに行うことになります。その期間は、受験生支援団体が行う口述セミナーに参加するのがとても良いと思います。 ふぞろいでも行いますので、ぜひ参加してみて下さい。懇親会も同期の仲間を増やすチャンスです!! ただ、注意頂きたいのは、合格発表直後より、各支援団体の口述セミナーの申し込みが始まり、思っているより早く埋まっていくことです。 私の場合、タブレットなどにブックマークしておき、合格したことを確認したら、昼休みになった段階ですぐに口述セミナーの申し込みをしました。多くのセミナーが早い段階で満席になっていったのが印象的でした。 後で申し込めばいいやと、放っておくと、受けたい日程のセミナーは満席に・・・ ふぞろいの口述セミナーは、東京は、12月6日(金)合格発表直後から、翌日の12時には締め切りを予定しています。合格発表の二日後12月8日(日)午後に予定していますので、スケジュールは今のうちに確保しておいて、参加いただければ、その後の口述対策が楽になると思いますよ。 大阪は、12月14日(土)午前を予定しています。口述試験前日なので、仕上がり具合のチェックに持ってこいですね。 手帳が便利 口述試験後、合格発表後、またまた忙しい時期がやってきます。 合格前は、自宅での勉強や、セミナーの参加、模試など、2次試験勉強中心の日々を過ごしていたことと、仕事がひたすら図面を描いており、出張もほとんどなく平日のみの勤務がほとんどでしたので、休日や平日夜のスケジュール管理なんてほとんどいらない状況で過ごしておりました。 ですが、合格すると、様々なイベントや講習、仲間とのやり取りなどで、スケジュールが埋まっていく感覚でした。 スケジュール管理のアプリなどではなく、試験で手書きが好き?になっていたこともあり、仕事とは別にプライベート用の手帳を準備しました。 せっかくの機会なので、手帳選びも楽しみましたよ。

  • 中小企業に触れてみる

    SMBCが私服通勤を開始しました、目的はお堅いイメージを払拭するため。どんどん価値観、概念が変わっていきます。 ボクも30代中盤。柔軟な考えをしっかり持ってしていきたいです。 どーも、飛ばない豚はなんとやら☆ストレート合格サポーターシュンです。 再現答案はご提出頂けましたか? さて、みなさんは2次試験の過去問、H22事例Ⅱは解いたことはありますか? 家庭で出た生ゴミ回収して肥料にして農家に配ったり、 高齢者のために移動販売したり、 レジ袋不要の客にポイント付与したり… といったユニークな施策を打ちまくった超地域密着型スーパーマーケットの事例です。 2次試験の事例企業には実在するモデル企業がいると噂されていて、 その事例のモデル企業?であろう社長が出した本があります。 「こうして店は潰れた」地域土着スーパー「やまと」の教訓 題名は少々強烈ですが、 これには中小企業の実態がばちっと記されています。 ・資源の脆弱さ ・真の地域密着とはなにか ・顧客のためとはどんなことか ・社長が考えていること ・中小企業に対する利害関係者の評価 ・外部環境の変化に対応するとはどういうことか ・社長の孤高で孤独なところ ・数ある苦渋の決断 これを読んだからといって知識が増えるわけでもないですし、 試験スキルが向上するわけでもないです。 ただこれを読むことで中小企業に寄り添う、 という事を一段深い所で考えることが出来ると思います。 立場も弱く、それでも顧客最優先で考え、 社員を大切にし、自分は二の次。 それでも潰れざるを得なかった当該企業。 中々に読み応えのある内容でした。 試験勉強ロス?の隙間を埋めるということでこの本を読んでみてはいかがでしょうか?睡魔時間だけでさくっと読める量ですよ。 以上、中小企業診断士の活躍先が垣間見れる本の紹介でした。

  • 診断士のお仕事②

    皆様、こんにちは。そうでない人は、はじめまして!ふぞ12事務局長いとーです(・ω・)/ −−−−−−ここまでテンプレ−−−−−− さてさて、今回は特に前振りで書くようなネタもないのでいきなり本題に入りたいと思います。ずばり、いとーが経験してきた診断士のお仕事その2です。 というわけで、診断士のお仕事その2は地域振興支援です。いろいろな地域のプロジェクトがあるんですがいとーは伊豆方面の地域振興プロジェクトに混ぜていただいてます。 さて、このお仕事もこれも手弁当なんですがメリットは……楽しい!マーケティングを考えたり、イベントの企画をしたりするのでそういう賑やかなことが好きな人にはオススメです。他に起業支援なんかも親和性が高いですね。 それから、経験豊富な先輩方からテクニック含めいろいろな情報が仕入れられます。プレゼンの機会もあるので場数も踏めます。 あと、現実的なメリットとしては実務従事ポイントが得られることでしょうか。企業内診断士だと実務の機会も少ないと思うので実際に地域ないし企業の支援という経験を積みながら実務従事ポイントを貯めたい人にはよいと思います。 まとめると、地域支援プロジェクトは以下の人にオススメです! 支援したい地域がある!マーケティングに携わりたい!イベントの企画が好き!実務の経験を積みながら実務従事ポイントを貯めたい!旅行が好き! さ~て、明日のふぞろいは~?シュンが中小企業と向き合うちょっと真面目な話、です!明日もサービスサービス♪(σ・ω・)σ

  • 口述試験の準備

    こんにちは!こつこつやれば何でもできる!多年度合格ナビゲーターのけーすけです。 皆さま、二次試験お疲れさまでした!私も当日は神楽坂の方へ試験応援に行って参りました。 当日の朝の緊張感に満ちた皆さんの顔が忘れられません。「試験に挑む姿ってこんなに格好いいんだ!自分もまた何かに挑戦したいな!」という気持ちになりました。 さて、今日は、口述試験とはどんなものなのか自分なりの考えを書きたいと思います。 口述試験は、皆さんご存知の通り、ほとんど落ちる人のいない試験と言えます。 でも、そもそも難しい一次試験と二次試験を合格した人が受ける試験です。 そこが難易度把握しにくいところかと思います。 一度受けた感想として、「遅刻や、全く会話が成立しないような著しい減点がない限り大丈夫」と思っています。(あくまで個人の感想ですが。) では、当日に向けてどんな準備をしていけばよいのでしょうか。 私はまず予備校の開催している二次試験問題の解説セミナーに参加しました。 そこでおおよその得点と事例毎の要点を把握すると共に、口述セミナーの想定問答集をゲットしました。 後は時々、問題文を読んだり、想定問答集を読んだりしながら、事例企業の内容を忘れないようにしていました。 口述試験では、A社は、B社はというように、その会社について知っている前提で質問されますので、事例企業について頭の中に入れておくことはとても大切です。 それだけで、緊張具合や解答の内容が大分良くなると思います! そして、合格が決まったら、すぐにふぞろい口述セミナーや他の口述セミナーに申し込んでトレーニングをしましょう。 皆さんが無事に合格を勝ち取りますように!! 明日は、一次試験は二度と受けたくない★二次試験ストレート応援ナビゲーターいとーです。

カテゴリー一覧
商用