searchカテゴリー選択
chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
行政書士事務所『グッドプランナーズ』 https://www.good-planners.jp/

皆様と行政の橋渡し役としての職責を担い、「あなたの街の法律家」として、地域で起こる問題を他の専門家(弁護士・司法書士等)とも連携して、「相談」から「解決」までのワンストップサービスを目指しています。

goodplanners-g
フォロー
住所
八王子市
出身
未設定
ブログ村参加

2021/05/17

1件〜100件

  • ☆自筆証書遺言の要件が緩和され、法務局で保管できるようになったこと。

    相続分野の民法改正③自筆証書遺言の要件が緩和され、法務局で保管できるようになったこと。 グッドプランナーズ行政書士事務所

  • ☆被相続人の介護や看護で貢献した親族は金銭請求が可能になった。

    2022年民法改正と相続について  被相続人の介護や看護で貢献した親族は金銭請求が可能になった。

  • ☆「配偶者居住権」が新設:2022年民法改正と相続について

    「配偶者居住権」とは、被相続人とその配偶者が同居していた住居に、遺された配偶者がそのまま住み続けられる権利

  • ☆どうする?ある日突然、息子に借金の督促状が届いた。

    ある日突然、息子宛に借金の督促状が届いて初めて息子が借金をしていることを知るケースがあります。親に返済の義務はあるのでしょうか?

  • ☆どうする?相続人の中に行方不明者がいる!

    推定相続人の中に行方不明者がいる場合には、前もって法的に有効な遺言書を作成しておくことをお勧めします。

  • ☆どうする?生前贈与を受けたけど相続放棄は出来るの?

    相続放棄をしても相続開始前3年以内に生前贈与を受けた分や相続時精算課税制度を利用して受け取った分は相続放棄をしても相続税の申告対象。

  • ☆生命保険の受取人を指名する時に知っておきたいこと

    生命保険は受取人を誰に指定するのかによって相続税や贈与税の取り扱いが異なります。受取時に発生する諸問題に関するしっかりとした知識が必要

  • ☆遺言書の大切さ

    『遺言書』に自分の気持ちとして残すためのコンサルティング、作成をサポート。ファイナンシャルプランナーが相談者の資産の状況をヒヤリング

  • ☆相続税対策は元気なうちから

    ご自身が築いてきた財産は、ご自身が亡くなった後に相続税が大きくのしかかる場合があります。相続税のしくみを理解しておくことが大切です。

  • ☆iDeCoと相続

    現在150万人以上が加入しているiDeCoですが、今回は加入者が亡くなり相続が発生した時に、積み立てたお金はどうなるかについて解説。

  • ☆2022年4月施行、年金制度改革法

    雇用形態に関わらず、社会保険(厚生年金保険・健康保険)の適用範囲が拡大されます。アルバイトやパートタイムなどの短時間労働者も

  • ☆「令和4年度税制改正大綱」のポイント

    「住宅ローン控除」と「住宅取得資金の贈与の特例」の改正がありましたので、その改正のポイント、令和4年度税制改正大綱

  • ☆相続人のための相続手続きをサポート

     相続の開始と共に、3カ月以内に決めなければいけないことが、「相続」「限定相続(限定承認)」「相続放棄」の判断です。相続手続き

  • ☆『遺言書』は、いわゆる❛争続❜を避けるためには、大切なことです。

    ファイナンシャルプランナーが相談者のお持ちの資産の状況をヒヤリング、資産承継・相続税対策の観点から、遺言書を提案

  • ☆どうする??『音信不通だった親が亡くなったら借金取りが来た!』

    相続の開始3カ月以内に決めなければいけないことが、「相続・限定相続・相続放棄」この期間内に手続きを行わないと、相続と見做されます。

  • ☆被相続人の資産処分等の行為は、「相続した」と見做される場合(自動承認)があります。

     特に、ご相談が多いのは、葬儀のために被相続人の資産(現金等)の使用は、通常葬儀費用は、「相続財産の処分」に該当せず、相続放棄が認められまが、一般的な葬儀費用と認められない費用場合もあり、その使い方等には注意が必要です。

  • ☆相続する不動産評価額は?

    相続する不動産評価額の算出について  相続財産の中に不動産が含まれている場合、遺産の分割協議を行う時や、相続財産が非課税額を超える場合には、金融資産の総額を集計するとともに不動産の評価額を計算する必要がでてきます。相続税 […]

  • ☆遺言書の大切さ

    「遺言書があれば良かった」と思われるケースは多い。遺産相続をする場合には遺言書があれば遺言書に沿って遺産分割が執行されますが、遺言書が無い場合には相続人全員で遺産分割協議をする必要がある。相続人が多い場合には、遺産分割協議が困難になるケースが多く発生しています。

  • ☆金融資産の可視化の勧め

    金融資産がどこに、どのような形であるのか把握、金融資産を有効に投資して運用することができたり保険などの無駄を見直すきっかけに。ご家族の為ばかりではなく、資産を有効活用して運用計画を立てるための初めの一歩は金融資産の書類等を整理して可視化すること、と言っても過言ではありません。

  • ☆どうする?いらない土地の相続

    地方に一人で住んでいる親御さんが亡くなり、相続が発生した時に相続財産の中に住む予定もない自分にとって不要な土地が含まれる場合もあります。都心に生活の拠点がある相続人にとって、田舎の土地の相続が大きな問題になることはめずらしくありません。

  • ☆相続時の『小規模宅地等の評価減の特例』の活用について

    小規模宅地等の特例には「居住用の宅地についてのもの」と、「事業用宅地についてのもの」の2種類があります。この特例には細かな適応条件があります。相続財産に不動産が含まれている場合には『小規模宅地等の評価減の特例』を適用できるか確認されることをおすすめします。

  • ☆二次相続って知っていますか?

    相続は「まだまだ先のこと」と考えていたり、相続に関する知識・情報が少ない場合、二次相続を考慮した相続税対策を十分に行なわず、不動産などは、とりあえず配偶者名義にする遺言書を作成したり、または相続発生後に相続人同士で被相続人の配偶者に、ほとんどを相続させる内容で遺産分割協議を行ったり。

  • ☆どうする?音信不通だった親が亡くなったら借金取りが来た!

    相続放棄とは、相続人が遺産の相続を放棄することであり、プラスの財産もマイナスの財産も一切相続しないということです。相続人であることを本人が知った日から原則3か月以内に限定承認又は相続放棄のどちらかを選択しなかった相続人は単純承認したとみなされプラスの財産もマイナスの財産もすべて相続。

  • ☆どうする?相続税が払えない(2)

    相続税問題の全般にわたって一人一人のお客様の状況に合わせたご提案や、相続した不動産などの財産の売却や活用についてのアドバイスもできますので、相続税問題でお困りの方は是非一度ご相談ください。被相続人にとって相続税は申告期限に間に合うよう早めに着手しないと、最悪の場合は財産の差し押さえ。

  • ☆どうする?相続税が払えない(1)

    相続が発生して相続税の支払いが必要になった場合でも、その相続税を払えないケースがあります。どのような場合に相続税が払えなくなるのでしょうか?多く見られるケースは「相続財産の中に相続税を支払うだけの現預金がない」、「遺産分割がまとまらず預金が凍結されたままである」の二つです。

  • ☆相続税の税率と税額について

    相続税対策を考えた時に、基礎控除額を超えないようにと考えて生前贈与や配偶者控除等について検討したりする方は多いと思いますが、では、基礎控除額を超えた時の相続税はいくらになるのでしょうか?相続税対策のために、おおよその相続税の計算の仕組みや、いくらになるのかなどを知っておくことも大切.

  • ☆扶養家族の条件について

    ご家庭において世帯主が主たる納税者で家族が扶養になっていて、扶養家族がパートやアルバイトで収入がある場合に気になるのが扶養の条件です。しかも、扶養の条件は社会保険上と所得税法で違いがあるために多く人が混乱する原因になっていますので、今回は扶養について整理してみます。

  • ☆相続税対策は元気なうちから

    相続税対策は元気なうちから (愛する家族のための相続税生前対策) ※2021年10月1日時点での相続税法に沿った内容です。 相続税法に変更があった場合には内容を更新します。 ご自身が築いてきた財産は所得税や住民税、消費税 […]

  • ☆住宅ローンは、固定金利?変動金利?

    住宅ローンを選ぶ時に、固定金利と変動金利のどちらを選ぶか迷うところです。どちらを選ぶかにより、毎月の返済額や最終的な総返済額が変わってきます。しかし金利や総返済額だけのポイントで考えると、どちらが良いかは返済中の金利の変動次第なので正直なところ完済してみなければわかりません。

  • ☆「瑕疵担保責任」が廃止、新たに「契約不適合責任」が創られました。

    物件に隠れた瑕疵(欠陥)があった場合、買主は売主に対して契約の解除や損害賠償請求ができるということです。「瑕疵」という表現は一般的に理解が難く、分かりやすさを重視して今回の民法改正で「契約不適合」という名称に変更。「契約不適合」とは、契約に適合しないもののことを言います。

  • ☆相続税制度があまり知られていません。

    私の周りにも、ご家族のために残した資産のために、残されたご家族(この場合相続人)の相続税の負担をご心配されている方多数いらっしぃます。実際、これまで受けた相続相談項目の中でも大きな割合を占めています。 行政書士事務所『グッドプランナーズ』

  • ☆贈与税の非課税制度を活用する資産承継

     贈与税の非課税制度を活用する資産承継も、家族構成等の対象者に該当する場合は、選択肢の一つとなります。※このような、税制度は、毎年のように改正される場合があるので、注意が必要です。 行政書士事務所『グッドプランナーズ』

  • ☆将来に備えた「資産継承」の選択肢。

    将来に備えた「資産継承」の選択肢として、「資産管理会社の設立・管理」をご提案させていただきます。資産承継の選択肢としては、「家族信託」「成年後見制度」「任意後見制度」「生前贈与」には、それぞれメリット・デメリットがあり、ご家族構成や家族関係等により、ご相談内容は違ってきます。

  • ☆「家族信託」「成年後見制度」「任意後見制度」に直面する前の備え。

    ご自身が、あるいはご家族が、痴呆症の兆候が感じられた時、初めて「家族信託」「成年後見制度」「任意後見制度」「生前贈与」とかの問題に直面すのが、現実と思われます。   親から子供たちへの相続・資産承継は、誰もがイメージしていなければならないことです。

  • ☆YouTubeにアップ、遺言・遺産分割を『行政書士』『3級ファイナンシャル技能士』『賃貸不動産経営管理士』が提案します。

    ご相談を受けた際に、ファイナンシャルプランナーが相談者のお持ちの資産の状況をヒヤリング、資産承継・相続税対策の観点から、遺言書に記載する必要のある「資産」と、贈与税・贈与税の特例を活用して、生前贈与した方が適している「資産」をご提案させていただきます。

  • ☆相続人の協議による遺産分割協議書

    相続手続きを進めるためには、「相続人」「相続財産」の調査、確認が必要となり、相続人の負担となっています。この調査後、特別受益者・寄与分権利者の存在が明らかになった場合など、相続の確定に時間を要する場合も多々あります。そのため、この相続人・関係人調査は重要な手続きとなります。

  • ☆「自筆証書遺言」と「公正証書遺言」など、具体的な手続きをサポート

    自筆証書遺言の保管場所については決まりがありませんので、遺言者の意思で保管場所を選定します。令和2年7月から、法務省の『遺言書』保管制度制度がスタートしたので、安心して保管可能で、相続手続きの際の相続人負担の軽減のためにも、保管場所の有力な選択肢です。

  • 自分の気持ちを残す『遺言書』づくりに時間。

    固定資産以外の現金資産・生命保険金、生前贈与可能な資産等の組み合わせを相談者と共に考え、よりご自分の気持ちを残す『遺言書』づくりに時間をかけています。 行政書士事務所『グッドプランナーズ』 自分の気持ちを残す『遺言書』づくりに時間。

  • 遺言書により、思わぬ争いが生じている事例が少なくない

    『遺言書』を残したとしても、民法で定める法定相続人の相続財産の1/2は、遺留分として、遺言書で記載されていない相続人も相続する権利が規定されており、ご家族間の理解が不足している『遺言書』は、被相続人が亡くなられた後に、思わぬ争いが生じている事例が少なくないからです。

  • ☆相続放棄の注意点

     特に、ご相談が多いのは、葬儀のために被相続人の資産(現金等)の使用は、通常葬儀費用は、「相続財産の処分」に該当せず、相続放棄が認められまが、一般的な葬儀費用と認められない費用場合もあり、その使い方等には注意が必要です。

  • ☆大切なご家族が亡くなられると「相続」が始まります。

     『遺言書』が残されている場合は、基本的に被相続人の最後の意思が尊重されます。『遺言書』の通りの相続手続きを進めることになり、遺言執行者が指定されている場合は、『遺言書』の検認、開封以降の手続きは、遺言執行者が責任を持って進めることとなります。

  • ☆遺言書作成と保管

    自筆証書遺言の保管場所については決まりがありませんので、遺言者の意思で保管場所を選定します。令和2年7月から、法務省の『遺言書』保管制度制度がスタートしたので、安心して保管可能で、相続手続きの際の相続人負担の軽減のためにも、保管場所の有力な選択肢です。

  • ☆『遺言書』に自分の気持ちとして残すためのコンサルティング

    次に、誰に、どの資産を残したいのかのお気持ちを確認させていただき、同時に相続人として排除されたい方の有無、相続を放棄されたい方の有無等を確認させていただきます。  その上で、『遺言書』として記載する「資産」について、ご相談すると共に、生前贈与の手続き等をコンサルティング

  • ☆相続開始後は『遺言書』の有無の確認から。

    相続開始後は『遺言書』の有無の確認から。遺言執行者が指定されている場合は、『遺言書』の検認、開封以降の手続きは、遺言執行者が責任を持って進めることとなります。遺言執行者が指定されていない場合は、相続人の合意で遺言執行者を選任することが出来ます。

  • ☆相続人が相続財産を処分した場合や熟考期間内(3か月)に手続きを行わなかった場合は単純承認

     相続放棄の手続き完了まで、さらに完了後についても、被相続人の資産処分等の行為は、「相続した」と見做される場合(自動承認)があります。  特に、ご相談が多いのは、葬儀のために被相続人の資産(現金等)の使用は、通常葬儀費用 […]

  • ☆相続税制度自体があまり知られていない。

    相続を心配している方が相続税制度自体があまり知られていないため、知りたいのだけど、誰に相談したらよいのか分からくて困っている状況でした。 行政書士事務所『グッドプランナーズ』 - ☆相続税制度自体があまり知られていない。 -

  • ☆相続の開始と共に、3カ月以内に決めなければいけないことがあります。

    愛する人を失ったら、気持ちを整理する間もなく、お葬式の手配、相続手続きが開始されます。別れが突然出会ったり、心の準備が出来ていても、稀には、遠く離れて音信普通であったりもします。   こうして始まった […]

  • ☆遺言書の作成サポート

    グッドプランナーズは、『遺言書』に自分の気持ちとして残すためのコンサルティング、作成をサポートします。 行政書士事務所『グッドプランナーズ』 - ☆遺言書の作成サポート - 相続税対策・相続手続きをサポートします。

  • ☆相続お困りごとサポートを開始しました。

    行政書士事務所『グッドプランナーズ』 - ☆相続お困りごとサポートを開始しました。 - 相続 遺言書 相続税対策 行政書士 ファイナンシャルプランナー - 八王子市 グッドプランナーズプロジェクト 

  • ☆グッドプランナーズ行政書士事務所開業

    行政書士事務所『グッドプランナーズ』 - ☆グッドプランナーズ行政書士事務所開業 - 行政書士 相続 遺産分割 遺言書作成 相続人のための手続きをサポート ファイナンシャルプランナーが相続税コンサルティング 八王子市

ブログリーダー」を活用して、goodplanners-gさんをフォローしませんか?

ハンドル名
goodplanners-gさん
ブログタイトル
行政書士事務所『グッドプランナーズ』
フォロー
行政書士事務所『グッドプランナーズ』

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用