searchカテゴリー選択
chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

だ@子ども大すきパパさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
別居親と子どもと日本
ブログURL
https://note.com/childrenssmiles
ブログ紹介文
小学生2人の男の子の自他共に認める子煩悩パパです。しかし子どもを連れ去られたことにより、子どもと別居を強いられて以降、僕は何を考え、子どもとどう接するのか?様々な気持ちが交錯する日々を綴る。
更新頻度(1年)

20回 / 365日(平均0.4回/週)

ブログ村参加:2020/08/20

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、だ@子ども大すきパパさんをフォローしませんか?

ハンドル名
だ@子ども大すきパパさん
ブログタイトル
別居親と子どもと日本
更新頻度
20回 / 365日(平均0.4回/週)
フォロー
別居親と子どもと日本

だ@子ども大すきパパさんの新着記事

1件〜30件

  • 「何もしない」 その理由を考える。

    だいすけです。 今回は「こども孫子の兵法」より 子どもと話をすると言うより 自身が感じることが大きかった。 僕は合意なく子どもを連れ去られ、 別居を強いられたことにより別居親となる。 多くの連れ去られ当事者と話をする中で、 連れ去った相手に対しての怒りは相当なものだ。 「怒りはないの?」 と聞かれれば、即答で「ある!」だ。 確かに率先的に争うタイプではないけれど、 前職で派閥争いの中心にいたりと おっとりと言うわけではない… ただ、僕は子ども中心に思考を持っていき、 あえて、妻の事は考えないようにしている。 その答えがここに記載されている様な気

  • 自分らしさとは楽しさの追求

    だいすけです。 いつもの様に、 「10歳の君に贈る、心を強くする26の言葉」 子どもが音読し、その内容についての語り合い。 「他人と自分を比べて劣等感を持ってしまう」 また難しいお題だ。 よい劣等感は「理想の自分」との比較で生まれる。 大切なのは目標を持つこと と記載されている。 これを子どもにどう理解してもらうか? 自分と言う存在の認識は 他者がいて、その差別化による。 その他者と自分の差に優劣を感じることで 理想の自分像を描き 目標が形成されるとも言える。 ただそれは自分の劣等感と表裏一体。 どう捉えるか?の話。 では

  • 実質の二重生活から「節約」を楽しむ!

    だいすけです。 別居生活で養育費(+子どもの習い事)を 払うのはいわば二重生活なので、 金銭的に負担が大きい… 家を売ってしまうのもひとつだったけれど、 子ども達に「僕達の家を売らないで」と 言われたので… 必然的に節約生活が強いられる。 ただ、節約によって生活が苦しく感じる状態は 健全ではないので、節約生活を楽しむ! 気づいたところから小額でも積み上げる方向で。 サブスクは極力最低限に抑えたりするも 最も効果が大きいのは「食費」 全て自炊にシフト(ランチはお弁当を作る) 食費は毎週土日の子どものご飯を含めても 30,000~35,000円/月に収められてい

  • 子どもの勉強スタイルの変化

    だいすけです。 僕は小学生の勉強は学校だけでなく プラスα があった方が良いと思う。 プラスα 勉強することで、 学校で勉強することより一歩先を進み、 学校で学ぶ事が復習と感じる状態であれば、 ついていけない不安感を感じることなく、 更には、僕は出来る! と思えることで自信にもなると思うから。 プラスα の勉強… 小学生の低学年であればドリル、 中学年~高学年となれば塾 と言う選択肢が出てくる。 僕の子どもにとってのプラスα 幼稚園の時に「公文」だった。 「ひらがな」を読みはともかく 「書き」を身につけるため。 ドリルをやってはいたものの、 なかな

  • 子どもの幸せを願う…「幸せ」って?

    だいすけです。 子どもと毎週末、本を読み その内容について語り合う。 10歳の君に贈る、心を強くする26の言葉 この本から今回のテーマは・・・ 「幸せって何?」 そして、 「幸せとは自分で考え行動すること」 と記載されている。 これはわかったつもりになれるも 実に難しい… 正直、僕は詰まった… 予習しておけばよかった… なぜ自分で考え行動することが 幸せに繋がるのか? どう伝えるのが正解なのだろう? そう言うものだ! と言ってしまうのは簡単。 でも、親である僕自身が理解せずに 押し付けはしたくない。 キーワードとして新渡戸

  • アナログゲームの良さに触れる

    だいすけです。 自身の子どもの頃は今とは異なり みんなで楽しむ部屋遊びの選択肢は少なく、 トランプや人生ゲームや野球盤等の ボードゲーム系が多かった。 遊びもデジタル化した昨今、 それらはアナログな遊びの良さを取り込み、 魅力的な遊びは多い。 でも、あえて、アナログな遊びで お互いの顔を見ながら コミュニケーションしながら遊びたいと思った。 なので、昨年末にサンタから子ども達に アナログな部屋遊びのおもちゃをプレゼント! 結果的には「僕のヒーローアカデミア」の ゲームが大ヒットとなってしまうも、 「Blocks」がなかなかのヒットとなった。 Bloc

  • 子どもは大人をよく見ている。

    だいすけです。 かなり久しぶりの投稿となった。 実はTwitterを見るのも習慣化していたので 出来るだけ見ないようにもしている。 それにも色々な理由がある。 どちらかというと前向きだとは思う。 2021年初投稿は 子どもの連れ去りにより 時の経過と共に失ったもの得たもの そこから現在感じることを 綴っておこうと思う。 昨年春、新型コロナの猛威により 4月~2ヵ月間リモートワークとなった。 その期間、まさに子ども達を連れ去られ 間もない2ヵ月。 家にいるはずの子どもがいない。 朝「ほら、学校だよ!」と寝ている 子どもの肩を叩き、 目擦りながら起きる子ど

  • 第2回子どもの権利を考える会を終えて…

    だいすけです。 12月6日、横浜にて 「第2回子どもの権利を考える会」 を開催し1週間が過ぎた。 第1回は登壇してくださった、 衆議院議員の串田議員、品川区議の松本議員 そして参加者からの質問により 当初予定のプラグラムは大幅に崩れるも盛会となった。 そして1回目から3ヵ月経たずして 今回の2回目を実施することとなった。 元々、この企画をはじめたかった理由は、 神奈川の当事者は多く、 じっくりがっつりと活動をしている。 僕自身は平日は休みをとりづらい仕事であり 土日は基本は子どもとの時間。 そんな僕が出きること… 仕事におけるマーケティング

  • ロボット掃除機に癒される

    だいすけです。 共同養育実践者であると自覚し、 その後、自身の気持ちと葛藤することになった。 そして次第に自身の気持ちとの向き合い方が 少しだけ整理出来てきたので久しぶりの投稿。 子どもと一緒に連れ去られてしまった ロボット掃除機のルンバ。 ロボット掃除機は部屋の整理整頓が 出来ていれば、掃除能力はかなり高い。 うちにはダイソンもある。 でも掃除する時間はせいぜい10分~20分。 それに対してロボット掃除機は 1時間単位で掃除をする。 気づくと「こんなに!?」と驚くゴミの量。 どこにゴミがそんなにあるの?と。 子どもを連れ去られてからは 独り暮らし状

  • 別居親が子どもへ愛を伝えること

    だいすけです。 最近は共同養育について考える時間が増えた。 そんな中で、 しばはし聡子さんが代表の、りむすび主催トークLIVE 「どうする離婚後の子育て+これからの人生」 まだ3回までしか見れていないけれど、 特に3回目については大切なメッセージが あったので記事にすることにした。 ■第3回 若者メンタルサポート代表協会岡田沙織さん この動画で僕が共感したこと。 一部抜き取ると… ーーー 自分のエゴで子どもを悲しませて欲しくない。 親の感情で子どもを会わせたくない同居親は、 素直に自身の感情から会わせない事を伝え、 別居親が愛していない等と

  • 離婚、転職の市場

    だいすけです。 一昔前は「転職」は悪いものとの認識。 昨今、「転職」が悪いものと思う人は どの程度いるだろう? 今の日本における転職する人は 年間300万人と言われている。 僕自身、2回転職をしており、 今の会社は引き抜いてもらったことで 合計4つの会社に在籍したことになるも、 いずれもステップアップしていった。 「転職」は現状の辛さから抜け出したい。 と言ったネガティブ要素だけでなく、 スキルがあれば求められるポジティブ要素もある。 しかし、僕のように転職を繰り返した背景には 転職市場拡大の為に動いた企業があるのだ。 「人」が動かなければ市場拡大はないので

  • 手作り料理は子どもへの愛を伝える手段

    だいすけです。 先週末はハロウィンだった。 何をしようか? 何を共有しようか?と考える。 実はこの思考は子ども達と離れて過ごし より強く感じる様になった。 子どもと一緒にチャレンジできること。 子どもと一緒に楽しめること。 そして、かぼちゃランタンを作ることにした。 かぼちゃにマジックで顔を描き、 包丁を挿れて抜き取っていく。 思ったよりも難しくない! かぼちゃランタンの顔がシンプルなのが良かった! そして、今日は久しぶりの一人ぼっちの休日。 実はこの日は料理をいっぱいしよう! と決めていた。 朝の10時にスーパーで食材を買い、 帰宅後すぐ

  • 錯覚していた共同養育

    だいすけです。 共同養育 パパとママが離れて過ごす上でも、 子どもの心が少しでも安定していることが なによりも大切だと思う。 僕の子どもたちを見る限り、 比較的安定しているし、気持ちも吐き出せる状態。 僕は共同養育実践者なのかもしれない!? ✅ 共同養育ってなんだ!? 僕は、子どもを連れ去られた後に、 目指した先は「共同養育」なのだ。 その共同養育を既に僕は実践している事を 自身で認めることにより、 自身の中で葛藤が起きた。 つまり、僕が目指していた共同養育の在り方。 それは、共同養育計画なり 親同士が会話までしなくても 子どもファーストを共有するこ

  • 共同養育ってなんだ!?

    だいすけです。 「共同親権」 このワードはいつも議論が起きる。 「強制?」「選択?」 「だってDVがあったらダメでしょ?」 「DVの運用がおかしい。」 「虚偽DVが年々増加している」 「連れ去りではなく避難!」 「連れ去りは究極の精神的DVだ!」 そして、 「離婚後、共同養育が出きるのなら  離婚前からやってる」 と共同親権反対派は言ってくる。 このコメントには違和感しかない。 子どもよりも大人の都合が優先されているから。 そもそも日本の親権は 大人都合で運用されているのが問題。 単独親権の問題点は子どもが主役ではない事。 よって、「共同親権」も当然ながら、

  • 子どもへの愛を伝える動画作成します!

    だいすけです。 僕は今の所、毎週土日に子どもと会っている。 離れて過ごし、子どもの気持ちを拾える。 だからこそ気づいたこともある。 長男も次男も時々だけどママの悪口がでる。 でも、僕は特にそこに「変だね」等に留める。 しかし、下記の記事にもあるように… ✅ 流れ星見れたら、どんな願いをする? ✅ 別居・離婚に伴う、子どもの願い 子どもたちはパパもママも一緒がいいのだ。 そう… 「パパからもママからも愛されたい」 でも、実際は離れて過ごしている。 僕は思う… 別居を強いられ子どもを思う親は、 同居していた時以上に 子どもへ愛を伝える努力が必

  • 僕たちはパパとママを選んできたんだ。

    だいすけです。 昨日の夕方以降に仲間と活動の後、反省会。 そして、その後は子どもを奪われ 苦しむ当事者と会い話を聞いた。 帰宅後もラインで新たな周知活動のアイデアの 実現の為に仲間とLINEで話をする。 そして、早朝。 薄暗い空、静かな雨の音。 淋しさに包まれる部屋、Twitterを見ていた… すると… 僕がフォローしている親野智可等さんの ツイートが目に飛び込んできた。 目頭が熱くなり、 口を強く閉じ溢れ出す涙と共に声が漏れた… そして、涙が止まらなくなった。 声を出して泣いた・・・ 次男を授かった時、 次男は障害を持ってい

  • ねぇパパ、僕が家に戻ってきたらどうなるの?

    だいすけです。 子ども達を連れ去られてから、 欠かさず土日お泊まりで過ごす生活を続けていた。 しかし、この1ヵ月ちょっと… お泊まり中止とママから言われて 子ども達との 「おやすみ」「おはよー」 が父子間で奪われた… お泊まり中止の理由も子ども達が 納得する風でありながらも、 大人からすると、ただの理不尽な内容。 そのうちボロは出るだろうな…と思ったら 案の定、すぐにボロが出て、 長男は反発しだしたようだ。 そこで、次にママが子ども達に言ったのは 「お泊まりはたまにでいいよね?  半年に1回とか」 ??? 子ども達はお泊まりしたいと言っ

  • Fortnite な公園遊びで子どもも夢中に!

    だいすけです。 コロナの影響で毎週のテニススクールが中止。 インドア遊び好きの子ども達を 外で遊ぶ事の楽しさを気づいてもらうかの 僕の工夫のチャレンジは続いている。 出来るだけSwitchをやる感覚と近く 「やる?」「うん!やろう!」 というレベルのもの。 過去にサッカーのPK戦のルールがハマり 子ども達が夢中になった。 ゲーム好き子どもを夢中にさせる公園遊び そして、久しぶりに 新たに作ったルールがハマった! 子ども達が大好きなFortniteのルールを キャッチボールとかぶせた。 パパがボールを受ける側で 体力100ポイントのパパを倒すルール。

  • オレンジ革命!盛会の裏…

    だいすけです。 9月26日、横浜にて 「子どもの権利を考える会」が行われた。 ※当記事は会の内容詳細ではなく 運営裏についての内容になります。 僕は過去、プレゼンテーターとして 何度も登壇してきた。 やりたいわけではなかった。 やる人がいない…だから、やるようになった。 一方的に話続けるのは好きではない… そして、長時間聞くのも苦手だったりする… 発信する側は「伝えたいこと」が山ほどある。 それに対して受け取り側は、 伝えたいことが伝わってないケースも多々ある。 よって、 「子どもの権利を考える会」は 参加された方も受け手としてだけでなく、

  • 流れ星見れたら、どんな願いをする?

    だいすけです。 この1ヶ月、お泊り中止が続く。 その理由は僕だけでなく子どもも理不尽と思う内容・・・ それでも、長男がママと交渉し 少しでも時間を通常より長くしたりと 交渉しているらしく、 「(数時間はかかる)勉強やったらいいよ」 みたいな条件を兄弟共にこなしているようだ… 日本の法制度や運用では連れ去り優位の為、 別居を強いられた僕は下手に動けない・・・ それでも、僕が子どもと会えているのは、 妻が子どもの気持ちに寄り添う気持ちが あるから実現している部分もある。 そうであれば、子どもに見透かされ 「ねぇパパ、ママが○○な嘘つくんだよ」 と言われる事はしない方がいいの

  • 子どもと別居親との親子レシピ.8

    だいすけです。 子どもと別居を強いられた親として、 子どもとの共有をしたいとの思いで 向日葵を育てた。 平日は僕が、土日は子どもが水をあげる。 ✅ 向日葵が咲くまで そして、向日葵の花が咲き、 次の共有はブロッコリーとバジル。 ✅ 子どもと別居親の新たな共有 そして向日葵の時と同様に育てる。 バジルは香りがすごく、香りがしなくても 水をあげると一気に香りが出る。 そして、1ヵ月ですごい成長をする。 せっかくここまで育ったので、 バジルを摘んでまずは料理してみたところ、 かなり美味しかったので、 子どもと作ることにした。 Tasty J

  • 迫る!神奈川発信の子どもの権利のための活動

    だいすけです。 昨日、大阪にてオレンジパレードが行われた。 僕は敬老の日だったので、 子ども達にじぃじとばぁばへの感謝を 伝えてもらうため、 参加することはできなかった… そして、 今週の26日(土曜日)は神奈川からの発信。 そう、僕たちが企画運営する、 「第1回子どもの権利を考える会」 企画段階から話が漏れていたようで、 神奈川の子ども連れ去られ当事者から参加要請。 参加者募る前とは言え さすがに断れない… そして、あっという間に定員となる。 コロナ禍により施設での 人数制限もありより小規模開催となる。

  • ブログ連続投稿の次に

    だいすけです。 当事者と交流するようになり、 特に近場に住む当事者とは コンスタントに会うようになった。 彼と自分達で出来ることはないか? 色々アイデアを出しあっている内に、 次第にその輪も大きくなった。 もう僕らのいつもの店だ。 みんな、子どもを連れ去られた 別居を強いられた親。 みんな、子どもと会いたい! 日本の制度欠陥や司法の前例主義、 情弱親を食い物にする連れ去り指南する弁護士。 そして子どもを連れ去り所有物とする親。 親子断絶を容認する日本。 なによりも子どもが被害者・・・ 別居親は必死だ。 どうやって、子どもと自由に会えるよう

  • 記憶の色があせてしまわないように…

    だいすけです。 僕はバンドをやっていた時、 レーベルが作ってくれたPVが少々残念な仕上り… 僕は曲を作りミックスもやっていたので、 音が映像になるだけ…と思い、 自分で撮影しPVを作るチャレンジをした。 そして、それが採用された。 それから1ヶ月後の友人の結婚式。 せっかく身に付けた撮影と編集技術。 友人の結婚式をPV風に作った。 その後、口コミで広がり 気付くと副業となっていた。 僕が作る結婚式の映像は記録ではなかった。 新郎新婦の心に残る式の色を表現したかった。 例えば紅葉をPRする映像は 赤を強調するように・・・ 記憶の色はその時の気持ちと

  • ブログ100日連続投稿達成!

    だいすけです。 この記事にて・・・ 100日連続投稿達成できた! 短いようで長かった、 ブログと毎日向き合う日々だった。 僕にとって初チャレンジでもあった。 今回、100日連続投稿達成について、 書こうと思う。 ブログ100日連続投稿するためには? 過去の記事でも記載しているように ブログをただ書き始めるだけでは息切れする。 下記の点を意識する。 ① 何のために発信するかを考える。 ② ターゲット(読んでもらいたい人)を決める ③ ペルソナを描く (ターゲットの人の関心をシミュレーション) ④ ③に基づいたニーズからキーワード(タグ) をいくつか

  • パパのこと嫌いになったの?

    だいすけです。 片親引き離し症候群(片親疎外)についての 議論がTwitterで繰り広げられている。 片親引き離し症候群(かたおやひきはなししょうこうぐん、英:Parental Alienation Syndrome、略称PAS)とは、1980年代初めにリチャード・A・ガードナーによって提唱された用語で、両親の離婚や別居などの原因により、子供を監護している方の親(監護親)が、もう一方の親(非監護親)に対する誹謗や中傷、悪口などマイナスなイメージを子供に吹き込むことでマインドコントロールや洗脳を行い、子供を他方の親から引き離すようし向け、結果として正当な理由もなく片親に会

  • 親離れと子離れ

    だいすけです。 長男の意志が強くなってきたと実感。 昨年「パパ大好きー」と何度も言っていた。 最近、明らかに言う回数が減った。 外を歩く時はすぐに手を繋いでくるけれど、 それも時間の問題なのかな… 別居や離婚に伴い、子どもの親離れ(自立)は 加速すると読んだことがある。 今後、親離れの加速化により、 「家に帰る・・・うーん今回はいいかな」 なんて言葉も発するようになるのかな… なんて少し淋しくもなったり… 僕自身、 子離れを意識しないといけないのか… そんな事を考えていた所、 普段は送ってこない日中に 長男からハングアウトが送られてきた。 いつも

  • ニーズのないブログを読んでもらうために

    だいすけです。 僕は日本における別居・離婚における 親子断絶問題を周知の為、 毎日書き続けている。 しかし、 周知させる内容 = ニーズのない内容 と言い換えることも出来る。 つまり、 連れ去り、親子断絶問題を追及する程に ニーズは当事者と言うことになる。 もちろん、当事者間での情報交換は大切。 ここ1ヵ月の間に連れ去りの日が浅い方中心に 相談DMやnoteでのサポートを 数人にしていただきました。 この場をかりて改めてありがとうございます。 連れ去りによる虐待感は当事者でないと なかなかわからないので、出来るだけ相談には 丁寧にさせてもらっています。

  • 共同養育として欠けているもの

    だいすけです。 「共同養育」 聞き慣れない言葉ではあるけれども、 今後の社会において 重要ワードであるのは間違いない。 別居・離婚は大人都合。 夫婦ではなく親同士として、 子どもの視点で考え親の責務をどう果たすか? 子どもをどうやって養育するか? 簡単に言えば、それが「共同養育」 この記事を書いた時点で、当事者5人から 僕が共同養育を実施していると言われたけれど、 共同養育実現に欠けているものが 僕のケースにはあると思っている。 今週、子ども達と従兄弟でボーリングに! ROUND1は予約をアプリで出来るので、 コロナへの配慮もしやすいと思い行くことに。

  • 子どもと別居親との親子レシピ.7

    だいすけです。 次男の誕生日に何が欲しいか?と聞いても とくに欲しいものがないらしく、 洋服や靴もいらない・・・と。 課金して欲しい…と頼まれるも それはのれない相談… すると・・・ 「パパ、たこ焼きの道具買って!」 「え?そんなのでいいの?」 と言うわけで、 たこ焼き器具をとりあえず購入した。 早速ランチでたこ焼きを作るも・・・ 安いたこ焼き器なので温度調節出来ない。 焼き加減のコントロールが難しかった。 そして、今回はたこ焼き器を使って 子ども達が喜びそうなものはないか? と思ってチャレンジしたのは… All About 暮らし ベビーカス

カテゴリー一覧
商用